ナチュラルな食卓に♪無印良品とニトリのランチョンマット

11.28 22:00 RoomClip mag

ランチョンマットを使っていますか?季節やメニューに合わせてランチョンマットを取り入れると、普段の食事がちょっとランクアップするように感じられます。無印良品とニトリのランチョンマットは、シンプルでナチュラル。普段の食卓で使いやすいものがそろっています。ユーザーさんたちの使い方を見てみましょう。

無印良品のランチョンマット

無印良品には、ベーシックカラー、定番カラーから選べる、インド綿手織りランチョンマットやケタックランチョンマットなどがあります。いずれもしっかりした生地や素材で、シンプルなデザイン。飽きずに長く愛用できそうです。どんな器やメニューにも合わせやすそうなので、持っていると便利に使えます。

■シンプルなインド綿、好きなカラーを選んで

撮影:mayunさん

ミニマリストを目指しているユーザーさん宅のダイニングテーブルでも、無印良品のランチョンマットを使われています。テーブルの上には余分なものを置かず、すっきり。家具も飾りのないシンプルなものを選ばれています。テーブルにランチョンマットが敷かれていることで、落ち着いたあたたかみが感じられるようです。

■和の食器にもしっくりと似合う

撮影:akiさん

イチゴをのせたブラマンジェを、そばちょこに盛り付けるのも楽しいアイデアですね。下に敷かれたナチュラルテイストのランチョンマットは、洋風にも和風にも、いろいろとコーディネートして楽しめそう。用途にこだわらずに、一つの食器を使いこなして楽しむアイデアも見習いたいです。

■しっかりしたケタック素材で、ナチュラルに

撮影:yrisさん

オーバル型がやさしい印象の、ケタックランチョンマット。一枚あたりの値段は布のランチョンマットより高いですが、編み目が細かく変形もしにくい素材なので、長く愛用できるのが魅力です。品数も豊富でおいしそうなお料理が、ランチョンマットでさらに引き立っているようです。

■食事にもティータイムにも使いこなしたい

撮影:emiさん

無印良品のケタックランチョンマットの四角いタイプ。形が違うと印象が変わるので、両方そろえておいて使い分けもいいかも。上質な素材だから、ユーザーさんのように、ヴィンテージやアンティークなど、高級感のある食器と合わせるのもよさそうですね。食事にもティータイムにも、使いこなしたいです。

ニトリのシンプルなランチョンマット

ニトリのランチョンマットは、材質、デザイン、品ぞろえがとても豊富です。しかもリーズナブル!家族の人数分をそろえたり洗い替えのことを考えると、値段が安く買えるニトリはうれしいですね。シンプルで、和食にも洋食にも合わせやすいランチョンマットをご紹介します。

■モノトーンのブロックがモダンな印象

撮影:emibeiさん

お弁箱もランチョンマットも白黒で、大人っぽくカッコいい!お弁当もランチョンマットが敷いてあると、少し改まった感じになりますね。こちらのランチョンマットは、化学繊維で織られていて水がしみこみにくいそう。モノトーンは、いろいろなお料理に合わせやすくて重宝しそうです。

■シックなブラウンは、和食にも合う

撮影:nekomusumeさん

粗い織り目のブラウンのランチョンマットは、さわやかで涼しそうな雰囲気です。そうめんなど、和食との相性も良さそうですね。ユーザーさんは、そうめんを一口ずつ盛り付けて、おいしく食べやすいようにと工夫されています。普段の食卓にもちょっとした心遣い、見習いたいです。

■モノトーンの色違いですっきり

撮影:yuki0511さん

季節感のある食材を使ったお料理を楽しまれている、ユーザーさん宅。ランチョンマットは、白地と黒地に細いストライプが入って、すっきりとさわやかな雰囲気です。お皿もモノトーンで合わせて、菜の花のグリーンやイチゴの赤など、食材のおいしそうな色が引き立っていますね。

テーブルコーディネートを楽しもう

普段の食事にランチョンマットを取り入れると、気軽に季節感を取り入れることができます。また、その日の料理に応じて、ランチョンマットや食器を選んでテーブルコーディネートすると、家でのご飯がもっと楽しくなりそうです。ユーザーさんたちのコーディネートを参考にしてみましょう。

■季節感あるテーブルコーディネート

撮影:gappeさん

こちらのユーザーさんは、ランチョンマットやお皿など、ニトリで夏らしくさわやかにテーブルコーディネートされています。落ち着いた色合いのランチョンマットは素材が涼しそうで、夏の食卓に活躍しそうです。ナチュラルなカゴや貝殻などとの組み合わせが、レストランのようですね。

■まるい形が、だんらんの食卓にぴったり

撮影:nekomusumeさん

ニトリのブルーのランチョンマットに、ブルーと白のお皿をコーディネートしているユーザーさん。ランチョンマットは長方形のものが多いですが、ラウンドにすると、だんらんの気分がアップしそう。ランチョンマットと食器の色は、ブルーをメインに統一。食材の鮮やかな色が映えておいしそうです。

■カラフルなランチョンマットも楽しい

撮影:uticoさん

ニトリには、こんなカラフルなランチョンマットも!ユーザーさんは、北欧のお皿と合わせて使われていますが、カラフルな幾何学模様は、北欧インテリアとも相性が良さそうです。色柄のランチョンマットは、合わせるのが難しいという印象がありましたが、このようにカラフルなマットも持っていると、楽しく使えそうです。ランチョンマットを使うと配膳の楽しみが増え、生活が豊かになりそうです。はじめて買うなら応用範囲が広い、シンプルでナチュラルテイストのランチョンマットを。慣れてきたら、変わった形や色柄にも挑戦してみたいですね。RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「ニトリ 無印良品」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!RoomClipの「ニトリ 無印良品」の写真をもっと見る

執筆:mint

外部リンク

「家族の姿に寄り添う快適な家。暮らしやすい収納づくり」 by kuradekaruさん

05.25 20:00 RoomClip mag

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、ナチュラルな色合いとグリーンを多用したボタニカルインテリアを楽しまれているkuradekaruさんに収納のコツをお伺いしました。

今回教えてくれたユーザーさん♪

kuradekaruさん整理収納アドバイザー1級。超がつくほどの面倒くさがり。片付けも、家事も誰か一人が頑張るのではなく、家族みんなが無理なくできるような収納スタイルを日々、探求しています。インテリアには、ハンドメイドも取り入れオリジナルを楽しんでいます。

家族の好みが偏ることなく、自然に溶け込む収納を目指して

物は、かごやケースに収納して”暮らしのすぐそばに置いておく”そんな印象を感じるkuradekaruさん宅の収納の様子。インテリアに心地よく馴染み、スッキリとした生活スペースを確保されています。また、扉の中は余白もあり、取り出しやすいのが見ていてわかります。kuradekaruさん「ごちゃごちゃしているのは苦手。シンプルでスッキリした感じが好きですが生活感ゼロも苦手です。私の趣味、主人の趣味、3匹の猫、子ども、何かに片寄るわけではなく、それぞれが上手く空間に溶け込むような収納を心がけています。」なるほど、kuradekaruさんの収納風景ににじみ出る”暮らしに寄り添うような温かみ”。かっちりと気取らない収納、インテリアに家族の姿が見えてくるような柔らかさを感じるのは、家族の好みが部屋に溶け込むよう心がけているからなのですね。さて、今回kuradekaruさんに教えていただくのは、「余計なストレスを抱えない、わかりやすい収納のコツ」です。家族が物を片づけてくれない!とお困りの方、家族も参加しやすいラクラク収納づくりのコツになっていますよ。さっそくみていきましょう。

余計なストレスを抱えない!家族も使いやすい収納3つのコツ

■その1 子どもの「やりたい!」を妨げないよう定位置を決める

kuradekaruさん「”ご飯をよそう”などのちょっとしたお手伝いを子どもがやろうとしたとき、”炊飯器やご飯茶碗は手が届くのにしゃもじには届かない”ということがないように一連の作業をスムーズに一人でできるかどうか、妨げてるものはないかを考えて定位置を決めています。進んでお手伝いしてくれるようなり、『あれ取って~』もないのでかなり負担が減りました。」

■その2 スペースを区切って考える

kuradekaruさん「シンクの下や洗面台の下などの観音扉の収納スペースは、両扉を開けたスペースをひとつのスペースとして考えるのではなく、扉一枚分に区切って収納します。両扉を開けないと出し入れができないというものは作りません。使用頻度の高いモノは開きやすい方のスペースへ収納。左手で開けて右手で取るといったように出し入れを簡単にしています。」

■その3 箱やカゴの中へポイポイ入れるだけのざっくり収納

kuradekaruさん「猫はちょっとした隙間でも入り込んでしまいますし、目の前にあるモノは何でもおもちゃにしてしまいます。その習性を理解し、箱やカゴの中へ、食品は蓋つきのモノへポイポイ収納しています。大雑把な性格なので、きっちり仕切ることはせず、ラベルも付けていません。持つ量は入る分だけと決めて持ち過ぎないようにしています。」

オススメの収納アイテム

ITEM無印良品 重なるラタン長方形バスケットPRICE4,990円

自然素材のホッコリした感じが好きです。

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

kuradekaruさん「引っ越して約2年の我が家。まだまだ、しっくりこないなぁという部分がたくさんあります。一緒に暮らす家族のくせや行動パターンを観察。収納スペースとにらっめこ。うちでは無理と決めつけず、あれこれ試しながら、暮らしやすさを追求しています。」

不便を改善して見えてくる、快適な家と家族の笑顔

スッキリさと心地よい生活感の両立、家族との暮らしに寄り添った収納を実践されていたkuradekaruさん。今回kuradekaruさんに教えていただいたコツから見えてきたのは、「暮らしのちょっとした不便を改善すること」の大切さです。日ごろ感じている収納におけるちょっとしたやりにくさ、ストレス……それは、積み重なって暮らしにくさにつながるもの。お子さんも自分でできる環境を整えることや扉ごとにスペースを区切って収納すること、誰でもできるポイポイ収納など、家族もできるわかりやすい収納を整えることで、みんなが暮らしやすい、快適な家へと近づくのだと感じました。皆さんのお宅では「あれとって~」「あれどこ?」の声はありますか?家族の姿を観察し反映していくことで作られる、みんなが暮らしやすい収納づくり。試してみてはいかがでしょうか。kuradekaruさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!kuradekaruさんのインテリアを見てみる

執筆:RoomClip mag 編集部

外部リンク

バケーション気分が味わえる☆ビーチスタイルなおうち

05.25 18:00 RoomClip mag

爽やかで、ワクワクするようなお部屋に住みたいと考えたことはありませんか?この記事では、そんな希望を持つ方々向けに、洗練されたビーチスタイルをご紹介していきます。涼しげな雰囲気とバケーションな雰囲気が合わさった、魅惑のお部屋をぜひご覧ください。

夏が似合うリビング

まず、海を感じさせるリビングからお届けしていきます。西海岸風のコーディネートやバリ島風のコーディネートなど、さまざまなタイプのお部屋を集めてみました。参考になるコーディネートがないか、探してみてください。

■ギリシア風の白いおうち

撮影:cocoさん

白浜に浮かんでいるかのような、幻想的なリビング。白い壁や床、そして暖炉や古木のインテリアでまとめられたこちらのお部屋を眺めていると、まるでギリシアの有名な白い街に迷い込んだかのような気分になってきますね。窓から地中海の澄んだ青が見えるのではないかと、思わず期待してしまう世界観ですね。

■カリフォルニア風のおうち

撮影:katrinaさん

青と白でコーディネートされた爽やかな空間。キッチンには色とりどりのマグカップが並べられています。この効果で、涼し気なだけでなく、楽し気な雰囲気まで感じられます。また、青白いライトの光が、ゆらゆらと流れる水のようにも見えますね。海の中を覗いているかのような、そんな気分に浸ることができます。

■ハワイアンなリゾートホテル風が魅力

撮影:lei_alohaさん

高級感のある大きなソファが置かれた、ホテルライクなリビングです。カラフルなサーフボードが印象的ですね。特に明るいオレンジ色がアイキャッチャーで、端に置いてあっても、存在感がバツグンです。上品さと軽快さが穏やかに溶け合っていて、まるでハワイのリゾートホテルの一室のようです。

■バリ島風のアジアンテイストなおうち

撮影:ericoooさん

こちらはバリ島をイメージしてつくられたお部屋です。選び抜かれたアジアン家具たちは、どれも自然素材が特徴的です。しかし、さらに目を惹くのは空間全体の色遣い。渋い色の木材、オレンジに近い明るい木材、そしてタイルのブルー。この3色のコントラストが、エキゾチックな魅力をより後押ししています。

気分が上がるキッチン

続いては、海が似合うキッチンをピックアップしてご紹介していきます。RoomClipには、海が似合いそうなキッチンがたくさんアップされていますが、今回はその中から、バカンス気分を感じることができるような実例ばかりを取りそろえてみました。

■ポップなハワイアン雑貨が決め手

撮影:naoさん

白いタイルが爽やかな、アメリカンポップなキッチン。レジャー感のある可愛い雑貨たちに刺激され、ワクワクと心が弾みます。それに、ピンクとパープルで彩られた吊り戸棚もとてもキュート。夏のバカンス気分をさらに盛り上げてくれそうなキッチンですね。

■明るいブルーとヴィンテージ風雑貨が決め手

撮影:t_e_t_o_t_eさん

こなれ感のある板壁風のカウンター、目に鮮やかなライトブルーの壁、そして海を感じさせる流木のインテリア。まさに「夢にまで見た海辺のカフェ」といったキッチンですね。こんなに開放的なキッチンなら、料理する時間もとびきり楽しくなりそうです。

■グリーンインテリアとパイプが決め手

撮影:tara_home10さん

ポトスやフェイクグリーンが飾られたキッチンカウンター。たくさんのグリーンのおかげで、爽やかなキッチンに仕上がっています。夏の熱い陽射しをそっと和らげてくれるかのような雰囲気が素敵です。こちらが賃貸DIYだなんて、ユーザーさんのアイデアと実行力に脱帽です。

癒し効果のあるベッドルーム

ひんやりした空気や風通しのよさが魅力のビーチスタイル。最後は、そんなこのスタイルの良さを残しつつも、ホッと安らぐことのできるベッドルームをお届けしていきます。熱帯夜でも良質な睡眠をタップリと取れるようなお部屋ばかりを集めていますので、ぜひ参考にしてください。

■ボヘミアンなベッドルーム

撮影:____oki____さん

柔らかなオフホワイトと、優し気な古木でまとめられたベッドルームです。都会の喧騒とは無縁といった、スローな空気感が魅力です。キリム柄のクッションが、ワンポイントとして空間に溶け込んでいますね。寝室にいる時間を増やしたくなるような、そんな上質コーディネートです。

■西海岸風のベッドルーム

撮影:tak-itoさん

こちらは青を基調にした、清涼感たっぷりのベッドルーム。視覚的にもクールダウン効果を得られそう。1つ1つのアイテムにこだわりが感じられて、ここまでトータルにコーディネートできるなんて驚きですね。お部屋にいながら旅心地を得られる、そんな空間です。

■アジアンテイストなベッドルーム

撮影:gokizou2さん

神秘的でエキゾチックなバリ島風コーディネートの寝室です。光沢のあるクッションや、アジアンテイストなファブリックで飾られた、寝心地の良さそうなベッドに目を奪われますね。日常を忘れて、ゆっくりと癒されるに違いありません。潮の香りが漂ってきそうなお部屋、白浜が恋しくなるようなお部屋、ひと口にビーチスタイルと言っても、お部屋ごとにその雰囲気はユニークでしたね。みなさんも、自分好みのコーディネートを完成させてみてください。RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「ビーチスタイル」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!RoomClipの「ビーチスタイル」の写真をもっと見る

執筆:shibao

外部リンク

簡単にできるカーテンリメイク!DIYでお好みインテリアに

05.25 15:00 RoomClip mag

気軽にできるカーテンのリメイクやDIYで、自分好みのお部屋を作りましょう。いろんなお部屋で、自分の好きなスタイルを作ることができるのでおすすめです。インテリアに合う生地選びも、宝物を探すようで楽しいでしょう。窓の大きさやお部屋にあわせた、カーテンのリメイクやDIYのご紹介です。

気軽にできる!カーテンアイテムのDIY

カーテンをたばねるカーテンタッセルなどのカーテンアイテムを、DIYしてみませんか?さりげない小物にもこだわることで、おしゃれなスタイルができあがります。気軽にできるリメイクやDIYで、自分の好きなスタイルを表現してみましょう。

■好きな小物をカーテンタッセルへ

撮影:mikuさん

こちらのユーザーさんは、カーテンタッセルを手作りされています。スターの小物がタッセルのポイントに。シンプルなカーテンが、おしゃれに装飾されていますね。きれいなお部屋の雰囲気を作るには、インテリアに合うような小物や材料を選ぶことがポイントです。

■ワイヤーで作るカーテンタッセル

撮影:tomotomo325さん

ワイヤーを使ったカーテンタッセル。きちんとカーテンをとめることもでき、見た目もかわいくて印象的です。こちらのような、ホワイトのカーテンと組み合わせることで、はっきりとワイヤーのデザインが見えるので窓周りのアクセントになっていますね。

■自分好みをカーテンタッセルで

撮影:reeさん

こちらは、窓まわりに、インテリアアイテムを使うことで、とても素敵にコーディネートされています。カーテンのスタイルも小物の使い方も、インテリアによく合っていますね。カーテンタッセルを手作りすることで、自分好みのインテリアをより楽しむことができます。

小さめの窓におすすめカフェカーテン

初めてカーテンのリメイクやDIYにチャレンジするなら、小さめ窓のカフェカーテンがおすすめです。突っ張り棒とお気に入りの生地を組み合わせることで、簡単にカフェカーテンができあがります。手作りカフェカーテンのアレンジについて、ご紹介です。

■リネン素材でカフェカーテン

撮影:asuさん

こちらのユーザーさんは、リネン素材を使って、カフェカーテンを作っています。キッチンなどの小窓にもカフェカーテンはぴったり。手作りカーテンを作るときには、生地の選び方も大切なポイントです。リネンなどナチュラルな素材はやさしいインテリアにおすすめですよ。

■カフェカーテンにデコレーション

撮影:miyabiさん

ちょっと雰囲気を変えたい場合のリメイクのアイデアとして、ガーランドなどを使ったデコレーションはいかがでしょうか。こちらのカフェカーテン、小物の組合せかたが、かわいくてきれいです。カーテン生地がホワイトでシンプルだからこそ、小物使いがアクセントになって素敵です。

■100均アイテムでカフェカーテン

撮影:yukichi.wanwaさん

こちらは、100均の手ぬぐいを使ったカフェカーテン。作り方もとても簡単なようです。手ぬぐいがベースだったら、たくさんのバリエーションの中から好きな柄を選ぶことができ、コストもかからないので、いいアイデアですね。窓まわりが、とっても華やかになります。

DIYカーテンでインテリアを楽しむ

カーテンをDIYすることで、インテリアを楽しみましょう。お部屋の雰囲気を大きく作るカーテンを気軽にDIYすることができると、模様替えやインテリアコーディネートもより楽しくなるでしょう。DIYカーテンを使ったお部屋のご紹介です。

■重ねて使う手作りカーテン

撮影:Yukanenkoさん

こちらのユーザーさんの手作りカーテンは、IKEAの生地を使われているようです。生地を重ねて使うアイデアで、お部屋のスタイルとよく合っています。カーテンがお部屋のアクセントになるような、おしゃれな手作りカーテンです。生地が余った場合は、組み合わせることで、いろんなお部屋で利用できそうです。

■バンダナを使ったDIYカーテン

撮影:meguuuumiさん

身近なアイテムを使って、カーテンをDIYすることもいいでしょう。こちらのユーザーさんは、セリアのバンダナでカーテンをDIYしています。バンダナだったら、好きな柄を選んだり、サイズの調整も簡単にできます。好きなカラーや柄をインテリアに取り入れることもできるでしょう。

■突っ張り棒を使った手作りカーテン

撮影:yusumiaさん

こちらのユーザーさんは、四角い布を縫って、上は突っ張り棒を通せる輪を作っている手作りカーテンです。窓のスタイルにも良くあっていて、素敵です。突っ張り棒は、DIYカーテンにとても便利なアイテムです。好きな生地に通す輪を作って、簡単に楽しむことができますね。

■簡単にできるカーテンDIY

撮影:meさん

こちらのカーテン、端を縫って、ループをつけるだけで簡単にできるスタイルのようです。このような作りかたなら、季節によってカーテンをチェンジして、模様替えを楽しむこともできるでしょう。手作りカーテンをマスターすれば、季節のインテリアコーディネートもより楽しめます。カーテンのリメイクやDIYは、簡単にできるので、インテリアコーディネートが楽しくなります。まずは、小さめの窓から挑戦してみてはいかがですか。手作りカーテンで、自分好みのインテリアを作ってみましょう。RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「カーテン DIY」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!RoomClipの「カーテン DIY」の写真をもっと見る

執筆:サクラコ

外部リンク

お気に入りの洗濯かごが活躍☆ランドリーをセンスアップ

05.25 12:00 RoomClip mag

洗濯前の衣類を仕分けしたり、洗濯後に干すスペースまで運んだり、乾燥後の衣類の取り込んだり……洗濯にはかかせない、洗濯かご。使い勝手がよくてデザインにこだわった洗濯かごがあると、家事のモチベーションがアップします♪また、ランドリーのインテリアをセンスアップしてくれるので、こだわって選びたいですね。

ランドリーの差し色やワンポイントに

スペースが限られているランドリスペースは、スッキリとまとめて清潔感を大切にしたいですね。シンプルなスペースのアクセントに、きれいな色やほっこりするデザインの洗濯かごを取り入れてみましょう。毎日のお洗濯も楽しくなりそうですよ。

■白に映えるピンクの洗濯かご

撮影:Rさん

清潔感あるホワイトでまとめ、すっきりとした洗濯機周り。ランドリーバスケットとして使われているピンクのタブトラッグスが、ガーリーでかわいらしいアクセントになっています。外に出すものを少なくしてすっきりさせた棚には、ポスターを飾るなど、個性的に楽しまれています。

■ネイビーのバッグタイプの洗濯かご

撮影:aninさん

ユーザーさん宅では、GEORGE'Sのポリエチレン製のハンドル付きバスケットを、洗濯かごにされています。水に強くて丈夫な素材で作られた、大き目のハンドル付きバスケットだから、洗濯物を持ち運ぶにも便利そう。ロゴ入りでおしゃれなデザインは、洗濯機の上にポンと置いてもサマになります。

■網目模様ときれいな色の大容量バスケット

撮影:hannariさん

ユーザーさんは、使い勝手と色が気に入って、こちらの大きなランドリーバスケットを購入されたとのことです。カゴのような網目模様でふた付き、シーツも入る大容量タイプです。丸洗いできる汚れものを入れても気にならず、便利に使えますね。ふたを閉めれば中が見えないので、ランドリースペースがすっきり。

個性的なデザインでランドリーをかっこよく

洗濯かごの種類やデザインは、とても豊富です。たくさんの洗濯物を入れても移動しやすいキャスター付きや、複数のバスケットがセットできるタイプなどもあるので、スペースの広さや置き場所、使い方に応じて選びたいですね。置いてある姿も絵になるデザインを選べば、ランドリースペースをセンスよく見せてくれるでしょう。

■移動にも便利なランドリーカート

撮影:ranranharuruさん

カートタイプのランドリーバスケットは、キャスターが付いているので、たくさんの洗濯物を運ぶのにも便利です。ユーザーさんお気に入りのヘリンボーンの床に、ブラックの洗濯機が置かれています。ものが少なくすっきりとして、ランドリースペースがかっこよくまとめられています。

■アートなデザインのアイアン

撮影:kaorii.tさん

ホワイトとブラックが効果的に使われた、ランドリースペース。繊細な細いアイアンのランドリーバスケットやドアノブ、床の模様などに、アートなデザインが取り入れられています。キャスター付きで実用性も高く、デザイン性のあるランドリーバスケットは、収納にも便利に使えそう。

■はっきりした白黒ボーダーでかっこよく

撮影:ji_hainさん

ユーザーさん宅は、洗面所、洗濯機に白黒を用いて、幅広のボーダー柄のロールスクリーンや、ランドリーバスケットなどとコーディネートされています。洗剤ボトルなどの小物にも白黒を取り入れ、細部にもこだわりが感じられます。おしゃれな気分で、毎日の洗濯をこなせそうですね。

居心地よく楽しく整えたランドリースペース

生活感が出がちな、洗濯機周りや物干しスペース。でも、洗濯かごをはじめとした道具や小物をこだわって選び、その場所にいるのが楽しくなるようなインテリアを作れたら、気分がグンとアップしそうです♪ ユーザーさんたちは、どんなふうにランドリーをコーディネートされているのでしょうか。

■白で統一して清潔感たっぷり

撮影:yuk07.10さん

壁やドア、洗濯かごやハンガー、ワゴンなども、ずべてホワイトで統一して、清潔感いっぱいの洗濯干しスペースです。洗濯かごは、フレディ・レック・ウォッシュサロンのランドリーバスケットを利用されています。たくさんの洗濯物も収納できる大容量!実用的でありながら、置いてある姿も絵になります。

■白+ウッドカラーでナチュラルに

撮影:Mikaさん

壁に板壁風リメイクシートを貼るなど、手を加えながら、ランドリースペースを居心地よく整えられているユーザーさん。ホワイトを基調に、バスケットや明るい色のウッドが取り入られ、グリーンも飾ってナチュラルで明るいムードに整えられています。こんなランドリーなら、毎日の洗濯も楽しい気分ではかどりそうですね♪

■ステンレスとワイヤーでかっこよく

撮影:yupinokoさん

ユーザーさん宅のランドリースペースは、DIYを取り入れて、男前にかっこよく整えられています。ステンレスでたっぷりした大きさのバスケットは、通気性がいいのでタオル類の収納にもぴったり!グリーンを飾ると、無骨なテイストの中にさわやかな優しさが加わります。置いてあっても使っても気分がアップする洗濯かごがあれば、楽しい気分で洗濯に取り組めますね。お気に入りの洗濯かごを選んで、家族みんなが気持ちよく過ごせるランドリースペースを目指したいですね。RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「洗濯かご ランドリー」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!RoomClipの「洗濯かご ランドリー」の写真をもっと見る

執筆:mint

外部リンク

一人暮らしの方必見♡ワンルームに置くテーブル選び攻略法

05.25 09:00 RoomClip mag

ワンルームに住む方の大きな悩みは、お部屋のサイズ。その中に置くテーブルの大きさやデザインは、なかなか決められない方もいるのではないでしょうか。ここではRoomClipユーザーさんの実例コーディネートから、ワンルームで一人暮らしをする方におすすめのテーブルをご紹介します。

ソファと好相性♡ローテーブル

一人暮らしでもソファでのんびり過ごしたい、と思うワンルーム暮らしの方に、人気のアイテムがローテーブルです。お部屋を広く見せることができるのもうれしいですよね。素材によって雰囲気が変わるローテーブル、どんなタイプがお部屋に合うのか、先輩ユーザーさんから教えてもらいましょう♡

■モノトーンにぴったりなローテーブル

撮影:ellyさん

全体をシックなモノトーンで彩っているellyさんが選んだのは、小さめの白いローテーブル。シンプルなデザインながら、エッジがカットされたテーブルに個性が感じられます。一人用の座椅子ソファとの色やサイズのバランスもぴったりで、お部屋に美しい統一感が生まれています。

■透け感が魅力ガラス素材のローテーブル

撮影:rukaさん

rukaさんのワンルームでは、ガラス素材のローテーブルがお部屋をスマートに見せるのに大活躍。透けて見えるガラスを使用した家具は、お部屋をスッキリと見せる効果ばつぐんです。温かみのある木材のベッドやチェストともしっくりフィット。コージーな雰囲気の中に、シャープさがプラスされたお部屋となっています。

■ローテーブルで個性を演出

撮影:satoooさん

ワンルームのお部屋の中でも個性を出したい!と感じる方におすすめなのが、satoooさんのローテーブル。キャスターがついた脚部になんともオリジナリティを感じます。テーブルのマテリアルもナチュラル感と上質の素材感を感じさせ、お部屋に使われているカラーや雑貨ともぴったりの相性です。

高さのあるテーブルで雰囲気アップ

種類も豊富な背丈のあるテーブルなら、お部屋の雰囲気づくりに大活躍♡でもワンルームに合う椅子とテーブルはどんなタイプのものが良いのか、ちゃんとリサーチしたいですよね。ここではさまざまな素材やデザインの中から、自分好みのテーブルを見つけたユーザーさんをご紹介します。

■ワンルームでエレガントに暮らす

撮影:aronekoさん

思わず目を奪われる、モノトーンカラーでまとめられたaronekoさんのエレガントなワンルーム。シンプルで優雅なフォルムのテーブルが、お部屋にスタイリッシュさをプラスしています。ミニマルに整えられたお部屋にぴったりなテーブルで過ごす時間は、特別なものになりそうですね。

■ナチュラルなお部屋に合うテーブル

撮影:okachamsさん

okachamsさんがお部屋のコーナーに作ったお食事エリアには、柔らかな木目調のテーブルをチョイス。ナチュラル、そして優しい雰囲気でいっぱいです。チェアやスツール、壁につけられた棚をテーブルと同じテイストでまとめ、おうちでカフェ気分を楽しめそうなコーディネートとなっています。

■黒を生かしたワンルームにおすすめ

撮影:rakuさん

引きしめ効果を発揮してくれるブラックが、ほどよいアクセントとなっているrakuさんのキッチンスペース。その黒にぴったり合った木材のテーブルを選び、居心地の良さそうな空間が完成しています。ワンルームに暮らす方には、キッチン&テーブルの組み合わせのお手本となるコーディネートです。

ワンルームを有効に!おすすめのカウンター

ワンルームに暮らす方は、スペースの活用方法が気になるはず。無駄な空間を作らないために役立つのがカウンターです。スタイリッシュなイメージや、ナチュラルなインテリアにも対応してくれる優れもの♪ユーザーさんの実例をもとに、ワンルームにぴったりなカウンターをご紹介します。

■キッチン横のカウンターを活用

撮影:pouさん

キッチンの横についているカウンターを、ワンルームで使用しているpouさん。スリムなチェアはカウンターと素材を合わせ、統一感もバッチリ。キャスター付きなのでスムーズに動けそうですね。ものが増えていく一人暮らしでも、すっきりと収納できるカウンターが大活躍しています。

■DIYでワンルームに合ったカウンター

撮影:ngcemkkoさん

ngcemkkoさんのワンルームにあるのは、味わい深い印象のカウンターテーブル。お部屋にジャストフィットしているカウンターは、なんとDIYで作成したというのだから驚きです。清潔感あふれる白をベースとした室内に、ぴったりの素材感。お食事ができ、PCも置けるサイズは、DIYならではの特典ですね。

■ゆったりソファを置きたい方に

撮影:kahoさん

ワンルームでの家具選びのコツは、どのエリアが重要なのかを見極めるのがポイントです。kahoさんのお部屋では、スマートなカウンターテーブルを置いて、リラックスエリアを大きく確保。これなら大きめのソファもゆったりとしたスペースの中に置けますね。カウンターテーブルの利点を生かした使い方です。制約の多いワンルームでも、大好きなインテリアを諦めたくはないですよね。お部屋のサイズを考えると、チョイスできるものが少ないと思うテーブル。そんなときはユーザーさんの優れた選び方を参考に、お部屋にぴったりなものを探してくださいね。RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「ワンルーム テーブル」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!RoomClipの「ワンルーム テーブル」の写真をもっと見る

執筆:keitha

外部リンク

プチプラでうれしい☆ダイソーのフォトフレームが使える

05.25 07:00 RoomClip mag

ダイソーのお店に行くと、たくさん並べられたフォトフレームの種類の多さにびっくりしますよね。せっかくなら、そんな充実した品そろえのダイソーフォトフレームを使って、インテリアをランクアップさせちゃいましょう♪ ウォールデコを中心に、参考になりそうな実例をご紹介します。

まずは画像を入れて楽しむ

まずはフォトフレームの基本、おしゃれな画像を入れて、飾るアレンジを極めたいところ。画像に凝りたいのももちろんですが、枠にアレンジを加えたり、並べ方に気を遣ったり...... 意外とこだわりポイントは多いんですよ♪

■たくさんのフォトフレームを並べてみる

撮影:HARUさん

リメイクシートを貼った上から、アンティーク風にエイジングしたフォトフレームを並べた、こちらのディスプレイ空間。9枚のフレームをバランスよく配置しているのも参考になります。家族の思い出が詰まった写真が入っているのも、素敵ですね。

■雑誌の切り抜きを入れて

撮影:maiさん

こちらのユーザーさんは、清涼感たっぷりな海の写真を、シャビーなブルーのフォトフレームに入れてトイレに飾っているそう。写真は雑誌の切り抜きだそうですよ。海のさわやかさが伝わる作品になっています。

■リボンをつけて上品に

撮影:Lippityさん

イニシャルのプリントされた画像を、ダイソーのフレームに入れて写真パネルと一緒に壁に飾っているのが、こちらの実例。モノトーンなデザインもセンスを感じさせます。フォトフレームにリボンをつけて引っかけるという工夫が、ポイントですね。

枠をうまく活用する

次に、フォトフレームの枠部分を活用した、リメイクの実例を見てみましょう。シャビー系のインテリアがお好きな方には、特におすすめです!とっても簡単に洗練されたスペースができあがるので、ぜひ試してみてください。

■シャビーなディスプレイ空間

撮影:tarさん

ホワイトやグレーが中心になっているこちらのディスプレイコーナーの壁にも、フォトフレームの枠を設置されています。高さに少し差をつけて飾って、空間をうまく使っていますね。シャビーなテイストが雰囲気バツグン!

■ドライフラワーに添えて置くだけ!

撮影:tarさん

ソファ横のスペースに、ドライフラワーと合わせてフォトフレームの枠部分を置くだけでも、見映えのするインテリアが完成しますよ♪ アンティークでシャビーな印象が、ドライフラワーとばっちりです。

■枠どうしを重ねて置いてみる

撮影:yunoさん

ウォールシェルフに、サイズの異なる3つの枠を重ねて置いているのが、こちらの実例です。とっても簡単にできそうなのに、洗練されたインテリアができあがっていて、脱帽ですね!他の雑貨もシンプルなテイストがそろっていて、魅力たっぷり。

フタや扉を作るのにも便利

最後に、フォトフレームを使って、棚の扉やフタを作っている実例をご紹介します。簡単にお手ごろ価格で見映えのする扉を作れちゃうなんて、うれしいかぎりですよね!あっと驚くようなDIY作品に、注目です。

■ガラス絵具でステンドグラス風

撮影:Naomiさん

棚の下部、扉がカバーしきれなかった部分にダイソーのフォトフレームを貼っている、こちらのユーザーさん。表面には同じく、ダイソーのガラス絵の具でステンドグラス風のペイントを施したんだとか。品のあるホワイトとデザインがよく合っていて、ステキですね!

■飾り棚の扉も作れる

撮影:cooさん

4枚のフォトフレームを縦に並べて、棚全体を覆える扉を作っている方もいますよ!ダイソーでは、サイズが大きめのフレームもたくさん売っているので、助かりますよね。中には刺繍を入れているそうで、こだわりが感じられます。

■パッチワークのパタパタ扉

撮影:samanthakitchenさん

こちらのユーザーさんは、バスルームのニッチにつけるパタパタ扉を、ダイソーのフォトフレームで作ったそう!中には、お気に入りの布をカットして入れたら、パッチワーク風に仕上がったんだそうです。100均アイテムで作ったとは思えない、完成度の高い作品ですね!

■木箱と合わせて棚を手作り

撮影:toriasyさん

ダイソーのフォトフレームに加え、セリアの木箱やメッシュフレームを組み合わせて作られた、渾身の作品がこちら。深みのある木の質感や一つ一つ箱ごとに異なる扉のデザインに、細かなこだわりが滲んでいます。中に何を飾ろうか...... 楽しく悩めそうです♪お手ごろ価格でまとめ買いもしやすい、ダイソーのフォトフレーム。驚きの潜在力を秘めているのが伝わればうれしいです。ぜひ、壁やディスプレイスペ^スに、新しいデコレーションとして付け加えてみてくださいね☆RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「ダイソー フォトフレーム」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!RoomClipの「ダイソー フォトフレーム」の写真をもっと見る

執筆:Moko

外部リンク

買ってよかった♡無印良品の愛されアイテムと人気の秘密!

05.24 22:00 RoomClip mag

高いデザイン性とナチュラルな自然素材が特徴的な「無印良品」。衣類やインテリア、食品など、生活にかかわるさまざまなものを販売しています。今回はたくさんの商品の中から、RoomClip上でも話題にのぼることの多いアイテムを厳選しました。ユーザーさんならではのとっておきの使い方を、参考にしてみてくださいね。

体にフィットするソファ

体を包み込み、自由に変形するソファです。背もたれにするもよし、寝っ転がるもよし。別名「人をだめにするソファ」とも呼ばれていますね。カバーの素材やカラーが豊富なのも、多くのユーザーさんに愛される理由のひとつです。ユーザーさんたちが、どのような空間に合わせて使用しているか、見ていきましょう。

■シンプルなホワイトインテリア

撮影:R.Y.Tさん

ホワイトをベースとし、アクセントのグレーが粋なR.Y.Tさんのリビング。こちらでも、体にフィットするソファは大活躍しています。インテリアと同系色のカバーを使用しているので、主張しすぎずまとまりがありますね。大きなソファを置いていないので、お部屋を広々と使うことができています。

■ナチュラルモダンスタイル

撮影:yumeka.manami.aitoさん

モダンな空間にも、体にフィットするソファはしっかりマッチします。ホテルライクなインテリアには向かないと思われがちですが、yumeka.manami.aitoさんの洗練されたリビングでも、違和感はありません。コツはカバー選び。深みのあるカラーがたくさんあるので、シックな空間にもよくなじみます。

■ジャパニーズモダンスタイル

撮影:hanaさん

ダイニングの一角に設けられた、畳コーナー。このような和の空間にこそ、体にフィットするソファはぴったりです。大きなソファのように畳を傷つけることはなく、座布団や座椅子よりもずっとリラックスできますよ。畳のカラーに合わせたダークトーンのカバーは、空間がより引き締まりますね。モダンかつ、クールな印象です。

壁に付けられる家具・棚

壁面を有効活用するにはぴったりの、「壁につけられる家具」シリーズ。壁を傷つけにくく、設置もかんたんです。シリーズの中でも、とくに使い勝手がいいのがオーク材の44cm棚。さまざまな使い方ができるこのアイテム、ユーザーさんたちはどのように使っているのでしょうか。工夫が光る取り入れ方を、ご紹介します。

■ディスプレイ棚として

撮影:Shooowkoさん

壁に付けられる棚に、グリーンや雑貨、ポスターをディスプレイされています。カラフルなポスターはBIRDS‘WORDSのもの。お部屋をよりあざやかにするディスプレイに、棚が一役買っていますね。ナチュラルなオーク材のカラーは、床材や家具との相性もばっちり。ほっこり北欧テイストで、心あたたまるリビングです。

■アイアンバーでつり下げディスプレイ

撮影:momo0907さん

壁に付けられる棚にアイアンバーをプラスして、つり下げディスプレイを楽しんでいるmomo0907さん。DIYすることで、オリジナリティあふれる棚へと生まれ変わりました。飾り方が難しいスワッグも、センスよくディスプレイできますね。

■スタイリッシュな神棚にも

撮影:Chiiさん

きちんと祀りたくても、インテリアに合わせにくくて神棚を設置できない……。そんな悩みは、壁に付けられる棚で解決しますよ。北欧ミックステイストのChiiさんのダイニングにも、ナチュラルになじんでいますね。壁さえあれば設置できるので、方角に合わせてぴったりな場所を選べます。

ポリプロピレンファイルボックス・ホワイトグレー

万能な収納用品として定番の、こちらのアイテム。おしゃれで収納上手な人のおうちには、必ずあるといっても過言ではありません。ホワイトグレーのカラーは、上品に見える絶妙な色合い。厚みがありしっかりとした作りで、どんな場所にも適しています。ユーザーさんたちのアイデアあふれる使い方を、見てみましょう!

■ホワイトで統一されたうつくしい納戸収納

撮影:sh.atyouさん

sh.atyouさんの納戸は、ポリプロピレンファイルボックスなどを使い、同系色でまとめられています。ラベルを付けることで、中に何が入っているかもすぐにわかりますよ。かさばる書類や取扱説明書も、ボックスを使えばすっきり収納できますね。片づけが楽しくなりそうな、美しい収納です。

■コンロ下でお鍋の収納

撮影:risaさん

大きくて出し入れしにくいお鍋も、ポリプロピレンファイルボックスで楽に収納できますよ。縦に収納することで、スペースを最大限に利用できます。risaさんは、スタンダード幅タイプと上手く組み合わせて収納してますね。お料理中の忙しいときでも、さっと取り出しできそうです。

■冷蔵庫上で小物収納

撮影:kotokoさん

壁と一体化した、ポリプロピレンファイルボックス。kotokoさんは、冷蔵庫の上で使っています。ポリプロピレンは、吸湿性がなく、プラスチックの中では耐熱性が高いので、キッチンでの使用にも適した素材なんですよ。デッドスペースになりがちな冷蔵庫上も、これならかんたんに収納スペースにできますね。

■クローゼットで見せる収納

撮影:Yukoさん

隠す収納で使う方が多いなか、Yukoさんは見せる収納でポリプロピレンファイルボックスを使っています。隙間にフィットするサイズのファイルボックスを重ねて、5段の収納を作りました。型崩れが心配なカバンなどには、ぴったりの収納方法です。使い勝手に合わせて、上下をかんたんに入れ替えられるのも、魅力的ですね。さすが愛用者も多いだけあって、誰もが使いやすい商品ばかりでしたね。シンプルでどんなスタイルにも合わせやすく、機能的な無印良品のアイテム。今回の記事を参考に、ぜひおうちのインテリアに取り入れてみてくださいね。RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「無印良品」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!RoomClipの「無印良品」の写真をもっと見る

執筆:mmks

外部リンク

たった1つ飾るだけ♪お部屋を北欧空間に変身させるコツ

05.24 20:00 RoomClip mag

世界中で愛される北欧デザイン。ここ日本でも、フィンランドやスウェーデンの有名ブランドが次々と新商品を販売しています。この記事では、そんな北欧デザインに注目。「たった1つのアイテムで、本格的なコーディネート」を実現しているお部屋をお届けしていきます。

小物編

まずはじめは、「一種類の小物を足すだけ」で、北欧風のお部屋を完成させているユーザーさんたちをご紹介していきます。使われている小物たちは、ブランドや国を代表するかのような、とても有名なモチーフのものばかり。見ているだけでも、和やかな気持ちになってきます。

■リサ・ラーソンのライオン

撮影:meemeeさん

木製インテリアが集まるチェスト周り。こちらで一際目を惹くライオンのオブジェは、リサ・ラーソンの商品です。独特な顔が印象的なこの商品は、こんな風に木製インテリアの中に混ぜると、そっとお部屋に馴染むのですね。静けさの中に遊び心が垣間見えるようで、見てるこちらも楽しい気分になりますね。

■ダーラナホース

撮影:KotoRiさん

こちらのお部屋には、スウェーデンの代表的な民芸品「ダーラナホース」が飾られています。白いアイテムなのに、存在感抜群ですね。このアイテムがあるかないかで、お部屋の雰囲気が大きく左右されそうです。ちょっと物足りなさを感じることがあれば、このお部屋を参考に、ダーラナホースを飾ってみてはいかがでしょう?

■ダーリン・クレメンタインの洋ナシポスター

撮影:Emiさん

余白が美しい、清潔感のあるお部屋。ゆとりある上質な空気が流れていそうです。こちらに飾られているのは、ダーリン・クレメンタインのポスターです。可愛らしい洋ナシのモチーフが、大胆に描かれていますね。きっとたくさんのお客様の目を引くことでしょう。

ファブリック編

北欧インテリアに欠かせないファブリック。今度は、そんなファブリックを使っているお部屋を特集していきます。シンプルなデザインの商品から華やかなデザインの商品まで、さまざまなタイプのファブリックがそろっていました。

■クリッパンのブランケット

撮影:M.H.Lさん

ソファにかけられた、クリッパンのブランケット。北欧風デザインでありながらどこか和の落ち着きも感じる、独特の模様がとても魅力的です。たった一枚のブランケットで、ここまで「らしさ」が出せるとは、驚きのひと言。大変勉強になる小物の使い方です。

■カウニステのファブリック

撮影:Hisayoさん

風通しの良さそうなこちらのお部屋では、オットマンにカウニステのファブリックがかけられています。手書き風のタッチがとってもキュート。涼やかなお部屋に、ほんわかとした和みの空気を加えています。朗らかなムードを作りたいときは、このアイテムを使うと良さそうですね。

■ボロス・ボラスのファブリック

撮影:mimiさん

自然光が良く似合う、フレッシュなリビング。窓に掛けられているのは、ボロス・ボラスのファブリックです。植物と鳥が描かれたとても華やかなアイテムですね。窓の外に覗く緑豊かな風景と、見事にマッチしています。

■アルメダールのテーブルクロス

撮影:Tsubasaさん

鮮やかなライトブルーで彩られたお部屋。天井にはエレガントなランプが設置され、食卓には可愛らしいクロスが掛けられています。このお部屋は色遣いも息を呑むほどですが、この2つのアイテムの対比も引けを取らないほど魅力的。キュートなパターンを大人らしく使うには、このテクニックが役立ちそうです。

壁紙編

最後は、大胆にも柄物の壁紙を使っている実例をピックアップしてお届けしていきます。どのユーザーさんも、インパクトのある柄物の壁紙を巧みに使いこなしていました。コーディネートの参考になること間違いなしのお部屋を、ぜひご覧ください。

■マリメッコの壁紙:ピエニウニッコ柄

撮影:hiyoさん

こちらのお部屋では、マリメッコの代表的なパターン、「ピエニウニッコ」の壁紙が使われています。インパクトの強い大ぶりのパターンですが、家具を控えめなナチュラルテイストでまとめているので、全体が見事に調和しています。

■フィンレイソンの壁紙:タイミ柄

撮影:hkae310さん

上品なレディライクコーディネート。こちらのお部屋で使われているエレガントな壁紙は、フィンレイソンの商品です。控えめなグレーとラグジュアリーなパターンの組み合わせに、目を奪われますね。また、グレーインテリアの中で、木製のダイニング家具が見事に映えています。

■フィンレイソンの壁紙:コロナ柄

撮影:ladybug.さん

ライトグリーンがテーマカラーのお部屋。こちらの壁に貼られているのも、フィンレイソンの壁紙です。外に見える植物の緑と、なんだか一体感があって素敵ですね。気分が上向くような、ほど良い明るさが印象的です。以上、1つのアイテムで、雰囲気を出しているお部屋特集でした。どのお部屋も、雰囲気タップリで素晴らしかったですね。みなさんも、ぜひ今回ご紹介したお部屋とアイテムを参考に、お部屋をつくってみてください。RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「北欧 リビング」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!RoomClipの「北欧 リビング」の写真をもっと見る

執筆:shibao

外部リンク

リビングで活躍中!アロマディフューザーで癒し空間に

05.24 18:00 RoomClip mag

アロマディフューザーは、蒸気などでアロマオイルを室内に拡散できる器具です。火を使わないので、安全にアロマテラピーを楽しむことができます。また、商品によっては他の効果があるのもうれしいですよね。今回は、RoomClipユーザーさんが、リビングで活用されている、アロマディフューザーをご紹介します。

シンプルなデザインのアロマディフューザー

シンプルなデザインのアロマディフューザーは、どんなインテリアにも馴染みますので、選びやすいですね。使い方も分かりやすそうです。まずは、シンプルなデザインのアロマディフューザーをご紹介します。

■無印良品 磁器超音波アロマディフューザー

撮影:s.mamaさん

無印良品「磁器超音波アロマディフューザー」は、約直径80mm×高さ140mmの小型のアロマディフューザーです。6~8畳用で、タイマー付き。ライトは2段階に調整できます。小型なのでどこでも置けますし、間接照明にもなって便利ですね。

■iFormosa アロマディフューザー

撮影:R-mamaさん

iFormosa「アロマディフューザー」は、超音波加湿器にもなるアロマディフューザーです。約直径85mm×高さ140mmとコンパクトなので、省スペースで使えます。車でも使用できるようです。6~8畳用で、タイマー付き。明るさは2段階に調整できます。

■超音波うるおいアロマディフューザー

撮影:koenyokoさん

無印良品「超音波うるおいアロマディフューザー」は、直径168mm×高さ121mmと大きめのアロマディフューザーです。約12~15畳用で、広いリビングでも、香りを楽しめますね。大きめですが、丸みのあるフォルムなのでかわいらしいです。グリーンと組み合わせると、見た目にも癒されますね。

木目調デザインのアロマディフューザー

木目調のデザインのアロマディフューザーは、やさしい印象で、見た目にも癒されますね。ナチュラル系インテリアにもピッタリなのではないでしょうか。次は、木目調デザインのアロマディフューザーをご紹介します。

■ころんとした形のアロマディフューザー

撮影:ankoさん

ONDTECH「木目調 アロマディフューザー」と、Deik「すりガラスアロマディフューザー」と、Youhome「超音波式 アロマディフューザー」の3台をまとめ買いされたそうです。ONDTECHは加湿力に優れたもので、Deikは空気清浄効果があり、Youhomeは7色のグラデーションライトが特徴です。

■BRUNO ウッドアロマディフューザー

撮影:hakaseさん

BRUNO「ウッドアロマディフューザー」は、天然木とフロストガラスの組み合わせがオシャレな、アロマディフューザーです。ライトは7色とグラデーションが選べるので、照明としても楽しめます。コンパクトなのでどこにでも置けますし、シンプルなので、お部屋のどこへ置いても活躍してくれそうです。

■砂時計のような形のアロマディフューザー

撮影:nokkoさん

砂時計のような形の「超音波式アロマ加湿器 SablierWood」と、球体の「アロマミストディフューザー YUN」を使用されているようです。SablierWoodは、抗菌カートリッジでキレイな蒸気で、6~10畳を加湿できます。YUNは、音楽機器との接続ができるため、音楽と香りでリラックスできます。

その他のアロマディフューザー

その他にも、さまざまなデザインのアロマディフューザーがあります。乙女チックなデザインのものや、陶器のものまで、個性を出したいときに選びたいですね。最後に、いろいろなデザインのアロマディフューザーを、まとめてご紹介します。

■BRUNO アロマモイスチャー

撮影:Ayaさん

BRUNO「アロマモイスチャー」は、デザインガラスが宝石のような印象のアロマディフューザーです。加湿機能にも優れており、7色のグラデーションライトには、自然なゆらぎを演出するゆらぎライトを採用しているので、視覚でも癒されます。デザインガラスが空間を優雅に彩ってくれますね。

■コロンアロマディフューザー

撮影:yumiさん

Francfranc「コロンアロマディフューザー」は、送風式のアロマディフューザーです。電源はUSB電源と電池の2WAY仕様になっています。95×95mmとコンパクトです。周りに置かれている化粧品の容器たちもオシャレなデザインで、アロマディフューザーが溶け込んでいますね。

■Onlili 陶器 アロマディフューザー

撮影:akkyさん

Onlili(オンリリ) 「陶器 アロマディフューザー」は、カバーが陶器製で、インテリアとしても個性的なアロマディフューザーです。操作はシンプルなので、簡単に扱うことができます。132×132×177 mmとコンパクトなので、置く場所にも困りません。

■ブルーのライトが近未来風 タワー型加湿器

撮影:Jinaさん

「タワー型2WAY加湿器」は、アロマも対応している、超音波加湿器です。ヒーター機能で、温かいミストを出すことも可能です。トップカバーが2種類あり、広範囲にミストを広げられる「ハイタイプ」を使用されているので、広いリビングでも充分潤いますね。ブルーのLEDライトが近未来風でかっこいいです。いかがでしたでしょうか?機能性も良く、インテリアとしてもオシャレなアロマディフューザーがたくさんありましたね。みなさんも、香りでリラックスしたいとき、アロマディフューザーを使ってみてはいかがでしょうか。RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「リビング アロマディフューザー」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!RoomClipの「リビング アロマディフューザー」の写真をもっと見る

執筆:ユキムラ

外部リンク