cat_oa-rp59145_issue_8ef2c327a5ee oa-rp59145_0_8ef2c327a5ee_Twitter、悪意のあるダイレクトメッセージを振り分ける新機能を発表 8ef2c327a5ee 8ef2c327a5ee Twitter、悪意のあるダイレクトメッセージを振り分ける新機能を発表 oa-rp59145

Twitter、悪意のあるダイレクトメッセージを振り分ける新機能を発表

2019年8月17日 00:30 iPhone Mania

Twitterが、フォローしていないユーザーから送られるダイレクトメッセージを精査する新機能を発表しました。

メッセージを読むことなく削除することが可能

Twitterは、自分が興味を持っているテーマに関する投稿を追跡できる機能や、ダイレクトメッセージの検索機能などの新機能をテスト中であることを先日明らかにしたばかりですが、今回新たに、悪意のあるダイレクトメッセージを別フォルダに振り分ける機能を試していることがわかりました。



メッセージの設定で「クオリティフィルター(Quality Filter)」をオンにすると、フォローしていないユーザーから送られてきた悪意のあるメッセージが自動的に隠されるようになっています。



フォローしていないユーザーからメッセージが送られてくると、「メッセージリクエスト(Message Requests)」タブにまず振り分けられます。新しいフィルターは、悪意のある可能性のあるメッセージを「追加のメッセージ(Additional Messages)」というフォルダに格納します。



Twitter Supportアカウントは、ダイレクトメッセージの振り分けがどのように機能するかをGIF動画で示しています。







受け取った悪意のある可能性のあるメッセージは、内容を見ることなく削除することができるようになっています。

Twitterで悪意のあるメッセージを受け取る女性ユーザーは多数

国際人権団体Amnesty Internationalによれば、Twitter上で悪意のあるメッセージを受け取る女性ユーザーが多数存在し、表現の自由が抑制されているとのことです。



Twitterはオンライン上で女性の権利を守る責任を十分に果たしていないと批判されていましたが、今回発表された新機能は状況の改善につながるでしょうか。



2017年の#WomenBoycottTwitter(女性はTwitterをボイコットする)キャンペーンの後、Twitterは女性ユーザーを守るための複数の新機能を導入したことで知られています。





Source:9to5Mac

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_8ef2c327a5ee oa-rp59145_0_hug78jxxr8jm_Apple Storeアプリで雪を降らすことが可能に hug78jxxr8jm hug78jxxr8jm Apple Storeアプリで雪を降らすことが可能に oa-rp59145

Apple Storeアプリで雪を降らすことが可能に

2021年12月6日 18:02 iPhone Mania

Apple Storeアプリで、特定のワードの検索で雪を降らすことができるようになった、と伝えられています。

「Let it snow」とタイプ

Apple Storeアプリで雪を降らせるには、英語で「Let it snow」と検索欄に入力してサーチします。



「クリスマスを素敵な贈り物でいっぱいにしよう。」のメッセージが表示され、ストア内に雪が振り始めます。



一度振り始めた雪は、アプリ内の別のページに飛んでも降り続きます。



Appleが雪機能をApple Storeアプリに組み込んだのは今回が初めてではなく、過去数年間に幾度か同様の試みが行われているとのことです。





Source:AppleInsider

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_8ef2c327a5ee oa-rp59145_0_pogzawawel97_iPhone13、リードタイムは長期化傾向も需要は堅調 pogzawawel97 pogzawawel97 iPhone13、リードタイムは長期化傾向も需要は堅調 oa-rp59145

iPhone13、リードタイムは長期化傾向も需要は堅調

2021年12月6日 17:39 iPhone Mania

iPhone13シリーズの出荷までの待ち時間は長くなっているものの、需要は堅調である、とJP Morganのアナリストが記しています。

米国以外でリードタイムは長期化傾向に

iPhone13の発売から11週間の時点で、iPhone13 mini、iPhone13iPhone13 Pro、iPhone13 Pro Maxのリードタイムは、非Proモデルで平均2日で、Proモデルで16日となっていました。発売から12週間となる頃には、リードタイムは非Proモデルが5日、Proモデルは18日となる見通しです。



リードタイムの観察が行われている地域の中で、唯一長期化していないのは米国であるとのことです。中国、イギリス、ドイツのiPhone13のリードタイムは長期化傾向にあり、中国では非Proモデルが0〜7日、Proモデルが22日〜24日となっています。

需要は堅調との見方

JP Morganのアナリスト、サム・チャタジー氏によれば、iPhone13シリーズのリードタイムの延長は、“需要が引き続き堅調で安定している一方、供給の改善によりリードタイムが抑制されている”ことを示しているとのことです。



今回のJP Morganの調査メモは、台湾メディアDigiTimesのAppleはiPhone13の需要減により生産台数を減らしているとの報道に関連付けたものとみられています。





Source:AppleInsider

Photo:Apple

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_8ef2c327a5ee oa-rp59145_0_3ah3f7thjmqn_米Apple、子供たちの放課後学習にSwiftでのプログラミング教育の提供を発表 3ah3f7thjmqn 3ah3f7thjmqn 米Apple、子供たちの放課後学習にSwiftでのプログラミング教育の提供を発表 oa-rp59145

米Apple、子供たちの放課後学習にSwiftでのプログラミング教育の提供を発表

2021年12月6日 15:27 iPhone Mania

Appleは、コンピューターサイエンス教育週間を記念して、全米の少年少女たちを対象にiPadを活用したプログラミング教育の支援を提供すると発表しました。

放課後にSwiftでプログラミングを学べる

Appleは、2021年のコンピューターサイエンス教育週間を記念して、少年少女たちが放課後にアクティビティの機会を提供する、日本の児童館のような非営利組織Boys & Girls Clubs of Americaと連携したプログラムを発表しました。



Boys & Girls Clubs of AmericaでAppleのSwift学習カリキュラム「Everyone Can Code」が利用可能になり、Appleは教育担当者を派遣します。






今回の発表は、Appleが2020年に、Boys & Girls Clubs of Americaに2,500台のiPadやMacを寄付した取り組みに基づくものです。



AppleとBoys & Girls Clubs of Americaの取り組みは、カリフォルニア州シリコンバレーやワシントンD.C.など10地域から開始し、将来的には全米に展開する予定です。



なお、AppleとBoys & Girls Clubs of Americaは、人種間平等と正義の実現に向けた取り組みでも提携関係にあります。






ジャクソン上級副社長「教育は平等を実現する力」

Appleは、少年少女たちが「Everyone Can Code」を通じてプログラミングの基礎を学ぶことで、想像力、アプリ制作やデザインスキルによるコラボレーション、クリティカルシンキング、クリエイティブな問題解決能力を伸ばすことができる、と説明しています。






Appleのリサ・ジャクソン環境・政策・社会イニシアティブ担当上級副社長は「Appleは、教育は平等を実現する力であり、すべての学習者たちは将来を切り拓くためにプログラミングスキルを身につける機会を持つべきだと考えています」と語っています。






Appleは2019年に「Everyone Can Code」をリニューアルしたほか、2020年には「Everyone Can Code」を活用した教育を実践する大阪の小学校を紹介した動画も公開しています。






COBOLを開発したグレース・ホッパー博士を記念して開催

コンピューターサイエンス教育週間は、米国の非営利団体Code.orgが開催する、コンピュータサイエンスを学ぶ機会を拡大するための取り組みです。



プログラミング言語COBOLを開発した科学者で米海軍提督のグレース・ホッパー博士の誕生日にあわせて毎年12月に開催されており、2021年の開催期間は12月6日〜12日です。





Source:Apple, Hour of Code

(hato)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_8ef2c327a5ee oa-rp59145_0_f3s7hmzi25nq_シャープ、フラットデザインの「AQUOS wish」を発表〜5G対応 f3s7hmzi25nq f3s7hmzi25nq シャープ、フラットデザインの「AQUOS wish」を発表〜5G対応 oa-rp59145

シャープ、フラットデザインの「AQUOS wish」を発表〜5G対応

2021年12月6日 12:28 iPhone Mania

シャープは12月6日、“シンプルで飾らない”ライフスタイルに寄り添う新シリーズとして、5G対応スマートフォン「AQUOS wish」を商品化する、と発表しました。

新たなコンセプトのベーシックモデル

シャープによれば、「AQUOS wish」は“モノを持ちすぎない”、“気に入ったモノを長く大切に使い続ける”という志向に向き合い、「シンプルで飾らないスマホ」をコンセプトに開発したとのことです。



筐体には再生プラスチック材を35%使用し、紙の使用量を削減した薄型でシンプルな仕上げのパッケージで、環境面の配慮も図られています。



デバイスは、iPhone12で再導入されトレンドになっているフラットエッジのデザインとなっています。



「おサイフケータイ」に加え、決済アプリを一瞬で起動する「Payトリガー」機能を搭載しているのも特徴のひとつです。

発売は来年1月中旬以降

シャープの「AQUOS wish」のスペック詳細は下記のとおりです。






カラーバリエーションは、オリーブグリーン、アイボリー、チャコールの3色となっています。








Source:シャープ

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_8ef2c327a5ee oa-rp59145_0_1k0ll91d1p14_Galaxy Tab S8 Ultraにはノッチあり、S8、S8 Plusにはない? 1k0ll91d1p14 1k0ll91d1p14 Galaxy Tab S8 Ultraにはノッチあり、S8、S8 Plusにはない? oa-rp59145

Galaxy Tab S8 Ultraにはノッチあり、S8、S8 Plusにはない?

2021年12月6日 11:52 iPhone Mania

リーカーのエバン・ブラス氏(@evleaks)がTwitterに、Samsungの新型タブレット、Galaxy Tab S8シリーズのレンダリング画像を投稿しました。

Galaxy Tab S8シリーズ3モデルのレンダリング画像

エバン・ブラス氏(@evleaks)が投稿したGalaxy Tab S8 Ultraのレンダリング画像では、同モデルはノッチを備えています。



Galaxy Tab S8 UltraのノッチはiPhone13シリーズなどとは異なり、横画面表示にした際に画面上部に位置するようです。



エバン・ブラス氏(@evleaks)はGalaxy Tab S8と、S8 Plusのレンダリング画像も投稿していますが、両モデルにはノッチはありません。





14.6インチのディスプレイ搭載か

Wccftechは、Galaxy Tab S8 Ultraは2つのフロントカメラを搭載、バッテリー容量は11,500mAhで、14.6インチのディスプレイを搭載する可能性があると伝えています。





Source:Wccftech

(FT729)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_8ef2c327a5ee oa-rp59145_0_bc8yiy6s6c6e_iPhone14 Proが4,800万画素カメラ、8GB RAM搭載し、ノッチ廃止? bc8yiy6s6c6e bc8yiy6s6c6e iPhone14 Proが4,800万画素カメラ、8GB RAM搭載し、ノッチ廃止? oa-rp59145

iPhone14 Proが4,800万画素カメラ、8GB RAM搭載し、ノッチ廃止?

2021年12月6日 11:23 iPhone Mania

台湾メディア経済日報が、iPhone14シリーズはカメラに関する部分が大きく改良されることで、サプライヤーが恩恵を得ると報じました。

iPhone14シリーズの4つの改良点

経済日報は、iPhone14シリーズTSMCの4nmプロセスで製造されるA16チップを搭載、リアの広角カメラは4,800万画素になり、RAMは8GBに増加、ノッチが廃止されると伝えています。



これまでの噂から、経済日報が伝えたカメラの改良とノッチの廃止(パンチホールデザインのフロントカメラ採用)、RAMの増加はiPhone14 Proシリーズで行われる見通しです。

LARGAN Precisionに好影響か

ノッチの廃止に伴うFace ID関連部品のレイアウト変更、高画素カメラの搭載は、iPhone用のレンズを供給する台湾LARGAN Precision(大立光)の業績に好影響を与えると経済日報は予想しています。



同社はiPhone14シリーズ用の8Pレンズ(プラスチックレンズ8枚構成)を供給するとみられています。





Source:経済日報

Photo:Apple Hub/Facebook

(FT729)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_8ef2c327a5ee oa-rp59145_0_zo054qjd0yky_【11/29~12/5】週間注目ニュース~大手キャリア満足度調査、次期iPadの噂 zo054qjd0yky zo054qjd0yky 【11/29~12/5】週間注目ニュース~大手キャリア満足度調査、次期iPadの噂 oa-rp59145

【11/29~12/5】週間注目ニュース~大手キャリア満足度調査、次期iPadの噂

2021年12月6日 09:03 iPhone Mania

iPhone Maniaで掲載したiPhoneやApple製品に関する最新情報のなかから、その週特に注目を集めたニュースをまとめました。


週間の注目ニュースは?

11月29日~12月5日に掲載した記事から、特に注目を集めた記事をピックアップ。今週は、携帯キャリアの満足度調査や、次期モデルとして噂されているiPad(第10世代)に関する情報を報じました。



大手携帯キャリア満足度調査、総合満足度1位は「楽天モバイル」
次期iPad(第10世代)は、iPad Air(第4世代)のようなデザインに?
iPhone13、iPhone13 miniは需要薄?減産でサプライヤー業績悪化
Appleが選ぶ2021年最も優れたアプリ、全15アプリが発表
iPhone SE(第2世代)、iPhone12シリーズのセール、引き続き実施


週間PICKUPニュースは、iPhone ManiaのYouTubeチャンネルで動画配信しています。12月6日版の動画はこちらからどうぞ。







(asm)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_8ef2c327a5ee oa-rp59145_0_gb7j46hkjft5_Apple、App Storeの支払いポリシーに関するロシア当局の命令に異議申し立て gb7j46hkjft5 gb7j46hkjft5 Apple、App Storeの支払いポリシーに関するロシア当局の命令に異議申し立て oa-rp59145

Apple、App Storeの支払いポリシーに関するロシア当局の命令に異議申し立て

2021年12月6日 04:34 iPhone Mania

Appleは、App Storeにおいてアプリ開発者が、アプリ内課金以外での支払い方法をユーザーに対して紹介できるよう義務付けるロシア連邦反独占庁(FAS)の命令を不服として、異議申し立てを行いました。

AppleはFASの決定に異議申し立て

この改善命令は今年8月にFASから出されたもので、当時、Appleが9月30日までに対応しなければ、同社に対しロシアでの収益に応じた罰金を科す可能性があるとしていました。FASはその後10月、Appleが要求に従わなかったとして訴訟を起こしています。



この訴訟はiOSデバイスユーザーと開発者が、Appleのプラットフォームではなく販売者のWebサイトで製品を購入したほうが安い場合があるという意見を規制当局に通知したことが発端となっています。



この価格差は、同社がApp Storeでの支払いに対して最大で30%の手数料を取っていることに起因します。同時にアプリ開発者は、ユーザーに対してアプリ内課金以外での支払い方法を知らせることや、開発者のWebサイトやサービス及び登録フォームなど外部サイトへのリンクをアプリ内に貼ることも禁じられています。



FASは今年初め、ペアレンタルコントロールアプリの「Kaspersky Safe Kids」に制限を加えていたとして、独占禁止法違反でAppleに対し9億600万ルーブル(約13億円)の罰金を支払うように命じました。Appleは、この決定を不服として控訴しています。





Source:RT

(m7000)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_8ef2c327a5ee oa-rp59145_0_kbhna38s6lqe_ドコモ、ログインで3,939ポイントが当たるキャンペーンを実施、当選者数が大幅増 kbhna38s6lqe kbhna38s6lqe ドコモ、ログインで3,939ポイントが当たるキャンペーンを実施、当選者数が大幅増 oa-rp59145

ドコモ、ログインで3,939ポイントが当たるキャンペーンを実施、当選者数が大幅増

2021年12月6日 02:00 iPhone Mania

NTTドコモは12月2日、同社が実施する「ポイントボーナスチケット」サービスにログインした人を対象に、dポイント3,939ポイントが当たるキャンペーンを開始しました。

ポイントボーナスチケット




ドコモは、事前にWebページで「チケット」を選択し、コンビニやドラッグストア等で対象商品を購入することで、追加でdポイントを付与する「ポイントボーナスチケット」サービスを実施しています。



対象店舗でdポイントカードを提示し、商品を購入することでボーナスポイントを獲得することが可能となります。



記事執筆時点ではローソンのスイーツやからあげクン、マツモトキヨシの掃除用品等が対象となっています。

ログインでdポイント3,939ptが390人に当たる

ドコモは2021年12月2日(木)から2022年1月3日(月)にかけて、ポイントボーナスチケットサイトでログインした人を対象に、抽選で390人にdポイント(期間・用途限定)3,939ポイントが当たるキャンペーンを実施しています。



当選した場合は、約半年間有効のdポイント(期間・用途限定)が2022年3月末までに付与されます。



なお、ドコモはポイントボーナスチケットのログインキャンペーンを定期的に実施しており、特典のポイント数や当選人数は毎月変動しています。



11月のログインキャンペーンでは、dポイント(期間・用途限定)7,777ポイントが77人に付与されるという内容で、12月のログインキャンペーンは11月に比べて当選者数や特典総額が大幅に増加しています。

利用者でポイント山分けも




ドコモはログインキャンペーンに加え、ポイントボーナスチケットを利用した人全員にdポイントが付与される「55万pt山分けキャンペーン」を開始しました。



12月2日~1月3日にポイントボーナスチケットを選択し、店舗で対象商品を1つ以上購入した人を対象に、55万ポイントが山分けされます。



なお、付与される特典は1人当たり最大100ポイントとなっており、2022年3月末までに付与される予定です。





Source:NTTドコモ(1), (2), (3)

(seng)

外部リンク