cat_oa-shujoprime_issue_169bd1a3f6fa oa-shujoprime_0_169bd1a3f6fa_高畑裕太が菅原小春とスピード破局していた! 169bd1a3f6fa

高畑裕太が菅原小春とスピード破局していた!

2019年2月18日 19:00 週刊女性PRIME

交際報道からわずか1ヶ月で破局した高畑裕太と菅原小春

「熱愛報道の直後に、両者の関係者も交えて話し合いが持たれました。最終的に、今後は会わないしお互いに連絡もとらないということになったそうです」(ダンス業界関係者)

 『週刊女性』が高畑裕太とダンサー・菅原小春の熱愛を報じて1か月、すでに2人は破局していた。

決定打は『週刊新潮』が菅原さんの自宅まで直撃取材に行ったことだとか。彼女の関係者は“精神的に追い詰められて踊れなくなったらどうするんだ”と気をもんでいたんです」(同・ダンス業界関係者)

 交際中の裕太は小春の自宅に通う半同棲状態で、親にも紹介していた。結婚を見据えていたが、すべてご破算に。

あの騒動が尾を引いて──


裕太さんサイドが、芸能活動復帰のためにリークしたというウワサもありましたが、初めから菅原さんの知人たちは交際に反対でした。彼は性犯罪絡みの騒動を起こしましたからね。菅原さんは海外で活動していて、騒動はよく知らなかったようです……」(同・ダンス業界関係者)

 小春の関係者が交際に難色を示したことには、ほかにもはっきりとした理由がある。

彼女には現在『ナイキ』がスポンサーについていて、私生活を含めて、ナイキ以外のスポーツアイテムを着用した姿を週刊誌に撮られるのはマズいんです。ほかにも『資生堂』や外資系アパレルメーカーともCM契約をしていて、イメージが大切。私生活でも何かあれば巨額の違約金が発生する可能性もありますから、事務所としては交際を快く思っていませんでした」(広告代理店関係者)

 小春の所属事務所に破局について問い合わせると、この言葉どおり、

「交際の事実はありません」

 と、そもそもの交際を認められない状況だ。

 10か月ほどの交際期間中、裕太は小春をサポートする生活を送っていた。

マネージャーのように菅原さんの仕事の送り迎えをしたり、荷物持ちをしていたので裕太さんだと気がつきませんでした。菅原さんのお姉さんのタテジマヨーコさんと一緒に、彼女が出演する公演を見に来たこともありましたよ」(舞台関係者)

 一方、裕太の母親の高畑淳子は、息子の交際を心から喜んでいたという。

淳子さんは、“裕太、結婚までしがみつきなさい!”と尻を叩いてもいたんだとか(笑)。週刊誌が相次いで取材に来たということで、“記者が来るってことは、世間はまだ裕太に関心がある”なんてことも言っていたそうです」(別の舞台関係者)

 淳子は4月から始まる広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』に出演することが決まっている。

「息子が起こした事件とはいえ、騒動から2年で朝ドラの出演が決定。女優としての実力が認められたのはもちろんですが、騒動の影響がなくなってきたと考えるのが自然です。裕太さんの復帰への期待が高まっていると考えていても不思議ではないでしょう」(芸能プロ関係者)

 熱愛発覚が裕太の社会復帰に向けて足がかりになると手応えを感じていたが、希望はついえてしまった。復帰への道は、自らの反省と努力で切り開いていくしかない。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_169bd1a3f6fa oa-shujoprime_0_e390c0c7a374_貴乃花×宮沢りえ対談は実現不可能か e390c0c7a374

貴乃花×宮沢りえ対談は実現不可能か

2019年2月18日 11:00 週刊女性PRIME

ふたりの対談、実現の可能性は──?

 角界を去ってまもなく半年になろうとするが、花田光司氏(元貴乃花親方)の周辺は、いまだに騒がしい。それだけ注目されているのだろう。

 その要因のひとつに、現役復帰がウワサされている元妻・河野景子や、とにかく叩かれ続けている長男・花田優一など、彼を取り巻く個性豊かな人物たちとのかかわりにある。もちろん因縁の深い兄・花田虎上氏と母親の花田憲子氏もだ。

 誰しも考えることは同じというか、マスコミは光司氏と彼らをなんとか共演させようと、あの手この手で双方を口説いているようだ。

 そしてついに、あの女優の登場だ。

「横綱がよろしければ」は本当か


 貴乃花時代の最大の“スキャンダル”と言っても過言ではないあの騒動。

 '92年11月のことである。当時、人気絶頂だった宮沢りえと突然婚約を発表した。しかし、わずか2か月後、いとも簡単に破局してしまったのだ。

 あれから四半世紀がたった。

 発売中の『FLASH』(2月26日号)の報道によれば、某テレビ局のプロデューサーが、ふたりの対談を企画し、双方の事務所に接触したという。

 同プロデューサーによると、宮沢の事務所は「横綱がよろしければ……」とまんざらでもない感触だったそう。一方、光司氏側は回答を保留したと書かれている(*後日、同誌の取材に対して、宮沢の事務所は「そのような事実はいっさいございません」と否定)。

 はたして、ふたりの共演はありえるのだろうか。

 宮沢は破局以降、これまで一度もこの件に触れたことはない。また、彼女は折に触れて芸能マスコミの取材を受ける際にも、恋愛・結婚に関して答えていない。その姿勢は一貫しているようだ。しかも彼女は昨年、V6の森田剛と再婚したばかり。

 当時、“トップアイドル”として大ブレークしていた宮沢だったが、あの婚約破棄により“激ヤセ”し、肉体的にも精神的にも追いやられた。以前はとんねるずとコント番組で共演し、茶目っ気ぶりをみせていたときもあったのだが、それ以降しばらく、当時のような明るさは消えたようにみえる。

 今も続く、プライベートに触れられたくない姿勢は、むしろ、光司氏との関わりから生まれたのではないだろうか。かつて元実業家と結婚した際も、押しかけたマスコミをかわし、FAXのみでの発表となった。マスコミ取材に対して、自らの言葉で恋愛・結婚を語ったことは一度もないと記憶している。

 光司氏と家族・親族の共演はあるとしても、宮沢との壁はあまりにも厚すぎるのではないか。

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之>

◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_169bd1a3f6fa oa-shujoprime_0_188606a5b97a_ジャニーズ御用達女優に新木優子が選ばれる理由 188606a5b97a

ジャニーズ御用達女優に新木優子が選ばれる理由

2019年2月18日 06:00 週刊女性PRIME

新木優子

 錦戸亮主演の“月9”ドラマ『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)が、3週連続で10%超えの視聴率をキープしている。警視庁科学捜査研究所の男性法医研究員・真野礼二(錦戸)が証拠品を徹底的に鑑定し、事件を解明していくサスペンス・ドラマだ。

 その真野の“相棒”で科捜研の新人法医研究員・沢口ノンナを演じているのは、前作『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)に続き2クール連続で「月9」に出演する新木優子。

 『non-no』の専属モデル出身で、これまでも『コード・ブルー・3rd』や『CRISIS(クライシス) 公安機動捜査隊特捜班』『チア☆ダン』などに出演し、CMといえば、8代目CMガールを務めた結婚情報誌『ゼクシィ』をはじめ、NTTドコモ、日産自動車『デイズ』、カルピス、すかいらーく、ハウス食品など大手ばかり。

「正統派美人でスタイルもいいのに、派手ではなく、でも存在感があり印象に残るタイプ。演技力もあり共演者やスタッフからのウケもよく、今最も期待される若手女優としてドラマ、CMに引っ張りだこです」(テレビ局関係者)

 さらに、目立つのはジャニーズとの共演の多さだ。前作『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)や映画『僕らのごはんは明日で待っている』では、中島裕翔と共演。『コード・ブルー』(フジテレビ系)では山下智久、有岡大貴、「重要参考人探偵」(テレビ朝日系)では玉森裕太、小山慶一郎、そして今作は錦戸、とジャニーズと数多く共演している。

ジャニーズ事務所からも共演許可が出ていて、“ジャニーズ御用達女優”の仲間入りを果たしたといっていいでしょう

 と話すのは広告代理店関係者。

これまでのジャニーズ御用達といえば竹内結子、北川景子、香里奈、水川あさみ、最近では波瑠や木村文乃、有村架純などの名前があげられますが、一番求められるのはスキャンダルとは無縁であること、それとジャニーズと噂にならない、交際をしない女優であることです。また、CMの本数が多いのも人気のバロメーターになります」(同前)

すでに映画とドラマのオファーも数本きている」(スポーツ紙記者)そうで、新木を見ない日がないという日もそう遠くなさそうだ。

<取材・文/小窪誠子>

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_169bd1a3f6fa oa-shujoprime_0_c8c6e3a94653_金八、まさかの2位!ドラマに見る理想の教師の条件 c8c6e3a94653

金八、まさかの2位!ドラマに見る理想の教師の条件

2019年2月17日 21:00 週刊女性PRIME

『ごくせん』で、仲間由紀恵が演じたヤンクミ

金八先生が2位に甘んじた理由って?


 菅田将暉演じる教師が生徒を人質にとる……という衝撃の設定で注目の学園ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』が話題ですよね。ひとりの生徒の死を巡るサスペンスで、卒業式までの10日間を描くという筋書きも斬新!

 学園ドラマといえば、生徒思いの教師が1年を通して様々な生徒と向き合う感動作……というのがある種のセオリーです。多くの人が、かつてドラマで見た理想の教師を心に抱いているはず! というわけで、20〜30代の女性200人にアンケート調査してみました。(協力:アイリサーチ)

■学園ドラマに登場した理想の教師ランキング

(フリーコメントで回答)

1位『ごくせん』の山口久美子(仲間由紀恵)42票

2位『3年B組金八先生』の坂本金八(武田鉄矢)38票

3位『GTO』の鬼塚英吉(反町隆史・AKIRA) 34票

4位『女王の教室』の阿久津真矢(天海祐希)10票

5位『ROOKIES』の川藤幸一(佐藤隆太)6票

6位『鈴木先生』の鈴木先生 (長谷川博己)3票

6位『ドラゴン桜』の桜木建二(阿部寛)3票

8位『伝説の教師』の南波次郎(松本人志)2票

8位『みにくいアヒルの子』の平泉玩助(岸谷五朗)2票

 学園ドラマの金字塔であり代名詞ともいうべき金八先生を抑えて1位になったのは、2002年にスタートした『ごくせん』のヤンクミこと山口久美子でした! 2008年までシリーズが続いた『ごくせん』に対し、長い歴史を誇る『金八先生』も、スペシャルドラマを除き1979年から2007年の第8シリーズまで、断続的に放送されていた作品です。

 3位にランクインしたのが『GTO』の鬼塚英吉ですが、1998年の反町隆史版と、2012年のEXILE・AKIRA版があります。世間的なインパクトは前者かもしれませんが、ある意味息の長いシリーズと考えると3位は妥当な順位かも。

 ヤンクミ、金八、鬼塚がダントツの得票数となりましたが、ここ最近の学園モノはイマイチ票を伸ばしていません。テレビドラマというジャンルの影響力が弱くなっていることも理由として考えられそうですが、「教師にあまり期待しない」という最近の傾向も、その背景にあるのかもしれませんね。あるいは大人になって見る教師モノドラマは心に響かないのかも?

ポイントは親しみやすさと熱血さ


 では、どんなところがインパクトを残したのでしょうか? ドラマに見る名教師たちから“理想の教師の条件”を探っていきましょう。(原則としてコメントは原文ママ)

【1位『ごくせん』の山口久美子】

「いい意味でしつこくて、生徒思いだから」(20歳・埼玉県)

「ふつうに楽しいドラマだったし、先生がカッコいいのがよかった。たぶん現実には、あんな先生いないだろうけど」(22歳・神奈川県)

「あのくらい本気でぶつかってくれる先生に出会いたかったなと思うから」(33歳・長野県)

「生徒にまっすぐ正面からぶつかっていて、ザ・青春って感じがする」(20歳・東京都)

「ごくせんのヤンクミ! 正義の味方にふさわしい理想の先生だから」(35歳・大阪府)

【2位『3年B組金八先生』の坂本金八】

「本当にいそう。卒業しても会いたくなる先生」(36歳・北海道)

「とくに、風間俊介や亀梨和也が出演していた第5シリーズが好き。 生徒に親身になってくれていたから」(27歳・東京都)

「時代に合わせて作られていて、共感できたり感動したりしていたから」(34歳・静岡県)

「何があっても最後まで生徒の味方で、一緒に問題に立ち向かってくれるところが理想的です」(29歳・北海道)

「それしか知らない」(36歳・大阪府)

【3位『GTO』の鬼塚英吉】

「方法はむちゃくちゃだが、生徒のことを本当に思って行動しているというのがよかった」(31歳・愛知県)

「少し破天荒だけど、不良を見事に更正させてたから」(29歳・北海道)

「実際には絶対ありえないと思うが、ぶっとんでいて本当にいたら絶対、学校が楽しいと思う」(33歳・神奈川県)

「熱くてよかった」(28歳・長野県)

「あんなに熱血な先生は見たことない」(35歳・山梨県)

【4位『女王の教室』の阿久津真矢】

「冷徹に見える教師の過去がリアルだった」(24歳・東京都)

「いちばん生徒思いだと思ったから」(26歳・福井県)

【5位『ROOKIES』の川藤幸一】

「あんなに熱血な先生現実にいないな〜と思うので」(22歳・東京都)

「生徒に寄り添っている感じがとても好感を持てた」(25歳・鹿児島県)

「熱いし面白いし、すごくいい先生」(26歳・福岡県)

【6位『鈴木先生』の鈴木章】

「きれいごとを言わない先生だったから」(39歳・島根県)

【8位『伝説の教師』の南波次郎】

「いじめられている生徒に、“いじめられることは強みだ”と逆転の発想を与えたこと」(38歳・三重県)

【6位『ドラゴン桜』の桜木建二】と【8位『みにくいアヒルの子』の平泉玩助】はコメントなし。



 熱血教師は時代にそぐわない……と思いきや、「本気でぶつかっている姿が好意的」といった声が多数! 生徒に対する指導方法が限定されている昨今、熱い姿は逆に好意的に映るのかもしれませんね。

 一方で、「生徒の目線に立った姿が好意的」というコメントも目立ちました。先生が“友だち感覚だ”というのは、上の世代からは考えられないかもしれませんが、今や学校でも親しみやすさは美徳ということなのでしょう。

 教師関連の炎上事件もチラホラ発生する時代だけに、“ドラマに出てきそうないい先生”はなかなかいないかもしれません。過去の名作学園ドラマを自分の子どもと一緒に見返して、指導してもらうのもちょっと面白い“教育”かもしれませんよ。

<文/雛菊あんじ>

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_169bd1a3f6fa oa-shujoprime_0_e4e3f925b146_ベッキー結婚で再びやってくる「オファー殺到」の日々 e4e3f925b146

ベッキー結婚で再びやってくる「オファー殺到」の日々

2019年2月17日 18:00 週刊女性PRIME

ベッキー

 ベッキーが結婚!

 交際8か月、スピード婚かもしれないが、彼女も34歳になった。そりゃあ結婚したっておかしくない年齢だ。

 だが、ベッキーといえば、どうしたってあの不倫騒動を思い浮かべてしまう。あれから2年たったが、社会現象にもなったほどの騒動が、記憶の彼方へと追いやられるにはそれなりの時間が必要だ。

 騒動後、活動を一時休止していたが、復帰してからは以前の明るいベッキーを取り戻し、テレビで顔を見る機会も増えている。

「使いやすくなった」


 ただ、これまでの“優等生キャラ”を変更する必要も出てきた。

「軽くではありますが、番組で騒動について触れられ、いじられることも増えました。彼女自身も、今後どうやっていくか、まだ模索している状態にも見えます」(テレビ局関係者)

 復帰はしたものの、地上波キー局でのレギュラー番組はまだなく、決して仕事が順調だとは言えない。

いまだに、“不倫した者を出すのはけしからん”とテレビ局にクレームを入れる人がいるんです。ひとりの人間が何度も、ということが多いのは確かですが、局もスポンサーも、たとえひとりでもそういうクレームを入れる人がいると、対処しなければならないので、苦労します。また、SNSでのバッシングがあることもキャスティングに大きな影響を及ぼします」(前出・テレビ局関係者

 しかし、この結婚で状況は一気に好転しそうな雰囲気だ。 

 少なくとも、過去のスキャンダルをほじくりかえされ、番組でいじられることはなくなるのではないだろうか。結婚後は“不倫イジリ”を彼女の所属事務所が許可するとは思えないし、本人が拒否するのも当然だが、幸せを掴んだ人の過去の不倫に言及するほどテレビ局も無粋ではない。

 これで彼女は安心してテレビ出演ができるようになる。今後、ママとなれば、過去のキャラを払拭し、新境地を開くことも可能だ。実際にテレビ業界からも「ゲス不倫のイメージを塗り替えられたので、使いやすくなった」との声も聞こえてくる。

 ベッキーのツイッターからは、幸せぶりが伝わってきて、ネットでは祝福するメッセージがあふれている。

 あのまま行けば、ぶっちゃけキャラの“黒いベッキー”が生まれると期待していたファンにとっては残念だが、それはかなわないようだ。

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之>

◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_169bd1a3f6fa oa-shujoprime_0_b46ffabdb8c1_DV加害者が、心の奥底に隠している「恥辱」とは b46ffabdb8c1

DV加害者が、心の奥底に隠している「恥辱」とは

2019年2月17日 17:00 週刊女性PRIME

※写真はイメージです

 多くの児童虐待事件を取材し、『児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか』(朝日新聞出版)などの著書があるルポライター・杉山春さんが、カナダで行われているDV加害者の更生プログラムを取材して見えてきたものとは──。


  ◇   ◇   ◇  


 栗原心愛さん(10)が、千葉県野田市の自宅アパートの浴室で、父親の勇一郎容疑者に暴行を受けて亡くなった事件。昨年3月に東京都目黒区で亡くなった船戸結愛さん(5)の事件に重なる。

 どちらの父親も、妻の出身地で再婚し(野田市の場合は同じ妻との再婚)、妻子とともに新たな生活を始めた。間もなく家族を激しくコントロールし、DVが始まり、子どもに暴力を振るった。行政や司法、公的機関の対応が始まると、遠距離を移動。その結果、妻は地縁血縁から引き離された。孤立が深まる。家族の密室化が進む。父親の示す歪んだ価値観が絶対化し、妻は子どもを守ることができない。

 子どもが学校などの公的な機関から姿を消してから、亡くなるまでどちらも約1か月。この間、父親のコントロール=暴力は先鋭化していったのではないか。食事を与えられていなかったとの報道もある。ネグレクトも起きていたのだ。孤立した親はもはや、家の外に怒りをぶつける先も、相談するところも、逃げ出す場所もない。行き詰まったことへの怒りを子どもにぶつけることしかできない。それを一身に受けて子どもは亡くなった。

 どちらの父親も職場での評価はそれなりに高い。だが、彼らの行動を見ると、そのアイデンティティは、仕事にはなく、家族に委ねられているかのようだ。

 それでも、私には疑問が浮かぶ。この2人の父親はそれぞれ子どもを殺したかったのだろうか。

 過去にネグレクト死事件を取材して知ったのは、子どもを亡くしてしまうほど追い詰められる親たちは皆、社会に助けを求めて働きかける力を失っていたということだ。では、子どもに暴力を振るう親は、社会に助けを求める道筋をもっていたのだろうか。

家族に激しい暴力を振るう人がもつ背景


 家族に激しい暴力を振るうのは、一体どのような人たちなのだろうか。

 カナダ・アルバータ州グランドプレーリー市在住の高野嘉之さん(※「高」の表記は「はしごだか」)は、NPO団体ジョンハワードソサエティの職員で、臨床心理士、ケースマネージャーとしてDV加害者の更生プログラムに携わっている。お話を伺った。

「私たちのところには、裁判所命令で、DV加害者が更生プログラムに通ってきます。

 自身と相手との境界線を知り、相手の境界線を尊重することを学ぶアクティビティの一つに、2人1組になり、1人が目をつぶり、もう1人が隣の部屋の席までガイドをするというものがあります。目をつぶった人が、安心して席に着くことが目的です。その過程で、お互いにいろいろなことに気づく。

 相手の動きに反応して、イラっとした。その感情の動きに注目します。なぜ、自分は相手を引っ張りたいと思ったのか。相手が、自分の言うことを聞かないのは自分を見下しているのではないかと感じた、など、何が自分の怒りの引き金になったかを認識することが大事です

 高野さんによれば、その怒りの「引き金」の下には、その人が純粋にもつ希求や切望感、「とても意味があると思っているもの」が隠されているという。

価値観よりももっと人の根本を作っているもの。もっと揺るぎないものです。自分の心の奥底にある、こうでありたいという切望感。親の愛情が欲しいとか……。幸せな家族として暮らしたいとか……。反応的に暴力を振るう人は、その切望感が侵されたと感じる時、恥や恥辱(自分はダメな人間だ、とか、恥ずかしいとか、バカにされているという感情)を感じています

 人当たりがいいと思われてきた人が、何かをきっかけに、抱え込んできた恥の感情に触れた時、反応的に怒りが湧き起こる。あるいはそうした、恥ずかしさに向き合いたくないが故に、社会と距離をとる。

「そうすることで、人との関係障害が引き起こされ、その結果、社会から孤立してしまう」と高野さんは言う。

DV加害者へのセラピーで、最も重要なのが恥辱に直面してもらうことです。しかしまた、最も難しいことでもあります。加害者は自分がしたことを知らないのではないかと言われることもありますが、皆、自分が何をしたかは心の奥にしまってある。それを引っ張り出してこないと変化に結びつかない。こうした恥や恥辱に真摯(しんし)に向き合うことが変化の第一歩です。セラピーでは、早い時期に恥辱の感情を引っ張り出してくることが重要です」

カナダで行われる児童虐待加害者の更生プログラム


 カナダ・アルーバータ州の制度では、DVが通告されるとすぐに強制逮捕され、裁判所から接近禁止命令が出る。児童虐待が通告されると、児相から子どもの緊急保護命令が出る。10日以内に裁判が開かれ、状況によって更生プログラムを受けるよう命じられる。プログラムはDV加害更生プログラム、虐待をしてしまう父親のプログラム、両親が一緒に受けるペアレンティングのプログラムなど種類が豊富だ。更生プログラムを終えないと、児相に保護された子どもを返してもらえない場合もある。ホームサポートワーカーが派遣されて、家の中に危険なものはないか、食事がきちんと与えられているかを確認することもあるという。

 その家庭にDVや虐待が起きていることがわかると、スピーディーに裁判まで進み、すぐに支援が入り、親たちは学ぶチャンスを与えられるのだ。「恥ずかしい自分」に向き合うには、早いほうがいい。

「何かしらの子どもへの虐待が見受けられた場合、私たちには報告義務があります。虐待を認知しながら報告義務を怠り、子どもがなんらかの障害を受けた場合、われわれは罪に問われます。しかしそれ以外は守秘義務が守られます。

 地域では、事例検討会議が月に一度開かれ、機関連携します。地域の施設の人たちも4か月に1回集まって、地域のサービスが適切に運営されているかを確認します」

 児童相談所の周辺に、多様な家族支援の仕組みが置かれているのだ。

 仮に、目黒区の事件でこの制度が適応されていれば、虐待が最初に通告された2016年8月には裁判を受けていたことになる。野田市の事件では父の妻へのDVや心愛さんへの恫喝(どうかつ)が糸満市に伝えられた2017年7月だ。どちらも子どもが亡くなる1年半前だ。

 怒りを抱えた、暴力的な親が放置されないということは重要だ。加害者の怒りは、社会から疎外されることで、先鋭化する。

 アルバータ州のDV加害者プログラムの場合、まず、高野さんのNPOによる4〜5週間の個人面接に参加する。その後、12人ほどのグループセラピーに参加。16週間がワンクールだ。女性のグループもある。

「加害者」という枠が作られると、当事者と社会に絶縁が起きる


 参加者たちは、このアクティビティで糾弾されるわけではない。

「暴力の結果、当事者の周りに『加害者』という枠が作られます。すると、当事者と社会との絶縁が起きます。本人も自分は加害者だからと友達関係から身を引く。社会から距離をとる。そこに人との関係の障害が生まれる。恥辱が、人と社会を引き離していきます。

 このプログラムでは、参加者を『DV加害者』とは呼びません。『DV加害者』というアイデンティティーだけを強調することになるからです。しかし、DV加害があったことは明確にします。参加者の呼び方は『暴力・虐待をする男性(女性)』です。こうすることで、『暴力・虐待』はその人の選択であると強調し、だからこそ暴力・虐待を選択しない生き方も可能だと伝えます

 参加者は、善悪ではジャッジメントされない。

「恥ずかしさを生み出した体験や恥辱を引き出した感情が、どこからきているのかをゆっくりと語っていきます。

 加害者が恥辱に向き合うのは、ものすごく痛い体験です。加害者プログラムに参加する人たちの多くが、幸せな家庭をもちたいと願っています。子どもが生まれた日はうれしかった。希望をもった。しかし、素直にポジティブにそう切望しながら、自分自身の手でそれを壊してしまった、というつらい恥の体験をしています。その結果、大切に思う子どもから怖がられるという状況に陥る。そんな自分を許せないと感じる。自己嫌悪もある。さらにその結果、強い怒りの感情が起きるのです

 高野さんがプログラムを行なっているグランドプレーリー市は石油産業の町だ。この町には、長時間休まずに身体を使って働くことが男らしいという価値観があるという。

ここで育った加害男性は身体を張って働き、家族を養うことでセルフエスティーム(自尊感情)を支えている。頑張って仕事をして、家族にお金を与えることに誇りがある。それで満足して、自分の感情を正直に話すとか、自分の気持ちと向き合うということはしない。ところが子どもを叩いて、子どもから父親と会いたくないと言われてしまうと、誇りが傷つけられて、暴力が発動する。

 そのとき当事者は、大切なものが侵されているという体験をしています。その結果状況が、本人の切望感とは真逆の方向に進み、恥辱につながる感情が生まれます。それは、怖いとか、悲しいとかつらいという感情にもつながっています。しかし、その感情を言葉にすることは難しく、むしろアドレナリンを出して、怒りにしたほうが、発散しやすいのです」

暴力・虐待の「第一ページ」を開く


 そんな当事者に、高野さんは繰り返し、関係性の中で自分自身の切望感が侵されたときの気持ちを聞く。

「すると、頭にきた、とか、ぶん殴ってやろうと思ったという気持ちの下に、怖かったとか、悲しかったとか、自分自身にひどくがっかりした、という感情があったことがわかってきます。

 安心できる環境でないと、加害者はそうした気持ちを語れません。何でも話してもらう環境を作ることがセラピストの腕です。

 怒りも含め、感情の動きはその人の大切な切望感につながっています。恥辱のもとを語るときには、感情が動き、身体に変化が現れ、呼吸が変わったりします。そこで身体が感じたことを言葉にしてもらう。それに対して、仲間たちからは『わかる、わかる、自分も同じだった』というようなフィードバックもあります」

 そうしたやりとりの中で、自分の父親も自分と同じように怒鳴ってばかりだったという話が出てくる。

「それは今まで、誰にも語られたことのないエピソードです。

 DV加害者も、生まれた時から暴力や虐待を習得していたわけではありません。暴力を振るったり虐待をするために生まれてきたわけでもありません。彼らの人生のどこかで暴力や虐待が侵入してきたのだと思います。その時のことについて語ってもらうことを、私は暴力・虐待の『第一ページ』を開くと言っています

 そこで高野さんは、幼い自分が父親に怒鳴られたときには、どんな気持ちだったかと尋ねる。

「怖かったと言葉になると、それでは自分の子どもにはどうあってほしいかと尋ねます。怖がらないで、何でも話してほしいという言葉が出てきます。それでは、あなたがどうすれば子どもたちは怖がらないで話をしてくれるだろうかと尋ねます」

 幼い時の父親からの暴力の体験は、それまで語られてこなかったその人の「物語」だ。その物語を語ることで、自分自身が、そうではない親子関係を作るための責任を取ることができることに気がついてく。その結果、加害者のセルフエスティームは変化していく。

自分の加害を客観的に捉えることを促す


 実は、暴力と怒りは別のものだ。だが、自分自身の暴力に苦しむ人は、暴力を止めようとして、怒りまで抑圧する。すると、反応的な暴力が出る。

「『怒り』そのものは普通の感情であり、善しあしはありません。しかし、それに伴う行動や表現の仕方には善しあしがあります」

 暴力への衝動性は、タイムアウト(その場を離れる)や呼吸法で抑える方法を学ぶ。そんなふうに自分の状況を客観的に見ることを身につける。

 つまり、セラピストは本人に寄り添い、本人が切望する、例えば「優しい幸せな家族を作りたかった」という願いをかなえるのは、本人自身の責任であることを明確化していくのだ。自分の人生に対する責任、行動する責任、選択する責任を身につけてもらう。具体的には次のような4点が目標となる。

・加害行為に関してはしっかり認識する。

・自分がとった行動がどれくらいの影響があったのかを理解する。

・二度とそうしたことが起きないようにするにはどうしたらいいかを考える。

・被害を受けた人の癒し(ヒーリング)と回復(リペア)には責任があることを学ぶ。

 児相に保護された子どもから「会いたくない」と言われる場合もある。親には強い痛みがあるが、その痛みの感情もセラピストは聞き取る。その上で、どう自分の人生に責任を取って、その後も背筋を伸ばして生きていくかを一緒に考える。そのように自分の加害を客観的に捉えることを促し、16週のプログラムを終える。

自分たちのNPOは州から予算が下りています。更生プログラムには、人件費はかかりますが、市民社会がそこにお金をかけることを認めています。こうした家族を放置しておくと、将来、さらに多くの被害が起こり、そのための介入にはさらに多くの尽力が必要になってしまうことがわかっているのだと思います。

 もし暴力・虐待が起こったのであれば必要な介入を適切に適時行わなければ、平和な家庭環境や社会環境は生まれないのではないかと思います」

 すべてのプログラムを終了できるのは約6割だそうだ。プログラムを終了した人の再犯率は低いという。だが、途中でドロップアウトした人たちの場合には、再犯率があがる。本人が必要だと感じれば、無料で何クールも繰り返し受けることができる。

 もっとも、これだけ手厚く加害者ケアや虐待ケアが行われても、うまくいかない例もある。「パーフェクトなシステムを作ることは難しい」と高野さんは言った。

共働きカップルで生まれる夫から妻への不安感


 カウンセリングに訪れるのは、司法命令を受け人だけでなく、妻に言われて来る人もいる。さらに、自分がすぐキレたり、怒鳴ったりすることに危機感を持って来る人もいる。

 時代の変化、産業構造の変化の中で、それまで自分を支えていたセルフエスティーム(自尊感情)が、通用しにくくなっている。

 カナダのある都市の共働きカップルで、夫が妻よりも自分の収入が低いことに不安を抱え、妻が仕事先で不倫をしているかもしれないと感じ、そんなところで働くなと言ってしまったという事例がある。そこにパワーとコントロールが生まれる。

 その場合も、なぜそんな不安感を抱えたのかを「第一ページ」を開くことで見つけ、バランスのいい家庭を作りたいという切望感に対して、本人がどのように責任を果たせるかを考えていく。

 目黒区と野田市で起きた2つの事件。職場ではそれなりの評価を受けていた2人の父親たちは、家族を徹底的にコントロールして、わが子を亡くした。仕事や社会的な役割では、彼らの切望感を支えることができなかったとはいえないだろうか。

 一体、この2人の父親どのような切望感を抱いていたのか。

 私たちは何にセルフエスティームを置くことができるのか、ということを新たに問われる時代が訪れているのではないだろうか。

<プロフィール>

杉山春(すぎやま・はる)◎1958年、東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。雑誌記者を経てフリーのルポライター。『ネグレクト 育児放棄―真奈ちゃんはなぜ死んだか』(小学館文庫)で第11回小学館ノンフィクション大賞受賞。著書は他に『ルポ 虐待 大阪二児置き去り死事件』『家族幻想 「ひきこもり」から問う』(以上、ちくま新書)、『満州女塾』(新潮社)、『自死は、向き合える』(岩波ブックレット)、『児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか』(朝日新聞出版)など。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_169bd1a3f6fa oa-shujoprime_0_c02c316936f1_《コンビニ王決定戦》中華まん、おでん、お茶がおいしいのは? c02c316936f1

《コンビニ王決定戦》中華まん、おでん、お茶がおいしいのは?

2019年2月17日 16:00 週刊女性PRIME

※写真はイメージです

 全国各地に店舗を展開する3強コンビニ『セブンイレブン』『ファミリーマート』『ローソン』。それぞれオリジナル商品の開発にも力を入れているであろうが、定番フード&ドリンクの総合点がいちばん高いのはいったいどこなのか? 今回は、中華まん、おでん、お茶の3商品について、食のエキスパートらに真剣ジャッジを依頼。果たして結果は──!?

中華まん部門


 一度は注文したことがある人も多いであろう、コンビニの中華まん。今回は東京で人気の火鍋専門店『ファイヤーホール4000』のオーナーで、かつては四川料理の名店で総料理長も務めていた菰田欣也さんに、『甘み』『食感』『香り』『生地』『バランス』の5項目について、各コンビニの商品を5点満点で評価してもらった。さっそく見てみよう。

セブン-イレブン


『本格ジューシー肉まん/128円(税込・以下同)』

甘み:5(点・以下同)、食感:4・5、香り:5、生地:4・5、バランス:4・5、合計:23・5

 2つに割ったときに香りが立っていいですね。具材の肉はゴロゴロしていて、あえて食感を残している感じがします。タケノコの食感もアクセントになっていて、食べ終わりに生地の甘みを感じる。誰もが好きな味だと思いますね。

ファミリーマート


『熟成生地の本格肉まん/130円』

甘み:5、食感:4・5、香り:4・5、生地:5、バランス:5、合計:24

 生地が外はしっかりしているけど、中は空気を含んでいてフワフワという二重構造になっていて素晴らしいです。タケノコの食感もいいし、肉もしっかりしていて一体感があります。まるでプロが作ったような感じがしますね。

ローソン


『ジューシー肉まん/130円』

甘み:4、食感:5、香り:4、生地:4、バランス:4、合計:21

 食べたときに肉の感じがすごい。しっかりよく練り込まれていて、たとえるならシューマイを食べている感じです。生地はそれほど甘さを立たせていない、しっとり系。まさに王道の肉まんで、特に肉を楽しみたいという人におすすめです。

菰田さんによる総評

 今回はあえて評価しましたが、基本的にクオリティーは全部すごいですよ。僕も昔、よく作っていたんですが、気温によっても生地の状態が変わるので肉まんはすごく難しいですよ。蒸し続けると湿気で生地がベチャッとするのに、コンビニのは状態が変わらない。値段も安価ですし、研究開発をそうとう頑張られているのだと思います。

おでん部門


 寒い時期には欠かせない、レジ横のおでんコーナー。今回は、白滝とがんもについて、『TVチャンピオン』(テレビ東京系)で第4代、5代B級グルメ王の称号を獲得した柳生九兵衛さんにジャッジをお願いした。

※おでんのつゆは全国で味が異なる。今回は関東で試食を実施

※おでんは、白滝とがんもそれぞれでおいしさを比べました

セブン-イレブン


『つゆだく白滝/75円』『味しみがんも/95円』

つゆ:5、がんも:4、白滝:5、食感:5、つゆとのバランス:5、合計:24

 しらたきは独自のこんにゃくリングが秀逸。ほどくと麺のようにすすって食べられ、絶妙な長さと太さ、つゆの絡み具合など、すべてにおいてダントツの出来栄え。がんもはギュッと詰まった食感が特徴的ですね。

ファミリーマート


『国産結び白滝/80円』『つゆだくがんも/110円』

つゆ:4、がんも:5、白滝:3、食感:4、つゆとのバランス:4、合計:20

 差別化しにくいがんもに豆乳クリームを使用することで、ほのかな自然の甘みと、しっとりなめらかでふんわりした食感の仕上がりに。ダントツにうまいがんもです。3社の中でいちばん細く仕上げたしらたきは、やさしくしなやかで、つゆのからみもいい。

ローソン


『国産手結び白滝/80円』『がんも/110円』

つゆ:4、がんも:4、白滝:3、食感:4、つゆとのバランス:4、合計:19

 少し固めでしっかりした歯ごたえのがんもは、豆腐感を楽しめる昔ながらの味わい。これが好きというファンも多い。しらたきは結び目がギュッとしていて一見、噛みきれない感じですが、意外とフワフワで、ほどよい食感が楽しめます。

柳生さんによる総評

 毎年、進化し続ける大手3社のコンビニおでんは、個性も異なり甲乙つけるのが難しいハイレベルな出来栄え。ただ、同じコンビニでも店舗によっては別ものに感じさせてしまうくらい、鍋のコンディションで味が異なるのでご注意を。

お茶部門(ペットボトル600ミリリットル)


 オリジナルブランドのお茶は個性が出やすいもの。サラリーマンから主婦、学生まで幅広い層が購入しそうな600ミリリットルサイズのお茶について、日本茶アドバイザーの専任講師で日本茶専門店の店長でもある繁田聡子さんに後述の6項目をチェックしてもらった。

セブン-イレブン


『一(はじめ) 緑茶 静岡茶入り/100円』

うまみ:3、甘み:3、渋味(味のしまり):4、バランス:3、香り:3、色:3、合計:19

 3つの中で香ばしさをいちばん感じます。お茶の渋味が味のしまりとなって後味をすっきりとさせていますね。スパゲティとかハンバーグなどの洋食系のお弁当と合わせるのがいいかと思います。

 


ファミリーマート

『国産の一番茶使用 にごり旨み緑茶/100円』

うまみ:3、甘み:3、渋味(味のしまり):3、バランス:3、香り:2、色:4、合計:18

 コップに入れたとき、急須で入れた緑茶の色にいちばん近いですね。お茶のバランスも3つの中ではとてもいいかと思います。お食事と合わせるなら、和菓子がとても合いそうです。

ローソン


『緑茶/100円』

うまみ:3、甘み:3、渋味(味のしまり):3、バランス:3、香り:2、色:3、合計:17

 味にクセがないので、のどが渇いたときにすっきりと飲めると思います。幕の内弁当とか和食に合うのではないでしょうか。小さいお子さんから年配の方まで楽しめる味わいだと思います。

 

繁田さんによる総評

 外出先での飲み物として、お茶が選択肢にあるのはとてもいいと思います。お子さんがのどが渇いたときに飲ませられますし、小さいころからお茶に親しむきっかけになりますから。これでお茶の味を知って、急須で入れるお茶に進んでいただければ。みなさんに日本のお茶の味をぜひ知っていただきたいです。


《PROFILE》

菰田欣也さん ◎東京・五反田と麻布十番に店を構える火鍋専門店『ファイヤーホール4000』オーナー。四川料理の名店『szechwan restaurant陳』『四川飯店』グループの総料理長も務めた。イベントや料理番組にも多数出演

柳生九兵衛さん ◎安くてうまいものをこよなく愛するプロの食いしん坊。『TVチャンピオン』(テレビ東京系)第4代、5代B級グルメ王。コンビニおでん探究家、グルメレポーターなど、さまざまなメディアで活躍

繁田聡子さん ◎日本茶インストラクター2期生、日本茶アドバイザー専任講師。日本茶専門店『東京繁田園茶舗』阿佐谷本店店長。著書に『「日本茶」事始め 日本茶インストラクターが勧める素敵なお茶生活』

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_169bd1a3f6fa oa-shujoprime_0_c0790cdc7d6e_バイトテロ「過激動画を拡散する者の正体」とは? c0790cdc7d6e

バイトテロ「過激動画を拡散する者の正体」とは?

2019年2月17日 13:00 週刊女性PRIME

続出するバイトテロに終わりはあるのか──

 調理に使うおたまを股間にあてがう『すき家』、ゴミ箱に投げ入れた魚の切り身をまたまな板に戻す『くら寿司』に、おでんの白滝を口に入れ吐き出す『セブンイレブン』……。アルバイトによってSNSにアップされた不適切動画が拡散される“バイトテロ”現象が止まらない。ネットでは「こんな店に行きたくない!」と非難の声が上がるなか、『くら寿司』『セブンイレブン』はついに法的措置を検討する事態に──。

 前代未聞のバイトテロ炎上騒動をコラムニストの辛酸なめ子さんとともに考える。


* * *


──アルバイトによる悪ふざけ動画が続出、拡散されてとんでもないことにになっています。

辛酸「数年前も冷蔵庫に入る写真をツイッターにアップしたりといった“バカッター”が流行りましたが、今回の“バイトテロ”はさらに内容がひどくなったというか、明らかにレベルが上がっていますよね。

 その中でも特に衝撃的だったのが『くら寿司』でした。回転寿司でもすし職人が握るなか、普通のバイトが魚を捌(さば)いていたという事実も店側としてはバレたくなかったところかもしれません。これだったらロボットやAIに任せた方がいいのでは? と思ってしまいます」

 ネットの声を見てみると“外食が怖くなった”という意見も多く見られました。今後、消費税が10%に上がるにつけて、持ち帰りだと8%になる軽減税率の存在もありますし、色々と外食産業へのダメージは大きいですよね。これからは、誰もが自炊するような世の中になるかもしれません

──今の時期、コンビニのおでんなんかはすごく売れると聞きますし相当な痛手かと。

辛酸「レジにすごく近いところに陳列されているということもあり、元々清潔度はどうなんだろうという疑問はありましたよね。“底に小銭が沈んでいるんじゃないか”という不安もあったなかでのあの動画はきつかったです……。

 ネットの書き込みには、“くら寿司が空いている”という書き込みも見られました。衛生面を気にしないメンタルの持ち主は逆に“今なら並ばなくて済む”と喜んで行くのかもしれません

──そんな人いるんでしょうか……! やはり画像が拡散されるバカッターと比べて、動画はインパクトもケタ違いですよね。

辛酸「ユーチューバーの“〇〇やってみた”といった動画がブームなのも背景にあるのかもしれません。彼らが過激なことに挑戦しているのを履き違えたまま真似してしまったというか……。人気ユーチューバーならもし炎上して訴えられても賠償金は払えそうですが、バイトテロの人たちは普通の学生風なので厳しそうですよね。

 前に知り合いから“スーパーでメントスとコーラを買っている人をみかけた”という話を聞きましたが、組み合わせ的に普通に飲み食いしないことは明らかです

──それにしても、あんな動画を見てしまった後では、学生風のアルバイトに偏見を抱いてしまいそうな気もします……。

辛酸「そう考えると、コンビニでも真面目に応対してくださる外国人の店員の方が信用できますよね。日本人の若者がどんどん落ちていくという印象は寂しい感じがします。以前、電車で隣になった若い男性ふたりがコンビニで働いている話をしていて、キャンペーンでやっているくじ引きについて“欲しいものは先に全部もらう”、“雑誌・マンガが届いたら先に全部読む”と言っていました。動画をアップして炎上する“陽のテロ”もあれば、こっそりやる“陰のテロ”も存在しているのかもしれません

人生が終わるかもしれない


──今回拡散された不適切動画は「仲間内のノリでやった」という認識だったようですが、それについてどう思われますか?

辛酸「女性が華やかな場所だったり、可愛い服だったり、おいしそうな食べ物をインスタにアップして“いいね”を欲しがるのに対し、男性は過激な動画をアップして“ワルに思われたい”。男女間で承認欲求の種類が全然違うんだなと思いました。思えば、70〜80代の男性でも“ヤクザの友達がいる”と自慢気に話す人はいますよね」

──拡散された動画のなかには『バーミヤン』のアルバイトが鍋から上がった巨大な火でタバコをつけるものもありましたが、あれはまさにその気持ちが前面に出ていますね。スマホがなかった時代からこのようなバイトによる悪ふざけはあったのでしょうか?

辛酸「やはりSNSの登場で助長されているような気はしますね。すぐ世界に公開できるという状況が人をおかしくさせているのかもしれません。そもそも画面に大量の大腸菌が付着しているといわれるスマホを調理場に持ってきていること自体がまずいと思いますが。女子がインフルエンサーに憧れる一方で男子は細菌をインフルエンスするというヤバい方向にむかっています……。

 しかし、かつてバカッターが横行したときも名前や勤務先などが晒されて、人生が大変なことになった人がいたにも関わらず、いまだになくならないのが不思議です。SNSを始める前に“人生が終わるかもしれない”ということを知っておくべきですよね

──それにしても、このような投稿を見つけてくる人もすごいですよね。24時間で消えてしまうインスタのストーリーズにアップされた動画を保存してアップし直しているわけですから。一体どんな人なのか気になります。

「楽しんでいる若者が嫌いな、歪んだ正義感で動画を探すネット上の風紀委員のようなものですよね。ストーリーズは消えてしまうわけですから、炎上しそうな人を見つけては常にチェックする愉しみがあるのでしょう。

 もしかしたら、学生時代に動画に出てくるようなイケイケの人たちにイジメられた過去があったのかもしれません。あのとき、クラスの片隅で暗い目をしている人たちにもっと優しくしておけばこのような炎上は起こらなかったのかも……

──今後、バイトテロが起こらないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか。

辛酸「食べ物をゴミ箱に入れたりといった見る側にとっても傷つくようなイヤな動画ですし、知らない人に対して怒りが湧くという、精神衛生上よくないことになっています。過激な動画をアップすることで仲間内から“ヤバイ奴”と賞賛されることより、お客さんをサービスで喜ばせることが承認欲求につながるようになればいいと思いますね


辛酸なめ子/漫画家・コラムニスト。

東京都生まれ、埼玉県育ち。武蔵野美術大学短期大学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。近著は『大人のコミュニケーション術』(光文社新書)『おしゃ修行』(双葉社)『魂活道場』(学研)、『ヌルラン』(太田出版)など。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_169bd1a3f6fa oa-shujoprime_0_6b748b1ee9c4_コンビニ客単価、全国1位の『オレボステーション』をご存知? 6b748b1ee9c4

コンビニ客単価、全国1位の『オレボステーション』をご存知?

2019年2月17日 11:00 週刊女性PRIME

鉄板で調理中のスパゲティのいい匂いが店内に広がり、食欲を刺激する!

 セブン-イレブンなどの大手コンビニがシェアを独占する中、独自の進化を遂げ地元で熱烈に支持されるコンビニが福井にあった!

 福井市を中心に店舗を構える『オレボステーション』は、できたてのお弁当、お惣菜が買えて広々としたイートインスペースでも食べられ、食堂まで併設されている異色のコンビニだ。


“オレボ”が愛される理由は


 経営するのはオレボステーションのほか、福井市を中心に系列店舗を10店舗展開する『大津屋』。歴史は古く、1573年に創業した当初は酒造や酒販業を営んでいたそう。

 現社長の小川明彦氏が実家である大津屋に入社して、「酒だけではなく、もっと福井の人たちが喜ぶサービスを提供したい」と福井初のコンビニ『オレンジBOXおおつや』を設立したのが1981年。

 '87年には時代に先駆け販売管理ができるPOSシステムなどを導入し、24時間営業にした。

 広報の石倉望央さんが言う。

「当時のコンビニ弁当やおにぎりは、工場で大量生産されたものが当たり前でした。でも、お客様は熱々のおにぎりを目の前で握ってもらったほうがうれしいはず。オレボでは製造過程で保存料などを使用していないから、身体にもやさしい。そこで、おにぎりやお惣菜などを店内で製造する『オレボキッチン』をスタートしました」


 2004年にはさらにサービスを強化させ、コンビニと店内調理、イートインスペース、食堂などを融合させた『オレボステーション』を開店。徹底した消費者目線と地域に根ざした経営で、なんと大手を上回りコンビニで全国1位の客単価も実現させた。

「特にご好評をいただいているのが、ランチ・ディナーバイキングです。ランチバイキングは、お惣菜の種類に限らず1グラム1・08円+税、ディナーバイキングは1グラム1・29円+税の量り売りで、オリジナルのお弁当を楽しんでいただけます」(石倉さん、以下同)

 ランチバイキングを実際に試してみると、リピーターが続出するというのも納得できる。毎日、約30種類並ぶというお惣菜は、店内キッチンで調理されたできたて熱々の料理などが並び、どれもおいしそう。しかも、あれこれ悩みながら容器いっぱいに盛っても500グラムで540円(税別)という安さ!

 ちなみに、広報の石倉さんのお気に入りは、だし巻き卵、さばの味噌煮、ポテトサラダ、中華クラゲだそう。たくあんのうま煮やソースひれかつといった郷土料理もおすすめだ。

食堂とコンビニも大充実



 バイキングだけではない。店内には券売機が設置されており、うどんやそばといった麺類、カレー、かつ丼などの丼ものまで注文できる『オレボ食堂』があり、店内で食べることができる。

 もちろん、コンビニ商品も充実している。広い店内は地元のパン屋さんや農家のローカル食品からナショナルブランド商品、社長や企画室長が全国を回って探し出した逸品までそろう。洗剤などの日用品もありスーパーなみの充実ぶりだ。

「店の出入り口を中心に設置して、コンビニも食堂もどちらも利用しやすいようにしていますが、売り上げの6〜7割は店内で調理した惣菜やお弁当です。地元のお客様に飽きられないように常に新しい商品をスピーディーに開発するようにしていて、社員がテレビや雑誌で見た料理を作り、企画室長のゴーサインが出たら即、店頭に並ぶこともあります」


 石倉さんによると、惣菜が売れる背景には、福井県が共働き世帯日本一であることも関係するという。

「私の周りでも仕事帰りに買っていくという人は多いですね。夕方以降は惣菜のみのバイキングも人気です。こんにゃくの甘辛煮や里芋の煮っころがしなど、家庭で作るにはひと手間かかるおかずを買っていく女性の方が多いですね」

 店内調理に力を入れるということは、そのぶん、手間も増える。効率化を重視する傾向にある大手には決してまねできない戦略だろう。

「よくフランチャイズ契約や全国展開のお話もいただくのですが、いまのところは考えていません。規模が大きくなれば管理の目が届きにくくなり、質の低下につながってしまいますので。

 今後は、お客様のご要望に合わせて、さらにメニューを増やすなど、既存店のリニューアルに力を入れていく予定です

 ほかにもセルフレジやキャッシュレスでの決済、AIロボットの導入も検討しながら顧客の利便性を追求していくという。ローカル愛にあふれながら、常に時代の数歩先をいくオレボから目が離せない!


《INFORMATION》

福井に行かなくてもオレボの健康的なおいしいお惣菜を試したいという人におすすめなのがオンラインショップ。各種バラエティーセットから単品での購入も可能。冷蔵庫で長期保存できるので、お弁当や夕食のおかずに1品ほしいときに便利! 詳しくはHPへ(https://www.orebo.jp)

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_169bd1a3f6fa oa-shujoprime_0_e8ee046e5a77_山P、新曲が不発!?「男性ソロアイドル」の厳しい現状 e8ee046e5a77

山P、新曲が不発!?「男性ソロアイドル」の厳しい現状

2019年2月16日 21:00 週刊女性PRIME

写真はイメージです

 5年半ぶりとなるシングル『Reason/Never Lose』をリリースした山下智久。

 昨年は主演映画『コード・ブルー  -ドクターヘリ緊急救命-』の興行収入が92億円を超え、年間ナンバーワンヒットを記録。人気の健在ぶりを印象付けた山下だが、今回のシングル発売初日のオリコンデイリーチャートでは、3万7000枚超で3位となった。

 ちなみに1位はSTU48、2位はハロー!プロジェクトのアイドルグループJuice=Juiceだった。

ソロアイドルには厳しい時代


「かつてKAT-TUNの亀梨和也と『修二と彰』名義でリリースした『青春アミーゴ』は、ミリオンセラーの大ヒットでした。また、ソロ第1弾の『抱いてセニョリータ』も80万枚超え。

 香取慎吾と組んだ『MONSTERS』や、一昨年に再び亀梨と組んだ『亀と山P』も話題になりました。昨年リリースのアルバムはオリコンで週間1位を獲得していますが、今回のシングル発売は、『コード・ブルー』の勢いを味方にしているにも関わらず、順位も枚数も物足りない印象があります」

 というのは、ある芸能記者。さらに続ける。

「とはいえ女性アイドルも、ソロでのシングルヒットを出せる人は、近年ほとんどいません。グループだと、メンバーそれぞれのファンによる合算で売り上げをあげる側面があるので、ソロのアイドルは厳しい時代なのかもしれません」

 ジャニーズのタレントも、古くは郷ひろみや川崎麻世、さらに田原俊彦に近藤真彦など、昭和の時代はヒットを連発するソロシンガーが数多く存在した。

 平成以降も、先にあげた『抱いてセニョリータ』や、元SMAPの香取慎吾が“慎吾ママ”名義でリリースした『慎吾ママのおはロック』、近藤真彦の『ミッドナイト・シャッフル』などヒット曲は存在するが、昨今のソロでの大ヒットは、ほぼ存在しない状態である。

「シングルヒットというと、滝沢秀明の『愛・革命』や堂本剛の『街』、山田涼介の『ミステリーヴァージン』あたりが目立ったところでしょうか。

 TOKIOの長瀬智也が“桜庭裕一郎”名義で歌った『ひとりぼっちのハブラシ』や、嵐の大野智の“怪物くん”名義で歌った『ユカイツーカイ怪物くん』なども知られています。

 近年は中山優馬やKAT-TUNの中丸雄一・上田竜也のように、配信オンリーとなるリリースも増えてきています」(前出・芸能記者)

 では、アーティストとしての山下の需要は低いのだろうか。あるスポーツ紙記者が言う。

「アーティストとしての山Pは、特に2012年にワーナーに移籍してから、海外の最先端の流行を取り入れるなど、売り上げよりも自分のやりたい音楽をやるという印象が強いです。俳優業への考え方と音楽は、完全に別物なのでしょう。これは各グループを脱退した、赤西仁や渋谷すばるのソロ、堂本剛のソロプロジェクトなども同様のスタイルですよね」

 山下は昨年、ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)と契約し音楽活動を再開したばかり。昨年11月リリースのアルバムは、チャート1位を記録しており、決して彼の需要が低くなったわけではないという。

「多くの特典やイベント、歌番組でのプロモーションもほとんどない単独のアイドルとしては、十分な数字だと思います。音楽的志向を前面に押し出すタイプではありませんが、好きなことをやるプロジェクトとしてとらえれば、売り上げや順位は問題ではない。

 映画やドラマはヒットするのに、CDがあまり売れていないような印象を受けるのは、まだまだ山Pのアイドル色が強いせいなのかもしれません

 脱アイドルの難しさ、である。

<取材・文/渋谷恭太郎>

*文中にオリコンチャート1位はHKT48とありましたが、正しくはSTU48でした。訂正して、お詫び申し上げます(2019年2月16日22時50分修正)。

外部リンク