「ジャイキリ」×ガンバ大阪がコラボ、ツジトモが達海猛&宮本恒靖監督を描き下ろし

2018年10月8日 14:27 コミックナタリー

綱本将也原案によるツジトモ「GIANT KILLING」とガンバ大阪がコラボレーション。ツジトモが達海猛とガンバ大阪の監督・宮本恒靖を描き下ろした。

今回のコラボレーションは、佳境に入ったJ1リーグの残り試合を「選手・スタッフ・サポーターと一丸になって戦い抜く」というメッセージを発信したいというガンバ大阪の思いに、ツジトモが共感したことから実現したもの。コラボビジュアルのほか、コラボグッズの販売、ノベルティ配布、「GIANT KILLING」の試読、駅やパナソニックスタジアム吹田内のデジタルサイネージでの投影、フォトスポットの設置などが予定されている。

期間は10月20日横浜F・マリノス戦から12月1日の柏レイソル戦まで。なおガンバ大阪のホームスタジアムである大阪・パナソニックスタジアム吹田での試合では、スタジアムで関連企画が開催される。詳細は公式サイトにて確認しよう。

外部リンク

最終回後のあゆ&野宮も「ハチミツとクローバー」未収録エピソードが電子書籍に

2018年12月14日 00:00 コミックナタリー

羽海野チカ「ハチミツとクローバー」の単行本未収録エピソード「やさしい風」と「君は僕のたからもの」が電子化。12月21日に配信される。

「やさしい風」はコーラス2007年1月号(集英社)に掲載。野宮の登場で、商店街のアイドル・あゆを熱烈に慕う浜田山商店街の男たちに転機が訪れる。一方、「君は僕のたからもの」は最終回後のあゆと野宮の関係を描いたエピソード。コーラス2008年3月号にて発表された。どちらも巻末におまけとして、羽海野の「サインデータ付き本作品カバーイラスト」が付く。

(c)羽海野チカ

外部リンク

映画「プリキュア」総作画監督・稲上晃が15年間大切にしてきたテーマとは

2018年12月13日 23:13 コミックナタリー

公開中の「映画HUGっと!プリキュア▽ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」のスタッフによるトークイベントが、本日12月13日に東京のT・ジョイ大泉にて行われた。なお本記事には映画本編に関する内容が多数含まれているので、ネタバレを避けたい方はご注意を。

イベントには本作の監督を務めた宮本浩史、プロデューサーの神木優に加え、脚本を手がけた香村純子、総作画監督と一部キャラクターデザインを務めた稲上晃が登壇。香村と稲上がこうしたトークイベントに出演することは滅多になく、今回の映画についてファンの前で語るのは初めて。貴重な機会に、東映アニメーションのお膝元である大泉の地には多くのファンが駆け付けた。

香村は約1年前には脚本を完成させていたということで、「(ファンの)みなさんと同じような目線で、できあがったものを見たような感覚だったのですが、最後に私が出した脚本から更に素晴らしいものに仕上げていただいて。その結果がちゃんとヒットにつながっていて、素晴らしいと思いました」と話す。すると神木が「試写会に来ていただいたとき、香村さんがボロボロ泣きながら出てきて。『いや、内容知ってるでしょ!?』『あなたの書いたセリフですよ!?』って(笑)」とツッコミを入れたというエピソードを明かし、観客からも笑いが起こる。

初代「ふたりはプリキュア」のキャラクターデザインを務めた稲上は「15年前に鷲尾(天)プロデューサーと西尾(大介)監督と、前の大泉スタジオの狭い部屋で3人で話していた、それがまさか15年後こんな形になっているとは、夢にも思っていなかった」と感慨深げな様子を見せ、「15周年の節目に自分に(総作画監督の)お話が来たときは『これはやらなきゃ』という思いだけで『ハイ』って言っちゃって(笑)」と続ける。敵キャラ・ミデンに小さな姿に変えられてしまった“ベビープリキュア”の設定画をすべて手がけた稲上は、「それぞれのプリキュアの特徴も踏まえつつ、パーツを省略したり、差し色を残しつつかわいくシンプルに……というのが1体1体ありまして、大変でした」と苦労を明かした。

そんな稲上の仕事ぶりに関して宮本は「『髪の毛が大きすぎるキャラは、なるべく(髪の毛を)小さくしてください』って無茶をお願いしてしまい、それでもあれだけかわいくしてくださって。(デザインが)上がってくるたびに『さすが稲上さんだな』と感激していました」と絶賛。神木も「稲上さんは、このキャラクターを作るのに当時どのくらいの労力がかかって、どのくらいの思いがあったのか、1人1人(のプリキュア)が当時のスタッフにどれだけ愛されていたのか、ということをきちんと分かった上で向き合ってくださっている」と語った。またプリキュアたちが小さな姿に変えられてしまう展開は、香村の発案だったという。香村は「記憶を失う、というのが小さい子にはわかりづらいと思ったので、わからなくても楽しめるような見た目で、でも意味のわかる年齢になったらちゃんとお話の筋として通るように」とアイデアの意図を明かした。

最後に司会から「ぜひここは注目してほしい」ポイントを尋ねられ、香村は「この映画は『はなちゃんのお話』だと、そこは通さなきゃいけないと思って作ったので、はなちゃんの見せ場に注目してほしいです」とコメント。稲上は、「なぎさが『私たちはプリキュアである前に、普通の中学生の女の子だよ』といったセリフを言うところがあるんですけど、それは『プリキュア』を始めたときから大切にしてきたテーマなんです。自分はずっとそういう思いで『プリキュア』シリーズに関わってきました」と、初代から携わってきた者ならではの思いを明かした。

神木は「今日ならではということで、スタッフロールに名前のあるたくさんの人たちは、この(大泉の)地で一生懸命作ったんだということを感じてもらえたら」と集まったファンに語りかける。最後に宮本は「1つ目は林先生が“ハム演説”って命名してくださったところ」と、劇中でハリハム・ハリーが観客に呼びかけるシーンを挙げ、「ミラクルライトを持っているっていうのはあくまで比喩で、アイテムとして物理的に持ってはいなくても、みなさんが“思い出”を持っているっていうことを感じていただきたい」と呼びかけた。

2点目として宮本は稲上が挙げたなぎさのセリフに触れ、「尺の都合で削らなければいけない部分をジャッジしていく中で、稲上さんが『このセリフは残してほしい』とおっしゃって。実はこのセリフは、僕と神木さんが最初に『プリキュア』に携わるときに、鷲尾さんから『ここは守ってほしい』と最初に言われたテーマのひとつだったんです」と明かす。そして「見てくださった方の感想でも、このセリフが刺さったという方がたくさんいらっしゃって、本当に残してよかったと思いますし、稲上さんが気持ちをぶつけてくださってよかったと思っています」と語り、イベントを締めくくった。

(c)2018 映画HUGっと!プリキュア製作委員会

外部リンク

クリスマス&元日はヒプマイ特集!一二三と独歩が「アニニャン!」に登場

2018年12月13日 22:37 コミックナタリー

ラジオ番組「ハライチ岩井勇気のアニニャン!」が、12月25日と2019年1月1日の放送回で「ヒプノシスマイク特集」を展開。ゲストとして木島隆一、伊東健人が出演する。

「ヒプノシスマイク」は男性声優によるキャラクターラッププロジェクト。木島はシンジュク・ディビジョン「麻天狼」に所属するキャラクター・伊弉冉一二三役を、伊東は同じく音坂独歩役を担当している。「ヒプノシスマイク」のファンを公言するパーソナリティの岩井勇気(ハライチ)は、Twitterで「一二三と独歩が来るよー!」とコメント。公式サイトのお知らせには「浮かれ気分の年末を吹き飛ばす、力強い内容をお届けします。(強気)」というメッセージが掲載された。番組では「ヒプノシスマイク」に関する質問も受け付けている。

「ハライチ岩井勇気のアニニャン!」

ヒプノシスマイク特集
放送日時:2018年12月25日(火)21:00~21:30、2019年1月1日(火・祝)21:00~21:30
放送局:TBSラジオほか
パーソナリティ:岩井勇気(ハライチ)
ゲスト:木島隆一、伊東健人

外部リンク

「ヒプノシスマイク」The Dirty Dawgの楽曲ついに登場!麻天狼の優勝記念CDに収録

2018年12月13日 22:00 コミックナタリー

2019年2月27日にリリースされる「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」の麻天狼による優勝記念CDに、カップリングとしてThe Dirty Dawgの楽曲が収録されることが発表された。

昨日12月12日に、今春より展開されていたユーザー参加型企画「Battle Season」の「優勝発表會」が開催された「ヒプノシスマイク」。ユーザーによる投票の結果、シンジュク・ディビジョン「麻天狼」が優勝を飾り、2月27日にはZeebraが楽曲制作を担当する優勝記念CDが発売されることが告知されていた。

このたびカップリングに登場するThe Dirty Dawgは、各ディビジョンのリーダーである山田一郎、碧棺左馬刻、飴村乱数、神宮寺寂雷が組んでいた伝説のチーム。彼らの楽曲がCDに収録されるのは今回がシリーズ初となる。CDには楽曲に加え、麻天狼、The Dirty Dawgそれぞれのドラマトラックも収録予定。

なお店舗別購入特典として、アニメイトでは56mmキラキラ缶バッジとステッカー、タワーレコードではポストカード2枚セット、HMVではA4クリアファイルとL判ブロマイド、TSUTAYAではB3ポスターカレンダー、ゲーマーズでは56mm缶バッジとL判ブロマイド、KING e-SHOPでは40mmスクエア缶バッジ2個セットが用意。詳細は「ヒプノシスマイク」公式サイト、もしくは各店舗の公式サイトにてチェックしよう。

外部リンク

「鬼灯の冷徹」のパズルゲームアプリ事前登録開始、安元洋貴のコメント動画も

2018年12月13日 21:21 コミックナタリー

江口夏実原作によるアニメ「鬼灯の冷徹」を題材にしたスマートフォン向けパズルゲーム「鬼灯の冷徹~地獄のパズルも君次第」の事前登録が、本日12月13日に開始された。

タイトーにより制作されるこのゲームアプリでは、地獄を舞台に愉快な仲間たちと楽しい日々を送る鬼灯たちのストーリーが楽しめる。またゲーム内のキャラクターボイスを、アニメ「鬼灯の冷徹」のキャスト陣が担当することも明らかに。ゲームの公式YouTubeチャンネルでば鬼灯役の安元洋貴による録りおろし音声コメントが公開されているので、合わせてチェックしよう。

またゲームの公式Twitterでは、事前登録開始を記念したキャンペーンを開催中。登録人数に応じ、「地獄のパズル★4鬼灯」といったアイテムが事前登録の報酬として受け取れる。詳細は公式Twitterにて確認を。「鬼灯の冷徹~地獄のパズルも君次第」の配信時期は2019年春を予定している。

出典: YouTube

(c) TAITO CORPORATION 2018 ALL RIGHTS RESERVED.
(c)江口夏実・講談社/「鬼灯の冷徹」第弐期製作委員会

外部リンク

ハルタ購入特典に「北北西に曇と往け」クリアファイル、「ハクミコ」豆本も付属

2018年12月13日 21:11 コミックナタリー

ハルタVol.60(KADOKAWA)は12月15日に発売。対象書店では本誌の購入者に、特典として入江亜季「北北西に曇と往け」のクリアファイル3点セットをプレゼントする。

「北北西に曇と往け」はアイスランドを舞台に、不思議な能力を持つ17歳の探偵・御山慧が、失踪した弟を探す物語。単行本は2巻まで発売中で、3巻は2019年1月15日に発売される。このたびの特典はチケットケース、パスポートケース、A4クリアファイルがセットになったもの。特典を配布してる店舗の一覧は、ComicWalkerのお知らせページで確認しよう。

今号ではさらに、綴じ込み付録として「『ハクメイとミコチ』豆本」が付属。AからZまでの英単語を「ハクメイとミコチ」の世界に沿って紹介する、小さなアルファベットブックとなっている。裏表紙に「Auto Smith」を連載中の大上明久利は、新連載「極東事変」を始動。戦後の日本を舞台に、不死の少女と帰還兵のバディを描く。庄司創、namoも特別読切で登場した。一部書店では本誌の購入者に、有志の編集者が集い刊行している小冊子「青騎士」の第5弾を配布。今回の青騎士にはハルタ編集部と月刊ASUKA編集部に加え、電撃マオウ編集部が参加している。

ハルタVol.60 掲載作品

長蔵ヒロコ「煙と蜜」
中西芙海「巨人暮らしのススメ」
大上明久利「極東事変」
大窪晶与「ヴラド・ドラクラ」
九井諒子「ダンジョン飯」
宮永麻也「ニコラのおゆるり魔界紀行」
庄司創「モップゥ」
原鮎美「はなやっこ」
黒川裕美「夕凪に舞え、僕のリボン」
間間戸淳「鞄工房日記」
大槻一翔「欅姉妹の四季」
渋谷圭一郎「山田運送株式会社」
高橋那津子「昴とスーさん」
嵐田佐和子「青武高校あおぞら弓道部」
入江亜季「北北西に曇と往け」
佐々大河「ふしぎの国のバード」
空木哲生「山を渡る-三多摩大岳部録-」
なかま亜咲「漲り! ファットマン」
大武政夫「ヒナまつり」
佐野菜見「ミギとダリ」
樫木祐人「ハクメイとミコチ」
namo「マーフィーの法則に関する考察」
柴田康平「レキヨミ」
山本ルンルン「サーカスの娘オルガ」
森薫「乙嫁語り」
松本水星「燕のはさみ」
犬童千絵「碧いホルスの瞳-男装の女王の物語-」
加藤清志「アーサー」
高橋拡那「ゲームしたっていいじゃん」
中村哲也「キツネと熊の王冠」
佐藤春美「つきたて! 餅小町」
山田果苗「東京城址女子校生」
設楽清人「忍ぶな! チヨちゃん」
浅井海奈「ダイオミード島へようこそ」
福島聡「バララッシュ」
近藤聡乃「A子さんの恋人」
大上明久利「Auto Smith」
カバーイラスト&カバーストーリー:柴田康平

外部リンク

ガリ勉女子がハイスペック男子に心乱される…「とろける紬ちゃん」1巻

2018年12月13日 20:56 コミックナタリー

るかな「とろける紬ちゃん」1巻が、本日12月13日に発売された。

「とろける紬ちゃん」は、自分には勉強しか取り柄がないと思っているガリ勉の女子高生・広瀬紬と、勉強もスポーツも難なくこなすクラスの人気者・西尾諒を描くラブコメディ。第一志望の高校に入学した紬は、入試全教科満点だった西尾にライバル意識を燃やしていた。しかし西尾は、なぜか紬に興味を示して……。本作は別冊フレンド(講談社)にて連載中。

外部リンク

「刀剣乱舞」蜻蛉切、五虎退、石切丸、大包平をイメージしたコラボ腕時計が登場

2018年12月13日 20:53 コミックナタリー

刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」より、蜻蛉切、五虎退、石切丸、大包平をイメージしたコラボ腕時計がSuperGroupiesより発売される。

蜻蛉切モデルは、ダークトーンのカラーリングで大人っぽい仕上がりに。盤面には腰の甲冑をイメージしたモチーフと、梵字の模様がデザインされ、八角形のケースで個性的に仕上げられた。また五虎退モデルは、髪色と服装をイメージしたホワイトとネイビーの配色で、シンプルで華奢なデザインに。編み上げベルトがかわいらしさを演出している。

ブラックのスクエアケースがクールな印象を与える石切丸モデルは、盤面に石切丸が刀から下げているモチーフをデザイン。そして大包平モデルは、ブラックを基調にレッドがアクセントとしてちりばめられ、服装の装飾をイメージしたインデックスもポイントだ。

価格は税込各1万4904円。明日12月14日12時から2019年1月6日まで予約を受け付け、アイテムは2019年6月下旬ごろに届けられる。

(c)2015-2019 DMM GAMES/Nitroplus

外部リンク

組長を祖父に持つ女子高生と過保護な若頭を描く、はつはる新連載「お嬢と番犬くん」

2018年12月13日 20:34 コミックナタリー

はつはるの新連載「お嬢と番犬くん」が、本日12月13日発売の別冊フレンド2019年1月号(講談社)にてスタートした。

「毎日キスしていいですか?」のはつはるが描く本作は、ヤクザの組長を祖父に持つ女子高生・瀬名垣一咲と、過保護な組の若頭・宇藤啓弥を描くラブコメディ。家庭の事情で周りから恐れられてきた一咲は、普通の青春を夢見て地元から離れた高校への進学を決める。しかし、幼い頃から一咲を見守ってきた過保護な若頭・啓弥が、年齢詐称して一咲の高校に裏口入学してしまう。一咲に変な男が近づかないように守るという啓弥だが、一咲は昔から啓弥に片思いしていて……。

そのほか今号では、あなしん原作による実写映画「春待つ僕ら」より、浅倉永久役の北村匠海(DISH//)、若宮恭介役の磯村勇斗、多田竜二役の杉野遥亮、宮本瑠衣役の稲葉友、神山亜哉役の小関裕太によるグラビアとインタビューを収録。また南波あつこ「カモナ マイハウス!」1巻の発売を記念し、俳優の水石亜飛夢と南波の対談や水石撮りおろしグラビアも収めらた。

外部リンク