cat_oa-techinsight_issue_5afbf2d8652f oa-techinsight_0_5afbf2d8652f_元チェキッ娘・大瀧彩乃 野呂佳代が投稿したスタイリストぶりに「かっこいい!!」 5afbf2d8652f 5afbf2d8652f 元チェキッ娘・大瀧彩乃 野呂佳代が投稿したスタイリストぶりに「かっこいい!!」 oa-techinsight

元チェキッ娘・大瀧彩乃 野呂佳代が投稿したスタイリストぶりに「かっこいい!!」

2018年3月11日 11:21 テックインサイト

タレントの野呂佳代が3月9日、『野呂佳代 norokayotokyo Instagram』に「スタイリスト大瀧さん」の仕事ぶりを投稿して反響を呼んでいる。「1日に何個も現場を掛け持ちして、最後結果このような荷物で帰って行きました…力強い」というその姿は、もうそれ以上持ちきれそうにないほど大きなバッグやケースを肩から下げており、野呂も「#大瀧彩乃 さん #体小さいのに #パワフル」と驚いていた。

【この記事の他の写真を見る】

フォロワーからも「かっこいい!!」「ステキな笑顔で本当にステキな写真ですね。私もがんばろとパワーもらいました」「女が仕事していくのは大変だよね、やりがいで生きていける」といったコメントが寄せられている。

「さすが大瀧さん!! 文字通り『縁の下の力持ち』ですなぁ~!!」「柳原さんも担当されてる方ですねー。懐かしい」「チェキッ娘やー」という声もあり、テレビ番組に取り上げられたりするので彼女を知る人は多いようだ。

アイドルグループ・チェキッ娘を1999年11月3日に卒業した大瀧彩乃は、しばらくタレントとして活動していたが、洋服や裏方の仕事に興味があり2002年にテレビ業界向けのスタイリング事務所に入る。

チェキッ娘時代の仲間、熊切あさ美や上田愛美をはじめタレントや俳優、アーティストのスタイリングを手掛け、『笑っていいとも!』で渡辺直美と柳原可奈子を担当して気に入られ「ぽっちゃりタレント支持率NO.1スタイリスト」と言われるようになった。

特に渡辺直美との仕事が多く、彼女が「インスタ女王」と呼ばれるようになったのも大瀧の影響が大きい。そうした華やかなイメージがあるスタイリストだが、野呂佳代が投稿した姿からも成功の裏には「努力と笑顔」があることを改めて思わされる。

画像は『野呂佳代 2018年3月9日付Instagram「スタイリスト大瀧さんは、1日に何個も現場を掛け持ちして、最後結果このような荷物で帰って行きました、、、」、2018年2月18日付Instagram「なんか、気に入ってて」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

外部リンク

cat_oa-techinsight_issue_5afbf2d8652f oa-techinsight_0_jy1nef1xj55m_池田エライザからの質問に田口トモロヲ答えられず「無視するという作戦を覚えました」 jy1nef1xj55m jy1nef1xj55m 池田エライザからの質問に田口トモロヲ答えられず「無視するという作戦を覚えました」 oa-techinsight

池田エライザからの質問に田口トモロヲ答えられず「無視するという作戦を覚えました」

2022年8月12日 17:22 テックインサイト

女優・池田エライザと俳優・田口トモロヲが12日、テレビ大阪開局40周年記念ドラマ『名建築で昼食を 大阪編』(17日深夜スタート)のオンライン記者会見に出席した。同作はドキュメンタリーの要素を取り入れたドラマになっていて、池田のセリフのほとんどがアドリブであるシーンも。そのため池田が田口を困らせたこともあったという。

【この記事の他の写真を見る】

ドラマ『名建築で昼食を 大阪編』(全6回)は、東京を舞台にした『名建築で昼食を』(2020年8月-10月放送)と『名建築で昼食を スペシャル横浜編』(2021年1月放送)に続く新ドラマ。これまでと同様に田口トモロヲが、ノスタルジックで可愛らしい「乙女建築」なる写真をSNSで公開している植草千明(うえくさ ちあき)を、池田エライザが植草と一緒に名建築を巡る春野藤(はるの ふじ)を演じる。

第1話では綿業会館を取り上げるが、大阪には中学生の頃からよく仕事で訪れていたという池田エライザは「かなりの回数(大阪には)行っているんですが、イメージとしては活気のある街でした」とこれまでの印象を述べてから、撮影では「名建築は豪華な場所が多かったですし、派手という部分もありましたが、中に入ってみると厳かな空気が流れていて大阪の新たな一面を見た感じがしました」と振り返った。

また田口トモロヲは「大阪人気質のオープンなマインドが建物にも反映されているという印象が強かったですね。東京で見た建築とは本当に違っていて、すべてが大箱でデカイという印象。ずっと見上げていたので、首が痛くなりましたね」と笑わせた。

同ドラマにはドキュメンタリーの要素がドラマの一部に加えられていて、名建築を見学しているシーンでは「(自身の)セリフがほとんど書いていない」という池田。「初めて行った場所で素直に思ったことを言えばいい」と言い、その点でドキュメンタリーとなっているが、逆に植草はその建物に詳しいという設定のため植草役の田口には建物にまつわる情報がセリフとなって台本に用意されているという。

さらに見学中に「ふと湧いた素朴な疑問を田口さんに聞いてしまったりして。田口さんは本当にそこに詳しい方というわけではないので、それで困らせてしまったりとか」と明かすと、田口は「『俺も知りたいよ!』と思いつつ、『役としてはそういう発言はしないだろうな』」と植草役をまっとうするそうだ。そしてこの大阪編では「藤さん(池田)が純粋に名建築を見て疑問に思ったことをぶつけてきても、たまに無視するという作戦を覚えました。他のところに集中しているフリをして分からない質問は無視する」と対処法を身に着けたとのこと。これに池田も「してた!」と思い出して笑った。

そんなシーンが「第1話にもバッチリ使われていますから見てください」と田口。「主役は名建築なので、我々はバイプレーヤー」というスタンスで撮影に臨んだという田口は「何も考えずに見ていただいて、登場する名建築の世界観に酔っ払っていただければと思います」、池田は「大阪は大大阪時代というのが非常に興味深くてそのような歴史的背景や、純粋に建築のひとつひとつの美しさであったり、植草さんのいじらしい部分があったりするので、さまざまな要素で楽しんでいただけます。ぜひ癒やされてください」と視聴者にメッセージを送った。

(TechinsightJapan編集部 取材・文:関原りあん)

外部リンク

cat_oa-techinsight_issue_5afbf2d8652f oa-techinsight_0_iihd9j14a2rm_マドンナ、自分のドレスを着る16歳息子を絶賛「私より着こなし上手」 iihd9j14a2rm iihd9j14a2rm マドンナ、自分のドレスを着る16歳息子を絶賛「私より着こなし上手」 oa-techinsight

マドンナ、自分のドレスを着る16歳息子を絶賛「私より着こなし上手」

2022年8月12日 16:49 テックインサイト

マドンナ(63)が米トーク番組に出演し、養子のデヴィッド・バンダさん(16)のファッションセンスについて語った。マドンナはデヴィッドさんが日常的に自分の洋服やドレスを借用すると明かし、「私より着こなしが上手」と称賛した。

【この記事の他の写真を見る】

マドンナが現地時間10日放送の米トーク番組『The Tonight Show』にゲスト出演し、2006年に養子として迎えた息子デヴィッド・バンダさんに言及した。

司会者のジミー・ファロンが、デヴィッドさんについて「僕の部下デイヴは、最近どうしてる?」と尋ねた。するとマドンナは「私があなたとこうして一緒にいることを、嫉妬してるわ」と冗談交じりに答えた後、最近のデヴィッドさんは音楽制作をしており、いずれこの番組にゲスト出演するだろうと話した。

ジミーはデヴィッドさんのユーモアのセンスや魅力、運動能力などを絶賛し、彼が何らかの才能を持っているという結論に達すると、マドンナは「彼はどんな洋服でも着こなすし、思い切りカッコよく見えるのよ」とデヴィッドさんのファッションセンスについて語り始めたのである。

そして「本当に腹立たしいわ。彼は私の服を着て、私より上手に着こなすんだから。ドレスを着たって、男らしく見えるのよ」と称賛した。

デヴィッドさんは今年5月、マドンナと米ニューヨークのバークレイズ・センターで開催したボクシング試合の観戦に訪れた際、「アディダス」と「グッチ」のコラボによる真っ赤なロングドレスを着用したことが話題になった

腰までの深いスリットが入ったロングドレスは、深いVネックの胸元とサイドに「アディダス」のトレードマークである3本線が入ったデザインだ。

このドレスは、マドンナが1993年に映画『めぐり逢えたら(原題:Sleepless in Seattle)』のプレミア上映会に出席した時に着用したドレスから着想を得たものだった。

マドンナがこの写真を自身のInstagramで公開すると、フォロワーは「アイコニックなママと息子」「デヴィッドのマドンナに対する愛情は、見ていてとても美しい!」「2人の間のケミストリーが素敵」と絶賛していた。

また7月にマドンナが自身のInstagramで公開した動画では、クリーム色のシャツドレスを着たデヴィッドさんが、自宅キッチンでダンスをする様子を披露していた

英メディア『Daily Mail Online』は当時、デヴィッドさんが着ていたのはマドンナのワードローブから借用した「Mae Couture」によるシルクのシャツドレスだったことを伝えていた。

画像は『Madonna 2021年9月28日付Instagram「Sweet 16 in our New Back Yard!」』『The Tonight Show 2022年8月12日付Twitter「You never know what’s going to happen when @Madonna stops by.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

外部リンク

cat_oa-techinsight_issue_5afbf2d8652f oa-techinsight_0_m7qsmyzqh1nu_「ベッカム家は金で操れる」 ヴィクトリア・ベッカムとニコラ・ペルツ嫁姑戦争の黒幕はニコラの実母だった m7qsmyzqh1nu m7qsmyzqh1nu 「ベッカム家は金で操れる」 ヴィクトリア・ベッカムとニコラ・ペルツ嫁姑戦争の黒幕はニコラの実母だった oa-techinsight

「ベッカム家は金で操れる」 ヴィクトリア・ベッカムとニコラ・ペルツ嫁姑戦争の黒幕はニコラの実母だった

2022年8月12日 15:29 テックインサイト

ヴィクトリア・ベッカムが「長男ブルックリンの妻ニコラ・ペルツと不仲である」と連日のように報じられているが、これは単なる嫁姑間の問題ではなさそうだ。実は確執の根幹はベッカム家とペルツ家、両家の「文化の違い」にあり、さらには二コラの実母による「スノッブな考えや態度」が大きく影を落としているという。

【この記事の他の写真を見る】

「ヴィクトリア・ベッカムとニコラ・ぺルツは巻き添えを食っているだけで、問題は両家族の間にあるのは明らかです。両家は家族としてまだ繋がりを見出せていないだけなのです」と、ある有力な情報筋が米メディア『Page Six』に伝えた。

両家の問題とは、ブルックリン・ベッカムと義理の父親であるネルソン・ペルツ氏とその妻クラウディアさんの間に起こっているものではない。実際、ネルソン氏は婿のブルックリンが望むどのような起業でも支援すると申し出ているそうだ。ペルツ家が暮らすパーム・ビーチでは、ブルックリンとニコラ・ペルツがブルックリンの両親のように「ブランド・ベッカム」のような自分達の帝国を築きあげるのではと噂している。2人は洋服、美容、香水のブランドを立ち上げて、デヴィッド&ヴィクトリア・ベッカム夫妻の足跡をたどることを望んでいるという。ブルックリンとニコラが2人とも結婚後SNSの姓を「ペルツ・ベッカム」にしているのはブランド戦略のためで、関係者によると「ニコラとその母親(クラウディア)が画策し、ネルソンが資金を提供することで、非常に計画的に物事を進めている」という。

また関係者は次のように語った。

「ニコラとクラウディアがアイデアを出し、ネルソンが何でも資金を提供すれば、ブルックリンは彼らの言いなりになって“イエス!”と言うでしょう。しかしデヴィッドとヴィクトリアにとっては、中身がないものに関してサポートすることは許容できないのです。」

「ベッカム夫妻はかなり古い考えを持っていて、彼らは誰もが自分の道は自分で切り開くべきだと信じています。彼らは常に子供達をサポートして誰かに推薦をする面で後押したいとは思っていますが、ブルックリンには労働における責任や誠実さ、モラルを教え、価値観を身につけさせるためにカフェで働かせたのは有名な話です。」

「この2つの家族の間には文化的な違いがあるのです。」

また別の関係者はこう明かしている。

「ニコラの母クラウディアが家族を陰で操っている。そして彼女のスノッブな考え方も影響している。」

「ペルツ家は(ベッカム家を操るのは)“楽勝だろう”と思っていたかもしれない。ベッカム夫妻はただのサッカー選手とポップスターだが、彼らはこれを25年も続けている…彼らは非常に鋭く抜け目がない。」

「(ベッカム家を)ペルツのお金でコントロールすることはできないんだ。」

今の地位を得るために懸命に働いてきたベッカムとヴィクトリア。子供達にも労働の大切さを教えてきた2人に、億万長者であるペルツ家の「お金で何でも支配できる」という考えは通用しないだろう。



なお『Page Six』によると、デヴィッドの資産は現在約7億5千万ドル(約1000億円)、一方でネルソン氏は18億ドル(約2400億円)であるという。

画像2枚目は『nicola 2022年7月28日付Instagram「Beautiful people」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 雨宮瑠亜奈)

外部リンク

cat_oa-techinsight_issue_5afbf2d8652f oa-techinsight_0_xzqod0bgox8l_ネス湖の“ネッシー”ついに現る!? 水面から出てきた正体に大笑い(スコットランド)<動画あり> xzqod0bgox8l xzqod0bgox8l ネス湖の“ネッシー”ついに現る!? 水面から出てきた正体に大笑い(スコットランド)<動画あり> oa-techinsight

ネス湖の“ネッシー”ついに現る!? 水面から出てきた正体に大笑い(スコットランド)<動画あり>

2022年8月12日 12:50 テックインサイト

スコットランドのネス湖で未確認生物として有名な“ネッシー”。今でも謎に包まれた存在として語り継がれているが、このほどネス湖を撮影した動画がFacebookに投稿され、映っていた生き物がネッシーに似ているとネット上を騒がせた。しかし実はこれ、近くで飼育されていたアルパカが逃げ出して水浴びをしていただけだと判明し、まさかの正体に「面白すぎる」といった声が続出した。『Metro』などが伝えている。

【この記事の他の写真を見る】

話題の動画はスコットランド北部ハイランドにあるイギリス最大の淡水湖、ネス湖にて撮影された。伝説の生き物とされている“ネッシー”は水面から伸びる長い首が特徴的で、動画にはネッシーを思わせるひょろりと伸びた首が確認できる。

その生き物は暗い色をしているためハッキリと何の生き物なのか分からないが、岸に向かって歩き始めると4本の足と短い尻尾が水面から現れた。ついにネッシーが現れたかと思いきや、その正体は丸い胴体に長い首という独特なシルエットを持つアルパカであった。

このアルパカは、ネス湖近くのインヴァネス市ドリズにて複数のアルパカを飼育し触れ合いサービスなどを提供する「Loch Ness Alpacas」で飼育されているそうで、飼い主が気付かないうちに囲われていた柵をすり抜けてネス湖まで水浴びをしに来てしまったという。

飼い主で今回の動画をFacebookに投稿したフィオナ・ケアンズさん(Fiona Cairns)によると、アルパカの脱走は今回が初めてのことではないという。先日も別のアルパカたちがトレッキング体験として客と一緒に湖の近くを歩いていたところ、牧場で待っていたはずの複数のアルパカたちが柵を抜け出してトレッキンググループに合流してしまったそうだ。

話題の動画を見た人々からは「これは遠くから見たら完全にネッシーだね」「最初に動画を見た時は本当にネッシーかと思っちゃったよ」「ネッシーに一番似ている動物はアルパカなのか」「これまでネッシーだと思われてきたのも、もしかしたらアルパカだったのかも」「たしかにこれはそっくりだ」「面白すぎる!」など驚きや笑いの声などが多数届いた。

アルパカたちの脱走について、フィオナさんは「主犯は“オービット(Orbit)”で、群れの中で悪さをするのを楽しんでいますよ」と話している。度重なる脱走を受け、フィオナさんはアルパカたちを囲っている柵の強化を考えているそうだ。



ちなみに昨年4月には、2日間も木に居座っていた“謎の生物”に住民が恐怖し動物福祉協会に助けを求めたが、後にただのクロワッサンと判明したという耳を疑うニュースも話題を呼んでいた。

画像は『Loch Ness Alpacas 2022年8月8日付Facebook「Caught!!」、2022年8月5日付Facebook「Herding them back along the beach… again」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 iruy)

外部リンク

cat_oa-techinsight_issue_5afbf2d8652f oa-techinsight_0_0knm2jswnno8_ニコラ・ペルツ、義母との「不仲」に言及 ヴィクトリア・ベッカムのウエディングドレスを着なかったワケ 0knm2jswnno8 0knm2jswnno8 ニコラ・ペルツ、義母との「不仲」に言及 ヴィクトリア・ベッカムのウエディングドレスを着なかったワケ oa-techinsight

ニコラ・ペルツ、義母との「不仲」に言及 ヴィクトリア・ベッカムのウエディングドレスを着なかったワケ

2022年8月12日 10:00 テックインサイト

結婚式以前より不仲が噂され、「お互いの存在に耐えられない。口もきかない状態」と報道されたニコラ・ペルツと義母ヴィクトリア・ベッカム。ついにニコラがこの「不仲」の噂について沈黙を破った。

【この記事の他の写真を見る】

今年4月にブルックリン・ベッカムと結婚したニコラ・ペルツ。挙式はニコラの父親で億万長者の実業家ネルソン・ペルツ氏が所有する豪華別荘で、ペルツ家の伝統であるユダヤ教式で執り行われた

ニコラはその大切な日に、義母ヴィクトリア・ベッカムがデザインしたウエディングドレスではなくヴァレンティノのドレスを着たことから「不仲」の噂が始まったと感じていると明かし、ヴィクトリアのドレスを着用しなかった理由について米誌『Variety』に次のように語った。

「私はヴィクトリアのドレスを着るつもりだったし、本当にそうしたかったんだけど。準備を進めてから数か月後、彼女は自分のアトリエではドレスを作ることができないと気づいて、それで私は別のドレスを選ばなければならなくなったの。」

「ヴィクトリアはあなたがそれを着られないとは言っていないし、私もヴィクトリアのドレスを着たくないとは言っていないわ。でもそこからヴィクトリアとの確執や不仲の噂が浮上し、どんどん噂は広がっていったの。」

2020年8月、ヴィクトリアがニコラのウエディングドレスをデザインすることが報じられると、関係者は英紙『The Sun』にこう明かしていた。

「ヴィクトリアはウエディングドレスのガウンに関しては家族の中で引き継ぎたいと思っていて、ニコラが同意してくれたことに感激しています。ヴィクトリアはニコラのウエディングドレスをデザインすることに熱心で、自身の最新コレクションから彼女にプレゼントを贈り続けています。」

ニコラはかつてレバノン出身のファッションデザイナー、エリー・サーブのオートクチュールドレスを着用したことがあるため彼のウエディングドレスを希望したが、ヴィクトリアに感銘し彼女にドレスのデザインを任せることにしていた。

しかし現地時間8月4日に報じた米メディア『Page Six』によると、関係者は「2人の仲は険悪で会話を交わすこともなく、結婚式までの準備は恐ろしいものでした」と述べており、このように続けた。

「ニコラはヴィクトリアを結婚式の計画に参加させず、何も教えなかったのです。コミュニケーションは最低限のものだけでした。」

ニコラは今回、ヴィクトリアの「不仲」の噂について言及したが、関係者はペルツ家とベッカム家の「両家の文化の違い」もこの緊張感の原因であると指摘している。

「両家の間に問題があるのは明らかです。誰もが自分の居場所を見つける必要があります。彼らはまだ繋がっていないだけなのです。」

ヴィクトリアは一連の報道、ニコラの言及についてどう思っているのか、本人のコメントに注目が集まる。

画像2枚目は『nicola 2022年4月11日付Instagram「My dream dress thank you @lesliefremar @maisonvalentino」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 雨宮瑠亜奈)

外部リンク

cat_oa-techinsight_issue_5afbf2d8652f oa-techinsight_0_w5gphcn9jy5n_結婚式場で新郎新婦に飛びついた人懐っこい野良犬、そのまま引き取られ家族として暮らすことに(ブラジル)<動画あり> w5gphcn9jy5n w5gphcn9jy5n 結婚式場で新郎新婦に飛びついた人懐っこい野良犬、そのまま引き取られ家族として暮らすことに(ブラジル)<動画あり> oa-techinsight

結婚式場で新郎新婦に飛びついた人懐っこい野良犬、そのまま引き取られ家族として暮らすことに(ブラジル)<動画あり>

2022年8月12日 06:00 テックインサイト

先月2日、ブラジルの教会で行われていた結婚式に人懐っこい野良犬が現れた。挙式中は教会の入り口で大人しくしていた犬だったが、式を終え晴れて夫婦となった2人が外に出た瞬間、2人をお祝いするかのように大興奮で飛びついたのだ。夫婦はこの犬に運命を感じ、そのまま家族として迎え入れ幸せな新婚生活を送っているという。『New York Post』などが伝えている。

【この記事の他の写真を見る】

ブラジル南東部エスピリトサント州ビラ・ベリャにある教会で先月2日、ダグラス・ロバートさん(Douglas Robert)とタミリス・ムジニさん(Tamíris Muzini)の結婚式が行われた。天気に恵まれ約150人のゲストが2人をお祝いする中、1匹の野良犬が教会にやって来た。

ブラジルは2020年の時点で最も野良犬の数が多い国の1つと言われており、「世界動物保護協会(World Animal Protection)」はブラジル国内に2000万匹の野良犬がいると推測している。野良犬がいるのは日常茶飯事だが、教会の中にまで入ってきた野良犬にはゲストたちも驚いた様子だったという。

タミリスさんは「犬は挙式が始まる前に教会の2階に上がってきて、新郎やゲストたちに会っていました。驚きましたけどとても可愛かったですし、みんな喜んでいましたね」と振り返っている。当時の様子を捉えた動画には、ゲストに囲まれながらお腹を見せて甘えるような仕草をする犬の姿が映っていた。犬はその後、1階の入り口で日向ぼっこをするように寝そべっており、幸いにも大人しく人懐っこい犬だったため挙式中に乱入して式を台無しにすることはなかった。

そして誓いの言葉を交わして式を終えた2人がゲストに見守られながら教会から出ようした時、入り口で横になっていた犬がダグラスさんとタミリスさんにいきなり飛びついたのだ。まるで2人の門出をお祝いするかのように大きく尻尾を振る姿は愛らしく、この瞬間を捉えた写真はダグラスさんやタミリスさんも笑顔で幸せ溢れる1枚となった。



大興奮の犬を撫でながらその場を去ろうとしたダグラスさんだが「犬は最後に『家に連れて行って』と言ったんです」と話しており、犬の切なる願いを感じたダグラスさんとタミリスさんはこの犬を正式に家族として迎え入れることにした。

「みんなが“カルメラ(Caramelo)”と呼ぶのでそう名付けました」と明かすタミリスさんは「カルメラは間違いなく神の使いだと思ったので、フルネームとして“カルメラ・デ・イエス(Caramelo de Jesus)”と名付けました。カルメラはこの日を大切な一日として私たちの歴史の中に刻んでくれました。カルメラはこの大切な日の一部であり、そのカリスマ性で私たちを魅了してくれたのです」とカルメラとの運命的な出会いを振り返った。

しかしカルメラは前脚を骨折していたようで、教会に現れた日も少し脚を引きずるようにして歩いていたという。ダグラスさんとタミリスさんに引き取られたカルメラは動物病院で脚の治療を受け、現在は快方に向かっているという。

2人と1匹の新生活はまだ1か月ほどだが、ダグラスさんとタミリスさんは「毎日新しい驚きがあります」とやんちゃなカルメラとの生活を明かす。「ある日はキッチンでおしっこをして、ある日は車の上によじ登り、ある日はおばあちゃんのパンを盗んで逃げ出すこともありましたよ。私たちが仕事に出掛けると悲しんでいますが、帰ってくるとジャンプやハグ、キスをして出迎えてくれます」とタミリスさんは話しており、これから赤ちゃんを迎える予定という2人にとってカルメラと一緒に過ごすことはある意味、良い練習にもなっているそうだ。

この投稿をInstagramで見るCaramelo de Jesus(@caramelodejesus)がシェアした投稿

画像は『Caramelo de Jesus 2022年7月23日付Instagram「O que essa foto representa pra você?」、2022年7月7日付Instagram「Nesse @ iremos contar todos os detalhes」、2022年7月10日付Instagram「Aumigos, tá ruim, mas tá bom, né?!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 iruy)

外部リンク

cat_oa-techinsight_issue_5afbf2d8652f oa-techinsight_0_kaypppri9qqg_頭に大きなナイフが刺さったワニ、数日生きるも悲しい結末に怒りの声(米) kaypppri9qqg kaypppri9qqg 頭に大きなナイフが刺さったワニ、数日生きるも悲しい結末に怒りの声(米) oa-techinsight

頭に大きなナイフが刺さったワニ、数日生きるも悲しい結末に怒りの声(米)

2022年8月12日 04:00 テックインサイト

ワニ(アリゲーター)が多数生息することで知られる米フロリダ州で先月末、頭に大きなナイフが刺さったワニが目撃された。ワニはフロリダ州魚類野生生物保護委員会(FWC)の指示のもと数日後に捕獲されたものの、悲しい結末が待っていたようだ。『Sun Herald』などが怒りの声とともに伝えた。

米フロリダ州オーランドから48キロ(30マイル)ほど北に位置するボルシア郡デルトナで先月末、頭にナイフが刺さったワニの目撃情報が相次いだ。そんななか7月28日、地元コミュニティのFacebookに池の中から頭だけ出したワニの写真が投稿され、フロリダ州魚類野生生物保護委員会(FWC)が調査を開始した。

投稿された写真のワニは、頭のてっぺんにかなりの大きさのナイフが刺さっており、FWCは目撃情報があったデルトナのファストフードレストラン「サブウェイ」裏の池周辺を重点的に捜索、FWCが委託するワニの捕獲業者が31日に捕獲に成功した。

なおこれまでフロリダ州で捕獲されたアリゲーターの最大体長はオスの435.6センチ(14フィート3.5インチ)であるが、このワニは体長144.7センチ(4フィート9インチ)とまだ若い個体だった。しかしナイフによる刺し傷が致命傷となり、安楽死されている。

ワニの写真を最初に投稿したアマンダ・リーさん(Amanda Leigh)は「初めて見た時、ワニは左目を開けることができずにいた。ナイフによる傷が原因であることは明らかだった」と述べ、その日は多くの人が異様なワニの姿を観察していたことを明かした。そしてワニが安楽死されたことについて「捕獲した時に頭のナイフは抜けたようだった。ハッピーエンドでなかったことは残念だ」と語り、肩を落とした。

このワニがなぜ、ナイフが刺さったまま数日間でも生きることができたのかは不明だが、ワニ(アリゲーター)はフロリダ州にある67郡全てに生息しており、FWCの許可なしで故意に殺す、傷つける、捕獲するなどの行為は違法となる。しかしワニにナイフを刺した人物は今も特定できておらず、このニュースには「なんて残酷なことを!」「こうなることは予測できたはず。胸が悪くなるような話だ」「まだ小さなワニを襲ってどうするつもりだったのだろう」「ナイフを刺したけど、抜けなかったのだろうね。愚かだ」といった怒りの声が寄せられている。

ちなみにカザフスタンでは2年前、カスピカイアザラシが観光客とみられる男ら数人に失神するまで叩きのめされた。男らはその後、写真撮影を始めたそうで、当時の様子を捉えた動画がSNSで拡散すると非難の声が殺到していた。

画像は『Sun Herald 2022年8月3日付「Alligator seen with knife stuck between its eyes is euthanized, Florida officials say」(Amanda Leigh photo)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

外部リンク

cat_oa-techinsight_issue_5afbf2d8652f oa-techinsight_0_63n78k0o5l1s_“おばちゃん顔”から“イケイケ美女”に、45歳女性の整形級メイクに絶賛の声(米)<動画あり> 63n78k0o5l1s 63n78k0o5l1s “おばちゃん顔”から“イケイケ美女”に、45歳女性の整形級メイクに絶賛の声(米)<動画あり> oa-techinsight

“おばちゃん顔”から“イケイケ美女”に、45歳女性の整形級メイクに絶賛の声(米)<動画あり>

2022年8月11日 23:30 テックインサイト

昨今、SNSでは「#catfishchallenge(キャットフィッシュチャレンジ)」というタグとともにメイクのビフォーアフターを投稿する人が増えているが、このほどアメリカに住む45歳の女性のビフォーアフター動画が話題になっている。女性はメイクによって「70歳から30歳になった」と言わしめるほど激変するようだ。『The Sun』『New York Post』などが伝えている。

【この記事の他の写真を見る】

アメリカ在住で美容愛好家のサラ・ザ・サッシー・ストーナーさん(Sarah The Sassy Stoner)はメイク用品やメイクの仕方などをSNSに投稿しているが、中でも彼女のメイクを施した際のビフォーアフターの動画が「完全に別人のよう」と人気を集めている。

先月2日に投稿された動画では、髪の毛がボサボサですっぴんの顔から丁寧にメイクを施すサラさんの様子が捉えられている。現在45歳のサラさんの素顔は年相応、もしくはそれ以上の年齢に見えるが、彼女は手際よくカラフルなメイクを施していき、動画の最後にはまるで美容整形後のような美しい女性に変貌しているのだ。

“おばちゃん顔”から“イケイケ美女”になり、音楽に合わせて踊るサラさんのビフォーアフターを見た人からはこのような声が届いた。

「本当に同じ女性なの!?!?」

「初めてあなたの動画を見たけど、なんてこと! この変貌ぶりったらハンパないわ。」

「ウィッグも素敵だし、もちろんあなたも素敵。私もあなたのようなメイクのスキルが欲しいわ。」

「素敵な女性。愛と尊敬の意味で言ってるんだけどあなたって魔女みたいだわ。嫉妬も少し入ってるけどね。」



中には「あなたとベッドを共にした男性は、朝起きてすっぴんを見たら驚くわね」と少し意地の悪いコメントもあったが、サラさんはこれに「私は酔っ払いとは一緒に寝ないし、彼氏もいるわ。公の場で意地悪で無知なコメントをありがとう」と反撃した。



幸いにもネガティブなコメントはごく一部で、ほとんどが彼女のメイクテクニックを絶賛するものだった。またサラさんは以前の投稿で「メイクアップのテクニックを身につけたいと希望する人たちのために動画を共有したい」とし、「私にとって完成後ではなく、完成させるために費やす時間が重要なのです。それは創造的でかつ楽しむことができるからなんです」と述べている。

画像は『Sarah 2022年8月4日付TikTok「Replying to @streetchangers」、2022年7月15日付TikTok「page #fyp」、2022年7月2日付TikTok「Reply to @leighwestraad」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

外部リンク

cat_oa-techinsight_issue_5afbf2d8652f oa-techinsight_0_nk53msl9yy1m_生放送中、画面がタッチスクリーンだと気付いた気象予報士 子どものようなリアクションに大爆笑(米)<動画あり> nk53msl9yy1m nk53msl9yy1m 生放送中、画面がタッチスクリーンだと気付いた気象予報士 子どものようなリアクションに大爆笑(米)<動画あり> oa-techinsight

生放送中、画面がタッチスクリーンだと気付いた気象予報士 子どものようなリアクションに大爆笑(米)<動画あり>

2022年8月11日 21:00 テックインサイト

今月4日、生放送で天気予報を伝えている最中に各地域の気温を表示した画面がタッチスクリーンだと初めて気付いた気象予報士のリアクションが大きな話題を呼んでいる。「なんて素晴らしい日なんだ!」と興奮し弾ける笑顔を見せた天気予報士の姿には、「まるで子どもみたいにはしゃいでる」などの大笑いの声が届いた。『New York Post』などが伝えている。

【この記事の他の写真を見る】

米イリノイ州シカゴのニュースチャンネル『ABC 7 Chicago』で気象予報士を務めるグレッグ・ドゥトラさん(Greg Dutra)は、今月4日の生放送にて地図が表示された画面の前に立ち天気予報を伝えていた。

説明の最中にグレッグさんは右手を画面右上から左下に向かって動かしたのだが、その際に手が画面に触れると表示されていた地図が動いた。グレッグさんは「え、地図が動いた? え、動かせるの? 嘘だろ?」と人差し指で画面を動かしながら開いた口が塞がらない。

画面外からは、ニュースキャスターのヴァル・ワーナーさん(Val Warner)による「冗談でしょ? 今、気がついたの?」と驚く声が聞こえる。というのもグレッグさんは気象予報士として15年のキャリアを持ち、同チャンネルでは約3年間も天気予報を伝え続けているからだ。長期間タッチスクリーンの存在に気付かなかった事態に、その場にいたキャスターたちは「信じられない!」といった口ぶりで話している。そしてもう1人のニュースキャスター、テレル・ブラウンさん(Terrell Brown)がグレッグさんの背後に現れて「信じられるか? ほら動かせるんだぞ!」と茶化すように笑顔で画面をタッチして操作していた。

今まで使っていた画面がタッチスクリーンの機能を備えていたことに衝撃を受けたグレッグさんは、さらに「ズームもできる?」と言いながら両手の人差し指を動かすと画面は大きくズームし、「なんて素晴らしい日なんだ!」と二度も大きな声で叫んだ。大興奮するグレッグさんを見たテレルさんは、膝から崩れ落ちるように大笑いして画面からフレームアウトした。



その後、なんとか落ち着いて天気予報を伝えるグレッグさんに他のキャスターが再びタッチスクリーンの話題を振ると、「今まで触ったことが無かったから知らなかったんだよ!」と言いながらもう一度画面に触れた。すると今度は地図が斜めに動き出し、「オーマイガー! 斜めにもできるのか!?」と次々と新しいことが起こり興奮を抑えきれないグレッグさんだった。

グレッグさんが自身のTwitterアカウントに「研修マニュアルに書いてなかったんだ!」とジョークを交えてこの時の動画を投稿すると、すでに再生回数が470万回を超える大反響を呼んだ。ユーザーからは「まるで子どもみたいに喜んでるよ」「たぶんグレッグさんはまだこのタッチスクリーンで遊んでいるだろうね」「反応が可愛い」「これは面白すぎる!」など大爆笑の声が多数寄せられた。

This wasn’t in the training manual! @TBrownABC7 @valwarnertv and I go OFF THE RAILS when I discovered the TV is a touch screen while on-air on @ABC7Chicago 😂 pic.twitter.com/almrdxqz3d— Greg Dutra (@DutraWeather) August 4, 2022

画像は『Greg Dutra 2022年8月4日付Twitter「This wasn’t in the training manual!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 iruy)

外部リンク