cat_oa-rp59145_issue_1e7bc3166fc1 oa-rp59145_0_1e7bc3166fc1_2019年のiPhone、次世代規格「Wi-Fi 6」に対応か 1e7bc3166fc1 1e7bc3166fc1 2019年のiPhone、次世代規格「Wi-Fi 6」に対応か oa-rp59145

2019年のiPhone、次世代規格「Wi-Fi 6」に対応か

2019年1月12日 09:55 iPhone Mania

2019年のiPhoneには、次世代規格「Wi-Fi 6」が採用される、との予測をアナリストが発表しました。通信速度や安定性の向上に加えて、省電力というメリットがあります。

最新規格「Wi-Fi 6」に対応か

2019年に発売される次期iPhoneに、次世代Wi-Fi規格「Wi-Fi 6」が採用されるだろう、とBarclaysのアナリスト、ブレイン・カーティス氏がCES 2019のまとめレポートで予測しています。



「Wi-Fi 6」は、「802.11ax」から名称変更された規格の呼称で、同様に「802.11n」は「Wi-Fi 4」に、「802.11ac」は「Wi-Fi 5」に変更されています。



「Wi-Fi 6」は、データ転送速度が向上するだけでなく、同時に通信できる機器の数が増え、コンサート会場など混雑した環境でも通信の安定性が向上するほか、スマートフォンなどの電力消費を抑えられるメリットがあります。

2019年に普及が期待される「Wi-Fi 6」

Wi-Fi 6規格に対応したルーターなどはまだ少ないですが、2019年には多くの機器が発売される見込みで、CES2019でも数多くのWi-Fi 6対応機器が展示されていました。



Appleは、業界団体Wi-Fi Allianceのメンバーとして、Wi-Fi 6(802.11ax)規格の制定にも積極的に関わっており、これまでの新規格にも早期に対応していることから、2019年にWi-Fi 6を採用することは考えられる、と米メディアMacRumorsは指摘しています。



iPhoneが次世代モバイルデータ通信規格「5G」に対応するのは2020年のモデルになる、と予測されていますが、Wi-Fiで新規格にいち早く対応することになるかもしれません。

2019年のiPhoneは1モデルにトリプルカメラ、とWSJ報道

2019年のiPhoneは3モデルが発売され、最上位の1モデルにトリプルカメラが搭載される、とThe Wall Street Journalが報じています。



先日は、開発の初期段階のデザインとされる、3つのカメラレンズを正方形の枠で囲ったレンダリング画像が公開されて物議を醸しています。





Source:MacRumors

Photo:Wi-Fi Alliance

(hato)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_1e7bc3166fc1 oa-rp59145_0_a2fa4e9aba07_iPhone12の発表は10月、発売は11月?〜著名リーカーが復帰し、改めて予想 a2fa4e9aba07 a2fa4e9aba07 iPhone12の発表は10月、発売は11月?〜著名リーカーが復帰し、改めて予想 oa-rp59145

iPhone12の発表は10月、発売は11月?〜著名リーカーが復帰し、改めて予想

2020年8月9日 11:50 iPhone Mania

著名リーカーのジョン・プロッサー氏が自身の新しいYouTubeチェンネルで、「iPhone12の発表・発売に向けた状況は、例年よりも2カ月遅れ」との予想を伝えました。

3月下旬から、iPhone12発表・発売の遅れを予想

プロッサー氏が、ハッキング被害によりこれまでに投稿してきた動画とチャンネル自体が失われた本来の「FRONT PAGE TECH」に変わるYouTubeチャンネル、「FPT 404」にてiPhone12の発表・発売時期に関する予想を伝えました。



プロッサー氏は動画内で、ミンチー・クオ氏の「iPhone12のカメラレンズ生産に問題が発生し、量産に問題が生じている」とのコメントと、「iPhone12の発売は、例年よりも数週間遅れる」とのAppleの最高財務責任者(CFO)のルカ・マエストリ氏のコメントを紹介しています。



同氏は3月下旬には既に、iPhone12に関する発表・発売時期の遅れを予想していたことを改めて伝えています。







iPhone12に関するプロッサー氏の予想は、下記のYouTube動画の再生時間6分52秒から確認できます。






新型iMacの発表日を的中

プロッサー氏は新型iMacの発売日に関する予想も的中させていました。同氏は現在も、Apple製品に関する独自の情報ソースを確保していると思われます。





Source:FPT 404/YouTube, Jon Prosser/Twitter

Photo:Michael Ma(@apple_idesigner)/Twitter

(FT729)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_1e7bc3166fc1 oa-rp59145_0_07edcbf0e27e_AppleサプライヤーのAMS、中国自動車メーカーにセンサーを納入予定 07edcbf0e27e 07edcbf0e27e AppleサプライヤーのAMS、中国自動車メーカーにセンサーを納入予定 oa-rp59145

AppleサプライヤーのAMS、中国自動車メーカーにセンサーを納入予定

2020年8月9日 03:59 iPhone Mania

海外大手メディアReutersは、オーストリア企業AMSが中国の自動車メーカーGreat Wall Motorに、2022年から自動運転向けセンサーを納入する予定だと報じています。



AMSはAppleの主要サプライヤーの一つとして知られており、iPhone向け光学センサーを製造し、Face ID(顔認証)機能にも利用されていると言われています。

中国自動車メーカーGreat Wall Motor




中国の自動車メーカーGreat Wall Motor(GWM)は、ピックアップトラックを中心に製造販売を行っており、電気自動車による成長を狙っている企業です。



既に低価格帯の電気自動車Oraを製造しており、大手自動車メーカーのBMWとも電気自動車の製造で提携しています。

iPhone向け技術が自動車に活用される時代に

AMSの発表によると、自動車向けセンサーの開発はドイツ自動車関連企業のIbeoと共同で行われる予定となっており、中国GWMが開発する次世代型自動車の重要なパーツとなると考えられています。



GWMが新開発する次世代型自動車は、特定の条件化での自動運転が可能となる予定です。



自動車メーカーが取り組む自動運転技術の実現には、数多くのセンサーが必要なため、センサー関連企業にも自動車業界への参画機会が発生しています。



AMSは、現在iPhone向け光学センサーを製造し、Appleのサプライヤーとして知られている企業ですが、GWMへのセンサー供給は自動車業界参画への大きな足掛かりとなりそうです。





Source:Reuters

Photo:AMS, Great Wall Motor

(seng)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_1e7bc3166fc1 oa-rp59145_0_012ceff42129_新型iMac用壁紙をアレンジした(PRODUCT)RED版などのオリジナル壁紙 012ceff42129 012ceff42129 新型iMac用壁紙をアレンジした(PRODUCT)RED版などのオリジナル壁紙 oa-rp59145

新型iMac用壁紙をアレンジした(PRODUCT)RED版などのオリジナル壁紙

2020年8月9日 02:35 iPhone Mania

これまでにも多くのオリジナル壁紙を公開してきたAR7(@AR72014)氏が、先日発表された新型iMac用壁紙のアレンジ版を複数公開しています。

新型iMac用壁紙(PRODUCT)RED版と、その他アレンジ版

AR7(@AR72014)氏が公開している新型iMac壁紙(PRODUCT)RED版は、iPhoneの(PRODUCT)REDモデル向けに作られた壁紙です。







AR7(@AR72014)氏はオリジナルの新型iMac用壁紙に近いアレンジ版壁紙も公開しており、これらはミッドナイトグリーンや、スペースグレイのボディーカラーのiPhoneとの相性が良さそうです。

オリジナル新型iMac用壁紙に忠実な壁紙も公開

同氏はまた、新型iMac用壁紙をiPhoneおよびiPad用にサイズ変更しただけの、オリジナルに近い壁紙も公開しています。









Source:AR7(@AR72014)/Twitter (1), (2), (3)

(FT729)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_1e7bc3166fc1 oa-rp59145_0_552d90e518db_初代iPhoneのプロトタイプ画像、ボツになったミュート表示も 552d90e518db 552d90e518db 初代iPhoneのプロトタイプ画像、ボツになったミュート表示も oa-rp59145

初代iPhoneのプロトタイプ画像、ボツになったミュート表示も

2020年8月9日 01:44 iPhone Mania

初代iPhoneプロトタイプ画像が公開されました。実際には採用されなかった、ミュートスイッチのアイコンも確認できます。

開発中の初代iPhoneの試作品

初代iPhone(iPhone 2G)のプロトタイプが三台並んだ画像を公開したのは、最近ピアノブラックが特徴的な初代iPod touchのプロトタイプ画像を公開した、Dongle(@DongleBookPro)氏です。



3台をよく見比べると、Appleロゴの仕上げが異なるほか、製品情報やストレージ容量などの刻印の有無にも違いが見られます。



また、3台のうち中央の1台には、側面のミュートスイッチに、ベルのアイコンが印字されています。






Apple内部向けツールの表示も

画面が表示された3台のうち2台には、Apple内部向けの診断ツールが表示されています。






画像中央のプロトタイプには、AT Command、Burn-In、Operator、Rumble、SkankPhone、Soundwaveのアイコンが確認できます。



画像左には、各種機能を検査できるSkankPhoneの画面が表示されています。



画像右には、iPhoneとパソコンのiTunesをUSBケーブルで接続するよう促す表示が出ています。







開発途中にはクリックホイールも検討されていた

2019年3月には、大きな基板にSIMカードスロットなどが取り付けられた、初代iPhoneの開発初期のプロトタイプの画像が公開されています。



元Apple役員で「iPodの父」とも呼ばれるトニー・ファデル氏は2016年に、初代iPhoneのプロトタイプにはiPodのようなクリックホイールがついていた、と発言しています。



2017年には、画面下部にクリックホイール風の操作部分が表示された、初代iPhoneのプロトタイプの映像を、リーク情報で知られる人物が公開しています。





Source:Dongle(@DongleBookPro)/Twitter via AppleInsider

(hato)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_1e7bc3166fc1 oa-rp59145_0_d44de34022e6_Appleメガネ、高フレームレートでクロマキー合成も可能?〜新しい特許情報 d44de34022e6 d44de34022e6 Appleメガネ、高フレームレートでクロマキー合成も可能?〜新しい特許情報 oa-rp59145

Appleメガネ、高フレームレートでクロマキー合成も可能?〜新しい特許情報

2020年8月9日 01:40 iPhone Mania

Appleが現地時間2020年8月6日、米国特許商標庁(USPTO)にて、ヘッドマウントディスプレイに関する新たな特許を取得しました。この特許に基づく技術を実製品に搭載すれば、Appleメガネクロマキー合成が可能になるかもしれないと、Tom’s Guideが報じています。

ヘッドマウントディスプレイに関する特許




Appleが今回取得した特許は、「ヘッドマウントディスプレイでの複合現実(MR:Mixed Reality)における低遅延クロマキー合成」というものです。Tom’s Guideによれば、本特許にはヘッドマウントディスプレイでクロマキー合成を行う方法が記載されています。



この特許で重要な点は、ヘッドマウントディスプレイにおいて高フレームレートでの映像処理を行うことによって、低フレームレートでの遅延が原因で発生する乗り物酔い状態を起こさないようにする方法だと、Tom’s Guideは解説しています。



同メディアによれば、ヘッドマウントディスプレイは頭の向きや動きに連動するため、遅延が起きないような処理を行うのは、(画面が固定されている)ラップトップで行う処理に比べてもかなり困難とのことです。

低遅延処理方法とクロマキー合成の実現




今回取得した特許には遅延を大幅に抑える方法として、「システムは75fps以上の高フレームレートで動作することにより、遅延を大幅に抑える」と記載されていると、Tom’s Guideは説明しています。



Tom’s Guideは、本特許には「3D立体視を実現するためのステレオカメラがヘッドマウントディスプレイに組み込まれ、リアルタイムでカラー処理を行い、クロマキー合成を可能にする方法」も記載されていると記しています。



同メディアによれば、「このシステムを搭載したヘッドマウントディスプレイは、カメラで撮影された映像内の特定の色成分を検出し、仮想コンテンツと合成することが出来る」と特許内に記載されているとのことです。



これは、クロマキー合成(映像内の特定の色の部分を透明化し、そこに別の映像を合成する手法)のことであり、特許内に記された「ゲーム、ビデオおよび仮想オブジェクト」において、Appleメガネに搭載された本システムが活用される可能性があるとTom’s Guideは予想しています。





Source:USPTO via Tom’s Guide

Photo:EverythingApplePro/YouTube

(FT729)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_1e7bc3166fc1 oa-rp59145_0_1212daeda60a_トランプ政権のWeChat禁止が波及、Appleが抱える中国リスクとは 1212daeda60a 1212daeda60a トランプ政権のWeChat禁止が波及、Appleが抱える中国リスクとは oa-rp59145

トランプ政権のWeChat禁止が波及、Appleが抱える中国リスクとは

2020年8月9日 00:12 iPhone Mania

アメリカのトランプ大統領は8月6日、安全保障上のリスクを理由に、米企業が中国のSNSアプリ微信(WeChat)と取引することを禁止する大統領令に署名しました。

中国ではWeChatが最重要アプリの一つ

大統領令では、米国市民と米国企業は、WeChatを運営する中国企業テンセントとWeChat関連の取引を行ってはならないと規定しており、9月中旬に発効する予定です。



Bloombergは、大統領令により、AppleがApp StoreでWeChatアプリを提供することが禁止される可能性があり、中国におけるiPhone販売が打撃を受けるリスクがあると報じています。



WeChatは中国での生活に最も重要なアプリとなっており、ショッピングや支払等のビジネス使用や、個人間のコミュニケーションまで、幅広く利用されています。



多くの中国人は、電話やメールを使用せずにWeChatを利用しており、電子マネーが普及している中国では、WeChat無しでは少額の買い物も難しいとさえ言われています。

Appleにとっての中国リスクとは




人口13億人を超える中国はAppleにとって最も重要な市場の一つとなっており、iPhoneでWeChatが利用できなくなった場合には、iPhone販売数が激減するリスクがあります。



Bloombergで紹介されているオンライン調査では、「iPhoneとWeChatのどちらか一方を選んでください」という質問を行ったところ、圧倒的多数がWeChatを選び、iPhoneを選んだ回答との差は20倍になったという結果があります。



TikTokが事業売却かサービス停止かの選択を迫られるなど、米国と中国とのIT分野での対立が激化しています。中国がiPhone製造に必要なレアメタルの供給禁止等の報復を行う可能性もあり、Appleは新たな中国リスクを抱えることになりそうです。



大統領令が実際に発効される場合の詳細は不明で、現時点ではApp StoreでWeChatが禁止されるかも不透明なため、今後の対応が注目されます。





Source:Bloomberg

Photo:Bryan Jones / flickr

(seng)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_1e7bc3166fc1 oa-rp59145_0_8a29d08a998f_9月のiPhone12発表イベント、詳細内容が流出?発表される製品は? 8a29d08a998f 8a29d08a998f 9月のiPhone12発表イベント、詳細内容が流出?発表される製品は? oa-rp59145

9月のiPhone12発表イベント、詳細内容が流出?発表される製品は?

2020年8月8日 23:45 iPhone Mania

Appleが開催する、iPhone12などの新製品発表イベントについて、リーク情報を発信している人物が詳細な内容をツイートしています。4モデルのiPhone12シリーズのほか、AirTagsやAirPowerも発表されるとのことです。

9月のiPhone発表イベントの進行

例年、9月に開催されるスペシャルイベントの内容を、iPhone12の発表や発売の日程について発信している、Komiya(@komiya_kj)氏がツイートしています。



同氏が9月8日と発言した、iPhone12発表イベントの進行は以下のとおりです。6月の世界開発者会議(WWDC 2020)に続いて、オンラインでの開催となるようです。




オープニングビデオ



ティム・クック最高経営責任者(CEO)登壇し発言。内容はWWDC 2020?コロナウイルス?



ハードウェア、ソフトウェア、サービス



【サービス】

Apple Cardサービス提供国の拡大



【ハードウェア】

iPad(第8世代)



Apple Watch Series 6



iPhone12、iPhone 12 Max



AirTags



iPhone12 Pro、iPhone12 Pro Max



AirPower








iPhone12の発表日、9月説と10月説が

現地時間7月30日に開催された業績発表会で、Appleの最高財務責任者(CFO)、ルカ・マエストリ氏は、2020年秋のiPhoneについて「発売は例年より数週間遅れとなる」と発言しています。



Apple役員が未発表製品の発売時期について公式にコメントするのは極めて異例だけに、注目を集めました。



なお、リーク情報で知られるジョン・プロッサー氏は、iPhone12の発表イベントは10月に開催される、と発言しています。



一方、Komiya氏はiPhone12シリーズは9月に発表され、発売は10月9日と10月23日になる、と述べています。

9月発表、10月以降発売のiPhoneは過去にも

iPhoneが9月に発表されて10月以降に発売された例はあります。



2017年のiPhone Xは11月に、2018年のiPhone XRは10月と、それぞれ発表から時間を開けて発売されています。





Source:Komiya(@komiya_kj)

(hato)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_1e7bc3166fc1 oa-rp59145_0_e1893cc3fc5e_iPad、米カリフォルニア州100万人の学生のリモート学習で採用 e1893cc3fc5e e1893cc3fc5e iPad、米カリフォルニア州100万人の学生のリモート学習で採用 oa-rp59145

iPad、米カリフォルニア州100万人の学生のリモート学習で採用

2020年8月8日 17:00 iPhone Mania

新型コロナウイルスの影響により、カリフォルニア州の97%の学生が今も自宅学習を強いられており、学習環境のあり方の抜本的な見直しの必要性が高まっています。同州教育省は、セルラー機能付きのiPadをリモート学習に最適のデバイスと結論づけ、最大100万人の学生のためAppleから割引価格で購入する流れとなりました。

AppleはT-Mobileと協力

カリフォルニア州教育省が採用を決めた4G LTE対応iPadのモバイル接続は、T-Mobileが担うとのことで、AppleはT-Mobileとコラボして100万人の学生のサポートを行う見通しです。



Appleの教育者向け学習チームは、バーチャル教育をより効率的かつ創造的なものにするため、教師のためのセッションも毎週行うようです。

新学期が始まるまでに10万台のiPadが出荷準備

カリフォルニア州教育省は、それぞれの学区にAppleとT-Mobileへのデバイス注文の仕方を近々通達する予定です。



9月に新学期が始まるまでに、最低でも10万台のiPadの出荷が見込まれており、両社によれば、今年いっぱいの需要に見合うだけのデバイスは供給可能であるとのことです。





Source:カリフォルニア州教育省 via Cult of Mac

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_1e7bc3166fc1 oa-rp59145_0_57dec1e5d11d_ユーズド16インチMacBook Pro 2019、高性能CTOモデルが販売中 57dec1e5d11d 57dec1e5d11d ユーズド16インチMacBook Pro 2019、高性能CTOモデルが販売中 oa-rp59145

ユーズド16インチMacBook Pro 2019、高性能CTOモデルが販売中

2020年8月8日 14:35 iPhone Mania

ソフマップの公式中古専門サイト「リコレ!」が、16インチMacBook Pro(Late 2019)のCTOモデルのユーズド品を販売しています。このモデルは、CPU、メモリ、SSD、GPU、キーボードなど多くの箇所がカスタマイズされています。

カスタマイズの内容

ソフマップの公式中古専門サイト「リコレ!」が、16インチMacBook ProのCTOモデルのユーズド品が入荷したと投稿しています。







今回入荷したユーズド16インチMacBook Pro MVVK2J/Aの販売ページに記載されたカスタマイズ内容は下記の通りです。



CPU:2.3GHzから2.4GHzに変更
メモリ:16GBから64GBに増量
ストレージ:1TBから4TBに変更
GPU:5500M4GBから5500M8Gに変更
USキーボードを搭載


2020年8月8日14時現在、当該製品はまだ注文可能で、商品ページでは「カートに入れる」を選択可能です。

路面店でも展示中

本商品の取り扱い店舗として「AKIBA③号店 MacCollection」が記載されていますので、同店を訪問すれば現品確認可能と思われます。



商品に関する質問は、店舗に問い合わせ下さい。





Source:リコレ!

(FT729)

外部リンク