cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_2447bf6f355a_ワーママがどっと疲れを感じる「夫からの言葉」 2447bf6f355a

ワーママがどっと疲れを感じる「夫からの言葉」

2018年3月23日 19:00 ママスタ

働いているママは、会社で仕事、家に帰ってからも家事育児という仕事に追われています。やるべきことは山のようにあり、なかなか自分の時間を確保することは難しいもの。そんな「ママの大変さ」を世の夫たちはわかっているのでしょうか?
ワーキングママの1日 スケジュール例

筆者は今でこそフリーランスで執筆活動を行っていますが、子どもが1人の頃はフルタイムで外勤していました。そのときの平日のスケジュールはこんな感じです。

5:00 起床・朝食&夕食作り、洗濯機を回す
6:00 夫と子ども起床、洗濯物干し(夫はお風呂掃除、ゴミ捨てなど)
7:00 朝食、保育園の準備、身支度
8:00 保育園に子どもを預ける
8:30 会社到着・業務開始
17:30 退社
18:00 保育園お迎え
18:30 帰宅、夕食、片付け
19:30 お風呂
20:30 寝かしつけ
21:00 子ども就寝、洗濯物片付け、軽く部屋の掃除
22:30 自分就寝

毎日この通りかと言われると、実際にはまちまちです。子どもは5時台に起きてくることもありますし、夫が帰ってくる時間次第でスケジュールも左右されます。掃除や買い物を平日に済ますことが難しく、週末に行うことがほとんどです。

自分の時間と言えば、会社でのお昼休みの1時間と寝る前の少しの時間。「やりたいこと」や「やるべきこと」があるのはわかっていても、なかなか思うように行かないのが家族のいる生活でしょう。このあたりは専業主婦であっても同じような思いではないでしょうか。

特に子どもが1人目のときは、子どもがいる生活にも慣れていませんから毎日クタクタです。一方で夫はというと、子どもがいるので生活面では変わったのでしょうが、仕事のスタイルが変わらないという方が見受けられます。妻の苦労を心から理解している夫は少ないのかもしれません。
そんなときに夫に言われると「どっと疲れる言葉」

筆者の周りでも、夫の心ない一言に疲れを感じているワーママがいます。仕事に育児に家事にがんばる妻へ、夫はどのような言葉をかけてくるのでしょうか。
(1)「休日くらい休ませて」
『土日であっても子どもは朝から元気。大人はクタクタだけど起きないわけにはいかず、私は早朝から子どもの相手をし、少しでもと夫を寝かせているのに、お昼前になっても起きてこない。
お昼ごはんの準備時や家の掃除をするときくらい、外に出て子どもと一緒に遊んできてほしいのに、夫の返しは“休日くらい休ませてよ”。こっちからすると“はぁ!?”って感じ。私は24時間365日休みなく動いてるんだ!』
妻が夫を気遣っているのに、この夫の気遣いのなさ。ぐったりしてしまいますね。
(2)「ごはんまだ?」
筆者の知人のワーママは、これを言われて疲れが倍増したようで……。
『うちでは保育園に子どもを迎えに行って、帰ってから夕飯の支度に取り掛かってます。子どもの相手しながらの料理は、思うように進まなくて結構イライラもしますが……。

そんなときに夫が帰ってきたら、子どもの面倒見てもらえて助かります。でも少し経つと夫から“ごはんまだ?”って言われて。え、今やってるじゃんって感じ。それまで私が子どもの相手してたから夕飯作りも遅れてるわけだし……。だったら自分で勝手に食べてよ、大人なんだから、って思っちゃいますね』
仕事を終えて家に帰ってきて、ほっとする暇もない妻に対し、夫の想像力の無さに絶望してしまいそうです。
(3)「部屋が散らかっているよ」
筆者の周りのワーママは「掃除は週末にまとめて」という方がほとんどです。ママたちも毎日隅々まできれいにできていないことは重々理解しているのですが、そこを指摘されるとイラッとしてしまいますよね。
『週末に掃除するだけだとやっぱりホコリが溜まってきたり、物が散乱しがち。気になったときにはお掃除シート使ったり、適度に片付けもするけど、時間なくて全力ではできない。
それは仕方ないことだって自分に言い聞かせているけど、あらためて夫に“部屋が散らかってるよ”って言われたときにはイラッとしたのと同時に、やるべきことができていないって言われたみたいで体全身で疲れを感じた』
夫としては悪気なく言っている一言なのでしょうが、わかっていることを指摘されると追い打ちをかけられているようで、さらに嫌になりますよね。また他人事のように言われることにもイライラさせられます。

仕事と家庭の両立は、家族のサポートなしでは疲れが増してしまう一方です。でも夫婦の言葉がけ次第では、疲れになるのか癒しになるのか変わってきそうですね。
とはいえ、なかなか夫の理解を得られるのも難しいもの。ワーママは疲れを溜める一方にならないように、上手に疲労解消する方法も身につけておくといいでしょう。

ちなみに筆者の場合、同じワーママという立場にいる友達と会っておしゃべりすることで解消に努めています! 話すだけでもすっきりしますし、共感してもらえると「自分だけじゃない」と気持ちも前向きになれます。

日常生活で疲れてしまうのは、ある程度仕方のないこと。それをいかに溜めないようにするかがポイントなのではないでしょうか。
参照:ワーキングママの冷えと疲れに関する調査2017 - 養命酒製造株式会社調べ

文・沖田かへ イラスト・んぎまむ

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_4db132b11b0e_『トイ・ストーリー4』公開記念!東京ディズニーリゾートで映画の世界を満喫できる新プログラムが登場 4db132b11b0e

『トイ・ストーリー4』公開記念!東京ディズニーリゾートで映画の世界を満喫できる新プログラムが登場

2019年6月17日 13:46 ママスタ

ウッディ、バズ、おなじみの仲間たちが登場する「トイ・ストーリー」。シリーズの最新作『トイ・ストーリー4』が2019年7月12日(金)に全国の映画館で公開になります。映画公開に先駆け、東京ディズニーリゾ ートでは、『トイ・ストーリー4』の世界を楽しめるプログラム 「ファンタイム・ウィズ・トイ・ストーリー4」を6月14日(金)から9月1日(日)までの間、開催します。いったいどんなプログラムなのでしょうか。

「自分はおもちゃじゃなく、ゴミなんだ!」。新キャラクター・フォーキーとは?


まずは、「ファンタイム・ウィズ・トイ・ストーリー4」の主役であり、『トイ・ストーリー4』の新キャラクター、おもちゃのフォーキーをご紹介します。
主人公・ウッディと新しく出会う手作りおもちゃのフォーキーは、ウッディやバズたちの持ち主ボニーが幼稚園で作った今一番のお気に入りのおもちゃ。しかし、フォークやモールで作られたフォーキーは、「僕はおもちゃじゃない、ゴミなんだ!」といって、ゴミ箱に飛び込んでしまいます。なんだかちょっぴり切ない思いをしているフォーキーですが、早くもその愛らしい姿で「トイ・ストーリー」ファンたちから愛されています!

新しいキャラクター・フォーキーがパーク内に逃げ出した!?

ボニーや仲間のおもちゃのところを飛び出したフォーキーが、東京ディズニーランドに逃げ出してしまったから、さあ大変! 広いパーク内で無事にフォーキーを見つけ出すことができるでしょうか? 逃げ出したフォーキーは、パーク内のあちこちでおもしろいものを見つけて遊んだり、はしゃいだりしているようですよ。
逃げ出したフォーキーを探すためには、スペシャルマップをもらい、ところどころにあるおもちゃたちのメッセージを見つけると、最後には限定オリジナルのステッカーがもらえるのです。ママとしてはアトラクションに乗りながら園内をゆっくり回ってフォーキーを探したいところですが、プログラムに参加した子どもたちは、フォーキー探しに夢中になってしまうかも!?

『トイ・ストーリー4』の世界を満喫できるプログラムが満載!


「ファンタイム・ウィズ・トイ・ストーリー4」では、東京ディズニーランドのフォーキーを探す体験プログラムをはじめ、フォトロケーションが登場したり、スペシャルグッズやメニューも登場するので、こちらもお見逃しなく。またディズニーホテルではスペシャルメニューが用意されたり、イクスピアリ内の映画館「シネマイクスピアリ」では、7月12日(金)の公開日から『トイ・ストーリー4』の上映が始まります! 映画をみたあとは、東京ディズニーランドや東京ディズニーシー、ディズニーホテルなどで「トイ・ストーリー」シリーズの世界を存分に楽しんでみるのもよさそうです。

2019年の夏、ディズニーランドやディズニーシーにでかけて『トイ・ストーリー4』の世界を楽しんでみませんか?
©Disney / Pixar
文・編集部

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_58afbe07c75f_カプセル入りおもちゃをどのくらいの頻度で買っている?ママたちの切実な事情とは 58afbe07c75f

カプセル入りおもちゃをどのくらいの頻度で買っている?ママたちの切実な事情とは

2019年6月17日 13:00 ママスタ


スーパーの店頭や階段の踊り場などで見かけることがある、カプセル入りおもちゃの自動販売機。子どもたちにとっては素通りしたくない魅力的な場所のひとつかもしれません。おもちゃ屋さんで買うおもちゃに比べれば、値段がそこまで高くないかも? と感じられるのも親子ともども購入のハードルが下がる要因でしょう。しかし購入の回数が増えればカプセル入りおもちゃの“総購入額”は当然上がっていくわけで……。カプセル入りおもちゃに対するママたちの切実な事情を伺いました。

『子どもにカプセル入りおもちゃ買ってあげる? うち2歳。たまに見かけてやりたがったら普通にさせてあげる。200円の割に、300円の割によくできているやつに限るけど。むしろ可愛いから私が全種類欲しいのもある。だけど、実母からは「そんなのやらせちゃだめよ」と言われたり、世間的にはあまりやらせないイメージ。みんなはどう?』

やらせています!ママたちそれぞれの切実な事情とは


おもちゃの種類を限定しています

『プリキュアが好きだからミライクリスタルだけやらせている。他のはやらない』

『うちもたまにならカプセル入りおもちゃ買うけど、私が見てこれならいいかって思えるのだけやらせる』

カプセル入りおもちゃを買っているというママたちは、おもちゃの種類を限定しているようです。カプセル入りおもちゃとひと言で言っても種類はさまざまあるでしょう。すべてのおもちゃを買っていたのではキリがありませんね。「コレだけよ」と子どもに約束しておけば子どもも約束を守りやすいかもしれません。

買い物をスムーズにするために、つい……。

『2歳の男の子。カプセル入りおもちゃかお菓子か1つだけの約束で毎回のようにやっている。スムーズに買い物ができるから。あんまりさせたくないと思いつつもつい』

ママたちがカプセル入りおもちゃを子どもに買っている理由のひとつに「買い物をスムーズにするため」という切実な理由がありました。イヤイヤ期などあまりママの話を聞いてくれない子どもと一緒に買い物をするときには、カプセル入りおもちゃの購入が子どもの機嫌をよくしてくれることもあるのでしょう。「つい……」というママたちの言葉も納得できるものですね。

時々やらせています

『たまーにだよ。1度やらせるとまた次に見かけたときにやりたがるけど、そこは、この前やったばかりだね。と我慢させることも意識している』

『2歳児。たまーにすごくやりたがったらする。親都合の買い物が長引きそうなときとか、子どもは暇だもんね。家に帰ってからも大切に遊んでるし、他のおもちゃと組み合わせて遊んだらしてるから、いいかなーと思う』

カプセル入りおもちゃを買うママたちでも毎回買っているわけではないようです。すべてを我慢させるのではなく時々買うことで子どもたちの好奇心も満たされるでしょう。買わない機会もあるために我慢することも覚えてくれるかもしれません。”アメとムチ”をママたちは上手に使い分けているのですね。

やらせません!ママたちの理由とは

やりだすとキリがないから

『1度やったら次も、ときりがないから、うちはやらせない』

カプセル入りおもちゃを買うときのポイントのひとつに”欲しいものが出てくるわけではない”という点があります。そのため、欲しいものが出てこなかったときは「もう1回!」とねだられてしまう可能性もあるでしょう。「もう1回!」を避けるためにやらせない、というママがいました。

我慢を覚えてほしいから

『させない。我慢できない子になりそうなので』

こちらのママは「子どもに我慢を覚えてほしい」という理由からやらせていないとのことです。手の届くところにおもちゃがあり、すぐに買ってもらえる環境を当たり前と子どもが認識してしまうことはあまり子どもにとって良い環境ではないかもしれませんね。

すぐ飽きてしまうから


『やらせない。これなら良いなってのはさせるときがあるけど、大体はやってもすぐポイッてなってしまうから』

子どもの興味は次から次へと別のおもちゃや遊び方にうつっていきます。ほんの少しの興味を満たすだけなので、カプセル入りおもちゃは買わない、というママがいました。

カプセル入りおもちゃに対するママたちの考えとは

『やりたいならやらせているよ。禁止して変に執着してもイヤだし』

『自分が小さい頃、親にさせてもらってすごく嬉しかった思い出があるから自分の子にもやらせてたよー。でもお菓子かカプセル入りおもちゃどっちにする? って、選ばせていた』

カプセル入りおもちゃに対するママたちの考えは、ママ自身が子どもだったころの思い出が絡んで複雑なものになっているようです。子どもの頃にカプセル入りおもちゃを禁止されると一種の”飢え”が記憶として残ってしまう可能性もあります。大人になって自由にお金が使えるようになったときに執着してしまうかもしれない、と考えているママがいました。あるいはママ自身が子どもの頃にカプセル入りおもちゃを買ってもらって「嬉しかった」思い出を子どもにも体験させてあげたい、という考えもあるようです。

おもちゃを買うときは親子でルールを決めて。買ったからには大切にしよう

カプセル入りおもちゃに限らず、値段に関わらずおもちゃを買うときには親子でルールを決めておくとわがままを言われることが減るのではないでしょうか。子どもにも我慢をしてもらう機会が出てくるでしょう。例えば「カプセル入りおもちゃはひと月に1回だけ」「何が出ても2回目はしない」といった取り決めを購入前に親子で約束しておくのです。そして買ったからには大切に扱ってもらうこともあわせて教えたいですね。

文・しのむ  編集・一ノ瀬奈津

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_9582f1f0c769_赤ちゃんの吐き戻しは突然に!私が最も自己嫌悪していたことは…… 9582f1f0c769

赤ちゃんの吐き戻しは突然に!私が最も自己嫌悪していたことは……

2019年6月17日 12:00 ママスタ

赤ちゃんにもよりますが、生後しばらくは授乳後、吐き戻しがありますね。私も初めてミルクや母乳が我が子の口から出たときはとても焦りましたが、それは序章に過ぎなかったのです……。



初めはいつまで続くのだろう、ガーゼが足りない! とウンザリしていた吐き戻し。あくまで我が子の場合ですが、月齢が進むとともに一度に飲める量が増え、授乳の回数が減っていくと次第に吐き戻す量も減りました。

まとわりつくミルクの臭いにため息をついていた日々も、今となってはいい思い出です。

 

文、イラスト・こいわこ

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_c57cc38e8c35_子煩悩なパパとそうじゃないパパの違いは何が原因? c57cc38e8c35

子煩悩なパパとそうじゃないパパの違いは何が原因?

2019年6月17日 11:00 ママスタ


パパの中にも子ども好きでたくさんわが子と遊ぶパパもいれば、子どもと過ごすことが苦手なパパもいますよね。その違いは一体何なのでしょうか? ママスタには、子煩悩ではない旦那さんを持つママからの投稿がありました。

『子煩悩な男とそうじゃない男の違いって性格ですか? うちの旦那は子どもにあまり関わらない。私が言わないと遊ばないし、遊んでも20分くらい。習い事も付き添わないし、学校行事も私がいるなら行かない。子どもを強く怒ったり、成績についても何も言わない。
お隣の旦那さんは休日は一日中子どもと遊んでいるし、パパが子どもを連れてしょっちゅうどこかへ出かけている。習い事も熱心だし、学校も参観とかよく行っている。仕事から帰ってくると子どもたちの出来事や様子を聞かれるらしい。
旦那が子どもに無関心すぎてイライラするんですが、これってなにが違うのかな?』

確かに周りを見ても、普段から子どもと一緒に過ごす時間を多く取ろうとしているパパと、子どもがいても自分のペースを崩さないパパがいますよね。その違いは一体何なのでしょうか?

うちの旦那も子どもに無関心です……


子どもにあまり興味がなさそうな旦那さんに不満のある投稿者さん。お隣に住む子煩悩なパパと子どもとの関係を聞くと、旦那さんの無関心さに腹がたつようです。しかし世の中には他にも子どもに無関心な旦那さんを持つママはたくさんいたのです。

『うちもしないわ。子どもが自転車に乗っていたから「見ててよ」って任せたら、家の前にいるだけ。子どもだけ自転車で遠くの方まで行ってたとき「あんた何してんの?」って怒ったよ。情けなくて仕方なかった』

『うちの旦那の子どもを見る能力はひどい。この間、下の子の習い事で出かけるから上の子と旦那に留守番してもらったら、逆に子どもにご飯の用意してもらったって聞いて呆れた。温めて出すぐらいやって欲しいわ』

『自分が一番なんだろうね。うちもだよ。
私の父親も私が子どもの頃は私に無関心だったけど、孫とは遊んでくれるようになった。
いずれ自分が一番じゃなくなったら子どもと遊んでくれるようになるのかな』

育ってきた環境による

育ってきた環境を振り返ると、今の自分に大きく関係していると思う人もいるでしょう。旦那さんが子煩悩になるかならないかも、育ってきた環境が大きいのではないかというママたちの声が集まりました。旦那さんの父親を見ると、旦那さんに影響していることがわかるというコメントも寄せられています。

『育った環境が大きいと思う。
子育てに対する価値観も自分が育った環境にかなり左右されるよね』

『環境だと思う。
下に兄弟がいて仲良かったり、面倒見てたりした人は面倒見がいい人が多いと思う。
逆に一人っ子や末っ子とかで小さい子と関わりがなかった人や、下に兄弟いても仲良くないとか面倒見てなかったりすると面倒見がよくない人多い気がします。
後者はどうしていいかわかってないんだと思う』

『うちの場合は義父が昭和一桁生まれ、家庭では全く何もしない男で、旦那はそのコピーなんだろうなという感じだね。ろくに父親に遊んでもらった記憶もないらしいし。
私が色々言って、今はほんの少しは何かやってくれたりもするけど、基本は自室にこもってるし子どもにそんな興味はなさそう。やっぱり家庭環境じゃない?』

『その環境をそれでいいと思っていたか、良くないと思っていたかにもよるのかも。
うちはなんの疑問も持たずにきた旦那だからか義父と一緒でなんにもしない』

生まれ持った本人の性格による

生まれ育った環境が大きいという声がある一方で、環境より本人の性格によるものだという声も寄せられています。同じ家庭で同じ環境で過ごしてきた兄弟でも、子どもに対する姿勢が違うこともあるようですよ。

『生まれ持った性格でしょ。
同じ両親から生まれて育っても、差があるんだから』

『育ってきた環境といっても、親にやってもらったのと同じように子どもにもしてあげられる人もいれば、母子家庭で親が無関心で放任主義だったうちの旦那のような人でも、父親がいなかったぶん、自分の子どもにはそんな思いはさせまいとすごく子育てに協力的な人もいるから、まぁその人次第じゃないかな』

『旦那は子どもと遊ぶの好きだし、世話が趣味みたいなもんだけど、旦那の兄は子どもの面倒見てくれないし、自分の事ばかりで離婚したよ』

『旦那の兄は子ども大好き! な人でずっと子どもと全力で遊んでいます。
うちの子たちも一緒に遊んでくれてずっと面倒を見てくれる。
旦那はその間寝ていたり携帯をいじっているだけ。だから育った環境でもなさそうなんですよね。
弟(旦那)の面倒もよく見ていたらしいので、やっぱり性格なのかしら……』

『うちの旦那は子煩悩タイプだけど、義父は昔からよくある子育ては義母任せで何もしない人みたいだし、育ってきた環境とはまた違う気がする』

『環境っていうより性格だよ。
旦那の父親はずっと海外に単身赴任でろくに一緒に住んだこともないみたいだけど、義兄は子どもいないけど子どもたちに某スポーツ教える講師やってたりするし、旦那は保育士になりたかったというくらい子ども好き。自分の子のみならず、子どもの友達とかとも遊んでるよ』

『私、育った環境が小説並みに悲惨だけど。
旦那にも子どもにもペットにも、ちゃんと愛情かけてるわ』

反面教師の場合も


育ってきた環境ではあまり父親との思い出がないパパの中には、自分の父親を反面教師にして、自分自身はいいパパになる努力をしている方もいるようです。

『育ってきた環境と本人の性格かなぁ……
うちの旦那は幼い頃に父親と遊んだり出かけたりしてなくて寂しかったから、自分の子どもとは遊んだり出かけたりする。自分の父親が反面教師になってるのかな』

『うちの旦那は、自分は子どもの頃に父親に遊んでもらったことないって言ってる。
そうなりたくないから、自分は子ども達とたくさん遊んで子ども行事にもできる限り参加したいらしい』

『性格もあるとおもうけど、自分の父親の影響も大きいんじゃないかな。
義父は旦那が小さい時家にいない事が多かったけど、旦那は子どもと遊んでる。寂しかった反動なのかな??』

愛情深く育ったから

育ってきた環境や性格によるところも大きいのかもしれませんが、自分が愛情をかけられて育っていると、子どもにも愛情を与えてあげたいと思えるそうです。

『旦那、すごく愛情深い。
小さい頃にちゃんと愛情受けて育ってきたから、子どもにも動物にもちゃんと愛情かけられる。これって関係あるかな?』

『可愛がられて育ったか育ってないか』

『うちは子煩悩。愛情が深い人。
お義父さんお義母さんも愛情深いけどそれ以上』

『うちの旦那は子煩悩だよー!
6歳と2歳児がいるけど、余裕で子ども達預けられる。
だから私はたまに友達と遊びに行ってるよ。
旦那は子ども達を動物園とか連れてったりしてるみたい。
旦那自身、両親の愛情いっぱい受けて育ったみたいで、お父さんにキャンプやドライブ、色々は遊びに連れて行ってもらってたって』

旦那さんが子煩悩になるかならないかは、さまざまな原因が考えられるようですが、幼い頃に親から可愛がってもらえて愛情深く育てられることで、大人になってからの子どもへの接し方にも違いが出てきそうですね。子煩悩ではない旦那さんがすぐに子煩悩に変わることは難しくても、言葉でこうして欲しいと思うことを伝え続けることで、少しずつ変わってくるかもしれません。そしてもし将来わが子が家庭を持って父親になったとき、家族から愛される存在になってもらうためにも、子どもには思う存分愛情をかけて育てたいものですね。

文・山内ウェンディ 編集・井伊テレ子

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_fd366307d4dd_「人生で一度は運動部に入るべき」。子どもの部活に親は口出ししてもいいの? fd366307d4dd

「人生で一度は運動部に入るべき」。子どもの部活に親は口出ししてもいいの?

2019年6月17日 10:00 ママスタ


学生時代に「運動部に入っていた」と聞けば「根性があるんだな」、「文化部だった」と聞けば「のんびり過ごしていたんだろうな」とそれぞれの部活動に対して抱くイメージが人それぞれにあるのではないでしょうか。当然のことながら現実にはゆったりした雰囲気の運動部、ハードな活動の文化部だって存在するはずです。ママスタBBSにも部活動に対する個人的なイメージからか、「運動部に入れ」と息子に強要する旦那さんの話題がありました。

『旦那が「運動部以外はダメだ」と言うので、しぶしぶ運動部に入った中学生の息子。本当は科学部に入りたかったようです。「なにか言われても、やりたいことは貫いたらいいよ」と私は言いましたが、父親に怒られるのが怖くて仕方なく。科学部は実験が楽しそうというのと、実際にはラクそうだからという理由もあったようです。でも、部活動を親が決めてよいものなんでしょうか? 旦那自身も義母からそんな教育を受けたようで、私が意見しても「人生で一度は運動部に入るべきだ」と譲りません。話は平行線のままです』

どんな部活動だって、子ども自身が選んだところが一番いいはず。多くのママはそう考えているでしょうが、投稿者さんの旦那さんは違うようです。ママたちから集まったのは、息子さんに同情する声でした。

やりたいことをやるのが一番いい。我が子の嗜好も知らないの?


『かわいそう。私自身はがっつり運動部だったから、まわりからは子どもにも同じ部活をやらせると思われていた。でも、我が子は文化部だよ。自分がやりたいことじゃなきゃ、楽しくないでしょう?』

『部活はやりたいことをやるのが一番なのに。旦那がよけいなことを言うから、無理して運動部は酷だな。かわいそう。今から転部させちゃえば? もう道具揃えちゃったの?』

『かわいそうに。中学生になるまで我が子がスポーツ好きかどうか、あなたたちはわからなかったの? そんなことを言う旦那さんは、息子さんが小さいころから積極的にスポーツをさせてきたの? 運動させたいという理想を、部活に丸投げしているだけなんじゃない? 運動部至上主義の、根性論しか言わない人っているよね』

小さなころから子どもをみてきた親ならば運動が好きなのかどうか、どんなものに興味があるのかなど、子どもの嗜好はある程度知っていますよね。とはいえ投稿者の旦那さんは、そうではないようです。

『運動系の習いごとをさせるなど、積極的に動いたことはないです。それなのに今さら口出しだけしてきました』

得られるものはあっても、やりたくなければ意味がない

運動部ならではのよさは、もちろんあるでしょう。でもそれも本人のやる気があってこそではないでしょうか。

『我が子を「運動部に」という気持ちは、わからなくもない。私はひどい運動オンチだったからその選択肢はなかったけれど、チームでがんばる運動部は楽しそうだし、充実しているように見えた。先輩や後輩、友人との関わりも文化部に比べると濃いイメージ。ただ、向き不向きがあるからね。最終的には子どもの意志。無理にやらせると結局はイヤになってサボって、帰宅部になるよ』

『やりたいことをやれるのが一番楽しいし、がんばれるし、幸せに決まってるじゃん。好きなことなら上達も早いけど、やりたくないことを無理矢理やらされても上達なんてしない。時間のムダ。スポーツはもちろんは素晴らしいよ。うちの子もやっているけど、得られるものが本当にたくさんある。でもがんばれているのは、なにより好きだっていう気持ちがあるからだよ。それが一番大切だよ』

運動部に入ることで得られるものとは、なんでしょうか? 一般的にいわれるのは体力がつく、きびしい練習をがんばることで自信がつく、努力する喜びを実感できる、チーム競技なら仲間との一体感を得られるといったことなどがあげられそうです。
一方で文化部にだって、得られるものはあるはずです。感性が豊かになったり、技術が向上したりといったことが挙げられるでしょう。どちらも「やっていて楽しい」の気持ちさえあれば、得られるものはいくらでも増えていくのではないでしょうか。

せめてプレッシャーをかけないで!がんばる我が子を見守ろう


実体験をもとにしたアドバイスをくれたママたちもいました。

『私自身は友達に誘われてテニス部に入ったけど、夏休み前にやめた。2学期に美術部に入り直したよ。やっぱり自分で決めなきゃダメ。息子たちはふたりとも科学部。「プログラミングをやりたい!」と入ったけど、大会が年に3回あるし他校との合同練習もあるなど、活動は予想外に活発。夏休みも7割は部活だった。でも好きなことだから、楽しんでいるよ』

『じつは私もこのダンナさんと同じタイプだった。中学1年生の娘に、ずっとやっていたスポーツ系の習いごとをやめるなら「運動部に入れ」と圧をかけていた。スポーツをやめたら、絶対に太ると思ったし。でも娘がいろんな部活に体験入部して、「吹奏楽が楽しかったから、入る!」と目をキラキラさせて話すのを見ていたら無理強いできなくなったよ。投稿者の旦那さんにも、息子さんからちゃんと話してみたら? 子どもを愛しているなら、わかってくれるんじゃないかな』

『経験上、一番は本人に興味があって挑戦してみたい部活だと思う。でもお父さんの意見を取り入れて運動部を選ばせたなら、これからはそれ以上プレッシャーかけちゃダメだと思う。せめて応援してあげる姿勢でいてほしいな』

投稿者の息子さんはもうすでに入部済なので、この先は応援してあげることしかできないようです。続けるうちに運動部の楽しさや、やりがいを感じることもあるかもしれません。ただやはり興味が持てず、続けられなくなる可能性だってあるでしょう。つらくて苦しんでいる息子さんを見たとき、この旦那さんはどんなことを思うのでしょうか? もし息子さんから運動部を「やめたい」という話があっても決して息子さんを責めず、そこまでがんばったことをほめてあげてほしいですね。

文・鈴木麻子 編集・しのむ

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_180dfd314961_「ママ、ママ、ママ!」は愛の告白!?ママっ子の子どもたちを持つママたちの悲鳴 #産後カルタ 180dfd314961

「ママ、ママ、ママ!」は愛の告白!?ママっ子の子どもたちを持つママたちの悲鳴 #産後カルタ

2019年6月17日 10:00 ママスタ


ママの都合も構わず「ママ、ママ」と呼ぶこともある子どもたち。自由気ままにふるまう子どものお世話は負担がかかるものです。ママ自身の自由時間も削る日々かもしれませんね。子どもを愛してはいるけれどあまりのママっ子ぶりに困惑しているママがいました。

『5歳です。赤ちゃんの頃からずっとひたすらママっ子です。「今だけ」「いずれ見向きもされなくなる」とは充分わかっています。でも正直疲れました。朝5時から夜20時までママ、ママ、ママ……です。家事しててもくっつくし、トイレにも普通に入ってきます。たまにある旦那の休みも、私とだけ手を繋ぎたがったりして全く気が休まりません……。同じような方、どうやって息抜きしていますか?』

今は小さい子どももいずれ成長して親離れしていく……。親なら誰しも理解しているでしょう。目の前の子どもと向き合わなければと思うあまり投稿者のママはかなり追い詰められているようです。ママたちからはどのようなアドバイスがあったのでしょうか。

ママに甘えられるのは悪いことではないよ!ママたちの気持ちの切り替え方とは


投稿者と同じく、いつもママにくっついている子どもをもつママたちからは、共感のコメントが届きました。気の持ちようのアドバイスは参考になりそうです。

性格だと思ってあきらめる(?)

『私の話かと思った(笑)。そんな性格だと 半ば諦めています……』

我が子のことかと思った、というママがいました。もうあきらめの境地におられるようです。ママべったりなのは、子ども自身の性格なのかもしれませんよね。

『うちもママっ子で息抜きがなかなかできなくて悩んでるからわかるよ。でも保育士さんに「あなたがそれだけ向き合っているってことよ。じゃなかったらママ、ママ来ないわよ」って言われた。性格とかもあるし、逆にママっ子じゃない子のママがダメってわけじゃ全然ないけれど、まぁ好かれているんだなって思うようにしたよ』

投稿者のママと同じくママっ子ぶりに手を焼いているママからは、保育士さんに子育ての姿勢を褒められた、というコメントが届きました。子どもはママを困らせようとしているのではなく、自分の気持ちに素直に行動しているだけかもしれません。それだけママが大好きだということでしょう。「そうか、私は子どもに好かれているママなんだな」と考えると少し気持ちが楽にならないでしょうか。

『同じく5歳の男の子。朝起きてから寝るまでひたすら呼ばれてべったり……。イライラすることも多い。なんでそんなにくっついてくるの? って聞いたら、一番大好きらしい。今は仕方ないかなって思う』

こちらは子ども自身に「なぜママにそこまでくっついてくるのか」と聞いたママです。返事は「一番大好きだから」とのこと。愛する我が子にこんな告白をされてしまったらもうママは受け入れるしかなくなりますね。

手が離れたときに気持ちをリセットする

『うちも今年5歳だけど、さっきまでママとじゃなきゃ寝ないと大泣き。ほんと言うこと聞かないし、手を焼くけど、日中保育園いっているときにリセットする』

愛する子どもから「大好き」と言われても、ときにはその気持ちが重く感じてしまうこともあるかもしれません。少しでも子どもと離れる時間があればそのスキをついて気持ちを立て直す、というママがいました。”自分の機嫌は自分でとる”というわけですね。

どうせなら「幸せ」だと考えてみる!ポジティブ思考のママも


『わぁーうちみたい! 特に4歳になった息子が同じ感じ。家事の時もお尻や足にくっついてきたり、手が届くところで遊んでたり……。5歳お姉ちゃんも羨ましくなるのか、一緒にくっついてるときがある。3ヶ月の赤ちゃんいるし、旦那じゃ代わりにならないし、動けないし、暑いし……。でも幸せ。みんな私がいないとダメなんだもん』

子どもがママにくっついてくる現状を変えることができないのならストレスを溜めないために、ママの考え方を変える方法もありそうです。3ヶ月の赤ちゃんを抱えながら4歳になった息子さんと5歳になった娘さんに囲まれているママがいました。こちらのママのように”私がいないとダメなのね。ああ幸せ”と考え方をポジティブ方向に向けられるとストレスも減っていきそうですね。

小学校に上がると少し楽になる?もう少しの辛抱かも

『今8歳の娘は今だにお母さん連発よ(笑)。でも学校あがってから楽になったよ~。2年生から1人で寝てくれるようになったし! 学校あがって1人での行動範囲が広がったから(友だちと公園に行ったり)、手が離れるようになりました。家に帰るととたんにお母さんお母さんだけど(笑)。今は息抜き難しいけど小学校まであと少し! 頑張れ!』

子どもが小学生になり行動範囲が広がったことで、少し親離れしてくれたというママがいました。子どもが産まれてから小学校入学までは、約6年間の月日です。小学校に入ってからは手が離れていく一方かもしれません。6年間という長い年月ではありますがそれまでの辛抱ということでしょうか。

小学校入学まで、子どもによってはさらに長い年月をママっ子として過ごすかもしれません。しかし子どもが成長するとともに子どもの世界は少しずつ確実に広がっていくでしょう。子どもの世界が広がるたびに親の手を少しずつ離れていくはずです。それまでママは物理的にも精神的にもきゅうくつなおもいをするかもしれません。ストレスを溜めないように、スキマ時間でできるストレス解消法をいくつか用意しておいて、息抜きしてくださいね。

文・しのむ イラスト(産後カルタ)・めい  編集・一ノ瀬奈津

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_3e2b6396ccf3_面接時の説明と実際の仕事内容が違う!こんなときはパートを辞める? 3e2b6396ccf3

面接時の説明と実際の仕事内容が違う!こんなときはパートを辞める?

2019年6月17日 09:30 ママスタ


どんなパートをしようか考えたとき、仕事の内容やシフトの時間を重要視する方も多いですよね。面接で合格しても、どのようなことを任せられるのかを事前によく聞いてから実際に働くかどうかを決めるという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実際の仕事内容が、面接で聞いていたものとは違うという職場もあるようです。

『パート、面接時と仕事内容が違った場合、もしそれが自分にとって耐えられなかったら辞めますか? 例えば勤務場所が変わったり、レジの筈が配送業務になったり、です。免許はあるけれど配送業務を希望はしていないのに任されます。また、朝9時から14時の契約がたまに17時になるといった状況です(全て面接では聞いてない)』

面接時に事業所側から説明があったことと、実際に働き始めてからの仕事の内容やシフトが異なると相談している投稿者。この状況ならパートを辞めますか? の質問に、心強いコメントが集まっているのでご紹介します。

自分が納得できないなら辞める


ママスタBBSでは、「面接時と仕事の内容が異なるのなら辞める」とコメントしている方が圧倒的でした。

『辞めたよ。面接のときちゃん伝えて向こうも納得の上で採用して反故にされたようなものだもの。続けて2回あって両方辞めた』

『耐えられなかったら辞めるよ~。このご時世に運転とか事故ったら嫌だし、時間だって子どもが小さかったら17時までってパートだと長いよね。「面接の話と違うので無理です」と言って辞める』

『耐えられそうだったら続けると思うけど、やってみて無理なら辞めるかな。パート先なんていくらでもある』

子どもがいるのならお迎えの時間もありますし、シフトが変わって残業しないといけないとなると家庭にも影響が出ますよね。また、自分が得意でない業務内容を指示された場合、契約内容と異なるので辞めるという選択をする方が多いようですね。

働き先は1つではない!自分に合った場所を


『契約内容が業務上年々変わっていくのはある程度仕方ないとしても、それを明確に書面上でやり取りしてない以上はただの口約束仕事でしかないから、できないならできませんと断ればいいだけ。断ったからとなにかしら投稿者にとってデメリットにされるようなことを会社がしてくるとしたら、さっさと辞めて次に行くってぐらいの気持ちで働かないとね。所詮パートだもん。割りきらないとやってらんないしね』

年々、仕事に慣れてきたら任されることが多くなることもありますが、それは会社と当人が協議すること。無理に面接時と違う仕事をさせられるのであれば、他のパート先を探した方がストレスがないのかもしれませんよ。働く先は1つではありません。自分の希望に沿った働き方ができる場所を見つけてみましょう。

文・物江窓香  編集・一ノ瀬奈津

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_4ddc0539d992_旦那が義母にLINEで報告していたのは毎日の夕飯!見つけた妻はやる気喪失…… 4ddc0539d992

旦那が義母にLINEで報告していたのは毎日の夕飯!見つけた妻はやる気喪失……

2019年6月17日 09:00 ママスタ


ママスタBBSに寄せられていた驚きの相談内容。

『旦那、いつも夕飯食べるときに写真を撮って誰かに送ってる感じがしたので、「誰かに食事の写真送ってるの?」と聞いたら、「送ってない」って言い張る。以前、「俺は見られてヤバいものないから気になるならスマホ見ていいよ」と言っていたから、旦那がお風呂入ってるときに確認したら旦那は実母に「今日の夕飯はこれだよ」と写真付きで義母にLINEを送ってた。義母からは「緑色が少し足りないわね~」と返事が……。遡ったら1ヶ月くらい前からそんなやりとりをしていたんだけど……』

こんな旦那さんいるんですね。自分の旦那だったら……と考えたら、ちょっと今後の夫婦関係について考えてしまいそうです。

ちょっと信じられない……こんなこと本当にあるの?


投稿者の旦那さんの行動に対して、この相談を見たママたちからは驚きのコメントが相次ぎました。

『こんなこと本当にあるの? マザコンのドラマみたい』

『ありえないマザコンだわ』

『姑も姑』

『作ってもらってるのに何さまだよ……』

『共通の知り合いに話して第三者にボロくそに叩いてほしいね』

そんな旦那には、もう何もしなくていいよ!

さらに、ママたちからは怒りのアドバイスが多数寄せられていました。

『もう、作らなくていいよ』

『腹立つだけならまだいいけど、私これ見たら一気に冷めるよ』

『晩飯レタスだけにしたら?』

『「明日何食べたい?」と聞いて、「なんでもいい」って言われたらカップ麺出す』

『義母に返品』

『時々実家に帰らせなよ。お母さんの料理食べてきなって』

『明日から自分で作るか、実家で食べてくるか、買って済ませてほしい』

旦那や義母への対応、私だったらこうする!


自分がこの立場になったら……。ママたちの回答が面白いです。

『旦那の分作らないかも。旦那だけカップラーメンにする』

『とりあえずスクショはしておく。証拠は残しておかないとね』

『私なら、「お母さーん! 今日はこれでーす。足りないのは何ですかねー?」って送る』

『私なら、旦那より先に写メ撮っておいて、旦那より先にお義母さんに送っておく』

『写真撮り出したら「あっお義母さんに報告するんだね! 私も写ろうか?」と笑顔で言ってみて欲しい』

相談者の旦那さんは、どんな理由で奥さんが作った夕飯を毎日お母さんに報告していたのでしょう。どんな理由があっても、コソコソとそんなことをされていたら夫婦間の信頼関係が揺らいでしまいそうですね。さらに義母さんからの指摘を見たら、老後の面倒なんてみたくない! という気持ちになってもおかしくはないかもしれません。このご夫婦の今後が気になります。

文・鈴木じゅん子 編集・一ノ瀬奈津

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_22dbd111d5d1_学校に“キッズ携帯”を持たせるのは禁止だと言われた!みんなの学校は? 22dbd111d5d1

学校に“キッズ携帯”を持たせるのは禁止だと言われた!みんなの学校は?

2019年6月17日 08:00 ママスタ


子どもの学校の行き帰りなどの安全が心配で、居場所を追跡できるGPS機能付きの“キッズ携帯”を持たせようと考えているママもいるのではないでしょうか。わが子がどこにいるのか瞬時に把握することができるため、迎えに行くときもすれ違う心配がなく、子どもが出先にいても、ママは現在地を確認して安心することができますよね。しかし、ある投稿者はキッズ携帯の所持を学校側に禁止だと言われてしまったそうです。

『キッズ携帯を持たせていますか? 小3の娘がいます。学校まで3キロあり、家まで40分くらいかかります。近所に年の近い子がいなく、通学路の裏のお寺前とかは薄暗く心配です。最近、私は仕事復帰して17時まで留守なので、キッズ携帯を持たせていましたが、先生に「学校に持ってくるのは禁止」だと言われました。防犯ブザーもついているし、習い事に行くのも途中で子どもを拾えると思ったのですが……。今時キッズ携帯禁止の学校ってある?』

他の学校はどうなの? と質問する投稿者に、たくさんのコメントが寄せられているのでご紹介します

キッズ携帯の所持を許可するかどうかは学校によって違う


みなさんのコメントを見ていると、キッズ携帯の所持は学校によって対応が違ってくるようですね。

キッズ携帯の所持はNG

『うちも禁止だよ。近隣の学校も皆そうだよ。中学は届け出せばOKなところ多いけど、小学校は基本ダメじゃない?』

『むしろ携帯許可の小学校なんてあるの? 公立でしょ?』

投稿者と同じように、学校側から禁止されているというコメントもありました。小学生が携帯を所持するのは、学校側が禁止にしていなくても基本的にNGなのではないかと考えているママもいるようです。

申請すればOK

『公立だけど簡易的な書類を出せばキッズ携帯を持ち込みできる』

『うちも基本的にはダメ。登校したら先生に預けて、下校時に返却ならOKって言われたけど』

『キッズ携帯もスマホも申請したら持ち込みOKだけど、学校にいる間は職員室に預けなきゃいけない』

基本的にキッズ携帯の所持はNGだけれども、職員室に預けたり申請書を提出すればキッズ携帯を学校に持ってきてもOKとしている学校もありました。携帯を持っていることで授業の妨げになる心配もありますが、職員室に預けることができればその心配もありませんね。

申請なしでもOK


『うちも田舎で徒歩40分。担任に携帯持たせていいか聞いたら、「こんな時代なので大丈夫」と言われたよ! ちょうど、1年生の女の子が誘拐された事件後だったから』

『友達の学校は暗黙の了解でOKらしい。このご時世なのでって感じみたいだよ』

申請なしでもキッズ携帯の所持を許可している学校もあるようです。

キッズ携帯がNGな学校なら帰宅後に持たせよう

『学校には持たせてません、禁止なので。学校はのんびり歩いて30分くらいです。学校から帰ってから公園遊びのときには、キッズ携帯を持たせています。学校帰りも心配ですが、決まりだから仕方ないですね』

学校にキッズ携帯の所持を禁止されているので、子どもが家に帰ってからキッズ携帯を持たせるなどの対処をしているという声も。学校側も何かしらの事情があってキッズ携帯の所持を禁止しているのでしょう。しかし、子どもの安全を守るためにキッズ携帯の所持が必要だと考えるのであれば、学校側と話し合うことも大切になってくるのではないでしょうか。

文・物江窓香 編集・木村亜希

外部リンク