cat_oa-flash_issue_de9c217d12de oa-flash_0_de9c217d12de_巨人を支える「岡本和真」わざと凡打連発のあまのじゃく伝説 de9c217d12de de9c217d12de 巨人を支える「岡本和真」わざと凡打連発のあまのじゃく伝説 oa-flash

巨人を支える「岡本和真」わざと凡打連発のあまのじゃく伝説

『小学校の運動会で』

 

「そろそろ(囲み)取材はいいですか? このあと、彼との練習がありますから」と、嬉しそうに、その場を後にした松井秀喜氏(44)。

 

 2018年2月、臨時コーチとして参加した巨人の一軍キャンプでの一幕だ。松井氏が「彼」と呼んだのは岡本和真(21)。まだ、 “ブレイク前夜” のことだった。

 

 

 21歳というと、「就活」真っ最中の大学4年生と同世代。にもかかわらず、今季の岡本は大活躍。王貞治氏に次ぐ年少記録で、第89代巨人軍4番に座り、前半戦82試合を終えてチーム最多の16本塁打、リーグ4位タイの50打点。

 

 この若武者を松井氏が気に入っているのには理由がある。松井氏は臨時コーチとしてキャンプに参加すると、「どんなことでもいいから、気軽に声をかけてきてください」と呼びかける。

 

 だが、「指示待ち」「打たれ弱い」などと揶揄される世代とあってか、進んで指導を受ける若手選手はいない。しかし、岡本は違った。唯一、自ら指導を乞うたのだ。

 

「多くのコーチ、OBがなにかとアドバイスしてきたが、納得しないと岡本は受け入れなかった。だが、松井氏からの、軸足に重心を残すという打撃論と精神面のアドバイスにはうなずいた。それが今季のブレイクに繋がった」(担当記者)

 

 高校野球の強豪・智辯学園からドラフト1位で入団したとあって、期待は大きかった。

 

「岡本は物怖じしない性格だが、周囲からは『期待が大きいのに、危機感がないのか?』と思われていた。しかし、本当は人の見ていないところで黙々と練習する選手」(同前)

 

『巨人ファンはどこへ行ったのか?』の著者で、長年岡本を取材している菊地高弘氏も、あるエピソードを語る。

 

「わかりやすく言うと、あまのじゃくな性格です。中学時代、強いチームにいたので、高校の監督が見に来る。アピールしたいのが普通の選手だと思うのですが、岡本の場合は誰かに見られて張り切るというのは違うと感じて、わざとずっとセカンドゴロを打っていたそうです(笑)」

 

 そんな “大物感” を醸し出す岡本には、ほかにもいまどきの若者らしからぬ逸話がある。

 

「開幕からのスタメンを勝ち取った大きな要因は、オープン戦で打点が12球団トップだったから。だが、この成績をコーチや坂本勇人、長野久義らが『どうせオープン戦だけの打上げ花火だろ』と茶化した。言われたときは笑ってごまかしていた岡本だが、じつは相当悔しく、負けじ魂に火がついた」(巨人軍関係者)

 

 オジサンたちが新入社員を、「どうせすぐダメになるだろ」と茶化したら、“パワハラ案件” になりそうなものだが、岡本はこれを発奮材料に変えた。交流戦終了時点で、打率.322、12本塁打、43打点と文句なしの成績だ。

 

 最後に、小学校時代に所属していた「軟式野球カインド子供会」の監督だった藤井利夫さんが “怪物伝説” を語る。

 

「選手が少なかったこともありますが、小学校2年生で岡本に投手をやらせてみようと。それで先発させると、全国大会出場経験のある強豪チームを完封したんです。そんなことがあって、岡本を警戒し、偵察しようと、急に多くのチームから練習試合の申し込みがあったんです」

 

 怒りをバネにした若武者に、巨人唯一の光明がある。

 

(週刊FLASH 2018年7月10日号)

外部リンク

cat_oa-flash_issue_de9c217d12de oa-flash_0_oeswpawecasl_アマゾンアプリからデジタルコンテンツ購入不可の“改悪”が次々と…「GAFA」の覇権争いでユーザーが“不便”を被る事態に oeswpawecasl oeswpawecasl アマゾンアプリからデジタルコンテンツ購入不可の“改悪”が次々と…「GAFA」の覇権争いでユーザーが“不便”を被る事態に oa-flash

アマゾンアプリからデジタルコンテンツ購入不可の“改悪”が次々と…「GAFA」の覇権争いでユーザーが“不便”を被る事態に

 グーグル、アマゾン、メタ(旧フェイスブック)、アップルという世界的企業4社を総称して呼ぶのが「GAFA」という言葉だ。

 2021年8月には4社の合計株式時価総額が約770兆円に上り、日本企業全体の約750兆円を上回った。最近はGAFAの株価低調も伝えられているが、いまだ世界的に“独占”状態が続いており、アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏は2021年時点で約23兆円に達するなど、経営者たちの富豪ぶりも注目を集めている。

「この4社はどれもIT系の巨大企業で、当初はネット書店、検索エンジン、SNS、PC・スマホ事業と、別々のルーツを持っていました。しかし、各社とも多くの企業買収を繰り返し、肥大化していくにつれて“市場”がかぶることが多くなりました。

 もっとも激しい争いを繰り広げているのが、モバイル端末分野です。アップルが『iPhone(iOS)』で席巻したところに、グーグルが『Android』を開発。さらにアマゾンも『Fireタブレット(Fire OS)』を販売しています」(ITジャーナリスト)

 それに付随して「YouTube」や「Amazonプライムビデオ」、「AppleTV」といったメディア事業も対立傾向にあり、過去にはグーグルが、Fire OSからのYouTubeへの接続を遮断したこともある。

 じつは、いまユーザーの間で、4社による新たな覇権争いの“代償”が話題になっている。

 4月ごろから、Android端末にインストールされている「Amazonショッピングアプリ」内から、アマゾンの電子書籍サービスである「Kindle」などのデジタルコンテンツが購入できなくなっているのだ。ユーザーが購入するには、一度アプリを離れ、ウェブブラウザ上でアマゾンの商品ページを開き、購入しなければならない。

 アプリ内ではこう説明がなされている。

《Google Play Storeのポリシーに準拠するため、このアプリ内から新しいコンテンツを購入することができなくなりました》

 以前から、iPhoneにインストールされていた「Amazonショッピングアプリ」でも、同様にデジタルコンテンツが購入できなくなっていた。ユーザーだけが損をする“改悪”が次々と起きているのだ。

 インターネット上でも不満の声が上がっている。

《しかしAmazonショッピングアプリでKindleの本買えないの微妙に面倒くさいな》

《AmazonアプリからKindle本買えないから、ブラウザで本検索してAmazonに行こうとしたらアプリに飛ばされる》

《よくよく考えたら、iphoneアプリでkindle本買えないの異常事態だよ。なんでこんな大問題を放置しているんだ。おれは毎日パソコン触るから「ちょっと不便だな」程度で済んでるけど、スマホメイン世代はどうやって買ってるんだ? いちいちブラウザ立ち上げてamazonログインも超面倒だし。》

 前出のITジャーナリストが語る。

「この背景には、グーグルやアップルのアプリストアで扱っているアプリからコンテンツを販売すると、手数料が発生する、という状況があります。

 つまり、アマゾンはその手数料を回避するために、ウェブブラウザに誘導をしているんです」

 莫大な資産を抱える巨大企業が「手数料」で牽制し合うとは……。ユーザーである庶民が不便を被ることも考えてほしいものだ。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_de9c217d12de oa-flash_0_kcrvpj9br6tf_西村康稔・前コロナ大臣の著書、Amazonカテゴリ1位も「よくこんな本が出せるな」批判レビュー460件、心ない誹謗中傷も kcrvpj9br6tf kcrvpj9br6tf 西村康稔・前コロナ大臣の著書、Amazonカテゴリ1位も「よくこんな本が出せるな」批判レビュー460件、心ない誹謗中傷も oa-flash

西村康稔・前コロナ大臣の著書、Amazonカテゴリ1位も「よくこんな本が出せるな」批判レビュー460件、心ない誹謗中傷も

 2020年3月から2021年10月まで、新型コロナウイルス感染症対策担当大臣として、パンデミックの抑止に取り組んだ西村康稔衆議院議員。毎日のように会見の場に立ち、感染状況や対策を訴える姿は記憶に新しい。

 現在は自民党コロナ対策本部長を務めている西村氏だが、最近発売された著書が大きな波紋を呼んでいる。

「『コロナとの死闘』というタイトルで、担当大臣としての活動や、当時の家族の支えなどを詳細に記した内容になっています。5月11日に発売されると、Amazonの『医療・医学情報学』カテゴリで1位に輝くなど、大きな注目を浴びています。

 宣伝にも、『コロナ禍の経験を将来に活かすべく、書き起こしました』と打たれており、本人の強い思い入れがうかがえます。ところが、Amazonのレビューでは見たこともないマイナス評価がつけられているんです。

 5月18日現在の評価は、星5つ中の1.2。480以上の評価のうち460ほどが最低評価の星1つをつけており、これは全体の94%という驚きの数字です」(政治ジャーナリスト)

 実際にコメントを読んでみると、かなり辛辣な言葉で評価されていることがわかる。

《岸田政権がまだ終息宣言もしてないタイミングでこのような悍(おぞ)ましい本を出すことが理解に苦しむ》

《国民はコイツの愚策による被害と苦闘している。よくこんな本が出せたな!恥知らず!》

《繰り返されてはならない失策の構造が判る資料としては星5》

 とはいえ、レビューを見ると、本を読んだうえでコメントしている人ばかりではない。《読んでないのにレビューするのは正直言って気が引けますが、さすがにこのタイトルはないです》《絶対に読まん。何と誰が戦ったのか… 落選してほしい》とまで書かれる始末だ。

「西村氏は、本のなかで、『感染症対策として厳しい措置をとれば、経済のサイドから批判を受ける。経済を動かして感染者が増えてくると、今度は医療サイドから批判の声が上がる』と、各所で板挟みにあったことを明かしています。

 大臣在任中は湿疹が全身に出て、医師から『ストレスですね』と診断されたそう。やはり、コロナ対策は常にストレスとの闘いだったのでしょう。

 西村氏としては、こうした奮闘を国民に伝えたかったのでしょうが、やはりコロナが収束していない段階では、時期尚早だったのかもしれません」(同)

「国民の憎まれ役となるのはしょうがない」とも語っていた西村氏だが、さすがにここまでの酷評は想定外だったかも。今回のレビューで、また湿疹が出なければいいが……。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_de9c217d12de oa-flash_0_rxxk0lhclrvx_森泉、10代で複数のバイトを経験…歯科助手は「口の中ずっと見てたら飽きちゃった」 rxxk0lhclrvx rxxk0lhclrvx 森泉、10代で複数のバイトを経験…歯科助手は「口の中ずっと見てたら飽きちゃった」 oa-flash

森泉、10代で複数のバイトを経験…歯科助手は「口の中ずっと見てたら飽きちゃった」

 森泉が5月17日放送の『ポップUP!』(フジテレビ系)でアルバイト歴を語った。

 森は10代の頃、友人から誘われ、鳩サブレーの梱包バイト、コーヒーショップなどでバイトを経験。歯科助手は時給1500円と高めだったが、「途中で口の中ずっと見てたら飽きちゃった」と1週間でやめたという。

「(バイト先に)タクシーで行ってたから、結局、給料がタクシー代になっちゃう」と苦笑。

 学生時代はお小遣い制で、「何に使ったか書かなきゃいけなかった。それがちゃんと合ってないと次くれない」と管理されていたことを明かしていた。

 森のバイト話にSNSにはさまざまな投稿があった。

《森泉のこういうとこ、良いよね》

《森泉さん、生粋の上流階級のお嬢様なのにバイトしたりDIYしたり、動物が大好きなとこも、屈託なく笑う天真爛漫なところもガチのプリンセスって感じ》

《バイトってそういうことじゃない》

「森さんは同番組で、いまは代々木公園のフリーマーケットにハマっていることをコメント。『すごく安い値段で出す。ブランド物もあったりするけど、1000円とか500円とかで』と安価で販売。『楽しいし、いろんな人と出会えるから、それで友達になってお茶しようってなる場合もある』と話していました」(芸能ライター)

 セレブの森ならではの価値観があるのだ。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_de9c217d12de oa-flash_0_9zretcgd1i6q_「選挙に強い」安倍元首相の“復調” 派閥パーティ大盛況&2連ポスターで岸田首相をしのぐ人気ぶり 9zretcgd1i6q 9zretcgd1i6q 「選挙に強い」安倍元首相の“復調” 派閥パーティ大盛況&2連ポスターで岸田首相をしのぐ人気ぶり oa-flash

「選挙に強い」安倍元首相の“復調” 派閥パーティ大盛況&2連ポスターで岸田首相をしのぐ人気ぶり

 茂木敏充・自民党幹事長が「まるで党大会のようだ」と驚嘆したのも無理はない。

 5月18日、都内ホテルで開かれた「清和政策研究会」の政治資金パーティ。清和会は安倍晋三元首相(67)が率いる、いわゆる「安倍派」で、現在、自民党の最大派閥だ。

 この日は、その存在感を表すかのように、岸田文雄首相をはじめ、細田博之衆議院議長、そして今夏の参議院議員選挙に立候補を予定している元「おニャン子クラブ」の生稲晃子も姿を見せ、出席者は2800人に上った。

「最大派閥でありながら、岸田政権発足時には入閣者も少ないなど、党内で非主流派の扱いをされていました。

 しかし、岸田首相は徐々に失速。7月には参院選がおこなわれますが、野党が弱いとはいえ、いい流れではありません。

 そこで、みんな『選挙に強い』がウリの安倍元首相にあやかろう、という思いが強いのではないでしょうか」(政治部記者)

 派閥パーティでも安倍元首相は「日本と地域の平和と安定を守っていくという、国家意思を示していく必要がある」と、自身への支持が多い「保守層」に向けてのアピールを欠かさなかった。

 安倍氏の勢いが垣間見えるのは、パーティだけではない。選挙戦に向けて“大きな武器”になる政治活動ポスターでも、同じことが起きている。

「首相退任後、安倍元首相を起用したポスターは減少しました。しかし、ここに来て再びポスターで見かけることが増えているんです。

 片山さつき氏が安倍元首相との“2連ポスター”を掲げたのをはじめに、山谷えり子氏も同様に2連ポスターを作成しています。

 2連ポスターは、そこに選ばれた人物の、党内の影響力を表わしているといえます。2021年9月に菅義偉前首相が退任表明をすると、それまで菅前首相との2連ポスターを作っていたのに、“相手”を変える政治家が急増しました」(前出・政治部記者)

 安倍元首相はパーティ内で「あらゆる場所で岸田政権を支える。どうか岸田首相、安心していただきたい」と挨拶した。しかしこの大きな影響力、岸田首相にとっては、ちっとも安心できない事態だろう。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_de9c217d12de oa-flash_0_u0dyuios4w6h_手越祐也、サロン全店閉店でも “ダンマリ” の違和感…求められる説明責任「ファンを馬鹿にしすぎ」 u0dyuios4w6h u0dyuios4w6h 手越祐也、サロン全店閉店でも “ダンマリ” の違和感…求められる説明責任「ファンを馬鹿にしすぎ」 oa-flash

手越祐也、サロン全店閉店でも “ダンマリ” の違和感…求められる説明責任「ファンを馬鹿にしすぎ」

 元「NEWS」メンバーである手越祐也の手がけた脱毛サロンが、5月末をもって全店閉店すると発表された。『WEB女性自身』などが報じている。

「2020年6月にジャニーズ事務所を退所した手越さんが、『僕が手がける事業第1弾』として、同年10月からオープンしたのがこの脱毛サロンです。

 当初は、手越さんがSNSやYouTubeで積極的に宣伝したことでファンが殺到し、客入りも上々でした。しかし、今年2月には『週刊文春』によって経営難が報じられています。

 今回の閉店で、手越さんと関係のないサロンに通わざるをえなくなるファンも多く、不満が高まっています」(芸能ジャーナリスト)

 2月にサロンの売上激減が報じられた際、手越の個人事務所は同誌に対し、「運営会社と折り合えない部分があり、経営には関与しておりません。お伝えできていなかったことは心苦しく思います」などと回答している。

「手越さんの脱毛サロンは、店舗名に堂々と “手越” をうたっており、彼が関わっているからと入会したファンも多い。

 経営に関与していなかったことも問題ですが、このときの『心苦しい』という言葉には『逃げの一手か?』といった批判も上がりました。

 経営に参画していなかったとしても、閉店したのなら相応の説明が必要でしょう。しかし現時点で、手越さん側から公式のアナウンスは一切ありません」(同上)

 ダンマリを貫く手越に、ネット上では失望の声があがっている。

《手越に言いたいのは、まず閉店したコメントじゃないのかな?笑》

《事業については中途半端に関わるからダメよね。ファンを馬鹿にしすぎ。そりゃうまくいかないわ》

《結局組織から放たれると誰も制御してくれないしテゴは客観視が苦手ぽいからこうなった》

 YouTubeも伸び悩み、迷走中の手越。まずは今いるファンを大切にするところから話が始まると思うのだが……。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_de9c217d12de oa-flash_0_wlyvcf6wtxej_「少女時代」復活でジャニーズファンが歓喜! 「SMAP」「関ジャニ∞」フルメンバー“再結成”に期待高まる wlyvcf6wtxej wlyvcf6wtxej 「少女時代」復活でジャニーズファンが歓喜! 「SMAP」「関ジャニ∞」フルメンバー“再結成”に期待高まる oa-flash

「少女時代」復活でジャニーズファンが歓喜! 「SMAP」「関ジャニ∞」フルメンバー“再結成”に期待高まる

 日本でも『NHK紅白歌合戦』などに出場し、K-POPブームを巻き起こした韓国のガールズグループ「少女時代」が、5年ぶりにアルバムをリリースする。所属事務所「SMエンタテイメント」が5月17日に発表した。デビュー15周年を記念として、8月に発売されるという。

「デビュー10周年でリリースした『Holiday Night』を最後に、少女時代は実質“活動休止状態”でした。Instagramなどでは、メンバーの誕生日などに集合写真が載ることがありましたが、そのたびにファンたちは“復活”を望む声を寄せていたのです」(現地ライター)

 現メンバーはテヨン、サニー、ティファニー、ヒョヨン、ユリ、スヨン、ユナ、ソヒョンの8人。2010年には『第52回日本レコード大賞』で新人賞を獲得、続く2011年、『第62回NHK紅白歌合戦』に出場するなどの活躍を見せたが、『Holiday Night』をリリースしたのち、ティファニー、スヨン、ソヒョンは所属事務所を脱退している。

「事務所に残った5人で活動していたこともあり、3人が退所したことによりフルメンバーでの復活は絶望視されていました。

 ところがここ最近、少女時代と同じようにK-POPブームを牽引した『2PM』や『T-ARA』が、積極的に活動するようになりました。いずれも、一部のメンバーが事務所を退所しています」(前出・現地ライター)

 退所後もフルメンバーで活動――。日本では考えにくい現象だが、少女時代の復活の報を受けて、あるファンコミュニティがザワついているのだという。

「メンバーが散り散りとなった、ジャニーズ事務所のグループに、再結成を望む声が高まったのです。2016年末に解散した『SMAP』は木村拓哉さん以外は退所、『関ジャニ∞』も渋谷すばるさん、錦戸亮さんが退所しています。

 昨今なら、韓国のアイドルグループに見られるような“垣根を超えた”再結成が可能なのではないかと、期待が膨らんでいるようです」

 ネット上では、実際にこんな声が上がっている。

《5年ぶりに完全体で復活! 少女時代だって! 中居くんが昭和時代って歌って踊ってたよね、一緒にSMAPも5年ぶりに完全体で復活しようよ》

《9人の少女時代、7人の関ジャニ∞がもう一度見れたら泣く》(※編集部注・少女時代は2015年まで、ジェシカを含む9人組だった)

《活動休止してたアーティストの方々の復活や再始動のニュースをよく聞く。BIGBANG、SOPHIA、そして本日発表された少女時代の皆さん。 えっ? 2022年ってそういう事なの? SMAPさん。そうなの?》

 少女時代再結成のニュースは、活動をやめてしまった“推しグループ”がいる人にとって、希望をもたらす明るい一報となったようだ。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_de9c217d12de oa-flash_0_qoef63jmbxz6_巨人・坂本勇人に「20代美女と手つなぎ散歩」報道…本誌も目撃していた夜遊びの現場 qoef63jmbxz6 qoef63jmbxz6 巨人・坂本勇人に「20代美女と手つなぎ散歩」報道…本誌も目撃していた夜遊びの現場 oa-flash

巨人・坂本勇人に「20代美女と手つなぎ散歩」報道…本誌も目撃していた夜遊びの現場

 巨人のキャプテン・坂本勇人選手が、20代らしき女性と手つなぎデートしている様子を、5月17日、文春オンラインが報じた。

 暑さからか、マスクを外して歩く時間も長かった坂本選手に気づく人も多かったという。報道が出ると、たびたび夜遊びする様子が伝えられている坂本選手だけに、ファンの反応も好意的なものが多かった。

《やっぱり坂本勇人はかっこいいなぁ笑》

《自分も坂本勇人とデートしたいと真面目に思ってる、坂本勇人イケメンすぎて》

《別に良いんじゃない?独身だし、沢山彼女がいても当人達さへ良ければ》

 そんな坂本選手の夜遊びの様子を、本誌も目撃していた。

 2017年、球団史上最悪の13連敗を喫するなど窮地に陥っていた巨人軍。流れを断ち切るためか、試合後、坂本勇人(当時28)、小林誠司(当時28)、相川亮二(当時40)、陽岱鋼(当時30)の4名で揃って夜の街へ。

 向かった先は、高級感が売りの宇都宮のキャバクラで、“黒VIP” と呼ばれる個室で乱痴気騒ぎを繰り広げた。

 接客したA子さんは、当時、本誌の取材にこう語っている。

「陽さんに挨拶したら『俺は美人系がタイプ。ロリ系の顔は好みじゃないんだよね』と吐き捨て、ほかの選手と話し込んじゃって……。私はガン無視ですよ。友人のB子は坂本さんの横に座ったけど、ずっと “ゴキブリ” とか “ブス” と呼ばれていました」

 同席したC子さんも悪態をつかれた。

「VIPルームではフルーツのサービスがあるんですが、坂本さんは『頼んでないよ』と突き返す。彼は超オレ様キャラ。態度が横柄で飲み方も汚ない。あっち向いてホイをして、負けたらウイスキーをショットグラスで飲むというゲームをやらされました。

 じつは昨年も来店したんですが、女のコたちは、『彼の横だけには座りたくない』と言っていますよ」

 その後、4選手はラストの2時まで飲み、近くのカラオケ店に移動。しかし、坂本選手は罵倒し続けたはずのB子さんに、なぜかこんなことを言ったという。

「『近くのホテルに泊まっているから来ない?』と誘われたんです。呆れて断わりましたよ!」(B子さん)

 この日はあえなく撃沈したものの、巨人OB曰く「アフターに誘えば百発百中」だったという当時の坂本選手。健在なモテぶりを活かし、早期の一軍復帰を目指してもらいたい。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_de9c217d12de oa-flash_0_l9vd7ezplvl3_壇蜜も悩む「キラキラネーム」で法務省が検討会実施 中間試案をネタにネットは大喜利状態! l9vd7ezplvl3 l9vd7ezplvl3 壇蜜も悩む「キラキラネーム」で法務省が検討会実施 中間試案をネタにネットは大喜利状態! oa-flash

壇蜜も悩む「キラキラネーム」で法務省が検討会実施 中間試案をネタにネットは大喜利状態!

「キラキラネーム」はどこまで認められるのか――。戸籍に記載する名前の読み仮名について検討する法務省の審議会が、5月17日に中間試案をまとめた。

 その漢字の本来の読みとは異なる読み方をどこまで認めるかについて、提示された基準案の例として出されたのは、

・光宙(ぴかちゅう)

・大空(すかい)

・山田太郎(てつわんあとむ)

・山田太郎(ドカベン)

・高(ひくし)

など。この中では「ぴかちゅう」「すかい」は認められる可能性が高く、「てつわんあとむ」「ひくし」は認められない可能性が高いという。「ドカベン」は、「直ちに結論が出ない」としている。

 SNSでは

《キラキラネーム楽しいのは親だけだからな》

《キラキラネームは就職に不利。まぁ、説得力あるわな。》

《名付けの傾向なんて時代の流れで変わっていくものだと思うので皆してそんなに叩かなくても……って思うんですよね 平清盛の治世じゃないんですから》

《キラキラネーム付けられた本人が改名希望したらすんなり可能なくらいに制度を整えてあげて》

 と、賛否両論、議論百出の状態だ。

 その一方、「キラキラネーム」をお題とした、大喜利のような書き込みも。

《山田太郎(ドカベン)は保留でも山田 景浦安武(あぶさん)はアウトなガバガバ判定なんでしょどうせ》

《秀樹と描いて、ヤングマンとか、ギャランドゥとか、ローラとか、そういう事か?》

《キラキラネーム、子どもの名前に「人」って付けた人知ってる(´・ω・`) 織田信長って言うんやけど》

《光宙→ピカチュウ 騎士→ナイト は許容範囲として 荷物波美由波美由→キャリーパミュパミュ とかアリ?》

《遭遇したキラキラネーム、あくあ、れぴあ、ここあ…と並ぶ中、最強なの「飴」って書いて「きゃんでぃ」ちゃんがダントツだったわ。マジで遭遇したとき、目と耳を疑って三度見くらいしたもんな》

 中にはこんな風刺ネタまで。

《「岸田文雄」は、イライラネーム…》

《「政商」と書いて「ヘイゾウ」と読ませるキラキラネーム》

 そんな中、本名が「斉藤支靜加(しずか)」のタレント・壇蜜は18日、出演したラジオ番組で名前についてこう語った。

「漢字で書ける人がほとんどいないので、電話での説明もめんどくさいし、だいたい診察券(の名前)、間違ってるし、旧字体は出てきませんって言われるし。これ、本当に苦労するからよく考えたほうがいいと思います。(親からの)プレゼントですよ、いちばん最初の」

 本人の体験談だけに、説得力がある。将来、子供にとって悩みの種になるような名前は、考えものだ。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_de9c217d12de oa-flash_0_s9r7rs75b6yy_巨人・坂本勇人の手つなぎ散歩報道で「マスク」是か非か論争再燃…SNSでは「自分だけノーマスク岸田」もトレンド入り s9r7rs75b6yy s9r7rs75b6yy 巨人・坂本勇人の手つなぎ散歩報道で「マスク」是か非か論争再燃…SNSでは「自分だけノーマスク岸田」もトレンド入り oa-flash

巨人・坂本勇人の手つなぎ散歩報道で「マスク」是か非か論争再燃…SNSでは「自分だけノーマスク岸田」もトレンド入り

 読売ジャイアンツのキャプテン・坂本勇人選手が、20代とみられる若い女性と住宅街を手つなぎ散歩していたことが、5月17日、「文春オンライン」で報じられた。すると、女性と手をつないでいたとみられる右手ではなく、左手のほうに注目が集まった――。

「この日、坂本選手は、外したマスクを左手に持っていたと報道されています。有名選手のノーマスク姿に、ネット上で賛否の声があがっているのです」(芸能記者)

 まずは、屋外であろうとマスクは着用してほしいという意見。

《マスクはして欲しいです。写真は、外なので、ちょっとマスクをはずしただけかもしれまんせんが。。。》

《独身の男だから、何人もの女性とデートしようと自由だが、ノーマスクは絶対にダメだろう》

 一方で、周りに人がいない状態なら、ノーマスクでもいいのでは、という人も。

《マスクも外で人少ないなら外してもいいと思う》

《周りに人がいないんだからノーマスクでも何ら問題ない》

 こうしたマスク着用に関する議論は、ここ数日、SNSで激化している。発端は、岸田首相の発言だった。

「5月12日、岸田首相がマスク着用について『屋外で人との距離が十分取れる場合には、マスクの着用は必ずしも必要でない』としつつ、『今の段階で緩和することは現実的ではない』と、当面はマスク着用を継続する方針を明らかにしました。

 この発言を受け、SNSではマスクの是非に関する議論が盛り上がりました。

 そして、偶然でしょうが、同時期に『大手飲食グローバルダイニングが従業員のマスク着用推奨を取り止め』『マスク着用を注意されて暴行した男に実刑判決』『ピーチ機のマスク拒否男が裁判でもノーマスク』など、マスクの着用にまつわる話題が続いたことで、議論が沸騰しているのです」(社会部記者)

 そんななか、物議をかもしたのは、やはり岸田首相だった。

「岸田首相の『マスクなし外交』ですよ。5月11日にフィンランドのマリン首相が初来日した際は、自らマスクを外して会談しました。

 岸田首相は、海外出張時のマスクについて『相手国のルールに合わせる』と説明していますが、この日は至近距離での会話も多く、国民にマスク着用を要請している身として、批判や疑問の声が集まっているのです。

 結果、5月16日には『#自分だけノーマスク岸田』がツイッター上でトレンド入りする事態になりました」(同前)

 コロナ禍が始まって2年以上。11日には、松野官房長官が「屋外では必ずしも必要ではない」と言及するなど、政府の対応にも変化が見られるが……はたしてこの夏は、大手を振ってマスクなしで過ごせるだろうか。

外部リンク