cat_oa-rp79865_issue_02123391faa0 oa-rp79865_0_02123391faa0_キャリア7年の新人アイドル「Re:Jewel」ついに1stシングルリリース! 02123391faa0

キャリア7年の新人アイドル「Re:Jewel」ついに1stシングルリリース!

2018年11月29日 17:31 歌詞/音楽情報 UtaTen

■Re:Jewel ファーストCDリリース!

Office Wack Wackがエージェントを務める鳥取出身の女性アイドルグループ「Re:Jewel」(リジュエル)は、12 月26 日(水)にArt Evidence よりファーストCD シングルをリリースする。
本年度6 月~8 月にかけて動画配信サービス「SHOWROOM」内で行われたイベント「オリジナル楽曲de デビュー3」で見事グランプリを獲得し、かつてはメジャーアイドルのプロデュースも手掛けていたこともある音楽プロデューサー、浅野ケン氏による楽曲提供とプロデュースを受けて今回のCDリリースへと至った。


【歌詞を見る】こんなアーティストも手掛けていたプロデューサー浅野ケン


・解散、充電を経て再始動!

元々2人が活動していたグループが前所属事務所の都合により3月に解散、そこから約半年の充電期間を置いて、8月に再始動したばかり。その再デビューへの足掛かりとして前グループ時代からお世話になっていたライブ配信サービス「SHOWROOM」内で開催されていた楽曲提供イベントへの参加を決めた。

・「SHOWROOM」でグランプリを獲得!

正直最初からグランプリを狙っていたわけではなかった。
当初は参加すれば全員が歌う権利がもらえる、SHOWROOM の配信者とリスナーとの絆をテーマにした「giftfor your smile」を歌いたかったから、前グループ時代の楽曲を歌うことさえ許されなかった2人にとって、自分たちが歌える曲が増えるだけでもそれは大変魅力的だった。しかしいざ楽曲提供イベントに参加すると「gift for your smile」の歌詞の如く従来からの地元ファン、そしてSHOWROOM 内の日本中、そして海外のファンの皆さんも彼女たちを上へ上へと押し上げてくれたのだ。

グランプリという座はいつしか彼女達の明確な目標となり、イベント参加の目的へと変わり、結果見事グランプリを獲得した。

・「Re:START」はMV制作も決定

本CDは都内専門学校のマスコミ出版・芸能学科の生徒さんも巻き込み、現在様々なプロモーションプランが計画されている。
表題曲である「Re:START」はミュージックビデオの制作も決まっている。

カップリング曲である「Rolling! Going! Blow away!」もスカコアの要素を取り入れた、既存のアイドル楽曲とは一線を画す、盛り上がり必至のナンバーに仕上がっている。

・2人のためだけの新バージョンも

そして参加賞として用意されていた、イベントに参加した人全員が歌うことのできる「gift for your smile」も交渉の末、2人のためだけにアイドルアレンジされた新バージョンとして生まれ変わり、CDのボーナストラックとして収録されることが決まった。

・【SHOWROOMとは】

SHOWROOM(ショールーム)は、SHOWROOM 株式会社が運営する、iOS やAndroid端末、PC からライブ配信および視聴を行えるストリーミングサービスである。『仮想ライブ空間』をキャッチコピーとするSHOWROOM は、アイドルやタレントがライブ配信して視聴者とコミュニケーションを楽しむWeb サイトとして2013 年11 月25 日にサービスを開始した。配信画面もライブステージをイメージしたレイアウトや演出が施されている。

SHOWROOM では、配信者として参加できる様々なイベントやオーディション企画が日々開催されており、視聴者からの支持(ギフトアイテムやコメント)を多数受けて配信が盛り上がると色々な特典や賞品が得られる仕組みになっている。各プロダクションと業務提携したイベントや共同オーディションでは「各メディアへの掲載権・出演権」「楽曲提供」などの特典が得られるものも存在する。

外部リンク

cat_oa-rp79865_issue_02123391faa0 oa-rp79865_0_2adb22f1dbbc_『thank u, next』で注目!アリアナ・グランデの魅力 2adb22f1dbbc

『thank u, next』で注目!アリアナ・グランデの魅力

2019年3月24日 16:01 歌詞/音楽情報 UtaTen

2019年2月にリリースされた最新アルバム『thank u, next』が世界中で大ヒットしているアリアナ・グランデ(Ariana Grande)。たび重なる悲劇を乗り越えて時代を象徴するアイコンとなったアリアナの魅力を探ります!

■全米ナンバー1『thank u, next』

アリアナ・グランデ(Ariana Grande)初の全米ナンバー1ヒットとなった『thank u, next』。

元カレたちの名前をあげながら「ありがとう 次に行くね」と歌うセンセーショナルな内容でリリース当初から大きな反響を巻き起こしました。

アリアナ自身またファンにとって特別な意味合いをもつ1曲となった『thank u, next』。

なにがこの曲を唯一無二のものにしているのでしょうか?

それを知るためにアリアナ(Ariana Grande)の足跡をふり返ってみましょう!


■デビューと運命の出会い

アリアナ・グランデ(Ariana Grande)は、1993年6月26日生まれ、アメリカ・フロリダ出身。

15歳にしてブロードウェイの舞台に上がったアリアナ・グランデは、ミュージカルドラマ出演を経て、2013年にアルバム『ユアーズ・トゥルーリー(Yours Truly)』で全米アルバム・チャート初登場1位という華々しいデビューを飾ります。

同作からはのちに交際相手となるラッパーのマック・ミラー(Mac Miller)をフィーチャーした『ザ・ウェイ(The Way)』がヒット!続く2ndアルバム『マイ・エヴリシング(My Everything)』(2014年)も全米1位を獲得し、順調にトップスターへの階段を上っていきます。

Ariana Grande - The Way ft. Mac Miller

出典: YouTube



10代から“ネクスト・マライア”と呼ばれたソプラノボイスに加えて、天使のようなルックスとチャーミングなキャラクターを兼ね備えたアリアナは、人気者になるために生まれてきたような存在。

当然、言い寄る男も多く恋のうわさが絶えないアリアナは、相手が変わるたびにスクープされてしまいます。

そんなアリアナに運命の出会いが訪れます。2016年8月頃から『ザ・ウェイ』で共演したマック・ミラーと本格的に交際スタート!「出会う前から互いのファンでリスペクトしていた」という2人はベストカップルとしてメディアをにぎわせることになります。


■マンチェスターでの…

順調なプライベートを反映するように3rdアルバムの『デンジャラス・ウーマン(Dangerous Woman)』(2016年)をリリース。

ニッキ・ミナージュ(Nicki Minaj)やフューチャー(Future)など大物ゲストをフィーチャーし、大人の雰囲気を前面に押し出した傑作アルバムをひっさげて過去最大規模のワールドツアーへ向かいます。しかし、そこには悲劇が待ち受けていました。

Ariana Grande - Into You

出典: YouTube



2017年5月22日、イギリス、マンチェスターでのコンサート終了直後。会場アリーナに爆発音が鳴り響きました。23人が死亡、59人が負傷する自爆テロが発生。ツアーは中止を余儀なくされます(その後再開)。



(和訳)
「打ちのめされた。心の底から残念に思ってる。何と言っていいかわからない」(事件直後のツイッターより)


大きなショックを受けたアリアナ。テロの惨劇を乗り越えるのは決して簡単ではありませんでしたが、そこで大きな支えになったのがマック・ミラーの存在。マンチェスターで開催されたチャリティーコンサートでも、アリアナのそばにマックが寄りそう姿が世界中に報じられました。

■別々の道そして2枚の傑作

白人でありながらR&Bやヒップホップを愛し、自ら楽器を操ってトラックメイク、プロデュース、デザインまで手がけるマックは他のラッパーたちから一目置かれる存在。

アーティストとしてのアリアナを深く理解するマックとは互いをソウルメイトと呼びあえる関係でした。

Mac Miller - My Favorite Part (feat. Ariana Grande)

出典: YouTube


一方で、マックはアルコール依存症とドラッグの問題を抱えていました。交際当初から何度も依存症をやめさせようと試みてきたアリアナ。一時は断ち切ることに成功しますが、しばらくすると戻ってしまう日々。その中で起こる恋人同士のすれ違いと倦怠期。こうして2人は別々の道を歩むことになりました。

マックと別れたアリアナはコメディアンのピート・デヴィッドソン(Pete Davidson)と電撃婚約し、ファレル・ウィリアムズ(Pharrell Williams)を共同プロデュースに迎えたアルバム『スウィートナー(Sweetener)』をリリース!

ふっきれたような『ノー・ティアーズ・レフト・トゥ・クライ(No Tears Left To Cry)』やトラップのリズムにソウルフルなヴォーカルが融合した『ゴッド・イズ・ア・ウーマン(God Is A Woman)』など、アーティストとしてネクストレベルに進んだことを感じさせる同作は3作目の全米ナンバー1を獲得します。



(和訳)
もう流す涙は残ってない
だから上を向いて立ち上がるの

Ariana Grande - no tears left to cry

出典: YouTube


アリアナを失ったマック・ミラーは2018年8月にアルバム『Swimming』をリリース。深みのあるメロウなトラックと内省的なリリックは傑作と呼ぶにふさわしい内容でしたが…

■thank u, next

ふたたびアリアナを悲劇が襲います。2018年9月7日、マック・ミラーが薬物の過剰摂取により死亡。26歳でした。

あまりに早すぎる死に多くのセレブが追悼コメントを発表。沈黙を守っていたアリアナも、マックとの日々をふり返るようにインスタにコメントを投稿します。


出典: Instagram


(和訳 ※一部抜粋)
「19歳ではじめて会った日から、あなたのことが大好きだった。あなたがもういないのが現実とは思えない。私はいますごく怒っているし、悲しくて途方にくれてる。あなたは長い間ずっと誰よりも最愛の親友だった。あなたを治してあげられなくて、痛みを取り除いてあげられなくて本当にごめんなさい。どうか安らかに」


ピートとの婚約も解消したアリアナは、一時は何をする気力も湧かず、ツアーもキャンセルするつもりだったと言われています。

そんなアリアナを救ったのは音楽でした。親しい友人やプロデューサーたちとのセラピー代わりの曲づくり。そこから生まれた1曲が『thank u, next』でした。




(和訳)
ショーンといっしょになるつもりだった。
でも合わなかった。リッキーのことで曲を書いたの。
いま聞くと笑っちゃうけど、あと少しで結婚しそうだった。

ピートには感謝してる。
もし叶うならマルコムにありがとうって言いたい。
彼は天使になってしまったから…。


これまでにつきあった元カレの名前をあげて「ありがとう 次に行くね」と歌うサビのインパクトはすさまじく、リリースからしばらくは反響が止まりませんでした。それもそのはず、トップクラスの人気を誇る歌姫がゴシップをすべて自分から認めたのですから。

歌には亡くなったマック・ミラー(マルコム)や婚約破棄したピート・デヴィッドソンも登場し、あまりに正直すぎる歌詞として絶賛されます。

しかし『thank u, next』が突き抜けている理由は実はこの後のパートにあります。


■悲劇のヒロインにはならない



(和訳)
ひとりは愛を
ひとりは忍耐を
ひとりは痛みを教えてくれた
そうやって私はとびきりの自分になった
愛して失った
でもそれは私が学んだものじゃない
私が手にしたものを見て
それはあなたが教えてくれたもの
だから私はこう言うの
ありがとう 次に行くね(次に)
元カレ達にクソほどの感謝を

Ariana Grande - thank u, next

出典: YouTube


決して元カレたちをディスっているわけではありません!たび重なる失恋や愛した人との永遠の別れ。20代半ばのアリアナも相当なダメージを負ったはずです。

しかし「愛して失った」ことは自分が学んだものではないと言い切っています。ではアリアナは何を手にしたのでしょうか?

その答えは、元カレたちが教えてくれた「愛」「忍耐」そして「痛み」。皮肉のように聞こえますが、その結果、自分はこんなに強くすばらしくなれたんだと歌うのです。

困難に遭遇してもアリアナは自分を見失わなかった。だからこそ元カレたちにも「クソほどの感謝」を贈ることができるのです。


後半では自分自身との出会いとそこから学んだものを歌っています。

「他責」でも「自責」でもなく、すべてを受けとめながら軽やかにそれらを“過去”に変えて進んでいく、運命さえも超えていく強さ。

そうでもしなければ乗り越えられないような逆境だったとも言えますが、そこに悲壮感はなく笑い飛ばすような余裕さえ見せます。

2010年代の女性アーティスト、ビヨンセ(Beyonce)やテイラー・スウィフト(Taylor Swift)たちが音楽を通して訴えてきた女性の権利。アリアナ(Ariana Grande)はそこから一歩進んで、とびきりの自分自身になるという新しいカラーを加えました。

まさにアリアナにしか歌えなかった1曲が『thank u, next』。

2019年3月から開始される『Sweetener World Tour』では、スタジアムを揺るがすような大合唱と最高のスマイルを目撃できるはず。

来日決定を楽しみに待ちたいと思います!

TEXT 石河コウヘイ

外部リンク

cat_oa-rp79865_issue_02123391faa0 oa-rp79865_0_dd96c03c5ca1_ピアノと自然が奏でる高木正勝の「Marginalia Ⅱ」が早くも4月3日にCD・配信同時リリース! dd96c03c5ca1

ピアノと自然が奏でる高木正勝の「Marginalia Ⅱ」が早くも4月3日にCD・配信同時リリース!

2019年3月24日 12:01 歌詞/音楽情報 UtaTen

■ピアノと自然が奏でた音楽「Marginalia Ⅱ」第2弾がCD・配信同時リリース

兵庫県の山間にある小さな村の自宅にて、家の窓を開け放って自然を迎え入れる。
自然の一部となって思いつくままに音を出してみる。
重ね録り、手直しはせずに、ありのままに。
その日その時、響き合った、ピアノと自然が奏でた音楽をそのままに。
耳を山に預けてピアノを弾く、自然もピアノを聴いてくれているなら。
自然を主旋律として、ピアノは調和を。

昨年11月にリリースされた高木正勝のピアノ曲集「Marginalia(マージナリア)」。

窓を開け放って演奏・録音するスタイルはその後も継続され、コンサートホールや野外での演奏、アートの分野での関わりや、デジタル・シングルの発表など、様々な広がりが生まれています。

・調和をめざして奏でられるピアノ

季節、天候、生き物たちのうつろい。とめどない自然のありようと交じわるように、いま、ここにある全てのものとの調和をめざして奏でられたピアノ。

・「Marginalia Ⅱ」リリース

4月3日、50曲を超える“Marginalia”の楽曲群から新たに選ばれた14篇が、アルバム「Marginalia Ⅱ」としてフランス・アメリカのmilanレーベルよりリリースされます(日本国内盤はワーナーミュージック・ジャパン)

相良育弥(茅葺き職人・くさかんむり代表)、田中景子(minä perhonen テキスタイルデザイナー)、鶴田真由(女優)、アン・サリー(歌手)、野村友里(eatrip・料理人)、堀 賢一郎(映写技師兼農業)、キッタ ユウコ(kitta)、横滝友貴(アトリエシムラ)、床 絵美(アイヌウポポ・唄い手)、森本千絵(アートディレクター)、塩谷 舞(milieu 編集長)、石倉敏明(人類学者)、 福森伸(しょうぶ学園 統括施設長)、鞍田崇(哲学者)など、ジャンルを問わず各界、多くの人々から「Marginalia」という音楽、その制作スタイルに言葉が寄せられており、このシリーズへの関心と、期待をうかがうことができます。

http://www.takagimasakatsu.com/marginalia/comment.html

また、「Marginalia」と同時期に発表された、日々の生活を綴った、書籍「こといづ」(木楽舎刊)も注目を集めています。

高木正勝 オフィシャル・サイト
http://www.takagimasakatsu.com/

外部リンク

cat_oa-rp79865_issue_02123391faa0 oa-rp79865_0_5a5f9022916f_新体制のEMPiRE 2ndシングルを2019年7月にリリース決定!! 5a5f9022916f

新体制のEMPiRE 2ndシングルを2019年7月にリリース決定!!

2019年3月24日 12:01 歌詞/音楽情報 UtaTen

■EMPiRE 2019年7月に2ndシングルをリリース!

BiSH所属のプロダクションWACKとavexが共同で手掛け2018年4月にデビュー。

これまでにリリースされた2作のアルバムは2作連続となるiTunes総合アルバムチャート1位、カセットテープのみながらオリコンアルバムチャート2作連続TOP10入り、初シングル「ピアス」はオリコンシングルチャート5位を獲得するなど、破格のスケールで突き進むEMPiRE。


EMPiREにインタビュー!!「売れて売れて売れまくりたい!」


3月3日、4日にかけて開催された24時間イベント「EMPiRE presents TWENTY FOUR HOUR PARTY PEOPLE」をもって新たに5人体制となり今後が注目される中、2019年7月に「ピアス」に続く2ndシングル(タイトル未定)がリリースされる事が発表された。

・ティザー映像を公開

新曲の1部分を使用した「Brand-new START」「Brand-new STYLE」「Brand-new EMPiRE」と表記されたティザー映像をオフィシャルTwitterとYouTubeに公開。

・大型タイアップ決定

さらに同動画内で大型タイアップが決定済な事も解禁されている。

3月24日より壱岐で開催される所属事務所WACKの大規模オーディションにはMAYU EMPiREが参加するので、こちらも注目だ。

・「NEW EMPiRE TOUR」開催!

新体制のEMPiREは、4月から全国7ヶ所8公演で開催されるワンマンツアー「NEW EMPiRE TOUR」を開催する等、積極的に活動を展開しており、今後も目が離せない。


■EMPiRE / EMPIRE告知映像 URL

出典: YouTube

外部リンク

cat_oa-rp79865_issue_02123391faa0 oa-rp79865_0_7bc5b3c75fd5_古市コータロー ソロアルバム「東京」特典DVDトレイラーが公開! 7bc5b3c75fd5

古市コータロー ソロアルバム「東京」特典DVDトレイラーが公開!

2019年3月24日 12:01 歌詞/音楽情報 UtaTen

■古市コータロー ソロアルバム 特典DVD映像 公開!


THE COLLECTORSのギタリスト古市コータローが、3月27日(水)に発売する約4年半ぶりとなる ソロアルバム「東京」に収録されている特典DVDのトレイラー映像が公開された。

THE COLLECTORSの歌詞・音楽情報!

「Brilliant Days」と題されたDVDは2018年に行われた弾き語りソロツアーの模様を収録した約42分間のロードムービー風ドキュメンタリー映像。古市がギタリストになろうと決意した場所でもある第二の故郷・岩手県北上市での凱旋ライブを追ったシーンは必見。

全編を通してTHE COLLECTORSで見せるギタリストの姿とは異なる、古市の人間臭い魅力が伝わる内容となっている。ナレーションは古市をよく知る後輩である松本素生(GOING UNDER GROUND)が担当。

「東京」の発売を記念して発売週の3月27日(水)にタワーレコード池袋店、3月30日(土)HMVエソラ池袋にてインストアトークイベントが開催されるのに加え、ココナッツディスク池袋店では一日店長を務めることも決定した。

どれもファンの聖地池袋でのイベントとなるので是非足を運んでみてほしい。

【特典DVDトレイラー映像】
■古市コータロー『東京』特典DVDティザー

出典: YouTube

外部リンク

cat_oa-rp79865_issue_02123391faa0 oa-rp79865_0_915fa2a58b0d_自分を変えたい人へ贈りたいsumika「ファンファーレ」! 915fa2a58b0d

自分を変えたい人へ贈りたいsumika「ファンファーレ」!

2019年3月24日 12:01 歌詞/音楽情報 UtaTen

画像引用元 (Amazon)

■sumika「ファンファーレ」


出典: YouTube



・ただなんとなく生きる日々




この歌詞で表現されている人物は、友達といるよりも1人が好きで、どちらかというと休日も家に籠っているようなインドアタイプだろう。

人に興味を持たず、人と関わらなければ、自分が傷つくことも少ないということも、1人が好きな理由の1つだ。

何かに興味が起きることもなく、ただなんとなく毎日をやり過ごす日々。

・“今のままの自分でいいのか?"

そんな日々を送る中で、“こんな自分でいいのだろうか?"と自身に問いかける。



問いかけても確かな答えを導き出すことはできないが、今の自分を変えることができるのは自分自身しかいないと奮起したことが読み取れる歌詞だ。

しかし、人間変わろうと思っても、そう簡単に変われるものではない。

でも変わらなければ、これからの未来に希望すら見出すことができないから、少しずつでも変える努力をしなくてはならないのだ。

今まで遠ざけていた世界に立ち向かおうとする“僕"の姿がここに描かれている。

・葛藤を繰り返した先に見えるものとは?




今まで人と関わらないようにしてきていたから、自分から人に声を掛けることさえも緊張し、勇気がいる。

しかし、怖いからと言って逃げてしまっては、また以前の自分に戻ってしまい、いつまで経っても前に進めない。

傷つくことや悩むことを恐れず、自分を変えるという目標に向かって、何があっても邁進するという強い気持ちを持つことが大切なのだ。

この歌詞と、サビの「さあ 夜を超えて 闇を抜けて 迎えに行こう」には、そんな勇気を出して踏み出す人の背中を押してくれるメッセージが込められている。

“自分を変えたい"と考える人に、一歩踏み出す勇気を与え、“変わりたい"と頑張る人を称賛する意味で『ファンファーレ』というタイトルが付けられたのだ。

TEXT 蓮実 あこ

■歌詞の意味を解読!?厳選歌詞コラム3選


■【特集】”聴かせる”バンド、sumika。その魅力やおすすめ曲に迫ります!

■【歌詞コラム】Hey!フルボリューム!イヤホン越しから音楽の魔法をかけるsumikaの「MAGIC」

■【特集】本当の恋って何?sumikaの魅力と名曲Loversの歌詞から学ぶ恋愛

外部リンク

cat_oa-rp79865_issue_02123391faa0 oa-rp79865_0_3e14e67f845b_出会いも失恋も、爽やかに。恋をしたら「HY」を聞こう♪ 3e14e67f845b

出会いも失恋も、爽やかに。恋をしたら「HY」を聞こう♪

2019年3月24日 10:01 歌詞/音楽情報 UtaTen

■沖縄出身バンドの代表格 HY!


沖縄が生み出した様々なアーティストを語る上で欠かせないのが、「HY」。

MONGOL800やORANGE RANGEとともに沖縄バンドブームを牽引したHYの魅力についてご紹介いたします。

・仲宗根泉だけじゃない!

HYは、男性4人・女性1人で構成された沖縄出身のバンド。

新里英之(Gt&Vo)、名嘉俊(Dr&Rap)、許田信介(Ba)、宮里悠平(Gt)、そして仲宗根泉(Key)の5人組です。

メンバー全員を知らずとも、仲宗根泉さんだけは知っているという人も多いでしょう。

なぜなら彼女は、「366日」「あなた」など数々の名ラブソングの生みの親だから。

しかし!HYは仲宗根泉さんだけではありません!(笑)

5人での楽曲にも名曲がたくさんあるので、ぜひチェックしてみてください!

■沖縄の風を感じる心地よさ


HYの楽曲の魅力は、何と言っても爽やかさ。
沖縄の綺麗な空や海、そして風に包まれるような心地よさがあります。

だからラブソングはもちろん、失恋ソングですらなんだかやさしい感じ。そっと心に寄り添い、思い出を彩ってくれるような……。

歌詞は文学的なものからリアルな描写まで様々。

文学的なものは聞いていて想像が膨らみますし、リアルなものはグッと感情移入できます。

やさしい歌声の間に入るラップや、メロディをリードするキーボードもまた良いんですよね……!

どの曲もソロにはない良さで溢れています。

■まずは、要チェック♪大ヒット曲!!

◼ホワイトビーチ


1stアルバム「Depatrure」に収録されている楽曲です。2005年にコカ・コーラのCMに起用されたことで一気に注目を浴びました。



その爽やかさから「夏に聴きたくなる!」という声も多い一曲ですが、実は冬の曲。
冒頭にも”冬の合図”という単語が入っています。

まぁ、聴き手が心地よければいつ聞いてもいいと思うんですけどね。(笑)

歌詞の内容はというと、「君が好きー!」と分かりやすく歌わない大人のラブソング。
決定的な言葉はなくとも、歌詞の端々からパートナーとの温かい関係性が伺えます。

寒い季節へと移ろいゆく自然を感じつつ、パートナーの温もりを感じる……
盲目になっていないあたりが大人ですね。(笑)

また、この曲の魅力は沖縄の情景を想像させるような美しい描写にもあります。



やわらかい風、青い空、広大な自然が連想されます。

冬の初めを歌っていることから、「白い天使」は雪を表しているのではないでしょうか。

なんだか沖縄の雪ってあまり想像できませんが……沖縄を拠点として活動するHYだからこそ書ける曲なんでしょうね。


◼AM11:00
日本のラブソングを代表するレベルのラブソング。
「HYといえばこれ!」というアラサー世代も多いはず。(笑)



カップルを第三者目線で歌うのではなく、当事者同士の目線で歌った曲。
男性目線が新里さん、女性目線が仲宗根さんです。

まさしくHYだからこそできる構成……!

歌詞は大人になってから改めて見ると、恥ずかしさを感じるくらい直球ですね。特にラップ部分の歌詞から溢れるデート前のワクワク感!

若さの証です……。(笑)

でも、真っ直ぐな愛を歌う言葉はいくつになってから聞いても魅力的。



"あなたがいるから強くなれる" なーんて素晴らしい関係性ですね。


◼てがみ


付き合っていた彼女を振った男性目線の曲。物語は、元カノからの手紙が届いたところから始まります。



「自分が出した答えだったのに」と歌われていることから、男性が振ったことは明らか。
でも、なぜか激しい後悔の念に駆られています。
別れの理由はなんだったのでしょうか。

・今なら君は振り向いてくれるかな
・いつかまた会ったなら互いに理想の人に

上記の部分から察するに、自分は彼女と釣り合わない人間だと感じたのでしょう。
「君にはもっとふさわしい人がいるよ……」なんて別れたのではないでしょうか。

でもこれって、100%強がりですよね。だからこそ後悔して止まないのでしょう。

またやり直せるのではと淡い期待を抱いてペンをとるも、書けない。
書いても手紙を出すことはできない。

そんなことを繰り返す情けなさと虚無感が現れた下記の歌詞は至極です。



歌詞だけで見ると非常に切ない曲ですが、サウンドはHYらしく爽やか。
重くなり過ぎずに聴けます。

■5人での活動も要CHECK!


以上、沖縄アーティストの代表格「HY」についてご紹介いたしました。

仲宗根泉さんの楽曲以外はご存知なかったという方、いかがでしたか?5人での楽曲も負けず劣らずの繊細さとやさしさがあります。

ぜひお手持ちのプレイリストに加えてみてくださいね!

HYは現在も5人で活動中。今後も新曲のリリースやLIVEが予想されますから、期待して待ちましょう♪


TEXT ゆとりーな

外部リンク

cat_oa-rp79865_issue_02123391faa0 oa-rp79865_0_387de4843c43_いきものがかり山下穂尊、衝撃のDVDジャケットはAC部が担当! 387de4843c43

いきものがかり山下穂尊、衝撃のDVDジャケットはAC部が担当!

2019年3月23日 22:01 歌詞/音楽情報 UtaTen

■「山下穂尊です。」待望のDVD化!

4月10日にリリースされる、いきものがかり山下穂尊の初のソロDVD、「山下穂尊です。」そのジャケットイラストを、話題のクリエイティブチーム「AC部」が担当していることが明らかになった。

このDVDは、2017年4月からテレビ神奈川「ミュートマ2」内コーナーレギュラーとして放送されていた、山下穂尊の初のレギュラー番組「山下穂尊です。」から、山下本人が特に思い出深かった5つのエピソードを約2時間に凝縮したもので、放送地域外のいきものがかりファンにとっては待望のDVD化となる。

【歌詞コラム】いきものがかりの『じょいふる』はなぜひらがななのか

ジャケットイラストでは、番組内で取り上げた「メタルDIY」、「釣り体験」、「ケーキ作り」、「グラス作り」、「土鍋作り」を、AC部らしい個性的なビジュアルで表現。


山下のクールで穏やかなイメージとは正反対の、ハイテンションで暑苦しいイラストが印象的である。

・5月2日公開収録,サイン会開催決定

また、5月2日には海老名ビナウォークにて、FMヨコハマでオンエア中の山下穂尊レギュラー番組「上手投げ!!!ラジオ」公開収録と、山下穂尊によるサイン会も開催決定。

音楽活動から離れ、地元・神奈川を舞台に様々な挑戦を繰り広げる山下穂尊の初の映像商品、副音声には、山下と番組スタッフでの全編にわたる、思わず笑ってしまうゆるーい裏話を収録。先着購入者特典として「オリジナルクリアファイル」プレゼントもあるのでお楽しみに。


・AC部プロフィール

1999年頃に結成されたクリエイティブチーム「AC部」は、多摩美術大学在学時に制作した『ユーロボーイズ』がNHKデジタルスタジアム年間グランプリを受賞したのをきっかけに本格的に活動を開始した。

暑苦しいリアルなイラストレーションをベースとする、 濃厚でハイテンションなビジュアルを様々な媒体に植え付け、人々の固定観念を破壊し、 そして新しい視聴覚体験をもたらすことを目指している。

主な作品に、NHKみんなのうた『哲学するマントヒヒ』、伊武雅刀公式HP、 東京オンリーピック『和卓球』、MV 「group_inou / THERAPY」、ETV ビットワールド「アホちゃいまんねん!ビットやねん!」、Web CM「未来のライターJii!Jii!Jii!」、オリジナルショートムービー「海女ゾネス」、高速紙芝居「安全運転のしおり」(第18回文化庁メディア芸術祭 審査員推薦作品選出)、GIFマンガ「ENJOY YOUR TRIP」、ポプテピピック「ボブネミミッミ」など。

外部リンク

cat_oa-rp79865_issue_02123391faa0 oa-rp79865_0_76bb5c650112_うたプリの魅力を紹介!プリンスたちの歌の力に込められた想い 76bb5c650112

うたプリの魅力を紹介!プリンスたちの歌の力に込められた想い

2019年3月23日 20:01 歌詞/音楽情報 UtaTen

■うたの☆プリンスさまっ♪とは

『うたプリ』の愛称で親しまれている『うたの☆プリンスさまっ♪』は、2010年に発売された恋愛アドベンチャーゲームです。

その後、2011年から発売された音楽ゲームが女子の間で人気になりました。アニメ版『うたの☆プリンスさまっ♪』の第1期と第2期の原作者は、紅ノ月歌音、第3期と第4期は、上松範康です。

物語に登場する音楽は、全てのシリーズを通して声優の水樹奈々などに曲を提供しているElements Gardenが担当しています。

■登場キャラクターは豪華キャスト陣

・七海 春歌 (ななみ はるか) / 声優:沢城みゆき

●ST☆RISH
・一十木 音也 (いっとき おとや) / 声優:寺島拓篤
・聖川 真斗 (ひじりかわ まさと) / 声優:鈴村健一
・四ノ宮 那月 (しのみや なつき) / 声優:谷山紀章
・一ノ瀬 トキヤ (いちのせ トキヤ) / 声優:宮野真守
・神宮寺 レン (じんぐうじ レン) / 声優:諏訪部順一
・来栖 翔 (くるす しょう) / 声優:下野紘
・愛島 セシル (あいじま セシル / Cecil Aijima) / 声優:鳥海浩輔

●QUARTET NIGHT
・寿 嶺二 (ことぶき れいじ) / 声優:森久保祥太郎
・黒崎 蘭丸 (くろさき らんまる) / 声優:鈴木達央
・美風 藍 (みかぜ あい) / 声優:蒼井翔太
・カミュ (Camus) / 声優:前野智昭

●HE★VENS
・鳳 瑛一 (おおとり えいいち) / 声優:緑川光
・皇 綺羅 (すめらぎ きら) / 声優:小野大輔
・帝 ナギ (みかど ナギ) / 声優:代永翼
・鳳 瑛二 (おおとり えいじ) / 声優:内田雄馬
・桐生院 ヴァン (きりゅういん ヴァン) / 声優:高橋英則
・日向 大和 (ひゅうが やまと) / 声優:木村良平
・天草 シオン (あまくさ しおん) / 声優:山下大輝

『うたの☆プリンスさまっ♪』は、歌唱力に定評のある声優陣が揃っています。若手からベテラン声優まで幅広く、女性男性問わず大人気の声優がたくさん出演している作品になります。

・うたプリを簡単に整理してみると…

●七海 春歌 (ななみ はるか)
本作の主人公です。作曲家を目指し、名門・早乙女学園に入学します。そこで、一十木 音也らと出会い、運命が切り開かれていきます。ゲーム版では声無しですが、アニメ版では沢城みゆきが天使の声で演じています。

●第1期:うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%
『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%』は、2011年に全13話放送されました。第1期は、早乙女学園に入学をした、七海たちと主要キャラクターの一十木 音也らと出会うストーリーが主になります。ST☆RISHとしてデビューするまでが描かれるストーリー構成になっています。

●第2期:うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000%
『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000%』は、2013年に全13話放送されました。第2期は、ST☆RISHに新メンバーのセシルを加えて新しいスターをきる様子や、先輩アイドルのQUARTET★NIGHTが初登場します。新人賞を受賞するために奮闘するST☆RISHメンバーの話になります。

●第3期:うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズ
『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズ』は、2015年に全13話放送されました。第3期は、ST☆RISHと先輩アイドルのQUARTET★NIGHTと共に、世界のスポーツ大会のオープニングセレモニーに出場するためにみんなが努力して頑張ります。

●第4期:うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター
『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』は、2016年に全13話放送されました。第4期は、今までとは違い、波乱の展開が次々と起こりグループ内の絆や、個人の問題が浮き彫りになり、アイドルグループとしての存続危機などがストーリーに盛り込まれています。そして、ST☆RISHとHE★VENSの事務所の垣根を超えたデュエットソングにも注目です。

■うたの☆プリンスさまっ♪の魅力

『うたの☆プリンスさまっ♪』の魅力は、「物語に登場する歌」や「キャラクター達の個性」です。作画がとても綺麗であるのもポイントの1つですが、個性あるキャラクターがたくさん登場するので自分の推しを決めることもできます。

そして、物語の中で流れる歌も魅力的です。全曲をElements Gardenが担当していますが、毎回新しい雰囲気の楽曲が多く、一度聴いたら耳に残る曲が多いです。

ライブイベントは、チケットが入手困難になるほど人気のイベントです。声優陣の登壇ありで「トークパート」と「ライブパート」に分かれています。声優ファンはもちろん、作品が大好きな人両方が楽しめるようになっています。

■宮野真守の美声に注目!歴代OP

・[第1期OP]オルフェ



『オルフェ』は、宮野真守のメジャーデビュー後初めてのアニメ主題歌に起用されています。作詞作曲を上松範康が担当をしました。

ピアノ伴奏から始まり、ロック調の印象もあるこの楽曲は、アニメソングらしくない新しい風を吹き込んだ曲になっている仕上がりです。宮野真守の歌声とテンポの早い疾走感のあるメロディーが特徴的な楽曲です。

また、曲中には歌詞が空耳で聴こえる所があると当時某ネット動画サイトでも話題となり、中毒性の高い曲でもあります。宮野真守自身のコンサートでも盛り上がる一曲です。

サビの部分は特に疾走感があるメロディーが特徴です。歌詞も、『うたの☆プリンスさまっ♪』の第1期のストーリーにぴったりな楽曲になっています。

・[第2期OP]カノン



『カノン』は、第1期の『オルフェ』と同じく、作詞作曲を上松範康が担当をしました。このタイトルは、宮野真守の思いとメロディーを重ねる音楽用語の「カノン」に例えて付けたものだといいます。

『カノン』は、始まりのピアノメロディーの印象が強く残ります。『オルフェ』よりも激しいロックな音です。そして、始まりのメロディーはゆっくりとしていますが、徐々にテンポも速くなるのもこの曲の魅力の一つです。

サビの歌詞を見ていきましょう。ST☆RISHとしてデビューしたばかりのキャラクター達の見えない不安や、希望が詰まっているような歌詞になっています。

・[第3期OP]シャイン



『シャイン』は、宮野真守自身が作詞をしています。作曲は、前作の『オルフェ』『カノン』と同じく上松範康が担当をしています。

今回の楽曲は、楽しさが伝わってくるような明るい楽曲になっています。アイドルとしてスタートしたST☆RISHが、先輩アイドルのQUARTET★NIGHTと共に頑張る様子が歌詞に現れています。

辛いことがあっても、前を見て音楽を世界へ、大空へ響かせよう!という1人1人のキャラクターたちの前向きな気持ちが表れています。

・[第4期OP]テンペスト



『テンペスト』は、波乱の展開が次々に起こることからこのタイトルがつけられています。テンペストとは嵐を指しているそうです。そして、宮野真守と作家・上松範康が共作して作成された歌詞に注目です。

曲の始まりを聴くと、ピアノメロディーが印象的で一見バラードのような印象もありますが、中盤では疾走感を感じるメロディーになっています。サビ前のピアノがとても印象に残る楽曲です。

サビの部分の歌詞を見ていきましょう。4期のストーリーにあるメンバーそれぞれの問題がありながらも、歌の力を信じて主人公の七海と共に、ST☆RISHの存続をかけた気持ちとの戦いが描かれているようです。

ST☆RISHのメンバーの手を離さないでいてくれる七海の優しさを歌っているようです。

『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズのOPに挙げた楽曲を、一度は聴いたことがある人も多いのではないでしょうか?

OPは、第1期から第4期まで全てElements Garden×宮野真守です。どのOPもカッコイイ仕上がりになっています。聴いたことが無い方は是非聴いてみてください!

■ST☆RISHによる煌めき溢れる!歴代ED

『うたの☆プリンスさまっ♪』のEDは、物語の主人公であるST☆RISHの一十木 音也(寺島拓篤)、聖川 真斗(鈴村健一)、四ノ宮 那月(谷山紀章)、一ノ瀬 トキヤ(宮野真守)、神宮寺 レン(諏訪部順一)、来栖 翔(下野紘)、愛島 セシル(鳥海浩輔)が歌います。

愛島 セシルは、2期のEDからメンバーの仲間入りをします。

そして、EDの作詞作曲は、上松範康(Elements Garden)が第1期から第4期までを手掛けています。上松範康が生み出す歌詞とメロディーに注目です。

・[第1期ED]マジLOVE1000%



『マジLOVE1000%』は、『うたの☆プリンスさまっ♪』の第1話オープニングで使われています。

LIVEシーンから始まり、現実のライブと変わらない歓声の多さと曲の歌詞がうまく聴き取れないこともあり、多くの視聴者に強い印象を与えるスタートをきりました。

歌詞がうまく聴き取れないことから、動画サイトで何度も『マジLOVE1000%』を聴くことによって『うたの☆プリンスさまっ♪』にハマるファンが増えたきっかけのある曲でもあります。

歌詞の中に登場する「1000%LOVE」という言葉が印象強く残る楽曲です。()の部分はファンとのコール&レスポンスができる所なのでとても盛り上がる楽曲です。

・[第2期ED]マジLOVE2000%



『マジLOVE2000%』は、アニメ2期のスタートをきる第1話のOPとしても使われています。

『マジLOVE1000%』に続く、『マジLOVE2000%』もノリのいい曲です。愛島セシルがST☆RISHに加入してからの初めての7人の楽曲になります。

ファンの思いもしっかりと詰まっている楽曲が『マジLOVE2000%』。よりアイドルとしての高みを望む、ST☆RISHのメンバーの思いも込められている楽曲です。
『マジLOVE1000%』よりも、コール&レスポンスができるところが増えているのも魅力的な楽曲になっています。

『マジLOVE2000%』の前半の歌詞を見ていきましょう。ファンとの掛け合いができる歌詞になっています。最後はみんなでST☆RISH Foreverと叫べるところがこの曲の楽しいところです。

・[第3期ED]マジLOVEレボリューションズ



第1期と第2期では、OPでLIVEさながらに披露されるのが恒例となっていましたが、第3期のED『マジLOVEレボリューションズ』はラストに流れて初披露されました。

歌詞も『マジLOVE1000%』と『マジLOVE2000%』よりも、さらにパワーアップしたものになっています。

これまでは、ST☆RISHが、ファンのために向けて発信しているような歌詞でしたが、『マジLOVEレボリューションズ』では、ファンと共にこれからも歩むという気持ちが表れているような歌詞になっています。

この歌詞の中には、「いつもありがとう」のようなファンに向けたメッセージが込められているように感じます。

「1000%」「2000%」も歌詞の中に入っていて、ファンとのコール&レスポンスができるようになっています。

・[第4期ED]マジLOVEレジェンドスター



『マジLOVEレジェンドスター』は、第4期の1話から13話のEDテーマとなっています。4期のアニメは、グループ同士の枠を超えたデュエットソングなども注目を浴びました。たくさんの楽曲が4期の放送内で誕生しましたが、EDも負けていません。

『マジLOVEレジェンドスター』という曲は、第1期から第3期のEDとは少し違い、落ち着いた雰囲気のあるメロディーが印象的です。新しいST☆RISHの曲の雰囲気があり、魅力的な一曲になっています。一度聴いたら中毒性が高いとファンの間でも話題を呼んでいます。

『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズのEDに挙げた楽曲を一度は聴いたことがある人も多いのではないでしょうか?

まだまだ、キャラクターソングやデュエットソングなどもあります。聴いたことが無い方は是非聴いてみてください!

■ST☆RISHの成長は音楽と共に


出典: YouTube


▲WE ARE ST☆RISH / ST☆RISH
2011年にテレビアニメ『うたの☆プリンスさまっ♪』が放送されてから8年が経ちました。実力派の声優が支える大人気の作品です。

そして、主題歌共にキャラクターソングも大人気です。ST☆RISHたちの音楽に対する思いや、アイドルとしての活躍などでキャラクターたちの絆が強くなっていく姿を垣間見ることができます。

アイドルとしてだけでなく人として、成長している彼らの姿をぜひ最後までご覧ください!

・最新情報はココで要チェック!


出典: YouTube



『うたの☆プリンスさまっ♪』は、2011年にアニメ化され、キャラクターの歌やアニメとしての新しいジャンルを切り開いた作品です。

2019年6月14日(金) に『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』が公開予定となっています。『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズの今後に注目です!

▷公式ツイッター(@utapri_official)
▷公式ホームページ
▷うたの プリンスさまっ マジLOVEレジェンドスター 公式サイト
▷劇場版公式ホームページ


●こちらの記事も要チェック!
平成の30年間の間には、たくさんのアニメが放送されました。2000年代以降はアニメの黄金期といってもいいでしょう。以下のリンクから、他の平成アニメ記事をぜひご覧ください!

▷【特集】2020年に劇場版も公開!水泳アニメ「Free!」の魅力に迫る!
▷フルーツバスケット
▷テニスの王子様


TEXT:pooh_nm77

外部リンク

cat_oa-rp79865_issue_02123391faa0 oa-rp79865_0_fe4bda81fd28_人類の太陽・寿君、リアルなマインドを綴った「大どんでん返し」とは! fe4bda81fd28

人類の太陽・寿君、リアルなマインドを綴った「大どんでん返し」とは!

2019年3月23日 17:01 歌詞/音楽情報 UtaTen

■2018夏を飾った『あー夏休み』

──前作『あー夏休み』反応は良かったんじゃないですか!?

寿君:良かったです!いい感じで。


──私の周りも聴いてる人、多かったです!

寿君:あ、よかったあ。コンビニパワーがすごかったですね!僕の同級生とか友達もコンビニで聴いてくれたみたいで、うれしかったです。


【インタビュー】
寿君「レゲエ界で前田さんみたいな夏のキャラを」TUBEの『あー夏休み』をサンプリング!


──本家知っている世代にも受け入れられた楽曲になったかと思いますが、やっぱりライブに来られるファン層にも変化があったりしました?

寿君:そうですね。結構年配の方も来てくれたり。あとダンススクールの人たちとかとすごい子供たちと一緒に、踊る機会が増えたというのがすごい嬉しいですね。


──SNSでも踊られてましたよね!お子さん好きなんですか?

寿君:学校に授業しに行ったりとか子供達と「あー夏休み」を踊ったりとかしましたね。子供は大好きです!結婚はいいけど子供欲しいです(笑)。


──結婚はいいんですね(笑)。

寿君:とか言ってるから、結婚できないんですけど(笑)。



■楽曲誕生秘話

──今作『大どんでん返し』ですが、まずはこのタイミングにこのテーマで曲を書こうと思ったきっかけについて聞かせてください。

寿君:感覚鈍いんかわからへんけど、最近ほんまにメジャーが身に染みて来てるんです。EPアルバムでデビューして、ファーストアルバムも出させていただいて、ツアーを回った時ぐらいから、「あれ?これ前のお客さんと違ってきてない?」という人が増えてくれてて。

レゲエというジャンルをすごい大事にしていて、髪型もあんな感じで編み込んでたり、ライブでも「プロ~!!(Pull up!)」とか言って曲を頭出しするみたいなことだったり。でも「プロ~!!」てやったところで、「何で曲終わったん?」みたいな反応される人とかも増えてきたんですよね(笑)。



──レゲエに触れてこなかったようなファンの方も増えてきたと。

寿君:はい。それでもフューチャリングのアーティストを呼ばずにワンマンでのライブにチャレンジして、すごいセットリストとかこだわってみたら「もう1回来たい」と言ってくれる人とかがすごく多くなってて。今までレゲエで培ってきたものが間違ってたのかなとか一瞬よぎるけど、無駄とは思えないし。

でも、まだまだこれまで夢抱いてた大阪城ホールとか京セラドームとかでライブができるようになるには、だいぶ頑張らんとあかんという意味を込めて、『大どんでん返し』というテーマにして、過去のそういう回り道も無駄じゃなかったと思いながら、それすらも背負ってみんなでいい景色を見ようという歌を書きたくて、こういう歌になりました。


──『大どんでん返し』で歌われているのはすごくリアルタイムなマインドなんですね。

寿君:リアルタイムなマインドです。歌詞でいうと「やりたい事やってたつもりでも海を知らずに井戸の中を泳いでいた蛙も」というのがすごくリアルで。

今まで“レゲエ界鉄板ボーイ”とか、“期待の星”とかいう看板をいただいて、いろんなライブにチャレンジして来てたけど。いったらそのレゲエという枠を飛び越えて、1人の国民的メジャーアーティストとしてってなったら、レゲエの何万人とかじゃなくて、1億何千万人の国民を相手にしてやらんとあかんなというのをすごい身に染みて。メッチャ井の中の蛙やったんやとか思ってしまったりとかで。


──大海を知ったというところですかね。

寿君:うん、自分のふがいなさも感じたし。でもそれも含めてやっぱり「それも最後に宝やった」と笑いたいから。格好いいMVで高級車停めて、お姉ちゃんはべらかして、シャンパン、テキーラ、テネシーもカッコいいけど、非現実的なカッコよさかなと思うし。

結構ブラックミュージック真剣にやってた時は、そういうようなんも憧れやから、PVもそっちに寄せたりしてたんですけど、やっぱりこういう舞台というか打席に立たせてもらった時に、自分のふがいない部分もさらけ出して、俺もこういうところがあって、人生って思い通りにいくことのほうが少ないやんなあとほんまに思ったところも歌詞にしてもうて、それすら含めてみんなでいい景色見ようというような歌にしたかったです。


■タイトルが生まれたのは仲間の一言から

──歌詞やタイトルについて伺っていこうと思いますが、『大どんでん返し』というあまり聞きなれないこのタイトルはどのように生まれたのでしょうか?

寿君:最初はサビの最後の「この大どんでん返しを~」というところを、「Music is my life」って思ってたんですよ。やけど、「Music is my life」って、Musicやってるやつにしか共感せえへんし、なんかメッチャ俺の歌やんと思ってもうてて。なんかパンチほしいねんなあと思って。

レゲエやってるストリートヒーローのライフスタイルってやつに「『Music is my life』という歌できてん、聴いて」と言ったら「良い歌っすね」で終わってしまってて。「…やんな」って。ここがええわ、ここもええわ、みたいなんが欲しかったけど、きれいごと並べすぎてた部分もあって、ええ歌止まりやったんです。

なんかな~とスゲエ迷ってたら、そいつに「どういうこと言いたいんですか?」って聞かれて。「こういうストリーツでのライフもあったけど、メジャーフィールドにいって、こうやって変わっていってみたいっていうことがイメージできる曲にしたいねんな」っていう話してたらそのレゲエの友だちが、「ひっくり返すみたいなことでしょ」と。
「ひっくり返す?!なんて!?今!ひっくり返す言うたら、どんでん返すやんな!関西弁で言うたら!」「それ、メッチャいいやん」ということでで、「大どんでん返し」というテーマが生まれたんですよ。


──その一言があってのタイトルと、テーマに落ち着いたんですね!そして歌詞で一番触れたかったのは、やっぱりサビの「積み重ねて来た喜怒哀楽」ですね。具体的じゃないけど、誰もが自分と重ねて一瞬で想像がつくというワード。

寿君:32歳の誕生日の時に、「また1つ年を取りました」といって投稿した。ほんならお客さんから「年は重ねるものですよ」というコメントがあったんで、“誰この人?”と思ってみたら、すごいおばちゃんやったんですけど、普通のおばちゃんやったんですけど。なんかスゲエ説得力ある。ほんまや、年を取るもんやないな。重ねていくもんなんやなと思って、喜怒哀楽も重ねていくもんやなと思って。

「取る」って言ったら無くなるじゃないですか、「重ねる」って言ったら増える感じ。



──確かに、確かに。めっちゃいいですね。

寿君:過去のことはやっぱ消えてまうんちゃうんかなというんが嫌やったから、「喜怒哀楽と共に分かち合った時は決して無駄じゃない」にしたらいいねん、みたいなそういう感じに、テーマが変わったり、ここを変えるからここがこう変わっていったりとかで、何回も潰しては書いて潰しては書いて、今の状態にまとまりました。



■全員が全員、海賊王になれるわけじゃないしって

──「人の注目、 誹謗中傷、勲章」という歌詞も、韻を踏んでるんですよね。脱帽です(笑)

寿君:(韻をふむのが)メッチャ得意なんで、実は。ほんまは全部これでうまいこと言いたいんですけど。これを全部してしまうと、結構言いたいこと限られてきて、あれもそれもどれもこれもとか、訂正する時に何か変えたくない自分がいてたりするんで。

最近はガチガチ踏まへんように、ちょっと訂正しやすいように語尾合わしたりとか、聞こえを合わしたりとかするので、こだわったりはするんすけど。ここうまいこと踏めましたね。


──「遊びの延長の道を開いてく様な」や「すべてを背負える程器量もないが」という歌詞がありますよね。たとえば家族だったり大切な人だったりに、自分が好きなことをすることで迷惑かけるかもしれないという思いもあって、頑張りたい気持ちとは逆にベクトルが向いちゃう人、きっといると思うんです。そこに向けて、好きなことを極めて続けてきたことの意味みたいなものを、寿君から伺いたいです。

寿君:「遊びの延長の」と言ったんは、俺のきっかけって単純だったから。音楽始めるのもスゲエ遊びの延長やったかもしれへんし。憧れの人を見て“俺もこんなんなりたい”とか、そういうひょんな気持ちで始めた時って、仲間もいっぱいしたし、同じように目指していたやつはいっぱいいたんですよ。そんな中で、みんなが同じ頑張り量で、みんなが同じ時間を持て余してできることなんかまずなくて。

僕が東京から仕事いただいたりSPICY CHOCOLATEさんと仕事をやらせてもらって、基準の高い話をしてもらった時は、高いところに基準を合わせて自分も頑張れるんやけど、人それぞれペースがあるから、こいつは仲間やけど、仲間と一緒に「こいつこんなことやってるから、ゲームやってるから、俺もゲームしてていいんだ」って、同じことしちゃってたら、こんだけいい景色見れて、いい基準で音楽やらせてもらえなかったと思う。

──そこに留まる人にはそれぞれ理由があったり、理由をつけてたり。ありますよね。

寿君:それは一人一人の頑張りやなと思うけど仲間は仲間やから、俺は自分のやってることを見せることしかできひんし、俺は俺のためのライフをやらなきゃいけない。やるべきことがあるから、そこに対して俺は一生懸命になるけど、お前はどうや?という問いかけはできるよという。

だから「いつか俺、ああいう舞台に立ちたいんやん」とこういう仲間と話してたあの約束は、「絶対に忘れてないからな」っていうメッセージを、この曲にも込めましたね。
全員が全員、海賊王になれるわけじゃないしって思って。やけど俺にできることってほんまに、俺がくじけへんことやなと思ったし。長くなったけどなんかそういう意味ですね。


──確かに。何かをする時って意識の置き場所が大事ですね。

寿君:昔やんちゃしてたから、今こうなったみたいなプロセスって確かにいっぱいあるけど、それも考えようやなと思います。
やんちゃしてたことを誇りに思って、酒飲んでそれをつまみにして「俺の若い時はよ~」って言ってる人では、栄光はつかめないと思うんですよ、ぶっちゃけ。


──(笑)!

寿君:昔はこうやって迷惑かけたから、こんな俺でも何か人の役に立ってると思うねんやん、と思ってるやつのほうが、絶対伸びしろあるし。試される場面ってスゲエいっぱいあると思うんすよ。
「振り返らず前向いて」という歌詞もあるんですけど、振り返らずというのはさっき言ったみたいに、過去の栄光にすがることを「振り返る」と言ってるんです、自分的にはね。振り返ることはすごいいいことやなって思います。この辺ちょっと難しいなって思ったから。インタビューで言い訳させてください。


──(笑)。私もそこ、聞こうと思ってました。

寿君:馬鹿にされて「全部いらんわ」ってなる時って、結構目の前が見えなくなるときやと思うんですよ。前が見えない時って、やっぱ過去の栄光にすがりがちやから、そういう時は振り返っちゃだめやけど。ほんまに前進めてるときって、ほんまにちゃんと振り返って自分が来た道っていうのをちゃんと確かめることも大事やなって。

やっぱりこの後僕がどうなるかわからへんけど、もう1回もし生まれ変わっても、もう1回寿君でこの人生でもいいわと思える、そんなライフにしたいなって思ってます、常に。そう思ってもおかしくないなという人生にしたいし、間違ってなかったと思いたいし、やってきたこと、結構面白かったんで、今まで。


──今から5年後とか10年後とかにこの曲を歌う時、どういう気持ちで歌ってたいなとか、どういう景色で歌っていたいなとかビューって、具体的にあります?

寿君:これは、まさしく武道館とか、京セラドームとか、大阪城ホールとか自分が夢見てる所で歌う時は、号泣ですよ。号泣。今よりも深くこういうことを思ってると思うし、5年後の自分は。そうでありたい。


──曲中でも歌われてるように「空に浮かぶ星に憧れた掴みかけて逃したあの光」という「あの光」というものは、そのライブのステージだったりというところ?

寿君:そうですね。「井の中の蛙が空に浮かぶ星に憧れた」というのは、レゲエ界でやってたけど、メジャーフィールドに行きたいと思うようなアーティストってやっぱいるじゃないですか。そんなレゲエを井の中と言わせてもらってるけど、自分たちの世界の中ですよね。そこで頑張ってたらほんまに国民的スターっていうものも、俺もなれるんじゃないかと思ったし、少しは。

で、一生懸命やって、Zepp NAMBAまでやって、そっからトントン拍子でもっと簡単に武道館とかドームとかでできると実際思ってたけど、Zepp NAMBA終わった時に、じゃあどうやってこの先あそこまで行ったらいいんやというのが、見えなかった時のショックというのがすごいあったから。1回掴みかけたのに。


──なるほど、ほんとに武道館、楽しみですね。きっと掴みかけたその景色にたどり着いた時は最高の感動を味わえますね!

寿君:はい、行きたいです。
やっぱりミカン箱の上でずっと歌ってる人間が、「頑張ろうぜ」というのと、Zepp、武道館とかドームとか歌ってる人間が、「頑張ろうぜ」と言うのは、言葉の説得力が違うやんと思うし。やっぱり人の心に残るというのが説得力やと思うし。俺はそうやって背中見せて、有言実行して、説得力のある歌手になっていくし、これから。俺がもっともっと大きくなれば、この曲のパンチ力も、もっともっと倍増すると思うし。


──では、恒例の質問になるんですけど、今作「大どんでん返し」の中で寿君が一番気に入ってるフレーズを1ヶ所上げていただきたいです。

寿君:やっぱり「靴紐を締め直して大どんでん返しを」というところが一番好きなところっす。
靴紐ってダルんとしてたら、脱げそうやし。キュッと絞めて。締め直すっていう作業が、今までおぼろげやったことすらも、ちょっとできてなかったことすらも、ピシッと正して、じゃあ挑むぞっていう、ここの2行メッチャ好きですね。

あと「共に分かち合った時は決して無駄じゃない」というのが、この歌のMVも過去の写真がいっぱい出てくるようになったんも、この2行が大分関係してると思いますね。はい。無駄と思いたくないという正直な、何も間違っていないって思いたい、そうでありたい。で、こういうわがままなこと言ってるから、そんな結果やねんって。


──いやいやいや。(笑)

寿君:だから締め直して行こうぜという歌なんすよ、これは。
自分の人生から生まれた、人生応援ソングなんで。これから4月で新しく学校生活に挑む人とか、スポーツ選手で今から試合に挑む人とか、格闘家で今からリングに上がる人とか…夢を追いかけて適当に人生送ってない人に、ぜひ聴いてほしい1曲です。


──うん、うん、うん。それで誰かのためになった時こそ、本当に決して無駄じゃないようになる瞬間ですしね。素敵です。

寿君::ありがとうございます。


──繰り返しになるかもしれませんが、最後に。寿君に取って今作はどんな1曲になったかお聞かせください。

寿君:この『大どんでん返し』は、人生の応援ソングとなっているので、新しい新生活とか、何かに挑んで頑張ろうとしてる人の応援ソングでもあり、寿君自身も励ますというか。今からやってやるぞという挑みも、プラスαここの中に入れてるので、5年後10年後をにこれ聴いた時に、もっとパンチ力のあるようなライフをこれからも送りたいと思います。


──『大どんでん返し』を引っさげてのライブも?

寿君:ライブなんですけど、インディーズの頃、毎年5月と1月にやってた「ありがたや」と「おめでたや」というライブがあるんですけど、これがやっとメジャーフィールドで、復活祭ということで、開催できることが決定しました。

6月30日に今回は自分の主催のイベントということで、フューチャリングアーティストに、大どんでん返しのMVに出てくるような自分の仲間たちも、そこに出てきます。
やっぱり自分の人生の中ですごく大事な、「NIKOICHI」という全国ツアーを2人で一緒に回った相方のHISATOMIはもちろん出ます。

レゲエというのは、ダンサーとサウンドマン(DJ)と歌い手が一丸となって音楽やる音楽なんで、今回はRISKY DICEっていうサウンドをゲストにお招きしてやろうと思っています。他にもまだ発表されてませんがさらに仲間たちも来てフューチャリング曲とかやるので、是非6月30日は、大阪のBIG CATに。


──大阪ですね。

寿君:はい、遊びに来てくれたら、次の寿君の楽しみなライブをいち早く報告できるかなという流れになっておりますので。

1個1個夢叶えて、おぼろげやったあのステージも1個1個緻密にクリアしていって、思い描いてたでっかい夢までやって行こうと思います。まずはこの配信を大成功というか、より多くの人に聴いていただいて、次の6月30日のライブを大成功させてというのが、目先の夢です。


──わかりました。ありがとうございました!インタビュー以上になります。

寿君:ありがとうございました!


TEXT 愛香
PHOTO 橋本美波

外部リンク