cat_oa-newswitch_issue_aaf0625f77e7 oa-newswitch_0_aaf0625f77e7_VRゲームを進化させる、直径1m内で無限に歩け続けられる装置 aaf0625f77e7 aaf0625f77e7 VRゲームを進化させる、直径1m内で無限に歩け続けられる装置 oa-newswitch

VRゲームを進化させる、直径1m内で無限に歩け続けられる装置

 広島市立大学の脇田航助教は、仮想現実(VR)ゲーム用の360度方向の歩行入力装置を開発した。腰を囲むドーナツ状のクッションの中に荷重センサーを配置し、移動方向を検出する。歩くように脚を上げた動きを計測して歩行や走行としてVRゲームに入力する。直径1メートル程度の装置の中で無限に歩き続けるようなVR体験ができる。

 VRゲームでは全身の動きを狭いスペースで計測し、コンテンツに反映させることが課題になっている。本当に歩いたり走ったりすると広いスペースが必要になり、ヘッドマウントディスプレー(HMD)などの配線の取り扱いが問題になってくる。

 そのため乗馬やサーフィンのような乗り物に乗せて下半身の動きを制限するコンテンツがアミューズメント施設では主流だった。

 今回、脇田助教は、クッションで腰を囲い、脚を動かしても実際には移動しない計測装置を開発した。クッション内部には腰の高さに荷重センサーが配置され、装置に体重をかけるとその力を検出する。さらに膝の上げ下げを、膝の付け根の高さのセンサーで計測する。膝の角度の計測分解能は5―15度程度。膝を上げ下げする速度を移動速度に反映できる。

 検出システムの部品原価2万円で構成できる。研究用試作ではドーナツ状のクッションや架台が高価になっているが、構造自体はシンプルなため量産機ではコストを抑えられると見込んでいる。

 ベンチャーを立ち上げて事業化する計画。まずは施設用のVRアトラクションに提案する。将来は家庭用の歩行入力システムに展開したい考えだ。

外部リンク

cat_oa-newswitch_issue_aaf0625f77e7 oa-newswitch_0_73a2db526b29_宮崎駿監督を激怒させた「人工生命観察」、技術を開発した企業の正体 73a2db526b29 73a2db526b29 宮崎駿監督を激怒させた「人工生命観察」、技術を開発した企業の正体 oa-newswitch

宮崎駿監督を激怒させた「人工生命観察」、技術を開発した企業の正体

【動作を学習】
アトラクチャー(東京都中央区)は「人工生命」の技術やコンテンツを開発する。ここでの人工生命とは、物理シミュレーター上で動くバーチャルな生き物を指す。ユーザーが餌や訓練環境を与えると、試行錯誤しながら動作を学習していく。


ユーザーとリアルタイムにインタラクション(相互作用)でき、なついたようなしぐさもする。そのため育てたキャラクターに愛着がわく。育成ゲームや人工知能(AI)を学ぶ教材などに提案していく。(取材=小寺貴之)






【確かなニーズ】
「半年でサービスを終えたが、確かなニーズがあると確信できた」と中村政義社長はドワンゴの人工生命観察プロジェクトを振り返る。ドワンゴでは「ARTILIFE」として人工生命の学習や進化を見守る観察ゲームをリリースした。


開発チームのエンジニアが、自分で育てた生命を自慢する姿に「ニッチだが、ハマる人は深くハマる」と自信をもった。サービス自体はドワンゴの経営立て直しの一環で終えたが、手応えは大きかった。


中村社長は学生時代から人工生命の研究を温めてきた。計算資源などAIを支える環境が整い、人工生命もサービスとして成り立つようになった。


人工生命は動作生成と学習を組み合わせ、新しい動作を獲得する。動作の目標や体、訓練環境をユーザーが変えるとリアルタイムに応答するため、言葉ではないコミュニケーションが可能だ。ボールのドリブルや卓球の打ち返しなど、訓練次第で新しい動作を学習していく様子は愛らしい。


ただ観察にハマる人は少数派だ。そこで「動物園のように、さまざまな人工生命を見られるようにしたい。一つひとつはコンテンツとしては弱くても多様性で魅力を出したい」と説明する。


【ファン作り】
同時に技術のライセンスも進める。すぐに実装できるのはゾンビの動作生成だ。ゾンビの手や足が吹き飛んでも、身体に応じてにじり寄る動作をリアルタイムで生成する。


ペット育成ゲームでは開発者が作り込んだ成長シナリオではなく、自然発生的な成長を描ける。


ソーシャルゲームでは、収入やコミュニティーを支えるコア層の確立がカギになる。モンスターや名前を持たないモブキャラクターとして自分の育てた人工生命がデビューすることは、ペットが国際大会で表彰される栄誉に近い。作品の登場人物や物語のファンとは違う、新しいコア層になりえる。バンダイナムコグループのアクセラレータープログラムに採択された。


「当面は売り上げよりもファン作りを優先する。類似の競合が世にないため時間はかけられる」と長期戦を戦う覚悟だ。人工生命をめでる―。少数派であってもコアなファンは計り知れない力を秘めている。

外部リンク

cat_oa-newswitch_issue_aaf0625f77e7 oa-newswitch_0_59c3ad25f147_ゴムのように柔らかく金属のように熱を伝えやすい素材、できました! 59c3ad25f147 59c3ad25f147 ゴムのように柔らかく金属のように熱を伝えやすい素材、できました! oa-newswitch

ゴムのように柔らかく金属のように熱を伝えやすい素材、できました!

産業技術総合研究所と東京大学の研究グループは、ゴムのように柔らかく金属のように熱を伝えやすい性質を兼ね備えた複合材料を開発した。筒状炭素分子「カーボンナノチューブ(CNT)」など2種類の繊維状炭素と、ゴムの原料となるネックレス状の高分子を合わせ実現した。曲げ伸ばし可能な電子デバイスの熱層間材や放熱シート、放熱板などへの応用が期待される。


研究グループは、プラズマによる表面改変技術を利用。高分子への分散が難しかった繊維状炭素の分散性を向上させ、カーボンナノファイバー(CNF)やCNT、環状分子「ポリロタキサン」を含むフィルム状の複合材料を作った。高い熱伝導性と柔軟性を併せ持つことを確認した。




電子顕微鏡画像(産総研提供)



得られた複合材料を電子顕微鏡で観察。きれいに並んだ大きなCNFに小さなCNTが巻き付き、CNFの間をつなぐように分散していることが分かった。少量のCNTがCNF同士をつなぐことで材料全体に熱伝導のネットワークができ、高い熱伝導性を実現したと考えられるという。


次世代の熱伝導性フレキシブル材料として、CNFやCNTの複合材料の開発が進められている。CNTの熱伝導率は高いが、CNFを多く添加すると複合材料の柔軟性が失われるなどの課題があった。成果は国際科学誌コンポジッツ・サイエンス・アンド・テクノロジーに掲載された。

外部リンク

cat_oa-newswitch_issue_aaf0625f77e7 oa-newswitch_0_43831b63bde2_中国のサプライチェーンが乱れる自動車業界、国内工場の生産に影響広がる 43831b63bde2 43831b63bde2 中国のサプライチェーンが乱れる自動車業界、国内工場の生産に影響広がる oa-newswitch

中国のサプライチェーンが乱れる自動車業界、国内工場の生産に影響広がる

トヨタ自動車、日産自動車、ホンダ、マツダが17日、新型肺炎の感染拡大による影響で停止していた中国工場の生産を一部再開した。ただ低水準の稼働に留まるほか、他の日系メーカーを含めまだ停止中の工場があり、生産正常化の時期は見通せない。またサプライチェーン(部品供給網)の混乱が国内工場にも影響を与えており、マツダは一部車種の生産を後ろ倒しした。新型肺炎の影響を織り込み、業績を下方修正する部品メーカーも出てきた。


トヨタは17日、広州市と長春市の2工場で生産を再開し、18日には天津市の工場を再開する計画。従業員が出勤しても生産再開まで至らなかった状況よりは一歩前進した。ただ当面の生産は半分程度に留める方針。豊田章男社長は「人がそれほど集まってくるか分からないし、部品メーカーの状況は動かしてみないと分からないところもある。安心・安全第一でやっていきたい」と話した。


同日、日産とホンダは広州市のそれぞれの工場で、マツダは南京市の工場で一部生産を再開した。マツダは既存の部品在庫を使った対応で一直操業とした。従来は二直だった。また日産は遼寧省、湖北省、河南省の工場の再開は再延期した。


部品メーカーではショーワが17日、広州市の工場で一部生産を再開した。デンソーは中国で徐々に生産を再開する拠点を増やしている。ただ出社できない従業員もおり、フル稼働には至っていない。


中国ではサプライチェーンが一部混乱しており、日本の完成車工場の生産計画に影響を与え始めた。マツダは国内工場で一部車種の生産を後ろ倒しし始めた。ただ「混流生産で柔軟に対応する」(広報担当者)と、現時点では業績に与える影響は想定していない。


日産は国内工場の生産を一部休止した。内田誠社長は13日の決算会見で「今後さらに物流に支障が出るだろう」「生産に支障が出ないよう全体を確認して指揮を執っている」と説明した。


KYBは、顧客の生産や物流に影響が出て2月の業績が落ちると判断し、通期見通しを下方修正した。営業利益の前段階に相当する独自の「セグメント利益」で約21億円の減少要因になるという。



外部リンク

cat_oa-newswitch_issue_aaf0625f77e7 oa-newswitch_0_eef8f6fa2886_デジタル一眼レフで初めて!人物の瞳を優先したAF搭載カメラ誕生 eef8f6fa2886 eef8f6fa2886 デジタル一眼レフで初めて!人物の瞳を優先したAF搭載カメラ誕生 oa-newswitch

デジタル一眼レフで初めて!人物の瞳を優先したAF搭載カメラ誕生

ニコンは、デジタル一眼レフカメラの最上位機種「ニコン D6=写真」を3月に発売する。オートフォーカス(AF)機能を中心に性能や利便性を向上。デジタル一眼レフで初めて人物の瞳を優先したAFも実現した。想定価格は79万8600円(消費税込み)。当初月産台数は約2000台の予定。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で販売・供給が遅れる可能性があるとしている。


フォーカスポイントの配置に縦横3列ずつの「トリプルセンサー配列」を採用したことで、AFセンサー密度が従来機比約1・6倍に向上。被写体の素早い動きも正確に捉える。短距離選手の動きやテニスのスマッシュの瞬間など、構図が決まっている場面の撮影に便利なAFのカスタム設定数を従来の2種類から17種類に拡充した。


新開発のAF専用エンジンも搭載。特定の被写体に焦点を合わせ続ける「AFロックオン」の性能も強化した。


有効画素数は2082万画素。重さは約1450グラム。連写速度は1秒間に約14コマ。有線接続時のデータ転送速度は従来機に比べ約15%上げた。重要な画像を優先的に送信できる機能をはじめ、画像の送信・編集作業での利便性も高めた。遠隔撮影時の盗難を防ぐ「ケンジントンロック」も活用できる。

外部リンク

cat_oa-newswitch_issue_aaf0625f77e7 oa-newswitch_0_46eb51fd78f6_賞味期限90日のパン、香港に自販機設置 46eb51fd78f6 46eb51fd78f6 賞味期限90日のパン、香港に自販機設置 oa-newswitch

賞味期限90日のパン、香港に自販機設置

【名古屋】コモは賞味期限が長い「ロングライフパン」の香港、オセアニアでの事業展開を加速する。香港では専用自動販売機の設置数を、現在の7台から2025年をめどに200台に拡充する。オセアニアでは21年3月期をめどに豪州で販売に乗り出すほか、ニュージーランドで販売網を現地小売店に広げる。25年までに海外の月間売上高を現状比約6・6倍の1000万円に拡大する計画の一環。


香港では大学や公共施設などを対象に専用自販機の設置を広げる。現地では政情不安が続いているが「落ち着き次第、設置数を増やしていく」(木下克己社長)考え。







豪州では日系商社を通じて小売店経由で販売する計画を詰めている。市場性について木下社長は「食と健康に関心がある国。保存料無添加の当社のパンの需要はある」と強調する。


また日系のスーパーマーケット経由で販売しているニュージーランドでは、現地資本の小売店を販売網に加える方針。同国はコモの海外売上高の半分を占める。現地に住む日本人だけでなく現地人向け販売を強化し、さらに事業を伸ばす。


コモのパンは保存料無添加で賞味期限が最長90日と長期保存が利くのが特徴。国内市場が少子高齢化により成熟化する中、海外事業の拡大を重要課題としている。

外部リンク

cat_oa-newswitch_issue_aaf0625f77e7 oa-newswitch_0_0bb7b3ece709_IT企業にとっての財産は従業員、デジタルでスキルを見える化しどう育成するか 0bb7b3ece709 0bb7b3ece709 IT企業にとっての財産は従業員、デジタルでスキルを見える化しどう育成するか oa-newswitch

IT企業にとっての財産は従業員、デジタルでスキルを見える化しどう育成するか

日立システムズは、社員一人ひとりが活躍できる職場環境の整備に力を入れている。社員自らが手を挙げ、希望の業務やプロジェクトに参画する機会の拡大や、個々の社員が持つ知識・スキルを全社で可視化(見える化)する取り組みを始めた。全業種で現場業務に根差したデジタライゼーション(デジタル適用)が加速する中、ITスキルだけでなくお客さまの現場を理解し、業務知識を持つ人財が必要になる。社内のリソース(経営資源)を最大限活用することで、事業の成長と社員の自己実現につなげている。


■「スキルやキャリアを見える化することで高めていける」
生産設備を持たないIT企業にとって、人財が最も重要な経営資源だ。日立システムズでも人財の採用・育成に力を入れている。採用面ではこれまでは新卒採用が中心だったが、2019年度から業務知識や高度ITスキルを持つ人財のキャリア採用にも力を入れている。


「社員が自らの人財価値を再認識し、スキルやキャリアを高めていける環境を整えている」と話すのは人財戦略部の渥美貴彦部長代理。日立システムズではITスキル標準(ITSS)ならびにデータサイエンスやセキュリティ、IoT領域などの新ITSS(ITSS+)に準拠したスキル診断システムを構築し、市場価値の高いプロフェッショナル人財の育成に取り組んでいる。





職種別教育体系図

2020年からは、日立グループ・グローバル人財マネジメント統合プラットフォーム「HiNext」を導入。「グループ・グローバルでの人財情報の可視化」を実現し、「組織力・チーム力の最大発揮」「一人称意識の醸成」を図り、中長期的視点で組織の活性度向上や事業の成長につなげていく。加えて、日立システムズ独自の取り組みとして、顧客業務知識(ドメインナレッジ)を持つ社内人財を可視化する、社内向けBI(ビジネスインテリジェンス)ツール「人財マップ」の活用を始める。約1万人の日立システムズ社員が保有する知識・スキルなどを見える化することで、人財の有効活用や組織・プロジェクトの体制作り、人財育成計画などに役立てる。


渥美部長代理は「現場のデジタライゼーションを推進していくうえで、事業部間の垣根を超えた全社的な連携のスピードを加速させる必要がある。この人財マップを活用すれば、その時々に必要な知識・スキルを持つ人財を瞬時に見つけ出すことができる。社員としても、これまで活用機会がなかった知識・スキルを生かすきっかけにつながる」と期待する。


■現場実習と育成型出向
日立システムズでは、個人の知識・スキルを生かす機会だけでなく、実務に即したさらなるスキル習得ができる環境の構築も強化している。それが現場実習と育成型出向だ。現場実習は、他部署に数カ月間の期間限定で異動し、身につけたいスキルを異動先の職場の案件を通じて習得できるもの。例えば将来的に、部署としてデータサイエンティストを必要とするが、現時点では自部署に案件がない場合がある。そうした場合は、現場実習を活用し、案件のある他部署に異動。実務を通じてデータサイエンティストの知見を吸収できる。異動は期間が短い時で1カ月、長い場合は6カ月にも及ぶ。上長からの提案だけでなく自ら挑戦する機会も与えられている。


一方、育成型出向は日立製作所を含む日立グループに出向できる取り組み。年間5人程度の実績があり、実戦を通じたスキル向上の機会となっている。


このほか、勉強会や専門コミュニティーなど有志が集まり、情報交換や知見の共有、後進の育成などの活動も繰り広げられている。コミュニティーによっては参加の条件として日立グループで決められた資格などが必要なものも存在する。人財教育企画部の佐川差千代担当部長は「自らが進んで学ぶ環境を整えている他に、知識・スキルを共有できるコミュニティーもある。自分の知識・スキルを伸ばし、発信する環境が整っている」と明かす。


人種や性別、年齢、障害の有無に差別されない「ダイバーシティ」の考え方はもちろんのこと、日立システムズでは多様な人財を活用し、新たな価値を創造することで企業の競争力強化を図る。顧客の現場で課題を捉え、解決できる人財の育成を進めている。

<関連記事>

日立システムズ、人手不足補うITで勝負


<関連情報>

人財活用の詳細はこちら

働き方改革の取り組みはこちら

採用情報はこちら

外部リンク

cat_oa-newswitch_issue_aaf0625f77e7 oa-newswitch_0_a81b5f90b9b8_脳卒中の後遺症患者、発声・発音のリハビリ装置 a81b5f90b9b8 a81b5f90b9b8 脳卒中の後遺症患者、発声・発音のリハビリ装置 oa-newswitch

脳卒中の後遺症患者、発声・発音のリハビリ装置

ケアコム(東京都調布市、池川充洋社長、042・485・7111)は、脳卒中後遺症やパーキソン病の患者向けにリハビリ用発声・発話トレーニング装置「スピリハ」を開発した。円状に配置されたランプの点灯と拍子音でテンポを確認しながら、流れる音声の通りに発声・発話を繰り返し練習できる。2020年度にリハビリ施設など5施設、20台の試験導入を目指す。


グループ会社のケア環境研究所(東京都調布市)が、埼玉県総合リハビリテーションセンターの呼び掛けに応じて開発した。同装置はランプと音回路が一体化し、テンポを視覚的・聴覚的に捉えられる。拍子音は高齢者に聞き取りやすい250ヘルツに設定した。


単音、単語、短文テキストの音声が収録され、患者はランプに同調する光と拍子音をたよりにプログラムの難易度を上げながら練習できる。患者が自分で訓練できるよう操作は簡便で、持ち運びやすい手のひらサイズとなっている。


発声・発話が困難な患者にとってゆっくり話すペースをつかむ訓練の需要が高い。これまで患者の話すペースをコントロールする訓練にはメトロノームなどが使われてきた。だが、患者評価を言語聴覚士の技能に依存せざるを得ないという課題があった。今回の装置導入で評価スケールを統一でき、訓練の質の向上が期待される。


リハビリの対象は脳卒中や頭部外傷による脳損傷、パーキンソン病などの神経筋疾患による構音障がいを持つ患者。開発に携わった同センターの言語聴覚士である清水充子さんは「装置を使うことによるリハビリの効果を検証し、訓練の質を向上させるための知見を広めたい」と話す。

外部リンク

cat_oa-newswitch_issue_aaf0625f77e7 oa-newswitch_0_b974770b5aaa_グミなどに使われるチャック付き袋、ゴミの削減に役立つ「ミラクルパック」とは? b974770b5aaa b974770b5aaa グミなどに使われるチャック付き袋、ゴミの削減に役立つ「ミラクルパック」とは? oa-newswitch

グミなどに使われるチャック付き袋、ゴミの削減に役立つ「ミラクルパック」とは?

ミューパック・オザキ(大阪府八尾市、尾崎育子社長、072・991・1505)は、ゴミを出さずに開封しチャックで再度密閉できる「ミラクルパック」を開発し、特許を取得した。チャック付き袋は繰り返し開け閉めでき、中身の持ち運びに便利だが、開封時に袋を破り開けた“長細いゴミ”が発生する。同社は現在、ミラクルパックの市場投入時期を検討している。普及すればゴミの削減に貢献しそうだ。


同社は、プラスチックフィルムの製袋メーカー。チャック付き袋やスライダーポーチを手がける。尾崎社長は「他社にできないことを考え、特許で守る」ことが経営戦略と話す。通常袋の上部にしかない開閉口をどこにでも付けられるようにした「センタースライダー」など、個性的な製品で他社との差別化を図っている。


チャック付き袋は主にグミなどお菓子の販売で使用されている。簡単に開け閉めできる一方で、店頭陳列時に開封され危険物を混入されるといった恐れもある。


そのため一般的なチャック付き袋はチャックの上部を接着しており、商品を袋の下部から充填した後、その部分を接着している。これにより商品を完全密封し、安全性を確保できる。開封時は袋の側面の切り込みから手で破り開ける仕様が一般的だが、長細いゴミが発生する煩わしさがある。


一方、ミラクルパックは袋の最上部にチャックを付け、その下を密閉する構造にした。密閉部は「ハーフカット」という特殊な加工を施した。フィルムを貫通しない程度の細かい切り込みを入れる加工で、これにより密閉部を手で簡単に押し開けられる。


同社で新製品開発を担当する高城竹夫取締役は「ミシン目も考えたが、完全密封ではない。(商品の)安全性確保のため、開けやすいが密封された袋を作るのに苦労した」と明かす。ミラクルパックは自動包装機のテストも実施済み。商品の自動包装で人手不足対応ができる点も訴求する方針だ。(東大阪・友広志保)

外部リンク

cat_oa-newswitch_issue_aaf0625f77e7 oa-newswitch_0_40717e399d35_視覚障がい者のニーズをデザインに取り入れた腕時計、シチズンが発売へ 40717e399d35 40717e399d35 視覚障がい者のニーズをデザインに取り入れた腕時計、シチズンが発売へ oa-newswitch

視覚障がい者のニーズをデザインに取り入れた腕時計、シチズンが発売へ

シチズン時計は視覚障がい者のニーズをデザインに取り入れた腕時計(写真)を3月19日に発売する。ガラス製の上ぶたを開けることができ、文字板や針を触ることで時間を確認できる。企画や開発の段階から多様な人々が関わる「インクルーシブデザイン」の考え方を取り入れており、健常者用の腕時計と同様のデザインや使い方を求める声に応えた。価格は1万4000円(消費税非課税)。


文字のフォントやメッシュバンドで全体的にカジュアルなデザインに仕上げている。大きさはケース径34・9ミリ×厚さ7・5ミリメートル。黒色の文字板に黄色のインデックスを組み合わせており弱視の人でも判読しやすい。バンドの中留め部分にはバンドが意図せず抜けないようにリベットを付けている。


開発にあたり、タイにあるロッブリー複合視覚障がい者学校の在校生や教職員の意見を基に実用性やデザイン性を高めた。同社はタイの盲学校に同製品100本を寄贈する。

外部リンク