cat_oa-rp60169_issue_f6af60e50ea0 oa-rp60169_0_f6af60e50ea0_「IZ*ONE消し」突入の韓国テレビ業界…バラエティ出演回もお蔵入りへ f6af60e50ea0 f6af60e50ea0 「IZ*ONE消し」突入の韓国テレビ業界…バラエティ出演回もお蔵入りへ oa-rp60169

「IZ*ONE消し」突入の韓国テレビ業界…バラエティ出演回もお蔵入りへ

2019年11月8日 12:20 スポーツソウル日本版

ガールズグループIZ*ONE(アイズワン)の出演を予告していたtvNのバラエティ番組『驚きの土曜日』が、IZ*ONEの出演回のお蔵入りを決定した。


番組側は11月8日、「9日放送予定の『驚きの土曜日』ではこれまでのハイライトを放映する」と発表した。


IZ*ONE(アイズワン)はどうなる?『PRODUCE』の投票操作発覚、“本当の嵐”はこれから


テレビ業界では「IZ*ONE消し」を本格化させている模様だ。


11月5日に拘束されたアン・ジュニョンPDが『PRODUCE 48』と『PRODUCE X 101』での投票操作を認めたことで、番組から誕生したIZ*ONEとX1も直撃弾を浴びることとなった。


IZ*ONEはカムバックショーケースの取り消しを皮切りに、初のフルアルバム『BLOOM*IZ』の発売延期、カムバックショー『BLOOM*IZ』の放送取り消し、『マイ・リトル・テレビジョンV2』(MBC)で全カットされるなどし、活動にブレーキがかかった。


それに加えて『驚きの土曜日』でもお蔵入りとなり、カムバックに暗雲が立ち込めている。


外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_f6af60e50ea0 oa-rp60169_0_8764811af000_韓国スポーツ界の“闇”…監督や中心選手による暴力や嫌がらせが絶えない構造的問題とは 8764811af000 8764811af000 韓国スポーツ界の“闇”…監督や中心選手による暴力や嫌がらせが絶えない構造的問題とは oa-rp60169

韓国スポーツ界の“闇”…監督や中心選手による暴力や嫌がらせが絶えない構造的問題とは

2020年7月14日 12:37 スポーツソウル日本版

韓国スポーツ界にはびこる成績至上主義が絶対的な“怪物”を生み出した。


元トライアスロン韓国代表のチェ・スクヒョン選手は、苛酷な嫌がらせと常習的な暴言・暴行に苦しんで自ら命を絶った。


【注目】自殺した元韓国代表選手のチームメイト「主将がいじめ、脅迫した」


加害者と目されるキム・ギュボン監督とチームの主将チャン・ユンジョンは、管理されることなく絶対的な権力を振るった。2人の言動は、韓国スポーツ界で蔓延している成績至上主義が作り出したという非難の声が上がっている。


自殺した選手の被害を知っていた協会

韓国トライアスロン協会は、チェ・スクヒョン事件の責任を逃れることはできない。



慶州市庁トライアスロンチームのキム・ギュボン監督



韓国トライアスロン協会は去る2月14日、2020年の定期代議員総会を開いた。その席で「東京五輪に出場可能性がある2人の選手の士気高揚のために、オリンピック出場権を獲得した選手には1000万ウォン(約100万円)の褒賞金を、当該選手の指導者には500万ウォン(約50万円)の褒賞金を支給する予定」と意見を集めた。


2人の選手の中には、チェ・スクヒョンを自殺に追い込んだ加害者とされるチャン・ユンジョンが含まれていた。


問題は、韓国トライアスロン協会が代議員総会の開催前に、チェ・スクヒョンの被害とチャン・ユンジョンの加害を認知していた点だ。しかし真相調査は後回しにしたまま、オリンピック出場時の褒賞金問題に心血を傾けた。暴力や嫌がらせが行われていても、歪曲・隠蔽するしかない構造があったわけだ。


韓国トライアスロン協会は成績とメダルを優先し、主力選手と監督は容赦ない暴力を遠慮なく振るったことになる。


加害者と目される主将チャン・ユンジョンは、韓国トライアスロンを代表する選手だ。彼女は2010年の広州アジア大会で銅メダル、2018年ジャカルタ・アジア大会の混成リレーで銀メダルを獲得した。それだけでなく韓国の全国体育大会の個人戦でも5つ以上の金メダルに輝くなど、所属する慶州(キョンジュ)市庁チームを引っ張る選手だった。


指導者にとって、所属選手とチームの成績はさらに重要だ。選手の成績が自分の成功につながる。良い結果が出れば、それは監督の契約延長を意味する。結局のところ、チームは成績に応じて指導者と主力選手を中心に運営するしかない。



慶州市庁トライアスロンチームの主将チャン・ユンジョン



故チェ・スクヒョン選手のチームメイトが記者会見で、「慶州市庁チームは監督と特定選手の王国」と訴えた理由だ。


今この瞬間も恐怖に震えている選手がいる

去る7月6日、国会疎通館で記者会見を開いたチョン・ヨンチョル文化連帯共同執行委員長は、「スポーツ界の人権蹂躙は成績とメダル、勝利という名分に包まれて温存されてきた。成績のためなら指導者の暴行と強圧的な練習、そして服従的な文化が拡散され、隠蔽された」と指摘している。


韓国スポーツ界に数十年間、蔓延してきた成績至上主義を短期間に根絶することはできない。それでも追加の被害は防がなければならない。成績だけを見て管理監督を受け付けないチームで起きた惨劇だ。成績はもちろん、選手と指導者を評価する別の基準の確立が必要な時点だ。


A種目のとある実業チームコーチは「過程よりも結果が重要視されるが、どうしようもない現実だ。過程に対する評価も一緒に行われても、どうなるかわからない」と慎重な立場を伝えた。B種目の関係者は「構造的に変わらなければならない。監督の場合は選手の育成と地域スポーツに貢献した部分を、選手は自分の成長やチームワークに対する項目でも作られれば、少しは改善されるのではないかと思う」と語った。


今年は大韓体育会100周年の年だ。そんな大韓体育会は予定されていた100周年記念行事やスポーツ(性)暴力根絶を誓う決意大会」を取り消し、スポーツ暴力追放緊急対策会議を非公開で開催することにした。


だが大韓体育会をはじめとする関連団体が対策作りという“机上の空論”にとらわれている今この瞬間も、第2のチェ・スクヒョンが恐怖と不安に震えているかもしれない。

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_f6af60e50ea0 oa-rp60169_0_7af5132751db_俳優ソン・スンホン、主演ドラマ『夕食一緒にしましょうか?』最終回迎えて「癒しの時間だった」 7af5132751db 7af5132751db 俳優ソン・スンホン、主演ドラマ『夕食一緒にしましょうか?』最終回迎えて「癒しの時間だった」 oa-rp60169

俳優ソン・スンホン、主演ドラマ『夕食一緒にしましょうか?』最終回迎えて「癒しの時間だった」

2020年7月14日 12:30 スポーツソウル日本版

俳優ソン・スンホンが7月14日、所属事務所キングコング by STARSHIPを通じて主演ドラマ『夕食一緒にしましょうか?』(原題)の最終回を迎える感想を伝えた。


【関連】『愛の不時着』に続く話題作?『サンガプ屋台』に注目


ソン・スンホンはまず「ドラマに愛情と応援を寄せてくださったすべての方々に心から感謝を申し上げたい。撮影を始めたのが昨日のことのように鮮明だが、もう最終回という事実が信じられない」と名残を惜しんだ。


そして「キム・ヘギョン役を任せてくださった監督、脚本家とスタッフさんたち、同僚俳優さんたちも本当にご苦労様、ありがとうと伝えたい。その間キム・ヘギョンとして生きられて幸せだった。人が人に与える癒しと愛に気づくことができて、僕自身も癒される時間だった」と感謝を述べている。


最後には「また良い姿をお見せするようにする」と意気込み、今後の活動にも関心を呼びかけた。


ソン・スンホンは『夕食一緒にしましょうか?』で精神科医キム・ヘギョン役を熱演。『愛の不時着』で知られるソ・ジヘとのカップル演技に、多くの視聴者がときめいた。



(写真=キングコング by STARSHIP)ソン・スンホン

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_f6af60e50ea0 oa-rp60169_0_57303033aa58_モウリーニョ監督は前監督より「もっと戦術的」トッテナムDFが“違い”を語る 57303033aa58 57303033aa58 モウリーニョ監督は前監督より「もっと戦術的」トッテナムDFが“違い”を語る oa-rp60169

モウリーニョ監督は前監督より「もっと戦術的」トッテナムDFが“違い”を語る

2020年7月14日 12:22 スポーツソウル日本版

トッテナムDFベン・デイヴィス(27)が、マウリシオ・ポチェッティーノ前監督とジョゼ・モウリーニョ現監督の違いを語った。


【写真】“美女サッカー女神”が制服姿で京都を満喫「現役女子高生みたい」


彼は7月13日(現地時間)、イギリスメディア『トークスポーツ』を通じて次のように述べた。


「ポチェッティーノ監督がいたころは自分たちだけのスタイルが強かった。強力なプレッシャーで相手を迎え撃った」


「反面、モウリーニョ監督体制ではもっと戦術的だ。相手によって、どうやって戦わなければならないのかを理解して試合に臨む。毎節で計画が異なる」



(写真提供=ロイター/アフロ)モウリーニョ監督(左)から指示を受けるベン・デイヴィス(中央)



トッテナムでの采配ぶりに一部から批判が集まっているモウリーニョだが、デイヴィスは彼のことを信頼しているようだ。


デイヴィスは「すべての人が、彼が最高の監督であることをわかっている。モウリーニョが持つ技術を受け入れようとしている。選手たちは彼を信頼している。結果も付いてくるだろう」と現監督への信頼感を示した。


マウリシオ・ポチェッティーノ前監督は2014-2015シーズンからトッテナムを率い、2018-2019シーズンのUEFAチャンピオンズリーグではチームを史上初めて決勝に導いた。だが、今シーズンは序盤から絶不調に陥り、11月に成績不振を理由に解任。その後任として、ジョゼ・モウリーニョ監督が招へいされていた。

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_f6af60e50ea0 oa-rp60169_0_fb75c0161cc2_【全文】YGエンタの運転手が飲酒運転で事故。iKONのメンバーら負傷 fb75c0161cc2 fb75c0161cc2 【全文】YGエンタの運転手が飲酒運転で事故。iKONのメンバーら負傷 oa-rp60169

【全文】YGエンタの運転手が飲酒運転で事故。iKONのメンバーら負傷

2020年7月14日 11:55 スポーツソウル日本版

YGエンターテインメント(以下、YG)が、所属グループiKONの交通事故に対する立場を明らかにした。


【注目】“麻薬陽性”ハン・ソヒ、インスタ非公開へ


7月14日のYGエンターテインメント側の発表によると、「iKONの一部メンバーが搭乗した車が7月13日に沙川(サチョン)から南海(ナムへ)方面に向かう途中、事故が発生した事実が確認された」という。


続けて、「運転手のA氏を含む車両に搭乗していたメンバーは軽傷だと医療陣が判断。応急処置を受けた後、現在宿舎で安定にしている状態」とし、「当社は飲酒運転に厳格な内部規定を設けているにもかかわらず、このような事故が発生して非常に責任を感じている」と明らかにした。


また「関連事実をより綿密に内部調査して相応の厳重な措置を取る予定であり、運転手A氏は警察の調査に誠実に臨む」と謝罪した。


これに先立つ7月13日、あるメディアはiKONのJAY(ジェイ)とJU-NE(ジュネ)が乗っていたワゴン車が雨天時の国道でスリップし、国道の擁壁に衝突する事故が発生したと報じた。


飲酒測定を行った結果、運転手のA氏は飲酒をしていたことが判明し、議論を呼んだ。



(写真=YGエンターテインメント)左からJU-NE、JAY



以下、YGによる公式立場全文。





iKONの一部メンバーが搭乗した車が7月13日に沙川(サチョン)から南海(ナムへ)方面に向かう途中、事故が発生した事実が確認されました。


運転手のA氏を含め、搭乗していたメンバーは軽傷だと医療陣が判断。応急処置を受けた後、現在宿所で安定している状態です。


当社は飲酒運転に厳格な内部規定を設けているにもかかわらず、このような事故が発生し、非常に深い懸念と厳重な責任を感じています。 関連事実をより綿密に内部調査して相応の厳重な措置を取ります。運転手のA氏は警察の調査に誠実に取り組むつもりです。

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_f6af60e50ea0 oa-rp60169_0_8e79812a9760_初の実戦登板で好投したリュ・ヒョンジンは出場辞退も考慮していた「家族と離れるのは困難だった」 8e79812a9760 8e79812a9760 初の実戦登板で好投したリュ・ヒョンジンは出場辞退も考慮していた「家族と離れるのは困難だった」 oa-rp60169

初の実戦登板で好投したリュ・ヒョンジンは出場辞退も考慮していた「家族と離れるのは困難だった」

2020年7月14日 11:50 スポーツソウル日本版

トロント・ブルージェイズのリュ・ヒョンジン(33)が、紅白戦を通じ初の実戦登板を終えた。


【写真】リュ・ヒョンジンの妻も!韓国の美しすぎる“スポーツ女子アナ”一挙紹介


リュ・ヒョンジンは、7月14日に本拠地ロジャース・センターで行われた紅白戦で先発登板した。去る9日のライブBP以降初となる実戦登板だ。


この日は5イニングで4被安打4奪三振1失点と好投。四球もゼロに抑え、安定した制球力と球威を見せつけた。



リュ・ヒョンジン



順調に開幕準備を進めているリュ・ヒョンジンだが、新型コロナウイルス感染症の影響で中断期間が長らく続いたことで頭を悩ませたこともあった。


現在、ブルージェイズの本拠地があるカナダはアメリカとの国境を閉鎖しており、両国間の移動がままならない。去る5月18日には妻ぺ・ジヒョンとの間に第1子女児も誕生しており、いろいろと考慮しなければならない要素が多い。


実際、他球団のデビッド・プライス(ロサンゼルス・ドジャース)やバスター・ポージー(サンフランシスコ・ジャイアンツ)といった大物選手は、早くから2020シーズンの出場辞退表明もしている。


「シーズンに出場すべきか悩んだが…」

それでも、リュ・ヒョンジンは60試合制と短縮された今シーズンに出場することを決めたようだ。彼は紅白戦後に行われた現地インタビューで次のように語っていた。


「家族と離れて過ごすのは困難があった。シーズンに出場すべきか悩んだこともある。だが、最終的には予定通りシーズンに臨むことにした。球団が安全管理を徹底してくれたし、安全な環境で練習することができた」


今冬、球団投手史上最高額の4年8000万ドルでブルージェイズに加入したリュ・ヒョンジンの役割は重大だ。先発1番手としてはもちろん、投手陣をけん引するエースとしても期待されている。


さらに、彼は来る7月25日の開幕戦(対タンパベイ・レイズ)で先発登板する可能性が高い。


リュ・ヒョンジンは「チームの一員として、開幕戦に登板する準備をしなければならない。まずはチームの勝利の助けになりたい」と意気込みを語った。

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_f6af60e50ea0 oa-rp60169_0_00291325c4d3_交通事故に遭ったiKONのメンバー…運転者は飲酒、“ほう助”で刑事罰を受ける可能性も 00291325c4d3 00291325c4d3 交通事故に遭ったiKONのメンバー…運転者は飲酒、“ほう助”で刑事罰を受ける可能性も oa-rp60169

交通事故に遭ったiKONのメンバー…運転者は飲酒、“ほう助”で刑事罰を受ける可能性も

2020年7月14日 11:44 スポーツソウル日本版

K-POPボーイズグループiKONがさらなる危機に直面した。


2019年にリーダーのB.I(本名キム・ハンビン)が麻薬騒動でグループを脱退したことに続き、メンバーのJAY(本名キム・ジンファン)とJU-NE(本名ク・ジュンフェ)が飲酒運転中の車に同乗し、交通事故に遭ったとのニュースが伝えられた。


【注目】再始動のiKON、BIGBANG…過去の名声を取り戻せるか


同乗者も飲酒運転幇助罪で刑事処分を受ける可能性があり、注目が集まっている。


『慶南道民新聞』によると、7月13日深夜3時40分頃、慶尚南道・南海(ナメ)郡近くの国道で1台の乗用車が雨でスリップしながら擁壁に突っ込んだ。この事故で車両に搭乗していたiKONのメンバーであるJAYとJU-NE、運転者A氏が軽傷を負い、近くの病院で治療を受けた。


事故当時、車を運転していたA氏は警察の飲酒測定の結果、飲酒をしていたことがわかった。



JU-NE(左)とJAY



2人が刑事罰を受ける可能性は?

iKONのJAYとJU-NEに単純な飲酒運転幇助(ほうじょ)が認められれば、1年6カ月以下の懲役または500万ウォン(約50万円)以下の罰金に処され、積極的に飲酒運転を奨励していた場合、3年以下の懲役または1000万ウォン(約100万円)以下の罰金刑となる。


当然ながら車に一緒に乗っていたという理由だけで、誰もが刑事処分を受けるというわけではない。


処罰の対象となるには飲酒運転を止めない故意性が必要で、それに関する客観的な証拠も必要だ。運転者が泥酔したという事実を知りながらも一緒に乗ったり、車両の鍵を提供したりする行為などは幇助罪に該当する。


それについて警察は「飲酒運転による雨道の事故と見ている」とし、正確な事故経緯を調査中と明らかにした。


先立ってiKONは、リーダーのB.Iが2019年6月に麻薬騒動を起こしてグループを脱退した。当時、メディアが公開したメッセンジャーの会話の内容で、彼は「僕は天才になりたくてやるんだ」などと麻薬購入の理由を伝えた。しかしB.Iは麻薬を購入しようとしただけで、実際に使用したことはなかった。


一時は『LOVE SCENARIO』『MY TYPE』などのヒット曲を誕生させ、人気を博したiKONだったが、リーダーの麻薬騒動からの脱退にメンバー2人の飲酒運転問題まで発生し、危機を迎えている。

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_f6af60e50ea0 oa-rp60169_0_bc6cfdb3c29e_BTSの日本オリジナル曲に韓国ARMYが熱狂! JUNG KOOKが作曲手掛けた繊細なバラード bc6cfdb3c29e bc6cfdb3c29e BTSの日本オリジナル曲に韓国ARMYが熱狂! JUNG KOOKが作曲手掛けた繊細なバラード oa-rp60169

BTSの日本オリジナル曲に韓国ARMYが熱狂! JUNG KOOKが作曲手掛けた繊細なバラード

2020年7月14日 11:26 スポーツソウル日本版

BTSの新曲『Your eyes tell』が、TBS系で13日に放送された『CDTVライブ!ライブ!』で世界初披露された。


【写真】JUNG KOOKの成長を伝説的な写真で振り返る!


『Your eyes tell』は、来る7月15日にリリースされる日本アルバム『MAP OF THE SOUL:7 ~THE JOURNEY~』の収録曲で、最年少メンバーのJUNG KOOK(ジョングク)が作曲に参加している。高音パートの儚げかつ伸びやかな歌声が印象的なバラードだ。


最近は、来る10月に公開予定の映画『きみの瞳が問いかけている』の主題歌に決定したことも報じられ、「映画の世界観を繊細に描き出した」と話題を呼んでいる。


『CDTVライブ!ライブ!』の放送後、韓国のARMY(BTSのファンネーム)からは「メロディーが良すぎる」「韓国語バージョンも出してほしい」「ライブでこんな歌が聴けるなんて…」と、日本で見せた新たな魅力を絶賛する声が殺到した。


去る6月22日に放送された同番組で、BTSは同じく『MAP OF THE SOUL:7 ~THE JOURNEY~』の収録曲『Stay Gold』を披露している。



JUNG KOOK



当時はセンターポジションで楽曲の導入部を歌ったJUNG KOOKが注目され、放送終了後には「BTS 誰」「BTS 真ん中」といった検索ワードが浮上。BTSのファンのみならず、日本の音楽ファンの心を捉えた。


日本でも華麗な活躍でファンを魅了するBTSは、来る17日に日本テレビ系で放送される『バズリズム02』(0時59分~)にトークゲストとして出演する。「BTSの中で一番〇〇な人はだれか」というテーマでトークを繰り広げ、視聴者に笑顔を届ける予定だ。

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_f6af60e50ea0 oa-rp60169_0_f94f0603bf4e_アジア人初の記録を達成し続けるソン・フンミン…もはやケインに代わるトッテナムの“No.1スター”か f94f0603bf4e f94f0603bf4e アジア人初の記録を達成し続けるソン・フンミン…もはやケインに代わるトッテナムの“No.1スター”か oa-rp60169

アジア人初の記録を達成し続けるソン・フンミン…もはやケインに代わるトッテナムの“No.1スター”か

2020年7月14日 11:20 スポーツソウル日本版

ソン・フンミン(28・トッテナム)が、アジア人を代表してプレミアリーグに新たな歴史を築いている。


【写真】韓国代表の“美女パートナー”を一挙紹介。ソン・フンミンの恋人は!?


去る7月13日(日本時間)、プレミアリーグ第35節でトッテナム対アーセナルの“ノースロンドンダービー”が行われた。


この試合でソン・フンミンは先発出場し、1ゴール1アシストの活躍でチームを2-1の逆転勝利に導いた。


今シーズン7人目の偉業…もう一つの“アジア人初”も

アーセナル戦での1ゴール1アシストによって、ソン・フンミンはプレミアリーグでアジア人として史上初めて“10ゴール10アシスト”を達成する快挙を成し遂げた。



(写真提供=ロイター/アフロ)ソン・フンミン



彼は2017-2018シーズンに公式戦通算18ゴール11アシストを記録していたが、プレミアリーグ単体では今回が初だ。


今シーズンここまでプレミアリーグで“10ゴール10アシスト”を達成したのは、ソン・フンミンとマンチェスター・シティのケヴィン・デ・ブライネ(11ゴール18アシスト)の2人のみ。


欧州5大リーグ(イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランス)全体を見ると、ほかにはバルセロナのリオネル・メッシ(22ゴール20アシスト)、レアル・ソシエダのミケル・オヤルサバル(10ゴール10アシスト)、ドルトムントのジェイドン・サンチョ(17ゴール16アシスト)、バイエルン・ミュンヘンのセルジュ・ニャブリ(12ゴール10アシスト)、ボルシア・メンヒェングラートバッハのアラサヌ・プレア(10ゴール10アシスト)しかいない。


ソン・フンミンは、今シーズンの欧州5大リーグ7人目の“10ゴール10アシスト”達成者となった。


さらに、ソン・フンミンはアジア人初の4シーズン連続プレミアリーグ2桁得点に成功した。


彼は2016-2017シーズンで14得点を挙げると、2017-2018シーズン、2018-2019シーズンでどちらも12得点をマーク。そして今シーズン、アーセナル戦のゴールで10得点目を記録し、“4シーズン連続2桁得点”という偉業を成し遂げた。


去る2015年夏にトッテナム加入以降、ソン・フンミンは「リーグ2桁得点」「公式戦通算20得点」「2度の月間MVP受賞」「最優秀ゴール」とアジア人として数多くの新たな歴史を築いている。


ソン・フンミンのゴールはチームに勝利をもたらす?

ソン・フンミンは、トッテナムのキャプテンを務めるハリー・ケインに代わりチームを代表する“No.1スター”に生まれ変わったといっても過言ではない。



(写真=共同取材団)アーセナル戦で同点弾を決め、チームメイトから祝福されるソン・フンミン



今シーズンの公式戦通算得点でいえばケインの方が多い。ソン・フンミンは17得点(プレミアリーグ10ゴール、FAカップ2ゴール。チャンピオンズリーグ5ゴール)を挙げた一方で、ケインは19得点(プレミアリーグ13ゴール、チャンピオンズリーグ6ゴール)を挙げた。


だが、彼らが得点した試合の結果を見ると明暗が分かれる。


ケインが得点した15試合では約半分の8勝にとどまった一方、ソン・フンミンが得点した13試合のうちトッテナムは10試合で勝利を手にしている。


なかでも、プレミアリーグ単体を見るとソン・フンミンが得点した8試合では7勝1分と無敗を貫いている。


プレミアリーグの枠を超え、欧州屈指のストライカーの1人に名乗りを上げたソン・フンミン。今シーズンは右腕骨折による離脱や新型コロナウイルス感染症による中断もあったが、それらのアクシデントを跳ね除ける活躍ぶりを披露している。

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_f6af60e50ea0 oa-rp60169_0_7fb0d4d3de0a_女優パク・シネ、凛とした大人の着こなしに“うっとり”「ゴージャスとはこういうこと」【PHOTO】 7fb0d4d3de0a 7fb0d4d3de0a 女優パク・シネ、凛とした大人の着こなしに“うっとり”「ゴージャスとはこういうこと」【PHOTO】 oa-rp60169

女優パク・シネ、凛とした大人の着こなしに“うっとり”「ゴージャスとはこういうこと」【PHOTO】

2020年7月14日 11:00 スポーツソウル日本版

女優パク・シネ(30)が7月13日、自身のインスタグラムを更新。「ジトジト雨もいいけど、今日は青い空にもくもく入道雲が見たいです」と綴り、数枚の写真をアップした。


【関連】パク・シネ、俳優チェ・テジュンとの破局説を一蹴


写真の中のパク・シネは、広告モデルを務めるファッションブランド「MOJO.S.PHINE」の新作に身を包んで凛とした雰囲気を醸し出している。


落ち着いた秋カラーの背景とメイク、アクセサリー、ドライフラワーなども見事に調和しており、季節感を先取りした。


いつにも増して大人女性の美しさを放つパク・シネの魅力に、各国のファンは酔いしれた様子。コメント欄には「本当に美しい。真似したいです」「ゴージャスとはこういうことか」「少し痩せましたか?心配…」「コロナに気をつけて撮影頑張ってください」といった称賛と応援が寄せられた。


パク・シネはこのほど、韓国で公開中の主演映画『#生きている(#Alive)』でサバイバル・アクション演技に挑んだ。現在はJTBCの新ドラマ『シーシュポス』(原題)を撮影中。



(写真=パク・シネのInstagram)

外部リンク