cat_oa-flash_issue_061bf77b7340 oa-flash_0_061bf77b7340_ボクシング新王者「伊藤雅雪」右ストレートの次は英語を磨く 061bf77b7340 061bf77b7340 ボクシング新王者「伊藤雅雪」右ストレートの次は英語を磨く oa-flash

ボクシング新王者「伊藤雅雪」右ストレートの次は英語を磨く


 

 WBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(27)が、8月26日、都内で開催された新チャンピオン祝勝会に出席した。

 

 伊藤は、7月28日、アメリカのフロリダ州で行われた王座決定戦で、23戦全勝だった同級1位クリストファー・ディアス(23、プエルトリコ)に3-0で判定勝ち。

 

 

 日本人37年ぶりとなるアメリカでの王座奪取を果たしたが、「スタート地点に立っただけ。ここからが勝負。防衛を重ねて僕にしかできない世界王者を目指していく」とさらなる飛躍を誓った。

 

 祝勝会では、スパーリングを披露。前王者からダウンを奪った右ストレートで、250人もの参加者を唸らせた。また、学生結婚した衣理香夫人、長女愛音(あのん)ちゃん、次女愛海(あいみ)ちゃんから花束を贈られると、照れ臭そうに受け取り、父親の顔を覗かせる一幕も。

 

 伊藤は、もともと駒澤大学高校にバスケのスポーツ推薦で入学した。ボクシング経験はゼロのまま、ふと思いついて自宅近くの伴流ジムに入門。あれよあれよと試合が組まれ、ついに世界トップになった。

 

 ここ数年は家族と離れ、ロサンゼルスを拠点に練習をしているが、悩ましいのが英語だ。日常会話は問題ないが、「文法がめちゃくちゃで、汚い英語なので、きれいに話せるようになりたい」と、向こう2カ月間、英会話教室に通う予定だと明かした。

 

「次に(アメリカで)試合があったらもっとしゃべりたいので、ここぞとばかり講師から英語を盗んできます(笑)」

 

 帰国後は後援会やスポンサーへのあいさつ回りなどで大忙し。それでもロードワークは欠かしておらず、9月から本格的に練習を再開するという。

 

 初防衛戦の時期は未定だが、自慢の右ストレートがあれば、死角はないだろう。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_061bf77b7340 oa-flash_0_9a93da321904_尖閣諸島で中国海警局が日本漁船を「煽りまくり」4時間 9a93da321904 9a93da321904 尖閣諸島で中国海警局が日本漁船を「煽りまくり」4時間 oa-flash

尖閣諸島で中国海警局が日本漁船を「煽りまくり」4時間

2020年7月4日 06:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

「我々が乗る漁船の東側に2隻、西側に2隻の中国公船が併走してきたんです。そのうちの1隻が近づいてきた瞬間、海保の船があいだに入ってガードしてくれました。上空には海保の航空機も飛んでいて、さながら戦争みたいでした」

 6月21日、沖縄県石垣市の尖閣諸島周辺の接続水域で繰り広げられた、海上保安庁の巡視船12隻と、「中国海警」と書かれた中国公船とのバトル。八重山漁協所属の漁船「恵美丸」に乗船していた砂川幸徳さん(55)は、そのときの緊迫した様子を、冒頭のように語る。

 尖閣諸島周辺で漁を営んできた砂川さんが、漁船「第一桜丸」と2隻で尖閣に向かったのは、6月20日の午後9時すぎ。

「中国公船が尖閣にいることはわかっていましたが、海保に申請すると、『ガードするから大丈夫』と言ってくれました。片道8時間。夜が明けて尖閣に近づくと、やはり中国の船が待ち構えていました」

 尖閣近くに停泊し、海保の巡視船に見守られながら釣り糸を垂らすと、アカマチやマグロが次々に釣れる。中国公船は遠巻きに、その様子を見ているだけだったという。

 状況が一変したのは、漁を終えて石垣に戻ろうと走り出したときだった。突然、中国公船がスピードを上げ、漁船の後方に近づいてきたという。

「中国公船は、『ここは我々の領海だ』という意味の看板を掲げていました。

 海保の巡視船が、中国公船と漁船の間に割り込んでガードしてくれるのですが、中国公船はスピードを上げて巡視船の前に行ったかと思えば、緩めて後ろに張りついたり。我々を威嚇するように、4時間も追いかけまわされました」(砂川さん)

 追尾劇は、日本の領海付近で、ようやく終わった。第11管区海上保安本部は、この追尾事件について認めたうえで、「警戒にあたったが、危険な状況ではなかった」との認識を示した。

 じつは、こうした中国公船による追尾事件は、あとを絶たない。石垣市議で尖閣問題に取り組んでいる仲間均氏は、危機感をあらわにする。

「中国は、『自分たちが主張する “領海” から、日本の漁船を追い出した』という映像を撮りたいんです。だから、しつこくつけまわす。まるで、我々が尖閣から追い出されているように見えますから。その映像を国内で流して、尖閣は中国の領土と宣伝しているのでしょう。

 尖閣に中国公船が現われたのは、2019年だけでも282日。そのうち、162回も領海侵犯しています。最近は、中国公船に領海侵犯を警告しても、出ていかない。中国は、本気で尖閣を乗っ取りにきていますよ」

 中国の領土拡大戦略で、沖縄の漁師たちが危険に晒されている。

(週刊FLASH 2020年7月14日号)

外部リンク

cat_oa-flash_issue_061bf77b7340 oa-flash_0_b4654fac7a5c_石橋貴明のYouTuberデビューに亀田パパ「俺とコラボを!」 b4654fac7a5c b4654fac7a5c 石橋貴明のYouTuberデビューに亀田パパ「俺とコラボを!」 oa-flash

石橋貴明のYouTuberデビューに亀田パパ「俺とコラボを!」

2020年7月4日 06:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

「お笑い界でトップの地位を築き上げた人やし、第一人者として、いろんなことをやってきた人。俺は、そんな石橋さんがYouTubeをやるのはいいと思うし、めっちゃおもろい企画がいっぱいあると思うわ。俺もコラボしたいな。おもしろい企画を考えるから、俺のチャンネルにも出てもらいたいよな」

 そう “ラブコール” を送るのは、最近ユーチューバーとして女子高生に人気の亀田史郎(55)。「石橋さん」とは、6月19日に公式YouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』をスタートさせた、石橋貴明(58)のことだ。

 亀田パパのチャンネル登録者数は、約30万人を誇るが、石橋はスタートしてわずか1週間で、登録者数が42万人を超えた。亀田パパも、こう唸った。

「えぐいよな。やっぱり知名度は、すごいよな。ただ、最初は一気に伸びるんやけど、あとはネタ次第やな。どういうのをやっていくか、が問題よ」

 平成の世では、同世代のダウンタウンや、ビートたけし、明石家さんま、タモリを抑えて、もっとも稼いだ芸人といわれる石橋。だが現在、地上波でのレギュラーは『石橋、薪を焚べる』(フジテレビ系)のわずか1本。かつては “テレビの申し子” と呼ばれた男も、このところは凋落ぶりばかりがささやかれてきた。

「とんねるずがテレビで視聴率を稼げなくなったのは、“若い視聴者がついてこなくなった” から。石橋さんが今回、ユーチューバーデビューしたのは、若年層を中心に視聴されている動画メディアで活躍して注目を集めれば、再びテレビで活躍できる可能性もあると考えてのことでしょう」(芸能事務所関係者)

“芸能人ユーチューバー” 事情に詳しいITジャーナリスト、井上トシユキ氏も続ける。

「動画メディアは、もともと知名度が高いほど有利なメディア。石橋さんの判断は、賢明だと思います。とはいえ、究極の目的はテレビ復帰でしょうから、そのあたりが配信内容に透けて見えるようなら、逆効果となる危険性もはらみます」

 6月18日には、YouTubeより早くツイッターを始めた石橋は、同日出演したラジオ番組で、「1年やってダメなら引退」と決意を明かした。背水の陣で臨む石橋に、ユーチューバーとして先輩になる亀田パパが助言を送る。

「YouTubeやから、“行ききった” ほうがいいのよ。視聴者が『待ってました!』というような。放送事故ギリギリやないけど、結局、そういうことをみんなが求めてんのよ。

 俺とか、石橋さんもそうやけど、そういうキャラでやってきてるやんか。だから視聴者は、そういう石橋さんを望んでんじゃないの? 楽しみながらやらんとあかんね」

“1年やってダメなら引退” 発言について、お笑い評論家のラリー遠田氏は「ネタ半分、本気半分だと思います」としたうえで、こう語る。

「石橋さんのスポーツなどへの知識量、情熱、人脈を全部注ぎ込んだら、強力なコンテンツになる。あの世代の芸人の底力を、見せてほしいですね」

“テレビの申し子” の最後の戦いが始まった。

写真・Tsuni/Gamma-USA/アフロ

(週刊FLASH 2020年7月14日号)

外部リンク

cat_oa-flash_issue_061bf77b7340 oa-flash_0_ca23caaca83b_フワちゃん、憧れの篠原ともえに「ジャパニーズカワイイの神」 ca23caaca83b ca23caaca83b フワちゃん、憧れの篠原ともえに「ジャパニーズカワイイの神」 oa-flash

フワちゃん、憧れの篠原ともえに「ジャパニーズカワイイの神」

2020年7月3日 20:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 フワちゃんが、6月30日放送の『ノンストップ』(フジテレビ系)で、3歳の頃から好きな篠原ともえへの思いを語った。

 VTRで登場したフワちゃんは、「3歳から恋い焦がれてる。完全にかわいい。ジャパニーズカワイイの師匠だし、神」と熱烈に語りだす。

 篠原に「もし会えたら?」と聞かれると、「ひとまずハグ。そしてキス。そして自撮り」と笑顔。続けて「私の電話番号は……電話かけてね~。着メロ、シノラーにしとく」と、自主規制音で消されたが、電話番号まで伝えていた。

 フワちゃんの熱意に、スタジオにいる篠原は「動きがシノラー」と絶賛。現在は松任谷由実の衣装デザインも手がける篠原は、「カラフルなデザインもできたらいいな」とフワちゃんの衣装も手がける可能性を示唆していた。

 フワちゃんはウェブ「AERA dot.」掲載の「フワちゃん 動画とテレビを横断するハイブリッド芸人は『令和のシノラー』なのか」という記事に、2019年10月22日にツイッターで反応。

「『フワちゃんは令和のシノラー』っていう記事をみつけた!!! あたしのことたくさん分析してくれてて、ウルトラデラックスうれしすぎ!!!!!」と感謝していた。

 1990年代後半に個性的なキャラクターと服装で人気を呼んだ篠原。現在26歳のフワちゃんにとって、ファッションの原体験になっているのだ。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_061bf77b7340 oa-flash_0_c261fe28da58_47都道府県「おらが村の偉人伝」大阪府・安井道頓 c261fe28da58 c261fe28da58 47都道府県「おらが村の偉人伝」大阪府・安井道頓 oa-flash

47都道府県「おらが村の偉人伝」大阪府・安井道頓

2020年7月3日 20:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 コロナ対策で、いまだ里帰りがしづらい今日このごろ……「郷土愛」は、かつてないほど高まっているはず。あなたは、出身地の傑物をご存知ですか? そこで本誌は、47都道府県にまつわる「おらが村の偉人伝」をお届けします。今回は、大阪府。

【大阪府】安井道頓

 安井道頓は、江戸時代初期に道頓堀を掘った町人だ。1533年に河内に生まれた安井は、父とともに豊臣秀吉に仕えて大坂城の築城に従事し、その功により城南の地を与えられた。そして1612年より、東横堀川から木津川に通じる町の水路の開削事業にとりかかった。

 工事が終わる前に安井は「大坂夏の陣」で戦死したが、水路の工事は続けられて1615年に完成。当初は「南堀」と呼ばれたが、松平忠明が道頓を記念するため、あらためて「道頓堀」と名づけた。

道頓堀は、大阪の一大観光地となっている(写真・時事通信)

(週刊FLASH 2020年6月2日号)

外部リンク

cat_oa-flash_issue_061bf77b7340 oa-flash_0_f170220e76e6_千鳥・大悟、志村けんの「コント一発勝負」へのこだわりに感服 f170220e76e6 f170220e76e6 千鳥・大悟、志村けんの「コント一発勝負」へのこだわりに感服 oa-flash

千鳥・大悟、志村けんの「コント一発勝負」へのこだわりに感服

2020年7月3日 20:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 千鳥の大悟が、6月30日放送の『志村友達』(フジテレビ系)で、亡くなった志村けんのコントへのこだわりを語った。

 志村が手がけた大がかりなセットを用いてのコントについて、大悟は「お金もかかってるし、セット組んでのコントっていうのは、僕ら若手は志村さんがいたおかげでやれた」と感謝。

 志村のコントの特徴として「普通、コントって3~4回撮るじゃないですか。でも、(志村は)『2回やっちゃうとスタッフが笑わねえんだよな。だから1回で撮影する』って言ってました」と志村の一発勝負へのこだわりを代弁した。

 大悟は6月16日放送の同番組で、過去に『バカ殿』で志村と共演したときのことを回顧している。

 千鳥として志村の前で漫才をおこなったが、「志村さんが目の前におると緊張するからって、こっち(志村がいない方向)見ていて、(ノブに)ツッコまれた瞬間に(顔の向きが変わって)、『うわっ、バカ殿おる!』。そこからネタ覚えてない。それが最初の出会い」と緊張ぶりを語った。

 6月26日発売の『FRIDAY』で、志村の愛車キャデラック・エスカレードを購入したと報じられた大悟。2人の間に生まれた絆は、特別なものだったのだ。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_061bf77b7340 oa-flash_0_a237d085bd44_田中みな実、2008年→2020年「顔相」でわかる成長史 a237d085bd44 a237d085bd44 田中みな実、2008年→2020年「顔相」でわかる成長史 oa-flash

田中みな実、2008年→2020年「顔相」でわかる成長史

2020年7月3日 16:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 ドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)で演じる「姫野礼香」が話題沸騰中の田中みな実。顔相鑑定士・池袋絵意知氏に、みな実の顔相を鑑定してもらった。

「2016年にラジオ番組で共演したのですが、そのときから小顔で鼻がしゅっと高く、しっかり者で芯が強い顔でした。

 現在は、頬の筋肉のつき方がとてもいい。心の底から笑顔でいるから、頬が自然に隆起し、口のまわりに丸いほうれい線を作ります。度量の大きいリーダーの顔相です。

 上唇は与える愛、下唇は求める愛を示す。田中さんは下唇が厚いから、求める愛が強い人のようですね」

 以下では、2008年・2012年・2020年のみな実の顔相から、成長史をたどる。

【田中みな実の「顔相」でわかる成長史】
●2008年:学生時代


●2012年:TBS局アナ時代

写真・時事通信

●2020年:現在

写真・時事通信

(週刊FLASH 2020年6月23・30日号)

外部リンク

cat_oa-flash_issue_061bf77b7340 oa-flash_0_77d96834236d_2.5次元モデル「あまつ様」趣味は裏垢女子のSNSチェック 77d96834236d 77d96834236d 2.5次元モデル「あまつ様」趣味は裏垢女子のSNSチェック oa-flash

2.5次元モデル「あまつ様」趣味は裏垢女子のSNSチェック

2020年7月3日 16:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

「泡風呂は初体験でした。小道具の赤ワインが美味しくて、ひと口のはずが飲み干してしまい、少し酔っ払ってしまいました(笑)」

 顔を赤らめながら撮影を振り返るのは、ミステリアスな雰囲気と浮世離れしたスタイルを武器に、“2.5次元モデル” として活躍する、あまつ様。

 いままでイベントや映像作品への出演はいっさいなく、「実在しない」説がささやかれるなど、私生活がベールに包まれている彼女。珍しく、本誌のインタビューに応じてくれた。じつは、大のお酒好きなんだとか。

「日本酒やワインが好きです。飲むと饒舌になって、最後には泣いちゃいます。

 好きな男性のタイプですか? おじさんが好きです。ツーブロックのオールバックで、髭を生やしていて、穏やかな人がいいですね。

 あと、エッチな写真を上げている裏垢女子のSNSを見るのも好きで、おじさん目線で楽しんでいます」

 赤ワインのおかげなのか、次々と明らかになる意外な素顔。遠い存在だったはずの彼女が、すぐそばにいた。

「徐々に3次元に近づいているので、今後もしかしたら、皆さまとお会いすることがあるかもしれませんね」

あまつさま
12月28日生まれ 2017年10月からフェティッシュでセクシーな写真をSNSに投稿して反響を呼び、ツイッターのフォロワー数は現在56万人を超えている。また、数タイトルが発売中のデジタル写真集は、どれもAmazonランキング上位に入るなど、グラビア界に旋風を巻き起こしている。そのほか最新情報は、公式ツイッター(@R_Ap8_)、インスタグラム(@r_ap82_)にて

写真・猿山秀人
スタイリスト・木村美希子
ヘアメイク・あまつ様

(週刊FLASH 2020年7月7日号)

外部リンク

cat_oa-flash_issue_061bf77b7340 oa-flash_0_60f448d11e23_指原莉乃、自宅に来た母親が予想外すぎる誤解「人殺した?」 60f448d11e23 60f448d11e23 指原莉乃、自宅に来た母親が予想外すぎる誤解「人殺した?」 oa-flash

指原莉乃、自宅に来た母親が予想外すぎる誤解「人殺した?」

2020年7月3日 16:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 6月30日放送の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)で、指原莉乃が最近起きた「仰天事件」を語った。

 指原は、前回、同番組のクイズに正解して5kgのサーロイン牛肉をもらって帰った。量が多かったため、自宅に来る予定だった母親と一緒に食べようと思い、「とりあえず冷凍庫に入れといたんですよ」と話す。

「サプライズの方が嬉しいかな」と思い、母親には大量の肉があることを言わずにいたという。

「ある日、仕事から帰ったら母が来てて、冷凍庫開けて震えてて。母から『人殺した?』って聞かれたんですよ。とにかく量がすごすぎて」と笑って話していた。

 指原は母とのエピソードを2014年8月8日のイベントでも披露している。

 数日前に放送されたラジオ番組で、指原を「ゲロブス」と表現する言葉が出たのだが、指原は「ラジオの次の日の朝に、お母さんからメールが来ていたんです。『おはよう、ゲロブスちゃん』って。どん引きしたよね」と明かして会場は爆笑に包まれた。

 指原の母もかなりユニークな人のようだ。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_061bf77b7340 oa-flash_0_0b8d05bb013d_【食堂のおばちゃんの人生相談】40歳・元会社員のお悩み 0b8d05bb013d 0b8d05bb013d 【食堂のおばちゃんの人生相談】40歳・元会社員のお悩み oa-flash

【食堂のおばちゃんの人生相談】40歳・元会社員のお悩み

2020年7月3日 11:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

「食堂のおばちゃん」として働きながら執筆活動をし、小説『月下上海』で松本清張賞を受賞した作家・山口恵以子。テレビでも活躍する山口先生が、世の迷える男性たちのお悩みに答える!

【お悩み/農家見習い(40)元会社員】
 脳出血で倒れた父と80代の祖母の介護のために、妻と小学生の娘を連れて、地元へUターンすることになった。実家は農家だが、私は農作業の経験がほとんどない。ずっと営業畑を歩いてきた私が、40過ぎから農家の大黒柱が務まるか不安だ。この不安な気持ちは、まだ妻と娘にも打ち明けられないでいる。

【山口先生のお答え】
 それはまた、大変な決断をなさいましたね。お父様とお祖母様の介護のために慣れ親しんだ職場を離れ、実家の農業を継ぐなんて、なかなか出来ることではありません。本当にご立派だと思います。

 そして、あなたの決断を受け容れ、住み慣れた土地を離れる決意をした奥様もすごいです。生なかの覚悟ではなかったでしょう。

 農業の知識ゼロの私に偉そうなことを言う資格はありませんが、それでもあなたは大丈夫だと思います。農家の大黒柱が務まります。

 私が勤めていた食堂のスタッフAさんの次女エリちゃんは、24歳で結婚しました。結婚するまで家事はすべて母親任せで、料理なんか作ったこともなく、腕前はあの “やってトライ娘” 並でした。

 Aさんは「まあ、私が手伝いに行ってやれば、何とかなるだろう」と思っていたのですが、何と、結婚直後にご主人が名古屋に転勤になってしまったのです。もちろん、エリちゃんも同行しました。

 それからは毎日、夕方になるとAさんの携帯にエリちゃんから半泣きで電話がかかり「トンカツの衣、卵がない〜」「じゃあ、牛乳で代用しなさい」「小松菜茹でたら色きたない〜」「菜っ葉茹でる時は塩入れなさい」「タマネギのスライスがからい〜」「水にさらしなさい」等々のやりとりが繰り返されたのでした。

 やがて子宝にも恵まれ、今や三児の母となったエリちゃんは、スーパーで鰯の安売りがあれば大量に買って、塩焼き・つみれ汁・フライ・マリネなど鰯コース料理を作りつつ、残りは干物にして保存するなど、まことに料理上手です。

 それというのも、エリちゃん自身は料理経験ゼロでも、母のAさんが料理する姿を見て育ったので、自分が主婦となった時、頭の中にお手本があったのです。見よう見まねでお手本に近づいて行けたのです。エリちゃんのような女性を、私は何人か知っています。

 料理以外の分野でも、お手本が記憶にあるというのは非常に大切なことです。お手本によって、完成品がイメージできるからです。お手本なしで未知の分野に進むのは、まさに暗闇を手探りで進むようなもので、効率が悪いし危険も伴います。

 そして、農家見習いさん、あなたのお話です。あなた自身は農業経験がゼロでも、幼い頃にご両親やご親戚が田畑を耕す姿を見ていますね。今もぼんやり記憶にあるでしょう?

 だから、私は大丈夫だと思います。あなたは農業のお手本を知っているし、農家の生活というものを体験しています。農家で暮らしたことのない都会育ちのずぶの素人が、ゼロから農業を始めるのとでは、アドバンテージが大きく違っています。

 それに、お父さまやご親戚など、身近に先生がいらっしゃいます。わからないことはお尋ねになればよろしいじゃありませんか。

 奥さんとお子さんには正直に「経験ゼロ」と打ち明けて下さい。その上で、あなたについてきてくれたお二人に感謝しましょう。ご家族仲良く、新しい幸せをつかめるようにお祈りしています。頑張って下さいね!

やまぐちえいこ
1958年、東京都生まれ。早稲田大学文学部卒。就職した宝飾会社が倒産し、派遣の仕事をしながら松竹シナリオ研究所基礎科修了。丸の内新聞事業協同組合(東京都千代田区)の社員食堂に12年間勤務し、2014年に退職。2013年6月に『月下上海』が松本清張賞を受賞。『食堂メッシタ』『食堂のおばちゃん』シリーズ、そして最新刊『夜の塩』(徳間書店)が発売中

外部リンク