cat_oa-thetvjp_issue_e9eb2a590c3f oa-thetvjp_0_e9eb2a590c3f_岡崎紗絵「憧れのバレンタインは、好きな人とスイーツ作り!」 e9eb2a590c3f

岡崎紗絵「憧れのバレンタインは、好きな人とスイーツ作り!」

2019年1月26日 18:00 ザテレビジョン


ことしもバレンタインの季節が到来! 錦戸亮主演の月9ドラマ「トレース〜科捜研の男〜」(フジテレビ系)に出演するなど、人気上昇中の女優でモデルの岡崎紗絵は「私にとっての憧れのバレンタインの過ごし方は、好きな人と一緒にスイーツを作ってみたいです」とニッコリ。バレンタインの思い出と共に、「トレース〜科捜研の男〜」第4話の見どころを聞いた。

――間もなくバレンタインデーです。今回は、たくさんのハートと一緒に撮影をされました。

ハート形のチョコやケーキ、インテリアグッズなど、たくさんのハートと一緒に撮影してみました。いろいろなポーズをして、光るハートを持ってみたりと、本当にテンションが上がりました。ハートはやっぱりかわいい! とっても幸せな気持ちになりました。


――バレンタインの思い出を教えてください。

学生時代には、先輩・後輩も関係なく、それぞれがチョコを作って、廊下にズラリと並んでお互いにもらったり、配ったりしていました。私はチョコブラウニーをいっぱい作ったのを覚えています。

――憧れのバレンタインの過ごし方はありますか?

バレンタインデーは、好きな人がいる方にとっては、告白するチャンス。私にとっての憧れのバレンタインの過ごし方は、好きな人と一緒にスイーツを作ってみたいです。二人の距離が縮まりそうだし、失敗してしまっても楽しそうですよね(笑)。出来上がりを一緒に食べて楽しみたいです。

[PAGE]


――とてもステキな1日になりそうです。また岡崎さんが出演されている月9ドラマ「トレース〜科捜研の男〜」が放送中です。撮影秘話がありましたら、教えてください。

クリスマス時期のことですが、共演させていただいている船越英一郎さんから、クリスマスプレゼントをいただいたんです! 箱を開けるとバームクーヘンの中心に船越サンタさんのチョコが入っていてビックリしました。船越さんの優しさや周りへの気の配り方を目にして、とても温かい気持ちになりました。現場の雰囲気も良く撮影が進んでいます。


――第4話では、物語はどのような展開になりそうでしょうか。

第4話では、相楽(山崎樹範)さんに事件が起こります。相楽さんと真野 (錦戸亮) さん、2人のやりとりや、事件の真相・解決に向けて、真野さんに対する気持ちの変化が出てきますので、ぜひ注目して見ていただきたいです。そして今回初めて、私が演じている英里と市原 (遠山俊也) さんが、真野さんとノンナ(新木優子)の臨場の手伝いをします。私たちの気持ちの変化にも、合わせて注目していただきたいです!(ザテレビジョン・取材・文=成田おり枝)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_e9eb2a590c3f oa-thetvjp_0_efc627bf2b15_浜野謙太、本田翼ら“ノリノリ”でダンス♪「神動画ありがとう!!」と話題<ラジエーションハウス> efc627bf2b15

浜野謙太、本田翼ら“ノリノリ”でダンス♪「神動画ありがとう!!」と話題<ラジエーションハウス>

2019年5月23日 05:30 ザテレビジョン


第7話が5月20日に放送された窪田正孝主演のドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)。同ドラマに出演中の浜野謙太のInstagram(@hamaken0805)には、窪田正孝、本田翼ら共演者とのダンス動画等が公開されており、楽しそうな撮影現場の雰囲気を見て「ラジハチーム最高!」「ハマケン!グッジョブ!」と称賛する人が相次ぎ、話題となっている。

また第7話は、放射線技師の軒下(浜野謙太)が、“医師ではなく技師”である自分と向き合った回。どんな人にも役割があり、与えられた仕事を責任持って確実にこなすことが「一流である」ということを描き、視聴者からは「明日からも頑張ろうって思った」「ハマケンかっこよすぎだよ!」といった声がSNS等に上がっている。


ひとりの技師が“医師ではない自分”を悩む


第7話で描かれたのは、新米技師の裕乃(広瀬アリス)の初当直の夜の出来事。裕乃は緊急時のオンコール担当・軒下(浜野)が婚活デートに出かける背中を見て不安な気持ちに。

軒下はデート中、自分が医師であるかのように振る舞っていたが、内心どこか虚しさを覚える。先日、検査を受けに来た中学時代の初恋相手・真貴(松本若菜)にも医師だと勘違いされたまま訂正できずにいたのだ。

デートの途中で裕乃から「急患が来た」と連絡が入る。しばらく悩んだ軒下だったが「実は俺、放射線技師なんだ。かわいい後輩が困ってるみたいなんで。ごめんなさい」と頭を下げ、デートを中断して病院に戻った。

軒下はワインではなくブドウジュースを飲んでいたことも明らかになり、視聴者は「医師か技師かって重要?」「ハマケンかっこよすぎ」「本当にモテるのは責任感のある男」と軒下の行動を絶賛した。


「ラジハチーム最高」と言わざるを得ない現場の空気!


軒下の“隠れイケメン”さがにじみ出た今回だが、演じる浜野謙太のInstagram(@hamaken0805)には、俳優としての撮影風景はもちろん、ミュージシャンとしての顔や、愛情いっぱいに子育てをする父の顔等色々な表情を感じる写真がずらりと投稿されている。

ここ最近、話題なのが「ラジエーションハウス―」の共演者たちが、撮影合間に楽しそうに踊る姿を撮影したダンス動画。主演・窪田正孝の華麗なステップや、劇中ではクールな役柄の演じる本田翼の弾ける笑顔にキュンとさせられる。動画を見た人は「ラジハチーム最高!」「ハマケン!グッジョブ!」「めっちゃ仲良さそう」「神動画ありがとう!!」と盛り上がっている。劇中で見せる顔とは違うギャップも見ものだ。

次回、第8話は5月27日(月)に放送。CT検査で異常の見られなかった少女が、別の日に行ったMRI検査で二相性急性脳症の特徴的な所見である、脳が木の枝のように光る「ブライトツリーアピアランス」が見られる。

杏(本田翼)は再び検査を行うことを決めるが、唯織(窪田正孝)は杏が目も合わせてくれないことにショックを受ける。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_e9eb2a590c3f oa-thetvjp_0_af0c4801c8f4_森川葵が謝罪! クールを貫いた宮沢氷魚も苦笑いで「もう相当頑張ったよ」 af0c4801c8f4

森川葵が謝罪! クールを貫いた宮沢氷魚も苦笑いで「もう相当頑張ったよ」

2019年5月23日 05:00 ザテレビジョン

公開中の「映画 賭ケグルイ」の大ヒット記念舞台あいさつが5月22日に東京都内の劇場で行われ、出演者の高杉真宙、森川葵、宮沢氷魚が登壇した。

同作品は、シリーズ累計500万部を突破した人気同名コミックを映画化したもので、原作を実写化した2シーズンにわたるドラマを経て映画化。

映画は原作者の河本ほむらがシナリオ原案・監修として参加し、英勉監督とタッグを組んだ完全オリジナルストーリーで展開している。

ギャンブルの強さのみが自身の階級を決める名門学園、私立百花王学園の転校生・蛇喰夢子(浜辺美波)は、生徒会長の桃喰綺羅莉(池田エライザ)とのギャンブルを心待ちにしていた。

2人の勝負に期待が高まる中、学園内では「非ギャンブル、生徒会への不服従」を掲げる“ヴィレッジ”が生徒会と対立する。

ヴィレッジを主宰する村雨天音(宮沢氷魚)は、過去に綺羅莉にギャンブルで勝ったことのある伝説の人物だった…というストーリー。

3人が映画の反響を明かす


舞台あいさつでは、登壇した3人が映画の反響について告白。

高杉は「(他の撮影)現場で(同作について)言われることがめちゃめちゃ多いですね。『僕(演じる鈴井涼太)がうるさい』ってよく言われますね(笑)」と明かして会場を沸かせる。

また、森川は「今日、お昼にバラエティーの収録をしていたんですけど、音声さんがマイクを付けてくれている時に『賭ケグルイ見ました!』って言われました」とコメント。

一方、宮沢は「街中で声を掛けられる機会が増えました。『氷魚くんですよね?』って言われるかと思ったら、『天音っち』とか『村雨さんですよね?』って…(笑)」と苦笑い。

ほか、撮影中のエピソードにまつわる話題では、森川が「うちの矢本(悠馬)がすみません」と宮沢に謝罪し、「(木渡潤演じる)矢本悠馬っていう俳優さんは本当にすてきな俳優さんなんですけど、(本番で)何をしてくるか分からないんです。

(木渡がギャンブルで)負ける時になったら席を立つわ、ジャンプするわ、チョウチョを見つけるわ…(笑)。そんな中で、(対峙している天音は)本当に笑ってNGとかなかったからすごかった!」と森川は謝罪の理由を語り、クールな役柄を全うした宮沢を絶賛。

すると、宮沢は「もう相当頑張ったよ!! だって面白いんだもん。毎回毎回違うことやってくるから…」と必死に笑いをこらえていたことを明かした。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_e9eb2a590c3f oa-thetvjp_0_7be46e2447dc_大野智、ウエストポーチ1つで海外へ。松本潤「本当にそれ一個で行ける人なんで(笑)」 7be46e2447dc

大野智、ウエストポーチ1つで海外へ。松本潤「本当にそれ一個で行ける人なんで(笑)」

2019年5月23日 05:00 ザテレビジョン

JALのハワイ線が就航65周年を迎えたことを記念し、新特別塗装機「ARASHI HAWAII JET」を就航させることが決定。お披露目会が22日、千葉・成田で行われ、嵐の大野智、松本潤が登壇した。

新塗装機を見た感想を求められ、大野は「僕ら何回も今まで顔を載せてもらって、今回はよりデカイ、ということで、一生の記念です」、松本は「過去にも載せていただいて、こんな機会もうないなと思っていたら、僕らの20周年のタイミングで作っていただけてうれしいです」とあいさつ。ハワイ便とのことで、司会者より、「ハワイ公演は?」と尋ねられるも、松本は「現状ないです。すみません(笑)」と明かした。

ハワイのおすすめの場所や持っていく際の必需品について尋ねられると、大野は「昔、嵐でカレンダー撮影でハワイに行ったときに、ハワイ島で雪が積もっている場所があって。あれだけ暖かい場所で、雪があるのにすごくビックリしたことがあります。必需品は、ウエストポーチを必ず持っていくんですけど、便利ですよ。小物を入れるのに、ちょうどいいサイズじゃないですか。僕はウエストポーチだけで海外に行ったこともあるので(笑)」とコメント。松本も「なかなかすごいんですよ、本当それ一個で行ける人なんで(笑)」と苦笑い。一方、松本は「ワイキキもすごく好きですし、過去に行ったところで良かったところはダイヤモンドヘッド。すごくメジャーなところですけど、風も気持ちいいし、そんなに苦労せずに行けるし。持っていくものは、海パン、サンダル、あとはスピーカーですかね。気持ちいい景色の中で、音楽を聴いてゆっくり過ごすことが幸せかな」と告白した。

「ARASHI HAWAII JET」の就航期間は、2019年5月22日(水)より、2020年12月末頃までを予定している。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_e9eb2a590c3f oa-thetvjp_0_68399449911c_キャンディzoo、7年目の目標は「ナイトメアで『TIF』のスカイステージに立ちたい」 68399449911c

キャンディzoo、7年目の目標は「ナイトメアで『TIF』のスカイステージに立ちたい」

2019年5月23日 05:00 ザテレビジョン

2019年5月18日にデビュー6周年を迎えた“動物園系アイドルユニット”キャンディzooが、5月21日、東京・恵比寿CreAtoで「キャンディzoo6周年記念ワンマンライブ」を開催。キャンディzooによる「水平線の向こう側」公演、キャンディzooナイトメアによる「LET'S here it」公演の2部構成でパフォーマンスを披露した。

ザテレビジョンでは、終演直後のメンバーに直撃インタビューを敢行。ミーアキャット担当・片山結愛(ゆぅゆ)、ペリカン担当・菅谷夏子(かこちゃん)、ホッキョクグマ担当・仲原芙海(ふーみん)、トラ担当・橋本りょうか(りょうかちゃん)の4人が、この日のライブの感想や、6年間走り続けてきた今の思い、そして7年目へ向けての意気込みを語ってくれた。

楽しかったワンマンライブ! しかし、心残りも…



――6周年記念ライブを終えた今の気持ちをお聞かせください。

片山結愛:私、Twitterでも言ってたんですけど、4人でできたことが本当にうれしくて。いろいろと大変なことがあったけど、この4人で今こうやってワンマンライブを終えて、これからもつながっていけるようなライブになったので、すごく良かったです。本当に楽しかったです!

菅谷夏子:平日の、しかも天気がすごい悪い中で、あんなにたくさんの方が来てくれると思ってなくて。チケットも結構いい感じに売れてたんですけど、この天気で平日で、何が起こるか分からない状況でも来てくれたのが、すごくうれしかったし、本当に幸せでした。

――思っていたことも伝えられて、スッキリしましたか?

菅谷:そうですね。言わないっていう選択肢もあったんですけど、やっぱり責任もあるのかなと思って、しっかり伝えました。でも、今はそんなんじゃないので、これからも楽しく活動していけたらなって思います。

――仲原さん、橋本さんはいかがですか?

仲原芙海:今、悔しいです。めちゃめちゃ楽しかったんですけど、終わり方が私的に…。私が途中ハケちゃって、「めっちゃ悔しいから、もう1回やりたい!」っていうくらい楽しかったです。終わりって大事じゃないですか? 今日のライブは時間が長くて、途中すごいきつくて体力がもつかなと思ったんですけど、めちゃめちゃ楽しかった。

この4人で「一つのことに向けて頑張る!」みたいなのは、今回のワンマンライブが今までの中で特に頑張ったと思うんですけど、それと同じようにファンの方も準備してくれて、今日のライブをすごい盛り上げてくれて。私たちの気持ちとファンの気持ちって意外と一緒で、すごい心強いなっていうのを感じました。またこういうワンマンライブができるように、頑張りたいです!

橋本りょうか:第1部はファンの方たちのコールがいつも以上の声量で、びっくりしちゃった部分があって。でも、すごい楽しそうにしてくれてるのを見ることができて、私も楽しんでできました。ただ、ナイトメアの方で一つ失敗しちゃって…。そこから、もう頭の中が真っ白になっちゃって、いろいろテンパって、練習も含めて今までで一番間違いが多くて。

それが悔しくて、最後の感想でも言うことを何も覚えてなくて…ちゃんとお礼も言えてたか分からなくて。後半は悔しいことばっかなんですけど、それでもファンの人が笑顔で見てくれてたっていうのだけで、うれしいなと思います。楽しかったです。

キャンディzooナイトメアで「TIF」のスカイステージを目指す!



――7年目に入りましたが、どんな1年にしたいですか?

片山結愛:今日配った券に「目指せ!TIFスカイステージ!」って書いてあるんですよ。なので、ナイトメアで(「TOKYO IDOL FESTIVAL」の)スカイステージに立ちたいと思います。

菅谷夏子:今まで、周年のワンマンって、大きめの会場でやらせてもらっていて、今回の恵比寿CreArtもすてきな会場で楽しかったけど、もっと大きな所でワンマンライブをやったことがあるから、その景色を今度はこのメンバーで見られるように、7年目もちょっとずつ、一歩一歩みんなで進んでいけたらなって思います。

仲原芙海:今年はけがもあったし、メンバーがそろわないっていうことが多かったので、7年目は「4人で駆け抜けたぞ!」みたいなのを感じられるような1年にしたいなと思います。

橋本りょうか:何があるか予想ができなくて、嫌なこともあるかもしれないし、新しいことに挑戦するかもしれないので、そこは楽しみつつ、まだ4人でっていうライブは数えるほどしかやってないので、4人で健康に楽しくステージに立てればなって思います。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_e9eb2a590c3f oa-thetvjp_0_37751424e03d_<東京独身男子>斎藤工の“元嫁”が猛攻!“AK男子”タジタジに… 37751424e03d

<東京独身男子>斎藤工の“元嫁”が猛攻!“AK男子”タジタジに…

2019年5月23日 05:00 ザテレビジョン


高橋一生、斎藤工、滝藤賢一が出演する土曜ナイトドラマ「東京独身男子」(毎週土曜夜11:15-0:05、テレビ朝日系)。第6話が5月25日(土)に放送となる。

同作は、仕事もプライベートも充実した人生を送り、独身を謳歌(おうか)する、石橋太郎(高橋)、三好玲也(斎藤)、岩倉和彦(滝藤)らアラフォー3人のあえて結婚しない男子=“AK男子”の恋愛模様を描いたラブコメディー。

3人を翻弄する美女役で、仲里依紗、高橋メアリージュン、桜井ユキが出演する。


注目の第6話では――

かずな(仲)から「太郎ちゃんが好きなのは、自分自身」と強烈な一言を浴びせられた太郎。行き場をなくした舞衣(高橋メアリージュン)を部屋に泊めるも、舞衣に「友達じゃ嫌」だと切り出される。

一方、元妻・薫(野波麻帆)の訪問を受けた三好は太郎と岩倉にSOSをかける。「相変わらず3人一緒、“永遠の青春”」と痛烈な皮肉を発する薫は、三好から夫婦時代に購入した墓が欲しいのだと告げる。

さらに、毎年の恒例行事、人間ドックを訪れたAK男子3人。そこでも話題は「三好家の墓」問題に。

「俺に任せろ」と敏腕弁護士・岩倉が本領発揮と思いきや、薫の猛攻に苦戦。

そんな折、太郎は会社で手痛い目にあい、ふと“仕事ほど報われないものはないのでは”という思いを抱く。


岩倉は恋愛に、三好は結婚生活に、三者三様ながらむなしさを共有。そんな3人の中には「人間ドック再検査」の知らせが届く者もいて…。

心身ともに弱りまくりのAK男子たちに救いは訪れるのか。思いがけず分かる三好の元妻・薫の本心とは?そして太郎とかずなの関係は…!?

――という物語が描かれる。

土曜ナイトドラマ「東京独身男子」第6話は5月25日(土)、テレビ朝日系で放送。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_e9eb2a590c3f oa-thetvjp_0_2c695f168c9a_佐久間宣行×加地倫三の“バラエティー首脳会談”が「オールナイトニッポン0」で実現! 2c695f168c9a

佐久間宣行×加地倫三の“バラエティー首脳会談”が「オールナイトニッポン0」で実現!

2019年5月23日 04:30 ザテレビジョン

毎週水曜、ニッポン放送にて放送中の「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」。5月29日(水)の放送では、佐久間がテレビ朝日・加地倫三プロデューサーと“初のラジオ対談”を行うことが決定した。

「ゴッドタン」(テレビ東京)などの人気番組を手がけるテレビ東京のプロデューサー・佐久間が、「テレビ東京×ニッポン放送・メディアミックス ラジオ番組」として展開する同番組。

テレビマンならではのトークを聴かせるだけでなく、長年「ゴッドタン」で共に奮闘する劇団ひとりがゲストで登場したりと、深夜の放送ながら早くも大きな話題を集めている。

テレビ朝日とテレビ東京のバラエティー二大巨頭が直接対決!


今回の企画は、「アメトーーク!」「ロンドンハーツ」(共にテレビ朝日系)などの演出で知られる加地とプライベートで交流がある佐久間が、直接加地本人に話を持ち掛けるという「パーソナリティ自らのブッキング」により実現したもの。

互いに現代のテレビバラエティー界を代表する両プロデューサーが、ニッポン放送のラジオ番組で90分間生でトークしていくという、放送局の垣根を超えた夢の対談となる。

加地が担当する人気番組の裏話や、テレビ朝日とテレビ東京両局の番組作りの違い、一緒に仕事をしている芸人達の話などを中心に、現在のテレビバラエティーの魅力と課題、これからのメディア・エンタメ業界などについて語り尽くす。

また、リスナーからは「テレビバラエティの疑問・質問」などのメールを募集。2人がそれに答えてながらトークをしていく予定となっている。

佐久間「相談ごとをドンドンぶつけたい」


佐久間は、「加地さんとは、1年に一度くらいお会いしてお笑いやテレビの話をする仲です。尊敬する先輩なので、深夜3時に来てもらえるのは感激です!

相談したいことも、聞き出したいこともたくさんあるので、これに乗じてドンドンぶつけたいです!」と、放送での対談へ向けた意気込みを語った。

スペシャルゲストに加地が生登場する「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」は、5月29日(水)深夜3時より、ニッポン放送をキーステーションに全国ネットで生放送される。

なお、番組の模様はradikoのタイムフリー機能で放送後1週間まで聴くことが可能。2人のトークが聴ける貴重な機会だけに、ぜひチェックしてみよう。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_e9eb2a590c3f oa-thetvjp_0_3d046baf9e78_福山雅治×石田ゆり子のラブストーリーに伊勢谷友介、木南晴夏らが出演決定 3d046baf9e78

福山雅治×石田ゆり子のラブストーリーに伊勢谷友介、木南晴夏らが出演決定

2019年5月23日 04:30 ザテレビジョン

福山雅治、石田ゆり子が出演し、11月1日(金)に公開される映画「マチネの終わりに」のポスタービジュアルが解禁。併せて伊勢谷友介、桜井ユキ、木南晴夏、風吹ジュン、板谷由夏、古谷一行ら新キャストが発表された。

同作は、芥川賞を史上最年少で受賞した作家・平野啓一郎の同名小説を映像化したもの。

東京、パリ、ニューヨークを舞台に、クラシックギタリスト・蒔野聡史(福山)とジャーナリスト・小峰洋子(石田)の2人が、出会い、悩み、そして愛し合った6年を描くストーリー。

伊勢谷が演じるのは、洋子の婚約者でニューヨークに住む経済学者・リチャード新藤。

また、桜井は蒔野のマネジャー・三谷早苗、古谷は蒔野の師匠であるギタリスト・祖父江誠一、木南は祖父江の娘・祖父江奏、風吹は長崎に住む洋子の母・小峰信子、板谷はジュピターレコードの社員・是永慶子をそれぞれ演じる。

そして音楽界からは、世界が注目するクラシックギタリストの新星ティボー・ガルシアが、若き天才ギタリスト役として出演する。

桜井ユキ「福山さんを好きになりました(笑)」


伊勢谷は撮影を終え「ニューヨーク在住の日系人として、英語を話さないといけない役ということもあり、撮影当初は少し緊張と不安があったのですが、監督やスタッフの方々の周到な準備と石田さんのやわらかい空気感に包まれて居心地良く撮影に臨めました。

石田さんは、常に小峰洋子としてそこに自然と存在してくださっていて、すごく演じやすく、ありがたかったです。

フィルムで撮る作品に携われるのが何年ぶりか分からないくらい久しぶりで、非常にうれしかったです。1つ1つ大事に丁寧に“モノを作っている”という感じがすごく伝わってきました。

詩的でありながら、肉体的な関係だけじゃない、精神的なエロティシズムを感じる物語で、あえて口に出さないことで逆に積もっていくそれぞれの思いを感じさせてくれる監督の演出や匂いが、ちゃんとフィルムに染みついていると思います。このような空気感を大事にする作品に出させてもらえてうれしく思っています」とコメント。

桜井は「最初お話を頂いたときは『私で大丈夫かな?』という不安の方が大きかったのですが、原作を読んで、早苗を知り、福山さんや石田さんたちとお会いして、絶対演じきってやろうという気持ちが湧きました。早苗は、日々の1つ1つの行動が構築されて先の道ができていく中で、とてつもない行動を起こして、ありえなかった1つの道を完成させ、すごく人間らしい子だと思いました。

福山さんはフラットな中で、すごく芯のしっかりある方というのが第一印象だったのですが、その福山さんの魅力に、演じる蒔野の魅力である“甘さ”と“ゆるさ”をまとわせていて、早苗を通して、すごく好きになりました(笑)」と、福山の印象を語った。

木南晴夏「しっとりと色気を感じるような作品」


木南は「私は、福山さん演じる蒔野の師匠である祖父江誠一(古谷)の娘を演じさせていただきました。撮影時は赤ちゃんとずっと一緒のシーンが多く、泣いてしまってかわいそうな日もありましたが、コミュニケーションを取りつつ、頑張って一緒に撮影を乗り切りました。

原作は、出版してすぐくらいの時期に、出演も決まっていないタイミングで、話題作ということもあり、読んでいました。

40代のラブストーリーというのはあまりなじみがなく、映像作品にも少なくなってきているのかなと思っていたのですが、“大人のラブストーリー”という印象で、今作も、しっとりと色気を感じるような作品になるのではないかと思います。

大人の恋愛の難しさやすれ違いを原作で感じたので、そのもどかしさを映画でも感じたいと思います」と作品をアピールした。

そして風吹は「西谷(弘)監督は、とても丁寧に役者さんの気持ちが膨らむように演出されるので、石田さんがうらやましいなと思いながら見ていました(笑)。

石田さんとは21年ぶりの共演です。テレビドラマで私が上司の妻役、部下のOL役の3人の中の1人だったんです。とてもかわいい方で、年賀はがきを毎年21年間ずっと頂いていたので、すごく丁寧な、心のきれいな方だと思いました。

この作品は、大人のわくわくドキドキがありつつ、知的に品良く、しかも、ワールドワイドで表現しているので、今までになかった恋愛ドラマが見られるのではないかと期待しています。

今、海外のあちこちで生きている日本人がたくさんいて、それを映像でリアルに表現するのは難しいことですが、それがちゃんと目に見えるようなドラマになると思います。リアルな今どきの大人な恋愛物語を早く見てみたいです。完成するのが楽しみです」と、作品の魅力を語った。

また、板谷は「西谷監督とは一緒にお仕事をしたいと思っていたので、ご一緒できて、とてもうれしかったです。久しぶりにフィルムの音を聞いて、背筋が伸びる思いがしました。

石田さんと現場で撮影するのは約3年ぶりで、プライベートを知り過ぎているので、違う役で世界に入り込めるかなと心配していたのですが、全然大丈夫で(笑)、逆に身近な友人とお芝居するのも楽しいなと思いました。

福山さんとは、私がデビューしたときに出演したドラマから20年ぶりの再共演で、必死だった20代の私に『20年続けていたら、また一周して福山さんと現場で会えるよ!』と教えてあげたい気がしました。今回、そのご縁に感謝しています。

この作品は、お客さんが自分の恋愛観や人生観を振り返れるような、お家に持ち帰れるようなラブストーリーだと思います。西谷監督の撮るパリやニューヨークの美しい風景も含めて、体感できる映画じゃないかなと思います」とコメント。

古谷は「僕は、福山さん演じるギタリストのギターの師匠役でしたが、福山さんとは今までニアミスもまったくなく、今回が初めての仕事でした。

最初はお互いに、どんな人なんだろうとか思っていましたが、すごくイイ奴でした(笑)。パリでは食事にも出掛け、いろいろな話をし、作品の中にもうまく出せたんじゃないかと思うぐらいいい関係で仕事ができました。

監督は、祖父江という、台本のまま演じると何てことない役をおちゃめで、チャーミングな面、福山さんとの師弟関係と、さまざまな面を出してくれて、とても深みのあるキャラクターになりました。

この物語のように、ちょっとした行き違い、一段ボタンが掛け違っただけで、2人の未来が思わぬ方向に変わるというのは、実際の人生の中でもあると思います。

僕は75歳で、自分の世代にも見てほしいし、それぞれの世代で心の中に入ってくる物語だと思います」と演じた役について語った。

ストーリー


世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史(福山雅治)は、公演の後、パリの通信社に勤務するジャーナリスト・小峰洋子(石田ゆり子)に出会う。共に40代という、独特で繊細な年齢を迎えていた。

出会った瞬間から、強く引かれ合い、心を通わせた2人。洋子にはリチャード新藤(伊勢谷友介)という婚約者がいることを知りながらも、高まる思いを抑えきれない蒔野は、洋子への愛を告げる。

しかし、それぞれをとりまく目まぐるしい現実に向き合う中で、蒔野と洋子の間に思わぬ障害が生じ、2人の思いは決定的にすれ違ってしまう。

互いへの感情を心の底にしまったまま、別々の道を歩む2人がたどり着いた、愛の結末とは…。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_e9eb2a590c3f oa-thetvjp_0_97fa6761a969_<きのう何食べた?>“小悪魔ジルベール”磯村勇斗が話題「ひよっこ」「今日俺」と印象がらり 97fa6761a969

<きのう何食べた?>“小悪魔ジルベール”磯村勇斗が話題「ひよっこ」「今日俺」と印象がらり

2019年5月23日 04:30 ザテレビジョン


西島秀俊と内野聖陽演じる同性愛カップルのほのぼのとした日常が話題の「ドラマ24『きのう何食べた?』」(毎週金曜夜0:12-0:52ほか、テレビ東京系)で、“ジルベールのような美少年”・井上航を演じる磯村勇斗が話題を呼んでいる。第7話(5月17日放送)ではその天然小悪魔ぶりで、先輩俳優の西島、内野、山本耕史に一歩も引けを取らない強烈な存在感を発揮した。

「筧さんてさぁ、女も好きなの?」


第7話でついに顔を合わせることになったシロさんこと筧史朗(西島)&ケンジこと矢吹賢二(内野)、そして小日向大策(山本)&井上航(磯村)。初めての“男子会”から、航の印象は強烈だった。

航は心の中で≪筧さん、きょうもシュッとしちゃってんなー≫とつぶやきながら、シロさんには「筧さんてさぁ、女も好きなの?」とズバリ直球質問。

プライベートな話題に踏み込まれることに慣れていないシロさんがたじろぐのもお構いなしに「筧さん今も(周りに)隠してるんだ。あぁそっか!筧さんみたいなタイプって普段が普通だからいざカミングアウトするとなるとめちゃくちゃハードル上がっちゃうんだ!」と愉快そうに畳みかけた。

「ケンちゃん全然タイプじゃないじゃーん!」



さらに数日後、ふたたび4人で顔を合わせた場でも「筧さんは今までどんな人と付き合ってきたの?」と容赦なく切り込んでくる航。

シロさんが「どっちかっていうと無口なヤツが多かったな」などと答えると、「えーーっ!それってケンちゃんとは正反対じゃん!ケンちゃん全然筧さんのタイプじゃないじゃーん!」と一バッサリ。ケンジを奈落の底に突き落としつつ、次の瞬間には「あ、でもあれか、タイプじゃないのにケンちゃんを選んだってことは、逆にケンちゃんかなり筧さんに愛されてるのかもねー!」とすかさずフォローし、手のひらで転がしてみせた。

シロさんでなくとも「天然の小悪魔なのか、それとも本気で底意地が悪いのかわからん!」と唸りたくなる個性あふれるキャラクターだ。

「ひよっこ」「今日から俺は!!」でも話題



共演の西島、内野、山本いずれも民放のゴールデン帯連ドラや大河ドラマで重要な役を演じる主役級俳優。そんなメンツにも負けない存在感を発揮する磯村に、視聴者からはSNSで「磯村くん、ただただうまい」「彼が一番原作から飛び出たみたいですごい!!」といった賞賛の声が続々と上がっている。

連続テレビ小説「ひよっこ」(2017年、NHK総合ほか)ではヒロインと幸せな結婚をする誠実な青年・前田秀俊を、ドラマ「今日から俺は!!」(2018年、日本テレビ系)では主人公と対立する不良高校の卑劣なヤンキー・相良など、役柄ごとに印象をがらりと変え、その都度“カメレオン俳優”と大きな話題を呼んできた磯村。

現在は「きのう何食べた?」の航に加え、AbemaTVで放送中の「御曹司ボーイズ」では英語も堪能でハイスペックなツンデレ御曹司・陸としても話題を振りまいている。

空気をかき乱すわりに憎めない“天然小悪魔”航も、磯村の新たなハマり役となったようだ。

5月24日放送の第8話あらすじは?



第8話は5月24日深夜に放送する。

ある7月の夜。シロさんはケンジに誘われレストランにいた。だがその店は男女カップルだらけ。しかも現れたケンジの友達は、長島義之(正名僕蔵)と本田鉄郎(菅原大吉)の同性カップル。ただでさえ肩身が狭いのにと周囲の目を気にするシロさん…。店内の客が自分たちに違和感を感じているのを察知し初対面の2人を冷たくあしらってしまう。

さらに帰り道でシロさんはケンジに八つ当たりしてしまうが、原因は他にあって…というエピソードが描かれる。










(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_e9eb2a590c3f oa-thetvjp_0_640074b32da8_芳根京子“初キスシーン” 直前に、お相手・志尊淳から意外な質問…! 640074b32da8

芳根京子“初キスシーン” 直前に、お相手・志尊淳から意外な質問…!

2019年5月23日 04:00 ザテレビジョン


5月21日に放送された「チマタの噺」(テレビ東京系)に芳根京子が登場。初めてのキスシーンの“味”について語った。

司会の笑福亭鶴瓶から「キスシーンはしたことあるの?」と聞かれた芳根は「志尊(淳)くんとありました」と返答。

志尊とはプライベートでも親交のある鶴瓶は「なんや、アイツ」とあからさまな嫉妬心をむき出ししにすると、芳根は「女優として初めてのキスシーンが志尊くんとでしたね。お互い初めてでした」と明かした。

「キスってほんまに、(唇を)つけんねんやろう?」と興味津々の鶴瓶に、芳根はシーン直前に志尊から意外な質問をされたことを告白。


「スゴイ印象的だったのが、お互い緊張していたんです。初めての経験だし。ロケバスで待っている時に、志尊君がどうしてもお腹がすいてしまったみたいで『芳根ちゃん、うまい棒食べていいかな?』と言われて、どうぞ、どうぞって」

芳根がぱっと見ると、それは明太子味のものだったので「だったら一緒に食べれば同じ味になりますね」と言って、自らもうまい棒の明太子味を食べてキスシーンに挑んだと当時を振り返った。

鶴瓶から「良かった?やっぱり明太子の味がしたの」と聞かれた芳根は「緊張のあまり味は覚えていないけど、緊張がほぐれた覚えはありますね」と笑顔で答えた。


芳根は「志尊くんとは、ドラマで共演した年に映画も共演したので、イベントとかも含めると1年間ずっと一緒にいました。年は2つ志尊君のほうが上だけど、同級生の役を演じたので、頼りになるお兄ちゃんなのか、友達なのか分かんないですけど、頼りにしています」と語った。

ネットでは「うまい棒の明太子味を食べれば、芳根京子とキスした感じを味わえる」「キスはうまい棒明太子味」などのコメントがよせられていた。

次回の「チマタの噺」は6月11日(火)深夜0:12より放送予定。(ザテレビジョン)

外部リンク