【ライブレポート】2Daysに拡大<UNiON STAR’S 2018>、多彩な顔ぶれがコラボ

08.17 22:00 BARKS

ユニオンエンタテインメント所属アーティストが顔を揃えるイベントとして話題を呼んでいる<UNiON STAR’S>。初開催となった昨年の反響の大きさを受けて、今年はガールズバンドをメインにした“RED STAGE”とダンスユニットを軸にした“BLUE STAGE”に色分けされた2DAYS開催にスケールアップ。より充実感を増したイベントとなり、昨年同様 shibuya duo MUSIC EXCHANGE で華々しく行われた。

◆<UNiON STAR’S 2018>ライブ画像(全135点)

8月11日(土)に行われた“RED STAGE”は、新鋭のシンガーソングライターとして注目を集めている大野舞のライブで幕を開けた。いつもは1人でステージに立っている彼女だが、今回は Noble rebel の Mayu(g)とLaana(b)、FUN RUMOR STORYのSherry(key)、RagnaRockのMaNa(dr)をバックに据えたバンド形態のライブを披露。ウォームな「君がいるから」やスロー・チューンの「おぼろ月夜に…」、爽やかに疾走する「夢標」といった多彩な楽曲とエモーショナルなヴォーカル、快活なバンド・サウンドにマッチした明るい雰囲気のステージングなどで楽しませてくれた。オーディエンスのリアクションもよく、<UNiON STAR’S 2018>は上々の滑り出しとなった。

続いてステージに立ったRagnaRockは、「せーの!」や「GO MY WAY」「TAKE OFF」といったキャッチーなアップテンポのナンバーで畳みかけるライブを展開。フィジカルなステージングと躍動感に満ちたサウンドに、場内はいいムードで盛りあがった。残念ながら今回のステージはRagnaRock のラストライブとなったわけだが 4 人が生み出すチームワークは健在だったし、笑顔を交わし合うメンバーの姿やタイトなサウンドなどに目と耳を奪われた。淋しさを漂わせることなく、RagnaRockの真髄といえるアッパーなライブを最後に披露したのは見事。演奏を終えた4人に向けて、客席から大きな歓声と温かい拍手が湧き起こったことが印象的だった。

Noble rebelのライブは「MASQUERADE」からスタート。マスクを被り、鮮やかなドレスを身に纏ったメンバーの姿と翳りを帯びたサウンドの取り合わせが生むインパクトの強さは絶大で、場内は瞬く間にNoble rebelの世界に染まった。その後は、しっとりとした歌中と激しいサビ・パートの対比を活かした「事情~forbidden love~」やアッパーな「True Feelings」、力強く疾走する「約束~reviving memories~」などをプレイ。ライブが進むに連れてボルテージをあげていき、激しくパフォームするステージは魅力に富んでいた。ショートライブで“静と動”をしっかり表現する辺りはさすがの一言で、強く惹き込まれずにいられなかった。

Noble rebelのライブに続いて、FUN RUMOR STORYのTaKey(vo)とMami(b)、Noble rebelのNachi(vo)とMayu(g)、RagnaRockのMaNa(dr)がステージに登場。1日限定のスペシャル・セッション・バンドとして、X JAPANの「Rusty Nail」とWANIMAの「やってみよう」を聴かせてくれた。豪華な顔合わせに加えて、笑顔で演奏するメンバーの姿やセッションバンドとは思えないスクエアなサウンドなどに客席からは歓声があがり、場内は大いに沸いた。こういうコラボレートが見れることも<UNiON STAR’S>の楽しみのひとつなので、ぜひ今後も継続してほしいと思う。

Saasha+Sweet Childはスタイリッシュかつメロウな「Driving high way」を皮切りに、メロディアスな「サインポスト」や繊細なスロー・チューンの「ウデドケイ」などを続けてプレイ。豊かな声量や群を抜いたピッチのよさ、それぞれの楽曲に合わせた細やかな表現力などが光るSaashaのヴォーカルと実力派揃いのSweet Childが奏でる洗練されたサウンドは“良質”の一言に尽きる。アッパーなライブを行うアーティストが揃った“RED STAGE”の中にあって、やや異質な存在でいながらオーディエンの心をしっかりと掴んだのはさすがの一言。ハイクオリティーな音楽に加えて、Saashaの穏やかな人柄がその大きな要因になっていることも心に残った。

RaniはCaratのMona(DJ)、Noble rebelのMayu(g)と共にステージに登場。普段の生バンドとは異なるバックトラックを使ったスタイルで、「××警告」と「デビガール」を披露した。アクティブにステージをいききして力強い歌声を聴かせる Raniの姿と気持ちを駆り立てる轟音に場内の熱気はさらに高まった。その後はスペシャル・ゲストとして招いたELLEGARDENの高田雄一(b)とNICOTINEのBEAK(dr)、韮バンドの独古翔(g)という編成にチェンジして、「Rita」と「Shadow」をプレイ。ベテラン勢に引けを取らない存在感を発していたRaniはさすがといえるし、歌唱力にさらなる磨きがかかり、高田のペンによる「Shadow」で新たな顔を見せていることなども見逃せない。彼女がいい波に乗っていることを強く感じさせるステージだった。

<UNiON STAR’S 2018>は、高田雄一とBEAK、そして超飛行少年の小林光一(vo/g)が新たに結成したMAYKIDZが参加したこともトピックとなった。歓声と拍手を浴びてステージに立った彼らは「Hide And Seek」や「End Of Tragedy」「Barograph」といったファスト・チューンを相次いでプレイ。キレの良さと音圧を併せ持ったサウンドとひたむきなヴォーカルをフィーチュアした彼らの楽曲は、爽快感に溢れていた。熱くパフォームするあまりギターのストラップがピンごと飛んでしまうというアクシデントに見舞われながらもテンションダウンすることはなく、怒涛の勢いでいきあげたのは実に見事。またひとつ注目のバンドが表れたことを印象づけて、MAYKIDZはステージから去っていった。

“RED STAGE”のトリを務めたFUN RUMOR STORYのライブは、キャッチーな「Fighting MAN」からスタート。メンバー全員が織りなす華やかなステージングと心地好いサウンドにオーディエンスも熱いリアクションを見せ、場内の熱気はさらに高まった。「Fighting MAN」で創りあげたいい空気感を保って、爽やかな「Sunday Girl」やウォームなスロー・チューンの「永遠に Happiness」、ハイテンションな「Colorful Story」などをプレイ。オーディエンスの様々な感情を突くメリハリの効いた構成も奏功して、場内なイベントの締め括りにふさわしい盛大な盛りあがりとなった。バンドとしての魅せ方を見つけたことを感じさせただけに、今後のFUN RUMOR STORYも本当に楽しみだ。

FUN RUMOR STORYのライブが終わった後、エンディングとして“RED STAGE”の出演者全員がステージに姿を現した。みんなを代表してRaniが「<UNiON STAR’S 2018>は明日も続きますけど、いい1日目にできたんじゃないかなと思います。ありがとうございます」と挨拶。その後は出演者たちのサイン色紙のプレゼント抽選会や好きなメンバーとの撮影会、記念撮影などが行われ、ライブが終わったあとも場内の熱気は冷めることがなかった。

今回の“RED STAGE”を観て強く感じたのは、ガールズバンドのクオリティーは本当に高くなったな…ということだった。ガールズバンドというだけでもてはやされる面もあった昔とは異なり、今のガールズバンドは個性や魅力的なヴィジュアル、たしかな演奏力などを備えていないと頭角を現すのは難しい。そんな時代になったことで全体的なレベルアップが起こっていることをあらためて実感したし、そういう流れの中でユニオンエンタテインメントが大きな役割を果たしていることも感じることができた。今回の出演者たちの活躍に加えて、ユニオンエンタテインメントがこれからも魅力的な存在を発掘/育成してくれることを大いに期待したい。

◆<UNiON STAR’S 2018>2日目“BLUE STAGE”レポ

<UNiON STAR’S 2018>の2日目となる“BLUE STAGE”は、オープニング・アクトを務めるSuper Break Dawnのパフォーマンスから始まった。“ピン”と糸が張ったような緊張感が漂う中、Super Break Dawnの7人はダイナミックかつしなやかなダンスを展開。完成度の高いパフォーマンスにオーディエンスは息をのんで見入り、ライブが終わると同時に客席からは盛大な拍手と大歓声が湧き起こった。わずか5分足らずのステージで場内を“BLUE STAGE”の空気に染めたのは、さすがの一言に尽きる。

“贅沢なオープニング・アクトだったな”と思う中、場内に軽快なサウンドが鳴り響き、ステージに甲斐ゆいかが登場。純白のドレス姿で「さくらんぼ」や「ケサランパサラン」といったキャッチーなナンバーをキュートに歌う姿は、正統派アイドルならではの可憐な魅力に溢れている。等身大かつ明るい雰囲気のMCも含めて彼女の巻き込み力は絶大で、ライブを通して場内はいいムードで盛りあがった。声優や女優、タレントなど幅広いフィールドで活動を行っている彼女だが、アイドルとしても高いポテンシャルを備えていることを、あらためて実感させられるステージだった。

続いてステージに立ったのは、千葉CLEAR’S。チアリーディングっぽさもあるカラフルなコスチューム姿の7人がフィジカルなダンスを繰り広げるステージは本当に魅力的だった。彼女たちのダンスはとにかく運動量が多いことが特徴で、ノンストップで激しく踊り続けるステージに圧倒された。特に、「Stand Up!! Hands Up!!」のシアトリカルなテイストも織り交ぜたダンスを“ビシッ!”と決めたのはさすがといえる。12月15日に初の単独公演が決まったこともあり、今後の千葉CLEAR’Sの展開にも大いに期待したい。

若干18才ながら優れた歌唱力を誇るシンガーとして話題を呼んでいるWa:Miは、良質な歌声でオーディエンスを魅了した。ソウルフルな「Love On Me」やピアノを弾きつつ歌ったスロー・チューンの「ヒカリの花」、8月公開の映画『RYOMA 空白の3か月』主題歌に決まったスタイリッシュな「最愛なるフレンド」など、表情豊かな楽曲のエモーションを巧みに表現するヴォーカルは見事。“どっぷりソウル”というようなパターンとは異なり、ブラック・ミュージックがほのかに香る耳馴染みのいい楽曲も実によかった。

“特攻服ガールズ(エア)バンド”覇汝家(HANAYA)のステージは、新メンバー3名のお披露目ライブとなった。メンバーそれぞれが白、黄、青、紫、黒の特攻服を着こみ、ロックンロール・テイストを活かしたアッパーなナンバーを振付きで歌うステージは魅力的だし、持ち時間の中で聴かせたのは2曲だけで、あとはトークとお笑い芸(今回は総長がガチの顔面ゴムパッチンをされた)という構成も秀逸だった。場内は爆笑の連続で、覇汝家が独自のエンターテイメント性を持ったユニットとして注目を集めていくことを予感させるライブだった。

爽やかな「Summer Love」でライブをスタートさせたLovRAVEは、エモーショナルな「ASAP~愛が拡散する前にメドレー」や妖艶さが漂う「honey or die?」などを披露。華やかなダンスとヴォーカルはもちろん、各メンバーが好きな衣装でパフォームするというアプローチも楽しめた。こういう手法を採りつつ散漫な印象にならないのは、メンバーが織りなすダンスのシンクロ度が非常に高いことが要因といえる。4つの個性がひとつになってLovRAVEの世界を創りあげていくステージは魅力に富んでいて、強く惹き込まれずにいられなかった。

Super Break Dawnはバック転やバック宙なども交えたダイナミックなダンスとメロウなヴォーカルをフィーチュアしたステージで楽しませてくれた。メンバーそれぞれが個性をアピールしつつ息の合ったダンスを織りなす姿は観ごたえがあったし、かなりフィジカルなステージでいながら暑苦しくないのも実にいい。彼らはダンス、ヴォーカル、ユニットとしての存在感といったあらゆる要素が上質で、始動から1年足らずということには驚かされた。ハイクオリティーなダンス・ヴォーカル・ユニットを探しているリスナーには、Super Break Dawnをチェックすることを強くお薦めしたい。

今回の“BLUE STAGE”では、山本夢プロデュースによるDream Dance Unitのステージも披露された。メンバーはCaratのYumeとRisa、千葉CLEAR'SのKokoroとMiyabi、LovRAVEのNanamiとKasumi、Wa:Mi、Yuna、Yuno、Raika、そして山本夢という面々。総勢11名の華麗かつセクシーなダンスは素晴らしかったし、ダンスのシンクロ度の高さからはストイックなリハーサルを重ねたことがうかがえた。<UNiON STAR’S>でしか見ることができない貴重なステージに、客席からは大歓声が湧き起こっていた。

国内はもとより欧米、アジア諸国やインドなどでも活動を行っているシンガーソングライターとして知られる池田彩。彼女はキャッチーな「ワンダーレールロード」を聴かせた後、インドの民族衣装を纏ったLovRaveとコラボレートした「ハロー!ハロー!ナマステ!」を経て、「池田彩 プリキュア YoseatsuMedley」で畳みかけるというライブを展開。“おおっ!”と思わせるシーンの連続に場内の熱気はさらに高まり、一体感に溢れた盛りあがりを見せた。安定感や表現力に富んだヴォーカル、関西弁MC、親しみやすい人柄なども含めて、充実した活動を重ねてきているベテランならではの魅力が光るライブだった。

“BLUE STAGE”を締め括るDJ&ダンスヴォーカルユニット・Caratのライブは、スタイリッシュなダンス・チューンの「Ring Dong Ding Dong」で幕を開けた。透明感を湛えた歌声を聴かせつつ艶やかにダンスするメンバーたちが発するオーラは圧倒的で、ライブが始まった瞬間“グッ”とステージに惹き寄せられた。その後は男性ダンサー2人を交えた「Kiss Me」や「Compricated」、アッパー&ウォームな「We gotta go」(新曲)などを披露。キュートさと大人っぽさがMixしたCaratならではのテイストは本当に魅力的で、メジャーデビューを果たしたことも納得できる。オーディエンスもライブを通して熱いリアクションを見せ、ラストチューンとなった「#SOTS」で場内は爽快感を伴った盛大な盛りあがりとなった。

全アーティストのパフォーマンスが終了した後は前日の“RED STAGE”同様、出演者全員がステージに姿を見せて、サイン色紙のプレゼント抽選会や好きなメンバーとの撮影会、記念撮影などが行われた。進行役を務める池田彩の軽妙なMCも絶妙で、ステージと客席は笑顔で溢れ、<UNiON STAR’S 2018>は最良の形で幕を降ろした。多彩な顔ぶれとスムーズな進行が相まって、“BLUE STAGE”は見飽きることはなかった。

出演者のほとんどがニューフェイスでいながらクオリティーが高いことには、少なからず驚かされた。この辺りからはユニオンエンタテインメントのタレント発掘力や育成力の高さがうかがえる。ここ数年でアイドルのあり方が多様化すると同時に、今まで以上に質の高さが求められるようになっているだけに、ユニオンエンタテインメントに所属している良質なアーティストたちが今後さらなるスケールアップを果たすことは間違いなさそうだ。

取材・文:村上孝之
撮影:猪狩健太郎

関連リンク

◆<UNiON STAR’S 2018> オフィシャルサイト

外部リンク

cinema staff、地元岐阜で初のスタジアムライブ。FC岐阜公式サポートソング「HYPER CHANT」熱演

09.25 18:55 BARKS


cinema staffが9月23日(日・祝)に岐阜県・長良川競技場にて開催されたサッカー・JリーグのFC岐阜対東京ヴェルディ戦のハーフタイムに登場し、スタジアムライブを行なった。

◆cinema staff 画像

cinema staffの楽曲「HYPER CHANT」が2018年から地元のプロサッカークラブ・FC岐阜のオフィシャルサポートソングとして起用されていることから実現した今回のスタジアムライブ。集まった約1万2,000人の観客が見守る中で「HYPER CHANT」を披露した。




この日はFC岐阜が「岐阜全緑宣言」と銘打った企画を実施。ゲストに、サッカー元イタリア代表のアレッサンドロ・デル・ピエロ氏を招いており、cinema staffはスタジアムライブ前にデル・ピエロ氏と面会。デル・ピエロ氏からは「ありがとう。引き続きFC岐阜のために盛り上げて下さい。」と声を掛けられ岐阜が繋いだ絆に両者は固く握手を交わした。

cinema staffはメンバーの飯田瑞規(Vo.Gt.)と三島想平(Ba.)がサッカー経験者であり、今でもスタジアムに足を運ぶ程のファンであることから、初のスタジアムライブについて「元・地元岐阜のサッカー少年として憧れていた場所にミュージシャンとして立てたということが不思議な気持ちです。サポーターの皆さんと同じ時間を現場で共有できたことを大変光栄に思いますし、幸せな時間でした。」とコメント。また、デル・ピエロ氏と面会したことについて「憧れの選手だったのでとても緊張しました。近くで見ると凄いオーラでした。」と感激した様子で語った。

撮影:石崎祥子

■FC岐阜 vs 東京ヴェルディ(日本特殊陶業サンクスマッチ/大野町・川辺町ホームタウンデー)
2018年9月23日(日・祝) 岐阜メモリアルセンター長良川競技場
14:00キックオフ

<cinema staff×アルカラ Split EP『undivided E.P.』RELEASE TOUR ~A.S.O.B.i~>

2018年9月26日(水)鹿児島 SR Hall
開場/18:30 開演/19:00
料金:前売り¥4,000 (D代別)
問い合わせ: BEA 092-712-4221

2018年9月27日(木)福岡DRUM Be-1
開場/18:30 開演/19:00
料金:前売り¥4,000 (D代別)
問い合わせ: BEA 092-712-4221

2018年9月30日(日)神戸ART HOUSE
チケットソールドアウト

2018年10月1日(月)岐阜 柳ヶ瀬 Ants (Tour Final)
チケットソールドアウト

チケット一般発売中

主催
各イベンター様
企画制作 :SPACE SHOWER TV / THISTIME
制作協力 :PONY CANYON / シブヤテレビジョン
TOTAL INFORMATION
THISTIME inc 03-6805-2269

<cinema staff「デビュー10周年ライブシリーズ two strike to(2) night~バトル・オブ・オオバコ~」>

■2018年10月19日(金)  大阪・心斎橋BIG CAT
ゲスト:後日発表
前売り:¥4,500 ※ドリンク代別
問い合わせ:GREENS 06-6882-1224

■2018年10月26日(金) 東京・TSUTAYA O-EAST
ゲスト:後日発表
前売り:¥4,500 ※ドリンク代別
問い合わせ:SMASH 03-3444-6751
開場:18:00/開演19:00

オフィシャル先行予約:受付日時8月10日(金)21:00~8月19日(日)23:59
http://w.pia.jp/s/cinema10th-tstn/
※先行特典「箱庭戦争 煉獄のメンズデーat 2018.02.14 下北沢SHELTER / 箱庭戦争 深淵のレディースデーat 2018.03.14 新宿ANTIKNOCK」ライブ映像ダウンロードカード予定

主催:THISTIME / PONY CANYON
企画・制作:THISTIME PRODUCTIONS
制作協力:SMASH CORPORATION / シブヤテレビジョン

◆cinema staff オフィシャルサイト

外部リンク

BLACKPINK、新カラコンブランド「CRUUM」のイメージモデルに決定

09.25 18:54 BARKS

BLACKPINKが、株式会社T-GARDENが手がける新たなカラーコンタクトレンズブランド「CRUUM」のイメージモデルを務めることが決定した。

◆関連画像

『JJ』や『NYLON JAPAN』など多くの有名ファッション雑誌の表紙を飾り、また今年4月からは、ABC MART『PUMA SUEDE BOW』のテレビCMにも出演しているBLACKPINK。今回のイメージモデルも、「ガールクラッシュ」と形容され、ファッションアイコンとしても名高い彼女たちならではの起用だ。「CRUUM」のカラーコンタクトレンズは、本日9月25日より販売がスタートしている。

なお、BLACKPINKは10月6日に<takagi presents TGC KITAKYUSHU 2018 by TOKYO GIRLS COLLECTION >に出演する。さらに12月24日には<BLACKPINK ARENA TOUR 2018“SPECIAL FINAL IN KYOCERA DOME OSAKA”>と銘打った、海外女性グループ史上初の京セラドーム大阪公演も控えている。

<takagi presents TGC KITAKYUSHU 2018 by TOKYO GIRLS COLLECTION >

開催日時:2018年10月6日(土)開場 13:00  開演15:00  終演 19:00(予定)
会場:西日本総合展示場新館(〒802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野三丁目8-1)
公式サイト:http://tgc.st/kitakyushu/
チケット:【入場料】※4歳以上はチケットが必要となります。
指定席 先行販売:10,000円(税込)一般販売:10,500円(税込)/オリジナルノベルティ、ルミカライト付
スタンディング自由 先行販売:7,000円(税込) 一般販売:7,500円(税込)/ルミカライト付

<BLACKPINK ARENA TOUR 2018“SPECIAL FINAL IN KYOCERA DOME OSAKA”>

2018年12月24日(月)大阪・京セラドーム大阪 開場16:00 開演18:00
お問い合わせ : キョードーインフォメーション 0570-200-888

チケット料金:全席指定 7,800円(税込)
年齢制限 : 3歳以上よりチケット必要。3歳未満は入場不可。

関連リンク

◆BLACKPINK オフィシャルサイト
◆「CRUUM」オフィシャルサイト

外部リンク

はちロケ、初の配信シングル「かまわないさ」を緊急リリース

09.25 18:30 BARKS

はちみつロケットが、グループ史上初となる配信限定シングル「かまわないさ」を9月24日(月・祝)AM0:00より緊急リリースした。

はちみつロケットは9月23日(日)に東京・SOUND MUSEUM VISIONにて、メジャーデビュー後初となるワンマンライブを開催。今回の配信シングルリリースはこの1stワンマンライブの開催を記念してのリリースとなった。

「かまわないさ」は作詞を只野菜摘、作曲とサウンドプロデュースをNARASAKIが担当し、「いま、この時代を生きる」全ての人へエールを送る、はちロケの新境地となるメッセージソングとなっている。

またライブでは、2ndワンマンライブの開催も発表。東京・渋谷のMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて2日間の公演となる。

配信シングル「かまわないさ」

2018年9月24日配信
作詞:只野菜摘
作曲:NARASAKI

■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1436813685?l=ja&ls=1&app=itunes

■レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1007370127/

■Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/album/id1436813685?l=ja&ls=1

■Spotify
http://open.spotify.com/album/1SCZ1pBenEGiG1JtfSHJZ6

はちみつロケット ワンマンライブ

【開催日時】
・2018年11月26日(月)
・2018年11月27日(火)
開場 18:30 / 開演 19:00

【会場】
Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

【チケット】
全席指定 ¥3,700 (税込・入場時1DRINK代600円別途)
※おひとり様1公演につき2枚まで
※小学生以下入場不可、小学生以下のお客様は保護者とファミリー席をお求めください。

ファミリー席 ¥3,200 (税込・入場時1DRINK代600円別途)
※ファミリー席は、2F席となります。
※お一人様4枚まで / 1枚でのご購入はできません。
※大人のみ、子供のみでのグループでの購入はできません。
大人(中学生以上) / 子供(3歳~小学6年生以下)
※全員着席でのご観覧になります。
※3歳未満入場無料(ただし保護者1名に対しお子様1名まで膝上観覧可能、お席が必要な場合は有料)

詳細はコチラ↓
http://www.hachimitsu-rocket.com/

◆はちみつロケット オフィシャルサイト

外部リンク

PreSonusから究極という名のDTMバンドル「AudioBox 96 STUDIO Ultimate Bundle」登場

09.25 18:28 BARKS

音楽制作を始めたい人に向け、“究極”という名のDTMバンドルがPreSonusから登場。ハイレゾ対応のオーディオインターフェイス、モニタースピーカー、コンデンサーマイク、ヘッドホン、各種ケーブルを1セットにした「AudioBox 96 STUDIO Ultimate Bundle」が、34,800円という驚きの価格でエムアイセブンジャパンより発売された。また、PreSonusのエントリー向けオーディオ・インターフェイスの価格改定が発表された。

パッケージの中心となるのは、ハイレゾ対応のコンパクトなオーディオ/MIDIインターフェイス「AudioBox USB 96」。マイク/インストゥルメント・コンボ入力2系統やゼロレーテンシー・モニタリングなど、レコーディングや制作に必要なベーシック機能を搭載。ソフトウェアにはレコーディング/プロダクション・ソフトウェア「Studio One Artist」が付属する。

▲「AudioBox USB 96」は、24Bit/96kHzクオリティ、シンプルで軽量、タフでUSBバスパワー駆動にも対応し、いつでもどこへでも音楽制作環境を連れ出せる。
モニタースピーカーは「Eris E3.5」をバンドル。タイトなベース、非常にクリアなアッパーエンドの極めて正確なレスポンスをもたらす2ウェイ・アクティブ・モニター・スピーカーだ。デザインに優れたKevlar低域トランスデューサー、低質量シルクドーム・ツイーター、レスポンシブなクラスA/Bの25Wアンプ、プロフェッショナルな音響調整コントロールを搭載し、信頼できるモニター・サウンドを提供する。

大型ダイアフラムを搭載したコンデンサーマイクロフォン「M7」は、ダイナミックマイクロフォンでは捉えられないディテールや倍音、微妙なニュアンスをも収録可能。サウンドに温かみを与え、ボーカルや楽器のレコーディングに幅広く対応。ヘッドホン「HD7」は、特許を取得したセミオープン・サウンド・チェンバーにより、優れたバランスながらパワフルでパンチのあるディープな重低音も提供。正確なミッドレンジとワイドなトレブルにより、ミックスやトラックの繊細なディテールをも捉える。軽量でエルゴノミック・デザインにより、長いレコーディング・セッション中にも快適なリスニング体験を提供し続ける。

▲左からモニタースピーカー「Eris E3.5」、コンデンサーマイクロフォン「M7」、ヘッドホン「HD7」。

■エントリー向けオーディオ・インターフェースがよりリーズナブルに

あわせてPreSonusのエントリー向けオーディオ・インターフェース「AudioBox iシリーズ」および「Studio 2|6」「Studio 6|8」の価格が改定され、より購入しやすい価格となった。対象製品は以下のとおり。

・AudioBox iOne:9,980円(旧価格:12,800円)
・AudioBox iTwo:14,800円(旧価格:19,800円)
・AudioBox iTwo STUDIO:25,800円(旧価格:27,800円)
・Studio 2|6:20,800円(旧価格:24,800円)
・Studio 6|8:32,800円(旧価格:36,800円)

製品情報

◆AudioBox 96 STUDIO Ultimate Bundle
価格:オープン(MI7 STORE価格 34,800円 税込)
発売日:2018年9月21日
関連リンク

◆AudioBox 96 STUDIO Ultimate Bundle 製品詳細ページ
◆エムアイセブンジャパン
◆BARKS 楽器チャンネル

外部リンク

セリーヌ・ディオン、15年以上続けてきたラスベガス長期公演を来春で終了

09.25 18:27 BARKS

セリーヌ・ディオンが月曜日(9月24日)、米ラスベガス、The Colosseum(Caesars Palace)で15年以上にわたり開催してきたレジデンシー公演の最終日程を発表した。

◆セリーヌ・ディオン画像

セリーヌは、終わりを迎えるのは「複雑な心境」と、コメントしている。「ラスベガスは私の家となり、The Colosseum(Caesars Palace)でのパフォーマンスは、この20年間、私の人生で大きな部分を占めていました。素晴らしい経験で、この間、私を観に訪れてくれたファンの人たちにとても感謝しています」

最後の公演シリーズは10月30日に始まり、6月8日までに52公演を開催し、幕を閉じる。




セリーヌは2003年3月に、The Colosseumにて初のレジデンシー公演<A New Day…>をスタート。2007年までに717公演を開き、2011年に同じ会場で2回目となるレジデンシー公演<Celine>を開幕した。

セリーヌは先週、「スタジオに戻った…素晴らしい新曲いくつかのレコーディングにワクワクしてる」と報告。2016年の『Encore un soir』、英語の作品では『Love Me Back To Life』(2013年)以来となるニュー・アルバムの発表が期待される。




Ako Suzuki

外部リンク

足元で操作できるシンプルなペダル型ドラムマシン「BeatBuddy MINI 2」

09.25 18:24 BARKS

シンプルなペダル型ドラムマシン「BeatBuddy MINI 2」が、米Singular Sound(シンギュラーサウンド)から登場。フックアップより9月28日に発売される。

ギタリストやベーシストが演奏中でも、ほとんどの操作を足元で行える“世界初の”ペダル型ドラムマシン「BeatBuddy」で知られるSingular Sound。2018年8月からフックアップが国内での取扱を開始している。

主力モデルの「BeatBuddy」は、専属のドラマーを従えているかのごとく、ライブパフォーマンス中でも思いどおりにコントロール可能。SDカードの容量の許す限り、オリジナルのビートを追加できる拡張性も“売り”の製品だ。その“弟分”となる「BeatBuddy MINI」は、音質を16ビットにしつつ、収録リズムも厳選して手軽に使えるエントリーモデルだった。そして、アップデートされた新モデルの「BeatBuddy MINI 2」は、収録コンテンツを上位版の「BeatBuddy」と同等にし、手軽ながらも遜色のない機能を搭載して登場した。

「BeatBuddy MINI 2」は、ソングのスタート/エンド、フィルイン、トランジションなどの必要な操作がハンズフリーで行える、コンパクトなペダル型ドラムマシン。220以上のスタイル、24ジャンル、10種類のドラムセットなど上位モデルの「BeatBuddy」に含まれるコンテンツをすべて搭載。その容量は、初代「BeatBuddy MINI」の2倍になる。上位モデルの機能をそのまま、しかも手軽に使えるモデルというわけだ。

▲トップパネル上部にはINTRO/OUTRO、DRUM FILL、TRANSITIONのLEDを配置。ディスプレイにはスタイル名や、ビートも表示。その右下のノブでGenre/Song/Tempoモードを切り替える。
カラーLEDには現在演奏されているパートの状態を表示。視認性の高いディスプレイには各情報を表示するだけではなく、再生中はドットが移動してビートを表す。

形状・サイズは小型のエフェクトペダルと同じ。エフェクトチェーンの最後に接続して使用することも可能で、その際、接続された楽器の音色を変えることはない。もちろんエフェクターや楽器を接続しなくても、スタンドアローンのドラムマシンとして動作。アウトプットはヘッドフォン出力兼用で、ミニジャック変換アダプターも付属する。さらにフットペダルのスイッチ部も改良され、裸足でも容易に踏めるように。自宅の練習に便利な仕様となった。

▲右側面には楽器入力とフットスイッチ入力(TRSジャック、オプションのFootswitch+を接続)、右側面にはオーディオ出力(標準フォーン、ヘッドホン出力兼用)。付属のACアダプター用のDC入力も備える。
上位モデル「BeatBuddy」との違いだが、まずサウンドクオリティは「BeatBuddy」が24ビットなのに対して「BeatBuddy MINI 2」は16ビット。また、「BeatBuddy MINI 2」はコンテンツの追加ができず、MIDI機能もない。ドラムビートをライブで、ハンズフリーで、しかもカンタンに使いたいなら、「BeatBuddy MINI 2」 は最も使いやすいドラムマシンとなる。

電源は同梱の9V/500mA ACアダプターを使用。外形寸法は64×116×38mm (W×L×H、ノブやゴム足含む高さは60mm)、本体重量は302g。オプションとして機能拡張用ペダル「Footswitch+」(市場実勢価格 6,000円 税別)も用意。また、「Footswitch+」をセットにしたお得なバンドルも発売される。

▲2つのスイッチを持つ機能拡張用ペダル「Footswitch+」。こちらも裸足で踏める仕様。


製品情報

◆BeatBuddy MINI 2
価格:オープン(市場実勢価格 17,800円 税別)
◆BeatBuddy MINI 2/Footswitch+ バンドル
価格:オープン(市場実勢価格:21,800円 税別)
発売日:2018年9月28日
関連リンク

◆Singular Sound 製品ラインナップページ
◆フックアップ
◆BARKS 楽器チャンネル

外部リンク

HYDE主宰<HALLOWEEN PARTY>、第四弾発表にGLAYのTERUとオーラルの山中

09.25 18:00 BARKS

HYDE主宰によるロック&ホラーなハロウィン・ライヴイベント<HALLOWEEN PARTY 2018>が10月26日(金)、27日(土)、28日(日)の3日間、幕張メッセ国際展示場9・10・11ホールで開催される。このたび、出演アーティスト第四弾が発表となった。

◆<HALLOWEEN PARTY> 出演者画像

発表されたのはSPECIAL GUESTの2組だ。初日10月26日に山中拓也(THE ORAL CIGARETTES)、二日目10月27日にTERU(GLAY)の出演が決定した。山中拓也の出演は初、TERUの出演は2013年以来5年ぶりとなる。

なお、10月27日にメインアクトとして出演することが発表されていたDAIGOの、HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAへの参加が決定したほか、山中拓也とTERUは、それぞれの出演日程でHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAへも参加する。

名実ともに日本最大級のハロウィン・ライヴイベントHYDE主宰<HALLOWEEN PARTY 2018>出演者は今後も随時発表される予定だ。チケットのYahoo!先着先行は明日9月26日(水)より。

■HYDE主宰<HALLOWEEN PARTY 2018 supported by XFLAG>

10月26日(金) 幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール
10月27日(土) 幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール
10月28日(日) 幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール
Open 15:30 / Start 17:00

【出演アーティスト】
▼10月26日(金)
HYDE / BREAKERZ / MY FIRST STORY / ももいろクローバーZ / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
SPECIAL GUEST:山中拓也(THE ORAL CIGARETTES)
<HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA>HYDE / BREAKERZ / MY FIRST STORY / Shinya(DIR EN GREY, SERAPH) / 逹瑯(MUCC) / 柩(GREMLINS, NIGHTMARE) / 山中拓也(THE ORAL CIGARETTES) / YUKI(Rayflower, DUSTAR-3) / ROLLY / 分島花音 and more…
▼10月27日(土)
HYDE / DAIGO / 氣志團 / 超特急 / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
SPECIAL GUEST:TERU (GLAY)
<HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA>HYDE / DAIGO / 氣志團 / 超特急 / Shinya(DIR EN GREY, SERAPH) / 逹瑯(MUCC) / TERU(GLAY) / 柩(GREMLINS, NIGHTMARE) / YUKI(Rayflower, DUSTAR-3) / ROLLY / 分島花音 and more…
▼10月28日(日)
HYDE / BREAKERZ / ゲスの極み乙女。 / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA ...and more
SPECIAL GUEST:YOSHIKI
<HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA>HYDE / BREAKERZ / 青木隆治 / Shinya(DIR EN GREY, SERAPH) / 逹瑯(MUCC) / 柩(GREMLINS, NIGHTMARE) / YUKI(Rayflower, DUSTAR-3) / ROLLY / 分島花音 and more…
※五十音順表記
※HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAは出演アーティストによるセッションバンドです。公演日によって参加アーティストが変わります。今後、参加アーティストに追加がある場合は随時発表いたします。

【チケット】
指定席 S / スタンディングブロック指定 S ¥12,000
指定席 A / スタンディングブロック指定 A ¥9,300
※3歳未満入場不可、3歳以上要チケット
一般発売:2018年10月13日(土) 10:00
【チケット先行販売】
・ファミリーマート先行 9月18日(火) 12:00~9月25日(火) 23:59 http://w.pia.jp/t/hyde-hwp-fm/
・Yahoo!先着先行 9月26日(水)15:00〜9月30日(日)23:59 http://r.y-tickets.jp/hyde-hwp2018
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888 (平日12:00~19:00)
▼ご注意!
※当公演はハロウィン・ライヴです。仮装してご参加ください。仮装していただけないと…亡霊たちの機嫌が悪くなってしまいますのでご注意ください。

■<HYDE主宰 HALLOWEEN PARTY×ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン 2018>

10月06日(土) 大阪・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン グラマシーパーク特設会場
OPEN 9:30 / START 11:00
10月07日(日) 大阪・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン グラマシーパーク特設会場
OPEN 9:30 / START 11:00
※各ブロックへのご入場は整理番号順にご案内します。
※開場時間(9:30)に遅れますと、整理番号に関わらず最後尾からの案内となります。
※開場・開演時間は変更になる場合があります。
※集合場所については、後日ご案内します。
▼チケット
整理番号付きブロック指定 オールスタンディング
大人・子ども共通  10,800円(税込)
※チケット代金の中に、1デイ・スタジオ・パス ¥7,900(税込)の代金も含まれています。
※ライヴチケットのみの販売はございません。
※3歳以下入場不可、4歳以上チケット必要
※雨天決行・荒天中止
※ライヴ中の写真・動画撮影、録音禁止
※ベビーカーの会場内の持込は不可
※発券手数料108円(税込)/枚、WEB予約の場合は別途システム利用料216円(税込)/枚が必要です。
※ライヴチケットで、年間パスへのアップグレードは不可
※万が一、チケットを紛失された場合や、当日チケットをお忘れになった場合、チケットの再発行や購入証明書の発行は一切出来ません。個人の責任においてチケットは厳重に管理してください。
※公演当日、車椅子でのご来場・ご鑑賞をご希望される方は、チケットが入手出来次第、キョードーインフォメーション (0570-200-888(10:00~18:00))」に直接ご連絡をお願いいたします。
一般発売:2018年9月19日(水) 20:00〜
ローソン店頭Loppi (Lコード: 52979)
ローチケ.com http://l-tike.com/hyde-usj/
※電話受付はございません。
(問)キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00~18:00)
※当公演はハロウィーン・ライヴです。仮装してご参加ください。
仮装していただけないと…亡霊たちの機嫌が悪くなってしまいますのでご注意ください!

■シングル「FAKE DIVINE」

2018年10月24日(水)発売
【初回限定盤A (CD+撮り下ろしコンセプトブック)】
UICV-9294 2,800円(税抜)
※コンセプトブック内容:12ページ・EPサイズ(7インチ四方)
1. FAKE DIVINE
2. 監獄ROCK
【初回限定盤B (CD+DVD)】
UICV-9295 2,000円(税抜)
※DVD収録内容:「FAKE DIVINE」ミュージックビデオ/<HYDE LIVE 2018>ハイライト映像
1. FAKE DIVINE
2. 監獄ROCK
【通常盤 (CD)】
UICV-5077 1,200円(税抜)
1. FAKE DIVINE
2. 監獄ROCK
※10月12日公開映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』提供曲「人類滅亡の歓び」をHYDEバージョンとしてセルフカバー
▼CD購入者特典
・全国のCDショップ及びWEBショップ:スペシャルポスター(A2サイズ)
※一部対象外の店舗あり
・VAMPROSE:スペシャルクリアファイル
※先着プレゼントのため、なくなり次第終了となります。
▼抽選型プレゼント企画「MONSTERS CHANCE」実施
【賞品内容】
A賞 : HYDE直筆サイン入り「FAKE DIVINE」告知ポスター 100名
B賞 : オリジナルフォトフレーム 100名
【応募期間】2018年10月24日(水)AM11:00~2018年10月29日(月)AM11:00
※「MONSTERS CHANCE」は、CD購入者を対象とした抽選型プレゼント企画です。
※「MONSTERS CHANCE」への応募にはCDに封入のシリアルナンバーが必要です。シリアルナンバーは、初回限定盤、通常盤共通となります。

■<HYDE LIVE 2018追加公演>

▼東京公演
09月01日(土) ZEPP TOKYO ※サポートアクト STARSET
09月02日(日) ZEPP TOKYO ※サポートアクト STARSET
09月04日(火) ZEPP TOKYO ※サポートアクト STARSET
09月05日(水) ZEPP TOKYO ※サポートアクト STARSET
09月07日(金) ZEPP TOKYO ※サポートアクト STARSET
09月08日(土) ZEPP TOKYO ※BEAUTY & THE BEAST ※サポートアクト STARSET
09月10日(月) ZEPP TOKYO ※サポートアクト STARSET
09月11日(火) ZEPP TOKYO ※サポートアクト STARSET
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888
▼名古屋公演
10月02日(火) ZEPP NAGOYA
10月03日(水) ZEPP NAGOYA
(問)サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
▼福岡公演
10月09日(火)  DRUM LOGOS
10月10日(水)  DRUM LOGOS
10月13日(土)  BARK UP
10月14日(日)  BARK UP
(問)キョードー西日本 092-714-0159

▼開場 / 開演
平日 OPEN 18:00 / START 19:06
祝休日 OPEN 16:00 / START 17:06
<ZEPP TOKYO 公演のみ>
平日 OPEN 17:30 / START 18:30
祝休日 OPEN 16:00 / START 17:00
※開場 / 開演時間は予定です。変更となる場合があります。
▼チケット
・1Fスタンディング 6,660円
・2F指定席(オリジナルグッズ1個付) 10,000円
※DRUM LOGOS、BARK UPは1Fスタンディングのみ
※オリジナルグッズは、公演当日に限り、ご来場いただいた方にのみお渡しいたします。
※6歳未満入場不可、6歳以上要チケット
【BEAUTY & THE BEASTのみ】
・男性1Fスタンディング 6,660円
・女性2F指定席(オリジナルグッズ1個付) 10,000円
※女性1F後方スタンディング 6,660円 BEAUTY & THE BEAST公演のみ、チケット一般発売後、追加でBEAUTYエリア(女性 / 1F後方スタンディング)のチケットを販売する可能性があります。
▼一般発売日
2018年8月18日(土) 10:00am~

関連リンク

◆<HALLOWEEN PARTY 2018>特設サイト
◆HYDE オフィシャルサイト
◆HYDE オフィシャルTwitter
◆HYDE オフィシャルInstagram

外部リンク

HYDE、新曲「FAKE DIVINE」を10月2日に先行配信

09.25 18:00 BARKS

HYDEが10月24日、ソロ本格再始動から3作目となるシングル「FAKE DIVINE」をリリースすることは既報のとおり。同シングルのタイトルチューンが10月2日より先行配信されることが発表となった。

◆HYDE 画像

この配信決定のアナウンスに併せて、CDシングル「FAKE DIVINE」のジャケットが公開となったほか、豪華商品が当たる特典施策『MONSTERS CHANCE』の詳細も発表された。『MONSTERS CHANCE』ではHYDE直筆サイン入り「FAKE DIVINE」告知ポスターとオリジナルフォトフレームが、それぞれ100名様ずつに抽選で当たるとのことだ。

HYDEは10月の自身主宰ハロウィンイベント<HALLOWEEN PARTY 2018>に向けて新しいニュースを続々と発表していく予定だとのこと。お楽しみに。

■シングル「FAKE DIVINE」

2018年10月24日(水)発売
【初回限定盤A (CD+撮り下ろしコンセプトブック)】
UICV-9294 2,800円(税抜)
※コンセプトブック内容:12ページ・EPサイズ(7インチ四方)
1. FAKE DIVINE
2. 監獄ROCK
【初回限定盤B (CD+DVD)】
UICV-9295 2,000円(税抜)
※DVD収録内容:「FAKE DIVINE」ミュージックビデオ/<HYDE LIVE 2018>ハイライト映像
1. FAKE DIVINE
2. 監獄ROCK
【通常盤 (CD)】
UICV-5077 1,200円(税抜)
1. FAKE DIVINE
2. 監獄ROCK
※10月12日公開映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』提供曲「人類滅亡の歓び」をHYDEバージョンとしてセルフカバー
▼CD購入者特典
・全国のCDショップ及びWEBショップ:スペシャルポスター(A2サイズ)
※一部対象外の店舗あり
・VAMPROSE:スペシャルクリアファイル
※先着プレゼントのため、なくなり次第終了となります。
▼抽選型プレゼント企画「MONSTERS CHANCE」実施
【賞品内容】
A賞 : HYDE直筆サイン入り「FAKE DIVINE」告知ポスター 100名
B賞 : オリジナルフォトフレーム 100名
【応募期間】2018年10月24日(水)AM11:00~2018年10月29日(月)AM11:00
※「MONSTERS CHANCE」は、CD購入者を対象とした抽選型プレゼント企画です。
※「MONSTERS CHANCE」への応募にはCDに封入のシリアルナンバーが必要です。シリアルナンバーは、初回限定盤、通常盤共通となります。

■<HYDE LIVE 2018追加公演>

▼東京公演
09月01日(土) ZEPP TOKYO ※サポートアクト STARSET
09月02日(日) ZEPP TOKYO ※サポートアクト STARSET
09月04日(火) ZEPP TOKYO ※サポートアクト STARSET
09月05日(水) ZEPP TOKYO ※サポートアクト STARSET
09月07日(金) ZEPP TOKYO ※サポートアクト STARSET
09月08日(土) ZEPP TOKYO ※BEAUTY & THE BEAST ※サポートアクト STARSET
09月10日(月) ZEPP TOKYO ※サポートアクト STARSET
09月11日(火) ZEPP TOKYO ※サポートアクト STARSET
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888
▼名古屋公演
10月02日(火) ZEPP NAGOYA
10月03日(水) ZEPP NAGOYA
(問)サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
▼福岡公演
10月09日(火)  DRUM LOGOS
10月10日(水)  DRUM LOGOS
10月13日(土)  BARK UP
10月14日(日)  BARK UP
(問)キョードー西日本 092-714-0159

▼開場 / 開演
平日 OPEN 18:00 / START 19:06
祝休日 OPEN 16:00 / START 17:06
<ZEPP TOKYO 公演のみ>
平日 OPEN 17:30 / START 18:30
祝休日 OPEN 16:00 / START 17:00
※開場 / 開演時間は予定です。変更となる場合があります。
▼チケット
・1Fスタンディング 6,660円
・2F指定席(オリジナルグッズ1個付) 10,000円
※DRUM LOGOS、BARK UPは1Fスタンディングのみ
※オリジナルグッズは、公演当日に限り、ご来場いただいた方にのみお渡しいたします。
※6歳未満入場不可、6歳以上要チケット
【BEAUTY & THE BEASTのみ】
・男性1Fスタンディング 6,660円
・女性2F指定席(オリジナルグッズ1個付) 10,000円
※女性1F後方スタンディング 6,660円 BEAUTY & THE BEAST公演のみ、チケット一般発売後、追加でBEAUTYエリア(女性 / 1F後方スタンディング)のチケットを販売する可能性があります。
▼一般発売日
2018年8月18日(土) 10:00am~

■HYDE主宰<HALLOWEEN PARTY 2018 supported by XFLAG>

10月26日(金) 幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール
10月27日(土) 幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール
10月28日(日) 幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール
Open 15:30 / Start 17:00

【出演アーティスト】
▼10月26日(金)
HYDE / BREAKERZ / MY FIRST STORY / ももいろクローバーZ / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
SPECIAL GUEST:山中拓也(THE ORAL CIGARETTES)
<HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA>HYDE / BREAKERZ / MY FIRST STORY / Shinya(DIR EN GREY, SERAPH) / 逹瑯(MUCC) / 柩(GREMLINS, NIGHTMARE) / 山中拓也(THE ORAL CIGARETTES) / YUKI(Rayflower, DUSTAR-3) / ROLLY / 分島花音 and more…
▼10月27日(土)
HYDE / DAIGO / 氣志團 / 超特急 / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
SPECIAL GUEST:TERU (GLAY)
<HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA>HYDE / DAIGO / 氣志團 / 超特急 / Shinya(DIR EN GREY, SERAPH) / 逹瑯(MUCC) / TERU(GLAY) / 柩(GREMLINS, NIGHTMARE) / YUKI(Rayflower, DUSTAR-3) / ROLLY / 分島花音 and more…
▼10月28日(日)
HYDE / BREAKERZ / ゲスの極み乙女。 / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA ...and more
SPECIAL GUEST:YOSHIKI
<HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA>HYDE / BREAKERZ / 青木隆治 / Shinya(DIR EN GREY, SERAPH) / 逹瑯(MUCC) / 柩(GREMLINS, NIGHTMARE) / YUKI(Rayflower, DUSTAR-3) / ROLLY / 分島花音 and more…
※五十音順表記
※HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAは出演アーティストによるセッションバンドです。公演日によって参加アーティストが変わります。今後、参加アーティストに追加がある場合は随時発表いたします。

【チケット】
指定席 S / スタンディングブロック指定 S ¥12,000
指定席 A / スタンディングブロック指定 A ¥9,300
※3歳未満入場不可、3歳以上要チケット
一般発売:2018年10月13日(土) 10:00
【チケット先行販売】
・ファミリーマート先行 9月18日(火) 12:00~9月25日(火) 23:59 http://w.pia.jp/t/hyde-hwp-fm/
・Yahoo!先着先行 9月26日(水)15:00〜9月30日(日)23:59 http://r.y-tickets.jp/hyde-hwp2018
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888 (平日12:00~19:00)
▼ご注意!
※当公演はハロウィン・ライヴです。仮装してご参加ください。仮装していただけないと…亡霊たちの機嫌が悪くなってしまいますのでご注意ください。

■<HYDE主宰 HALLOWEEN PARTY×ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン 2018>

10月06日(土) 大阪・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン グラマシーパーク特設会場
OPEN 9:30 / START 11:00
10月07日(日) 大阪・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン グラマシーパーク特設会場
OPEN 9:30 / START 11:00
※各ブロックへのご入場は整理番号順にご案内します。
※開場時間(9:30)に遅れますと、整理番号に関わらず最後尾からの案内となります。
※開場・開演時間は変更になる場合があります。
※集合場所については、後日ご案内します。
▼チケット
整理番号付きブロック指定 オールスタンディング
大人・子ども共通  10,800円(税込)
※チケット代金の中に、1デイ・スタジオ・パス ¥7,900(税込)の代金も含まれています。
※ライヴチケットのみの販売はございません。
※3歳以下入場不可、4歳以上チケット必要
※雨天決行・荒天中止
※ライヴ中の写真・動画撮影、録音禁止
※ベビーカーの会場内の持込は不可
※発券手数料108円(税込)/枚、WEB予約の場合は別途システム利用料216円(税込)/枚が必要です。
※ライヴチケットで、年間パスへのアップグレードは不可
※万が一、チケットを紛失された場合や、当日チケットをお忘れになった場合、チケットの再発行や購入証明書の発行は一切出来ません。個人の責任においてチケットは厳重に管理してください。
※公演当日、車椅子でのご来場・ご鑑賞をご希望される方は、チケットが入手出来次第、キョードーインフォメーション (0570-200-888(10:00~18:00))」に直接ご連絡をお願いいたします。
一般発売:2018年9月19日(水) 20:00〜
ローソン店頭Loppi (Lコード: 52979)
ローチケ.com http://l-tike.com/hyde-usj/
※電話受付はございません。
(問)キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00~18:00)
※当公演はハロウィーン・ライヴです。仮装してご参加ください。
仮装していただけないと…亡霊たちの機嫌が悪くなってしまいますのでご注意ください!

関連リンク

◆HYDE オフィシャルサイト
◆HYDE オフィシャルTwitter
◆HYDE オフィシャルInstagram
◆<HALLOWEEN PARTY 2018>特設サイト

外部リンク

GLAY・TERU、スペシャルオリンピックス2018愛知でサンプラザ中野くんと共演

09.25 17:00 BARKS

2018年9月22日(土)、愛知県名古屋市日本ガイシホールで<2018年第7回スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・愛知>開会式が行われ、GLAYのTERUが参加した。

◆GLAY 画像

スペシャルオリンピックス(SO)とは、知的障害のある人たち(アスリート)に日常的なスポーツトレーニングと競技会を提供し社会参加を応援する国際的な組織で、現在世界170を超える国と地域でその活動が行われており、2019年3月に開催される「2019年SO夏季世界大会アブダビ」に出場する日本選手団の選考も兼ねているこの大会の開会式には、全国から約1800名の選手団が参加した。

開会式の後半、司会の方より「皆様に見ていただきたい映像があります。」とビジョンに映し出されたのはGLAYのTERU。2018年7月にアメリカ・シカゴで開催された「2018年スペシャルオリンピックスユニファイドフットボールカップ・シカゴ」に出場した日本選手団を応援するため、現地シカゴまで駆け付けたというTERUのダイジェスト映像が流れた。

映像が終わるとTERU本人が登場し、会場は驚きと大きな歓声に包まれた。中田英寿さんが応援しているスペシャルオリンピックスの話を聞いたのがきっかけで、アスリートとその関係者を応援しようとスペシャルオリンピックス日本公式応援ソング「YOUR SONG」を書き下ろし、今回その歌を届けにサプライズで駆けつけたのであった。

TERUはアスリート達への激励と曲への思い入れを伝えたあと、「みんな一緒に手拍子で盛り上がってください!」の掛け声で「YOUR SONG」を披露。サビの「昨日の自分を超えてゆけ、未来を切り開け」という歌詞は、明日から競技にむかう会場全体に勇気を与えた。曲に高揚し踊りだす人、ステージへ駆け寄り拳を突き上げる人、一緒に声を出して歌う人と各々で曲を楽しんでいた。そしてTERUの「カモーン!」という呼びかけにアスリートの盛り上がりはピークに達し、なんと次々とステージに上がりTERUを囲み一緒に「YOUR SONG」を歌うという信じられない光景が。「YOUR SONG」に込められたTERUの思いがダイレクトに伝わり、作り出した空間だったように感じられた。

TERUの次に登場したのはサンプラザ中野くん。今年、名曲「Runner」が発売から30年を迎え、この曲に勇気づけられてきたという有森裕子大会会長たっての希望で実現したのだが、前日の会場リハーサルの際にサンプラザ中野くん本人からTERUとの共演のオファーが有り、快諾。ギターのパッパラー河合さんとおなじみの「走る走る俺たち…」にノリノリの会場をさらに盛り上げたのはTERUの共演。サンプラザ中野くんの「TERU―!」のコールで登場しサビを一緒に熱唱。有森大会会長と全サポーターも一緒に大合唱、会場は大興奮のなか開会式の幕を閉じた。

23日(日)、TERUはバスケット、陸上競技、テニスを観戦。アスリート達にエールをおくった。一生懸命にキラキラした眼で競技に取り組むアスリート達に深い感動を憶えたようであり、バスケットの東京代表チームと面会したTERUはアスリートたちの目指す”目標”などを尋ねた。

24日(月祝)は卓球の表彰式にスペシャルプレゼンターとして、表彰台に立つアスリートにメダルを掛け、固い握手をして激励した。そしてその後に行われた閉会式にも参加。式の後半、大会のテーマである”超える歓び”を閉会式に参加したみんなで共有するためのコーナー、「YOUR SONG」をVTRにした大会のスライドショーを流す前に、公式応援ソングの作者としてTERUが紹介され登壇した。そこでTERUはアスリート達に向けて「がんばってる姿をみてみんなの事が大好きになりました!」という純粋な思いを伝え、改めてYOUR SONGに込めた『アスリートたちへの応援、そしてそのアスリートを支える人たちへの応援』という思いを言葉にした。その後、壇上からスライドショーを参加者と一緒に観覧したのだが、なんとそこでまたサプライズが。BGMに合わせてTERUが生歌を披露したのだ。歌に乗せられたアスリートたちは思い思いに体で”歓び”を表現し、会場は一つになった。これでTERUのスペシャルオリンピックス2018愛知の参加プログラムは終了した。TERUはこれからもスペシャルオリンピックスを応援していくことを誓った。

余談だが、TERUは行く先ざきで、アスリート、その家族、関係者から口々に「YOUR SONG」はどこで聴けるか尋ねられた。まだ正式な日程は発表されていないが、11月中にリリースの予定となっている。

■GLAY MOBILE Presents 10th Anniv. Tour「平成最後のGLAYとChristmas 2018 〜SURVIVAL〜」
http://www.glay.co.jp/news/detail.php?id=2806

『pure soul Anthology』

2018年7月31日(火)発売
CD2枚+Blu-ray1枚+ブックレットのスペシャルパッケージ仕様
価格: ¥8,281(本体)+税
品番: LSGC-0004 / PCCN-90005
http://www.glay.co.jp/puresoul/

関連リンク

◆GLAY オフィシャルサイト

外部リンク