cat_oa-thetvjp_issue_d3bf81bad223 oa-thetvjp_0_d3bf81bad223_全国優勝経験あり!田中圭がバスケ&NBAを語る「NBAの仕事で現地に行けると思ったら、意外と実家の近くだった(笑)」 d3bf81bad223

全国優勝経験あり!田中圭がバスケ&NBAを語る「NBAの仕事で現地に行けると思ったら、意外と実家の近くだった(笑)」

2018年4月13日 21:20 ザテレビジョン

【写真を見る】全国優勝経験あり!バスケから芸能界への方向転換、NBA愛から生まれた勘違いを告白

世界最高峰のバスケットボールリーグ、NBAのプレーオフが、日本時間の4月15日(日)にいよいよ開幕する。今回、バスケとNBAをこよなく愛する俳優・田中圭に、バスケ歴やNBA観戦歴、プレーオフの見どころや注目選手について語ってもらった。

――田中さんがバスケットボールやNBAを好きになったきっかけを教えてください。

母親がバスケ大好きで、その影響で小学1年生の時にYMCAでバスケを始めたんです。それが唯一ずっと続いた習い事だったんですけど、東京YMCAで全国優勝したりして。小学6年生がスタメンを張る中、僕は4年生の時から1人スタメンだったんです。軽い自慢になっちゃいますけど(笑)。

NBAはバルセロナ五輪のドリームチームの時からですね。母親がテレビでバスケを見ていて、ずっと一緒に見ていました。母親の好きだったチームがインディアナ・ペイサーズで、家にレジー・ミラーのポスターが貼ってあったんです。レジー・ミラーってちょっと「ストリートファイターⅡ」のダルシムに似てるから、子供ながらに「何でダルシムのポスター貼ってるんだよ」って思ってましたね(笑)。

僕はラトレル・スプリーウェルがすごい好きで、ニューヨーク・ニックスで8番をつけていたので、僕もずっと8番をつけていました。決まったチームを応援していたわけでもないんですが、唯一ひいきで見ていたのがスプリーウェルで、でも、プレーオフであんまり勝ち上がれないんですよね…セミファイナルとかで負けちゃって、スプリーウェルがボールを叩きつけている姿をよく覚えています。

――子供のころからNBAを観戦していたんですね。バスケットボールはいつ頃までプレーされていたんですか?

また軽い自慢になっちゃうんですけど(笑)、僕は中学受験でそこそこの進学校に行ったんです。高校受験があるとバスケができなくなるからって、母親が中学受験させてくれて。中高一貫でバスケずっとやっていたんですけど、高校1年生の時にケガをしてしまって、ずっとやっていたバスケをできなくなったんです。それで、やる事、目標を見失っていたときに、芸能界のオーディションを受けたのが、この仕事を始めたきっかけでした。

それから、バスケからは段々離れていってしまったんですけど、10年くらい経った時に一回り上くらいの友達ができて、その人がバスケのチームを持っていたんです。毎週そこで練習するようになって、1回だけですけど区の大会にも出場したり、10年ぶりくらいにバスケをやる環境になりました。一昨年くらいは忙しくて練習に行けなかったんですけど、今年は比較的、それこそ1月や2月は毎週のようにバスケしてました。

[PAGE]子供の頃と違って、もう今はドリブルをつかない?

NBAは大好きだし、元バスケット少年からしたら本当に憧れ

――10年ぶりにバスケにのめり込んでいったんですね。子供の頃から決まったポジションなどはあったんですか?

基本はシューティングガードでしたね。昔はドリブルもちゃんとついてましたけど、今はもうドリブルつかないです(笑)。ステフィン・カリーだ!とか言いながら、すぐシュート撃っちゃうんで(笑)。ドリブルは、しばらくやっていないと、あれ?あれ?みたいになるんです。でもシュートはどっかで覚えている感覚があるから、ちゃんと入るんです。遠くからでも入っちゃうんで(笑)。

――それからプレーするだけでなく、WOWOW NBA中継にゲスト出演されるようになったんですね。

2015-2016シーズンの途中、WOWOWさんから「NBA好きですか?」とお話をいただいて。実は僕、最初に「仕事でNBAを見る」って聞いた時に、現地に行けると思っていたんです…。元々NBAは大好きだし、僕ら元バスケット少年からしたら本当に憧れですから、マネジャーから話を聞いて、まじですか!?絶対やりたい!ってお願いしたんです。そしたら違いました(笑)。あれ、江東区?意外と実家の近くだな?って思いながら(笑)。

――それではここから、プレーオフの話を聞かせてください。注目しているチーム、期待している対戦カードはありますか?

ここ3年はファイナルのカードが一緒で、ゴールデンステイト・ウォリアーズとクリーブランド・キャバリアーズですけど、同じカードでもチームの状態や、選手たちの思いが全然違うから、すごく楽しく見られますね。中でもウォリアーズのスプラッシュブラザーズ、カリーとクレイ・トンプソンが大好きです。ただのシューターじゃないし、かっこいい。ウォリアーズには注目しているし、それこそ連覇しちゃえばいいじゃん!とも思うし、他のチームも、どこがウォリアーズを負かすのかにも興味がありますね。

キャバリアーズは、レブロン・ジェームズが同い年なんです。最初に見たときはかわいそうって思いましたね。1人でずっと頑張らなきゃいけないから。レブロンが不調になれば負けるし、全てを1人で背負っているイメージがあった。ウォリアーズとファイナルで戦ったときは、ウォリアーズ好きなはずなのに、レブロン頑張れ!ってなってました。ウォリアーズに連覇してほしいって思ってたのに、レブロンやった!勝った!って(笑)。

[PAGE]レギュラーシーズンは見る必要なし?

プレーオフはドラマ性があるし、みんなが本気で獲りにくる

――田中さんから見て、レギュラーシーズンとプレーオフの大きな違いは何でしょう?

レギュラーシーズンとプレーオフの違いは…僕が言うと、すごいNBAが好きな人に怒られそうな気がするんですけど、大丈夫かな(笑)。僕にとってプレーオフは、レギュラーシーズンの集大成ですね。プレーオフはみんなが本気で獲りにくるし、どのチームもそのための布陣を一年かけて作ってくるので、プレーオフだけ見ればいいじゃん!って思っちゃう(笑)。

もっと奥にいくと、それも分かった上でのレギュラーシーズンの面白い見方があるのは分かってるんですけど。プレーオフにはドラマ性があって、一戦も落とせない中で全員が本気でくるし、そこに駆け引きも入ってくる。めちゃくちゃ面白いので、是非見ていただきたいです。バスケの最高峰のNBA、その中での最強を決めるプレーオフが始まるわけですから、これは見ない手はないです。

――6月16日(土)夜10時から出演される「連続ドラマW ダブル・ファンタジー」が放送されます。こちらの見どころをお聞かせください。

「ダブル・ファンタジー」は自分に正直に生きる女性の姿と、その女性を取り巻く男性陣が翻弄される様子を描いた官能ドラマです。水川あさみさん演じる主人公の高遠奈津ことなっちゃんは、女性の現実や自分の抑えられない衝動、モラリズムに揺れ動く、すごく人間らしいキャラクターです。僕が演じる岩井良介は、なっちゃんと昔少しだけ付き合っていた新聞記者で、お互いパートナーがいる中で出会ってしまい、求め合うんですね。

けっこう心をえぐられる人も多いと思いますが、共感してもらえる綺麗さと不条理さが詰まっていて、男性も女性も楽しめるドラマになっていると思います。NBAファイナルの迫力あるプレーに胸を踊らせ、その後は「連続ドラマW ダブル・ファンタジー」の胸を締め付けられるような大人の恋愛をぜひご覧ください!(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_d3bf81bad223 oa-thetvjp_0_f5d703bd9608_10分で人にすぐ投資!リアルマネーの虎・辻啓太氏の驚きの投資術が明らかに! f5d703bd9608

10分で人にすぐ投資!リアルマネーの虎・辻啓太氏の驚きの投資術が明らかに!

2019年2月21日 12:00 ザテレビジョン

2人の“今キテル、成功者”が登場!


名倉潤と河本準一がMCを務め、ゲストが驚きの近況報告をする「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(毎週木曜夜0:12-1:00、テレビ東京系)。2月21日(木)は「今キテル、成功者&転落芸人SP」を放送する。

“今キテル、成功者”として登場するのは、オンラインサロン運営で日本のトップ5に入る幻冬舎の編集者・箕輪厚介氏と、29歳で若者世代から絶大な支持を受ける年商20億カリスマ実業家・辻敬太氏。

辻氏は箕輪氏に対抗し、箕輪のオンラインサロンとは一味違った魅力を持つ「辻敬太 起業サロン」開設への思いを告白。オンラインだけではなく、個人的なメールや電話のやり取りの他、月に一度は直接会って指導する「すぐ会いにける経営者」を目指しているという。すでに募集を開始していて、初日には1000人以上もの応募があったのだとか。

また、辻氏のインスタグラムのDMには毎日「投資してほしい!」という連絡が殺到。辻氏は彼らと面接し、“リアルマネーの虎”としてさまざまな人に“10分で投資する”姿を披露する。さらに、現在、辻氏の運転手をしている元近鉄の1億円投手、ピッカリ投法でおなじみの佐野慈紀さんも登場する。さらに、番組では今後、アイデアを送ってきた人を対象に、投資を行うための面接を実施予定。詳細は番組をチェックしよう。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_d3bf81bad223 oa-thetvjp_0_a8a6899c0bdf_大人になってもクズニートな「おそ松さん」新作短編アニメーション! a8a6899c0bdf

大人になってもクズニートな「おそ松さん」新作短編アニメーション!

2019年2月21日 12:00 ザテレビジョン

3月1日(金)昼0:00より映像配信サービス「dTV」で、3月15日(金)劇場公開となる「えいがのおそ松さん」に合わせて、新作短編アニメーション「『えいがのおそ松さん』劇場公開記念、オリジナル短編劇場」全7話を独占配信する。

「えいがのおそ松さん」は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画「おそ松くん」を原作に、大人になってもクズでニートだけど、どこか憎めない6つ子を、衝撃的なギャグとともに描いた新作劇場版。

そして今回「dTV」で配信される新作アニメーションは、「えいがおそ松さん」が公開される前日の6つ子の日常を描いたサイドストーリー。

なお、オリジナル短編劇場と「えいがおそ松さん」を公開前に見ることができる特別試写会を3月7日(木)に実施。さらに、配信を記念して「dTV×アニメイトコラボキャンペーン」が、2月21日~2月28日(木)の期間限定で開催される。

また、「dTV」ではイヤミ役の鈴村健一とトド松役の入野自由が、映画を宣伝するためにイヤミの故郷(?)フランスへ観光(敢行)しに行った模様を収めた特別番組を、2019年3月13日(水)発売となるBlu-ray&DVDに先駆けて、2019年2月22日(金)昼0:00より先行配信する。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_d3bf81bad223 oa-thetvjp_0_4f00e8d45a3b_15歳・井本彩花が球児にエール「テレビの前で見る世界だった」 4f00e8d45a3b

15歳・井本彩花が球児にエール「テレビの前で見る世界だった」

2019年2月21日 11:15 ザテレビジョン

井本彩花が、3月23日(土)に開幕する「第91回選抜高等学校野球大会」の応援イメージキャラクターに選ばれ、2月21日に東京・毎日ホールで行われた記者会見に登壇した。

同イメージキャラクターは、2013年の「第85回選抜高等学校野球大会」で吉本実憂が選ばれたのを皮切りに、小芝風花、小澤奈々花、井頭愛海、岡田結実、玉田詩織と、その年に活躍する現役高校生を選出。

今回のイメージキャラクターには、2017年の「第15回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリに選ばれ、同年12月には「『ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)に出演、2018年11月から放送の「あなたには渡さない」(テレビ朝日系)で連続ドラマデビューを果たすなど女優としてすでに活躍し、4月から高校生となる15歳・井本が選ばれた。

この日の会見では応援ポスターがお披露目され、井本が球場のスタンドから球児にエールを送る様子が表現されている。

井本は「平成最後の大会を応援できると聞き驚きましたし、光栄です。甲子園は家族とテレビの前で見る世界だったので、まさか応援イメージキャラクターをやらせていただけるとは思っていなかったので、とてもうれしいですし、幸せに感じます」と笑顔で喜びを語った。

応援ポスターは、出場校名、大会概要などを明記し、2月下旬から大会終了までの約1カ月間、各出場校をはじめ全国各地に掲出。また、開会式の入場行進曲は、平成最後の大会となるため、平成時代を象徴する曲として槇原敬之が作詞・作曲した「どんなときも。」「世界に一つだけの花」の2曲に決まっている。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_d3bf81bad223 oa-thetvjp_0_d6958edb42c3_「プレバト!!」篠田麻里子、浜田雅功に結婚報告をしていた? d6958edb42c3

「プレバト!!」篠田麻里子、浜田雅功に結婚報告をしていた?

2019年2月21日 11:00 ザテレビジョン

2月21日(木)夜7時から放送の「プレバト!!」(TBS系)では、「俳句の才能査定―」には田山涼成、相田翔子、ガレッジセール・ゴリ、A.B.C-Z・河合郁人、そして2月20日に結婚を発表した篠田麻里子が参戦する。過去3度「才能アリ」を獲得した篠田は「俳句入門を買ってイロハから学んだ」と語り、ある大切な人をイメージした俳句を披露。

さらに、篠田は番組収録後に浜田雅功の楽屋を訪問し、結婚について極秘報告を行っていたという。その驚きの内容とは!?

また、昇格試験には梅沢富美男と東国原英夫のツートップが登場。梅沢は「私が上だというところを見せようじゃありませんか!」と、闘志を燃やす。

「水彩画の才能査定―」には、田山、篠田、河合、東ちづる、土屋アンナが参戦。お気に入りの散歩コースや東京タワーなど、それぞれが好きな場所で水彩画を描き、芸術の才能を競っていく。野村重存先生が「今回は初めてづくし。とても楽しませていただきました」と語る、意外な査定結果とは?(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_d3bf81bad223 oa-thetvjp_0_5a0690f8e9aa_杉咲花が板谷由夏に強烈ビンタ! 二人で個室にこもって読み合わせも 5a0690f8e9aa

杉咲花が板谷由夏に強烈ビンタ! 二人で個室にこもって読み合わせも

2019年2月21日 08:05 ザテレビジョン

2月21日(木)放送のドラマ「ハケン占い師アタル」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)第6話で、主演の杉咲花が上司役の板谷由夏にビンタを浴びせる一幕がある。

第6話では、職場でも家庭でも板挟み状態の課長・大崎結(板谷)が、部長の代々木(及川光博)から「出向」という名目でリストラ候補者一人を選ぶよう命じられてしまう。

誰も切り捨てたくないという思いから打開策を見つけられず、日に日に疲弊する大崎。そんな大崎にアタルが痛烈なビンタを浴びせ、険しい表情で「目を覚ましてください」と言い放つ…。

ビンタシーンは一発OK!


ビンタシーンでは本番一発OKを出したものの、いつになくアタルと大崎がやり合うシーンが続く第6話。連日エネルギーをぶつけ合う撮影に、杉咲と板谷もヘトヘトだったようだ。

そんな中、同ドラマのクライマックスとなるアタル“占いシーン”撮影前に、板谷が杉咲をランチに誘ったという。さらにその日の夜には、個室にこもって二人で占いシーンのせりふの読み合わせをしたんだとか。

そんな二人の絆が生んだ、渾身(こんしん)の占いシーンは、現場スタッフも息をのむほどの迫力に。

これまでも“あらゆるものが見える特殊能力”を駆使して、同僚らの悩みを解決してきたアタルが、ついにチームをまとめる課長・大崎を相手に、どんな言葉を浴びせるのか。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_d3bf81bad223 oa-thetvjp_0_b1e7856328b6_三吉彩花「狙いうち」でセクシーダンスを披露! b1e7856328b6

三吉彩花「狙いうち」でセクシーダンスを披露!

2019年2月21日 08:00 ザテレビジョン

三吉彩花主演映画「ダンスウィズミー」のポスターと予告映像が初解禁となり、合わせて公開が8月16日(金)に決定したことが分かった。

同作は、催眠術をかけられたことで音楽を聴くと思わず踊り出してしまうOL・鈴木静香(三吉)が、元の体に戻すために奔走するミュージカルコメディー。

脚本・監督は、映画「ウォーターボーイズ」(2001年)や「スウィングガールズ」(2004年)、「ハッピーフライト」(2008年)をはじめ、多くのヒット作を手掛けている矢口史靖監督が務める。

本作の企画意図を「急に歌ったり踊ったりするミュージカルへの“なぜ?”という違和感自体をミュージカルのテーマにできないかとずっと考えていました。そして、ミュージカルなんか全然したくないのにすることになった女の子の話を思い付いたときに、これはいける!と思ったんです」と、矢口はコメントしている。

吹き替えなしのダンス!


本作はキャスト全員がミュージカルシーンすべての歌とダンスを吹き替えなしで挑戦。

解禁された予告編では、催眠術によって音楽を聴くと“歌わずに踊らずにはいられないカラダ”になってしまう主役の静香が「狙いうち」のリズムに乗って歌い踊り、アクロバティックなダンスをレストランで披露するシーンから幕を開ける。

さらに、キャスト陣のミュージカルシーンも初解禁。三吉と共に踊るやしろ優、ウエディングドレスを着て歌うchay、夜の公園で三吉とロマンティックに舞う三浦貴大。

ほか、ムロツヨシ、宝田明など、個性の強いキャラクターたちが、さまざまなシチュエーションで映し出されている。

あらすじ


OLの静香(三吉)が何より苦手なのはミュージカル。しかし、ある日突然催眠術をかけられ、音楽を聞くと所構わず歌い踊りだし、体が止まらなくなってしまう。

携帯の着信音、駅の発車メロディー、テレビや街中で流れるどんな音楽でも、踊りたくないのに自分の意に反して勝手に歌い踊りだしてしまう。

仕事もお金も失いながら、催眠術を解くために催眠術師を探して日本中を駆け巡る静香が、ひとクセもふたクセもある人々と出会い、予想外の展開に巻き込まれていく。果たして静香は無事に元の体に戻れるのか?(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_d3bf81bad223 oa-thetvjp_0_447bd17f1c94_小松菜奈と門脇麦の歌唱シーンを含む予告映像が公開!<さよならくちびる> 447bd17f1c94

小松菜奈と門脇麦の歌唱シーンを含む予告映像が公開!<さよならくちびる>

2019年2月21日 08:00 ザテレビジョン

映画「さよならくちびる」の公開日が5月31日(金)に決定し、合わせてW主演を務める小松菜奈と門脇麦が演じる人気ギター・デュオ「ハルレオ」の歌唱シーンの映像も公開された。


本作は、塩田明彦監督のオリジナル作品で、インディーズで話題になった人気ギターデュオのレオ(小松)とハル(門脇)、そしてそんな二人をサポートをする“ローディ”のシマ(成田凌)の青春と恋愛を描いた物語。

今回、劇中で「ハルレオ」として小松と門脇が実際に自らの歌声で撮影に臨んだという歌唱シーンを含む、ショート予告映像が公開された。

予告映像は、レオとハルのデュオが突然解散を決めるところからスタート。

映像では、秦基博がプロデュースを担当した主題歌楽曲「さよならくちびる」と、あいみょんが作詞・作曲した挿入歌「たちまち嵐」が流れ、ハルとレオのキス寸前(?)のカットやハルレオとシマの3人が全国ツアーに向かう車中の様子。

そしてハルとレオの練習風景、ラストには涙を浮かべるハルレオの姿など、印象的なシーンがちりばめられている。

付き人であるシマが参加していくことで徐々に関係をこじらせていくハルレオ。そんな3人の関係とその行く末は?(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_d3bf81bad223 oa-thetvjp_0_9bc0f979ab15_石井杏奈、ファーストキスの相手告白「山田孝之さんだったんです」 9bc0f979ab15

石井杏奈、ファーストキスの相手告白「山田孝之さんだったんです」

2019年2月21日 08:00 ザテレビジョン

2月20日に放送されたE-girlsの冠レギュラー番組「全力部活!E高」最新回で、“恋愛相談部”と“ダブルダッチ部”を放送。石井杏奈のファーストキスの相手が俳優の山田孝之であることが明かされた。

前回も反響が大きかった“恋愛相談部”では、視聴者から寄せられた恋愛の悩みにE-girlsが回答していく中で、話題は初恋の思い出に。

近年は女優としても活躍する石井の初恋の相手は、4歳の時に出会った“ヤマダタカユキくん”だったと言い、「タカちゃん、タカちゃんって呼んですごく仲良かったんですけど、私のファーストキスが映画で山田孝之さんだったんです!」といきなりの告白。

2018年に劇場公開の短編映画「パラレルワールド」の劇中での出来事を明かし、「始まりは“タカちゃん”」と照れる石井の言葉に、メンバー全員が胸キュンしていた。

一方、2本のロープを使って跳ぶ縄跳び「ダブルダッチ部」では、プロダブルダッチチーム・REGSTYLEの3人を講師に、E-girlsがカバーしている「おどるポンポコリン」に合わせてダンスをしながら飛ぶパフォーマンスに挑戦。

基本の飛び方から、最終課題である「おどるポンポコリン」にも出てくる“駆け足飛び”など基礎練習を行うメンバーたち。

“駆け足飛び”選手権では、楓が49回、山口乃々華が44回と健闘する中、番組で魅せる抜群の運動神経がたびたび注目を集める武部柚那はメンバー1位の54回という結果に。

プロ顔負けの高速もも上げに「漫画のキャラが走ってるみたい!」「すごい!足が早過ぎて見えない!」など、視聴者から驚きの声が上がった。

次週、2月27日(水)は「ダブルダッチ部」の完結編と、E-girlsのメンバーが自身のフェチについて語る「恋愛相談部」の後編をオンエア予定だ。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_d3bf81bad223 oa-thetvjp_0_6d018bc05a39_“ときのそら”らバーチャルYouTuberが女優デビュー! 前代未聞の連ドラ実現 6d018bc05a39

“ときのそら”らバーチャルYouTuberが女優デビュー! 前代未聞の連ドラ実現

2019年2月21日 07:51 ザテレビジョン

テレビ東京系の4月期ドラマとして、バーチャルYouTuberが出演する「四月一日さん家の」(毎週金曜夜0:52-1:23)が、4月19日(金)からスタートすることが分かった。


“バーチャルYoutuber”として活躍するときのそら、響木アオに加え、本作をきっかけにVTuberデビューする猿楽町双葉が、東京下町の一軒家に住む四月一日(わたぬき)家の三姉妹役で出演。両親を亡くした三姉妹のハートウオーミングでたまに切ない、笑いに満ちた日常を描いていく。


四月一日の長女・一花を演じるときのそらは「今回私がドラマ『四月一日さん家の』一花役でまさかの女優デビューということで、 本当にびっくりしています!」と喜び、「今までプロの方に演技を教わったこともなくて、台本のせりふを覚えるところからすごく大変でしたが、三姉妹の長女役だったので日頃からみんなに『お姉ちゃんっぽい』と言われるところ?がドラマで生かせていたらいいなと思います」と意気込んだ。


次女・二葉を演じる猿楽町双葉は「何もかもが初めての経験で今もまだ緊張しています。そらちゃん、アオちゃんと共に和気あいあいと楽しく作った作品、たくさんの方に毎週楽しんで見ていただけたらうれしいです!」とフレッシャーならではのコメントを寄せた。


三女・三樹を演じる響木アオは「このたび、こうしてすてきな作品に関わらせていただけてとってもうれしいです!! 生まれてきて良かった〜〜! ありがとうさぎ〜〜〜!!」と出演に大喜び。

続けて「撮影は初めてのことばかりでドキドキでしたが、終われば楽しかった記憶しかなく、 本当にすてきな経験をさせていただきました!」と振り返り、「 みんなのこだわりが詰まった『四月一日さん家の』。たくさんの人に楽しんでもらえますように! みんなと見られるの楽しみっ」とアピールした。

また、五箇公貴プロデューサーは「去年の夏前頃、どうにかVTuberの方々と一緒に、まだ見ぬ新しいエンターテインメントを作りたいと思い企画を開始しました」と話し、「VTuberの特性をいろいろ考え、研究し、あえてテレビの王道で昭和の香りもする“シチュエーションコメディ-”を最新の技術を使ってやってみたら面白いのでは?と思いつきました」とドラマ化に至った経緯を明かした。

さらに「実写スタッフとVR技術スタッフ、そしてVTuberの女優が混然一体となりVRの世界で苦楽を共にし、幾度とない試行錯誤を繰り返しながら一つのゴール目指し、作品を作れたことは私個人としても今まで経験したことのない感覚で、確実に新しい時代のエンターテインメントの夜明けを感じました」と自信をのぞかせた。

そして「バーチャル世界の方々も実世界の方々も、この試みを温かく見守ってくださると幸いです」とコメントした。(ザテレビジョン)

外部リンク