「アイアムアヒーロー」の花沢健吾が女たち描く新連載、浅野いにお読み切りも

「アイアムアヒーロー」の花沢健吾による新連載が、7月27日発売のビッグコミックスペリオール16号(小学館)で開幕。本日6月8日発売の同誌13号にて発表された。

タイトル未定となる新連載。セーラー服姿の少女のイラストと、「わたしはまだ『男』を知らない。」という煽り文とともに告知された。花沢が紡ぐ“女たち”の物語に期待しておこう。

なお8月24日発売の同誌18号には、浅野いにおの新作読み切り「TEMPEST」が掲載予定。さらに6月22日発売の14号では茸本朗原作による横山ひろと「僕は君を太らせたい!」、7月13日発売の15号では原克玄「ハラストレーション」、8月10日発売の17号では西野杏「戦うグラフィック」、9月14日発売の19号では鷹巣☆ヒロキ「東京侵略 JK星人の妄想(仮)」といった新連載が続々とスタートする。

外部リンク

映画「愛しのアイリーン」を内田春菊が劇場で鑑賞「衝撃で言葉にできる自信ない」

新井英樹原作による映画「愛しのアイリーン」の公開を記念したトークイベントが、去る9月23日に東京・渋谷のシネクイントにて開催された。


この日の登壇者は吉田恵輔監督と、直木賞候補となったベストセラー小説「ファザーファッカー」や、ドラマ化もされた「南くんの恋人」などで知られる内田春菊の2人。前日に東京・TOHOシネマズシャンテでもトークイベントを行った吉田は「昨日の日比谷とは客層が全然違っていて。今日は渋谷なのでまだ大丈夫かな(笑)」と本作の過激な一部描写を取り上げ、ほっとした表情で会場を見渡す。

2006年の内田が審査員を務めたゆうばり国際ファンタスティック映画祭で、吉田が自主制作の映画「なま夏」を出品したことがきっかけで互いに知り合い、本作のパンフレットにコメントを寄稿した内田。「スクリーンで観たのは今日が初めてで、パンフレット寄稿にあたってDVDをお借りして家で観ていたんだけど、イヤホンジャックが外れていて高校生の息子に『母さん、何観ているの……?』と言われちゃって(笑)」と語る。また「こんな登壇の直前に観たのは失敗でした。衝撃が強くて受け止めるのに精一杯。このすごさをすぐにちゃんと言葉にできるか自信がない」と、率直な感想を伝えた。

内田は本作で主人公・岩男の母・ツル役を務めた木野花とも交流があるそうで「木野さんとは仲良しなのだけど、途中で心配になった」とコメント。吉田も撮影中は「普段は穏やかで優しいお母さんのようなのにカメラが入ると豹変するから、原作の新井先生も唯一声をかけられなかった」と明かした。

最後に前日のイベントにも登壇したアイリーン役のナッツ・シトイと、岩男のお見合い相手・真嶋琴美役を務めた桜まゆみがステージに登壇。ナッツは「観てくれてありがとうございます」、桜は「数ある映画の中から観てくれてありがとうございます。もっと観てほしいので皆さんの力を貸してください」と呼びかけ、イベントは幕を閉じた。

(c)2018「愛しのアイリーン」フィルムパートナーズ

外部リンク

中国で話題の冒険アクションが日本上陸!混迷した隋を舞台に、賞金稼ぎの活躍描く

許先哲の単行本「ヒョウ人 -BLADES OF THE GUARDIANS-」1巻が、本日9月25日に発売された。

同作は隋時代の中国を舞台に、謎多き賞金稼ぎ・刀馬の活躍を描くアクション活劇。中国のアプリ・新漫画にて連載中で、書籍化してわずか3カ月で100万部を達成するなど、大ヒットを記録している。日本では少年画報社のマンガアプリ・マンガDXにて、翻訳版が連載中。単行本には描き下ろしエピソードも収録された。

※ヒョウはかねへんに票が正式表記。

「コナン 天空の難破船」コミカライズがサンデーSで、バーボンのグラフィグも

本日9月25日発売の少年サンデーS11月号(小学館)では、劇場版「名探偵コナン 天空の難破船」のコミカライズ連載がスタートした。作画は阿部ゆたか、丸伝次郎が務めている。

「名探偵コナン 天空の難破船」は、劇場版「名探偵コナン」シリーズの第14作目にあたる作品。コナンら一行が乗る豪華飛行船を狙う怪盗キッドだが、飛行船にはバイオテロ犯による魔の手が迫っていた。なお今号には「名探偵コナン」安室透グラフィグの第3弾として「バーボンVer.」が付属している。

外部リンク

月アクにNewヒロイン、キュートな侵略宇宙人とちょっと危険なヤりたがりガール

伊藤伸平「地球侵略少女アスカ」、奈月ここ「ヤるなよヤるなよ絶対ヤるなよことりちゃん」という2本の新連載が、本日9月25日発売の月刊アクション11月号(双葉社)にてスタートした。

「地球侵略少女アスカ」は女子高生・槇野アスカとして地球に潜伏する、自称“悪の侵略星人”アスカ・デクス・マキナの生活を描く物語。アスカは目立たぬよう“フツウ”の暮らしを心がけながら、友人と放課後にクリームあんみつを堪能したり、数学のテストに頭を悩ませたりしながら過ごしていた。だが穏やかな日常は、アスカの友人にある異変が起きたことから崩れ去る。


一方の「ヤるなよヤるなよ絶対ヤるなよことりちゃん」は、“ダメ”と言われるとついやりたくなってしまう、特殊な癖を持った少女・ことりが主人公。ある風の強い日、母親から「短いスカートみたいに危ない格好してっちゃダメよ」と警告されたことりは……。

そのほか今号では、月刊のアクションで連載されていたOYSTER「超可動ガールズ」が、本誌に移籍して連載をスタート。次号ではさとうユーキと岬千皓が新連載を始める。

外部リンク

清原なつのがかつての愛猫の視点から自身の半生描いたコミックエッセイ

清原なつのの新刊「じゃあまたね」が、本日9月25日に発売された。

「じゃあまたね」は清原が子供の頃に飼っていた愛猫・タイガーの視点から自身の半生を描いたコミックエッセイ。清原がタイガーと出会った小学生時代から大学受験を控えた高校時代まで、1967年から1974年までのエピソードが収録されている。本作はぷら@ほ~むやねこねこ横丁にて発表された。なおねこねこ横丁では、現在本作の第2部が連載されている。

外部リンク

人から疎まれる妖が世界変える、りぼん連載のハートフルストーリーが単行本に

熊乃すずの初単行本「ヒーローのいない世界」が、本日9月25日に発売された。

「ヒーローのいない世界」は、山の中で人間から隠れて暮らす妖のしばまるを主人公に描くハートフルストーリー。人の姿に「変化(へんげ)」する術を練習するもうまくいかないしばまるは、「変化」の力を使って人里に降り食料を調達してくる兄・くろまるのお陰でなんとか毎日を過ごしていた。そんなある日、くろまるはとある理由で命を落としてしまう。悲しみに暮れるしばまるだったが、妖が人間から疎まれる世界を変えようと動き出す。本作はりぼん(集英社)にて連載された。

「結婚指輪物語」7巻に特典多数、鬼頭明里&佐藤巧ら登場するVR版の新PVも

めいびい「結婚指輪物語」7巻が、本日9月25日に刊行された。

月刊ビッグガンガン(スクウェア・エニックス)にて連載中の「結婚指輪物語」は、異世界で幼なじみのヒメと結婚し「指輪王」となった主人公・サトウを描くラブコメファンタジー。7巻では深淵王を倒すため、5人の花嫁と一緒にエルフの国を訪れたサトウだが、そこで先代の指輪王の真実を聞かされるとともに、姫たちと密室に閉じこめられてしまう。外に出るためにはある条件が必要で……。各書店では7巻の購入者に特典を用意している。またデジタル版7巻を各電子書店にて購入した人には、特典のイラストデータが付与される。

なお「結婚指輪物語」題材としたVRコンテンツ「結婚指輪物語VR」が、Oculus Storeにて配信中。本日9月25日にはHTC Vive版も配信開始となった。また新たに公開されたPVでは、「結婚指輪物語VR」のプロジェクトリードを務めた曹家栄氏、ヒメ役を演じた鬼頭明里、サトウ役を演じた佐藤巧によるインタビューが収められている。

出典: YouTube

「結婚指輪物語」7巻 店舗別購入特典

アニメイト各店:ミニ色紙
ゲーマーズ各店:ブックカバー
とらのあな各店(一部店舗除く):クリアファイル
メロンブックス各店:クリアファイル
文教堂・アニメガ各店(一部店舗除く):イラストカード
WonderGOO各店(一部店舗除く):ポストカード

デジタル版「結婚指輪物語」7巻 特典配布電子書店

BookLive!、BOOK☆WALKER、DMM.com、eBookJapan、Renta!、アニメイトブックストア、コミックシーモア、コミなび、どこでも本屋さん、紀伊國屋書店Kinoppy、漫画全巻ドットコム

外部リンク

「さんかれあ」のはっとりみつる、離島舞台の新連載を別冊ドラゴンエイジで開始

「さんかれあ」のはっとりみつるによる新連載「かいじゅう色の島」が、本日9月25日発売の別冊ドラゴンエイジVol.5(KADOKAWA)にてスタートした。

「かいじゅう色の島」は、離島を舞台にした青春ストーリー。生まれてから一度も自分の住む島から出たことがない女子中学生・千川棔(ちがわこん)は、同世代の子がみんな恋をしているのに、自分にはまだその感情がわからないことにコンプレックスを抱いている。そんな彼女が、崖の上で涙を流している女性を見つけ声をかけたことから物語は動き出す。

なお今号には、別冊ドラゴンエイジと月刊ドラゴンエイジ(KADOKAWA)作品の描き下ろしポストカード計16枚が収められた「ぽかぽか温泉ポストカードブック」が付属している。

出典: YouTube

外部リンク

「Gメン」小沢としおのサスペンス&石黒正数「フルット」がヤンチャンに掲載

小沢としおによる読み切り「選ばれた男」が、本日9月25日発売のヤングチャンピオン20号(秋田書店)に掲載されている。

「選ばれた男」は、暴れる巨漢を捉えた男が、刃物を持った少女に「刺せっ!!」と指示する場面から始まるサスペンス。警察が男に話を聞くと、彼は無差別殺人に遭ったあと、その記憶を引き継いだまま殺される少し前に時間が戻る体験を何度もしているというが……。「Gメン」「ナンバMG5」など、不良マンガを多く手がけてきた小沢による新境地に期待しよう。

このほか今号には石黒正数の読み切り「木曜日のヤングフルット」も掲載。こちらは石黒が週刊少年チャンピオン(秋田書店)に連載している「木曜日のフルット」の出張版だ。なお、この2本の読み切りは「ヤングチャンピオン創刊30周年記念読み切り」と銘打たれている。

外部リンク