cat_oa-rp60169_issue_f6af60e50ea0 oa-rp60169_0_f6af60e50ea0_「IZ*ONE消し」突入の韓国テレビ業界…バラエティ出演回もお蔵入りへ f6af60e50ea0

「IZ*ONE消し」突入の韓国テレビ業界…バラエティ出演回もお蔵入りへ

2019年11月8日 12:20 スポーツソウル日本版

ガールズグループIZ*ONE(アイズワン)の出演を予告していたtvNのバラエティ番組『驚きの土曜日』が、IZ*ONEの出演回のお蔵入りを決定した。


番組側は11月8日、「9日放送予定の『驚きの土曜日』ではこれまでのハイライトを放映する」と発表した。


IZ*ONE(アイズワン)はどうなる?『PRODUCE』の投票操作発覚、“本当の嵐”はこれから


テレビ業界では「IZ*ONE消し」を本格化させている模様だ。


11月5日に拘束されたアン・ジュニョンPDが『PRODUCE 48』と『PRODUCE X 101』での投票操作を認めたことで、番組から誕生したIZ*ONEとX1も直撃弾を浴びることとなった。


IZ*ONEはカムバックショーケースの取り消しを皮切りに、初のフルアルバム『BLOOM*IZ』の発売延期、カムバックショー『BLOOM*IZ』の放送取り消し、『マイ・リトル・テレビジョンV2』(MBC)で全カットされるなどし、活動にブレーキがかかった。


それに加えて『驚きの土曜日』でもお蔵入りとなり、カムバックに暗雲が立ち込めている。


外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_f6af60e50ea0 oa-rp60169_0_29b80584170c_香川真司の発言に韓国メディアも注目!「歴代最も優れたアジア選手は…」 29b80584170c

香川真司の発言に韓国メディアも注目!「歴代最も優れたアジア選手は…」

2019年11月8日 12:17 スポーツソウル日本版

韓国内でも日本を代表する選手として認められる香川真司(30・サラゴサ)に関する報道に、韓国メディアが注目している。


【関連】香川、岡崎、サラーとの逸話も暴露。パク・チュホが選んだ“ベストイレブン”とは?


11月8日、複数の韓国メディアは「香川真司も認定“ソン・フンミン、歴代最も優れた選手だ”」という見出しで記事を掲載した。


記事内では香川についての紹介もされており、「香川は日本を代表するMFだ。ドルトムント(ドイツ)やマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)でプレーした経歴がある。昨シーズンにプレーしたベジクタシュ(トルコ)を経て、今シーズンからはスペイン2部のサラゴサで活躍している。A代表でも通算97試合31得点など、活躍を続けている」と詳細に報じた。


そして11月7日にスペイン紙『マルカ』に掲載された香川のインタビュー記事について、報じている。



(写真=サラゴサ公式SNS)香川真司



インタビュー内で香川は、ソン・フンミンに対する自身の考えを明かした。「アジア人で歴代最も優れたサッカー選手は?」という問いに、香川は「トッテナムのソン・フンミン」と答えた。


また「彼はとても優れた選手だ。欧州の舞台で輝き続けている。ブンデスリーガはもちろんプレミアリーグに続き、今はUEFAチャンピオンズリーグでも活躍している」と、ソン・フンミンを高く評価した。


香川の言葉通り、ソン・フンミンは今シーズンも遜色ない活躍を見せている。



(写真=トッテナム公式Twitter)ソン・フンミン



11月7日のCLグループリーグ第4戦のツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア)戦で2ゴールを決め、欧州通算123ゴールとなった。これにより、チャ・ボムグンが持つ韓国人欧州通算最多得点記録の121ゴールを更新することとなった。

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_f6af60e50ea0 oa-rp60169_0_cc46ef6a8cc9_ソン・フンミンの“ゴールセレモニー”に現地メディアや元選手が注目「誰も彼を責めない」 cc46ef6a8cc9

ソン・フンミンの“ゴールセレモニー”に現地メディアや元選手が注目「誰も彼を責めない」

2019年11月8日 11:43 スポーツソウル日本版

イギリスをはじめ、欧州各国メディアがソン・フンミン(27・トッテナム)のパフォーマンスにスポットライトを当てている。記録よりも彼が行ったセレモニーや、それにまつわるストーリーが大きな話題となっている模様だ。


2019年11月7日。この日はソン・フンミンに関する報道が多くあふれた日となった。


【関連】「殺人者だ」“危険タックル”のソン・フンミンに非難轟々


まず、ピッチ上で残した成績が飛び抜けていた。UEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ第4戦ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア)とのアウェー戦で2ゴールを決めたソン・フンミンは、シーズン序盤から不調を抜け出せずにいるチームに気持ちの良い勝利をもたらした。


トッテナムはソン・フンミンの2ゴールを含む大量4得点を挙げ、4-0の大勝で決勝トーナメント進出に迫った。


しかし、ソン・フンミンは謙遜したセレモニーを見せた。後半57分の1ゴール目では、両手を合わせて頭を下げ、去る11月4日のリーグ戦で自身のタックルが原因で負傷したアンドレ・ゴメス(エバートン)へ向けて、謝罪のメッセージを伝えた。


自分のゴールに対しては感情を爆発させることなく、チームメイトと抱擁して喜びを分かつ程度にとどめた。


“韓国を代表する選手”としては、このゴールはとても喜ばしいものであった。この試合で欧州通算123ゴールの個人記録を更新し、韓国サッカー界の英雄チャ・ボムグンが持つ韓国人欧州最多得点記録(121ゴール)を塗り替えたからだ。



ツルヴェナ・ズヴェズダ戦でソン・フンミンが記録した1点目




ツルヴェナ・ズヴェズダ戦でソン・フンミンが記録した2点目



それでも、ソン・フンミンは自身の栄誉よりも仲間の安寧を願った。


試合後ソン・フンミンは、イギリスの衛星放送局『BT sport』とのインタビューで「本当に苦しい時間だった。でもファンやチームメイトから応援を受け、自分が運の良い人間であることを再度感じることができた。(ゴメスの負傷と関連し)本当に申し訳ないと伝えたい。それでも僕はチームに集中し、前へと進まなければならない。それは、僕を支持してくれるファンへのリスペクトにもなるからだ」と、この数日間を振り返った。


現地メディアも、ソン・フンミンのスポーツマンシップに賛辞を送った。


イギリス公共放送『BBC』は、「ゴメスの負傷でとてつもないショックを受けたソン・フンミンが、後半に2得点を挙げた。彼は自身の1点目を祝福する代わりに、両手を合わせて頭を下げた」と得点シーンの模様を詳細に伝えた。


英メディア『ザ・サン』ホームページのサッカーセクションでは、「ズヴェズダ戦のゴールを重傷を負ったゴメスに捧げたソン・フンミン」という見出しの記事が大きく取り上げられた。


ゴメスの負傷後、沈黙を貫いてきたソン・フンミンの反応に憂慮を示していた同メディアは、「ソン・フンミンは2ゴールを決めた後、ゴメスに関連した話題に口を開いた。インタビューを通じて申し訳なかったと話す前に、セレモニーで謝罪の意を見せた」と報じた。



ソン・フンミンのセレモニーについて報じるイギリス現地メディア



イギリスのサッカー人も、ソン・フンミンの特別なセレモニーに注目したようだ。


1986年メキシコワールドカップの得点王であり、イングランドサッカーを代表する選手であったゲーリー・リネカーは、試合途中に自身のSNSを通して「ソン・フンミンはスーパーゴールを決め、カメラに近づきレンズを見つめ、申し訳ないと伝えた。ゴメスに向けたものだろう。良くできた行動だ」と称賛した。


同じくイングランドを代表する名DFだったリオ・ファーディナンドは『BT sport』に出演した際、「ソン・フンミンのセレモニーに悔恨が見える。誰も彼を非難する者はいないだろう。ゴメスの負傷は不運であったし、ソン・フンミンの対応は完璧だった」と高く評価した。


ソン・フンミンは今シーズン、早くも7ゴール目を記録した。プレミアリーグ(2点)よりも、欧州各国のスターが集うCL(5点)で多くのゴールを決めている。


ズヴェズダ戦を通じて、ソン・フンミンが見せたセレモニーやマナーが、彼が持つ実力同様に欧州トップレベルであることが認められた。

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_f6af60e50ea0 oa-rp60169_0_6b8380e9508f_「プレミア12は日本の挑戦状」と韓国紙。中国市場を狙う日米“覇権争い”の行方は? 6b8380e9508f

「プレミア12は日本の挑戦状」と韓国紙。中国市場を狙う日米“覇権争い”の行方は?

2019年11月8日 11:27 スポーツソウル日本版

国際野球の流れが急速に変化している。


自ら変わっているわけではない。特定の集団の意図によって変化していると見るのが正しい。


メジャーリーグ(MLB)が主導していた国際野球の流れに、日本が激しい挑戦状を叩きつけた格好だ。


【写真】韓国プロ野球を盛り上げる「美人チアリーダー」を一挙紹介!!


韓国野球もしっかりと精神を正して、その流れを主導する方法を見つける必要がある。野球というコンテンツがまともな産業として定着するために必要な動力だからだ。


世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が主管するプレミア12は、日本野球機構(NPB)の主導で作られた大会だ。


NPBは、MLBが“野球の世界化”を名分としてオーストラリアに続いて中国大陸まで侵食し、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を媒介としてMLB中継権の販売と有望株の独占など実質的な利益を見ていることに反発して、資金難に苦しむWBSCを利用してプレミア12を創設した。


WBCの第1回、第2回優勝に加え、スポンサー文化の発展した日本企業の積極的な参加もあったが、“最大のスポンサー”という立場で実質的な利益を得るのはMLBであったため、日本が快く思えないのは仕方がない。


侍ジャパンというブランドを作り、国家対抗戦を拡大するという構想は、日本代表レベルであればアメリカ代表とも戦えるという自信に基づいている。



11月6日、プレミア12第1戦でオーストラリアに快勝した韓国代表



MLBとNPBが国際野球市場の覇権をめぐり、マネーゲームを繰り広げる理由は自明だ。グローバルスタンダードの確立で先頭に立ち、主導権を確保したいという意図である。中継権の販売や有望株の確保などの短期的な利益だけでなく、世界最大の市場である中国を開拓するための意図が隠れている。


アメリカは台湾とオーストラリアを蚕食したし、中国代表チームをフルサポートする方法で市場を掴む機会をうかがっている。日本はアメリカが侵入した台湾市場をある程度奪ったが、やはり中国市場進出のためにさまざまな方法を模索している。過去、韓国、日本、台湾のプロリーグ王者と中国代表が対戦するアジアシリーズなどは、その一環だろう。


そんな流れのなかで、韓国野球委員会(KBO)が傍観者に甘んじれば、淘汰される可能性がある。危機に陥った韓国野球を再生する道は、アジア市場の主導権を握るしかない。国内需要だけでは産業化どころか、現状維持を心配することになる。


KBOも危機感を持っている。政治的問題で遅れをとっているが、着実に中国と交渉しながらパートナーとしての地位を固めるために東奔西走している。中国がプロリーグを再スタートするとき、審判団を送って教育する事業を行ったことも、その一環だ。


野球の産業化は、KBOチョン・ウンチャン総裁の宿願であり、最大の公約のひとつだ。しかし任期折り返しを迎えた時点で、これといった動きが見つからない。



KBOチョン・ウンチャン総裁



中韓の政治力学を考慮した対応も必要であり、アメリカと日本が先行して獲得したグローバル市場で突破口をどのように見つけるかに頭を悩ませるべき時点だ。


ソウルの高尺(コチョク)スカイドームで開催中のプレミア12が興行的に失敗していることは、韓国野球の危機が思ったより深刻であることを端的に表わしている。

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_f6af60e50ea0 oa-rp60169_0_263a601ad0bc_JYJジュンス、約10年ぶりに地上波出演&自宅公開へ。ジェジュンも「うちのジュンスがついに」と感激 263a601ad0bc

JYJジュンス、約10年ぶりに地上波出演&自宅公開へ。ジェジュンも「うちのジュンスがついに」と感激

2019年11月8日 11:20 スポーツソウル日本版

JYJジュンスが、約10年ぶりに地上波のバラエティ番組に出演することが分かった。


ジュンスは最近、MBCの新バラエティ番組『共有の家』の収録に参加。“共有経済”というテーマのもとに自宅を公開したという。


約10年ぶりとなるジュンスの地上波バラエティ番組出演の知らせに、ファンたちは歓喜の声をあげた。


JYJジュンス、除隊後初の年末コンサート開催! 「例年を上回る熱狂が予想される」


2010年末の『KBS演技大賞』(KBS)で『Found You』を歌った以降、テレビでその姿を消していたジュンスは、その間『デスノート』『エクスカリバー』『エリザベート』など、大作ミュージカルで次々と主演を務め、ミュージカル界のスターに浮上した。


ただ、テレビに出演しないことが常に気がかりだった彼が、約10年ぶりにテレビに復帰することとなり、本人もファンも嬉しさを隠せない様子だ。


ジュンスは自身のSNSを更新し、「ありがとうございます」と喜びを表した。


JYJのジェジュンも、ジュンスの出演を知らせる記事のキャプチャ画像と共に「うちのジュンスついに進出。おめでとう」というコメントを残し、ライブ配信を通じて「最近、僕もジュンスも嬉しいことが続く。だからとても嬉しいしありがたい。今後もっと頑張る」と、感想を述べている。


主に日本活動に主力していたジェジュンも、このほど『恋愛の味2』(TV朝鮮)『ご飯はちゃんと食べてるかい?』(原題、SBS)などに出演、隠されていたトーク力を披露して話題を集めた。


ユチョンの麻薬スキャンダルなどでグループが揺れていた中、残りのメンバーたちが再びテレビに戻って、芸能人生第2幕の幕開けを告げた。


いつの間にかデビュー15年目を迎えた彼らだが、まだまだ知られざる姿が多いだけに、今後の活動に注目が集まっている。


業界関係者も「経歴が長いジュンスとジェジュンだが、バラエティ番組で様々な姿を見せていないだけに、今後が楽しみだ。彼らのバラエティ出演が単発で終わるのではなく、これをきっかけにテレビ出演の活路を開くかどうかにも注目されている」と話した。



ジュンス

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_f6af60e50ea0 oa-rp60169_0_744b20f4c405_JYJジェジュン、グローバルチャンネル「Lifetime」のバラエティに出演! 世界が認める韓流スター 744b20f4c405

JYJジェジュン、グローバルチャンネル「Lifetime」のバラエティに出演! 世界が認める韓流スター

2019年11月8日 11:12 スポーツソウル日本版

アメリカの有料テレビ局で世界的な人気を誇る「Lifetime」(ライフタイム)が、JYJジェジュン出演のバラエティ番組を制作することがわかった。


【写真】JYJジェジュン、中国の授賞式で快挙! アジアでの人気ぶりは健在


ジェジュンは、12月初めに撮影のためアルゼンチンへ出国する。日韓の視聴者にあまり馴染みのないアルゼンチンという地で、デビュー以降一度も公開することがなかった“変わった一面”を披露する予定だ。


2012年にチリ、ペルーなどで行った南米ツアーを通じて現地のファンとふれあった縁を持つジェジュン。今回の放送に関しても、アルゼンチンをはじめとした南米地域のファンをときめかせる見通しだ。


ジェジュンは2003年のデビュー以降、歌手や俳優として活発に活動し、韓国を代表するグローバル韓流スターとして大きな存在感を見せてきた。



(写真=C-JeSエンターテインメント)



今年4月に発表した日本1stソロアルバム『Flawless Love』は、オリコン週間アルバムランキングとタワーレコード全店舗の総合アルバム週間ランキング、そしてビルボードジャパンで1位を獲得。世界32カ国のiTunesチャートでもトップを席巻している。


また、9月25日にリリースされたカバーアルバム『Love Covers』も公開直後から熱い反響を得て、27カ国iTunesチャートで1位を記録。日韓にとどまらない世界的な人気を証明した。


それだけでなく、最近は中国・北京で開催された「2019アジア新曲チャート授賞式」で海外人気歌手賞を、香港で行われた「アジアフィルムアワード」(AFA)で次世代スター賞を受賞している。釜山で初開催された「第1回アジアコンテンツ・アワーズ」ではエクセレンス・アワード賞の栄冠を手にしており、韓国での人気ぶりも相変わらずであることがうかがえる。


“Lifetimeデビュー”のニュースが報じられると共に、グローバルスターとして一層注目を集めることになったジェジュン。これからの活躍には期待が高まるばかりだ。

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_f6af60e50ea0 oa-rp60169_0_bdbb0704b981_プレミア12、韓国がカナダを破って2連勝でグループ首位。東京行きに大手かける bdbb0704b981

プレミア12、韓国がカナダを破って2連勝でグループ首位。東京行きに大手かける

2019年11月8日 10:39 スポーツソウル日本版

キム・ギョンムン監督率いる野球韓国野球代表が“難敵”カナダを破り、プレミア12スーパーラウンド進出に王手をかけた。


2連勝でグループCの首位に踊り出た韓国は、11月8日19時、ソウル高尺(コチョク)スカイドームで開催されるキューバとの試合で勝利すれば、予選1位となり、日本で開催されるスーパーラウンドに進出できる。


【関連】野球人気なし…韓国で行われたプレミア12、観客席はガラガラ


韓国は10月7日、高尺スカイドームで開かれたプレミア12予選グループC、カナダとの試合に3-1で勝利した。


先発のキム・グァンヒョンが6イニングを被安打1、与四球2、奪三振7、無失点の好投で試合を作り、5番指名打者のキム・ジェファンが6回表、決勝2点タイムリーで均衡を破った。



6イニング無失点と好投したキム・グァンヒョン



先攻で始まったカナダ戦で韓国は、ミン・ビョンホンを1番ライト、キム・サンスを9番セカンドに配置するなど、相手の左腕投手に備えて右打者を6人起用し、先発メンバーに変化を与えた。しかしカナダの左腕ザストリズニーの鋭い制球に苦戦した。


韓国のキム・グァンヒョンも奮闘し、6回までわずかヒット1本に抑える好投を見せるなかで、韓国は6回表にチャンスを迎えた。1死からセンター前ヒットで出塁したミン・ビョンホンが盗塁を決め、キム・ハソンがフォアボールで出塁。1死1、2塁とした。


カナダは先発を降板させる。次のイ・ジョンフは三振だったが、パク・ビョンホがフォアボールを選び、2死満塁。5番指名打者キム・ジェファンに託された。前の打席でダブルプレーに倒れたキム・ジェファンは、ライトへの2点タイムリーを放ち、試合の均衡を破った。



2点タイムリーを放ったキム・ジェファン



それでもカナダは対抗した。8回裏の攻撃で1死からハム・ドクチュを相手に1点を奪った。それでも追撃はここまで。チャ・サンウが後続を連続三振に討ち取り、ピンチを凌いだ。


韓国は9回表にもパク・ミンウのタイムリーで、貴重な1点を追加。9回裏のカナダの攻撃は、チョ・サンウが楽々と三者凡退として試合を締めくくった。



カナダを3-1で破った韓国代表



オーストラリア、カナダと2連勝をあげた韓国は、グループCの1位に浮上。11月8日19時から行われるキューバ戦で東京行きを決める勢いだ。

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_f6af60e50ea0 oa-rp60169_0_d68ebbd7ff18_今度はU-17W杯で8強進出! 韓国サッカーが年代別代表で躍進が続いているワケ d68ebbd7ff18

今度はU-17W杯で8強進出! 韓国サッカーが年代別代表で躍進が続いているワケ

2019年11月8日 07:00 スポーツソウル日本版

韓国サッカーの年代別代表チームが勢いに乗っている。今度は“末っ子”のU-17韓国代表がやり遂げた。


キム・ジョンス監督率いるU-17韓国代表は11月6日、ブラジルで行われたU-17ワールドカップ16強戦でアンゴラと対戦し、チェ・ミンソの先制ゴールを守り切って1-0の勝利を収めた。


【関連】U-17W杯ベスト8進出を決めた韓国「準々決勝では日本と」


韓国がU-17ワールドカップで8強に進出したのは、今回で歴代3回目だ。シン・テヨンやソ・ジョンオンを主軸にした1987年カナダ大会、そしてソン・フンミンが活躍した2009年ナイジェリア大会に続き、10年ぶりに“世界の8強”に入った。


韓国は11月11日8時、メキシコと準々決勝を行い、韓国史上初となる準決勝進出に挑戦する。誰も歩んだことのない道をU-17代表が準備している。



(写真提供=韓国サッカー協会)U-17韓国代表キム・ジョンス監督(右)



韓国サッカーは“長兄”であるA代表が昨年、ロシアW杯ドイツ戦で作り上げた奇跡のような2-0の勝利から、完全に勢いに乗っている。ロシアW杯以降、“弟たち”がバトンを引き継いでさらなる上昇曲線を描いている。


まずU-23韓国代表が2018年ジャカルタ・アジア大会で、史上初の大会連覇を達成した。続いてチョン・ジョンヨン監督率いるU-20韓国代表が、今年5~6月にポーランドで行われたU-20ワールドカップで初めて決勝進出を果たし、準優勝を収めた。


U-17韓国代表の場合、“兄たち”の躍進がプレッシャーになる状況だったが、ハイチやチリ、アンゴラなど他大陸の強敵を破って8強まで上り詰めた。


数々の成果の要因を韓国サッカー界では、年代別代表チームの特性と彼らが参加する大会に強い監督を選んだことが、相次ぐ成功ストーリーの秘訣になったと見ている。


例えば、アジア大会で金メダルを獲得したキム・ハクボム監督は、プロ選手としての経験はないが、指導者になってから城南FCを率いてKリーグとFAカップの優勝を1度ずつ経験するなど、大きな大会の指揮に長けている。



(写真提供=韓国サッカー協会)キム・ハクボム監督



特にトーナメントで勝つ方法を知っている。さまざまなスター選手を扱った経験も持つ。そんなキム・ハクボム監督の貫禄は、アジア大会という“たった一度のチャンス”で動揺することなくチームが前進する活力になった。


ソン・フンミン、ファン・ウィジョ、ファン・ヒチャン、イ・スンウ、チョ・ヒョヌなど個性の強い選手たちを励まし、彼らの能力を適材適所で活用して、2014年仁川(インチョン)大会に続く大会連覇を成し遂げた。


U-20ワールドカップ準優勝は、2006年から10年以上ユース育成一筋を歩んできたチョン・ジョンヨン監督が、自分のすべてのノウハウを注ぎ込んだからこそ成し遂げられたと見ることができる。


チョン監督は現役時代、プロでプレーたことがないほど無名に近かったが、イ・ガンインを中心とした創造性あふれるサッカーを披露し、韓国サッカーに新たな地平を開いた。ユース専門指導者としての実力を遺憾なく発揮した。



チョン・ジョンヨン監督(左)とイ・ガンイン



そして今回、キム・ジョンス監督が笑った。


キム・ジョンス監督にとってU-17ワールドカップは、今大会が初めてではない。イ・スンウがプレーした2015年チリ大会で、コーチとして参加した。その時、韓国はグループリーグでブラジルに1-0で勝利するなど、1位で決勝トーナメントに進出した。しかし16強戦でベルギーを相手に為す術なく、0-2で敗れ、“半分の成功”にとどまった。


キム・ジョンス監督はその時の教訓をもとに、グループリーグはもちろん、16強戦も突破した。4年前にU-17ワールドカップが行われたチリと、今年の開催地ブラジルはいずれも南米大陸にある。季節も4年前と同じ秋だ。そんなすべてのノウハウを生かし、4年前のリベンジを果たした。


華麗な現役時代を過ごしたわけでもなく、指導者の道に進んで黙々と実力と経験を積んできた司令塔たちが、高い指導力を発揮しながら次々と成果が生まれている。


韓国サッカーは、まさに今が全盛期といえるかもしれない。

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_f6af60e50ea0 oa-rp60169_0_d001e7eb29f1_執行猶予を言い渡された韓国の財閥3世、“大麻王子”が控訴した理由は? d001e7eb29f1

執行猶予を言い渡された韓国の財閥3世、“大麻王子”が控訴した理由は?

2019年11月8日 06:30 スポーツソウル日本版

麻薬類である変種の大麻を密輸して使用した疑いで、一審で執行猶予宣告を受けたCJグループ、イ・ジェヒョン会長の長男イ・ソンホ(29)CJ第一製糖部長が控訴した。


11月6日、仁川(インチョン)地方裁判所によると、イ・ソンホ部長の弁護人であるキム&チャン法律事務所のハン・マンホ、リュ・ヨンホ弁護士は、10月31日に控訴状を提出した。


【関連】韓国財閥3世たちの「麻薬問題」が深刻すぎる


先立ってソン・スジン検事は10月29日に控訴状を提出しており、両者が控訴する状況となった。


検察側の控訴は一審でイ・ソンホ部長に宣告された刑が軽いと判断してのものだが、弁護人側の控訴は刑に対する不服ではなく、「防御権行使」であることが伝えられた。


CJグループ関係者は「刑事事件で検察が控訴したとき、被告側も控訴しないと、裁判所が検察に有利な判決を下すことがある」とし、「そんな理由から慣例に沿って控訴しただけで、刑に不服があったわけではない」と説明した。



イ・ソンホ部長



イ・ソンホ部長は去る9月1日、アメリカから仁川(インチョン)空港を通じて入国する際、大麻カートリッジ20個、大麻キャンディ37個、大麻ゼリー130個など、1000ドル(約10万9000円)相当の大麻を所持していたところ摘発された疑いを受ける。


また今年4月から8月末まで、米ロサンゼルスで大麻を数回使用し、知人から大麻キャンディなどを受け取った容疑で裁判に引き渡された。


仁川地方裁判所・第12刑事部(裁判長ソン・ヒョンギョン)は、10月24日に行われた一審宣告公判で、イ・ソンホ部長に懲役3年、執行猶予4年、追徴金2万7000ウォン(約2700円)を言い渡した。

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_f6af60e50ea0 oa-rp60169_0_178c5ea279b8_「テキサスはリュ・ヒョンジンを評価している」米国メディア報道でほぼ確定!? 178c5ea279b8

「テキサスはリュ・ヒョンジンを評価している」米国メディア報道でほぼ確定!?

2019年11月8日 06:00 スポーツソウル日本版

「レンジャーズはリュ・ヒョンジンを高く評価している」


アメリカの『MLB.com』がFA(フリーエージェント)となるリュ・ヒョンジンのテキサス行きを予想した。


MLB.comは「リュ・ヒョンジンを注視しているチームのひとつは、テキサス・レンジャーズだろう。レンジャーズは新球場の初シーズンを控え、先発陣の強化に総力を挙げている」とした。レンジャーズ球団担当のTRサリバン記者も「レンジャーズがリュ・ヒョンジンを高く評価している」としている。


【写真】リュ・ヒョンジンの妻は人気の女子アナ!!


テキサスは2020年シーズンから新たなホーム球場であるグローブライフ・フィールドを使用する。グローブライフ・フィールドは4万人を収容する開閉型ドーム球場だ。




これで、選手たちとファンは夏場のテキサス・アーリントン地域の猛暑を避けることができるようになった。


新しい球場の初シーズンを迎えるだけに、戦力補強も予想される。


現在、テキサスはランス・リン、マイク・マイナーとともに先発陣を率いていく投手の補強が切実で、三塁手の補強も必要だ。MLB.comは先発投手としてはリュ・ヒョンジン、三塁手ではジョシュ・ドナルドソンが適しているという考えだ。


MLBのトレードを扱うアメリカの某サイトは、リュ・ヒョンジンが3年5400万ドル、ドナルドソンは3年7500万ドルでテキサスとFA契約を締結すると予測したことがある。


予測が現実となれば、リュ・ヒョンジンはチュ・シンスと同じユニホームを着ることになる。


チュ・シンスは、球団側にリュ・ヒョンジンの獲得を提案した。リュ・ヒョンジンとチュ・シンスがテキサスでチームメイトになるか、注目が集まっている。

外部リンク