cat_oa-natalie-comic_issue_12300978a363 oa-natalie-comic_0_12300978a363_全国書店員が選んだおすすめマンガ2019、1位は芥見下々「呪術廻戦」 12300978a363

全国書店員が選んだおすすめマンガ2019、1位は芥見下々「呪術廻戦」

2019年2月1日 15:17 コミックナタリー

日本出版販売が主催する「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」より、一般部門のランキングベスト15が発表。1位には、芥見下々「呪術廻戦」が選ばれた。

続く2位はおおのこうすけ「極主夫道」がランクイン。3位にはマツキタツヤ原作による宇佐崎しろ「アクタージュ act-age」、4位には賀来ゆうじ「地獄楽」、5位には梅村真也原作・フクイタクミ構成・アジチカ作画「終末のワルキューレ」が選出された。またラノベ文芸コミック部門では、伏瀬原作による川上泰樹「転生したらスライムだった件」をはじめとする5作品が入賞。ランキングの詳細は記事末のリストにて確認を。

全国1100名の書店員から投票が寄せられた「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」。2月4日発売の日経エンタテインメント!3月号(日経BP社)には同ランキングの特集記事が展開され、ランクイン作品の見どころや書店員からの応援コメント、マンガに精通する日販社員による座談会の様子などが掲載される。

全国書店員が選んだおすすめコミック2019

一般部門
1位:芥見下々「呪術廻戦」(集英社)
2位:おおのこうすけ「極主夫道」(新潮社)
3位:マツキタツヤ原作、宇佐崎しろ漫画「アクタージュ act-age」(集英社)
4位:賀来ゆうじ「地獄楽」(集英社)
5位:梅村真也原作、アジチカ作画「終末のワルキューレ」(徳間書店)
6位:青山剛昌原案協力、新井隆広「名探偵コナン ゼロの日常」(小学館)
7位:桜井海「おじさまと猫」(スクウェア・エニックス)
8位:石ノ森章太郎原作、佐藤まさき漫画「風都探偵」(小学館)
9位:田村由美「ミステリと言う勿れ」(小学館)
10位:森野萌「花野井くんと恋の病」(講談社)
11位:小西明日翔「来世は他人がいい」(講談社)
12位:泉光「図書館の大魔術師」(講談社)
13位:松本ひで吉「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」(講談社)
14位:青山剛昌原案、かんばまゆこ「名探偵コナン 犯人の犯沢さん」(小学館)
15位:明智憲三郎原案、藤堂裕漫画「信長を殺した男」(秋田書店)

ラノベ文芸コミック部門
伏瀬原作、川上泰樹漫画・漫画原作「転生したらスライムだった件」(講談社)
江口連原作、赤岸K漫画「とんでもスキルで異世界放浪メシ」(オーバーラップ)
Roy原作、蘭々漫画「神達に拾われた男」(スクウェア・エニックス)
進行諸島原作、肝匠&馮昊(FriendlyLand)漫画「失格紋の最強賢者」(スクウェア・エニックス)
山口悟原作、ひだかなみ漫画「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」(一迅社)

外部リンク

cat_oa-natalie-comic_issue_12300978a363 oa-natalie-comic_0_78530ecb1efe_死闘の最中でも腹は減る!デスゲーム×グルメ描く「デスゲーム飯」1巻 78530ecb1efe

死闘の最中でも腹は減る!デスゲーム×グルメ描く「デスゲーム飯」1巻

2019年4月21日 19:41 コミックナタリー

アオイセイ原作、仁藤楓作画「デスゲーム飯」1巻が双葉社より発売された。

「デスゲーム飯」は密室、水攻め、無人島サバイバルなど、さまざまなシチュエーションでデスゲームを行う人々を主人公とした物語。1人、また1人と減っていく死闘の最中でも、お腹が空くという人間の性には抗えず、豚丼、冷やし中華、ボタン鍋などの食事を摂る姿が描かれていく。2巻は今秋発売予定。

外部リンク

cat_oa-natalie-comic_issue_12300978a363 oa-natalie-comic_0_7ae06959a555_目指せ汚名返上!RPGキャラがアドリブ劇でシナリオ進める「クソゲーって言うな!」 7ae06959a555

目指せ汚名返上!RPGキャラがアドリブ劇でシナリオ進める「クソゲーって言うな!」

2019年4月21日 18:32 コミックナタリー

おもちさん原作、野愛におし作画「クソゲーって言うな!」1巻が双葉社より刊行された。

「クソゲーって言うな!」はRPGの世界の中を舞台としたドタバタコメディ。現実世界で自分たちのゲームが“クソゲー”と評価されていることを知ったRPGのキャラクターたちは、勇者役のリーディスを中心に、汚名返上のため自らのアドリブでシナリオを変えていくことを決意する。電源がオフになるたび作戦会議を重ねるリーディスたちだが、プレイ中は言い間違いなどもすべてシナリオに反映されてしまうため、どんどん物語が暴走していく。

外部リンク

cat_oa-natalie-comic_issue_12300978a363 oa-natalie-comic_0_544abaa521da_ポケモン×Palnart Poc、ピカチュウやイーブイがハンドメイドアクセサリーに 544abaa521da

ポケモン×Palnart Poc、ピカチュウやイーブイがハンドメイドアクセサリーに

2019年4月21日 17:41 コミックナタリー

「ポケットモンスター」をモチーフにしたアクセサリーが、アクセサリーブランドのPalnart Poc(パルナートポック)から発売される。

ラインナップされたのは全8アイテム。チェーンにぶら下がるピカチュウがかわいいピアスや、ケチャップを抱えてにっこり笑うピカチュウのネックレス、ピンクの花に囲まれたイーブイのリングに加え、ピカチュウ、イーブイ、シャワーズ、サンダース、ブースターのブローチが用意され、すべてハンドメイドで作られている。

「ポケットモンスター」コラボアイテムは4月26日より東京・サタディコメットバイブラフシューペリア新宿ルミネエスト店、キデイランド原宿店、公式オンラインショップにて販売。なおコラボアイテムを合計6480円以上購入すると、先着合計200名にクリアファイルがプレゼントされる。

外部リンク

cat_oa-natalie-comic_issue_12300978a363 oa-natalie-comic_0_3a268809504e_まんきつが小山健らとサウナのハナシ、当日は入浴し放題 3a268809504e

まんきつが小山健らとサウナのハナシ、当日は入浴し放題

2019年4月21日 16:37 コミックナタリー

まんきつのトークイベント「マンガのハナシ vol.5:サウナのハナシ」が、5月18日に埼玉・湯乃泉草加健康センターで開催される。

マンガ家を招き、毎回テーマに沿った話題を繰り広げる「マンガのハナシ」。第5回では「湯遊ワンダーランド」3巻の発売を5月30日に控えるまんきつが、サウナ好きの小山健、田房永子、高野政所といったゲストたちとトークを繰り広げる。なお当日は草加健康センターの宴会場が貸切に。チケット料金には食事代も含まれており、また来場者は10時から27時まで自由に入浴できる。チケットはPeatixで販売中だ。

マンガのハナシ vol.5:サウナのハナシ

日時:2019年5月18日(土)開場10:00~、開演18:00~、終演21:00 ※27:00まで入浴可能
会場:草加健康センター
料金:女性税込5000円、男性税込7000円、小学生税込2000円
出演:まんきつ、小山健、田房永子、高野政所

外部リンク

cat_oa-natalie-comic_issue_12300978a363 oa-natalie-comic_0_2aec1a01c76e_「ジョジョ」ケンコバ&野性爆弾くっきーが第3部の舞台を巡礼する新番組 2aec1a01c76e

「ジョジョ」ケンコバ&野性爆弾くっきーが第3部の舞台を巡礼する新番組

2019年4月21日 14:58 コミックナタリー

荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険」を題材にした番組「ケンドーコバヤシ&野性爆弾くっきー JoJoジャーニー」が、dTVチャンネルのひかりTVチャンネル+にて4月27日より隔週土曜日19時30分から放送される。

「JoJoジャーニー」にはその番組名通り、ケンドーコバヤシと野性爆弾のくっきーが出演。2人は「ジョジョの奇妙な冒険」の単行本を片手に、第3部「スターダストクルセイダース」で承太郎たちが旅した場所を巡礼しながら紹介していく。

「ケンドーコバヤシ&野性爆弾くっきー JoJoジャーニー」

2019年4月27日(土)より隔週土曜日19:30~20:00放送
放送局:dTVチャンネル ひかりTVチャンネル+
出演:ケンドーコバヤシ、野性爆弾くっきー

外部リンク

cat_oa-natalie-comic_issue_12300978a363 oa-natalie-comic_0_a628137e0eb2_精霊の魂を天へと還す「送魂の少女と葬礼の旅」1巻、帯でヤマザキコレが推薦 a628137e0eb2

精霊の魂を天へと還す「送魂の少女と葬礼の旅」1巻、帯でヤマザキコレが推薦

2019年4月21日 12:41 コミックナタリー

路那「送魂の少女と葬礼の旅」1巻が発売された。帯には「魔法使いの嫁」のヤマザキコレが推薦文を寄せている。

「送魂の少女と葬礼の旅」は、死んだ精霊の魂を天へと送る送儀師の少女・アルピの旅を描くファンタジー作品。精霊は大地に恵みをもたらす貴重な存在だが、死ぬと遺体に閉じ込められた魂がもがき、大地を枯らす呪いを振りまくため人々の悩みの種ともなっていた。アルピは、呪いにその身を焼かれながらも苦しむ精霊を救うため儀式に臨む。同作は月刊コミックゼノン(徳間書店)のWebマンガサイト・WEBコミックぜにょんで連載中。

外部リンク

cat_oa-natalie-comic_issue_12300978a363 oa-natalie-comic_0_a6188080a4b1_食べることは重要な自然観察、航海士ダンピアの冒険を食テーマで描く新連載 a6188080a4b1

食べることは重要な自然観察、航海士ダンピアの冒険を食テーマで描く新連載

2019年4月21日 11:22 コミックナタリー

トマトスープによる新連載「ダンピアのおいしい冒険」が、Webメディアのマトグロッソ(イースト・プレス)でスタートした。

「ダンピアのおいしい冒険」は、17世紀イギリスの武装民間船・私掠船に乗船していた実在の航海士ウィリアム・ダンピアを主役にした物語。私掠船の船長はスペインの無敵艦隊よりも船員たちの空腹に頭を悩ませており、ダンピアは海にうようよとする巨大な人食いザメを釣って食べることを提案する。サメを食べることを躊躇するみんなを「食べることは重要な自然観察」「知るってことは生きる力だから」と諭すダンピア。後に3度の世界周航を達成し歴史に名を残す男の好奇心を食にからめて描く。

外部リンク

cat_oa-natalie-comic_issue_12300978a363 oa-natalie-comic_0_429cb38bd728_ウルジャンの百合アンソロ「ユリトラジャンプ」第2弾、道満晴明ら参加 429cb38bd728

ウルジャンの百合アンソロ「ユリトラジャンプ」第2弾、道満晴明ら参加

2019年4月21日 10:48 コミックナタリー

ウルトラジャンプ(集英社)による電子版限定の百合アンソロジー「ユリトラジャンプ」の第2弾が発売された。

「ユリトラジャンプ」には道満晴明「角を矯めて自分を殺す」、とこみち「あおいのゆきうさぎ」、U-temo「西さんと東さん」などウルトラジャンプで発表された読み切りを収録。「ツインドルの箱庭」の稚野まちこによるフルカラーの描き下ろし読み切り「ブルー・ミゼラブルの城」も収められた。なお発売中のウルトラジャンプ5月号には、「ユリトラジャンプ」vol.2にも収録されている林家志弦「FRIDAY IS THE DAY」が掲載されている。

「ユリトラジャンプ~ウルトラジャンプ百合アンソロジー~」vol.2収録内容

青木潤太朗×品佳直「イタリアンビーフ」
印度カリー「仁義なき百合たち」
うたたね游「友達の友達は友達じゃない」
空木あんぐ「YOUはリアルのVtuber!」
おたき「しまいぐらし」
色緒サトル「二人の傷名」
稚野まちこ「ブルー・ミゼラブルの城」
とこみち「あおいのゆきうさぎ」
道満晴明「角を矯めて自分を殺す」
林家志弦「FRIDAY IS THE DAY」
ふくまーや「まるまるしかじか」
まりん「まんが家ちゃんと編集さん」
まるかわ「椿かわいや」
U-temo「西さんと東さん」
雪尾ゆき「ギャルですが、クラスの地味子に求婚されています」

外部リンク

cat_oa-natalie-comic_issue_12300978a363 oa-natalie-comic_0_88422aa1a35b_第23回手塚治虫文化賞、大賞は有間しのぶ「その女、ジルバ」新生賞は山田参助 88422aa1a35b

第23回手塚治虫文化賞、大賞は有間しのぶ「その女、ジルバ」新生賞は山田参助

2019年4月21日 05:00 コミックナタリー

朝日新聞社が主催する、第23回手塚治虫文化賞の受賞作が発表された。年間のベスト作品となるマンガ大賞には、有間しのぶ「その女、ジルバ」が輝いた。

「その女、ジルバ」は恋人も貯金もない40歳女性・笛吹新が、平均年齢70歳の高齢バー・OLD JACK & ROSEで働き始めたことから始まるヒューマンドラマ。ビッグコミックオリジナル(小学館)にて、2011年から2018年まで連載された。

また斬新な表現や画期的なテーマを描く作者に贈られる新生賞には、「歴史の光と闇、人間の欲や業を鮮烈に描いた力量に対して」という選考理由から山田参助「あれよ星屑」を選出。さらに短編賞は小山健「生理ちゃん」に贈られる。またマンガ文化の発展に寄与した個人・団体に贈られる特別賞は、代表作「ゴルゴ13」が連載50年を達成したこと、長年にわたるマンガ文化への貢献に対し、さいとう・たかをが選ばれた。

贈呈式は6月6日に東京・浜離宮朝日ホールで開催。会場では限定グッズの販売が予定されている。贈呈式には300人が無料招待されるので、気になる人は手塚治虫文化賞の公式サイトを確認しよう。

外部リンク