cat_oa-thetvjp_issue_572678daa7e6 oa-thetvjp_0_572678daa7e6_織田裕二の“存在感”光る!壮大な人間ドラマ「SUITS/スーツ」<プロデューサーに聞く(1)> 572678daa7e6 572678daa7e6 織田裕二の“存在感”光る!壮大な人間ドラマ「SUITS/スーツ」<プロデューサーに聞く(1)> oa-thetvjp

織田裕二の“存在感”光る!壮大な人間ドラマ「SUITS/スーツ」<プロデューサーに聞く(1)>

2018年10月6日 12:00 ザテレビジョン


【写真を見る】27年ぶり!織田裕二&鈴木保奈美の共演シーン

織田裕二が主演を務める“月9”ドラマ「SUITS/スーツ」(毎週月曜夜9:00-9:54※初回は9:00-10:24、フジテレビ系)が、10月8日(月)よりスタートする。

アメリカの大ヒットドラマ「SUITS」を原作に、勝利のためには手段を選ばない弁護士・甲斐(織田)と驚異の記憶力を持つ天才フリーター・大貴(中島裕翔)が、さまざまな訴訟を解決へ導く痛快エンターテインメント弁護士ドラマだ。

織田と鈴木保奈美による「東京ラブストーリー」(1991年、フジテレビ系)コンビの27年ぶりとなる共演でも話題となっている本作。

ザテレビジョンでは、プロデューサー・後藤博幸氏にインタビューを実施!本作の見どころと共に、制作の裏側や個性的な登場人物の魅力を紹介していく。

原作をリスペクトした作品に


原作は、現在シーズン8が放送中のメガヒットドラマ。後藤氏もその面白さに魅せられた一人で、「絶対に日本で置き換えてやりたい」と長年考えていたそう。しかし、いざ日本版で制作するにあたり、大きなプレッシャーがあったと言う。

「やはり最初はびくびくしていました。アメリカのプロデューサーはどんな人なんだろうとか、何を言われるんだろうとか。ただ、僕らはアメリカ版の『SUITS』をリスペクトしていて、ひっくり返してやろうなんて思ってもいないし、むしろ忠実にやっていきたいです。

ですが、文化の違いがあるので100%同じにはできません。リスペクトしながらも、日本のオリジナリティを出すことで勝負したいです。アメリカのプロデューサーからも『うまく日本にローカライズしてください』と言っていただいたので、今はリラックスして取り組めています」

[PAGE]


織田キャスティング、決め手は「存在感」


原作ファンである後藤氏は、物語の主軸となる弁護士バディのハーヴィー&マイクのキャスティングを「単体で考えていなかった」と語る。

「この二人は、『日本だったら誰と誰が組んだらベストなのか…』と、ずっと考え続けてきました。織田さんにハーヴィーをお願いした一番の決め手は、一言で言うと“存在感”です。

ハーヴィー・スペクターという役は、有無を言わせない存在感がないと成立しません。ベテランと呼ばれる俳優をイメージするなかで、織田さんは見た目や醸し出すものが一番近いと感じました」

大ヒットシリーズという壮大な裏設定


“弁護士ドラマ”と聞くと、まず思い浮かぶのは法廷シーン。しかし、このドラマでは法廷での舌戦があまり登場しないという特徴がある。

「1話完結の弁護士ものではないんです。各話ごとにネタはありますが、主軸となるキャラクターたちの心情が絡まって物語は展開されます。これは壮大な人間ドラマなんです」

壮大な人間ドラマの裏には、原作付きならではの苦労や楽しさもあるそう。

「現在、アメリカではシーズン8を放送しています。先の展開が分かっているなかで、鈴木保奈美さんの役が卒業するシーズン6までを踏まえて、その展開を逆算してシーズン1を日本版として作っています。そんな壮大な裏設定のもと作るという、日本の連続ドラマではなかなかできない体験がすごく楽しいですね」

二人の出会いは「衝撃を受けたシーン」


後藤氏は、1話のみどころを「とにかく甲斐と大貴の出会い」だと言う。

「出会いのシーンは、私が原作を見て衝撃を受けたシーンのひとつです。なるべく原作と同じようにしたいと思いました。アングルなどの演出を寄せるというよりも、一連の流れや空間を意識しています。原作を知っている方には、そのあたりを意識して見ていただきたいですね」

甲斐と大貴の“バディ感”もまた、このドラマの面白さを左右する大きなポイントの一つだ。

「第1話はまだまだですが、甲斐は大貴のことを基本的には認めていて、決して表には出さなくてもその才能にほれ込んでいます。大貴は誰も叶わない記憶力を持ちながら、今までの環境ではそれをうまく使いこなせてきませんでした。甲斐は、それをうまく使いつつ、彼自身を成長させていきます」


第1話あらすじ


勝利のためには手段を選ばないエリート弁護士・甲斐(織田)。日本四大法律事務所の一つ「上杉・幸村法律事務所」でトップクラスの稼ぎ頭だが、強引なやり方で周囲からねたまれることも。

そんな甲斐を心配した事務所代表・チカ(鈴木)は、甲斐へ昇進の条件として若手弁護士を雇うことを命じる。条件を渋々承諾した甲斐は、新人採用面接会を開催。そこで、一度見たものは忘れない驚異の記憶力を持つ天才フリーター・大貴(中島)と出会う。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_572678daa7e6 oa-thetvjp_0_e2f90031e77d_マツコ&有吉&夏目三久…最後の3人そろい踏みが生放送で実現! “怒り新党 解散!!”特番が決定 e2f90031e77d e2f90031e77d マツコ&有吉&夏目三久…最後の3人そろい踏みが生放送で実現! “怒り新党 解散!!”特番が決定 oa-thetvjp

マツコ&有吉&夏目三久…最後の3人そろい踏みが生放送で実現! “怒り新党 解散!!”特番が決定

2021年9月27日 22:03 WEBザテレビジョン

マツコデラックス、有吉弘行、夏目三久による最後の3人そろい踏みが、9月30日(木)に生放送される「マツコ&有吉 怒り新党 解散!!生放送2時間スペシャル」(夜8:00-9:48、テレビ朝日系)で実現することが明らかになった。

2011年にスタートした「マツコ&有吉 怒り新党」は、ちょっと腹が立つけれど、これって怒っていいんだろうか…そんな国民の日々の「怒り」に、マツコデラックス幹事長と、有吉弘行政調会長が総裁秘書の夏目三久と共に、白黒つけてきた。

2021年4月には一夜限りの再結党とし放送され、大きな反響に。今回、夏目が9月末日をもって全ての仕事を離れることとなり、当日に「最後の党大会」として緊急生放送が行われることが決定した。放送開始から10年、「怒り新党」は9月30日の放送をもって解散となる。

マツコ、有吉、夏目3人そろっての姿は最後となる今回は、3人のトークをたっぷり届ける放送に。スタッフが厳選した爆笑トーク集や「新3大◯◯調査会」から特に印象に残っている選りすぐりシーン、さらにいつもの「国民からのお怒りメール」にも新たに答えていく。

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_572678daa7e6 oa-thetvjp_0_d52953dd20d9_<ドクターX>宮本茉由が研修医役に初挑戦!「役と一緒に成長していきたい」 d52953dd20d9 d52953dd20d9 <ドクターX>宮本茉由が研修医役に初挑戦!「役と一緒に成長していきたい」 oa-thetvjp

<ドクターX>宮本茉由が研修医役に初挑戦!「役と一緒に成長していきたい」

2021年9月27日 22:01 WEBザテレビジョン

宮本茉由が、10月14日(木)スタートの米倉涼子主演「ドクターX~外科医・大門未知子~」(毎週木曜夜9:00-9:54※初回は夜9:00-10:09、テレビ朝日系)の最新シリーズに出演する。宮本は、同ドラマで研修医役に初挑戦。研修医たちの中でもひときわ冷静で器用、クレバーだからこその悩みも抱える研修医・虻川リサを演じる。

同ドラマは病院組織で数々の騒動を巻き起こしながらも、外科医の本質である手術や治療を成し遂げるため、一切の妥協を許さず突き進む大門未知子(米倉)の姿を描いたシリーズ作品。2年ぶりの新作となる第7シリーズでは、100年に1度のパンデミックで新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、未知子が新たな戦いへと身を投じる。

宮本が撮影現場で感じた共演者の優しさ


撮影現場では「『長く続く人気シリーズを作られてきた皆さんについて行けるよう、頑張らなきゃいけないな!』と、身が引き締まる思い」だと語る宮本。今回初めて袖を通すことになった白衣を身にまとうたび、さらに「キッチリしなきゃ!」と奮い立ったという。

そんなひたむきな宮本の「ドクターX」初参戦を、ともに2度目の共演となる主演・米倉と遠藤憲一を筆頭に、出演者たちも歓迎。宮本は「研修医としても女優としても、まだまだ見習いの立場にある私ですが、役と一緒に成長していきたいです。そんな私にも『ドクターX』の皆さんは本当に優しく接してくださる」と撮影合間も積極的に声を掛けてくれた共演者の優しさに感激しきりな様子。

また「これから冬も近づいて寒くなってきますが、一人用の土鍋を最近買ったので、いろいろな味のお鍋をおうちで味わってパワーをつけながら、撮影に臨んでいきたいです」と、意気込む。米倉と初めて共演したドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(2018年、テレビ朝日系)で、女優デビューを飾ってから丸3年。「木曜ドラマ枠で米倉と共演」という“女優としての原点”に再び立ち返った宮本が成長ぶりを見せる。

宮本茉由のコメント全文


「ドクターX」への出演が決まったときは、すごく緊張しました。「長く続く人気シリーズを作られてきた皆さんについて行けるよう、頑張らなきゃいけないな!」と、身が引き締まる思いで日々撮影に参加させていただいています。

私は研修医を演じるのも、白衣を着るのも初めて。白衣を着ると「キッチリしなきゃ!」と、さらに気持ちが引き締まります。手術シーンへ携わるのも初めてで、“糸縫い”と呼ばれる手技を教えていただき練習する機会がありました。今回の虻川リサの役どころが優秀な研修医で(手技が)速いのがうりなので、この手技をドラマの中で披露できる日が来るまで、ひそかに練習し続けたいと思います(笑)。

研修医としても女優としても、まだまだ見習いの立場にある私ですが、役と一緒に成長していきたいです。そんな私にも「ドクターX」の皆さんはすごく優しく接してくださるので、感謝しています。米倉涼子さんとは「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」でも共演させていただいたのですが、今回の現場に入ったら、米倉さんの方から「久しぶり!」と声を掛けてくださって…! 感激しました。

ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」(2020年、フジテレビ系)でちょっとだけご一緒させていただいた遠藤憲一さんも、そのときのことを覚えていてくださったそうで、現場でもすごく話し掛けてくださるので、うれしいです。

これから冬も近づいて寒くなってきますが、一人用の土鍋を最近買ったので、いろいろな味のお鍋をおうちで味わってパワーをつけながら、撮影に臨んでいきたいです。視聴者の皆さんも「ドクターX」の最新シリーズを楽しみにしてらっしゃると思いますが、私も台本を読むたびに「どんな画になって放送されるんだろう?」と、すごく楽しみに思いながら撮影していますので、ぜひご覧ください!

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_572678daa7e6 oa-thetvjp_0_6c19a9566396_<作画プレゼン!刺さルール>爆笑問題&神田伯山が収録を振り返る!「みんな絵もうまいし、情報も興味深い!」 6c19a9566396 6c19a9566396 <作画プレゼン!刺さルール>爆笑問題&神田伯山が収録を振り返る!「みんな絵もうまいし、情報も興味深い!」 oa-thetvjp

<作画プレゼン!刺さルール>爆笑問題&神田伯山が収録を振り返る!「みんな絵もうまいし、情報も興味深い!」

2021年9月27日 21:31 WEBザテレビジョン

爆笑問題、神田伯山らが出演する新番組「作画プレゼン!刺さルール」(毎週火曜夜0:15-0:45ほか、テレビ朝日系)が10月5日(火)よりスタートする。そのレギュラー初回放送に先駆け、同番組の1時間SPが9月29日(水)夜11時15分より放送されることとなった。

同番組は、世界に実在する一風変わった「法律」「条例」「意外な規則」、さらにはその背景にある「驚きのエピソード」も徹底リサーチし、芸人たちが「自作のイラスト」や「紙芝居」で面白おかしく独自プレゼン。彼らの渾身(こんしん)のプレゼンが心に刺さったかどうかを、特別審査員の爆笑問題と進行役の伯山が審査する。

9月29日(水)の1時間SPでは、インディアンス、きつね、ティモンディ、ラニーノーズ、ラランドがプレゼンバトルを展開。爆笑問題&伯山も思わず耳を疑う「ケチャップ」や「男性の水着」、いま話題の「民間宇宙旅行」などに関する、海外のびっくりルールが次々と発表される。さらに10月5日(火)のレギュラー初回放送では、蛙亭とヒコロヒーが一騎打ちを繰り広げる。

太田光(爆笑問題)のコメント全文


最初に番組の企画を聞いたときは「一回やってみないと見えない番組だなぁ」と思ったんだけど、実際に収録してみたら、みんな絵もうまいし、情報も興味深い! 絵で笑わせていくという点では、新たな「お笑いマンガ道場」(1976~1994年、中京テレビ/日本テレビ系)が生まれたなと! 

プレゼンという意味では、この中から未来のスティーブ・ジョブズも出てくるかもしれない。そんな可能性すら感じた“近未来的な番組”だと思います。芸人に限らず、ゆくゆく特番とかで鳥山明さんや尾田栄一郎さんも出演して、絵を描いてくれたら、うれしいですね(笑)。あとわれわれの同期にBOOMERというコンビがいるんですけど、彼らは紙芝居ネタをやっていて、絵がうまいんですよ。だから、1回くらいはBOOMERにもチャンスを与えてほしいなぁと思います。プレゼン能力はほぼないですけどね(笑)。

ちなみに、爆笑問題の独自ルールは「田中がとにかくお茶をつぐ」というルール。最初にギャラの配分をどうするか話し合ったときに、「ネタを作るのは俺だから、7:3でいいよな?」と提案したら、田中が「それはいやだ」と言うので(笑)。「じゃあ、お茶をつげ」と。ネタ作りのときは常に、田中にお茶とお菓子を買ってきてもらってます。

田中裕二(爆笑問題)のコメント全文


芸人さんたちが自分でネタを作って、絵も描かなきゃいけないわけで、すごく負担が大きくて大変な番組だと思います。絵もそんなにうまくないし、ネタも作れない僕には無理ですね(笑)。だから、この番組でも僕はプレゼンを見て、適当に感想を言ってるだけで(笑)、楽させてもらっちゃってます。

それにしても初収録から、本当に皆さんのネタが面白かった! 今は各局、ネタ番組が増えてきてますけど、このタイプのネタ番組は他にないので、お笑い好きの方はもちろん、かなり必見だと思います。しかも、変わった条例や不思議な実話が軸にあって、それを各芸人がオリジナルにアレンジしてプレゼンするというのが面白い! そこをぜひ見ていただきたいです。

とにかく芸人さんたちが本当に大変だから、今後は写真を使ったり、文字だけでもいいし…絵の良しあしに関係ない部分での勝負があってもいいじゃないかな。そういう人たちがどんどん増えてくると、番組もさらに盛り上がって、長く続けられるんじゃないかなぁと思います。

神田伯山のコメント全文


忙しい芸人さんたちに「ネタを作って持ってきてくれ」と頼むなんて、すごい傲慢(ごうまん)な番組(笑)。でも、だからこそ多くの視聴者の方に面白いと思っていただける番組だと思います。実際、僕も収録してみて、楽しい番組だなぁと思いました。人に物を伝える能力は、芸人さんにとって一番大事な能力。それを爆笑問題のお2人が審査するシビアさ、おのおのの個性が光るプレゼンが単純に面白く、勉強になりました。あと何と言っても、初めて進行役をやって、田中(裕二)さんのすごさが分かりました。

「新たな『お笑いマンガ道場』」という太田さんのコメントも、確かにそうだなって思いました。中高年にも響きそうだし、この番組から第2の富永一朗さん、第2の車だん吉さんが出たら面白いですよね。

ちなみに、伝統芸能の世界には「どんな失敗をしても、うそをつかなければ全部許してくれるルール」があるんです。正直に謝れば、謝られた側も許さなきゃいけない、というね。最初に師匠から「うそをつくな」って言われたときは、「人間なんてうそをつく生き物だし、そもそも講談なんてうそばかりついてるんだから」と思ったんですけど、今ではいいルールだなぁと思いますね。

森山みなみ(テレビ朝日アナウンサー)のコメント全文


私にとって初めてのバラエティー番組収録でしたが、あっという間に感じるくらい楽しかったです。芸人さんたちの話も面白いので興味が湧きますし、時々入るボケ・ツッコミなどのお笑い要素も間近で見られて…! バラエティーってこんなに楽しいんだな、と実感しました! さらに、芸人さんたちのプレゼン力は見習うことばかり。私はアナウンサーとしてのキャリアがまだ半年なので、芸人さんたちの“伝える力”をどんどん盗んでいきたいと思います。

「刺さルール」は全然知らなかった情報を楽しく学べて、放送を見た方々が知識量で周囲の人にマウントを取れる番組だと思います。一風変わった条例やルールを紹介する番組はほかにもありそうですけど、芸人さんたちがシッカリと絵でプレゼンしていくというスタイルがすごく新鮮だと感じました。

ちなみに、私の独自ルールは「靴を履くときは絶対に左足から履く」。子どもの頃から、そうしないと気持ちが悪くて…。間違って右足から履いてしまったときは、一回脱いで、左足から履き直すほどです。

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_572678daa7e6 oa-thetvjp_0_bf3d08af3db7_ミュージカル「『刀剣乱舞』~静かの海のパライソ~」が開幕!岡宮来夢「またこの物語を紡げることに心から感謝します」【コメントあり】 bf3d08af3db7 bf3d08af3db7 ミュージカル「『刀剣乱舞』~静かの海のパライソ~」が開幕!岡宮来夢「またこの物語を紡げることに心から感謝します」【コメントあり】 oa-thetvjp

ミュージカル「『刀剣乱舞』~静かの海のパライソ~」が開幕!岡宮来夢「またこの物語を紡げることに心から感謝します」【コメントあり】

2021年9月27日 21:31 WEBザテレビジョン

ミュージカル「刀剣乱舞~静かの海のパライソ~」が、9月27日にTOKYO DOME CITY HALLにて開幕。同日、初日公演に先駆けて行われたゲネプロの舞台写真と出演者のコメントが到着した。鶴丸国永役 を務める岡宮来夢は「またこの物語を紡げることに心から感謝します」とコメント。

名だたる刀剣が戦士の姿になった刀剣男士を収集・育成・強化し、歴史改変を目論む敵と戦う大人気PCブラウザ・スマホアプリゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」(DMM GAMES/Nitroplus)を原案とする、ミュージカル「刀剣乱舞」シリーズ。

本作「刀剣乱舞~静かの海のパライソ~」は、2020年、新型コロナウイルスの影響により、7公演が上演後中止となり、今回およそ1年半ぶりに再始動した。鶴丸国永(岡宮)、大倶利伽羅(牧島輝)、浦島虎徹(糸川耀士郎)、日向正宗(石橋弘毅)、豊前江(立花裕大)、松井江(笹森裕貴)の6振りが刀剣男士の使命と向き合い、苛烈な戦いに挑む物語が描かれる。

また、10月30日(土)の東京凱旋公演初日と11月25日(木)の昼公演、大千秋楽公演は動画配信サービスDMM.comでのライブ配信も予定。さらに、大千秋楽公演は全国各地の映画館でのライブビューイングも行う予定している。

岡宮来夢(鶴丸国永役)コメント


昨年、公演が止まってしまってからこの公演のことをずっと忘れず過ごしてきました。1年半ぶりに稽古場で座組の皆さんと再会したときに「あぁ、また静かの海のパライソができるんだ、始まるんだ」とすごく嬉しい気持ちになりました。

またこの物語を紡げることに心から感謝します。たくさんの方の期待やプレッシャーを感じていますが、それを超えていける作品になっていると思います。鶴丸国永としてこの物語を背負わせていただきます。応援の程、よろしくお願いします!

牧島輝(大倶利伽羅役)コメント


ミュージカル「『刀剣乱舞』〜静かの海のパライソ〜」がいよいよ開幕します。稽古では、1年半ぶりに会ったみんなが更にカッコよくなっていてすごく驚きました。

稽古への取り組み方もそうですが、姿勢だったり顔つきだったり太刀筋だったり。みんなそれぞれ刀剣男士を演じる上での重みが増しているように感じました。それはきっとみんなこの1年半楽しいことばかりじゃなかったからなのかなと思いました。

舞台が中止になってしまったり、楽しくご飯に行くこともなかなか出来ず、息が詰まることもあったり、苦しいこともすごく多かったと思う。そういう時間の中で何度も自分と向き合うことが、その人の強さにつながるんだと僕は思いました。

強くなったみんなの熱が伝わって稽古場で何度も鳥肌が立って何度もウルっとしました!! そんな僕も! 僕としても大倶利伽羅としても強くなっていると思うし、ずしっと重たくなっている! はずです!

この公演を皆さんにお届けできることが今本当にうれしいです。今度こそ全公演無事に出陣できますように!! 絶対大千秋楽迎えるぞー!!

糸川耀士郎(浦島虎徹役)コメント


浦島虎徹役、糸川耀士郎です。1年半前、この公演が7公演上演後に中止となり、行き場のない悔しい気持ちを抱えながら自粛期間を過ごしたことを鮮明に覚えています。

だからこそ、また浦島虎徹として舞台の上に立つ日まで成長し続けよう…そう心に決めていました。こうして再始動という形でチャンスをいただけたこと、大変うれしく思います。

今度こそ、大好きな仲間達・スタッフの皆さま・そして支えてくださるファンの皆さまと大千秋楽を迎える日を夢見て…演劇の力でパワーを与えられるよう走り抜けたいと思います。どうか応援の程よろしくお願いいたします!

石橋弘毅(日向正宗役)コメント


日向正宗役の石橋弘毅です。ミュージカル「『刀剣乱舞』〜静かの海のパライソ〜」、いよいよ開幕です! 自分にとって初出陣となったこの作品を再び上演する機会をいただけて幸せです。

残念ながら、昨年この公演で日向くんと一緒に舞台の上に立てたのはわずか7公演でした。そのときのやりきれない悔しさを胸に、ただの再始動ではなく、ゼロからさらに良いものをつくりあげる想いで日々稽古に励みました。

今回の稽古期間を経てより濃い物語になっていると思います。大千秋楽まで無事駆け抜けられるように全公演力の限り頑張ります! 応援よろしくお願いします。

立花裕大(豊前江役)コメント


こんにちは、豊前江役の立花裕大です。稽古を終えてみて感じることは、1年半前よりチームがより一体となって同じ方向を向いているということです。

一人一人がしっかりと役をまとってそこに生きていて、全員がまとまって一体となる場面もあれば、それぞれの個性を出す場面もあり、どこを切り取っても見応えのある舞台になっていると思います。

誰しもがこの1年半を無駄にせず、再始動にむけてそれぞれの経験や思いを経てここにいるということを実感しました。自分自身も作品の背景について勉強しなおしたり、役のもっている目的をはっきりとさせたりと準備をしてきました。

それでも稽古では色々苦戦しましたが、表現を磨きこうして開幕を迎えることができたことをうれしく思います。ここからさらに濃度を上げて、味わい深い刀剣男士としてこの作品に存在できればと思います!

笹森裕貴(松井江役)コメント


ミュージカル「『刀剣乱舞 〜静かの海のパライソ〜」、いよいよ幕が上がります!! 1年半前から今日この日まで、この公演のことを忘れた日はありません。

この期間、松井江と寄り添い過ごす日々の中で「次はこうしてみたい。このシーンはもっとこうできる!」という前向きな気持ちが僕の中でどんどん大きくなっていくのがとても心地良く、前回途中で終わらざるを得なかったことへの悔しささえも僕の背中を押してくれました。

この作品は、僕を一回りも二回りも大きくしてくれた、かけがえのないものです。再び、今の僕のすべてを松井江に捧げます。

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_572678daa7e6 oa-thetvjp_0_9652f07f183a_<モネ>スーちゃん『(地元に)帰らない』に応援の声!「いろんな考えがあっていい」 9652f07f183a 9652f07f183a <モネ>スーちゃん『(地元に)帰らない』に応援の声!「いろんな考えがあっていい」 oa-thetvjp

<モネ>スーちゃん『(地元に)帰らない』に応援の声!「いろんな考えがあっていい」

2021年9月27日 21:31 WEBザテレビジョン

清原果耶がヒロインを務める連続テレビ小説「おかえりモネ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月~金曜の振り返り)。9月27日放送の第96話では、百音(清原)と幼なじみの“スーちゃん”こと明日美(恒松祐里)が2人きりで語り合う場面が描かれた。明日美の素直な言葉に、視聴者からも応援や共感の声が上がった。(以下、ネタバレがあります)

故郷に帰ることを決めた百音。その旅立ちの前夜、百音は「汐見湯」2階の下宿で一緒に暮らしていた明日美と2人きり、ピザやインスタント焼きそばを肴に語らっていた。

次々に地元に戻ることを決める幼なじみたちを見て、明日美の中にもモヤモヤが溜まっていた。「私、薄情かな」帰らない、と決めている自分の選択に迷いを見せる明日美を、百音は「そんなこと、思わなくていいんだよ」と穏やかな笑顔で肯定した。

明日美も、百音の悩みや葛藤をずっと見てきた。「モネが島に戻るって思えるようになったのは、本当によかった、って思ってるよ」。泣きそうになりながら百音の決心を一緒に喜ぶ明日美に、百音も「ありがとね。スーちゃんの、まっすぐで、友達思いで、明るいとこがずっと救いだった」と笑顔を返した。

視聴者共感「スーちゃんの存在があってよかった」


地元でもずっと一緒だった百音と明日美。登米と仙台で離れて暮らした時期はあるものの、上京後はひとつ屋根の下で生活し、誰よりもお互いのことを見てきた。そんな2人の友情が染み渡るような5分間に、視聴者からも感動の声が上がった。

「モネとスーちゃんの関係、いいな」「スーちゃんの存在があってよかった。いろんな考えがあっていい」「私もスーちゃんのように、自分と違う考えでも尊重できる人になりたい」。それぞれの道を尊重する2人、中でも「(地元に)帰らない」という自分の思いを大切にする明日美への共感や応援の声が飛び交った。

最後、いつもの元気っ子に戻った明日美が「でも、あとは理解できない。だいたい先生との結婚、保留とか信じられないから!」と百音と菅波(坂口健太郎)の“結婚保留”の決断にツッコミを入れる場面では、視聴者から「激しく同意」「モヤってたことスーちゃんが言ってくれてスッキリした!」「理解できない!って言っちゃえるスーちゃん好きだなぁ」と共感の声も上がる盛り上がりとなった。

明日美役の恒松はこの日、自身のInstagramを更新。明日美になりきって「私はこっちで。みんな、自分が生きる場所で。毎日を楽しんで頑張る! そしてたまに会って一緒にご飯を食べる!そんな日が来るまでは私は東京で頑張ります!」と、恒例の“#かってに創作スーちゃん日記”を投稿。この投稿にも視聴者から多くの共感の声が集まっている。

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_572678daa7e6 oa-thetvjp_0_0a4769cee3a4_<ゴッドタン>過去の「尖っちゃった事件簿」や芸人のホンネが続々…ぶっちゃけトーク炸裂の配信イベントリポート 0a4769cee3a4 0a4769cee3a4 <ゴッドタン>過去の「尖っちゃった事件簿」や芸人のホンネが続々…ぶっちゃけトーク炸裂の配信イベントリポート oa-thetvjp

<ゴッドタン>過去の「尖っちゃった事件簿」や芸人のホンネが続々…ぶっちゃけトーク炸裂の配信イベントリポート

2021年9月27日 21:03 WEBザテレビジョン

「ゴッドタン」(毎週土曜夜1:45-2:10、テレビ東京)のオンラインイベント「ゴッドタンオンラインライブ お笑いを存分に語りまくれるBAR 〜俺のお笑い青春事件ベスト3〜」が9月23日に開催された。ゲストに東京03・飯塚悟志、アンガールズ・田中卓志、ハライチ・岩井勇気が登場した。

同イベントは、劇団ひとりや、常連客のおぎやはぎがゲストとお笑いについて語る番組企画のオンラインイベント。初めてイベント化された同回では、「お笑い青春尖っちゃった事件簿」「俺のお笑い青春事件ベスト3」をテーマにトークを展開し、思い出すと恥ずかしいエピソードや、それぞれの転機となった出来事が語られた。そんな貴重な配信イベントの様子をリポートする。

「尖ってた頃」や「青春事件簿」…ここでしか聞けない人気芸人のホンネが飛び出す

オープニングでは、おぎやはぎが東京03の冠番組「東京03とスタア」(10月3日[日]スタート、毎週日曜昼1:45-2:15、日本テレビ)の話を振った。飯塚は佐久間宣行プロデューサーに感謝を述べつつ、開始数分で涙目。そして、「今は飲みにも行けないからお笑いを語れるのはここしかない。この場所を作っていただきありがとうございました!語りましょう!」と乾杯の発声をした。

「お笑い青春尖っちゃった事件簿」では、尖っていた頃のエピソードが語られた。田中はアンガールズの「ジャンガジャンガ」の誕生秘話や、FUJIWARA・藤本敏史のバラエティー番組に取り組む姿勢に感銘を受けた話を披露。そして、岩井は若手時代にネタの指摘を全て無視していたことを告白した。その話に劇団ひとりはうなずき、名プロデューサー・秋元康からアドバイスを受けたと意外なエピソードを話した。

そして、「俺のお笑い青春事件簿ベスト3」では、転機となった事件をそれぞれが告白。飯塚は「感謝祭事件」の裏側を語る。事件後に、ビートたけしや明石家さんまが「事件をいじってネタにしてくれてありがたかった」と振り返った。すると、今まで語られなかったが、事件勃発のきっかけを作ったのは田中だったという疑惑も浮上する。

また、岩井は「ゴッドタンでの腐りいじられる事件」と題し、今の岩井のポジションが確立した事件を発表。この事件をきっかけにやりやすくなったと話した。そして、「おぎやはぎさんはかわいがってくれるけど、僕に何も与えていない」と語り、「見出してくれたのはひとりさんかもしれない」と振り返った。

イベントだからこそ、「ここだけの時間」を共有する充足感


最後は、ひとりが「今度会ったときは今日話したことは忘れようね!」と出演者に呼びかけ、矢作兼は「普段はなんにも考えてないよね。お笑いのことなんか!」と照れ笑いをした。

イベントだからこそピー音なしのぶっちゃけトークも飛び出し、大いに盛り上がりを見せた。先輩の昔話を聞いたり、後輩の相談に乗ることも減ったコロナ禍の現在において、誰かとお酒を飲みながら語り合っているような感覚で聞くことができた。視聴後は、飲み会後のような充足感を得ることができるイベントだった。

なお、同オンラインイベントは10月3日(日)までZAIKOにてアーカイブ配信される。

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_572678daa7e6 oa-thetvjp_0_b982a4d318c9_<劇場版 ルパンの娘>サカナクションが担当する主題歌特別映像が初解禁、山口一郎「新しい音楽にチャレンジ」【コメントあり】 b982a4d318c9 b982a4d318c9 <劇場版 ルパンの娘>サカナクションが担当する主題歌特別映像が初解禁、山口一郎「新しい音楽にチャレンジ」【コメントあり】 oa-thetvjp

<劇場版 ルパンの娘>サカナクションが担当する主題歌特別映像が初解禁、山口一郎「新しい音楽にチャレンジ」【コメントあり】

2021年9月27日 21:02 WEBザテレビジョン

連続ドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編にして、最終章となる「劇場版 ルパンの娘」(10月15日[金]公開)の主題歌がサカナクションの楽曲「ショック!」に決定し、主題歌特別映像が公開された。なお、サカナクションはドラマに引き続き主題歌を担当し、「ショック!」は同作のために書き下ろされた新曲。サカナクションでボーカルを務める山口一郎からコメントも到着している。

同作は、2015年8月に発売され、各書店の文庫売上1位を獲得しロングセラーとなっている横関大の同名小説が原作。代々泥棒一家である“Lの一族”の娘・三雲華(深田恭子)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の禁断の恋を描いた物語。

ドラマ1作目は2019年7月からスタートし、2020年にはドラマ2作目が放送。真剣に全力でふざけるキャストの好演や、泥棒スーツを身にまとった激しいアクションと独特なポージング、そしてミュージカル演出が話題を呼んだ。

今回解禁された特別映像は、結成15周年を迎えるサカナクションにとって“新たな挑戦”の曲となった楽曲「ショック!」とともにキャラクターたちのさまざまな表情が映し出される映像で、謎の敵“JOKER”と戦う真剣な表情のLの一族や、おなじみのパロディーシーンなども楽しめる。

サカナクション・山口一郎コメント


ドラマ版で「モス」を採用していただいた流れで、今回の映画化でも主題歌のお話を頂き、とても光栄に思います。

来年結成15年を迎え、自分たちらしさの枠にとらわれず、新しい音楽にチャレンジしたいと思っていた時期に、「劇場版 ルパンの娘」の世界観に合う楽曲とは何かをバンドでディスカッションしながら制作することでとても満足のいく作品を作ることができました。

作品を作るのにはとても難しい状況下で、スタッフ・キャストの皆さんが苦心して作り上げた「劇場版 ルパンの娘」とサカナクションが作った「ショック!」が良い意味での違和感や歪みをもって混ざり合ってくれたらと思います。ぜひ、映画館でお楽しみください。

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_572678daa7e6 oa-thetvjp_0_182c300ac575_眞栄田郷敦の撮了を二階堂ふみが祝福!初出し情報にファン「このシーンでクランクアップだったの?」の声<プロミス・シンデレラ> 182c300ac575 182c300ac575 眞栄田郷敦の撮了を二階堂ふみが祝福!初出し情報にファン「このシーンでクランクアップだったの?」の声<プロミス・シンデレラ> oa-thetvjp

眞栄田郷敦の撮了を二階堂ふみが祝福!初出し情報にファン「このシーンでクランクアップだったの?」の声<プロミス・シンデレラ>

2021年9月27日 20:58 WEBザテレビジョン

9月14日に最終回を迎えたドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS)の番組公式Instagramが9月27日に更新され、眞栄田郷敦と二階堂ふみの2SHOTを公開。眞栄田の意外なオールアップシーンが明かされ、話題を集めている。


同ドラマは、人生崖っぷちのアラサーバツイチ女子・早梅(二階堂)が、金持ちでイケメンだが性格のすこぶる悪い男子高校生・壱成(眞栄田)に目をつけられ、金と人生を賭けた“リアル人生ゲーム”を繰り広げていくラブコメディー。

この日、Instagramでは「本日は壱成のクランクアップ写真をお届け!最終話、早梅にプレゼントしたい靴を見つめるシーンでクランクアップ、そしてこちらのシーンでドラマとしてもオールアップでした」とつづり、さらに「一足早くクランクアップしていた二階堂さんも駆け付けてくださいました」と裏話を告白。

また「このドラマは、早梅のラブストーリーでもあり壱成の成長物語でもありました。1話のときは『なんて嫌なやつだ…』と思った方も多かったかもしれません。でも、物語が後半になるにつれどこまでも一途でまっすぐな壱成の姿に早梅だけでなく視聴者の方も惹かれていったのではないでしょうか」というコメントとともに、眞栄田と二階堂の写真を投稿した。

この投稿を見たファンからは「この2人本当にお似合い」「このシーンでクランクアップだったの?」「身長差がたまらない…」「壱成にまた会えますように」「続編を希望します!」など、多くのコメントが寄せられた。

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_572678daa7e6 oa-thetvjp_0_e0c84342e3e5_キンプリ神宮寺勇太が「with」スペシャル版表紙に登場!なにわ男子・藤原丈一郎は「もしフィアンセだったら…」を演じる e0c84342e3e5 e0c84342e3e5 キンプリ神宮寺勇太が「with」スペシャル版表紙に登場!なにわ男子・藤原丈一郎は「もしフィアンセだったら…」を演じる oa-thetvjp

キンプリ神宮寺勇太が「with」スペシャル版表紙に登場!なにわ男子・藤原丈一郎は「もしフィアンセだったら…」を演じる

2021年9月27日 20:39 WEBザテレビジョン

King & Princeの神宮寺勇太が9月28日(火) 発売の「with」(講談社)11月号スペシャル版でソロとして女性誌初表紙を飾る。

神宮寺勇太、3つのスタイルを披露

12ページの特集では、King & Princeで「国民的彼氏」という“異名”を持つ神宮寺が持つアンビバレントな魅力をコンセプトの異なる3つのスタイルで表現。

表紙のデニムスタイルはガレージハウスで趣味に没頭するアメリカンでワイルドな神宮寺。また、モードでスタイリッシュなセットアップスタイルでは、圧倒的なスタイルの良さを披露。リラックススタイルでは、オフを彷彿させる柔らかな表情を見せている。また、1万5000字にも及ぶロングインタビューも掲載される。

なにわ男子・藤原丈一郎がウエディングリングページに登場

with婚企画におけるウエディングリングページは、なにわ男子・藤原丈一郎が登場。藤原主演による、スイートでちょっぴり心温まるストーリーが展開される。

「もし、藤原さんがフィアンセだったら…」の妄想物語では、リビングで読書中の藤原が、目があった瞬間、ニヤリと意味深な笑顔を見せる。そして突然、藤原の持つ文庫本の裏から現れた綺麗な箱。それを開けると燦然と輝くダイヤモンドがあしらわれた綺麗なリング――といった物語が展開される。

また、理想的な結婚にまつわる話も語られている。

外部リンク