cat_oa-rp59145_issue_8ef2c327a5ee oa-rp59145_0_8ef2c327a5ee_Twitter、悪意のあるダイレクトメッセージを振り分ける新機能を発表 8ef2c327a5ee 8ef2c327a5ee Twitter、悪意のあるダイレクトメッセージを振り分ける新機能を発表 oa-rp59145

Twitter、悪意のあるダイレクトメッセージを振り分ける新機能を発表

2019年8月17日 00:30 iPhone Mania

Twitterが、フォローしていないユーザーから送られるダイレクトメッセージを精査する新機能を発表しました。

メッセージを読むことなく削除することが可能

Twitterは、自分が興味を持っているテーマに関する投稿を追跡できる機能や、ダイレクトメッセージの検索機能などの新機能をテスト中であることを先日明らかにしたばかりですが、今回新たに、悪意のあるダイレクトメッセージを別フォルダに振り分ける機能を試していることがわかりました。



メッセージの設定で「クオリティフィルター(Quality Filter)」をオンにすると、フォローしていないユーザーから送られてきた悪意のあるメッセージが自動的に隠されるようになっています。



フォローしていないユーザーからメッセージが送られてくると、「メッセージリクエスト(Message Requests)」タブにまず振り分けられます。新しいフィルターは、悪意のある可能性のあるメッセージを「追加のメッセージ(Additional Messages)」というフォルダに格納します。



Twitter Supportアカウントは、ダイレクトメッセージの振り分けがどのように機能するかをGIF動画で示しています。







受け取った悪意のある可能性のあるメッセージは、内容を見ることなく削除することができるようになっています。

Twitterで悪意のあるメッセージを受け取る女性ユーザーは多数

国際人権団体Amnesty Internationalによれば、Twitter上で悪意のあるメッセージを受け取る女性ユーザーが多数存在し、表現の自由が抑制されているとのことです。



Twitterはオンライン上で女性の権利を守る責任を十分に果たしていないと批判されていましたが、今回発表された新機能は状況の改善につながるでしょうか。



2017年の#WomenBoycottTwitter(女性はTwitterをボイコットする)キャンペーンの後、Twitterは女性ユーザーを守るための複数の新機能を導入したことで知られています。





Source:9to5Mac

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_8ef2c327a5ee oa-rp59145_0_eub5ico3xgxm_ガラケーは死なず〜一定の需要によりフィーチャーフォンの出荷台数は安定推移 eub5ico3xgxm eub5ico3xgxm ガラケーは死なず〜一定の需要によりフィーチャーフォンの出荷台数は安定推移 oa-rp59145

ガラケーは死なず〜一定の需要によりフィーチャーフォンの出荷台数は安定推移

2022年7月7日 02:39 iPhone Mania

最近はスマートフォンの低価格が進み、携帯電話市場はほぼスマートフォンで占められています。



この状況のなかで日本ではガラケーと呼ばれるフィーチャーフォンは死にかけているのかと思いきや、アメリカでは一定の需要により出荷台数が安定推移しているそうです。

シェアは2%ながら出荷台数は安定

調査会社のCounterpointによると、現在のアメリカ携帯電話市場におけるフィーチャーフォンのシェアはわずか2%だそうです。



このまますべてスマートフォンに置き換わっていくのかと思いきや、フィーチャーフォンの出荷台数は安定しているといいます。



その理由は耐久性の高いタフな携帯電話を必要とする人々の存在です。



農業、鉱業、建設業などに従事する人々は、大きなガラス製スクリーンを持ち壊れやすいスマートフォンよりもフィーチャーフォンを好むといいます。



また、電話やSMSができれば十分という層も一定数おり、フィーチャーフォンの出荷台数安定に寄与しているようです。

フィーチャーフォンの新たなユースケースも

フィーチャーフォンには新たなユースケースも生まれているといいます。



たとえば故障や紛失のリスクを考慮して旅行用に使用したり、スマートフォンから自分を切り離すためのセカンドデバイスとして利用したりといった用途に使われているとのことです。



フィーチャーフォンの今後についてCounterpointは、大きく出荷台数が伸びることはないとしています。



しかしながら、そのシンプルなデザイン、手頃な価格、頑丈さにより安定した需要があり、今後も引き続き販売され続けるとのことです。





Source: Counterpoint

(ハウザー)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_8ef2c327a5ee oa-rp59145_0_lxyx0aedj2ya_ソフトバンク、7/8発売Xperia 10 IVが条件付で9,840円になると発表 lxyx0aedj2ya lxyx0aedj2ya ソフトバンク、7/8発売Xperia 10 IVが条件付で9,840円になると発表 oa-rp59145

ソフトバンク、7/8発売Xperia 10 IVが条件付で9,840円になると発表

2022年7月7日 02:04 iPhone Mania

ソフトバンクはすでに予約受付を開始しており、2022年7月8日に発売するソニー「Xperia 10 IV(エクスペリア・テン・マークフォー)」を、ソフトバンクショップ(直営店)にて条件を満たせば9,840円で購入可能になると発表しました。

48回分割&のりかえ、または5〜22歳の新規契約&メリハリ無制限加入

Xperia 10 IVを48回の分割払いで購入の上、のりかえ(MNP・番号移行)、もしくは5歳〜22歳の人が新規契約で「メリハリ無制限」に加入した場合、機種代金が通常価格の7万4,880円から合計6万5,040円が割引され、総額9,840円となります。



のりかえは、ワイモバイルとLINEMOからの番号移行も含まれます。



5歳〜22歳という条件は、新規契約の時点で使用者の年齢が5歳以上かつ22歳以下であることを意味します。



割引後のXperia 10 IVの現金販売価格および割賦販売価格は9,840円です。実質年利0%、支払い期間49カ月、支払い回数48回、割賦金(1カ月目〜48カ月目)は月々205円です。

ソフトバンク直営店一覧

なおソフトバンク直営店は以下のとおりです。



  • ソフトバンク銀座
  • ソフトバンク表参道
  • ソフトバンク渋谷
  • ソフトバンク六本木
  • ソフトバンクグランフロント大阪
  • ソフトバンク名古屋
  • ソフトバンク仙台クリスロード





Source:ソフトバンク

(lunatic)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_8ef2c327a5ee oa-rp59145_0_7chi75r9wytl_Apple、「ロックダウンモード」を発表。スパイウェア対策を強化 7chi75r9wytl 7chi75r9wytl Apple、「ロックダウンモード」を発表。スパイウェア対策を強化 oa-rp59145

Apple、「ロックダウンモード」を発表。スパイウェア対策を強化

2022年7月7日 01:10 iPhone Mania

Appleは現地時間7月6日、高度なサイバー攻撃の標的になっている可能性のあるユーザーを保護する対策を強化する新機能「ロックダウンモード」を発表しました。同社はまた、昨年発表したサイバー監視の研究者と擁護組織の支援を目的とした1,000万ドル(約14億円)の助成金についても詳細を明らかにしました。

少数のユーザを対象とした「ロックダウンモード」

ロックダウンモードは、イスラエルのセキュリティ企業「NSO Group」のような国家支援型スパイウェアを開発する民間企業からの、高度なサイバー攻撃の標的にされる可能性のある非常に少数のユーザーに対して、極めて高度なレベルのセキュリティがオプションとして提供されるものです。



ロックダウンモードを有効にすると、メッセージアプリに送信されるほとんどの添付ファイルが自動的にブロックされ、ジャストインタイム(JIT)と呼ばれるJavaScriptコンパイルなどの複雑なWeb技術は無効になります。また、デバイスがロックされると有線接続もブロックされます。



このように、システムの機能を制限することでデバイスのセキュリティが強化されます。Appleによると、「ロックダウンモード」は使いやすさとセキュリティのバランスが取れている機能だとしていますが、一般ユーザー向けに設計されたものではありません。



一部の機能はiPhoneでのみ利用可能ですが、iOS/iPadOS16、及びmacOS Venturaで利用できるようになるとのことです。またAppleは、今後もロックダウンモードを強化し、新たな保護機能を追加していく予定だとしています。

ロックダウンモードの問題の発見で業界最高額の報奨金

またAppleは、「Appleセキュリティバウンティ」プログラムを通して、セキュリティ研究者にロックダウンモードの問題を発見するよう呼びかけています。有効な報告をした研究者は、これまでの報奨金が倍増され最大200万ドル(約3億円)を獲得することができ、報奨金としては業界最高額となります。



さらに、NSO Groupに対しての訴訟で認められた損害賠償金とは別に、国家支援型スパイウェアを開発する民間企業によるものを含む高度な標的型サイバー攻撃を調査、防止する組織を支援するために、1,000万ドルの助成金を提供する予定です。この助成金は、フォード財団が設立した「尊厳と正義の基金(Dignity and Justice Fund)」に提供され、まずは、スパイウェアの摘発や標的の保護を支援する団体に資金提供されるとのことです。





Source:Apple via AppleInsider

(m7000)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_8ef2c327a5ee oa-rp59145_0_mvee2ddmrn4y_iPhone14シリーズのサプライヤーリストが掲載〜Luxshareが組み立てに参入 mvee2ddmrn4y mvee2ddmrn4y iPhone14シリーズのサプライヤーリストが掲載〜Luxshareが組み立てに参入 oa-rp59145

iPhone14シリーズのサプライヤーリストが掲載〜Luxshareが組み立てに参入

2022年7月7日 00:00 iPhone Mania

IT之家が、iPhone14シリーズのサプライヤーリストを掲載しました。iPhone14シリーズの組み立て作業を、Foxconnに加えLuxshare Precisionも担当するようです。

iPhone14シリーズのサプライヤーは

台湾メディア経済日報が報じていた通り、Luxshare PrecisionがiPhone14の組み立て作業を担当するようです。



iPhone14 Proシリーズの組み立ては全数をFoxconnが、iPhone14 Maxの組み立ての大半をPegatronが担当するとみられています(IT之家のリストには未掲載)。





工程/部品
サプライヤー


組み立て
Foxconn、Luxshare Precision


ディスプレイ
Samsung Display、LG Display、BOE


リアカメラモジュール
Foxconn


カメラ用
ボイスコイルモーター
Luxshare Precision


金属ケースとフレーム
Foxconn、Lens Technology、Jabil


iPhone14 Proシリーズのリアカメラサプライヤーに関する情報

アナリストのミンチー・クオ氏が、iPhone14 Proシリーズのリアカメラのサプライヤーを報告していました。



同モデル用ボイスコイルモーターを供給するアルプスアルパインの供給比率は60%〜70%とクオ氏が報告していたことから、残りの30%〜40%をLuxshare Precisionが供給すると予想されます。





Source:IT之家

Photo:9TechEleven(@9techeleven)/Twitter

(FT729)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_8ef2c327a5ee oa-rp59145_0_l6njvfm4q3g4_macOS 13 Venturaのベータ3が開発者向けに公開 l6njvfm4q3g4 l6njvfm4q3g4 macOS 13 Venturaのベータ3が開発者向けに公開 oa-rp59145

macOS 13 Venturaのベータ3が開発者向けに公開

2022年7月6日 22:11 iPhone Mania

Appleは現地時間7月6日、macOS 13 Venturaのベータ3をデベロッパ向けにリリースしました。

トラックパッドジェスチャー動画が再導入

iOS16およびiPadOS16のベータ3と同時に、macOS 13 Venturaのベータ3が開発者向けに公開されましたが、今回のバージョンでは「設定」アプリの「トラックパッド」のセクションに動画が再度掲載されているとのことです。



これに関しては、Appleの今年の世界開発者会議(WWDC22)にてAppleのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長であるクレイグ・フェデリギ氏がすでに述べていました。



「タップでクリック」「副ボタンのクリック」などが、わかりやすく動画が示されるようになっています。



なお、その他の変更点はこれから明らかになっていく見通しです。





Source:MacRumors

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_8ef2c327a5ee oa-rp59145_0_xzbty10h2jnx_Apple、watchOS9ベータ3を開発者向けにリリース xzbty10h2jnx xzbty10h2jnx Apple、watchOS9ベータ3を開発者向けにリリース oa-rp59145

Apple、watchOS9ベータ3を開発者向けにリリース

2022年7月6日 22:10 iPhone Mania

Appleは現地時間2022年7月6日、開発者向けにwatchOS9ベータ3をリリースしました。

パブリックベータのリリースも近い

Appleは今月中に初のパブリックベータをリリースすると予告していますので、今回、または次のベータリリースの1日〜2日以内には、パブリックベータがリリースされると思われます。

ここ数年で最大のアップデートとなるwatchOS9

ここ数年でもっとも大きなアップデートとなるwatchOS9は、Apple Watch Series 3はサポートしません。



新しい4種類の文字盤が追加されるほか、ワークアウトを行っている最中の表示項目が細分化され、睡眠解析機能が改善されます。



watchOS9ベータ3と同日、iOS16ベータ3、iPadOS16ベータ3、macOS 13 Venturaベータ3、tvOS16ベータ3も合わせてリリースされました。





Source:9to5Mac

(lunatic)

cat_oa-rp59145_issue_8ef2c327a5ee oa-rp59145_0_1hg2c3io4tc7_iPhone14シリーズ発売前調査で購入予定割合が大幅減〜値上げも影響か 1hg2c3io4tc7 1hg2c3io4tc7 iPhone14シリーズ発売前調査で購入予定割合が大幅減〜値上げも影響か oa-rp59145

iPhone14シリーズ発売前調査で購入予定割合が大幅減〜値上げも影響か

2022年7月6日 22:02 iPhone Mania

米SellCellがiPhoneユーザーとAndroidユーザーを対象に実施した、iPhone14シリーズ発売前調査で、購入を予定しているユーザーの割合がiPhone13シリーズで行った同調査と比べて大幅に減少していることが報告されました。

機種変更予定者が昨年の43.7%から14.1%に低下

iPhone13シリーズ発売前の調査では、iPhoneユーザーの43.7%が同モデルに機種変更すると回答していたのに対し、iPhone14シリーズについて行った調査では、機種変更すると回答したユーザーの割合はわずか14.1%でした。






iPhone14シリーズに機種変更すると答えたユーザーの割合が低いのはiPhoneユーザーだけではなく、AndroidユーザーにおいてもiPhone13シリーズ時の18.3%から13.2%に低下しています。






結果、双方をあわせても、米国においてスマートフォンを使用している19,586人のユーザーのうち、iPhone14シリーズに機種変更すると回答した割合は13.6%にとどまりました。







iPhone14シリーズへの関心が低い理由は?

今回の調査結果についてSellCellは、iPhone14シリーズへの関心が低い理由として、「古いiPhoneから多くのユーザーがiPhone13シリーズに機種変更済み」「iPhone13シリーズと代わり映えしないデザイン」が考えられると述べています。



米国におけるiPhone14 Proシリーズの販売価格は100ドル値上げされると噂されていることも、購入意欲低下の1つの要因になっているかもしれません。



日本での販売価格は円安の影響で、米国以上に値上げを感じさせるものになりそうです。





Source:SellCell

(FT729)






あわせて読みたいiPhone13シリーズ 関連特集
【総力特集】iPhone13の料金、性能を徹底比較!
【随時更新】iPhone13シリーズのケース・保護フィルム 製品情報まとめ
iPhone13シリーズの予約・入荷・在庫状況掲示板:人気端末はこれ!
【速攻予約】iPhone13を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_8ef2c327a5ee oa-rp59145_0_4ts10mboe4ai_Apple、AirPodsの開発者向けベータファームウェアをアップデート 4ts10mboe4ai 4ts10mboe4ai Apple、AirPodsの開発者向けベータファームウェアをアップデート oa-rp59145

Apple、AirPodsの開発者向けベータファームウェアをアップデート

2022年7月6日 21:50 iPhone Mania

iOS16ベータ3がデベロッパ向けにリリースされたばかりですが、AppleはAirPodsのベータファームウェアもアップデートしたことがわかりました。

自動切り替え機能が改善

米メディア9to5Macによれば、新たなAirPodsベータファームウェアでAirPodsをAppleデバイス間で切り替えてくれる自動切り替え機能の改善が図られているとのことです。



他にも、iOS16ではiPhoneのTrueDepthカメラを使って空間オーディオのためのパーソナルプロフィールを作成する“パーソナライズされた空間オーディオ”も導入されています。また、新ファームウェアバージョンではAirPods MaxでLC3コーデックが利用可能となっており、ハイクオリティの音声通話が可能となります。

ベータファームウェアのインストールはiPhoneとXcodeが必要

AirPodsのベータファームウェアは、第2世代AirPods、第3世代AirPods、AirPods Pro、AirPods Maxで利用可能で、ビルド番号は「5A5304a」です。



ファームウェアをAirPodsにインストールするには、iPhoneをXcodeに接続し、iOSでデベロッパメニューを有効にします。その後、“リリース前のベータファームウェア”のトグルをオンにします。Appleによれば、このオプションをオンにしてからファームウェアのダウンロードが始まるまで最長24時間かかるとのことです。





Source:9to5Mac

Photo:Apple

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_8ef2c327a5ee oa-rp59145_0_cpi1xvr7j0bd_【iOS16】Safariでバーチャルカードの利用が可能に cpi1xvr7j0bd cpi1xvr7j0bd 【iOS16】Safariでバーチャルカードの利用が可能に oa-rp59145

【iOS16】Safariでバーチャルカードの利用が可能に

2022年7月6日 21:26 iPhone Mania

iOS16ベータ3の内部コードから、Safariでオンラインショッピングの際にバーチャルカードを利用できるようになることが明らかになりました。

Apple Payが利用できないサイトで役に立つ機能

バーチャルカードとは、銀行やカードプロバイダによって提供されるクレジットカードやデビットカードの代替番号です。もし仮にデータがリークしたとしても、バーチャルカードの番号をキャンセルすれば、銀行にわざわざ新規カードを発行してもらわなくても済みます。



iOS16ベータ3のコードの中に、Safariでバーチャルカードがサポートされることを示唆する内容が見つかった、と米メディア9to5Macが伝えています。もちろん、Apple Payでは取引ごとにセキュリティー番号が提供されますが、今回の新機能はApple Payが利用できないWebサイトで役に立つ模様です。



コードには、下記のようにあるとのことです。




Safariの自動入力でこのカードを利用できるようにし、オンラインショッピングでは実際のカード番号を隠しましょう。



いつもと同じようにカードを使い続けましょう。オンラインショッピングでは、Safariの自動入力で利用できるようになり、実際のカード情報は隠されます。



セキュリティ強化のため、Webサイトでは仮想カード番号が使用され、Safariの自動入力で利用できるようになりました。



現在のところ、機能はすべてのユーザーが利用可能となるのか、銀行やカードプロバイダの採用が必要となるのかはわかっていません。

自動入力とApple Pay

Safariでは現在、Apple PayをサポートしていないWebサイトでオンラインショッピングを行う際、クレジットカードおよびデビットカードの自動入力の選択肢を提供しています。



新たに確認されたコードによれば、SafariはApple Payに登録できるカードがないかどうかをまず調べるようになっており、もし登録可能なカードが見つかった場合、自動的にウォレットアプリへと追加するようになっているとのことです。





Source:9to5Mac

Photo:Apple

(lexi)

外部リンク