【人気商品】GUの「カラフルチェックコレクション」がトレンド感あって絶妙! ブラウスとスカートのセットアップでも3000円ちょいで買えちゃいますっ!!

04.25 11:45 Pouch[ポーチ]

トレンド感あるのにプチプラぞろいで女子の強~い味方、GU(ジーユー)。2018年4月23日からは、鮮やかなチェック柄と色が特徴的な「COLORFUL CHECK(カラフルチェック)」コレクションの販売がスタートしたばかり!

イメージキャラクターを務めるモデル・女優の中条あやみさんを起用したウェブCMも公開となり、夏のおでかけが楽しみな気分にさせてくれます。この春夏のトレンドともいわれるチェック柄アイテム、この機会に日々のコーデに取り入れてみては?

【トレンドのチェックアイテムが豊富!】

昨年からWEARなどのコーディネートアプリでも人気だったGUのチェック柄スカート。

今期はトレンドのマドラスチェック柄を中心としたカラフルなアイテムが多数そろっているのが特長です。女性らしいたっぷりとしたボリュームのスカートやワンピース、セットアップにもなるブラウスなどで、今から夏先取りの着こなしを楽しめちゃうそう。

“カラフルチェック”といっても、紺×黄色、茶×黄色、茶×水色など、色の組み合わせが絶妙! シンプルなアイテムと組み合わせれば大人女子でもじゅうぶんに着こなせるアイテムぞろいなのがうれしいです。

【中条あやみさんのウェブCMも公開に】

そして同じく4月23日に公開された中条あやみさんのウェブCMも要チェック!

軽快なピアノの楽曲に合わせ、ミディスカートをひらひらさせながら水辺ではしゃいでいるといった内容で、屈託のない笑顔がまぶしくて素敵すぎる……!! 今すぐ同じアイテムを身に着けて海に出かけたい気分になっちゃいます。

【安定のプチプラですっ!】

ちなみにマドラスチェックのブラウスが1490円~、マドラスチェックのフレアミディスカートが1690円~、ノースリーブのチェックワンピが2490円~と安定のプチプライス。トップスとボトムスをセットで買ってセットアップにしても3000円ちょいで買えちゃうってスゴくない……!?

私をふくめ、30代以降で買っている人も多いジーユー。試着は必須かと思いますが、サイズが合えばシルエットもキレイで重宝してくれるアイテムが意外と多し。というわけで、この「カラフルチェック」コレクションもオンラインショップやお店でぜひチェックしてみてくださいね! 私もさっそく新宿のビックロに見に行こうかしら。

参照元:GU、PR TIMES

執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch


▼チェックアイテムに身を包みながら屈託なく中条あやみさんが美しい♡

出典: YouTube

▼チェックパフスリーブブラウス(7分袖)GN (全2色 1990円+税)

▼マドラスチェックブラウス(ノースリーブ)GN (全4色 1490円+税)

▼マドラスチェックシャツ(半袖)GN (全4色 1490円+税)※5月上旬販売予定

▼チェックバックボタンブラウス(ノースリーブ)GN (全3色 1490円+税)※5月上旬販売予定

▼チェックスキッパーワンピース(半袖)GN (全2色 2490円+税)※5月上旬販売予定

▼ブロックチェックワンピース(半袖)GN (全2色 2490円+税)※5月上旬販売予定

▼チェックフレアロングスカートAGN (全3色 1990円+税)

▼マドラスチェックフレアミディスカートAGN (全4色 1690円+税)

▼マドラスチェックフレアミディスカートBGN (全2色 1690円+税)

▼マドラスチェックフレアミディスカートCGN (全2色 1690円+税)

▼リネンブレンドチェックショートパンツGN (全2色 1690円+税)※5月上旬販売予定

▼ワイドアンクルパンツ(チェック)GN (全2色 1990円+税)※5月上旬販売予定

▼チェックフレアミディスカートBGN (全3色 1690円+税)※5月上旬販売予定

▼チェックフレアミディスカートAGN (全2色 1690円+税)※5月上旬販売予定

▼チェックフレアロングスカートBGN (全2色 1990円+税)※5月上旬販売予定

外部リンク

【チョコミン党歓喜】スシローの「チョコミントアイスケーキ」がめちゃんこ美味しそう!! アイスでもなくケーキでもなくアイスケーキとか期待しかない…

04.25 09:45 Pouch[ポーチ]

2017年11月に発足したという「スシローカフェ部」が満を持して新商品を発売! それが2018年4月25日から全国のスシローで期間限定販売される「チョコミントアイスケーキ」と「レモンキウイパフェ」です。

えーと、チョコミン党のみんな、繰り返すよ……? スシローからチョコミントアイスケーキが出まぁ~す! アイスじゃないよ? ケーキでもないよ? チョコミントアイスケーキだからっ!!!!

ど、どうしよう、これ神スイーツの予感がするんですが……!

【チョコミントアイスケーキ】

チョコミントをアイスケーキでさっぱり上品に仕上げたという「チョコミントアイスケーキ」(税抜180円)。チョコチップのパリパリ食感、チョコレートの甘さとミントのさわやかな風味、アイスケーキのなめらかな舌触りが混然一体となって、やみつきになる一品だそう。

【レモンキウイパフェ】

もうひとつの「レモンキウイパフェ」(税抜280円)もレモン×キウイのビタミンカラーが目にも鮮やかな一品。甘酢っぱいレモンゼリーとレモンシャーベットに、ヨーグルト味のムースとアイスをあわせている爽やかな味わいらしく、フレッシュレモンを絞れば、さらにレモンの香りでいっぱいに!

【暑い季節にピッタリ♪】

これから暑くなる時期にピッタリな「チョコミントアイスケーキ」と「レモンキウイパフェ」はどちらもなくなり次第終了とのこと。

昨年10月にかっぱ寿司では“チョコミント大学生”のうしくろくんとコラボした「チョコミントパフェ」が登場し、発売から1週間で完売しそうな大ヒットとなっただけに、今回のスシローの「チョコミントアイスケーキ」にも期待がかかる……! もしかしたらこちらも即完売、新たなスシローレジェンドを作るかもしれませんね。

参照元:あきんどスシロー

執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

外部リンク

【本日から】安室奈美恵がH&Mとコラボするよ! 社長が「まさに輝く星のような存在です」と安室奈美恵にラブレターを掲載して話題に

04.25 08:45 Pouch[ポーチ]

2018年9月16日をもって引退すると発表した、安室奈美恵さん。現在は、安室さんの過去最大の動員・公演数となるラストドームツアー『namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜』が行われています。

そんな安室さんに熱烈なラブコールを送ったのが、大人気のファストファッションブランド「H&M」。安室さんがアンバサダーを務めるコラボキャンペーン「Namie Amuro x H&M」コレクションが実現しました。

モードからベーシックまで幅広くそろったコラボアイテムが、本日4月25日から全国のH&M店舗とオンラインで発売されます。

【どんなアイテムがあるの?】

ひと足先に公開されたイメージビジュアルで、安室さんが身に着けていたのは、夏を感じるスカイブルーに真っ赤な花模様が入った「フローラルガウン」(7499円)に、これに良くマッチした「ホワイトパンツ」(1299円)。耳で揺れるピアスは参考商品となっていますが、今回のコーデに雰囲気を合わせたもの。

そのほかにも、フェミニンで洗練されたシルエットや、涼しげなテーラリング(仕立て)、青空を連想させる爽やかなデザインが多数登場するそうです。

またトレンドの上品なストライプや、フローラル柄なども取り入れているようで、今すぐにでも活躍してくれそうなアイテムがそろっていることが予測できます。

【プチプラだからつい大人買いしちゃいそう】

価格帯はトップスが1299円、ボトムスが1299円から5999円、ワンピースが2999円から3999円、そしてジャケットが7499円と、お財布に優しい点も大きな魅力♪ 幅広い世代に似合いそうなデザインなので、かつてアムラーだった世代がこぞって大人買いしている様子が想像できます……!

そんなわけで、おそらく争奪戦になりそうな「Namie Amuro x H&M」コレクション。絶対欲しい! というみなさんは、さっそくショップをのぞいてみてはいかがでしょうか。

【ラブレターがまじでラブい】

ちなみに……先日4月10日、「H&M」は今回のコラボのきっかけとなった、安室さんへの思いをつづった手紙の全文を新聞朝刊に掲載しています。「親愛なる 安室 奈美恵様」から始まるこの手紙を書いたのは、「H&M」代表取締役社長のルーカス・セイファートさん。

手紙には

「数多くの女性が、自立、エンパワーメント、そして自己実現に向かって邁進している今日において、自分を高め、新しい自分を開拓すること、また多くの夢は不可能ではないということを自らの生き方で示されてきた安室さんは、まさに輝く星のような存在です。」

と書かれています。スターとしてだけでなく、幅広い世代の女性にとってのロールモデルとしても活躍する安室さんへの愛に溢れていて、同時に深い尊敬の念も伝わってきます。

これほどまでに安室さんを敬愛している「H&M」が展開するコラボならば、きっと歴史に残るキャンペーンになるに違いないっ! さて、わたしも今からコレクションをチェックしに行ってこようと思います。みなさんも、ぜひ☆

参照元:プレスリリース、H&M JP

執筆=田端あんじ (c)Pouch


▼これは「愛」だわ

外部リンク

【注目】本日は「事務職の人に感謝を伝える日」だよ! 上司から事務職の方々に花束を送ったりランチ会を開催します

04.25 06:45 Pouch[ポーチ]

総務や庶務、経理、秘書など、いわゆる「事務職」と呼ばれるお仕事をされている皆さん、この日本にた〜っくさんいらっしゃいますよね。

積極的にお客様と対面したり、表立って名前が出たりはしない。でもこの事務職の人々がいなければ、会社もプロジェクトも立ち行かない……。

華々しくはないけれど、なくてはならない存在。まさに縁の下の力持ちといえる事務職の皆さんに、最大限の敬意と感謝を示そう! という日があるのをご存知ですか?

【事務職の皆さんありがとうの日】

アメリカで「Secretaries’ Day(秘書の日)」として始まったその日は、現在「Administrative Professionals’ Day(事務専門職の日)」と呼ばれています。

バックオフィスを支える事務職の方々に敬意と感謝を示す日として、毎年4月の最終水曜日に設けられており、今年は4月25日がその日にあたります。

公的な休日ではありませんが、アメリカやカナダをはじめ、イギリス、ニュージーランド、オーストラリア、またアジア圏では香港やマレーシアなどでも浸透しているそう。

上司から事務職の方々へ感謝カードや花束、お菓子などを送ったり、ランチ会を開催するなど、ちょっとした「おもてなし」でありがとうの気持ちを伝えるんですって。素敵!

【あなたたちがいるから仕事ができる!】

アメリカが発祥と言われるこの日は、もともとは「秘書の日」と呼ばれていたとおり、最初は秘書の日頃のサポートに感謝をする日として誕生したのだそう。

スケジュール管理や出張手配、クライアントへの応対など、多忙な上司がスムーズに仕事を進めるための責務を一手に担う秘書の仕事は、まさにプロフェッショナル。

それが今日、秘書にとどまらず事務職全般の仕事への敬意と拡大され、「あなた達のおかげで、わたしたちは最大のパフォーマンスを発揮できます。ありがとう」と伝える日として、定着したのです。

【友人たちの体験談】

とある外資系のオフィスで秘書として働いていた友人は、この「Administrative Professionals’ Day」の際、某国大使館主催のレセプションパーティーに招かれたのだそう。

なぜ自分に招待が、と驚いて上司に尋ねたら、なんとその日のパーティーは「上司抜き」で開催されるとのこと。

仕事柄メールのやり取りはあっても、実際に大使館へ足を運んだことはなかった彼女。楽しんでおいでと上司に送り出されたものの「いやいや! 場違いすぎるでしょ!」と、ひとりでドキドキしながら向かったそう。

会場では、同じように上司抜きで招待されたさまざまな企業や団体の事務職の人たちと「こんなところでお酒飲んでるの、冗談みたいですよね(笑)」と笑い合ったのだとか。

また日本企業のアメリカ支社に長年配属されていた友人は、毎年部下たちに花束とメッセージカードを配っていたそう。

カードのやりとりが文化として定着しているアメリカでは「母の日」「クリスマス」などと同様に、ちゃんと「事務職の皆さんありがとうの日」用のカードがお店で売られているんですって。

【日本でも広まってほしい〜!】

パーティーを開くほど大げさじゃなくても、形や言葉として感謝をきちんと伝えてもらえるのって、やっぱり嬉しいですよね。事務職の皆さんに感謝を伝える日が「存在する」ということ自体が、すごく良いことだなあと感じました。

ありとあらゆるイベントごとが海外から日本へ輸入されている昨今、ハロウィンやクリスマスに負けず、「事務職の皆さんありがとう」の日も日本中に広まってほしい!

働いている側はそれが「仕事」だから、改まって感謝をされなくても粛々と、完璧に日々の職務をこなしていくものではある。と、思うのですが。

「あなたたちがいるから、わたしたちは頑張れる」そう伝えてもらえたら、また気持ちよく「これからもそう思ってもらえるように、頑張る」って思えるんじゃないかな〜!

執筆、撮影=森本マリ (c)Pouch

外部リンク

4D映画を観るなら話題作『レディ・プレイヤー1』が最高だよ! まるで体験型アトラクション気分なうえに恋と感動がバッチリ込められた傑作です

04.24 18:45 Pouch[ポーチ]

【最新公開シネマ批評】

映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今週ピックアップする映画はスティーヴン・スピルバーグ監督の最新作『レディ・プレイヤー1』(2018年4月20日公開)です。先月『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』が公開されたばかりのスピルバーグ監督作が立て続けに公開です!

そしてワタクシ、本作を最新のMX4Dで体験してきました。ではまず物語から!

【物語】

2045年の地球。街は荒れ果てて、現実の世界に喜びを見出せない若者たちは、VRワールド“オアシス”に夢中です。そこはアバターに姿を変えて、自分がなりたいものになれる世界でした。両親を亡くし、叔母の家で居候生活をする17歳のウェイド(タイ・シェリダン)も“オアシス”の世界にのめり込んでいました。

ところが“オアシス”の創始者ジェームズ・ハリデー(マーク・ライランス)が亡くなり、彼はユーザーに「自分が仕掛けた3つの謎を解き、イースターエッグの卵を見つけた者に“オアシス”の全権を譲る」という遺言を残します。ウェイドはじめ、多くの者が、そのゲームに参戦するのですが……。

【MX4Dで見て良かった~! VRワールドを体感!】

『レディ・プレイヤー1』で、まず目を引かれるのはやはりヴィジュアル。2045年の地球を描いた冒頭の近未来のシーンからめちゃかっこいい。ウェイドが暮らす集合住宅も宙に浮いているようで、不思議な世界観を見せてくれます。

そして映画は、ハリデーの仕掛けた3つの謎にウェイドが挑戦するところからテンポアップしていきます。謎を解き“オアシス”のどこかにあるイースターエッグを探す争奪戦はカーレース!

今回はTOHOシネマズ六本木に導入されたMX4Dを初体験してきたのですが……めちゃくちゃ楽しかったです!

スタートするやいなや、ものすごいスピードに仰天します。 MX4Dで見ているから、シートが揺れるし、突き上げられるし、何かが背中からぶつかってくるように感じるし、キングコングは目の前で吠えながら飛びかかってくるしで、心の中で「キャーキャー」騒ぎましたよ。まさに遊園地のアトラクション状態です。

【ヴィジュアルだけじゃない感動的な仕掛けとストーリー】

ヴィジュアルの仕掛けだけだと、次第に目が慣れて飽きてしまうのがこの手の映画の弱点なのですが、本作の凄いところは、VRのヴィジュアルに頼っていないことです。登場人物の心の葛藤と「どうなるのか」と予想できない展開がしっかりあるのです。

その鍵を握っているのが3つの謎。これには“オアシス”の創始者ハリデーの生い立ちが隠ヒントとなっています。ウェイドと仲間たちは、ハリデーの歴史がつまった場所を何度も訪れ、答えを導き出そうとするのですが、そこで描かれるハリデーの過去がとても切ないんですよ。

幼い頃から孤独で、莫大な富を生み出してからもあまり変わらない。愛する女性がいたけど、告白ができない……。「彼は幸福だったのだろうか」と、ちょっと泣きそうになりました。

またウェイドと仲間たちは力を合わせて、ハリデーの莫大な遺産を奪おうとする巨大企業IOI社に立ち向かうのですが、この仲間たちのキャラもいい! メカ職人、忍者、侍、そして紅一点のアルテミス(オリビア・クック)がおりまして、なんとウェイドは彼女と恋に落ちるんですね。ウェイドが猛烈に口説く姿はとてもかわいくて、キュンとします。

【オタクが狂喜乱舞するメカゴジラ、ガンダムなどの人気キャラ登場】

ハリデーはオタクなので “オアシス”には多くの人気キャラクターや名作映画の名シーンが登場します。たとえば、紅一点のアルテミスが乗るバイクは「AKIRA」の金田モデルだし、キャラでいえばメカゴジラ、ガンダム、アイアン・ジャイアント、T・レックス、チャッキーなど多数。オタクはもうたまらんでしょう。映画『シャイニング』の不気味な双子や幽霊ばあさんのシーンは強烈で悪夢を見そうです。

【現実を忘れるなというメッセージ】

私たちは現実に不満があると、非現実を求めることがありますよね。ゲーム、映画、漫画、アイドルなど、求める世界は様々ですが、その世界をVRで見せてくれるのが『レディ・プレイヤー1』。

でも、ハリデーは「VRは現実じゃない、現実こそがリアルなんだ」と語ります。現実を見つめて、そこで幸福を勝ち取らないとダメだよというメッセージが込められているように思えて、ハっとさせられました。

ハリデーのメッセージには納得なのですが……それでも、この映画はぜひ4D(4DX・MX4D)で見ていただきたい! ちなみに4Dは吹替え版のみです。画面がめまぐるしく、字幕で見ると酔いそうなので吹替え版の方が見やすいと個人的には思います。

執筆=斎藤 香 (c)Pouch

『レディ・プレイヤー1』

(2018年4月20日より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー)

監督:スティーヴン・スピルバーグ

出演:タイ・シェリダン、オリビア・クック、ベン・メンデルソーン、サイモン・ペッグ、森崎ウィン、マーク・ライランス、ジェームズ・ハリデー

(c)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTSRESERVED


▼日本限定スペシャル映像で、映画冒頭の3分間が公開されてます!

出典: YouTube

▼予告編

出典: YouTube

外部リンク

「インスタ映え」と「現実」の比較写真を人気インスタグラマーが公開し話題に!「心無いネットの声に耳を傾けてたらモンスターになっちゃうわ」

04.24 17:45 Pouch[ポーチ]

写真を“盛る”、インスタ“映え”という言葉があるように、私たちがSNSに写真を投稿するとき、それが本来の姿でないことはもはや当然のことなのかもしれません。

けれど、ときとして理想のイメージと現実とのギャップは、私たちに満たされることのない焦燥感や嫉妬といった感情を植え付けがちです。「こうなりたい(理想)、でもなれない(現実)」というふうに。

このことを強く感じた海外女性インスタグラマーのChessie King(チェシー・キング)さんが始めたのは、自身のSNSで「フェイクの自分」と「現実の自分」との比較画像を投稿すること。ありのままの自分がどんなにすばらしくて誇らしいかを発信し、多くの人たちを元気づけています。

【キレイは作れる。それも簡単に】

チェシーさんのインスタ画像を見てわかるのは、視覚的にだますのがいかに簡単かということ。たとえば同じ日の同じ時間帯に撮った写真でも、インスタグラム用に作られた写真では腹筋が割れて足が長いのに、実際の姿をそのまま映し出した写真ではお腹はぽちゃっとして、太ももにも健康的にお肉がついています。

この比較写真で、チェシーさんは「ポージングやカメラの位置・アングル次第で、理想的な身体に見せることはいくらでもできる」ことを伝えています。そして以前はこうして完璧な自分を常に見せていたというチェシーさんですが、今ではちがいます。

【ヘイターにはグロテスクな動画で応戦】

衝撃的なのは、自身の顔をモデル風に、胸は極端に大きく、ウエストも極度にくびれさせ、気味の悪いバービー人形のように加工したグロテスクな動画。

これは「もう少し体型に気を遣えばどうか」という意見によるリプライで、「ネットの心ない声をすべて受け入れていたらモンスターになってしまうわ。30万人のフォロワーがいるからといって、厄介な人を相手にする必要はない」という彼女なりのアンサー映像となっています。

そして次の動画では、同じようなビキニ姿で、ありのままの彼女の姿を投稿。「今の自分に誇りを持っているわ」とお腹のお肉を揺らしてみたり、太もものお肉をつかんでみたり。……うーん、この健康的な感じ、すっごい親近感! こちらの彼女のほうが見ていて微笑ましいし、だんぜん素敵です。

【ありのままの自分に誇りを】

SNSなしには生きにくい現代ですが、SNSでの自分や周りの人たちに疲れてしまったときは、皆さんもぜひチェシーさんのインスタグラムを見てみて! 「取り繕わなくてもそのままの自分でいいの!」という彼女のメッセージに、心が軽くなる人はきっと多いはず。

参照元:Instagram @chessiekingg

執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch


▼チェシーさんの比較画像の数々。もっと見たい方は彼女のインスタへ!

外部リンク

絵は時間をかけて描き込むほど完成度が上がる…!「10分経過後」と「40分後」のイラストの違いに脱帽です

04.24 15:00 Pouch[ポーチ]

絵は時間をかけて描くほど、クオリティーが上がってゆく。そのことを一目で実感できるのが、オランダのアーティストFloortjeさんがYouTubeやインスタグラムで公開しているチュートリアルです。

絵には、「1分後」「5分後」「10分後」というふうに補足があって、それぞれを見比べてみると絵の精度が全く違う~!

「ささっと描いた落書き」と「写真」くらい、差があるんですけども~!

【瞳の美しさに引き込まれてしまう…!】

Floortjeさんが使用しているのは、フォトショップとペンタブレット。

これらを駆使してイラストを次々に描いていくわけなのですが、これがもうウマいのなんの。特に人間の顔のパーツは目を見張るものがあって、瞳の描き込み方なんて本当にリアルなんです。

【光や陰影、毛の1本1本まで丁寧に描き込む】

たとえば10分で描いた瞳は、この時点で十分に上手なのだけれど、“リアル”ではない印象。

ところが40分かけた時点で、瞳にはまるで生きているかのような輝きがあって、光や陰影がさらに “人間っぽさ” を醸し出しています。眉毛やまつげも細かく描き込まれているので、この点もリアルさに拍車をかけているのでしょう。

【「人」だけでなく「物」も描き込むことが大切】

そのほか鼻もくちびるも髪の毛も、時間をかけて描き込んだ分だけ、より本物に近づいていっていることがわかります。

Floortjeさんは人間だけでなく “物” もたくさん描いているようなのですが、こちらも細かな作業を重ねこだわって描いた分、思わず触れたくなるような質感の絵に仕上がっているんです。

【だんだん絵を描きたくなってくるっ】

Floortjeさんはインスタグラムで、「あなたの絵をもっと良くするには、練習して、一生懸命描くことです」とコメントしていますが、これだけハイレベルな絵を描くことができるのならば「よし、頑張って練習してみよう!」という気にもなるもの。

公開されている数多くのチュートリアル見ていると、普段絵を描かないわたしですら絵を描いてみたくなってくるから不思議です。普段からよく絵を描くという人はもちろん、そうでない人も、 “創作欲” を強く刺激されると思うのでぜひご覧になってみてください♪

参照元:Instagram @floortjesart、YouTube、Bored Panda

執筆=田端あんじ (c)Pouch


▼動画もたくさん公開されているのでYouTubeをチェック☆

出典: YouTube

出典: YouTube

出典: YouTube

▼当たり前のことかもしれないけど…丁寧に描くかどうかで仕上がりが全然変わってくるんですね!

外部リンク

木村カエラも愛用している2週間で消えるタトゥー「インクボックス」が便利! キュートなデザインのシールタイプと手書きタイプがあります

04.24 14:00 Pouch[ポーチ]

20歳の頃、わたしは夏フェスで誰よりも目立つべく、背中に大きなタトゥーを入れたことがあります。

しかしタトゥーはタトゥーでも、このとき挑戦したのは2週間ほどで自然に消えるという “ヘナタトゥー” 。横浜のとあるヘナタトゥー屋さんで肩甲骨のあたりに鳥の絵を描いていただき、フェス会場では「それかっこいいね!」「どこで彫ったの?」といろんな人に話しかけてもらったことをよく覚えています。

2018年4月21日、木村カエラさんがインスタグラムで「いまハマっているもの」と紹介していたのは、カナダ生まれの100%オーガニック成分タトゥー「インクボックス」。500種類以上あるデザインから選べるうえ、約2週間で自然に消えて手軽なのに、本物のタトゥーのような発色なのです。

【なぜ2週間で消えるの?】

通常のタトゥーは、針を肌に刺し、肌の奥深くにある真皮というところまでインクを浸透させるため、消えることはありません。

インクボックスは真皮の上にある表皮までしか浸透しないため、2週間しか残らないとのこと。なんでも2週間は “人間の肌が再生するのにかかる時間” らしく、この仕組みをうまく利用しているようなんです。

【もっともたせる or 早く消すこともできるみたい】

ホームぺージを見ると2週間というのはあくまで “目安” で、肌に適度な潤いを持たせれば2週間以上もつこともあるのだとか。逆に早く落としたい場合は、絵を描いた部分を洗ったりして1日に数回角質を落とせば5日から1週間ほどで消すことができるようです。

そのほかインクボックスには、「より綺麗に色を出すには、あらかじめ角質を落としておくといい」「身体の部位によって色の濃さが変わる」といった特色があります。なお施術後24〜36時間でインクが濃くなっていくので、最初の色づきが薄いからといって、心配する必要はなさそうですよ~。

【「フリーハンド」と「ステッカータイプ」があるよ】

本物のタトゥーのような濃い紺色に発色する「インクボックス」には、自分で好きなデザインが描けるフリーハンドインク(3480円から)と500以上のデザインがあるステッカータイプ(2980円から)の2種類があって、前者は30分、後者は15分で施術が完了するみたい。

ステッカータイプのデザインは星や鳥、メッセージなど今っぽくてさりげないものが多くてキュート!

木村さんがハマっているのはフリーハンドインクのほうらしく、花と星を組み合わせたようなモチーフを手首に描いたところを、インスタグラムで公開していました。

【絵心に自信のない人はステッカーがおススメ】

ただし絵心がない人はフリーハンドインクは悲しい結果となる可能性が高いので、ステッカーを選んでおいた方が安心でしょう。2週間肌の上に残るということを、どうかお忘れのないように……!

参照元:プレスリリース、インクボックスジャパン、YouTube、Instagram @inkbox_japan、Instagram@kaela_official

執筆=田端あんじ (c)Pouch


▼プールや温泉に行くときも気をつけてくださいね~!(本物じゃなくても「本物に見えたらNG」という場合があるようです)

▼ハウツー動画もありました☆

出典: YouTube

外部リンク

Twitterで話題「#羽生結弦の写真撮るの下手くそ選手権」が空前絶後の面白さ! 羽生選手のサービス精神と観客の愛が爆発しています

04.24 12:45 Pouch[ポーチ]

2018年4月22日、平昌オリンピックで2大会連続金メダルを獲得した羽生結弦選手が、出身地の宮城県仙台市で凱旋パレードを行いました。

河北新報の報道によると、午後1時半すぎにスタートしたパレードに詰めかけた人たちの人数は10万8000人(主催者発表)。地元のみならず、全国各地および海外からも、多くの羽生ファンが駆けつけたといいます。

そうしてパレードから一夜明けた、4月23日。ツイッターで突如勢いを見せ始めたのは、「#羽生結弦の写真撮るの下手くそ選手権」というハッシュタグ。パレードに足を運んで写真を撮ってきた人たちが、渾身の1枚(?)を投稿し続けるこのタグは、1日中トレンド入りするほど人気を集めていたんです。

【どれもこれもアングル最高か】

ハッシュタグにもあるとおり、このタグに投稿されていたのは “下手くそに撮れてしまった” 羽生選手の写真。

凱旋パレードは人が多く、写真を撮るのも至難の業。羽生選手が頭にアタッシュケースを載せてバランスを取ってるように見える写真に、背景の緑に埋もれる羽生選手の後ろ姿がまるで “森へ帰っていく” ところみたいに見える写真に、360度カメラや信号がちょうど羽生選手の顔をまるっと隠してしまっている写真。

木々の葉っぱが羽生選手の頭と重なって、 “冠” みたいになっちゃっている写真。羽生選手のすぐそばにいるボディガードの人がメインになっちゃってる写真。さらには背景や手前にある緑にピントが合ってしまって、肝心の羽生選手がぼんやりしちゃっている写真などなど、力作(?)が勢ぞろいっ。

【プロからの投稿もあったよ】

この “祭り” に参加した人の中にはプロの方もいたようで、朝日新聞の映像報道部は、羽生選手ではなく観客が持参したくまのプーさんぬいぐるみにピントが合ってしまっている写真を投稿していました。現場がいかに盛り上がっていたかを示しているかのようで、コレはコレでいい写真~!

【幸せムードと羽生選手のサービス精神にじ~ん】

パレードと同じくらい熱い盛り上がりを見せていた、こちらのハッシュタグ。投稿されていた写真に共通していたのは集まった人たちがみ~んな笑顔だったことで、いかにハッピーな雰囲気だったかが見てとれます。

これに加えて感動したのは、羽生選手のサービス精神。身を乗り出して遠くの人でもわかるよう手を振ったり、「SEIMEI」ポーズをキメてくれたりと、集まった人たちのためなんとかして感謝の思いを届けようとする姿が、そこにはありました。

【こみあげる笑いを抑えきれないかも!?】

ちなみに……このタグはある意味オモシロ写真の宝庫ともいえるため、見進めるごとちょいちょい吹き出してしまうこと必至。公共の場で見るとちょっぴり危険かもしれませんので、なにとぞご注意を~!

参照元:Twitter #羽生結弦の写真撮るの下手くそ選手権、仙台市、河北新報オンラインニュース

Photo:ザキ

次はfaoi幕張日曜, used with permission.

執筆=田端あんじ (c)Pouch


▼全部が全部、いい写真だナ~~~

外部リンク

海外で「黙々と勉強し続けるだけ」の動画が大人気の理由が深かった…「勉強する気になる」「学校に行けなくなった子の居場所になる」など

04.24 11:45 Pouch[ポーチ]

ただ机に向かってひたすら勉強をする。そんな光景が約1時間ほど続く動画をYouTubeで公開していたのは、18歳の女子高校生ジェイド・ボウラー(Jade Bowler)さん。2018年4月5日に公開されたこの動画の再生回数が、7万8000超にまで達しています。

ジェイドさんが「UnJaded Jade」という名前で動画を公開し始めたのは、今から2年前のこと。それから定期的に映像を投稿し続けて、フォロワー17万人超を誇る人気者へと成長したというのです。

特に人気があるのは『Study With Me』というシリーズで、読んでそのまま “一緒に勉強している” かのような動画。冒頭で触れた作品もこのシリーズのひとつで、多くのファンがいるようなんです。

【勉強に特化したコミュニティーがあるみたい】

海外サイト「Mashable」によれば、ジェイドさんは10代の若者たちによる “勉強ヴロガー” コミュニティーの一員。ヴロガーとはビデオブロガーの略で、ブログのように自分のライフスタイルを動画で発信している人のこと。

ジェイドさんは動画というツールによって、何十万人といる “同志たち” に向けて、勉強に関するアドバイスをしたり勉強のモチベーションアップをしているのだといいます。

“勉強ヴロガー” と、ひと言で言っても種類はさまざまで、ただ静かに勉強している様子を動画に撮って流すだけの人もいれば、日頃のルーティンや心に持っている夢や希望をカメラに向かって語る人もいるよう。

勉強のヒントを与えるだけでなく、学校で孤立している人たちが “集まる場” も同時に提供してくれているようなんです。

【みんな「安心できる場所」を求めてる】

ジェイドさんは「Mashable」のインタビューに対し、「『Study With Me』は、勉強を続ける動機を与えることができるものだと考えています」とコメント。また試験へ挑む際、他人がどのように対処しているかを知ることで安心感を得られるのではないか、と話しています。

イギリスでは試験のシステムが変わって前よりさらに難易度が高くなったことから、10代にかかるストレスとプレッシャーが高まっているというジェイドさん。そんな気持ちを分かち合い、慰め合い、互いに高め合っていくことができるから、 “勉強ヴロガー” コミュニティーにやってくる若者が後を絶たないのかもしれません。

【「勉強を共有する」って、今や世界共通なのね…!】

ジェイドさんはまた、自分をさらけ出すことで「完璧な人など誰もいない」ということを共有しあうべく、ベストを尽くしたいとも話していました。

ちょっと調べてみると、日本のYouTubeユーザーの中にも、ジェイドさんが公開したような “黙々と勉強する動画” を投稿している人が少なくないようです。

つい最近 Pouch で紹介した勉強用スケジュール帳「スタディプランナー」に関する記事で、自分が勉強していることをSNSで共有する人が増えていることについて触れましたが、この流れは世界的なものなのだと改めて実感しました……!

参照元:YouTube、Mashable

執筆=田端あんじ (c)Pouch


▼1人じゃないって思えるから人気があるのかな…

出典: YouTube

▼こちらは電車内で勉強している動画(正面に座っているのはパパ)

出典: YouTube

外部リンク