cat_oa-rp82321_issue_642c782a1004 oa-rp82321_0_642c782a1004_ポグバ、髪色をなんと「超サイヤ人」にする!ドラゴンボール風に 642c782a1004 642c782a1004 ポグバ、髪色をなんと「超サイヤ人」にする!ドラゴンボール風に oa-rp82321

ポグバ、髪色をなんと「超サイヤ人」にする!ドラゴンボール風に

2018年3月20日 06:40 Qoly

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバが、また新しいヘアスタイルになった。それがこちら!

青と金!?本人によれば、「新しい青い髪は、超サイヤ人ブルーのために」とのこと。

金色の部分は、超サイヤ人ゴッドだったりするのだろうか…。とにかく、ドラゴンボール仕様にしたようだ。

超サイヤ人になったポグバ擁するフランスは、コロンビア、ロシアと強化試合を戦う。

外部リンク

cat_oa-rp82321_issue_642c782a1004 oa-rp82321_0_f3aa7b2d0260_シティDFアケ、CLでのゴールとほぼ同時に「父親が死去」していた f3aa7b2d0260 f3aa7b2d0260 シティDFアケ、CLでのゴールとほぼ同時に「父親が死去」していた oa-rp82321

シティDFアケ、CLでのゴールとほぼ同時に「父親が死去」していた

2021年9月17日 12:35 Qoly

先日行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第1節で、RBライプツィヒを相手に6-3と勝利を収めたマンチェスター・シティ。


【動画】6-3で勝利を収めたRBライプツィヒ戦。グリリッシュらが躍動した

しかしそこでゴールを決めたDFナタン・アケが、この試合中に経験した厳しい出来事を明かしたという。

『The SUN』によれば、アケはそのゴールの数分後に父親のモイーズを亡くしていたのだそうだ。

**ナタン・アケ|bold**


「水曜日、僕は初めてのチャンピオンズリーグでのゴールを決めたあと、難しい時間を過ごすことになった。父親が亡くなってしまったんだ。母や兄弟に添われながらね。


おそらく、それはなにか意味があったんだろうね。彼は僕のプレーを見ていつも誇りに重い、幸せに感じてくれていた。


彼はこれからも僕のそばにいてくれる。心のなかに彼がいる。誰にとっても父とはそういうものだ。


過去数週間は人生で最も厳しい日々だった。父親はとても体調が悪かったし、これ以上手の施しようがない状態だった。


彼女や家族、友人からは多くのサポートを得られた。僕は恵まれているね」

外部リンク

cat_oa-rp82321_issue_642c782a1004 oa-rp82321_0_59e3f5824406_ダニ・アウヴェス、正式にサンパウロ退団…未払い給与は「5年の分割払い」に 59e3f5824406 59e3f5824406 ダニ・アウヴェス、正式にサンパウロ退団…未払い給与は「5年の分割払い」に oa-rp82321

ダニ・アウヴェス、正式にサンパウロ退団…未払い給与は「5年の分割払い」に

2021年9月17日 12:15 Qoly

夏に行われた東京オリンピックにも出場したブラジル代表DFダニ・アウヴェス。今回所属していたフラメンゴを退団することになった。

【動画】スペインを相手に勝利を収め、東京オリンピックの金メダルを獲得したブラジル代表


その原因は給与の未払いが続いたことで、ダニ・アウヴェスの月給150万レアル(およそ3000万円)が高額すぎたためにクラブが負担できなくなっていたという。

ダニ・アウヴェス側は「給与を支払わない限りこれ以上プレーしない」という声明をクラブに送ったため、退団を前提に交渉が行われていた。

今回の契約解除によって、サンパウロはダニ・アウヴェスの残りの給与を2022年1月から5年間の分割で支払うことに合意。その総額はおよそ1800万レアル(およそ3億6000万円)になるそう。

ダニ・アウヴェスはこれによってフリーエージェントになるものの、ブラジルの選手登録期限は24日までとなっているため、迅速に契約をまとめる必要があるという。

なお、『Globo』によれば、サンパウロはダニ・アウヴェスをフラメンゴとパウメイラスに売り込んでいたものの、給与の高さと、カップタイドのためにコパ・リベルタドーレスでプレーできないという事実がネックになっていたそう。

外部リンク

cat_oa-rp82321_issue_642c782a1004 oa-rp82321_0_d2d37569b49e_「アーセナル、市場価値よりも高く買ってしまった割高選手たち」 d2d37569b49e d2d37569b49e 「アーセナル、市場価値よりも高く買ってしまった割高選手たち」 oa-rp82321

「アーセナル、市場価値よりも高く買ってしまった割高選手たち」

2021年9月17日 12:00 Qoly

この夏にボローニャから日本代表DF冨安健洋を獲得したアーセナル。

『Transfermarkt』で近年のアーセナルが市場価格よりも高く買いすぎた選手たちを調べてみた。

ベン・ホワイト

2021年 ブライトンから獲得

移籍金:5265万ポンド(80億円)
当時の市場価値:2520万ポンド(38億円)
差額:マイナス2745万ポンド(42億円)


今年イングランド代表にデビューした23歳のセンターバック。

16歳でサウサンプトンからリリースされるも、熱き母のおかげで代表選手にまで這い上がった。

ブライトン時代から空中戦には難ありという評価だったが、アーセナルでもその弱点を露呈している。

プレミアリーグのホームグロウンルールに適応する選手でもあるが、さすがに高すぎた感も…。ここからの反撃に期待したい。

シュコドラン・ムスタフィ

2016年 バレンシアから獲得

移籍金:3690万ポンド(56億円)
当時の市場価値:1800万ポンド(27億円)
差額:マイナス1890万ポンド(28億円)


2014年のワールドカップ優勝も経験した元ドイツ代表DF。

バレンシアでリーガ屈指のセンターバックとして評価を得たが、相当高く買ってしまった感は否めない。

アーセナルでは151試合に出場したが、一貫性に欠けたプレーを批判されることが多かった。

1月に移籍したシャルケも半年で退団し、今季からレバンテでプレーしている。まだ29歳だがリーガでの復活はなるだろうか。

ニコラ・ペペ

2019年 リールから獲得

移籍金:7200万ポンド(109億円)
当時の市場価値:5850万ポンド(88億円)
差額:マイナス1350万ポンド(20億円)



コートジボワール代表のレフティアタッカー。リールで22ゴールと大爆発すると、アーセナルが大金で引き抜いた。

圧倒的なスピードととんでもない破壊力の左足を持つ選手だが、高くついた感も…。ただ、1年目は散々な出来だったが、昨季はシーズン16ゴールを決めるなど真価を発揮しつつある。

ミケル・アルテタ監督も「ニコには能力がある。本人次第だ。我々も出来る限り助けるが、彼は正しいマインドセットと一貫性を持つ必要がある。ただ、素晴らしい能力があるよ」と期待を口にしている。

グラニット・ジャカ

2016年 ボルシアMGから獲得

移籍金:40.5万ポンド(62億円)
当時の市場価値:31.5万ポンド(48億円)
差額:マイナス9万ポンド(13.6億円)


スイス代表では10番を背負うMF。ブンデスリーガ屈指の選手としてアーセナルに引き抜かれた。

昨季はプレーを改善して評価を上げたが、批判を受けることも少なくない。左足はピカイチながら、無謀なタックル癖は治らず、2016-17シーズン以降のプレミアで最も退場が多い選手になってしまった。

今夏はローマ移籍が確実だったが、一転して残留。アーセナルとの契約を2024年まで延長している。

アレクサンドル・ラカゼット

2017年 リヨンから獲得

移籍金:4770万ポンド(72億円)
当時の市場価値:3600万ポンド(54億円)
差額:マイナス11.7万ポンド(17.7億円)


次のエースFWとしてリヨンから引き抜かれた秀英アタッカー。

アーセナルでの172試合で66ゴールという数字だけ見ると物足りないが、昨季もチームのトップスコアラーになるなど確かな存在感を見せた。

中盤にいい選手が増えれば彼のプレーもよりよくなるはずだが…。なお、現時点では今季が契約最終年になる。

ルーカス・ペレス

2016年 デポルティーボ・ラコルーニャから獲得

移籍金:1800万ポンド(27億円)
当時の市場価値:1080万ポンド(16億円)
差額:マイナス720万ポンド(11億円)


強烈な左足を武器とするスペイン人アタッカー。

結局はアーセナルが1年後に買うことになるラカゼットの安価な代役として獲得された。ただ、不発に終わり、最後は喧嘩別れする結果に…。

【写真】アーセナルを退団してからブレイクした9名のスター

彼の着けていた背番号9をアーセナルが勝手にラカゼットに渡した件などへの不満をぶちまけた。

外部リンク

cat_oa-rp82321_issue_642c782a1004 oa-rp82321_0_168ba15e296d_腎臓移植を受けた元フラムMF、4ヶ月で現役復帰を宣言!クラブを探す 168ba15e296d 168ba15e296d 腎臓移植を受けた元フラムMF、4ヶ月で現役復帰を宣言!クラブを探す oa-rp82321

腎臓移植を受けた元フラムMF、4ヶ月で現役復帰を宣言!クラブを探す

2021年9月17日 11:50 Qoly

バーンリーやウォルヴァーハンプトンなどでプレーしたスコットランド人MFケヴィン・マクドナルドが、現役復帰の意向を示したという。

ケヴィン・マクドナルドは昨年フラムでプレーしていたときに慢性腎臓病が悪化し、移植手術を受けることになった。

【動画】腎臓移植の手術を前に、フラムのインタビューに答えるケヴィン・マクドナルド
5月に兄のフレイザーから腎臓の提供を受けたものの、一時は拒否反応によって入院が伸びるというアクシデントも経験。半月以上の入院を経てなんとか回復することに成功した。

彼が最後に出場したのは2020年7月で、およそ14ヶ月に渡ってプレーから離れている状況だが、『BBC』のインタビューに対して以下のように話したという。

**ケヴィン・マクドナルド|bold**


「私にチャンスをくれるのであれば、それが誰であっても感謝の一言だよ。トライアルだって受けるつもりだ。


もう一度サッカーができる機会が得られるだけで、私にとっては十分すぎる。ピッチに戻るために必要なことはなんでもやるよ。


1回目の移植手術は失敗したが、その拒否反応に対処するための治療を受けることが出来たし、幸いにもそれは成功した。


もともとは4日間の予定だったが、最終的には18日間もかかった。腎臓がない状態で、毎日6時間も点滴を受けていたよ。


その日毎に筋肉を失っていった。94kgだった体重は85kgまで落ちてしまった。


そしていつも本当に疲れていた。シャワーを浴びるだけで、それから30分ほど横になって休まなければならないほどにね。


ただ、今はもうランニングが出来ている。それに十分なレベルのフィットネスは戻ってきたが、サッカーをする体力が必要だ。


また、腎臓ガードを付けてプレーすることは病院と約束している。私が再びサッカーをすることができるのか、あるいは他の未来を見なければならないのか、それを自分に宣告してくれる時間になるだろうね」

2018年に30歳にしてスコットランド代表でのデビューを果たしたマクドナルド。それから僅か2年で病魔に襲われ、おそらく現役引退は必至であろうと考えられていた。

しかしながらここに来てサッカーへの情熱は増しており、再びピッチに戻りたいと決意したよう。

外部リンク

cat_oa-rp82321_issue_642c782a1004 oa-rp82321_0_6c4649bfd7fe_コンテ監督「ハキミの夢は、レアル・マドリー復帰」明かす 6c4649bfd7fe 6c4649bfd7fe コンテ監督「ハキミの夢は、レアル・マドリー復帰」明かす oa-rp82321

コンテ監督「ハキミの夢は、レアル・マドリー復帰」明かす

2021年9月17日 11:30 Qoly

レアル・マドリーでデビューしたモロッコ代表DFアシュラフ・ハキミ。

彼はボルシア・ドルトムントへの2年ローンを経てインテルへと移籍し、今季パリ・サンジェルマンへと加入している。

【動画】ドルトムントでの2年で世界トップクラスの攻撃的サイドバックに成長したアシュラフ・ハキミ

インテルで彼を指導したアントニオ・コンテ氏は現在コメンテーターとして活動しているのだが、『Sky』で以下のように話していたという。

**アントニオ・コンテ|bold**


「アシュラフ・ハキミの夢は、レアル・マドリーで再びプレーすることだ。


彼は昨季インテルでレアル・マドリーと対戦して、2つの試合で苦しんだ。敵地ではオウンゴールも決めてしまった。しかし彼はそこから大いに努力した。


いくつかベンチスタートも経験しなければならなかったし、それを冷静に受け止めて学ぼうとしていた。


そして今や彼は世界で最も優れたサイドバックの一人だ。ディフェンスやラストパスの面でも多くの改善を見せているよ」

アシュラフ・ハキミは現在2026年までパリ・サンジェルマンと契約を結んでいるが、レアル・マドリーの右サイドバックが人材難になっていることもあり、ファンからは「復帰して欲しい」という声も…。

外部リンク

cat_oa-rp82321_issue_642c782a1004 oa-rp82321_0_9d7863a14d91_「ギラコイン」とは何なのか。その仕組みを開発者に訊いた(前編) 9d7863a14d91 9d7863a14d91 「ギラコイン」とは何なのか。その仕組みを開発者に訊いた(前編) oa-rp82321

「ギラコイン」とは何なのか。その仕組みを開発者に訊いた(前編)

2021年9月17日 11:00 Qoly

2021シーズンをJ2で戦っているギラヴァンツ北九州がギラコインという地域通貨を発行した。この通貨をスタジアムや加盟店舗で決済に使用すると、その一部がチームに還元される。

今回は、ギラコインの開発・提供を行うcanow株式会社の大坂亮平COOに話を伺った。


canow株式会社 大坂亮平COO

前編である今回は、ギラコインの概要や仕組みなどについて尋ねている。掲載している情報は、取材日時である9月3日時点のものだ。

―まずギラコインの概要をお伺いしてもよろしいでしょうか。

ギラコインに関しては、そもそも我々が開発しているYELLtum(エールタム)上で発行されているファントークンですが、法的整理としては前払い式決済手段となっております。Suicaとかと一緒ですね。

それ自体をスポーツチームを地域のハブというふうに我々は捉えておりますので、そこから地域通貨として循環させていこうというものがギラコインとなっております。

ですので、今後幾つかのチームと展開の予定をしていますが、基本的にはYELLtum上で発行されたファントークンを使って各チームの名称を付けていただいて流通をさせていくというようなものになっております。

―ギラコインのアプリはありますか。

現状はウェブ版で提供しておりまして、2022年1月あたりにはネイティブアプリとして提供するような形を予定しています。

―Google PlayとiOSの両方に対応したアプリという意味で合っていますか。

そうです。おっしゃるとおりです。



―ギラコインの話はどこから出てきたのでしょうか。

もともとは、日本の規制に準拠しながら価格変動制のファントークンを取り扱えないかというところから始まっています。国内で実店舗やECサイトでファントークンを使えるようにしたいと思ったのです。

しかし、そのようなトークン運営は日本の規制を準拠しながらですと難しい面があります。そこで我々は、地域で循環させることをメインの機能にしました。

地域で循環させることで消費者情報や購買情報が、クラブチームから発行することでSNS上でのファン同士のやりとりなどがデータベースに溜まります。

そういったものを今後チームのマーケティングや地域のマーケティング、スポンサー獲得に生かしていきましょうというのが、チームサイドにメインで話している内容です。

―ギラコインはスマホで使うことを前提にしているのでしょうか。

スマホ用にしていますね。

―QRコードを読み込んで決済するわけですか。

今はクレジットカードを登録していただいて購入していただくような形になっております。

理想の形というわけではないのですけれども、例えばギラヴァンツ北九州の場合ですと地域の金融機関からギラコインをチャージして買えるみたいな、かなりニッチなこだわりがあります。それを今目指しています。

―ギラコインに使用期限はありますか。

現状では、ギラコインの使用期限は半年になっています。我々は前払い式決済手段のライセンスを取得しようと思って、関東財務局と進めているところです。ライセンス取得後には期限はなくなるのですが、今は取得中なので一旦半年間という形になっています。

―ライセンスを取得できれば使用期限が変わるかもしれないということですか。

取得までに3カ月から6カ月かかりますが、既に進めているので、Jリーグのシーズンが終わる頃には、期限が無いような形になってくるかなと思っています。

―ギラコインを使う上で年齢制限はありますか。

Suicaと一緒ですので、特に年齢制限は設けていません。ですが、やはりクレジットカードを登録しますので、お子様が勝手に使わないように親御さんはしっかり見ておいて欲しいと思っています。

―スタジアム以外では、どのような場所でギラコインを使えるのでしょうか。

今は例えば、ネイルサロンですとか、パン屋さんですとか、ホテルもありますし、スーツ屋さんもあったりですとか、結構いろいろなところで使えるような状態になっています。

今順次導入店の拡大をしているところなのですが、緊急事態宣言の影響もありまして、お店自体が営業しているかどうか分からないこともあったり、大っぴらに送客できなかったりしますので、状況を見ながら徐々に広げていっているという状況ですね。


―先ほど宿泊施設でも使えるという話がありましたが、アウェイチームのサポーターも使っていいということでしょうか。

使っていただいて構わないです。それこそが目指している形の1つでもあります。

アウェイチームのサポーターが来るきっかけは、チームの試合があるからじゃないですか。当然アウェイチームに対してホームチームが呼び込んだので、ホームチームはそれだけの収益を得てしかるべきだと思っています。その逆もあると思います。

そういうことが起こると、チームの新しい収益源になるんじゃないかなと思っていまして、チームサイドともそのようなお話しをしていますね。

―価格は固定で1円=1ギラコインになるのでしょうか。

その通りです。ただし、変動制の形を検討したことはあります。変動制も法的整理次第では合法にできるのですけれども、それを日本国内の規制の中でやってしまうと、その後の機能拡張がしにくいという問題があって一旦やめました。

ですが、自分たちも早めに海外に持っていこうというのは思っています。海外に提供するものに関しては、価格変動制でいきたいと思っています。ただし、提携チーム個別のトークンの価格が変動するのではなく、提携チーム全体の価格が変動するという形を考えています。

参画してくれているチームみんなで盛り上げましょうみたいな形です。各チームではなくJリーグで盛り上げようみたいなところを考えています。

今のところというだけなので違う方式を採るかもしれないのですが、どちらかとしては、そちらのほうが強いですかね。
―ギラコインの特徴の中に投票で割引率が変わるというものがあります。あれはどのような仕組みなのでしょうか。

シンプルに試合に勝つと店舗でのディスカウント率が上がるという感じです。まだシステム的には開発中ですが、野球だと優勝すると優勝セールがあるじゃないですか。

ああいったものが試合ごとに、あるいはチームのSNSに対し非常に大きな反響があったときに少し変動をさせるような機能を付けるつもりです。

なので、チームが勝った、あるいはSNSで大きな反響があったときに変動するのは、地域の店舗へ送客しやすいというか、販促の後押しになりえるようなことを割引率を変えることでできればなと思っています。

―投票でディスカウント率を変えるというのはどういうことなのでしょうか。

投票でディスカウント率を変えるということもできます。我々がトークンと呼んでいる部分は、一般的にはクーポンやチケットと呼ばれている部分です。

ここは応用度がとても高い部分でして、店舗ですとかECサイトですとかオンラインイベントなど、いろいろなものに変換ができるようになっています。

例えば、ファンの方々が何かの投票権主体のディスカウント率を決定するとか、何かのイベントによってディスカウント率が上下動するとか、そういったことが拡張性高くできるような機能になっています。その部分の自由度がかなり高いです。

ギラコインのサイト(イメージ図)

―割引の提案はクラブからあるのでしょうか。

基本的には、我々のほうで考えて我々のほうから伝える場合もありますし、チームのほうからお伝えいただく場合もあります。

―ディスカウント率を投票で決めるとなると、最大割引しか選ばれないのではないかと危惧しています。そのあたりはどのように機能するのでしょうか。

実はJリーグのカテゴリーのチームですと、なかなかチャレンジングなトライアルをしにくいケースが多いです。そこで新しい機能に関しては、事情を説明して協力していただけるというチームで試していくということをやっています。

【前編のまとめ】
ギラコインは、地元で通貨を循環させることにより、スポンサー企業の売り上げ向上に結び付ける。同時に、消費者情報や購買情報、SNS 上でのファン同士のやりとりなどの情報を蓄積するという点でも、スポンサー企業に貢献するようだ。

スポンサー企業を通じて、ギラヴァンツ北九州へと還元する。アウェイチームのサポーターでも使用可能だ。また、チームが試合に勝つと店舗でのディスカウント率が上がるという仕組みも開発しているという。

前編ではギラコインの概要について尋ねてみた。後編では、ギラコインの目的の1つである地域活性化・地方創生、およびギラコインの今後などについて話を伺っている。

外部リンク

cat_oa-rp82321_issue_642c782a1004 oa-rp82321_0_00f324ed396b_PSGのレオナルドSD「メッシ、バルセロナに残りたかった」 00f324ed396b 00f324ed396b PSGのレオナルドSD「メッシ、バルセロナに残りたかった」 oa-rp82321

PSGのレオナルドSD「メッシ、バルセロナに残りたかった」

2021年9月17日 10:00 Qoly

今夏のマーケットでバルセロナとの契約が終了し、パリ・サンジェルマンへの移籍を決断したリオネル・メッシ。

カタルーニャで21年間を過ごした世界的なスーパースターは、バルセロナでの給与制限ルールに引っかかってしまったことで選手登録が不可能になり、フランスへと新天地を求めた。

【動画】メッシ!ネイマール!エムバペ!が3人揃って先発したブルッヘ戦

『Marca』によれば、パリ・サンジェルマンのスポーツディレクターを務めているレオナルド氏は以下のように話したという。

**レオナルド|bold**


「我々が前からメッシと接触していたのは隠すことができない事実だ。しかしそれは1月過ぎ、彼の契約が残り半年になってからだ。2021年の1月より前にメッシと交渉を行ったことはないよ。


彼の考えはバルセロナに残ることであったと思う。正直に言えばね。彼は退団したいと思っていなかったと認めているし、バルセロナでキャリアを終えたかった。


しかし、メッシとバルセロナの物語は終わった。そして我々との物語が始まった。


メッシのような選手がパリ・サンジェルマンのシャツを着ることは、とても巨大なものであり、とても素晴らしいものだよ。

交渉を行っていたときには、メッシはすでにバルセロナへの残留を決めていたものの…結果的に退団を余儀なくされたという状況であったとのこと。

外部リンク

cat_oa-rp82321_issue_642c782a1004 oa-rp82321_0_d1ddb58d9b2b_W杯2年ごと開催案、ファンの65%が「関心あり」?調査結果が発表に d1ddb58d9b2b d1ddb58d9b2b W杯2年ごと開催案、ファンの65%が「関心あり」?調査結果が発表に oa-rp82321

W杯2年ごと開催案、ファンの65%が「関心あり」?調査結果が発表に

2021年9月17日 09:20 Qoly

現在FIFAの国際サッカー開発チーフディレクターを務めているアーセン・ヴェンゲル氏が提唱した「ワールドカップを2年ごとに開催」するというプラン。

現状では意味のない国際試合が多すぎると考えているヴェンゲル氏は、それを整理して大きなトーナメントを増やしたいというアイデアを持っている。

そのため、インターナショナルマッチウィークを削減した上で、1年毎にワールドカップと各大陸選手権を代わる代わる開催するというプランを検討している。

FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長も前向きに考えているというこのプロジェクトは、今後その内容をさらにブラッシュアップした上で正式な計画として提案される予定だ。

『Daily Mail』によれば、FIFAは7月にオンラインでこのプランに対する意見調査を行っていたとのこと。

その結果が今回発表され、23カ国の23000人から回答を得て、そのうち65%にあたる15000人が関心を示していたという。

ただ、プレミアリーグや欧州の国々、そしてUEFAらがこのプランに対して反対の意思を示しており、ボイコットも辞さない構えを見せているとも。

FIFAは「現在100カ国以上で10万人を対象に拡大調査を行っている」とのことで、今後その結果が発表される予定だという。

なお、ヴェンゲル氏が提唱している新しいスケジュールは2つのパターンがある。

  • パターン1:インターナショナルマッチウィークは9月末から10月末の1回のみ。6月から7月末にW杯か大陸選手権を開催
  • パターン2:インターナショナルマッチウィークは10月初旬から10月末、3月初旬から中旬の2回。6月から7月末にW杯か大陸選手権を開催

【写真】「酷使されまくったスーパースター」TOP10

これによってフレンドリーマッチが減少し、選手は移動の負担が極めて少なくなる。

現在のカレンダーより試合数が増加することはなく、代表選手も含めてシーズン開始前には最低25日間の休暇を取ることができるという。

外部リンク

cat_oa-rp82321_issue_642c782a1004 oa-rp82321_0_ae6b3ee3f4ed_退団噂だったゴレツカ、バイエルンと契約延長! ae6b3ee3f4ed ae6b3ee3f4ed 退団噂だったゴレツカ、バイエルンと契約延長! oa-rp82321

退団噂だったゴレツカ、バイエルンと契約延長!

2021年9月17日 09:00 Qoly

バイエルン・ミュンヘンは15日、「MFレオン・ゴレツカとの契約を更新した」と公式発表した。

【動画】かなりクール!契約延長のゴレツカ、アリアンツ・アレーナを闊歩

レオン・ゴレツカは今年26歳のドイツ代表選手。バイエルンとの契約が2022年6月30日までとなっていたこともあり、プレミアリーグやスペインへの移籍の噂もあった。

しかし結局今夏のマーケットではバイエルンに残留することになり、そして今回バイエルンと新たに長期契約を結んだ。

**レオン・ゴレツカ|bold**


「我々は過去3年間、あらゆるタイトルを獲得してきた。しかし、タイトルよりも素晴らしいものになるのは、この成功を繰り返していくということだ。我々はこれからの未来に向けてそれを構築していきたい。


このチーム、このクラブ、そしてこの環境は、とても高いレベルのプロフェッショナルであるだけでなく、家族的な雰囲気も持っている。そのミックスは、このクラブの成功を保証しているものの1つだ。


契約を2026年まで延長できたことをとてもうれしく思うよ」

2018年にシャルケ04からバイエルンに加入してからすぐにムキムキの肉体を身につけていったゴレツカ。ますます素晴らしい活躍が期待できそうだ。

外部リンク