キャリア7年の新人アイドル「Re:Jewel」ついに1stシングルリリース!

2018年11月29日 17:31 歌詞/音楽情報 UtaTen

■Re:Jewel ファーストCDリリース!

Office Wack Wackがエージェントを務める鳥取出身の女性アイドルグループ「Re:Jewel」(リジュエル)は、12 月26 日(水)にArt Evidence よりファーストCD シングルをリリースする。
本年度6 月~8 月にかけて動画配信サービス「SHOWROOM」内で行われたイベント「オリジナル楽曲de デビュー3」で見事グランプリを獲得し、かつてはメジャーアイドルのプロデュースも手掛けていたこともある音楽プロデューサー、浅野ケン氏による楽曲提供とプロデュースを受けて今回のCDリリースへと至った。


【歌詞を見る】こんなアーティストも手掛けていたプロデューサー浅野ケン


・解散、充電を経て再始動!

元々2人が活動していたグループが前所属事務所の都合により3月に解散、そこから約半年の充電期間を置いて、8月に再始動したばかり。その再デビューへの足掛かりとして前グループ時代からお世話になっていたライブ配信サービス「SHOWROOM」内で開催されていた楽曲提供イベントへの参加を決めた。

・「SHOWROOM」でグランプリを獲得!

正直最初からグランプリを狙っていたわけではなかった。
当初は参加すれば全員が歌う権利がもらえる、SHOWROOM の配信者とリスナーとの絆をテーマにした「giftfor your smile」を歌いたかったから、前グループ時代の楽曲を歌うことさえ許されなかった2人にとって、自分たちが歌える曲が増えるだけでもそれは大変魅力的だった。しかしいざ楽曲提供イベントに参加すると「gift for your smile」の歌詞の如く従来からの地元ファン、そしてSHOWROOM 内の日本中、そして海外のファンの皆さんも彼女たちを上へ上へと押し上げてくれたのだ。

グランプリという座はいつしか彼女達の明確な目標となり、イベント参加の目的へと変わり、結果見事グランプリを獲得した。

・「Re:START」はMV制作も決定

本CDは都内専門学校のマスコミ出版・芸能学科の生徒さんも巻き込み、現在様々なプロモーションプランが計画されている。
表題曲である「Re:START」はミュージックビデオの制作も決まっている。

カップリング曲である「Rolling! Going! Blow away!」もスカコアの要素を取り入れた、既存のアイドル楽曲とは一線を画す、盛り上がり必至のナンバーに仕上がっている。

・2人のためだけの新バージョンも

そして参加賞として用意されていた、イベントに参加した人全員が歌うことのできる「gift for your smile」も交渉の末、2人のためだけにアイドルアレンジされた新バージョンとして生まれ変わり、CDのボーナストラックとして収録されることが決まった。

・【SHOWROOMとは】

SHOWROOM(ショールーム)は、SHOWROOM 株式会社が運営する、iOS やAndroid端末、PC からライブ配信および視聴を行えるストリーミングサービスである。『仮想ライブ空間』をキャッチコピーとするSHOWROOM は、アイドルやタレントがライブ配信して視聴者とコミュニケーションを楽しむWeb サイトとして2013 年11 月25 日にサービスを開始した。配信画面もライブステージをイメージしたレイアウトや演出が施されている。

SHOWROOM では、配信者として参加できる様々なイベントやオーディション企画が日々開催されており、視聴者からの支持(ギフトアイテムやコメント)を多数受けて配信が盛り上がると色々な特典や賞品が得られる仕組みになっている。各プロダクションと業務提携したイベントや共同オーディションでは「各メディアへの掲載権・出演権」「楽曲提供」などの特典が得られるものも存在する。

外部リンク

「ばってん少女隊」思い思いの休日の過ごし方とは?

2018年11月29日 17:01 歌詞/音楽情報 UtaTen

■大阪でのワンマンライブ前に…


──9月24日に、大阪の味園ユニバースでワンマンライブがありました。私も観に行かせていただきまして、そのMCの内容もちゃんと取材ノートに書いていますので、掘り下げていきたいと思います。上田さん以外の皆さんは前日に大阪入りして自由行動をしていたということで、瀬田さんは一人で串カツを食べに行ったそうですね。

▲瀬田さくら

瀬田「串カツを食べたい!と思って、心斎橋のあたりを歩いていたんですけど、静かで落ち着ける感じの串カツ屋さんがあって、そのお店でカルピスを一献しました(笑)」

──「一献」って(笑)。一人で串カツ屋さんに入るのは勇気がいるんじゃないかなと思うんですけど。

瀬田「店員さんもお客さんもビックリしていました(笑)。端っこの方で美味しくいただきました(笑)」

──何でも一人で行動できるタイプですか?

瀬田「友達と一緒に行くのも好きなんですけど、たまには一人でごはんしたりするのもいいなと思います。」

──串カツは特に何が美味しかったですか?

瀬田「豚が美味しかったです!ネギが間に入っていて。アスパラも美味しかったです!」

──希山さんは前回のインタビューでもお話ししましたが、さつまいもが大好きということで、西垣さんとお芋屋さんに行って、近くの公園で食べたと。

▲希山愛

希山「大阪にはお芋のお店がいっぱいあるから絶対行きたいと思っていて、ありっさー(西垣)と一緒に行ったんですけど…」

西垣「めっちゃ迷ったよね(笑)。2人のナビが全然一致しなくて、どっちが正しいのかわからなくなったんですけど、なんとか辿り着きました。」

希山「公園で食べていた時に、親子で遊んでいる人がたくさんいて、キャッチボールとか、サッカーとかしていました。」

西垣「私たちはベンチに座っていたんですけど、ボールが飛んできて、子どもさんが、ごめんなさいって謝ったんですよ。ちゃんと育ってるなぁ、偉いなぁって思いました(笑)」

──そこは親目線なんですね(笑)。そのあと、小鳥カフェに行ったと。

▲西垣有彩

西垣「そうなんです!(テンションが上がって)フーーー!小鳥カフェを調べたら、東京に3つと、大阪に1つあって、飛んで行きました(笑)」

──気分的には飛んで行ったわけですね(笑)。念願の小鳥カフェはいかがでしたか?

西垣「オカメインコが気になっていて、ほっぺが真っ赤で、トサカが立っているインコなんですけど、その子と、セキセイインコが戯れているのがかわいすぎました。あと、くちばしが赤くて、真っ白な文鳥がいたんですけど、(希山)愛に似てました。」

希山「飼ったらいいよって言われました(笑)」

──飼い主に似るって言いますからね(笑)。春乃さんはテスト中だったので、勉強をしていたそうですが、夜ごはんに、たこ焼きを食べたと。

▲春乃きいな

春乃「小5の時に家族で大阪に来た時に、すごく美味しかったたこ焼き屋さんがあって、そのお店を探したら、ホテルから歩いて行ける距離だったので、行きました。変わらず美味しかったです!」

──星野さんはチーズドッグが食べたくて鶴橋に行ったそうですが、道に迷ったと。

▲星野蒼良

星野「ケータイで調べて行ったんですけど、めっちゃ迷いました。30分ぐらい歩いて、20分ぐらい並んだので、食べた時、来て良かったと思いました(笑)」

──食べるまでに時間がかかった分、より美味しさを感じたわけですね。ライブで星野さんは、地元福岡出身のチェッカーズさんの大ヒット曲『ギザギザハートの子守唄』を歌っていました。今日の1回目のリリイベでも、♪15で不良と呼ばれるよ♪(*少しアレンジ)ということで、サングラスをかけて、黄色いプラスチックのバットを持って登場していましたが、不良になった気分はいかがですか?

星野「不良になるって言っているんですけど、大して不良っぽいことはしてないし、普段の学校生活では全然しないし、でも今日はサングラスして、バットを持って、ファンの方とツーショット写真を撮ったりしたじゃないですか。<不良がんばってね>って言われたんです(笑)。なので、“いい不良”になりたいと思います。」

──いい不良(笑)

星野「不良って、いい人もいるよって言っている方もいたので。」

──強く見せようとしているんですよね。星野さんは11月14日が15歳の誕生日でした。15歳の抱負を教えて下さい。

星野「今、中学3年生で、高校受験もあるからかもしれないですけど、最近1日1日がすごく速いなと思うんです。なので、15歳は1日1日を有意義に、楽しく過ごせたらいいなと思います。」

──上田さんは、大阪で遊びに行けるとしたら、どこに行きたいですか?

▲上田理子

上田「ユニバに行きたいです!まだ行ったことがないので。あと、NGK(なんばグランド花月)も!」

──上田さんは11月26日が18歳の誕生日ですね。18歳の抱負をお願いします。

上田「18歳って大人扱いじゃないですか。選挙にも行けるし。だからちょっと大人っぽくなります(笑)」


■「BDM」の楽しさを伝えたい!


──11月21日にニューシングル『BDM』をリリース!まずはこの「BDM」とは何ですか?

上田「BDMは、BATTEN×DANCE×MUSICの略なんですけど、私たちのライブとかで、私たちと同じ振付をして楽しんでいただくのもいいんですけど、お客さんが自分の好きなように踊ってもらえる空間になったらいいなぁっていう思いを込めています。」

──「BDM」という音楽ブランドを立ち上げたということなんですよね。では表題曲の『BDM』の聴きどころは?

希山「この曲はかっこよくて、サビではみんなで拳を振って、すごく盛り上がるし、歌詞も前向きで、これから世界を変えてやるぞっていう強い気持ちになります。本当に私たちの第2章にぴったりの曲だなって思います。」

──ハンドマイクでレコーディングをされたそうですね。

希山「ライブをしているような感覚でレコーディングをしたので、感情も入れやすかったですし、力強く歌えました。」

──『BDM』の特に好きな歌詞の部分をお聞きしたいと思います。瀬田さんは?

瀬田「私は、2サビの後に、みんながセリフを言っていって、最後に♪ばってん少女隊だーーー!!!!!!♪って、みんなで叫ぶところがあるんですけど、そこがみんなでひとつになった感じがして、すごく好きです。」

──春乃さんは?

春乃「私は、♪幻みたいな出会い。触れたならバイバイ もがいて掴んだ未来、愛したいだけ♪という部分です。ばっしょーは4年目なんですけど、いろんな出会いや別れもあって、あっという間だったなと思うので、一瞬一瞬を大事にしていかなくちゃと思えるので。」



──西垣さん、MVの見どころは?

西垣「MVは、私たちのBDMをみんなに伝えたいっていう熱い気持ちが炎になって出てきて、みんなの顔つきもかっこいいです!MVを撮影する前はみんなで人狼ゲームとかしていたんですけど、本番では熱い気持ちで踊ったりして、魂を注ぎ込んだので、このMVを観て、皆さんも熱くなってほしいなって思います。」


【動画】ばってん少女隊 BDMのMVを見る


──『BDM』はKEYTALKの小野武正さんが提供された曲ですが、小野さんからのアドバイスはありましたか?

上田「先日、小野さんとお会いした時に、<楽しんで、ぶつけて>って言われました。私たちもロックになって、お客さんと一緒に楽しみたいなと思います。」


■ライブでいろんな一面を観てほしい!


──12月28日に、カルッツかわさきで、今年最後のワンマンライブが行われます。

春乃「今年の5月に初めて生バンドでライブをして、7月に初めてホールでライブをしたんですけど、今回はそれを融合させて、生バンドでホールでのライブなんですよ。ライブハウスの方が熱量がすごいっていうイメージがあるじゃないですか。でも、ホールでもこれぐらい盛り上がれるんだぞ!っていうライブを出来たらと思います。」

──最後に、読者の皆さんにメッセージをお願いします。

星野「BDMという私たちの第2章が始まっているんですけど、かっこいいだけじゃなくて、いろんな雰囲気の曲があるので、ライブに来ていただいたら、ばっしょーのいろんな一面が観れると思います。ぜひ一度、ライブに来てほしいです。待ってます!」

西垣「たくさんの方々とライブで楽しさを共有したいなと思っていて、私たちもすごく楽しいんですけど、皆さんにはそれ以上に楽しむことが出来るライブをしようと思っているので、ぜひ来て下さい!」

瀬田「『BDM』は曲もかっこいいし、歌詞もすごく素敵なので、UtaTenさんで歌詞を検索して、ライブに来ていただいて、BDMを楽しんでいただけたら嬉しいです。」

春乃「ばっしょーの曲って、いい意味でアイドルらしくない曲がたくさんあるんです。だから、アイドルのライブはちょっと…とか、アイドルファン以外の方は思うかもしれないけど、全然自由に、思い思いに楽しんでいただけたら嬉しいので、ちょっとでも興味がある方は、ぜひ一度ライブに来てほしいなと思います。」

上田「私たちは本当にいろんな曲調の曲があるんですけど、喋ったらめっちゃ緩かったりとか、曲とMCの時のギャップも楽しんでもらえたらと思いますし、3月にZeppツアーも決まっていて、まだ実感が湧いていないんですけど、絶対に来ていただいた皆さんを楽しませることが出来るライブになると思うので、ぜひ私たちに会いに来てほしいなと思います。」

希山「考えていたことを(上田)理子が全部言ってくれたんですけど(笑)、とにかく、ばっしょーは、いろんなメンバーがいるので、好きな子が見つかると思います(一同爆笑)。今回のリリイベから、カルッツをどれだけ楽しく出来るかって、試行錯誤しながらやっているんですけど…(一同拍手)」

──その拍手は、おバカキャラの希山さんが「試行錯誤」と言ったからですか?

5人「はい!」

──四字熟語を使えるようになってすごい!という拍手だったようです(笑)。続きをどうぞ。

希山「いろいろ試したりしているので、それをカルッツでもっと発揮できるようにして、皆さんに楽しかったって思ってもらえるように、私たちも楽しみます!そして、Zeppツアーにも、たくさんの方に来てもらって、いろんなばっしょーを観てもらいたいし、とにかく楽しみましょう!待ってま~す!」


最後に私から「BDM」に対して、あいうえお作文ふうに一言!
B・・・ばってん少女隊を
D・・・大好きになって
M・・・毎日聴いてほしい!

TEXT&PHOTO:ポッター平井

外部リンク

無色透明なのに激情型シンガー?! 櫻井里花 1stAL『ありがとうじゃ足りないよ』を発売!!

2018年11月29日 14:18 歌詞/音楽情報 UtaTen

■アルバム『ありがとうじゃ足りないよ』発売

元スィートショップの近藤薫プロデュースのもと7月30日に1stシングル『短篇小説/ルーレットを回して』を発売し、デビュー。自身の誕生日である11月16日に四谷天窓で行ったワンマン公演はソールドアウトを記録。その勢いを示すように、櫻井里花は12月5日(水)に早くも1stアルバム『ありがとうじゃ足りないよ』を発売する。

・櫻井里花の色に染め上げる

アルバム『ありがとうじゃ足りないよ』から見えてくるのは、「その歌があるべき姿を描こうと自分の気持ちを寄せては、何時しか櫻井里花の色に染め上げている」ところ。
近藤薫が提供した曲たちに本気で惚れ込んでいるからこそ、それぞれの世界観へ全力で飛び込むことで、しっかり物語の主人公の感情と同化。でも、純朴で真っ直ぐな歌声は、どんな曲調だろうと染まりきることはない。むしろ、何も知らない純粋な女の子が、様々なスタイルの洋服(楽曲)を着替えては、いろんな自分の姿を無邪気に楽しんでいるようにも見える。


【写真を見る】櫻井里花がアニメの主人公?1stアルバムのジャケ写


素材が強い色を発しているからこそ、どんな洋服を着ても櫻井里花という存在へ先に惹きつけられる。短期間でファンを増やしてきたのも、そこへ大勢の人たちが惹きつけられたからだ。

櫻井里花は、アルバム『ありがとうじゃ足りないよ』について、こんな想いを語ってくれた。少し長めのコメントだが、ぜひ記したい。

・櫻井里花コメント

「わたしは、本当にまわりの人たちに「ありがとう」といくら言っても足りないくらい良くしてもらっています。まさにアルバム『ありがとうじゃ足りないよ』は、タイトル通り、感謝の言葉が尽きない、すごく重みのある1枚だと思います。

中には、『短篇小説』や『グレーのスーツのおじさん』のような今のわたしには背伸びした歌が多いけど、『Baby blue~くっついていたいよ~』や『WALK』のように、等身大のわたしを投影した歌も入っています。でも、今は背伸びをした歌だとしても、何年後かには背伸びをした歌が等身大となり、『Baby blue~くっついていたいよ~』や『WALK』を「若いなぁ」と言っている可能性だってあるかも知れません。それくらいどの歌も、ずっと長く歌い続けていきたいです。


【MVを見る】森で熱唱!切ない恋を短編小説に例えた「短編小説」


わたし、夜中になるほど気持ちがネガティブになり、自分に自信を持てなくなることがあります。だけど「そんなことを言ってられない」「悩んでいる時間は無駄」「もっと多くの人たちにこの想いを伝えなきゃ」と、気持ちを前向きにしてゆくアルバムにもなりました。

曲を作ってくれる人がいて、楽器を演奏してくれる人がいて、編曲してくれる人がいて、やっとわたしが歌って作品になる。それを聞いてくれる人がいるからライブも出来て、次の作品へ繋げていける。誰か一人でも欠けたら、今の状況はあり得ないこと。だからこそ、ずっと感謝の気持ちを忘れずに歌っていきたいなと思います。

わたしはこれからも「ありがとうじゃ足りないよ」という気持ちを持ちながらライブ活動を続けますし、この作品をいろんな人たちに届けることが、今の櫻井里花を応援してくれるみなさんへの恩返しになると思っています。何よりこれから先、何か迷うことがあっても、このアルバムへ触れることで今の気持ちにわたしは戻れます。だからかな、このタイトルを見るだけで泣けてくるのは」

◎アルバム『ありがとうじゃ足りないよ』試聴音源

出典: YouTube



・なりたい自分を見いだす最初の道標

櫻井里花にとって1stアルバム『ありがとうじゃ足りないよ』は、なりたい自分を見いだすための最初の道標となる作品。まだまだ成長過程のように、今はまだ角張った金平糖みたいだ。彼女の場合、角が取れて丸くなるのではなく、そのとんがりをもっともっと突き出そうしている。櫻井里花がこれからどんな色を描き出すシンガーになってゆくのか、楽しみだ。

最後に、本人の楽曲解説を掲載しておこう。アルバムを聞くうえでの参考にしていただけたら幸いだ。

TEXT:長澤智典


『タイムリミット』

わたしのまわりには、すごい才能を持った人たちがいっぱいいます。その人たちと自分を見比べては、自信を失くして落ち込むこともあります。だけど、そんなわたしを信じてみなさんが支えてくれるから、わたしはこうやって進み続けられるのも事実です。自分一人で「駄目だ、駄目だ」と思っていると、まわりの風景さえ歪んで見えてしまうけど。わたしを支えてくれる人たちを信じてさえいけば、その景色はくっきりとしてきますし、真っ直ぐに突き進もうという気持ちにもなれます。

タイムリミット(限界)など自分で決めずに進んでいこう。自分自身と向き合いながら前を向いてゆく気持ちを、わたしは『タイムリミット』を歌うたびに感じます。

『短篇小説』

『短篇小説』は、暗い感情を歌にしたマイナー調の楽曲。激情するように声を張り上げ歌う面もあるように、表現するのが難しい歌。最後には前を向くけど、その気持ちへ辿り着くまでは深い海の底を潜り続けるような感覚でした。最初は真っ暗な感情という印象でしたが、歌い込むにつれ要所要所へ主人公の苦しい気持ちと言いますか、相手に対する未練を抱えながらも、それでも前へ進む想いなど、いろんな感情が入り交じっているのが見えてきました。しかもこの黒は、最初から闇のような黒ではなく、紫や灰色など、いろんな色(感情や経験)が入り交じったことで黒になったとも感じるようになりました。その気持ちを理解したうえで、わたしは叫ぶように歌っています。

『Baby blue~くっついていたいよ~』
                
わたしにとって『Baby blue~くっついていたいよ~』は、妄想の世界。わたしが普段からしている妄想の世界そのものが『Baby blue~くっついていたいよ~』には広がっていました。おかげで、ずっとニヤニヤしながら歌っていたのを覚えています。中へ、「どうして私を選んだの?」という歌詞が出てきます。そこを歌うたびに、「現実で恋愛をしたらこういうことを言うのかな??」と妄想をしながら、やっぱしニヤついています(笑)。

『ありがとうじゃ足りないよ』

大好きな相手だからこそ、接してゆくに際しても、本来の自分と、相手に合わせたい自分という感情の狭間で心が葛藤してゆくこともあると思います。その気持ちの選択の仕方によって、この子は、大好きな人との時間は戻らないものになってしまいました。そこに届いた大好きな人からのメッセージ。そこでまた彼女の気持ちが揺れ動く、その様がとても切ないなと感じました。

白い紙の上にスポイトで色水をポトンと落とすと、ジワッーと色が滲みながら広がるじゃないですか。シンプルな楽曲だからこそ、その上に感情を落としたときにも、その想いがジワジワと広がってゆく。『ありがとうじゃ足りないよ』を聞くときは、ぜひ目を閉じて、すべての感情をシャットダウンし、何も考えずに音楽だけに集中して聞いて欲しいなと思います。

『グレーのスーツのおじさん』

品川にあるビルの25階のオフィスで働いているおじさんが、バーで働いている若い女の子に「ちゃんと就職をして、将来有望な彼氏をみつけなさい」と語る歌が『グレーのスーツのおじさん』になります。「わたし、こんなお店で働いたどころか、行ったこともないよ」と、最初はオロオロしていましたけど(笑)。主人公の女の子が抱えている気持ちには、わたしも共感を覚える面が強くありました。

わたしは今、大学4年生。
まわりのみんなは就職など将来の安定した進路を考えているけど、わたしは自分の夢を追いかけたい。そこは、歌に登場する彼女と同じ気持ちのように、「じつはぜんぜん自分と遠くない話」なんだと、歌いながら思えるようになりました。

ただ、MVの撮影は難しかったといいますか、わたし、生まれて初めて付け睫をつけ、濃いお化粧をしたように、こういう機会がなかったら一生出来なかった姿になれたことは良い経験にもなりました(笑)。

『ルーレットを回して』
         
『ルーレットを回して』の特色は、一番と二番で歌詞の視点が変わってゆくこと。男性の気持ちと女性の気持ち、それぞれを先に歌詞へ記しながら、互いの感情が絡み合うことで楽曲として成立してゆく。聞くときにも、そこを感じてください。

『WALK』
  
『WALK』はめっちゃ前向きな曲です。わたしの好きな歌詞が、「守りたいものは何でしょう 壊したいものは何か」。ただ真っ直ぐに突っ走るのではなく、「自分の中で何が大切か」をしっかり持ってさえいれば、何でも抱え込むのではなく、不必要なものは切り捨てていけるし、自分がどう成長していけば良いのかもわかってゆく。その物事が良い方向へ行くのか悪い方へ進むのか今はわからなくても、確かな信念を持って歩き続けてさえいれば、結果「良い」になるという歌です。

身に付けたものを持ち続けたい気持ちもわかりますけど、変わってゆくうえで、ときには捨てる勇気も必要だと思います。

『おつかれさん、また明日。』

自分の中で何かをあきらめながら日々を過ごすことや、本当は何がしたかったのか、そんなことを考える瞬間って、みんなの中にもあると思います。わたしも深夜になると、そういう気持ちに襲われることがあります。先のことをあきらめ、今のまま進み続けるのか。自分で一つの区切りをつけ、新しい道へ飛び込もうとするのか…。

わたしは変わっていきたい人。後悔しないで進める道がどれかはまだわからないけど、やりたいと思った道へわたしは進みたいし。そうやって、明日を変え続けていきたいなと思います。

外部リンク

大好評につき3回目!女性アーティストの素敵な曲をPICK UPして届けるLIVE、『キラ☆キラTUNE vol.3』が開催決定!

2018年11月29日 12:01 歌詞/音楽情報 UtaTen

大好評につき、第3回が開催!ライブハウスで活躍している女性アーティストの素敵な曲(= キラ☆キラTUNE)をPICK UPし、音楽を愛してやまない人たちにお届けするライブイベント『キラ☆キラTUNE vol.2 ~powerd by UtaTen~』が12月11日、梅田amHALLで開催が決定している。

今回、その出演者の3名から、とっておきの「キラ☆キラTUNE」を紹介していただいた。
本人からのメッセージが届いているので、早速ご紹介いたします。


■ぴこのキラ☆キラTUNE




・『グッバイ』の曲への想い

わたしは、歌手になりたいと言う夢を、恥ずかしくて親にも友達にも言えませんでした。全く関係ない進路を進み、初めて友達に打ち明けた時にその子がきっかけを持ってきてくれて、今わたしは歌うことが出来ています。やりたいと思ったことや夢は、恥ずかしいと思って誰にも言わないと自分の中で消えちゃう。でも勇気を出して人に伝えると、自分が思ってた以上に応援してくれる人は沢山いるし、世界が広がるよ!と言う実体験を元にした楽曲です。自分の夢に自信を持ってください!


出典: YouTube



■MIUのキラ☆キラTUNE




・『出逢えた奇跡』の曲への想い

この曲は「感謝」をテーマに想いを詰め込んだ一曲です。
この曲を作る際に、自分が生きてきた過程で出逢った大事な方、私を育ててくれた恩師たちを思い描きながら、作詞しました。どんな出逢いもかけがえがなく、一人として欠けてしまっていては、「今の自分」に成っていなかったんじゃないかな、と感じました。今まで出逢ってくださった、そして関わってくださったすべての方が生きていく中で大きな影響を与えてくださっていることを改めて実感し、人のあたたかさを感じながら作詞しました。ぜひ、一人でも多くの方に見て知って、そして聴いて頂けると幸せです。


■平野里沙のキラ☆キラTUNE




・『魔法のパレット』の曲への想い

冴えない毎日も、きっと自分の考え方次第で、カラフルに輝くはず。
そんな想いで書いた曲です。


■更に魅力的なアーティスト達も続々登場!

U.for

すみれ

アイドルグループ、KissBeeWESTに所属、前回のキラ☆キラTUNEでシンガーデビューを果たしたCHiYUUも参戦!


12/11は、キラ☆キラTUNEを見るためにamHALLまで足を運ぼう!


・ライブ情報

amhall&chopped up present's
キラ☆キラTUNE Vol.3

開催日/ 2018年12月11日(火)
・OPEN 18:15 ・START 18:45
・前売 2,400円 当日2,900円 ※別途1ドリンク600円

<出演>
すみれ /CHiYUU(from KissBeeWEST) /ぴこ / 平野里沙 /MIU / U.for

■会場:amHALL
http://amhall.jp/

外部リンク

Toshl あの名曲をイベントで披露!!

2018年11月29日 10:28 歌詞/音楽情報 UtaTen

■ミニライブ&握手会を都内で実施!

20年ぶりのメジャーリリースとなるToshl初のカバーアルバム『IM A SINGER』(読み:アイム・ア・シンガー)が遂にこの日発売された。

アルバム発売を記念し池袋サンシャイン噴水広場ではそれを祝おうと2000人の観客が詰め掛けた。

インストア・キャラバンは先週に名古屋、静岡、大分に続く4箇所目であり既に各地で数千人の観客が集まり話題となっていた中で迎えた初の東京での実施となった。

Toshlのアルバムに対する思いや制作秘話など軽快なトークで観客の耳目をさらい、圧巻はAKB48のカバーでもある「365日の紙飛行機」、ダウンタウン松本人志作詞、槇原敬之作曲、ダウンタウン浜田雅功が歌う「チキンライス」を披露した事だ。

響きわたる高音のハイトーンボイスに固唾を呑み見守り歌が終わると2000人の拍手に包まれた。

Toshlは多くの会場にいるファンに向かってこう感謝の意を述べた。

「人生紆余曲折ありましたがこんな未来が待っていてくれているとは思っていなかった為、今まで辛いことがあっても踏ん張って耐えて頑張ってきて良かった。

またこうして色々な出会いも経験できたことで本当に感謝しています。

自分は歌によって救われたから自分が歌を届ける事によって皆が幸せになってくれればと思う。今日ここにいることに本当に感謝しています、有難う」

この熱気をもって今週末には埼玉、福岡、佐賀でもイベントが行われるので楽しみにしたい。

【写真】ファンに囲まれポーズをとるToshl

■iTunesにおけるアルバムチャートも早くも1位!

台湾、香港、タイのiTunes Store J-popチャート1位!同日ハイレゾ配信も!

発売日11月28日時点でiTunesアルバムチャート1位を早くも奪取!更に台湾、香港、タイのiTunes Store J-popチャートでも1位といきなりの快進撃!

そして同日ハイレゾでの配信も開始された。

YouTubeで公開している「糸」の動画再生回数は早くも100万回に届く勢いだ!

■2019年、1月からはドラマ主題歌を担当!

テレビ東京での1月クールドラマ「記憶捜査~新宿東署事件ファイル~」の主題歌に「幸せのちから」が決定!この曲は「IM A SINGER」に収録されている曲、オリジナルは和田アキ子が2008年にリリースしている。

外部リンク

kolme、第3弾デジタルシングル『Tie me down』配信決定!

2018年11月29日 10:24 歌詞/音楽情報 UtaTen

■kolme 3カ月連続の新曲配信!

ガールズユニット《kolme》が、12月10日に配信シングル『Tie me down』をリリースすることが決定した。


kolme、大好評の新曲『Why not me』は音の質感に要注目!?


第1弾『Why not me』、第2弾『The liar』、そして第3弾『Tie me down』と3カ月連続の配信となる。

先述の『Why not me』や『The liar』はSpotifyやApple Music、KKBOXとそれぞれの“話題の新曲”を紹介するプレイリストにリストインし幅広く評価されているもよう。

Spotifyにおいては、4週連続でリストリンするという快挙。そんな各楽曲が好調ななか、12月の第3弾『Tie me down』配信が発表された。

■ダンスパートもイメージしたメロディ

作曲を手掛けたMIMORIは「今作はJazzやHip Hopなどkolmeの軸になってきた音楽に、迫り来るような疾走感があるトラックにシェイクするリズムを加えるという、これまでにない新たなアプローチを盛り込んで作った楽曲です。そしてスイングジャズをモチーフとし、ダンスパートもイメージしながらメロディを仕上げていきました。」とコメント。

・リリックビデオ11月30日から公開

さらに『Tie me down』のリリックビデオが11月30日(金)の22時に公開される。

★『Tie me down』リリックビデオ視聴予約

出典: YouTube



映画やテレビ番組のプレミア上映のように、動画の公開をカウントダウンで迎え、チャットで会話ができる新機能「YouTubeプレミア」にて公開されるというので、ぜひ事前に視聴予約登録してほしい。

外部リンク

中島美嘉 歴代ヒット曲を含む全44曲を収録 初の企画ベスト盤リリース決定!!

2018年11月29日 10:19 歌詞/音楽情報 UtaTen

■中島美嘉、初の企画ベスト盤リリース

2003年の発売以来大ヒットを記録し、現在でも国内外数多くのアーティストにカバーされ続けるなど時代と国境を超え国内を代表するウインターバラードとなった「雪の華」。
名曲の誕生から今年で15周年を迎え、2019年2月1日に公開が決定している登坂広臣・中条あやみほか豪華キャスト陣による映画『雪の華』が話題沸騰の中、2019年1月30日「雪の華15周年記念ベスト盤 BIBLE」のリリースが決定!


【MVを見る】「雪の華」白い世界に15年前の中島美嘉が…


■ヒット曲や新曲をテーマ別に収録

本作は「雪の華」「ORION」「GLAMAROUS SKY」など歴代のヒット曲に加え、最新曲「彩恋~SAI_REN~」や新曲「夜が明ける前に」などのアルバム初収録曲含む全44曲をテーマ別に
「ラブ盤」「ナミダ盤」「キレイ盤」の3CDに収録!これまでの作品とは異なったプレイリスト感覚で楽しめる内容となっている。

更に、初回生産限定盤Blu-rayとDVDには昨年開催したベストツアー的内容となる「MIKA NAKASHIMA FULL COURSE TOUR 2017~YOU WON'T LOSE~」が収録される他、スタッフが選ぶ「中島美嘉名言集入りフォトブックレット」付きの豪華仕様となる。

・中島美嘉 コメント

気付けば雪の華と出逢って15年が経ちました。今でも沢山の方に愛され続けるこの曲をきっかけに、アルバムに収録された名曲達を聴いてくれた人達が少しでも心が元気になって貰えたら嬉しいです。
色々な気持ちに寄り添える曲が詰まったアルバムを、皆さんそれぞれの聴き方で是非楽しんで下さい。


【歌詞コラム】中島美嘉 女が一番綺麗なときって...


■ダイジェスト映像も公開!

数々の名曲をたっぷり堪能できるボリューム満載の傑作盤は中島美嘉ファンのみならず全音楽ファン必聴のアイテム。2019年年明け映画と共に要注目の作品!
11月29日からオフィシャルYouTubeで公開された「雪の華15周年記念ベスト盤 BIBLE」ダイジェスト映像と併せ是非チェックして欲しい。

■「雪の華15周年記念ベスト盤 BIBLE」ダイジェスト映像

出典: YouTube


■「彩恋~SAI_REN~」リリックビデオYouTube URL

出典: YouTube

外部リンク

MELLOW MELLOW 12月19日発売の2ndシングル「君にタップ」MV&ジャケット写真公開

2018年11月29日 10:18 歌詞/音楽情報 UtaTen

■MELLOW MELLOW 「君にタップ」MV公開

SENA、MAMI、HINAによるメンバー全員の身長が150cm以内の3人組ダンスヴォーカルユニット”MELLOW MELLOW”が、12月19日(水)発売の2ndシングル「君にタップ」のミュージックビデオとジャケット写真を公開した。


【インタビュー】MELLOW MELLOW リアルな理想のデートを暴露!?


■「君にタップ」ミュージックビデオ

出典: YouTube


ミュージックビデオとジャケットデザインのディレクションには、デビューシングル「マジックランデブー」も担当したKASICO氏。

コンセプトはー「終末を迎え、誰もいなくなってしまった惑星で、遠く離れた”君”に想いを届けようとする3人」―

■メンバーの想い全てが凝縮された楽曲

「君にタップ」は、作詞をフィメールラッパーのMCpero氏、作曲、編曲を土川大輔氏が手掛けた。

MELLOW MELLOW初めて自身のグループのことを歌った作品で楽曲の最後の部分に”進めているよ”という歌詞に、メンバーの想いの全てが凝縮されている。

カップリングには、MELLOW MELLOWの、ファンク、ソウルな世界観の根幹を作っている宮野弦士氏による「アテンションガール」と、R&B、クラブミュージックサウンド色が強く打ち出されたハガセイヤ氏による「Way To Tomorrow」が収録される。

■リリース記念イベントも開催!

今回このリリースを記念して12月2日(日)HMV&BOOKS SHINSAIBASHIをスタートとし、各地でリリースイベントも予定されている。

詳細はオフィシャルサイトまで。

外部リンク

LUCKY TAPES クリスマス限定ドラマ「ルミネ」主題歌に決定!

2018年11月29日 10:01 歌詞/音楽情報 UtaTen

■LUCKY TAPES「ワンダーランド」がクリスマス限定ドラマ主題歌に決定

LUCKY TAPESの最新アルバム『dressing』収録曲「ワンダーランド」が、ルミネのクリスマス限定ドラマ『MATCH girls』の主題歌に決定。11月29日(木)より予告編が公開された。


【歌詞を見る】嫌い嫌い 名前を呼んでよ「ワンダーランド」


・ストーリーとシンクロし物語のエンディングを彩る

『MATCH girls』は、「セトウツミ(少年チャンピオン・コミックス/秋田書店)」で一躍脚光を浴びた天才漫画家・此元和津也が初のオリジナル実写脚本に挑戦し、W主演に若手実力派女優の中村ゆりかと岸井ゆきの、監督にドラマ「忘却のサチコ(テレビ東京)」を手掛ける山岸聖太を起用した、ルミネ2018年のクリスマスキャンペーン『HAPPY HAPPY END』の一環として制作されたクリスマス限定ドラマ。

キャンペーンのメッセージである「ハッピーエンドにしませんか」をコンセプトに、「マッチ売りの少女」を現代の東京を舞台に再解釈した意欲作となっており、アルバム『dressing』を締めくくる、透明感溢れる高橋海の歌声と壮大でファンタジックなアンサンブルのラスト・トラック「ワンダーランド」が、“ハッピーエンド”にリメイクされたストーリーと絶妙にシンクロし物語のエンディングを彩っている。

■ツアー「Hit The Trail」決定

アルバムリリースと同時にスタートした全国12都市13公演のワンマン・ツアー「"dressing” release tour 2018」で東京・マイナビBLITZ赤坂での最終公演を含め各地ソールドアウトが相次ぎ大成功を収めたバンドは、同じく先日リキッドルームでツアーファイナルを迎え来年にはマイナビBLITZ赤坂でのワンマンも決定したFIVE NEW OLDのカップリングツアー「Hit The Trail」が決定。


【写真を見る】妖しい夜の雰囲気を醸すLUCKY TAPES


2018年2月18日の渋谷クアトロ公演を皮切りに、東名阪と福岡の全4公演が開催される。さらに年末の「COUNTDOWN JAPAN 18/19」への初出演をはじめ、2018年も話題が続く。公開された予告編に続き、12月10日(月)にはドラマ本編が公開予定となっているので、是非楽しみにしていてほしい。

▼ルミネ クリスマス限定ドラマ『MATCH girls』(予告編)

出典: YouTube


・【クリスマス限定ドラマ『MATCH girls』概要】

タイトル: MATCH girls
公開日時: 12月10日(月) /
     下記特設サイト(YouTube)にて公開
出演: 中村ゆりか、岸井ゆきの、でんでん
   嶺豪一、笠松将、川上有里、水石亜飛夢、山根愛
脚本・監督: [脚本] 此元和津也 [監督] 山岸聖太
主題歌: LUCKY TAPES『ワンダーランド』

あらすじ:
12月24日。フリーターの別所(岸井ゆきの)に誘われ、喫茶「アンデルセン」でお茶をすることになったOLの相川杏奈(中村ゆりか)。マッチに火が灯され、二人の関係は変かしていく。一人ぼっちと一人ぼっちが二人で過ごすクリスマスイブは、ハッピーエンドになるのだろうか-

外部リンク

DA PUMP、過去のヒット曲をオマージュしたMVが完成!!ダンスシーンに注目!!

2018年11月28日 18:54 歌詞/音楽情報 UtaTen

■DA PUMP 新たに撮影したヒット曲のMV公開

DA PUMPのベストアルバム「THANX!!!!!!! Neo Best of DA PUMP」(12月12日発売)に収録される、新たに撮影された「if...」と「ごきげんだぜっ ! ~ Nothing But Something ~」のMUSIC VIDEOが公開された。


【写真を見る】ベストアルバム サプライズ発表した 歓喜の会場!


■DA PUMP / if… New ver. Music Video

出典: YouTube



■DA PUMP / ごきげんだぜっ ! ~ Nothing But Something ~ New ver. Music Video

出典: YouTube



・過去に制作したMVのオマージュ

2本のMUSIC VIDEOは、それぞれ過去に制作したMUSIC VIDEOのオマージュになっており、今の7人の魅力を最大限に伝えつつ、以前のDA PUMPが好きな人も今のDA PUMPが好きな人も楽しめる作品になっている。各メンバーの魅力を引き出すように、より一層動きをつけたダンス シーンは注目だ。

・デビュー曲なども収録の究極の作品

なお、ベストアルバム「THANX!!!!!!! Neo Best of DA PUMP」は、今のDA PUMPを網羅する究極の1枚に。「U.S.A.」はもちろん、デビュー曲「Feelin' Good ~It's PARADISE~」、大ヒット曲「if...」を含む珠玉のナンバーが収録され、「New Position」「U.S.A.」を除いた楽曲がボーカル・リレコーディングされている。


【デビュー曲のMVを見る】防犯カメラに写るDA PUMPが若い!


DVDには公開された「if...」と「ごきげんだぜっ ! ~ Nothing But Something ~」のミュージックビデオの他にも、今年の「a-nation 2018 supported by dTV & dTVチャンネル」(8/18大阪公演)のDigest映像などが収録される。
まだまだ終わりそうにない「DA PUMP」旋風に注目したい。

外部リンク