cat_oa-rp59145_issue_86aea5550857 oa-rp59145_0_86aea5550857_豪Apple、iPhone Xで撮影した新作CMで同性間結婚の合法化を祝福 86aea5550857

豪Apple、iPhone Xで撮影した新作CMで同性間結婚の合法化を祝福

2018年2月26日 13:29 iPhone Mania

Appleオーストラリアは、iPhone Xで撮影した映像を用いた新作CMシリーズ「First Dance」を公開しました。映像には、幅広い年代の同性カップルの結婚式の様子が、音楽とともに描かれています。

昨年、同性間の結婚が合法化されたオーストラリア限定のCM

新作CM「First Dance」では、数々の苦労を乗り越えたカップルの笑顔や涙、祝福する出席者たちの表情が、薄暗い教会の中などでも活き活きと描かれています。

 

同性カップルの結婚式の映像を用いているのは、2017年に、オーストラリアで同性間の結婚が正式に合法化されたのを受けたものとみられます。

 

新作CMはこちらでご覧ください。

 

出典: YouTube

 

出典: YouTube

 

出典: YouTube

 

出典: YouTube

ティム・クックCEO、昨年は祝福ツイートでミスも

Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、「少しでも同じことで悩む人の力になりたい」と、自身が同性愛者であることを公開しています。

 

クック氏は昨年、オーストラリアでの同性婚合法化が決定した際に祝福のツイートをしたものの、うっかり国旗を間違えるというミスをしてしまいました。

 

Appleは多様性を尊重しており、毎年サンフランシスコ市で開催される同性愛者支援イベントに協力を続けています。

 

 

Source:9to5Mac

(hato)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_86aea5550857 oa-rp59145_0_a5c89256e9ef_ダイヤモンドで覆われた215万円のAirPodsが25個限定で発売 a5c89256e9ef

ダイヤモンドで覆われた215万円のAirPodsが25個限定で発売

2019年7月20日 19:58 iPhone Mania

米ロサンゼルス市を拠点として活動するデザイナーのイアン・デルカ氏が手掛けた、ダイヤモンドで覆われたAirPodsが25個限定で発売されることがわかりました。

1,000個のダイヤモンドが敷き詰められたAirPods

ホワイトゴールドでコーティングされたボディにダイヤモンドが敷き詰められたAirPodsが、20,000ドル(約215万4,300円)で販売されることが明らかになりました。ダイヤモンドで覆われたAirPodsは、「新しい物質主義(NEW MATERIALISM)」と名付けられたシリーズの一環として作られました。






使用されているダイヤモンドは、VVS(ベリーベリースライトリーインクルーデッド)というクラリティのもので、計1,000個がAirPodsのボディ上に並んでいます。なお、付属の充電スタンドは大理石でてきています。






販売数は25個のみとなっています。購入に興味がある方は、Instagramでデルカ氏に直接コンタクトする必要があります。








Source:Hyperbeast via Cult of Mac

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_86aea5550857 oa-rp59145_0_9e46790ef568_Apple、ボイスコントロールに特化した「SiriOS」を2020年に発表か 9e46790ef568

Apple、ボイスコントロールに特化した「SiriOS」を2020年に発表か

2019年7月20日 15:29 iPhone Mania

Appleが「SiriOS」を2020年の世界開発者会議(WWDC 2020)で発表する、との記載が投資会社の音声認識技術に関する報告書の中で見つかりました。

プライバシーに力を入れるAppleに追い風

ルクセンブルク拠点の投資会社Mangrove Capital Partnersは、音声アシスタントが今後飛躍的な伸びを見せると予測しています。



キーボードは5年〜10年以内になくなっていき、代わりに音声アシスタントが使用されるとMangroveは見ていますが、同時にプライバシーが切実な課題であると指摘しています。



Microsoftによれば、音声アシスタント利用者の41%が信頼性、プライバシー、パッシブリスニング(アシスタントが常に聞き耳を立てている状態)が気がかりであると感じているとのことです。



この状況は、プライバシーに特に力を入れてきたAppleにとっては追い風と言えるでしょう。

SiriOSの発表で大きなイノベーションがもたらされる

Appleが2018年末にプライバシーに焦点を当てたAI企業Silk Labsを買収したことが明らかになっています。オンデバイスでAIの計算処理を行うのがSilk Labsの特徴であり、クラウドにデータを転送する必要がないためプライバシーの面において優れているとされています。



これまで、音声アシスタントの開発に関して、他社に遅れを取ってきたといわれるAppleですが、2020年のWWDCで「SiriOS」なる、ボイスコントロールに特化したOSを発表する見込みであることが今回明らかになりました。



「SiriOSは、イノベーションを起こすのに望ましく、AmazonとGoogleに追いつくのに必要だと多くの人々に認識されている」と、音声AI関連メディアVoicebot.aiのブレット・キンセラ氏はコメントしています。



Mangroveの音声アシスタントの発展についての予測は次のとおりです。



  • キーボードの死:タップ、タイピングの代わりにスピーキングとスワイプが使用されるようになる。キーボードは5年〜10年後にはほとんど使用されなくなる
  • 音声認識は、スクリーンのないスマホなどの新たな製品カテゴリを生み出す
  • ブランドは「音のアイデンティティ」によって認識されるようになっていき、商品検索は劇的に変わる
  • 音声認識はアプリケーションに依存しないため、現在の力関係が逆転し、ソフトウェアよりもハードウェアが重要となる
  • 生活に必要なものはすべてバーチャルアシスタントが担うという時代がくる
  • Appleの2020年のSiriOSの発表から、音声認識経済に大きなイノベーションが起こっていき、2025年までに1兆ドル(約108兆円)規模となり、アプリ経済の成長を超える





Source:Mangrove Capital Partners via AppleInsider

Photo:The Lightphone

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_86aea5550857 oa-rp59145_0_37ef47f5994d_10代の8割以上、「スマホのみ」でネットを利用 LINE調べ 37ef47f5994d

10代の8割以上、「スマホのみ」でネットを利用 LINE調べ

2019年7月20日 13:36 iPhone Mania

LINEは18日、「インターネットの利用環境 定点調査」の結果を公表しました。インターネット利用端末は男女ともに「スマホのみ」が最多で、10代は8割を超えています。



本調査は、週1回以上インターネットを利用している15歳〜59歳の男女803人を対象に実施されました。

インターネット利用端末、「スマホのみ」が初めて5割を超える

インターネット利用者の端末を調べたところ、全体の92%がスマホを、41%がPCを利用していることがわかりました。



スマホのみは54%、スマホとPCを両方利用しているのは38%、PCのみは3%となっています。






2016年の調査開始以来、「スマホのみ利用」が初めて50%を超えました。

女性の方が「スマホのみ」の割合が高い

ネット利用端末を男女別で確認すると、「スマホのみ」と回答した男性は42%であるのに対し、女性は67%でした。






前回調査時の2018年10月と比べると、女性は「スマホのみ」での利用が10pt増加しています。

10代の8割以上が「スマホのみ」でネットを利用

ネット利用端末を年代別で確認すると、10代〜50代の全世代において「スマホのみ」が最多となっています。






特に10代の「スマホのみ」は前回調査から15pt増加し、81%でした。反対に、「スマホ+PC利用」は前回比で半減しています。





Source:LINE

Photo:photo AC-akizou

(kotobaya)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_86aea5550857 oa-rp59145_0_4522d6c1cba5_イスラエルのセキュリティ企業、スパイウェアツールでiCloudデータが取得可能か 4522d6c1cba5

イスラエルのセキュリティ企業、スパイウェアツールでiCloudデータが取得可能か

2019年7月20日 12:47 iPhone Mania

イスラエル企業NSO Groupが開発したスパイウェア「Pegasus」は、iOSに存在するセキュリティ上の脆弱性を悪用し、デバイス上に保存されたデータにアクセスすることが可能とされていますが、スパイウェアツールがデバイスから削除された後でも、データの取得を継続できることが明らかになりました。

クラウドサービスのハッキングを奨励しているわけではない

NSO Groupは、スパイウェア「Pegasus」について、新たな声明を発表しました。




新しい手法により、感染したデバイスからGoogle Drive、Facebook Messenger、そしてiCloudなどのサービスの認証キーをコピーすることができ、別のサーバーからそのデバイスになりすますことができる(位置情報を含む)。



英Financial Times(以後FT)に提供された資料によれば、「Pegasus」を使用すると、ターゲットデバイスのすべての位置情報、アーカイブされたメッセージもしくは写真にアクセスできるとのことです。

ユーザーへの広範囲な攻撃には役に立たない?

FTがNSO Groupにコメントを求めたところ、同社は、クラウドサービスのハッキングや監視ツールを奨励しているわけではないと述べましたが、資料に記載されている内容については否定しませんでした。



FTの報道に対して、Appleは「iOSは世界で最も安全でセキュリティ性能の高いプラットフォームである。少数のデバイスを狙った高価なツールは存在するかもしれないが、それらのツールがユーザーへの広範囲な攻撃に役に立つとは思えない」と返答しています。





Source:Financial Times via MacRumors

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_86aea5550857 oa-rp59145_0_e2671ac69631_UNiCASE、最大97%オフのスペシャルセール実施 e2671ac69631

UNiCASE、最大97%オフのスペシャルセール実施

2019年7月20日 12:13 iPhone Mania

スマートフォンアクセサリー等を扱うUNiCASEが、オンラインストア限定で最大97%オフとなるスペシャルセールを実施しています。

最新iPhoneのケース等もセール対象に





UNiCASEは同社のオンラインストアの会員登録数が65万人を突破したことを記念して、スペシャルセールを実施しています。セール期間は7月19日午前11時から8月8日の午後5時まで、実施店舗はUNiCASEオンラインストアのみです。



セールでは、iPhone・iPadのケースやフィルム、Apple Watchのバンド、スマホリング、IQOS(アイコス)ケースなど様々な商品が値下げ対象になっています。






iPhone XS/XS MaxやiPhone XRといった最新機種のケースが50%オフで販売されているほか、中には定価2万円近い商品が97%オフの税込540円で販売されています。






なおセール対象品は在庫がなくなり次第、販売終了になる可能性があります。購入を考えている方はお早めにチェックしてみてください。





Source:UNiCASE

(kotobaya)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_86aea5550857 oa-rp59145_0_617696917988_Apple Card、来年カナダでも利用可能に? 617696917988

Apple Card、来年カナダでも利用可能に?

2019年7月20日 11:46 iPhone Mania

Appleのクレジットカード「Apple Card」が、アメリカに引き続き、来年カナダでも利用可能になるかも知れません。The Starが報じています。

欧州、香港、中国、カナダで商標登録申請

Appleは現地時間7月15日、カナダ知的財産局(CIPO)に、「Apple Card」および「Apple Cash」の商標登録を申請しました。



また17日にはCIPOが、「Apple Pay Cash」を商標登録したことがわかっています。メッセージ経由で使用する個人間送金機能Apple Pay Cashは、現時点ではアメリカでしか利用できません。



CIPOが申請を受けてから登録するまでに通常約10カ月かかることから、2020年にカナダでApple Payが導入されるかも知れない、とThe Starは記しています。



Apple CardおよびApple Cashの商標登録は、欧州、香港、中国でも申請されていることがわかっています。

iOS12.4の正式公開で利用可能に?

AppleがGoldman Sachsとの提携により発行するApple Cardは、現在ベータ版が配布されているiOS12.4の正式公開と同時に利用可能になると見られています。



Goldman SachsはApple Cardについて、アメリカ以外での海外展開も視野に入れていると述べていますが、具体的な計画は明らかにしていません。





Source:The Star via 9to5Mac

(lunatic)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_86aea5550857 oa-rp59145_0_2f532f523579_次のApple Storeは「Apple 丸の内」?2019年内オープンか 2f532f523579

次のApple Storeは「Apple 丸の内」?2019年内オープンか

2019年7月20日 09:43 iPhone Mania

新たなApple Storeが、東京駅の近くに「Apple 丸の内」としてオープンする可能性が高い、とMacお宝鑑定団Blogが報じています。2019年中に、ラゾーナ川崎よりも先にオープンすることも考えられます。

三菱ビルヂングのCOACH店舗跡地に出店か

新たなApple Storeが、三菱ビルヂングのCOACH 丸の内店があった場所に「Apple 丸の内」としてオープンする可能性が高い、とMacお宝鑑定団Blogが報じています。



「Apple 丸の内」出店場所と見込まれる三菱ビルヂングの1階と2階は現在、工事が行われており、壁の素材や大型のガラス窓など、Apple Storeらしいデザインが確認されています。



三菱ビルヂングは、東京駅の目の前で、すぐ近くには丸ビルやKITTEもあります。






工事予定期間が2019年9月30日までであることから、2019年中にオープンする可能性もある、とMacお宝鑑定団Blogは予測しています。

神奈川県や東京都で勤務するApple Storeスタッフを募集

Appleは2018年、日本国内のApple Store既存店舗を改装し、新店舗を設置する計画を発表しています。



2018年にはApple 新宿とApple 京都がオープンし、Apple 渋谷が改装されています。Appleはさらに、2019年中の新店舗を予告しています。



神奈川県川崎市の大型商業施設ラゾーナ川崎で工事中の区画がApple Storeになるのではないかとみられており、Appleは神奈川県内で勤務するApple Storeスタッフの求人広告も出しています。



Appleは採用情報ページで、銀座、表参道、渋谷、新宿に続き「Tokyo – JP」と記された店舗を掲載しており、新店舗が東京都内に計画されている可能性を示しています。



このほか、Apple 福岡天神が移転オープンするのではないかと噂されています。



なお、2019年1月にはApple 仙台一番町が閉店し、跡地には楽天モバイルの大型店が7月にオープンしています。





Source:Macお宝鑑定団Blog

Photo:三菱地所

(hato)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_86aea5550857 oa-rp59145_0_bddfed1893b7_2020年版iPhoneは5nmプロセスのチップ搭載確実か bddfed1893b7

2020年版iPhoneは5nmプロセスのチップ搭載確実か

2019年7月20日 07:34 iPhone Mania

2020年のiPhoneは、以前よりTSMCが5nmプロセスで製造した「A14」チップを搭載すると噂されています。先日行われたTSMCの投資家に向けた説明で、この噂がさらに現実味を帯びてきました。

A13チップはEUV技術採用の7nmプロセスで生産か

2018年に登場したiPhone XS/XS Max/XRは、3モデルとも7nmプロセスで生産された「A12」チップを搭載しています。



今年秋の発売が見込まれる次期iPhoneが搭載するであろう「A13」チップも同じく7nmプロセスで生産される見込みですが、新たに極端紫外線リソグラフィ(EUV)技術が用いられ、回路のさらなる微細化が実現するといわれています。

5nmプロセス開発を着々と進めるTSMC

一方でTSMCは5nmプロセス開発を着々と進めており、今年3月からはリスク生産を開始、4月にはOpen Innovation Platform (OIP) を含めた5nmプロセス設計設備の完全版を導入したと発表しました。



6月には5nmプロセスチップ生産を加速させていることを明らかにしましたが、2020年に量産開始するかどうかには触れませんでした。

2020年前半に5nmプロセスでのチップ量産開始

しかし2020年の5nmプロセスによるチップ量産開始は、かなり実現可能性が高そうです。Digitimesによると、TSMCは主要顧客からの5G関連の需要に答えるため、7nmプロセス生産能力を拡大するとともに、新しい5nmプロセス生産にも投資を行う計画であるとのことです。



TSMCのシーシー・ウェイ最高経営責任者(CEO)は投資家らに対し、現在5nmプロセス生産にさらに力を入れていること、また2020年前半に同プロセスによる量産を開始する計画は順調に進行していることを説明しました。



2020年登場のiPhoneは5G対応になると期待されており、5nmプロセスルールで生産されたA14チップを搭載する可能性は高いとみてよさそうです。





Source:Digitimes via 9to5Mac

(lunatic)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_86aea5550857 oa-rp59145_0_8ba3fae827f5_BankMyCellによる調査、iPhoneの保有率が15%減 8ba3fae827f5

BankMyCellによる調査、iPhoneの保有率が15%減

2019年7月19日 21:18 iPhone Mania

中古携帯電話の買取り業者であるBankMyCellが行った調査によると、iPhoneの保有率は去年と比べて15%減少したということです。この調査はBankMyCellにより、38,000人のユーザーを対象にして行なわれました。

iPhoneの保有率が減少

この調査は、特にiPhoneの保有率に焦点が当てられています。BankMyCellが2018年10月から現在まで、38,000人のiPhoneユーザーを追跡調査(買い替え時にどのモデルを購入したか)したところ、2018年3月と比べてiPhone保有率が15.2%下がったことが判明しました。



また、iPhone Xを手放したユーザーの26%が他社スマートフォンを購入している一方、SamsungのGalaxy S9からiPhoneへ乗り換えたユーザーはわずか7.7%でした。

デバイスの寿命が長くなったという見方も

この調査結果を参考にする上で気をつけたいのは、調査対象となったサンプル数が小さいということです。また大部分はBankMyCellのユーザーであるという点も考慮に入れなければなりません。



別の調査によると、iOSの支持率は依然として高く、2019年に入ってからも記録を更新し続けているということです。






調査会社Gartnerによると、アメリカにおけるスマートフォン販売台数全体に占めるiPhoneの比率は、2019年第2四半期で36%と対前年同期比で2.4%減少しています。



大半のユーザーは現行のiOSに満足しており、革新的な変化がない限り機種変更を含めたアップグレードを控えるため、今後も買い替えサイクルは延び続けるだろうと、Gartnerは予測しています。





Source:CNET via 9to5Mac

Photo:Pixabay

(david)

外部リンク