cat_oa-lmagajpnews_issue_a0b95e99e1fb oa-lmagajpnews_0_a0b95e99e1fb_ミニストップのハロハロ、温州みかん再び a0b95e99e1fb

ミニストップのハロハロ、温州みかん再び

2019年5月4日 15:00 Lmaga.jpニュース

「ミニストップ」の夏の風物詩として愛され続けているスイーツ「ハロハロ」。氷の代わりにフローズンみかんを使用した「ハロハロ 果実氷温州みかん」が、5月3日からは国内の「ミニストップ」(2019年3月末現在:2177店)で発売されている。
1995年に「パフェ感覚で氷を食べられるデザート」というコンセプトで、氷とソフトクリームバニラを組み合わせたスイーツとして誕生した「ハロハロ」。発売開始から25年、老若男女あらゆる世代に向けたさまざまなフレーバーを発売し、幅広い層に支持されてきた。今年は、第1弾として「ラムネ」「いちご」「パチパチグレープ」の3品が、4月26日から登場。
そして今回登場する「ハロハロ 果実氷温州みかん」は、2018年の大ヒット商品で多くの要望を受け復活。氷の代わりにスライスしたフローズンフルーツを使用し、甘酸っぱいみかんと濃厚なソフトクリームバニラの相性が抜群だという。価格は320円。

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_a0b95e99e1fb oa-lmagajpnews_0_a7ed396ef683_フィギュアの海洋堂、タリーズと初コラボ a7ed396ef683

フィギュアの海洋堂、タリーズと初コラボ

2019年9月18日 21:30 Lmaga.jpニュース

世界的フィギュア制作メーカー「海洋堂」(本社:大阪府門真市)が、「タリーズコーヒー」と初コラボ。9月20日、4年ぶりに営業を再開する百貨店「大丸心斎橋 本館」(大阪市中央区)内にオープンする。
「ポケモンセンターオーサカDX&ポケモンカフェ」や「ジャンプショップ」など、日本のポップカルチャーが集結する9階フロアに登場した「タリーズコーヒー KAIYODO 大丸心斎橋店」。
店内には、同社のフィギュアのなかから、仏像やウルトラマン、太陽の塔、昭和の情景、民芸、都道府県みやげといった新旧さまざまな「日本文化」に特化したフィギュアが展示され、海洋堂印の精巧で躍動感あふれるフィギュアを眺めながらコーヒーを嗜むことができる。
また店内では、3Dデジタルプリンターによるフィギュア制作過程のライブ展示や、人気のカプセルマシン(ガチャガチャ)フィギュアなどの購入も可能。
「海洋堂」のセンムこと宮脇修ー代表取締役社長は、「海洋堂のチョコエッグの食玩シリーズが誕生してから今年で20年。フィギュアは今、中国など海外での人気が急増している。このコラボをきっかけに、より多くの人に海洋堂のフィギュアを知ってもらえる機会になれば」と期待を寄せる。今後は両者のコラボ商品の開発も予定しているという。営業時間は10時から20時30分(オープン日は13時〜)。

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_a0b95e99e1fb oa-lmagajpnews_0_9e2923d2ebd0_峰不二子を大解剖、脇役美学に迫るNHK 9e2923d2ebd0

峰不二子を大解剖、脇役美学に迫るNHK

2019年9月18日 21:00 Lmaga.jpニュース

ヒーローの影で独特の存在感を放つ脇役(セカンド)の美学に迫るNHKのドキュメンタリー『セカンドの美学』。9月21日放送回では、『ルパン三世』の紅一点・峰不二子にスポットを当てる。
『機動戦士ガンダム』のシャア・アズナブルや、『北斗の拳』のラオウなど、ファンから注目を集め続ける名脇役を特集してきた本番組。制作サイドへのインタビューはもちろん、キャラクターのセリフや表情、体格などの分析、ファンの心理など、あらゆる角度から徹底調査しその魅力を語り尽くす。
今回は、「魔性の女」の代名詞・峰不二子の不思議な魅力を大解剖。ルパン一味との数奇な運命や、知られざる出生の秘密、抜群のプロポーションに隠された謎など、驚きの真実が浮き彫りとなる。
また、男性がイチコロの妖艶セクシーボイスはいかにして生まれたか? や、なぜ裏切られても男は不二子が好きなのか? などの疑問も解決。番組は21日・夜10時から、BSプレミアムにて放送される。

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_a0b95e99e1fb oa-lmagajpnews_0_362378fecd84_梶原善、浜田は「いい兄貴分、相談事も」 362378fecd84

梶原善、浜田は「いい兄貴分、相談事も」

2019年9月18日 20:00 Lmaga.jpニュース

ダウンタウンの浜田雅功がMCをつとめるバラエティ『浜ちゃんが!』(読売テレビ)。9月18日は、ゲストの買い物姿を通して、意外な素顔に迫る「買う編」を放送。ゲストの俳優・梶原善、グラビアアイドル・華村あすかが買い物ロケをおこう。
「いい兄貴分。相談事に乗ってくれて・・・」と浜田について語る梶原は、23年前にドラマ『龍馬におまかせ!』で共演した仲。「ウチの子どもは7歳。もう小1ですよ。浜田さんに(出産の)お祝いしてもらって・・・。リビングで勉強をしているんですけど、消しゴムのカスでテーブルが大変なことになる」と、小型コードレスクリーナーをチョイス。
また、スペシャル(5万円前後)の商品として、「ドラマのロケは朝が早くて時間が大切。朝、髭剃りに結構な時間を取るんですよ」と、新しいシェイバーを選んだ梶原。そして、商品獲得をかけたクイズに挑戦する。この模様は、9月18日・深夜1時10分から放送される(日本テレビは10月9日・深夜2時09分)。

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_a0b95e99e1fb oa-lmagajpnews_0_891e930a3ea9_忌野清志郎トリビュート、14年ぶり開催 891e930a3ea9

忌野清志郎トリビュート、14年ぶり開催

2019年9月18日 18:30 Lmaga.jpニュース

2009年に亡くなってから10年以上経った今でも熱い支持を集める、日本最高のロックスター・忌野清志郎さん。彼のトリビュートイベント『ナニワ・サリバン・ショー』が2020年1月18日、「エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育館)」(大阪市浪速区)で開催される。
1968年にロックバンド・RCサクセションを結成。紆余曲折を経て、80年代には『雨あがりの夜空に』『トランジスタ・ラジオ』『い・け・な・いルージュマジック』でのヒットやグラムロック風の派手な出で立ちで、たちまち時代の寵児となった清志郎さん。2009年にガンで逝去した後も現在まで、日本のロックシーンに多大な影響を与え、多くのファンに愛され続けている。
『ナニワ・サリバン・ショー』は、彼が生前の2001年・2004年・2006年に大阪のFM局「FM802」主催のライブイベントで、2011年には縁のあるアーティストをゲストに迎えて映画化もされた、関西の音楽ファンには格別な思い入れのあるものだ。そんなスペシャルなショーが14年ぶりに蘇るとあれば、当時参加した人はもちろん、乗り遅れて悔やんでいた人も駆けつけるしかない。
当日は清志郎さんと親交があり、映画『ナニワ・サリバン・ショー』にも出演した宮藤官九郎、斉藤和義、トータス松本(ウルフルズ)に加え、直接交流こそなかったものの熱心なファンとして知られる渡辺大知、のん。そして同映画でマラソン出演した間寛平など、豪華な面々が集結。なにかとキナ臭い時代だからこそ、彼が音楽を通じて世のなかに投じた痛烈な反骨とユーモアを武器に、感度サイコーで楽しもう。料金は8500円で、チケットは11月9日に発売される。
文/井口啓子

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_a0b95e99e1fb oa-lmagajpnews_0_5a96066e0b1e_佐々木蔵之介「マジか!をありがとう」 5a96066e0b1e

佐々木蔵之介「マジか!をありがとう」

2019年9月18日 18:00 Lmaga.jpニュース

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(大阪市此花区)によるショー鑑賞とともに食事が楽しめる団体向け新施設「ピーコック・シアター」。その完成記念セレモニーに俳優・佐々木蔵之介が登場し、いち早くショーを体験した。
観客とともにレストランに通された佐々木は、「USJは『ワオ!』を伝えてくれます。関西弁で言えば『マジか!』かも。一緒に『マジか!』に触れましょう」と、関西弁のイントネーションを交えて場を和ませつつ、ショーへの期待をのぞかせた。
会場中央のステージ上に集結したキャストたちが、歌やダンス、マジックに空中ダンスと多彩なパフォーマンスで観衆を沸かせるショーを体験した佐々木。会場全体を巻き込むショーの華やかな演出と食事に目を輝かせていた。
ショーのあと、佐々木は開口一番に「愛にあふれたエンタテインメント。『マジか!』をありがとうございます」とコメント。「劇場といったらドーンと大きいと思ったが、(広さが)ちょうどいい。キャストを間近で見られるので、この方が贅沢」と冷静に分析しながら、「会社や家族、仲間と一緒に来て欲しい。絶対に思い出になる。こういうのが(会社員時代に)あればよかったなあ」とうらやんだ。
同施設は9月から営業をスタートさせ、35日前までに予約が必要。90名以上から利用可能で、料金は大人18000円〜(スタジオ・パス、食事とドリンク、ショー、会場使用料・消費税など込み)。詳細は公式サイトにて。

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_a0b95e99e1fb oa-lmagajpnews_0_a830736541af_百貨店フードホールは、食の質を重視 a830736541af

百貨店フードホールは、食の質を重視

2019年9月18日 17:30 Lmaga.jpニュース

4年半の建て替え工事期間を経て、9月20日にグランドオープンする「大丸心斎橋店」(大阪市中央区)。その内覧会が18日におこなわれ、新しい百貨店モデルを具現化したという全フロアが公開された。
なかでも目玉は、地下2階の「フードホール」。「五感が刺激されるライブキッチン」をテーマに、全13店舗、350席で店舗の垣根を越え、ドリンクやフードが自由に食べられる。関西初のトリュフ専門店やソムリエと利き酒師が常駐するバーカウンターなど、クオリティの高い店がそろい、百貨店の目利き力が発揮されている。
具体的には、大豆ミートや豆乳でヴィーガン料理を提供する「アップグレード」や肉の専門店で購入した神戸牛や松阪牛を調理してもらえる「肉料理専門バル ヴォレー」、フカヒレ麺や丼が味わえる「日本橋 古樹軒」など、外国人観光客の来店も見越した幅広い業態の店舗がそろう。フードホールの共用席では、これらのメニューを好きなように組み合わせて食べることができる。
また、スマホを使ってメニューの閲覧、注文、決済ができるシステムを導入。着席後に注文確定ボタンを押すと、料理の出来上がったタイミングでスマホにプッシュ通知が届くという。営業は朝10時から23時まで。

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_a0b95e99e1fb oa-lmagajpnews_0_7d9e5d68c61c_大阪市立中央図書館、10月から名称変更 7d9e5d68c61c

大阪市立中央図書館、10月から名称変更

2019年9月18日 16:00 Lmaga.jpニュース

2021年に開館60年を迎える「大阪市立中央図書館」(大阪市西区)が、海運業などを営む「辰巳商会」(大阪市港区)とネーミングライツ協定締結を発表。その締結式が18日、同図書館でおこなわれた。
締結式には、同図書館の三木信夫館長と同社の西豊樹社長が出席した。同図書館は10月1日からの2年間(2021年9月31日まで)「辰巳商会中央図書館」の名称となる。
蔵書数225万冊、年間貸書数240万冊、来館者数140万人と、全国最大規模の利用を誇る同図書館。また、辰巳商会は大正9年(1920年)に大阪市に創業し、陸・海・空を組み合わせた総合物流企業で、日本国内のほか、北米、東南アジアと70カ所に拠点を持っている。
この日、西社長は「多くの学生、子どもたちに親しまれ、自主的な学習の場、学校支援の場所として多目的に使われている図書館と提携でき、とても光栄。わが社も来年100年を迎えるため、今回を機会により図書館の発展に寄与したい」と挨拶。
締結式を迎えたこの日を、「めでたけれ 人と本とが 逢うさか(大阪)の 文の館を辰巳(立つ身)と名付く」と和歌で祝った三木館長。「この意味は、人と本とが出合うこの大阪市立図書館を辰巳商会中央図書館と名付けることで、若い人が本と出合って身を立てることにもつながり、たいへんめでたいことだ、という期待を込めて作った。大阪万博を控え、飛躍する大阪とともに辰巳商会も発展してほしい」と祈願した。
取材・写真/岡田由佳子

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_a0b95e99e1fb oa-lmagajpnews_0_1bb846a8908c_シェフも参戦、奈良の食材味わうイベント 1bb846a8908c

シェフも参戦、奈良の食材味わうイベント

2019年9月18日 13:00 Lmaga.jpニュース

奈良産食材の魅力を広めるべく、2008年に始まったフードイベント『C’festa−シェフェスタ−』が今年も開催。10月に「馬見丘陵公園」(奈良県北葛城郡)と「奈良公園登大路園地」(奈良県奈良市)でおこなわれる。
同イベントには、1日最大50店舗、全日程で合計700以上の飲食店が集結。会場内の本格ピザ窯で焼き上げる「青空ピッツァ」や、カジュアルな価格で楽しめる「シェフェスタ屋台」など、さまざまな企画ブースがずらりと並び、そのすべてで奈良県産の食材が使用されるという。
なかでも毎年注目を集めるのが、県内外の有名シェフによる料理が2000円から楽しめるコーナー「シェフズキッチン」。食通から「古典フランス料理の継承者」と称される「オテル・ド・ヨシノ」(和歌山県)の手島純也シェフ、スパニッシュレストラン「アコルドゥ」(奈良県)の川島宙シェフ、人気イタリアン「イル・ギオットーネ」(京都府)の笹島保弘シェフなどが日替わりで登場し、奈良県食材を駆使したメニューが堪能できる。
日程は、「馬見丘陵公園」が10月12日から20日、「奈良公園登大路園地」が10月26日から11月4日。入場料は無料。

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_a0b95e99e1fb oa-lmagajpnews_0_204e1ea2355a_滋賀名物・サラダパン味、ポテチで登場 204e1ea2355a

滋賀名物・サラダパン味、ポテチで登場

2019年9月18日 12:00 Lmaga.jpニュース

菓子メーカー「カルビー」(本社:東京都千代田区)による、地元の味をポテトチップスで再現するプロジェクト「ラブジャパン」。9月23日から、滋賀の名物で知られる「サラダパン」味のポテトチップスが近畿2府4県で数量限定販売される。
サラダパンとは、滋賀県にある昭和26年創業の老舗パン店「つるやパン」(滋賀県長浜市)の名物商品。昭和35年に「おにぎりの代わりになるパン」として考案された同パンは改良を重ね、コッペパンのなかに「刻んだタクワン漬けをマヨネーズで和えたもの」を挟み込んだ現在の形になった。
新作では「つるやパン」監修のもとに、コッペパンの風味や「タクワン漬けマヨネーズ和え」の味わいを再現。タクワンの塩気、マヨネーズのコクもしっかりと感じられる一品となっている。価格は130円前後。

外部リンク