cat_oa-jisin_issue_2747c0470cb1 oa-jisin_0_2747c0470cb1_本田翼と窪田正孝が月9決定で過去の“あの共演歴”が話題 2747c0470cb1

本田翼と窪田正孝が月9決定で過去の“あの共演歴”が話題

2019年2月15日 21:04 女性自身

4月からフジテレビの月9枠で放送される新ドラマ「ラジエーションハウス」のキャストが発表された。主演は窪田正孝(30)、ヒロイン役を本田翼(26)が務める。

 

実はこの2人の“ある共演歴”が、SNS上で話題となっている。2012~13年にかけて展開された、JRのスキー広告キャンペーン「JR SKI SKI」だ。

 

6年ぶりに展開された広告で、雪景色に寝そべる本田翼のヴィジュアルの完成度が高いとして大きな話題を呼んだ。CM動画ではグループでスキー場に訪れた本田翼が、友人役の男性とじゃれあっている。その相手役が、『花子とアン』でブレイクする前の窪田正孝だったのだ。

 

SNS上では、2人の共演歴に気づいた人々がざわめいている。

 

《JR SKI SKIの2人やん!!!!!! やば!!! 窪田くんが出てるってのを除いてもJR SKI SKIのCMの中で1番好きなコンビ!!! やば!》
《JR SKI SKIだ! あのCMキュンキュンしたなぁ~》
《ていうか待って、冷静に考えたら窪田くんと翼ちゃんってJR SKISKIの2人じゃん、、胸アツ、、、》

 

「ラジエーションハウス」で窪田と本田はそれぞれ放射線技師と放射線科医を演じ、同じ病院に勤めている設定。純白のゲレンデから白亜の病院へと場所を変え交わされる二人の交流に、視聴者から熱い期待が寄せられている。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_2747c0470cb1 oa-jisin_0_2199545968ab_「麗禾を女性初の歌舞伎役者に」海老蔵決意の陰に妻との約束 2199545968ab

「麗禾を女性初の歌舞伎役者に」海老蔵決意の陰に妻との約束

2019年5月23日 06:00 女性自身

「市川ぼたんとして、私の團十郎襲名公演に出たいようです」

 

そう顔をほころばせたのは、市川海老蔵(41)。5月12日、長女・麗禾ちゃん(7)が、日本舞踊市川流の四代目・市川ぼたんを今年8月に襲名することを発表した。壇上で目標を聞かれた麗禾ちゃんは、照れて父に耳打ち。冒頭のように海老蔵が代弁したのだった。

 

「麗禾ちゃんは見るのも演じるのも大好きな生粋の歌舞伎ファン。デッキが壊れてしまうくらい何度も公演のDVDを見たり、自宅では弟の勸玄くん(6)と歌舞伎ごっこをして遊んでいます。でも麗禾ちゃんが歌舞伎にのめり込むほど、海老蔵さんの悩みは深くなっているようです。なぜなら、女性は子役としてしか舞台に立つことができないから。慣習的には初潮が来るまでとされているので、近い将来、麗禾ちゃんは大好きな歌舞伎の舞台から去らなくてはいけないのです」(歌舞伎関係者)

 

市川家の知人によると、麗禾ちゃんは「私もいつかパパのような歌舞伎役者になりたい。でも女の子は駄目なの?」と父に尋ねたことがあったという。

 

梨園の伝統に苦しんだ女性は麗禾ちゃんだけではない。十八代目中村勘三郎(享年57)夫人の波野好江さん(60)は、女性として梨園に生まれてきた苦悩を自伝『三人桃太郎』でこう綴っている。

 

《私は歌舞伎役者・七世中村芝翫の次女として生まれました。父はもちろんのこと、母やまわりの誰もが“今度こそ、きっと男の子を”と待ち望んでいたでしょうに、周囲の期待を裏切って、この世に産声を上げてしまったのです》

 

こうした女性たちの悲痛な声を子どものころから聞いていた海老蔵は、17年2月に主演を務めた実験的な舞台・六本木歌舞伎「座頭市」に、尾上菊五郎(76)の長女の寺島しのぶ(46)を相手役で出演させ“女性の歌舞伎役者”への門戸を開いたのだった。

 

「しのぶさん自身、弟が6歳で歌舞伎の初舞台を踏むと、家の中で自分だけが歌舞伎の会話に入っていけず、寂しい思いをしていたと告白しています。『男だったら音羽屋を継げたのに!』と。その思いを幼なじみである海老蔵さんはだれよりも理解していました。歌舞伎座では難しいものの、自身の自主公演に出演させるというかたちで、しのぶさんの長年の夢を叶えてあげたのです」(別の歌舞伎関係者)

 

記者会見で寺島は「まさか自分が歌舞伎に出演するとは」と嬉しさのあまり目に涙をためていた。そのとき、海老蔵は歌舞伎と女性についてこう語っている。

 

「歌舞伎が今のかたちになってから200~300年という年月が経って、そろそろ考え直す時期にきている。(中略)性別を理由に女性が歌舞伎をできないことが、僕にはわからなかった」

 

そこで、海老蔵が愛する娘のために練った“一世一代の秘策”とは――。

 

「93年、当時16歳だった松たか子さん(41)が、舞台『文七元結』のお久という役で歌舞伎座デビューを果たしました。つまり、この年齢でも歌舞伎座に立てたという前例があるのです。今は子役として通用する麗禾ちゃんのために新たな演目まで作って積極的に歌舞伎の舞台に立たせている海老蔵さんですが、次の手として、高校卒業後にこのお久役を演じさてあげたいと検討しているようです。そして、ゆくゆくは『麗禾を女性初の歌舞伎役者に!』という野望を抱いているといいます」(前出・歌舞伎関係者)

 

そんな“梨園への反逆”を海老蔵に決意させたのは、麻央さん(享年34)とのある約束だった。

 

「いまの梨園ではやはり、長男である勸玄くんが何かと優遇されます。でも、麻央さんと海老蔵さんは『できるかぎり平等に育ててあげたい』という教育方針を持っていました。病床の麻央さんは、勸玄くんのデビューをうらやましがる麗禾ちゃんを見て『同じように舞台に立たせてあげたいな』と海老蔵さんに漏らしていたそうです。海老蔵さんはこの約束を果たすべく、麗禾ちゃんの英才教育に励んでいます。市川ぼたん襲名も、その一歩でしょう」(前出・知人)

 

来年5月から歌舞伎座で始まる、十三代目市川團十郎白猿襲名興行。その口上には市川ぼたんとなった麗禾ちゃんも連座し、“女性歌舞伎役者への道”がまたひとつ拓けることだろう――。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_2747c0470cb1 oa-jisin_0_b9a14b66062b_「終身雇用難しい」トヨタ社長発言にお膝元・豊田市の反応は b9a14b66062b

「終身雇用難しい」トヨタ社長発言にお膝元・豊田市の反応は

2019年5月23日 06:00 女性自身

他社がリストラをしようとも「モノづくりは人づくり」と人材育成の大切さを掲げてきたトップ企業。なぜいま、従業員の“安心”を揺るがす必要があったのか――。

 

「なかなか終身雇用を守っていくというのは、難しい局面に入ってきた――」

 

5月13日、日本自動車工業会の会長会見での豊田章男氏(トヨタ自動車社長)の発言が、大きな波紋を呼んでいる。『トヨタの方式』の著者がある、経済ジャーナリストの片山修さんが語る。

 

「日本の企業で初めて売上高30兆円を超えたという、トヨタの'19年3月期決算が発表されたタイミングだったため、社員の気が緩まないよう、引き締める意図もあったでしょう。しかし同時に、経団連の中西宏明会長も『企業側からみると(従業員を)一生雇い続ける保証書を持っているわけではない』と話しているとおり、高度経済成長期に作られた“サラリーマンがそこそこ働いて、年功序列で定年まで勤め上げる”日本人の働き方が、トヨタであっても維持できなくなるという意味が含まれています。ほかの企業にも大きな影響を与える結果となるはず」

 

「人を育てるトヨタ」のイメージとは逆方向とも思える発言。名古屋市から車で1時間ほどの距離にある、トヨタのお膝元・愛知県豊田市にもショックを与えている。

 

夫が工場勤務をしているという、30代後半の女性が話す。

 

「もともとは挙母(ころも)市でしたが、昭和34年、トヨタの名を冠した市名に変更されたそうです。トヨタに勤める夫とは、トヨタ系のホテルで挙式をして、トヨタ記念病院で子どもを出産して、いまも毎日、トヨタの生協で買い物をしています。市民の多くはトヨタと共に生きてきたし、トヨタの一員であることに誇りを持っています。だから、今回の社長の発言には、心にさざ波が立っています……」

 

トヨタ創立3年目の昭和14年から60年もトヨタに勤務し、次男、孫もトヨタで働いているという板倉鉦二さん(95)は、機械油にまみれた創業者の豊田喜一郎さんの姿を思い浮かべ、静かに語った。

 

「昼休みのサイレンがなって工長が『飯だ、早くしろ!』っていうと、喜一郎さんが『おう』と言って、ピットから出てきてね。社長からは『お前たち工員は、トヨタの旗本だから、しっかり中心になって担っていくんだぞ』と、東洋一の工場にしようとハッパをかけられました。今よりもずっと家庭的な雰囲気がよかったですね。従業員に対しても優しかった。解雇は、昭和25年の労働争議で人を切ってからは、一度もありません。トヨタに就職したら、最後まで面倒を見てくれるし、その恩返しとして、社員は会社のために尽くしてきたんです」

 

現在、独立している元トヨタマンも、こう振り返る。

 

「製造業では、ダントツの待遇でした。私が働いていたころ、30歳前後で一軒家を購入して、定年前の50代でローンを完済する人も多くいました。福利厚生も手厚く、家を購入した後、海外赴任した社員には、会社が家を借り上げて家賃が生まれる制度までありました」

 

この好待遇による甘えが、終身雇用の“危機”発言につながったのではないかという見方も、現役世代からは聞こえてくる。

 

「社内でできることも外注のほうがコストがかからない。すると“何をやればいいのかわからない”という人が出てきます。就職さえすれば一生安泰……そんな給料泥棒なおじさんがいるのは確か。一方、若手にも、それほど強い忠誠心を感じなくなってきた。終身雇用を約束するより、待遇や労働条件をよくしたほうが人材が集まると思います」(事務系)

 

それを同社の内情に詳しいモータージャーナリストが補足する。

 

「’16年に、トヨタは製品群ごとに、7つのカンパニー制へと移行しています。簡単にいうと、高級車ブランドのレクサス、コンパクトカー、中型車のようなカテゴリーごとに独立した会社をつくりました。これには意思疎通のレスポンスの向上だけでなく、互いに競争心をあおる効果があった。その結果、奮起する社員も出てきたのです。それから3年、このへんでもう1つ刺激をという狙いが、今回の終身雇用制の発言に込められているような気がします」

 

さまざまな解釈があれど、トヨタが向かう独自の“働き方改革”に、日本中が注目しているのは間違いない。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_2747c0470cb1 oa-jisin_0_dfa727c55d25_秋篠宮家救う佳子さまの決意 ダンス封印で初の海外ご公務へ dfa727c55d25

秋篠宮家救う佳子さまの決意 ダンス封印で初の海外ご公務へ

2019年5月23日 06:00 女性自身

悠仁さまを狙った“刃物事件”や小室圭さん問題など、苦難に見舞われている秋篠宮家。しかし、明るい話題もある。

 

次女の佳子さまが初の外国公式訪問へ向けて調整中だと宮内庁が発表したのだ。今年の9月中旬から下旬にかけて、オーストリアとハンガリーを約10日間の日程で訪問される予定だという。胸をなでおろすのは宮内庁関係者。

 

「実は、佳子さまはこの秋から留学されるのではないかという声もあったのです。お姉さまの眞子さまも大学卒業時、『進学や就職はせず、皇族として本格的に公務に取り組む予定』と宮内庁から発表がありましたが、半年後にはイギリスの大学院に進学されています。佳子さまにとっても、海外の大学院進学は魅力的な選択肢だったはずです。毎週お忍びでダンスレッスンを続けていらっしゃった佳子さまには、より自由な環境でダンスに打ち込みたいという思いもおありだったと思うのです」

 

しかし佳子さまはダンスへの情熱をいったん“封印”し、ご公務に取り組まれる道を選ばれたのだ。

 

秋篠宮家は御代替わり後、総力を挙げて公務にまい進している。秋篠宮ご夫妻は「全国『みどりの愛護』のつどい」の式典出席などのため、5月17~18日に鳥取県をご訪問。さらに秋篠宮さまは、6月中旬までに単独で3回の地方ご公務を予定するハードスケジュールだ。

 

眞子さまも5月11日に「みどりの感謝祭」式典に出席され、22~23日には「全国都市緑化祭」ご臨席のため長野県を訪問される予定。さらに21日には、秋篠宮ご夫妻と眞子さまと佳子さまがそろってコンサートを鑑賞された。

 

「秋篠宮家に逆風が吹く中で、国民の支持を取り戻すためには、やはりひたむきにご公務に取り組むほかはない――。小室さん問題をめぐって対立するなかでも、その点ではご一家の意見が一致したのでしょう。初の外国訪問に臨まれる佳子さまからは、その先頭に立って“秋篠宮家を救う”と言わんばかりの意気込みが感じられます」(皇室担当記者)

 

皇室ジャーナリストの渡邉みどりさんも期待を込める。

 

「佳子さまは毎朝、赤坂御用地内をジョギングされているそうですが、職員を見かけると佳子さまのほうから『おはようございます』と挨拶されるそうです。そういった社交性と海外留学で培った語学力で、佳子さまが令和の時代の新しい皇室のイメージを形作ってくださるはずです。今年3月、大学ご卒業に際して発表されたご感想の中で《私は、結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています》とつづられました。あえて堂々とご自身の考えを表明されたご姿勢は今の時代に合っていると思います」

 

ただ、こういった佳子さまの発言に、一部週刊誌からは「『公』より『私』を優先」などと批判が上がった。前出の宮内庁関係者はこうした意見に反論する。

 

「佳子さまは同じ文書の中で、上皇ご夫妻の60年にわたるご活動を《大変尊敬申し上げております》と綴っていらっしゃいます。また、天皇皇后両陛下についても《少しでもお二方のお役に立つことができれば誠に嬉しく思います》と語られています。上皇ご夫妻の思いを受け継ぎ、天皇皇后両陛下を支える――。その真摯なお気持ちは、きっとご公務で体現されることでしょう」

 

秋篠宮家、そして国民の期待を背負って――。佳子さまはついに、国際親善の舞台へと足を踏み出される。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_2747c0470cb1 oa-jisin_0_bc82dad2566e_仲間由紀恵がブログ開設 ファンは「双子ちゃんの成長記」に期待 bc82dad2566e

仲間由紀恵がブログ開設 ファンは「双子ちゃんの成長記」に期待

2019年5月22日 22:33 女性自身

女優の仲間由紀恵(39)が5月21日、オフィシャルブログを開設した。

 

仲間は「懐かしのて~げ~気分でよろしくお願いします」と題したブログを投稿。てーげー」とは仲間の地元である沖縄の方言で「おおよそ、適当」といった意味。.

 

記事では「遅ればせながら、、、ファンの皆さまへ向けて、最近こんなお仕事やってますのご紹介や、見てほしい放送とか、時々は個人的な小さなツッコミや心の声を呟いたり、てーげーに、ひっそりとやっていきたいと思っております」と意気込みをつづった。

 

また、「わたくし仲間由紀恵や、マネジャーやスタッフなどなど、色んなメンバーでアップしていきますので、よろしくお願いします」とあいさつした。

 

これに対し300近いコメントが寄せられ、ブログ開設から1日が経ち、読者登録は1万5千人を超えている。

 

コメント欄には「ブログ開設とっっても嬉しいです!!」「同じ沖縄出身なので方言を使ってくれるのもでーじ嬉しいです♪ これから更新を楽しみにしてます」と喜びの声や、「仲間さんの韓国のファンです!:) 中学の時からファンでした!」「私は香港のファンです。仲間さんのブログから仲間さんの近況が聞くことができて嬉しいです」と海外からのファンからもコメントが寄せられていた。

 

また、夫・田中哲司(53)との間に昨年6月に双子の男児を出産している仲間に対し「双子のお子さんの記事も楽しみにしています」「双子ちゃんの成長の記事も読みたいです」とリクエストが寄せられていた。

 

仲間はアメーバオフィシャルブログ内の女優(70年代生まれ)部門で1位を獲得し反響を得ている。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_2747c0470cb1 oa-jisin_0_88386f81cb3a_DA PUMPが仮面ライダージオウに出演が決定しファン歓喜 88386f81cb3a

DA PUMPが仮面ライダージオウに出演が決定しファン歓喜

2019年5月22日 22:30 女性自身

5月22日、ダンス・ボーカルグループのDA PUMPが『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』にゲスト出演することが明らかになり、Yahoo!トレンドワードランキングに「ISSA」がランクインするなど話題となっている。

 

この日、仮面ライダージオウの公式Twitterでは、映画のタイトル名を発表。続いて「映画ゲストとしてDA PUMPさんの出演決定!!!」とDA PUMPの出演と主題歌を担当することを知らせた。

 

公式ホームページによると、DA PUMPのメンバー7人が演じるのは、歴史の管理者と名乗る謎の集団「クォーツァー」。また、リーダーISSA(40)は仮面ライダーバールクスを演じるという。

 

ISSAは自身のTwitterで「やっと皆様に報告出来る オレの人生にこんな日が来るなんて…感無量とはこの事です」と喜びのコメントを投稿。

 

また、DAICHI(30)は「『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』主題歌&出演させて頂きます」と報告。続いて「カッコいい最高な MVを作るジオ?!ごきげんに待ってて下さい」と呼びかけた。

 

これに対し「ISSAさん!! 本当におめでとうございます それは美しく感無量ですね 私も嬉しくて泣きそうです」「夢は絶対叶うことISSAさん証明してくれました すごいです!!」「ISSA君おめでとう 夢叶ったね ずっと言ってたもんね すごい」と子どものころから仮面ライダーの大ファンなISSAに対しファンから祝福のコメントが殺到した。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_2747c0470cb1 oa-jisin_0_8261967ed5d4_小嶺麗奈 田口淳之介と常に行動「ちょっと浮いていた」の声も 8261967ed5d4

小嶺麗奈 田口淳之介と常に行動「ちょっと浮いていた」の声も

2019年5月22日 22:18 女性自身

元KAT-TUNメンバーの田口淳之介(33)と小嶺麗奈(38)が5月22日、大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕された。

 

各紙によると乾燥大麻数グラムと吸引器具が見つかった東京・世田谷区のマンションで2人は同居しており、麻薬取締部は「田口と小嶺が内縁関係にあった」と見ているという。

 

本誌は'16年9月に田口がソロデビューを発表した当日、小嶺との仲睦まじい2ショットを目撃。この翌日、本誌の取材に答えた田口は小嶺との関係について「いつかは“責任ある行動”をとらないと、とは思っています」と語っていた。

 

昨年3月、ファッションブランドのイベントに田口がモデルとして参加した際には小嶺も“同伴”していた。ファッション関係者はそのときの様子をこう語っている。

 

「田口さんのことを“彼”と呼んで、周りのスタッフや関係者たちにあいさつされてましたね。気になったのはその際、『私、いま彼のマネージャー兼プロデューサーなんです』と話されていたこと。小嶺さん自身、れっきとした芸能人ですから、“えっ、女優はやめちゃったの?”とびっくりしました」

 

田口が社長を務める個人事務所の役員でもある小嶺。堂々と“マネージャー宣言”をしていたのだ。

 

「この日の小嶺さんの振舞いは、ちょっと浮いていましたね。マネージャーと言いつつ別に田口さんの世話をするわけでもなく、スタッフをつかまえては『××さんとは昔から付き合いあるんですよ~』なんて“芸能人感”を漂わせていて……。“何しにきたの?”と不思議がっている人もいました」(前出・ファッション関係者)

 

2人は事情を聴かれていた千代田区の麻薬取締部を車で出て、22日19時前に続けて東京湾岸署に到着した。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_2747c0470cb1 oa-jisin_0_0e0a085abb4a_菅田将暉の歌手業が好調と話題 チケット争奪戦、ドーム期待も 0e0a085abb4a

菅田将暉の歌手業が好調と話題 チケット争奪戦、ドーム期待も

2019年5月22日 22:03 女性自身

俳優で歌手の菅田将暉(26)が5月20日、都内で行われたフジテレビ系連続ドラマ「パーフェクトワールド」のスペシャルイベントに参加。主題歌「まちがいさがし」を初めて生披露したと、各スポーツ紙が報じた。

 

同曲は昨年「Lemon」で大ヒットした米津玄師(28)が作詞・作曲・プロデュースを手がけたミディアムナンバーだ。

 

各紙によると、事務所先輩でドラマ主演をつとめる松坂桃李(30)の前で生歌披露した菅田は「米津(玄師)君が作ってくれた曲っていうのもありますし。この緊張感が楽しみ。初めて歌う場に桃李君がいるのが、ストーリーがあっていいなと思います」と笑顔をみせたという。

 

同曲は27日付のオリコン週間デジタルシングルランキング(13~19日)で、初週9.9万ダウンロードで売上初登場1位を獲得している。

 

「もちろん菅田さんは俳優としても超多忙な日々を送っています。大作映画『アルキメデスの大戦』が7月26日に公開を控えているので、これからプロモーションに飛び回ることになるでしょう。そんななか、さらに音楽方面でも高く評価されています」(映画業界関係者)

 

今年の夏は音楽活動に力を入れるようで、7月10日に自身2枚目となるアルバム「LOVE」を発売。また8月24日からは全国東名阪福4か所5公演のZeppツアーを開催すると発表した。

 

「チケットはすさまじい倍率になりそうですが、今の菅田さんならもっと大きな会場でやっても埋まるはずです。ファンのためにも単独での日本武道館や横浜アリーナ、さらには全国各地のドームでの公演が期待されています」(芸能記者)

 

歌手としてもさらなるステップアップを目指すことになりそうだ。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_2747c0470cb1 oa-jisin_0_6f1f3e7982b4_志茂田景樹骨折も前向きの理由 病にも名前つけ付き合ってきた 6f1f3e7982b4

志茂田景樹骨折も前向きの理由 病にも名前つけ付き合ってきた

2019年5月22日 22:01 女性自身

5月22日、作家の志茂田景樹氏(79)が数日前に圧迫骨折した腰について「大丈夫」とTwitter上で報告。心配してくれたファンへ感謝の気持ちを綴った。

 

19日、息子で政治家の下田大気氏(42)がTwitterを更新。志茂田が転倒によって腰を圧迫骨折したと明かしていた。

 

そして翌20日、ファンが志茂田本人のTwitterに「先生、腰のほうはいかがですか?」と質問。それを受けて志茂田は闘病中である膠原病の養生も兼ねて南会津へ保養に行った際に転倒したこと、そして数日後に検査したところ圧迫骨折だと判明したことなど経緯を報告した。

 

今回の骨折は、膠原病による足の不自由さも関係しているようだ。過去に志茂田は自身のブログで、2017年に膠原病と診断されたことを告白。だが自身の病気について“姿なき病格”の「リウマ君」と称し、“悪友”の様子をブログに記していた。

 

そのようにして病気と付き合ってきた志茂田だからこそ、今回の骨折にも前向きでいられるようだ。膠原病も含めて厄は今年で「打ち止め」として、《来年からは花の80代を目指します》とつづっている。

 

これに対してファンからは《大変でしたね》など志茂田を心配する声が殺到。また《早くよくなられます様に》《骨折キチンと治してくださいね》《ご回復と益々のご活躍をお祈りしています》など、お見舞いの声も多数寄せられていた。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_2747c0470cb1 oa-jisin_0_c536417f7635_NGT48メンバーSNS停止に苦言続出「そういうことじゃない」 c536417f7635

NGT48メンバーSNS停止に苦言続出「そういうことじゃない」

2019年5月22日 20:31 女性自身

NGT48は5月21日、SNSに不適切な投稿があったとして旧チームN3キャプテン・加藤美南(20)を研究生に降格処分すると公式サイトで発表。またグループメンバーのSNS使用をいったん停止するという。

 

加藤は20日、テレビで放送された元メンバー・山口真帆(23)の卒業公演のニュースを映し「せっかくネイルしてるのにチャンネル変えてほしい」とInstagramのストーリーにアップ。投稿はすぐに削除されたがネットで拡散され、非難の声が殺到していた。

 

翌日、加藤は公式サイトで謝罪し「ニュースを見て悲しい気持ちになってしまい、友達だけに公開しようと自分の心境を述べたのですが、間違えて全ての人に公開してしまいました。人の気持ちを考えていない投稿でした」と投稿の意図をつづった。しかしTwitterでは《この子がNGTのキャプテンかよ》《研修生に降格したところでなにか変わるのでしょうか?》と厳しい声が上がっている。

 

また今回の件でメンバーはSNSの使用が停止となったため、中井りか(21)はTwitterで《みんなが少しでも早く安心できるようにします。いつも見てくれてるみんなごめんね》と投稿し、村雲颯香(21)は《大変心苦しく感じております。誠に申し訳ございません》と謝罪した。

 

運営側はSNSについて「指導を徹底するまで一旦停止する」とアナウンスしているが、22日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)で加藤浩次(50)はその方針に苦言。「SNS取扱い徹底させます、ってそういうことじゃない」と話し、「仲間内、NGTメンバー1人、2人入ってるでしょう。何人いるかはわからないが、山口さんの今回の告発に『そんなことすんじゃねえよ』という思いの派閥がいると、僕は推測してしまう」とコメント。さらに加藤美南の処分についても「降格して(活動を)やるというが、内部はまだそういう状況だからこういうことになってるんじゃないの」と意見した。

 

TwitterでもSNS停止に批判の声が相次いでいる。

 

《SNS停止。そういう事じゃないんですよ。こういうことが続くのが問題なのであって解決ではない。とりあえずフタをしただけ。そもそもあの時から何一つ解決もしていませんからね》
《SNS 停止ってなんだ! もうちょっとファンの気持ち考えて下さいよ。早急に解決して下さい。いつも、時間がかかりすぎですよ、このような問題はいかに素早く行動するかです》
《今回のSNS停止は、グループ内で何が起きても発信できない事を意味するから、山口さんを慕いながらグループに残ったメンバーの事が心配》

 

暴行事件からもうすぐ半年となる。

外部リンク