cat_oa-lmagajpnews_issue_a0b95e99e1fb oa-lmagajpnews_0_a0b95e99e1fb_ミニストップのハロハロ、温州みかん再び a0b95e99e1fb

ミニストップのハロハロ、温州みかん再び

2019年5月4日 15:00 Lmaga.jpニュース

「ミニストップ」の夏の風物詩として愛され続けているスイーツ「ハロハロ」。氷の代わりにフローズンみかんを使用した「ハロハロ 果実氷温州みかん」が、5月3日からは国内の「ミニストップ」(2019年3月末現在:2177店)で発売されている。
1995年に「パフェ感覚で氷を食べられるデザート」というコンセプトで、氷とソフトクリームバニラを組み合わせたスイーツとして誕生した「ハロハロ」。発売開始から25年、老若男女あらゆる世代に向けたさまざまなフレーバーを発売し、幅広い層に支持されてきた。今年は、第1弾として「ラムネ」「いちご」「パチパチグレープ」の3品が、4月26日から登場。
そして今回登場する「ハロハロ 果実氷温州みかん」は、2018年の大ヒット商品で多くの要望を受け復活。氷の代わりにスライスしたフローズンフルーツを使用し、甘酸っぱいみかんと濃厚なソフトクリームバニラの相性が抜群だという。価格は320円。

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_a0b95e99e1fb oa-lmagajpnews_0_61582b452fb3_升入りのポムポムプリン、期間限定で登場 61582b452fb3

升入りのポムポムプリン、期間限定で登場

2019年5月4日 12:00 Lmaga.jpニュース

サンリオの人気キャラクターをモチーフにした「ポムポムプリンカフェ」が、京都の人気スイーツ店「マッチャハウス 抹茶館」とコラボ。その期間限定の特別メニューが、原宿・梅田・横浜・名古屋店に登場する。
ヒノキの升に入った「宇治抹茶のティラミス」が写真映えするとSNSでも話題の「マッチャハウス 抹茶館」。今回販売されるのは、同店監修のもとに開発された「ポムポムプリンのきなこティラミス」で、あんこが入ったティラミスにきな粉をふんだんに振りかけられ、繊細でやわらかな表面にココアパウダーでポムポムプリンの顔を描いたもの。
また、原宿・梅田限定で「ポムポムプリンの宇治抹茶のティラミス」、横浜・名古屋限定で「ぐでたまの宇治抹茶のティラミス」も登場。価格はすべて550円(税別)。期間は、5月8日から7月7日まで。

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_a0b95e99e1fb oa-lmagajpnews_0_f32606443525_大丸京都に、季節限定の新茶スイーツ f32606443525

大丸京都に、季節限定の新茶スイーツ

2019年5月4日 10:00 Lmaga.jpニュース

新茶の季節にあわせて、緑茶やほうじ茶をモチーフとしたスイーツが百貨店「大丸京都店」に登場した。
京都の繁華街・四条通りに面した同百貨店。洋菓子店や和菓子店などが並ぶ地下の食品フロアでは、春になると各店舗からさくらのスイーツが販売されるなど、季節に応じた食べ物で来館者を楽しませている。
人気洋菓子店「マールブランシュ」が夏に向けて作る濃茶味のラングドシャ「涼茶の菓」(10枚入・1500円)といった季節限定商品が並ぶほか、小倉小豆の餡で知られる京都銘菓「京観世」に抹茶を練り込んだ「緑京観世」(2包入・1944円)など、伝統の銘菓もお茶を使ったアレンジで登場。食品フロアで販売される甘味を通して、新茶の季節を体感できる。

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_a0b95e99e1fb oa-lmagajpnews_0_b704be81dcb8_神戸に青森りんご専門店、スイーツ勢揃い b704be81dcb8

神戸に青森りんご専門店、スイーツ勢揃い

2019年5月4日 08:00 Lmaga.jpニュース

青森県産のりんごが主役のショップ「a la ringo(あら、りんご)」が5月18日、兵庫・三宮にオープンする。
同店を手掛けるのは、「土佐清水ワールド」「青森ねぶたワールド」など郷土料理がテーマの飲食店を展開する「ワールド・ワン」(本社:神戸市中央区)。郷土の食文化を知ってもらうことを目的とし、各地から食材を仕入れることにより地方活性化型飲食店を目指している。
今回は新業態として、青森のりんごの魅力を伝え、関西ではなかなか知り得ない情報を発信。1階では青果やスイーツを販売、2階のイートインスペースではイベントやワークショップも企画していくとのこと。
さまざまな品種のりんごはもちろん、りんごパイ(380円)、焼きりんご(450円)、りんご飴(300円~、以上全て税別)など多様なスイーツやドリンクが販売される。場所はトアロード沿いで、生田新道北側。営業は10時から20時まで、無休。

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_a0b95e99e1fb oa-lmagajpnews_0_d260c7a3144b_村上春樹の翻訳作、矢崎広「迷路ハマる」 d260c7a3144b

村上春樹の翻訳作、矢崎広「迷路ハマる」

2019年5月4日 07:00 Lmaga.jpニュース

2018年に初演し、好評を博した『リーディング・シアター「レイモンド・カーヴァーの世界」』が今年も「兵庫県立芸術文化センター」(西宮市)で開催。村上春樹翻訳のレイモンド・カーヴァー作品を4人の俳優が読むスタイルで、昨年に続き出演の手塚とおる以外、仲村トオル、平田満、矢崎広は初出演だ。31歳と出演者のなかで最年少の矢崎が公演について語った。
空港での父親と息子の会話が続く『菓子袋』と、清掃業者と家の主のやり取りを描いた『収集』をリーディングする矢崎。この2作は、演出を手掛ける谷賢一が矢崎のために選んだという。「自分に合うかと問われたら、それはわからないですが、僕がこの年で読んでも面白いと思う作品。特に『菓子袋』は父と子の話なので、僕の年齢設定でもアリではないかと思います」。
出演を機にカーヴァーの作品に触れたと言い、「オチがないので最後におっとっと・・・、となりますが、そこが最高だと思います。読み進めるときは重たい扉を開ける感じでしたが、入ったら抜け出せない。この後、どうなるんだろうと想像も膨らみます」と、今はすっかり夢中になっていると話す。
「『菓子袋』では、なぜ空港で父と子が会って、お父さんは何を思って話し始めたのか分からないことばかりですが、それぞれの表情も浮かぶし、菓子袋を持つ手も浮かびます。どんな空港なのかも、なんとなく見えていて。村上さんの翻訳だからこそ、人物像や状況がありありと見えてくるのだと。また、それこそが『なぜ?』というカーヴァー作品の迷路にはまる理由だと思います」と、その魅力を語った。公演は5月25日・26日の昼2時から。チケットは4500円(全席指定)で発売中。
取材・文・写真/岩本和子

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_a0b95e99e1fb oa-lmagajpnews_0_15ac1d7322c1_京都の植物園に現代アート、鑑賞は解説付 15ac1d7322c1

京都の植物園に現代アート、鑑賞は解説付

2019年5月4日 06:00 Lmaga.jpニュース

植物園のなかに現代アート作家たちが作品を設置し、ガイドツアー形式で鑑賞するユニークな展覧会『生きられた庭』が、「京都府立植物園」(京都市左京区)で5月12日からおこなわれる。
出品作家は、石毛健太、高橋銑、多田恋一郎、立石従寛、野村仁、牧山雄平、山本修路の7名。20代から70代まで幅広い年代の作家が選ばれており、作品のジャンルも絵画、オブジェなどさまざま。絵画を庭園内に展示したり、オブジェを噴水に設置したりなど、美術館やギャラリーでは決して見られないシチュエーションが興味深い。
そこには、美術館と植物園、人工と自然、事物と生命など多元的なテーマが横たわっており、庭園によって作品が、作品によって植物園自体が活性化され、新たな様相が生き生きと立ち上がるのだ。
そして本展の鑑賞は、1日に7回開催される「ナビゲーション」と題したガイドツアーでおこなわれる(最終日はクロージングイベントを予定)。ツアーの内容は毎回異なっており、まさに一期一会の趣。キュレーターの解説を聞きながら鑑賞することで、本展にどのような意図や物語が込められているかが的確に伝わるだろう。
また、このツアーの様子は映像やテキストの形で「ドキュメンテーション」として公開される。つまり本展は、「ナビゲーション」と「ドキュメンテーション」で時間と空間に新たな物語を与えるひとつの試みでもあるのだ。期間は5月19日まで、料金は一般200円。
文/小吹隆文(美術ライター)

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_a0b95e99e1fb oa-lmagajpnews_0_71248998dfef_チコちゃんフェス、大阪・梅田で初開催 71248998dfef

チコちゃんフェス、大阪・梅田で初開催

2019年5月3日 20:00 Lmaga.jpニュース

NHKの番組『チコちゃんに叱られる!』で、爆発的人気を誇るキャラクターのチコちゃん。その物販イベントが「梅田ロフト」(大阪市北区)で5月24日から期間限定で開催される。
今年3月に東京駅でおこなわれた際には、入場整理券が配布されるほどの人気だった同イベント。大阪での先行商品は、番組で視聴者からの手紙を届ける黒い鳥・キョエちゃんのマグカップ(1200円)や、チコちゃんとキョエちゃんがデザインされた新色のガーゼハンカチ(各450円)、本染め手ぬぐい(1800円)、ティーバッグ8袋入り紅茶缶(各950円)の4種(すべて税別)となる。
また、デザインが異なるオリジナル不織布バッグのプレゼント(なくなり次第終了)があるほか、立体チコちゃんとキョエちゃんのフォトスポットも登場。大阪では初開催となるため、終日混雑が予想されそうだ。期間は6月10日まで。

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_a0b95e99e1fb oa-lmagajpnews_0_9947559d78c8_八ツ橋入りのフレンチコース、京都で登場 9947559d78c8

八ツ橋入りのフレンチコース、京都で登場

2019年5月3日 19:00 Lmaga.jpニュース

「ホテル平安の森京都」(京都市左京区)に、八ツ橋の老舗「聖護院八ツ橋総本店」(京都市左京区)とコラボしたフレンチのコースが登場。5月1日から期間限定でスタートした。
「聖護院八ツ橋総本店」が2019年6月に創業330年を迎えることからはじまった同企画。同ホテルの料理長が1年半にわたりメニューを考案し、合計6品のフレンチコースが誕生した。
生八ツ橋を使ったパスタ「生八ツ橋とキャビアのカッペリーニ」や、サラダ「シナモンの香りと食感を楽しむ 八ツ橋と京あじわい鶏のニューウェーブサラダ」などが登場。八ツ橋とフレンチの意外な組み合わせが楽しめる。料金は5346円(サ込)。期間は6月末まで。

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_a0b95e99e1fb oa-lmagajpnews_0_a601d1d342eb_佐藤秀峰×吉田貴司、京都精華大で対談 a601d1d342eb

佐藤秀峰×吉田貴司、京都精華大で対談

2019年5月3日 18:00 Lmaga.jpニュース

大ヒット漫画『ブラックジャックによろしく』などで知られる佐藤秀峰氏と、ドラマ化もされた『やれたかも委員会』作者の吉田貴司氏をゲストに招いた公開イベントが、5月16日に「京都精華大学」(京都市左京区)で開催される。
この日おこなわれるのは、佐藤、吉田両氏をゲストに迎えて、「で、結局どうやったらマンガ家になれるんスか?」と題した対談。マンガ家に編集者は必要か? 職業としてのマンガ家は成立するのか? はたまた、原稿料のこと、アシスタントの給料のこと、契約書や印税のことなど、真実しか言わない2人がマンガ家について赤裸々に語る。
開催日は5月16日・夕方4時20分からで、入場は無料(申し込み不要、先着順)。会場は「京都精華大学 友愛館アゴラ」。

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_a0b95e99e1fb oa-lmagajpnews_0_f1a467ffa471_顔が隠れる、巨大なハローキティチョコ f1a467ffa471

顔が隠れる、巨大なハローキティチョコ

2019年5月3日 17:00 Lmaga.jpニュース

人気キャラクター・ハローキティ(以下キティ)をモチーフとした、JR西日本の「ハローキティ 環状線トレイン」の運行記念スイーツが期間限定で販売。顔サイズのホワイトチョコレートで、インパクトある仕上がりとなっている。
列車1編成をキティ柄に装飾した列車は、大阪環状線(以下、環状線)を活性化するための「HELLO! LOOP PROJECT」の一環として4月1日から走行。これまでも環状線をイメージしたスイーツを販売してきた「ホテルグランヴィア大阪」(大阪市北区)が、新作の「ハローキティ×大阪環状線コラボ オリジナルチョコレート」を4月15日から販売した。
キティの顔型チョコを持ち上げると、環状線をイメージした円形のピンクのチョコ、中心にはいちごムースが配されている。サンリオ監修のもと、試行錯誤を凝らして色味を実現し、トッピングのオレンジピールで環状線カラーも意識したという。
サイズは縦22cm、幅26cm、高さ約5cm。その重さは約1.2キロ。料金は1個3980円(3日前までの事前予約制)で、1日限定3個。「30代~40代の女性が、ご自身や子どものために購入される方が多く、予想よりもお問い合わせいただいております」と担当者は話し、5月上旬分までは完売間近。販売期間は6月30日まで。
Ⓒ1976 2019 SANRIO CO.LTD. APPROVAL NO.G600382

外部リンク