cat_oa-techinsight_issue_5afbf2d8652f oa-techinsight_0_5afbf2d8652f_元チェキッ娘・大瀧彩乃 野呂佳代が投稿したスタイリストぶりに「かっこいい!!」 5afbf2d8652f 5afbf2d8652f 元チェキッ娘・大瀧彩乃 野呂佳代が投稿したスタイリストぶりに「かっこいい!!」 oa-techinsight

元チェキッ娘・大瀧彩乃 野呂佳代が投稿したスタイリストぶりに「かっこいい!!」

2018年3月11日 11:21 テックインサイト

タレントの野呂佳代が3月9日、『野呂佳代 norokayotokyo Instagram』に「スタイリスト大瀧さん」の仕事ぶりを投稿して反響を呼んでいる。「1日に何個も現場を掛け持ちして、最後結果このような荷物で帰って行きました…力強い」というその姿は、もうそれ以上持ちきれそうにないほど大きなバッグやケースを肩から下げており、野呂も「#大瀧彩乃 さん #体小さいのに #パワフル」と驚いていた。

【この記事の他の写真を見る】

フォロワーからも「かっこいい!!」「ステキな笑顔で本当にステキな写真ですね。私もがんばろとパワーもらいました」「女が仕事していくのは大変だよね、やりがいで生きていける」といったコメントが寄せられている。

「さすが大瀧さん!! 文字通り『縁の下の力持ち』ですなぁ~!!」「柳原さんも担当されてる方ですねー。懐かしい」「チェキッ娘やー」という声もあり、テレビ番組に取り上げられたりするので彼女を知る人は多いようだ。

アイドルグループ・チェキッ娘を1999年11月3日に卒業した大瀧彩乃は、しばらくタレントとして活動していたが、洋服や裏方の仕事に興味があり2002年にテレビ業界向けのスタイリング事務所に入る。

チェキッ娘時代の仲間、熊切あさ美や上田愛美をはじめタレントや俳優、アーティストのスタイリングを手掛け、『笑っていいとも!』で渡辺直美と柳原可奈子を担当して気に入られ「ぽっちゃりタレント支持率NO.1スタイリスト」と言われるようになった。

特に渡辺直美との仕事が多く、彼女が「インスタ女王」と呼ばれるようになったのも大瀧の影響が大きい。そうした華やかなイメージがあるスタイリストだが、野呂佳代が投稿した姿からも成功の裏には「努力と笑顔」があることを改めて思わされる。

画像は『野呂佳代 2018年3月9日付Instagram「スタイリスト大瀧さんは、1日に何個も現場を掛け持ちして、最後結果このような荷物で帰って行きました、、、」、2018年2月18日付Instagram「なんか、気に入ってて」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

外部リンク

cat_oa-techinsight_issue_5afbf2d8652f oa-techinsight_0_3853b3768d05_おかもとまりの「生き方が大好き」と憧れる小林礼奈 「素直な人で自分と似てる」とも 3853b3768d05 3853b3768d05 おかもとまりの「生き方が大好き」と憧れる小林礼奈 「素直な人で自分と似てる」とも oa-techinsight

おかもとまりの「生き方が大好き」と憧れる小林礼奈 「素直な人で自分と似てる」とも

2020年12月2日 17:08 テックインサイト

お笑いコンビ・流れ星の瀧上伸一郎と離婚したタレントの小林礼奈(28)がブログで、元ものまね芸人・おかもとまりさん(30)との交流を明かしている。小林にとっては憧れの人であり、離婚するにあたって色々アドバイスをもらった恩人だという。

【この記事の他の写真を見る】

瀧上伸一郎(今年8月、芸名をTAKIUEに変更)が2019年1月から更新が止まっていたブログを「コロナで暇なんで」と5月2日から再開すると、プライベートな夫婦問題が表面化し世間を賑やかすことになってしまった。小林礼奈の名をこの騒ぎで知ったという人も多く、彼女のオフィシャルブログも閲覧数が増え「新米ママ部門」だけではなく総合部門でも1位に輝くなど、一躍時の人になったものだ。その後、瀧上が10月1日のブログで離婚を報告。シングルマザーになった小林は写真週刊誌でセクシーな裸エプロンを披露したり、11月26日深夜放送の恋愛学バラエティー『ヒロミ・指原の恋のお世話始めました』(テレビ朝日系)に出演したりと芸能活動に力を入れている。オフィシャルブログ『小林礼奈のブーブーブログ』では将来に関する不安や育児の悩みを度々吐露しているが、幼い一人娘の母親として頑張っているようだ。

12月2日のブログでは“おかもとまりさん”と題し、彼女の特集記事が紹介されている。「かっこいいなー。生き方大好き」とべた褒めする小林。実は彼女が地元の高校を卒業し太田プロダクションのオーディションを受けたのは、おかもとまりさんに憧れていたからだという。小林はその後、太田プロを経てツインプラネット、そして現在はフリーで活動しているが、おかもとさんも一時ツインプラネットに所属していたことがある(現在は芸能活動から引退し、“岡本麻里”名義で起業家、クリエイターとして活動)。「優しくて、思いやりがあって、カッコいい」「すごい素直な人でちょっと自分と似てるところもある」と言い、小林にとっておかもとさんは単に憧れていた芸能人というより同じシングルマザーということもあって現在は人生の良き相談者となっているようだ。

離婚をするかしないか悩んでいた時期も、小林はたくさんのアドバイスをおかもとさんからもらったという。その中で最も心に響いたのは、「大丈夫! 死にはしない、なんとかなる!!」という励ましだった。自分の心が折れそうになっていたこともあり、こうした彼女の言葉に「規模のでかい話し方をしてくれるから、とても心が落ち着く」「心がスーッと楽になれる」と生きる力をもらったのだ。「私も、そういう存在になりたいな。誰かを勇気付けられる存在」と、この日のブログはポジティブで前向きな言葉で終わっている。

コメント欄には「礼奈さんはほんと周りの想いの繋がった方々に恵まれてますね」「私も離婚するか迷ってます。ブログいつも見て応援しています。自分らしく幸せになって欲しいです」「礼奈さんもブログを通じて発信することで色々な人から共感、勇気を与えてはると思います」と、小林礼奈が綴る日々のブログへのエール、共感の声が寄せられている。

画像は『小林礼奈 2020年10月23日付Instagram「#飲み会コーデ」』『おかもとまり/岡本麻里 2020年5月24日付Instagram「おうち美容&疲れ対策」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

外部リンク

cat_oa-techinsight_issue_5afbf2d8652f oa-techinsight_0_2cdb1dbfc0a0_エミネム次女ヘイリーさん(24)、半年ぶりの投稿にフォロワー歓喜 ますます父親似に? 2cdb1dbfc0a0 2cdb1dbfc0a0 エミネム次女ヘイリーさん(24)、半年ぶりの投稿にフォロワー歓喜 ますます父親似に? oa-techinsight

エミネム次女ヘイリーさん(24)、半年ぶりの投稿にフォロワー歓喜 ますます父親似に?

2020年12月2日 16:40 テックインサイト

いくつになっても見た目が変わらない人気ラッパーのエミネム(48)は、3人の娘を持つ父親でもある。そのうちの実子である次女ヘイリーさん(24)が自身のインスタグラムで半年ぶりに投稿し、エミネムそっくりなセルフィーを公開したことで話題を集めている。

【この記事の他の写真を見る】

大御所ラッパーのエミネムには、2度の離婚を繰り返した元妻キンバリー・アン・スコットさん(45)との間に長女アレイナ・マリエ・マザーズさん(27)、次女ヘイリー・ジェイド・スコット・マザーズさん、三女ウィットニー・スコット・マザーズさん(18)という3人の娘を育ててきた。そのうち次女ヘイリーさんは、エミネムの血を引く唯一の実子であることから度々注目され、現在は約200万人超のフォロワーを抱える人気インスタグラマーでもある。そんなヘイリーさんは今年5月からインスタグラムを更新していなかったが、現地時間11月30日に鏡越しに撮影した自身のセルフィーを投稿した。

ベッドに寝そべった愛犬を背後に、ブラウンのジップアップセーターにホワイトのスウェットパンツというカジュアルな服装のヘイリーさんは「ここにいるみんな、この写真って2020年の象徴だと思わない?」とフォロワー達に問いかけた。半年ぶりの投稿にフォロワーも「おかえり!」「あなたが戻ってきてくれて嬉しい。ずっと待っていたのよ」「とっても美しい!」と相次いで書き込み、なかには“エミネム”と“フェミニン”をかけて「フェミネム(エミネムの女版)」、「あなたの鼻はエミネムと同じだね」と父親似であることを指摘する声もいくつか見受けられた。



ヘイリーさんを題材にした歌をいくつか書いてきたほど、娘を溺愛していることで知られるエミネム。そんなエミネムは今年3月に元プロボクサーのマイク・タイソンのポッドキャスト番組でマイクから子供がいるか尋ねられた時、涙ながらにヘイリーさんについてこのように語っていた。

「ボーイフレンドはいるけど赤ちゃんはいないよ。元気にやっているよ。」

「彼女はちゃんと大学を卒業したんだ。本当に誇りに思うよ。」



ミシガン州立大学で心理学を専攻したヘイリーさんは、GPA(成績評価値で4.0が最高)のポイント数が3.9と優秀な成績で大学を卒業したという。エミネム自身のアルコールや薬物依存問題、2度にわたる両親の離婚を見て育ってきたヘイリーさんだったが、道を踏み外すことなく成長してきたようだ。そんな彼女の活躍に今後も注目が集まっていくことだろう。

この投稿をInstagramで見るMarshall Mathers(@eminem)がシェアした投稿

画像は『Hailie Jade 2020年11月30日付Instagram「ddoes the explanation “2020” work for everyone here?」、2019年7月25日付Instagram「Fun fact: It’s Detroit’s birthday today!!」、2019年12月26日付Instagram「want to」』『Marshall Mathers 2020年5月8日付Instagram「“Set fire to the mic and ignite the crowd”」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MIE)

外部リンク

cat_oa-techinsight_issue_5afbf2d8652f oa-techinsight_0_ad9a94fff519_森の中で高さ8メートルの木の上でオンライン授業を受ける学生 地方のネット環境の悪さを訴える(露) ad9a94fff519 ad9a94fff519 森の中で高さ8メートルの木の上でオンライン授業を受ける学生 地方のネット環境の悪さを訴える(露) oa-techinsight

森の中で高さ8メートルの木の上でオンライン授業を受ける学生 地方のネット環境の悪さを訴える(露)

2020年12月2日 14:28 テックインサイト

多くの学生がオンライン授業を強いられている中で、ロシアの奥地に住む1人の学生がネット環境の悪さを訴えた動画をSNSに投稿した。授業のために森の中を300メートル進み、8メートルの高さまで木に登るという。学生の苦労を明かした動画は多くの注目を集め、教育省の耳にも入り対策が講じられた。『Fox News』などが伝えている。

【この記事の他の写真を見る】

ロシアの首都モスクワから2千キロ以上離れたシベリアの奥地オムスク市に住むアレクセイ・デュドラドヴさん(Alexei Dudoladov、21)は大学生だ。コロナ禍で対面講義が中止されているため、農業を営む実家からオンラインで授業を受けているという。

しかしアレクセイさんの実家は地方のさらに奥地の村にあり、自宅のインターネット回線は2Gしか届かず、授業の映像はいつも途切れたり止まってしまうこともあるそうだ。解決策として思い付いたのは、高い木に登るという案だった。

アレクセイさんは「家だとインターネット環境が悪すぎるけど、高い木の上だとかなり改善されます。そのためには森の中を300メートル進み、8メートルの高さの木を登らないといけません。でもそうすれば教授と会話もできるし、授業を欠席することもありませんよ」と話す。



自身の苦労を知ってもらうためにアレクセイさんはTikTokやInstagramに動画を投稿し、自分の村のインターネット環境について説明した。この動画は多くの人に視聴され、大きな注目を集めた。

アレクセイさんの訴えを耳にしたオムスク市の教育省は、アレクセイさんが勉強できるネット環境の良い場所を特別に用意したという。これに対しアレクセイさんは「僕に個別で対応してくれたけど、地方に住む他の学生への対策はされていないようだ」とインフラの整備など、ネット環境問題自体の解決策を望んでいる。

ロシアでは全土の80%は問題なくインターネットを使用することができるが、一部の地方ではインターネットはあるものの、途切れたりスピードが十分でないことがあるという。「なぜ都市部では普通に使えるネットが、田舎では木の上や屋根の上に登らないと使えないんだ?」と訴え続けるアレクセイさんのもとには、同様にネット環境の良くない地域に住む人々から多くの共感の声が届いている。

画像は『PRI.org 2020年11月19日付「Siberian student scales birch tree for internet access as classes move online」(Credit: Alexey Malgavko/Reuters)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 iruy)

外部リンク

cat_oa-techinsight_issue_5afbf2d8652f oa-techinsight_0_facee2fcc6cc_今井メロ“長女と別々に暮らす決断”に疑問の声「子どもが勝手に悪事を働くかな?」 facee2fcc6cc facee2fcc6cc 今井メロ“長女と別々に暮らす決断”に疑問の声「子どもが勝手に悪事を働くかな?」 oa-techinsight

今井メロ“長女と別々に暮らす決断”に疑問の声「子どもが勝手に悪事を働くかな?」

2020年12月2日 14:26 テックインサイト

スノーボード・ハーフパイプのトリノ五輪日本代表でタレントの今井メロ(33)が、ブログで3人の子どもと自分が現在どのような生活を送っているか赤裸々に告白している。このまま子どものことを何も触れなければ「いつかブログの記事にも無理が生じる」と考え、正直に述べる決意をしたようだ。

11月17日に「みんな! ただいまぁ。久々ツイートそしてアメブロこれから更新していくよー」と、1年ぶりにツイッターを更新した今井メロ。ブログも「今井メロ帰って来ました!」と題して、新規に開設したことを報告した。トリノ五輪出場後、波瀾万丈な人生を歩み2度の離婚、2人の子の母親だった彼女が、ツイッターを休んでいる間に第3子を出産し離婚していた事実にネット上では驚きの声があがっていた。今井の出産、子育てに関する考え方に否定的な意見も少なくなかったが、ブログには小学生と幼児、3人の子どもを抱えながら頑張っている彼女への応援メッセージが届いていた。

だが12月1日のブログで、第3子(性別は発表していない)は離婚した夫のもとで育てられており、2011年に生まれた長女は近々施設に入所すると告白している。長女は幼い頃からイタズラがひどくしつけに苦労していたようだが、最近はそのイタズラがおおごとになり、嘘も頻繁につくようになったというのだ。「様々な悪事を働くようになり、学校でも問題を起こすように」なって、家出をして警察に保護されたことがあるらしい。「私(親)の愛情が届いていないから構ってほしくて、本人なりの必死のアピールなのかなっと思い、心のケアにも励みました」「私なりに話を優しく聞いたり、色々なやり方で接してみました」と今井は長女を立ち直らせようと精一杯頑張ったが、「だけど…ごめんなさい」「もう…分からなくなったんだ」と心底疲れ切った様子である。

今井が「産まれた頃から保育器で育ち他の兄弟に比べ、腕の中に抱いてあげられる時間が短かったから」と述べている通り、長女は出産予定日より3か月早く1000gにも満たない体重で誕生したため、長い間病院に入院していた。その後は療養施設に預けていた時期もあると過去のブログで明かしており、様々な事情で長女と離れて生活していた時期があったようだ。だからこそ親として辛抱強く対話を重ね、長女の問題行動の改善に努めてきたようだが悩みに悩んだ結果、苦渋の決断になったという。

「親だからとか、一緒に暮らすのが円満とか、笑顔あふれる家庭とか、それは理想論」とする今井メロ。今回の告白で世間の反感を買うことも覚悟していたが、コメント欄には「すごく分かります。私も娘に何度全寮制の学校に入れようと思ったことか…親子でも人間です。合わない事もあります」「踏ん張って踏ん張って、どうにもならない事もあります。どうか自分を責めないでくださいね。私も苦しんできました」「はたから見ると、自分の子を施設に入れたと聞くとどうしても悪いイメージを持ちがちですが理由を聞くと納得いくし、自分だったらそこまでの決断出来ないなと思いました」と、理解を示す声が寄せられている。しかし一方で「長女が悪事をはたらくっていう表現…。(泣)子どもが勝手に悪事はたらくかな?」と、長女に関する記述に違和感を覚えた人もいたようだ。

画像は『今井メロ 2020年12月1日付オフィシャルブログ「告白」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

外部リンク

cat_oa-techinsight_issue_5afbf2d8652f oa-techinsight_0_1ff73ec55e27_“大の仮装好き”ケイティ・ペリー、今度はクリスマスツリーに! 1ff73ec55e27 1ff73ec55e27 “大の仮装好き”ケイティ・ペリー、今度はクリスマスツリーに! oa-techinsight

“大の仮装好き”ケイティ・ペリー、今度はクリスマスツリーに!

2020年12月2日 14:24 テックインサイト

歌手ケイティ・ペリーが、このほど1年の締めくくりにタイムリーかつユニークなコスチューム姿をお茶の間に披露した。ケイティはあるクリスマス特別番組の中でクリスマスツリーに仮装したのだが、その演出が「クリエイティブ」「そうくるとは思わなかった」と視聴者の評判を集めた。

【この記事の動画を見る】

アメリカでは感謝祭ホリデーが終わった途端に、街が一気にクリスマスムードにシフトする。11月最後の週末に、クリスマスツリー・ファームで購入したモミの木をルーフに括り付けた車が列をなすのもおなじみの光景だ。広大な敷地にズラリと並ぶモミの木の中から、サイズや形の合ったお気に入りの1本を選んで自らカットする醍醐味や、部屋に充満するフレッシュなモミの木の香りは格別だが、米時間11月30日に「自らツリーになれるのに、わざわざ木を切る必要なんてある?」とSNSに記して、クリスマスツリーに仮装したセレブがいた。

それは日頃からユニークな仮装姿を披露し、ファンを喜ばせているケイティ・ペリーだ。ケイティは同日に放送された特別番組『Disney Holiday Singalong』にクリスマスツリーのコスチュームで出演し、クリスマスソングの定番『I’ll be Home for Christmas』と自身のオリジナル曲『Cozy Little Christmas』の2曲を披露した。

前半では、モミの木に扮したケイティが車のルーフに括り付けられた状態で『I’ll be Home for Christmas』を歌唱、後半ではオーナメントがたくさんつけられてドレスアップした“ケイティ・ツリー”が、リビングで『Cozy Little Christmas』を元気いっぱい熱唱した。こちらのツリーにはドーナツやアイスクリーム、ピザなど、ケイティらしい遊びゴコロいっぱいのオーナメントが飾られており、視聴者はケイティのこのたびの仮装を大いに楽しんだもよう。Twitterには、

「ケイティの仮装アイディアには毎回脱帽だよ!」

「ルーフに括り付けられた“ケイティ・ツリー”に爆笑」

「一体どこからこんなクリエイティブなアイディアが浮かぶのかな?」

「今年の仮装大賞はケイティで決まり」

などポジティブなコメントが多数寄せられている。

日頃からコスチューム好きで知られるケイティ・ペリーは先月、大統領選挙の直前にロサンゼルスの街角に立ち「投票しました」と書かれたステッカーに見立てたコスチュームを頭からかぶる姿を人々に披露し話題を集めた。



また4月には巨大な手の消毒剤ボトル、5月にはトイレットペーパーに仮装した姿を『アメリカン・アイドル』で披露し、パンデミックで沈みがちだった視聴者に笑いを届けていた。



今年8月に待望の第1子「デイジー・ダヴ・ブルームちゃん」を出産しママになったケイティ・ペリー。産後もペースダウンすることなく精力的な活動を続けているが、来年もハリウッドを代表する“コスチューム好き”として、引き続き奇想天外なアイディアでファンを楽しませてほしいものである。

画像は『KATY PERRY 2020年11月30日付Instagram「Why cut the tree when you can BE the tree」、2020年11月2日付Instagram「It’s not the end of the world」、2020年4月26日付Instagram「Welcome to my home studio!」、2020年5月3日付Instagram「WIPE (I mean SWIPE) over to see how you can vote for your fav #americanidol top 10」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

外部リンク

cat_oa-techinsight_issue_5afbf2d8652f oa-techinsight_0_95032f080e2b_7歳少女が誤ってフードデリバリーを大量注文 42人分のチキンを持ったバイク便の群れが家に押しかける(フィリピン)<動画あり> 95032f080e2b 95032f080e2b 7歳少女が誤ってフードデリバリーを大量注文 42人分のチキンを持ったバイク便の群れが家に押しかける(フィリピン)<動画あり> oa-techinsight

7歳少女が誤ってフードデリバリーを大量注文 42人分のチキンを持ったバイク便の群れが家に押しかける(フィリピン)<動画あり>

2020年12月2日 11:50 テックインサイト

2020年は外食を控えなければならないことも多く、フードデリバリーサービスはその便利さも相まってますます需要を伸ばした。しかし文字通り、ボタン一つで注文ができてしまうがゆえに子供の誤操作によるトラブルがあとを絶たない。このほどフィリピンで、7歳の少女が誤って同じ商品を42人分注文してしまい、少女の家に押しかけたバイク便で家の前の道が塞がってしまった。『SAYS』『SUNSTAR: Philippines』などが伝えている。

【この記事の他の写真を見る】

11月25日の午前11時、フィリピンのセブ市マボロにあるアワー・レディ・オブ・リメディ・ストリート(Our Lady of Remedy St)の狭い道がフードデリバリーサービス「フードパンダ(FoodPanda)」のバイク便で溢れ、大混雑した。

その様子をFacebookでライブ配信していたダン・ケイン・スアレスさん(Dann Kayne Suarez)によると、この騒動は隣に住む7歳の少女が誤ってデリバリーを大量注文してしまったことが原因で発生したという。

この日、祖母と自宅に2人きりだった少女はフードパンダのアプリを通じて自身と祖母のためにチキンフィレット2切れとライス、フレンチフライのセットを2箱注文しようとしていた。

しかしながら、ここで少女にとって予想外のハプニングが起こってしまう。

事情を知る隣人のスアレスさんは、その日の少女の行動をこのように振り返っている。

「少女はインターネットの接続が遅れている時に注文したんです。そのためアプリ上では注文がエラーになってしまったようでした。何度やってもエラーになるので、少女は繰り返し注文ボタンを押してしまったのです。」

繰り返されるエラーに注文完了となるまでボタンを連打してしまった少女だったが、エラー表示の裏ではすべての注文が通ってしまっていた。その結果、2人分の食事を注文した少女の元に、なんと42人分ものチキンフィレットが届いてしまったというわけである。

少女の家に押し寄せるバイク便の行列を見たスアレスさんや周囲の隣人はみな、その光景に唖然としたそうだ。

スアレスさんによると、仕事で不在だった両親は少女にデリバリーの注文方法を教えており、少女はこれまでにも一人でフードパンダで注文していたという。しかしながら注文時にインターネット回線の遅延に遭遇するのは初めてだったようだ。

「かわいそうに、少女はどうしたらいいか分からなくて泣いていました」とスアレスさんは続けた。

少女が注文したチキンフィレットのセットは1箱約410円(189フィリピン・ペソ)で、中には大量の注文を不審に思い現れなかったバイク便もあったようだが、それでも少女の元には約17,220円(7,938フィリピン・ペソ)分の注文の品が届いた。

しかし当然ながら少女ひとりで食べきることも、支払うことも不可能である。そこでスアレスさんをはじめとした近隣住民で協力し合い配達員たちからできる限りチキンを購入したものの、残念ながらすべてを買い取ることはできなかったそうだ。

スアレスさんは自身のFacebookで、その時の様子をこう明かしている。

「少女は泣くことしかできませんでした。かわいそうな少女とキャンセルされたチキンを持ち帰るしかない不憫な配達員のために、住民で協力してチキンを買うことにしました。」

「配達員たちが少女の家に押しかけている様子をライブ配信して、知り合いなどにもチキンを買いに来てくれるよう呼びかけたのです。」

「それでも次の注文がある配達員などはすぐにその場を去らねばならず、支払いを受け取れないまま、返品されたチキンを持って去っていくしかありませんでした。」

幸運にも優しい隣人たちに救われた少女だったが、押し寄せる配達員に取り囲まれただ泣くことしかできなかったのも無理はない。

近年、スマートフォンの普及とともに一層簡易化していくアプリによって、しばしば親の目を盗んで子供がデリバリーを誤注文してしまうトラブルが多発している。つい先日も、3歳の男児が大量のマクドナルドをオーダーして親を驚かせたばかりだった。

画像は『SUNSTAR: Philippines 2020年11月26日付「Girl ‘launches’ 42 riders to bring her chicken fillet」(CONTRIBUTED, JED ALERTA)』『SAYS 2020年11月30日付「42 foodpanda Riders Send The Same Order To 7-Year-Old’s Home Due To App Glitch」(Image via Dann Kayne Suarez (Facebook))』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 YUKKE)

外部リンク

cat_oa-techinsight_issue_5afbf2d8652f oa-techinsight_0_58d958f68c8e_ケリー・クラークソン、離婚バトルは泥沼化へ? 夫から月々4500万円超のサポートを要求される 58d958f68c8e 58d958f68c8e ケリー・クラークソン、離婚バトルは泥沼化へ? 夫から月々4500万円超のサポートを要求される oa-techinsight

ケリー・クラークソン、離婚バトルは泥沼化へ? 夫から月々4500万円超のサポートを要求される

2020年12月2日 10:58 テックインサイト

約7年間連れ添った夫との離婚を決意し、今年6月に裁判所に書類を申請した歌手ケリー・クラークソン。夫妻は子供達の親権をめぐり争っていたが、このほどケリーに第一親権者の権限が与えられたことが報じられた。しかしその後、夫がケリーに対し配偶者扶養費や養育費として月々計4500万円超という法外な金額を要求していることが明らかになった。

【この記事の他の写真を見る】

元祖“アメリカン・アイドル”として人気のケリー・クラークソンは、2013年に自身のマネージャーの息子ブランドン・ブラックストックさんと結婚した。ブランドンさんには前妻との間にサバンナさん(18)、セスさん(14)の2人の子供がおり、結婚と同時にステップマザーとなったケリー。その後2014年に娘リヴァー・ローズちゃん2016年に息子のレミントンくんが誕生した。

4人の子供達の母親として過ごす傍ら数々の人気番組に出演し、公私ともに多忙な日々を送っていたケリーだったが、そんな生活の中での夫婦のすれ違いが離婚という決断に向かわせたようで、ケリーは「和解し難い不和」を理由に今年6月にロサンゼルス郡上級裁判所に離婚申請書類を提出した。

そしてこのほどケリーに第一親権者の権限が与えられたことが報じられたのだが、その後ブランドンさんがケリーに対し配偶者扶養費として30万1000ドル(約3140万円)、養育費として13万5000ドル(約1400万円)を毎月支払うよう要求していることが『TMZ』によって伝えられた。もしこの要求がまかり通れば、ケリーはブランドンさんに対し毎年523万ドル超(約5億5000万円)を支払う計算になる。

ブランドンさんはさらに、今回かかった弁護士費用200万ドル(約2億1000万円)の支払いもケリーに要求しており、この法外な要求にはケリーの周辺も怒り心頭のようだ。関係者は『People.com』に対し「彼は自分1人のために弁護士を7人も雇ってコストを吊り上げている」と不満を明かしている。

現在のケリーは仕事のためロサンゼルスに、一方のブランドンさんはモンタナ州で暮らしており、ブランドンさんは2人の子供達に両州間を行き来させながら生活させることを望んでいたようだ。しかしこれまで子供達が正式にモンタナ州民として登録された記録がないことから、この案は裁判所によって却下されることに。共同親権ではあるが今後はケリーが第一親権者となり、子供達はロサンゼルスを生活拠点にケリーと大半の時間を過ごすことになるという。ブランドンさんとの面会は毎月第1、第3、第5週の週末のみで、ホリデーシーズンは今後その都度話し合いによって細かなスケジュールが決められる予定のようだ。

当初は良好な関係を維持し、離婚に向けて“極めて友好的”に手続きを進めていると報じられていた2人。しかし現在は裁判所が「両者の対立は深まっている」「信頼関係に問題があり、共同での子育ては難しい」と判断しており、子供達の前での相手に対する否定的な発言は慎むよう命令したというから、2人の間にある溝の深さは相当なものであることが容易に想像できる。

ケリーは10月の『Entertainment Tonight』のインタビューで、

「(離婚は)人生最悪の経験です。」

「この数か月は本当に悲しい日々が続いています。でも同時に、私は『自分の発言がドミノ倒しのように周りの人達の生活にも影響を及ぼしてしまう』ことを念頭に置かなくてはなりません。」

と述べ、両親の離婚というデリケートな問題に巻き込まれている子供達の心身の健康を第一におもんばかっていたが、事態はこのまま泥沼バトルへと発展しそうな兆しであることは否めないだろう。

画像1枚目は『Kelly Clarkson 2020年11月13日付Instagram「All smiles today」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

外部リンク

cat_oa-techinsight_issue_5afbf2d8652f oa-techinsight_0_41ecdad00f9c_マドンナ、子供達6人全員とのレア動画公開 ファンから称賛の声「美しいファミリー」 41ecdad00f9c 41ecdad00f9c マドンナ、子供達6人全員とのレア動画公開 ファンから称賛の声「美しいファミリー」 oa-techinsight

マドンナ、子供達6人全員とのレア動画公開 ファンから称賛の声「美しいファミリー」

2020年12月2日 10:18 テックインサイト

歌手マドンナ(62)が実子2人と養子4人、合わせて6人全員が揃う貴重な動画をInstagramに公開した。米国での感謝祭を子供達と一緒に祝ったマドンナは、バックダンサーで36歳年下の恋人アラマリク・ウィリアムズさん(26)との仲睦まじいツーショットも披露しており、ファンからは「美しい家族」などと称賛の声が多数寄せられた。

【この記事の他の写真を見る】

現地時間11月30日、マドンナが自身のInstagramで6人の子供達と一緒に並ぶレアな動画を公開した。マドンナは実子2人のほか、アフリカのマラウイから4人の子供達を養子として迎えている。実子のローデス・レオンは歌手や女優、モデルとして活動。マドンナの元夫で映画監督ガイ・リッチーとの間にもうけた息子ロッコさんは父親の母国、英国で暮らしている。マドンナと子供達全員がひとつ屋根の下に集まることは珍しいが、11月26日の米国の感謝祭(サンクスギビングデー)を祝うために、全員が集結したもよう。マドンナは2018年の感謝祭にも、子供達全員との記念写真を披露していた。

マドンナが「美しいお土産。感謝の気持ち」と感謝祭のメッセージを添えた今回の動画には、リビングルームの暖炉の前に立ったマドンナと子供達が仲良く肩を並べて立っている姿から始まる。向かって左端からマドンナの実子ローデス・レオン(24)、その隣が養子のデヴィッド・バンダさん(15)、マドンナ、ロッコさん(20)、養子のマーシー・ジェームズさん(14)、手前が養子で双子のステラちゃんとエスターちゃん(ともに8)だ。



次の場面では、マドンナが恋人アラマリク・ウィリアムズさんの膝の上に腰かける仲睦まじい姿が映されている。アラマリクさんはもう片方の膝に横たわる犬の背中を撫でており、傍らではデヴィッドさんがアコースティックギターの弾き語りをしている様子だ。

マドンナと子供達全員が揃う貴重な動画に、フォロワーからはこのような声が届いた。

「美しいファミリーね。」

「子供達と一緒に感謝祭を過ごせて、本当に良かったわね。」

「みんなが揃う姿は、とても美しいわ。ロッコさんの姿も見れて、幸せよ。」

マドンナは数日前にも「まだ感謝を伝えているのよ」と記し、アラマリクさんとのツーショットなど感謝祭を祝う記念写真を公開していた。

この投稿をInstagramで見るMadonna(@madonna)がシェアした投稿

画像は『Madonna 2020年11月28日付Instagram「Still Giving Thanks............#thanksgiving」、2020年11月30日付Instagram「A Beautiful Souvenir .............Giving Thanks.」、2020年11月28日付Instagram「Still Giving Thanks............#thanksgiving」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

外部リンク

cat_oa-techinsight_issue_5afbf2d8652f oa-techinsight_0_dcae31a74dfc_ルーマニアで発見された新たなモノリス、米ユタ州で消えたものとは別物 “移動説”虚しく<動画あり> dcae31a74dfc dcae31a74dfc ルーマニアで発見された新たなモノリス、米ユタ州で消えたものとは別物 “移動説”虚しく<動画あり> oa-techinsight

ルーマニアで発見された新たなモノリス、米ユタ州で消えたものとは別物 “移動説”虚しく<動画あり>

2020年12月2日 09:18 テックインサイト

米ユタ州の岩山と砂漠が果てしなく広がる大地に11月中旬、金属製の謎の物体が発見され世界中の話題になった。しかしこの高さ3.6メートルもある謎の物体は、11月下旬に突然姿を消した。それと同時期にヨーロッパのルーマニアで同じ形の物体が発見されたことで、さらなる関心が集まっている。『The Sun』『Mirror』などが伝えた。

【この記事の他の写真を見る】

ルーマニアのネアムツ県ピアトラニアムツにあるチェアラウ山塊の中腹で、11月26日に金属製の謎の物体が見つかった。高さは4メートルほどで三角柱の塔のような形をしており、それは11月18日に米ユタ州の砂漠地帯で発見された金属製の謎のモノリスにそっくりだった。

この“ルーマニアのモノリス”の近くには歴史的建造物であるペトロヴァのダキア人の要塞があり、多くの人がこの謎の物体発見の報を聞き、歴史的なロマンに思いを馳せたようだ。

なお米ユタ州で見つかった謎のモノリスは、同州公安局、航空部門のヘリコプターが上空から野生のオオツノヒツジを数えていた際に発見し、高さはルーマニアの物よりやや低めの10~12フィート(約3~3.6メートル)ほどで、同じく金属製の三角柱の形をしていた。

しかし11月27日にその場から突如消えたことで、多くの人を困惑させた。どうやら何者かが持ち去ったようだが、ルーマニアで同じような物体が発見されたことから「謎の物体がユタ州からルーマニアに移動したのでは?」といった声もあがっていた。

だがルーマニアのモノリスは、ユタ州のモノリスが消失する前日の11月26日に発見されたこともあり、全くの別物ということになる。



ネアムツ市文化遺産局(Neamt Culture and Heritage)の職員であるロクサナ・ジョサヌ氏(Rocsana Josanu)は、次のように語っている。

「この謎の物体は私有地にあり、所有者が誰なのかはまだ分かっておりません。この付近は考古学的に保護された地域であるため、何かを建てようとする場合は所定の機関からの許可と、文化庁によって承認が得られなければなりません。」

当局によると現在、ルーマニアの謎のモノリスについては調査中とのことだ。

画像は『The Sun 2020年12月1日付「MYSTERY BLOCK Bizarre 13ft ‘alien’ monolith just like one found in Utah desert suddenly appears on Romanian hillside」(Credit: Stiri Piatra Neamt/Newsflash)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

外部リンク