cat_oa-rp59145_issue_150712d57c93 oa-rp59145_0_150712d57c93_Apple、iPhone Xの新しいCMを公開〜Face IDとポートレート照明に焦点 150712d57c93 150712d57c93 Apple、iPhone Xの新しいCMを公開〜Face IDとポートレート照明に焦点 oa-rp59145

Apple、iPhone Xの新しいCMを公開〜Face IDとポートレート照明に焦点

2017年12月12日 07:31 iPhone Mania

Appleは11日、15秒間のiPhone Xの新CMを3本公開しました。重要なホリデーシーズンに向けての売上アップがねらいだといわれています。

==Face IDにフォーカスした2本のCM
==
Appleが公開したiPhone Xの新CMのうち2本はFace IDに焦点を当てたものとなっています。

 

「Opens with a Glance(ひと目見ただけで開ける)」と「Adapts to Your Face(あなたの顔に順応)」は、30,000点のドットを顔に照射し、本人認証を行なうFace IDの魅力を表現しています。

 

Face IDは、メイクをしたり、ひげを伸ばしたり、メガネをかけても問題なく動作します。

 

出典: YouTube

 

出典: YouTube

==ポートレート照明があればスタジオはいらない
==
iPhone Xの新CMの3本目は、iPhone8 Plusにも搭載されているポートレート照明機能にフォーカスしています。

 

「Introducing Portrait Lighting(ポートレート照明を紹介します)」は、ポートレート照明でスタジオ撮影レベルのポートレート写真が撮れることを強調する内容となっています。

 

出典: YouTube

 

 

Source:AppleInsider

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_150712d57c93 oa-rp59145_0_l6njvfm4q3g4_macOS13 Venturaのベータ3が開発者向けに公開 l6njvfm4q3g4 l6njvfm4q3g4 macOS13 Venturaのベータ3が開発者向けに公開 oa-rp59145

macOS13 Venturaのベータ3が開発者向けに公開

2022年7月6日 22:11 iPhone Mania

Appleは現地時間7月6日、macOS13 Venturaのベータ3をデベロッパ向けにリリースしました。

トラックパッドジェスチャー動画が再導入

iOS16およびiPadOS16のベータ3と同時に、macOS13 Venturaのベータ3が開発者向けに公開されましたが、今回のバージョンでは「設定」アプリの「トラックパッド」のセクションに動画が再度掲載されているとのことです。



これに関しては、Appleの今年の世界開発者会議(WWDC22)にてAppleのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長であるクレイグ・フェデリギ氏がすでに述べていました。



「タップでクリック」「副ボタンのクリック」などが、わかりやすく動画が示されるようになっています。



なお、その他の変更点はこれから明らかになっていく見通しです。





Source:MacRumors

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_150712d57c93 oa-rp59145_0_xzbty10h2jnx_Apple、watchOS9ベータ3を開発者向けにリリース xzbty10h2jnx xzbty10h2jnx Apple、watchOS9ベータ3を開発者向けにリリース oa-rp59145

Apple、watchOS9ベータ3を開発者向けにリリース

2022年7月6日 22:10 iPhone Mania

Appleは現地時間2022年7月6日、開発者向けにwatchOS9ベータ3をリリースしました。

パブリックベータのリリースも近い

Appleは今月中に初のパブリックベータをリリースすると予告していますので、今回、または次のベータリリースの1日〜2日以内には、パブリックベータがリリースされると思われます。

ここ数年で最大のアップデートとなるwatchOS9

ここ数年でもっとも大きなアップデートとなるwatchOS9は、Apple Watch Series 3はサポートしません。



新しい4種類の文字盤が追加されるほか、ワークアウトを行っている最中の表示項目が細分化され、睡眠解析機能が改善されます。



watchOS9ベータ3と同日、iOS16ベータ3、iPadOS16ベータ3、macOS 13 Venturaベータ3、tvOS16ベータ3も合わせてリリースされました。





Source:9to5Mac

(lunatic)

cat_oa-rp59145_issue_150712d57c93 oa-rp59145_0_1hg2c3io4tc7_iPhone14シリーズ発売前調査で購入予定割合が大幅減〜値上げも影響か 1hg2c3io4tc7 1hg2c3io4tc7 iPhone14シリーズ発売前調査で購入予定割合が大幅減〜値上げも影響か oa-rp59145

iPhone14シリーズ発売前調査で購入予定割合が大幅減〜値上げも影響か

2022年7月6日 22:02 iPhone Mania

米SellCellがiPhoneユーザーとAndroidユーザーを対象に実施した、iPhone14シリーズ発売前調査で、購入を予定しているユーザーの割合がiPhone13シリーズで行った同調査と比べて大幅に減少していることが報告されました。

機種変更予定者が昨年の43.7%から14.1%に低下

iPhone13シリーズ発売前の調査では、iPhoneユーザーの43.7%が同モデルに機種変更すると回答していたのに対し、iPhone14シリーズについて行った調査では、機種変更すると回答したユーザーの割合はわずか14.1%でした。






iPhone14シリーズに機種変更すると答えたユーザーの割合が低いのはiPhoneユーザーだけではなく、AndroidユーザーにおいてもiPhone13シリーズ時の18.3%から13.2%に低下しています。






結果、双方をあわせても、米国においてスマートフォンを使用している19,586人のユーザーのうち、iPhone14シリーズに機種変更すると回答した割合は13.6%にとどまりました。







iPhone14シリーズへの関心が低い理由は?

今回の調査結果についてSellCellは、iPhone14シリーズへの関心が低い理由として、「古いiPhoneから多くのユーザーがiPhone13シリーズに機種変更済み」「iPhone13シリーズと代わり映えしないデザイン」が考えられると述べています。



米国におけるiPhone14 Proシリーズの販売価格は100ドル値上げされると噂されていることも、購入意欲低下の1つの要因になっているかもしれません。



日本での販売価格は円安の影響で、米国以上に値上げを感じさせるものになりそうです。





Source:SellCell

(FT729)






あわせて読みたいiPhone13シリーズ 関連特集
【総力特集】iPhone13の料金、性能を徹底比較!
【随時更新】iPhone13シリーズのケース・保護フィルム 製品情報まとめ
iPhone13シリーズの予約・入荷・在庫状況掲示板:人気端末はこれ!
【速攻予約】iPhone13を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_150712d57c93 oa-rp59145_0_4ts10mboe4ai_Apple、AirPodsの開発者向けベータファームウェアをアップデート 4ts10mboe4ai 4ts10mboe4ai Apple、AirPodsの開発者向けベータファームウェアをアップデート oa-rp59145

Apple、AirPodsの開発者向けベータファームウェアをアップデート

2022年7月6日 21:50 iPhone Mania

iOS16ベータ3がデベロッパ向けにリリースされたばかりですが、AppleはAirPodsのベータファームウェアもアップデートしたことがわかりました。

自動切り替え機能が改善

米メディア9to5Macによれば、新たなAirPodsベータファームウェアでAirPodsをAppleデバイス間で切り替えてくれる自動切り替え機能の改善が図られているとのことです。



他にも、iOS16ではiPhoneのTrueDepthカメラを使って空間オーディオのためのパーソナルプロフィールを作成する“パーソナライズされた空間オーディオ”も導入されています。また、新ファームウェアバージョンではAirPods MaxでLC3コーデックが利用可能となっており、ハイクオリティの音声通話が可能となります。

ベータファームウェアのインストールはiPhoneとXcodeが必要

AirPodsのベータファームウェアは、第2世代AirPods、第3世代AirPods、AirPods Pro、AirPods Maxで利用可能で、ビルド番号は「5A5304a」です。



ファームウェアをAirPodsにインストールするには、iPhoneをXcodeに接続し、iOSでデベロッパメニューを有効にします。その後、“リリース前のベータファームウェア”のトグルをオンにします。Appleによれば、このオプションをオンにしてからファームウェアのダウンロードが始まるまで最長24時間かかるとのことです。





Source:9to5Mac

Photo:Apple

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_150712d57c93 oa-rp59145_0_cpi1xvr7j0bd_【iOS16】Safariでバーチャルカードの利用が可能に cpi1xvr7j0bd cpi1xvr7j0bd 【iOS16】Safariでバーチャルカードの利用が可能に oa-rp59145

【iOS16】Safariでバーチャルカードの利用が可能に

2022年7月6日 21:26 iPhone Mania

iOS16ベータ3の内部コードから、Safariでオンラインショッピングの際にバーチャルカードを利用できるようになることが明らかになりました。

Apple Payが利用できないサイトで役に立つ機能

バーチャルカードとは、銀行やカードプロバイダによって提供されるクレジットカードやデビットカードの代替番号です。もし仮にデータがリークしたとしても、バーチャルカードの番号をキャンセルすれば、銀行にわざわざ新規カードを発行してもらわなくても済みます。



iOS16ベータ3のコードの中に、Safariでバーチャルカードがサポートされることを示唆する内容が見つかった、と米メディア9to5Macが伝えています。もちろん、Apple Payでは取引ごとにセキュリティー番号が提供されますが、今回の新機能はApple Payが利用できないWebサイトで役に立つ模様です。



コードには、下記のようにあるとのことです。




Safariの自動入力でこのカードを利用できるようにし、オンラインショッピングでは実際のカード番号を隠しましょう。



いつもと同じようにカードを使い続けましょう。オンラインショッピングでは、Safariの自動入力で利用できるようになり、実際のカード情報は隠されます。



セキュリティ強化のため、Webサイトでは仮想カード番号が使用され、Safariの自動入力で利用できるようになりました。



現在のところ、機能はすべてのユーザーが利用可能となるのか、銀行やカードプロバイダの採用が必要となるのかはわかっていません。

自動入力とApple Pay

Safariでは現在、Apple PayをサポートしていないWebサイトでオンラインショッピングを行う際、クレジットカードおよびデビットカードの自動入力の選択肢を提供しています。



新たに確認されたコードによれば、SafariはApple Payに登録できるカードがないかどうかをまず調べるようになっており、もし登録可能なカードが見つかった場合、自動的にウォレットアプリへと追加するようになっているとのことです。





Source:9to5Mac

Photo:Apple

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_150712d57c93 oa-rp59145_0_p2rcy2dqp0fg_iOS16ベータ3に初代iPhone発表当時にジョブズ氏が愛用していた壁紙が登場 p2rcy2dqp0fg p2rcy2dqp0fg iOS16ベータ3に初代iPhone発表当時にジョブズ氏が愛用していた壁紙が登場 oa-rp59145

iOS16ベータ3に初代iPhone発表当時にジョブズ氏が愛用していた壁紙が登場

2022年7月6日 21:17 iPhone Mania

現地時間2022年7月6日に開発者向けに公開されたiOS16ベータ3に、興味深い壁紙が追加されていることがわかりました。

ジョブズ氏愛用の壁紙、15年後に一般公開

Bloombergのマーク・ガーマン記者によると、iOS16ベータ3に新たに追加されたカクレクマノミの壁紙は、初代iPhoneが発表された2007年当時、故スティーブ・ジョブズ氏が好んで使っていたものだそうです。



しかしこの壁紙は初代iPhoneのみならず、その後どのiPhoneにもインストールされることはありませんでした。



15年の時を経て、ようやくカクレクマノミの壁紙が日の目を見ることになりそうです。





今すぐカクレクマノミの壁紙を設定したいなら

壁紙製作を行っているTwitterユーザーのAR7氏(@AR72014)が、iOS16ベータ3をインストールしなくても設定可能なカクレクマノミの壁紙を製作、Googleドライブで共有しています。









Source:Mark Gurman/Twitter, AR7/Twitter

(lunatic)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_150712d57c93 oa-rp59145_0_djvn3d4r62ao_Apple Watchエクストリームスポーツモデルのケース径など仕様に関する情報 djvn3d4r62ao djvn3d4r62ao Apple Watchエクストリームスポーツモデルのケース径など仕様に関する情報 oa-rp59145

Apple Watchエクストリームスポーツモデルのケース径など仕様に関する情報

2022年7月6日 20:58 iPhone Mania

Bloombergのマーク・ガーマン記者が、Apple Watch Series 8で追加されるエクストリームスポーツモデルのケース径など、仕様に関する情報を伝えました。

Apple Watch Series 8 エクストリームスポーツモデルの主な仕様

ガーマン記者による、Apple Watch Series 8のエクストリームスポーツモデルの主な仕様は下記の通りです。



  • 約2インチ(約50.8ミリ)の大型ディスプレイ搭載
  • ディスプレイの解像度は約410ピクセル×502ピクセル
  • ディスプレイの面積が45ミリモデルから約7%拡大
  • 金属ケースの素材はアルミニウムではない
  • 割れても飛散しにくいディスプレイカバーガラス
  • 大容量バッテリー
  • 体温(発熱)検知センサー
  • ハイキングおよび水泳トラッキングの改善
  • ケース径(呼称)は50ミリ以下
  • システム・オン・チップ(SoC)はS8で、中身はS6やS7と同じ
  • ステンレスケースモデルよりも高い販売価格

ケース径は47ミリか49ミリ?

エクストリームスポーツモデルを指していると思われる情報として、DSCCの最高経営責任者(CEO)であるロス・ヤング氏が、最も大きなモデルのディスプレイ対角長は1.99インチ(50.5ミリ)と投稿していました。



単純計算で45ミリケース径のディスプレイの対角長1.9インチ(48.3ミリ)から換算すると、1.99インチ(50.5ミリ)のディスプレイを搭載したモデルのケース径は47ミリになると予想されます。



ただし、エクストリームスポーツモデルがカシオ G-SHOCKのような外装を採用した場合、ケース径が49ミリ程度まで大きくなることも考えられます。



ガーマン記者はApple Watch SE(第2世代)について、ディスプレイサイズは現行モデルと同じと述べています。









Source:Mark Gurman(@markgurman)/Twitter, Bloomberg

Photo:Apple Hub/Facebook

(FT729)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_150712d57c93 oa-rp59145_0_vo6d99qaqth9_iOS16/iPadOS16のベータ3がデベロッパ向けに公開 vo6d99qaqth9 vo6d99qaqth9 iOS16/iPadOS16のベータ3がデベロッパ向けに公開 oa-rp59145

iOS16/iPadOS16のベータ3がデベロッパ向けに公開

2022年7月6日 20:58 iPhone Mania

ベータ2のリリースから2週間、iOS16およびiPadOS16のベータ3が開発者向けに公開されました。

どんな新機能が加わっている?

新たなiOS16ベータでは、さまざまな変化やバグ修正、新機能がみられると予想されます。Appleはベータテスターからのフィードバックを逐一チェックしており、それぞれのベータ版で、寄せられた不満、バグ報告、パフォーマンス問題などへの対処が行われています。



iOS16のベータ3のビルド番号は「20A5312g」となっています。



ベータ2では、LTEと5Gを介したiCloudバックアップのサポートや、HomePodベータソフトウェアそ管理するためのメニューの追加、改善されたSMSフィルタリング、編集されたメッセージの旧バージョンiOSへの再送などの機能が追加されています。





Source:9to5Mac

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_150712d57c93 oa-rp59145_0_4rl3ffpmtahd_愛知県警の捜査車両にAirTagが装着される〜Appleは警察との連携を強化 4rl3ffpmtahd 4rl3ffpmtahd 愛知県警の捜査車両にAirTagが装着される〜Appleは警察との連携を強化 oa-rp59145

愛知県警の捜査車両にAirTagが装着される〜Appleは警察との連携を強化

2022年7月6日 16:31 iPhone Mania

愛知県警の捜査車両に、AirTagが取り付けられているのが発見される事件が明らかになりました。反社会的勢力が警察の動向を知るために取り付けた可能性もあるとして捜査を進めています。

警察車両のマフラーにAirTagが発見される

2022年5月に、愛知県警豊田署の来庁者用駐車場に停めていた捜査車両のマフラー部分にAirTagが取り付けられているのを捜査員が発見した、と東海テレビが報じています。



警察では、反社会的勢力が取り付けた可能性も含めて経緯を慎重に捜査するとともに、捜査車両に不審物がないかを確認するよう、通達しています。



AirTagが装着されていた期間などについては情報が明かされていません。

Apple、悪用対策として警察との連携を強化

2021年春に発売されたAirTagは、iPhoneなどのApple製品とのBluetooth通信を介して、正確な位置情報を把握でき、バッテリー交換なしで約1年間使用できることが評価され、順調に販売を伸ばしており、第2世代モデル開発の可能性も指摘されています。



海外では、紛失しかけた荷物や、盗まれた車を取り戻すのに活用された事例が数多く伝えられている一方、ストーキング目的で悪用された事件も報じられています。



Appleは2022年2月、AirTagの悪用防止のため、自分以外のApple IDに紐付けられたAirTagが近くにある場合に警告を発するタイミングを早める、警告音を聞き取りやすくする、悪用事件が発生した場合には警察との連携を強化するなどの対応策を発表しています。








Source:東海テレビ

(hato)

外部リンク