cat_oa-flash_issue_061bf77b7340 oa-flash_0_061bf77b7340_ボクシング新王者「伊藤雅雪」右ストレートの次は英語を磨く 061bf77b7340

ボクシング新王者「伊藤雅雪」右ストレートの次は英語を磨く


 

 WBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(27)が、8月26日、都内で開催された新チャンピオン祝勝会に出席した。

 

 伊藤は、7月28日、アメリカのフロリダ州で行われた王座決定戦で、23戦全勝だった同級1位クリストファー・ディアス(23、プエルトリコ)に3-0で判定勝ち。

 

 

 日本人37年ぶりとなるアメリカでの王座奪取を果たしたが、「スタート地点に立っただけ。ここからが勝負。防衛を重ねて僕にしかできない世界王者を目指していく」とさらなる飛躍を誓った。

 

 祝勝会では、スパーリングを披露。前王者からダウンを奪った右ストレートで、250人もの参加者を唸らせた。また、学生結婚した衣理香夫人、長女愛音(あのん)ちゃん、次女愛海(あいみ)ちゃんから花束を贈られると、照れ臭そうに受け取り、父親の顔を覗かせる一幕も。

 

 伊藤は、もともと駒澤大学高校にバスケのスポーツ推薦で入学した。ボクシング経験はゼロのまま、ふと思いついて自宅近くの伴流ジムに入門。あれよあれよと試合が組まれ、ついに世界トップになった。

 

 ここ数年は家族と離れ、ロサンゼルスを拠点に練習をしているが、悩ましいのが英語だ。日常会話は問題ないが、「文法がめちゃくちゃで、汚い英語なので、きれいに話せるようになりたい」と、向こう2カ月間、英会話教室に通う予定だと明かした。

 

「次に(アメリカで)試合があったらもっとしゃべりたいので、ここぞとばかり講師から英語を盗んできます(笑)」

 

 帰国後は後援会やスポンサーへのあいさつ回りなどで大忙し。それでもロードワークは欠かしておらず、9月から本格的に練習を再開するという。

 

 初防衛戦の時期は未定だが、自慢の右ストレートがあれば、死角はないだろう。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_061bf77b7340 oa-flash_0_32cb08e42333_那須川天心、浅倉カンナと交際中にGカップグラドルと二股 32cb08e42333

那須川天心、浅倉カンナと交際中にGカップグラドルと二股

2019年12月10日 00:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]


 

「ふと目を覚ましたら、目の前で、天心に葉加瀬さんが馬乗りになっていたんです。びっくりしました」

 

 そう語るのは、那須川天心(21)の友人A氏。2018年2月、那須川の家に遊びに行った際に、目撃したという光景だ。

 

 那須川といえば、格闘技界で無敗の快進撃を続ける天才格闘家だ。2018年の大晦日には、エキシビションマッチとはいえ、5階級制覇のプロボクサー、フロイド・メイウェザー・ジュニア(42)と拳を交えた若きホープ。

 

 

 そんな那須川に馬乗りになっていたのは、Gカップを武器に、グラドルとして活躍してきた葉加瀬マイ(32)だ。

 

「私は、天心の家で21時ごろから飲みはじめて、酔い潰れて寝てしまいました。天心はいっさいお酒を飲まないので、ひとりで退屈になって、葉加瀬さんを呼んだのだと思います。

 

 私が目を覚ましたときには、彼女も少し酔っていたようで、天心に跨ったまま、いたずらっぽく頬を掴んだりして、何度もキスしていました。天心は甘えるような感じで、彼女に身を委ねてましたね(笑)。

 

 そのうち、『そろそろ帰ってくれ』と天心に言われたので、私は家を出ました」(A氏)

 

 A氏は後日、2人の関係を、天心に質したという。

 

「すると、『秘密にしてほしいんだけど、じつはつき合ってるんだ』と言われました。あっけらかんと “二股宣言” をされてびっくりしました。だって当時、天心は浅倉選手とすでに付き合っていましたからね」(A氏)

 

 本誌は2018年6月に、那須川と女子格闘家の浅倉カンナ(22)の熱愛を、「キス写真」とともに報じている。その際、那須川の知人は、「2人は2017年1月ごろからつき合いはじめた」と、本誌に証言していた。

 

 今回、図らずも明らかになった天心との交際について、葉加瀬の事務所に確認した。

 

「2018年2月当時、那須川選手と葉加瀬がおつき合いしていたことは事実です。しかし葉加瀬は、那須川選手が浅倉選手とも交際していることを『FLASH』が報じる前に気づき、その後きっぱりと連絡を取らなくなったと聞いています」

 

 葉加瀬は、那須川の二股交際を知り、大きなショックを受けていたという。一方、那須川の事務所にもコメントを求めると――。

 

「過去に、葉加瀬さんと関係があったことは事実です。しかし、浅倉選手との破局は、那須川の浮気が原因ではありません。また、浮気を繰り返している事実もありません」

 

 那須川は、大晦日の「RIZIN.20」で、現WKBA世界スーパーバンタム級王者の江幡塁(28)と対戦する予定だ。“Gカップのお姉さん” には、簡単にマウントを取られてしまったが、リングの上ではなんとか持ちこたえてほしい。

 

(週刊FLASH 2019年12月24日号)

外部リンク

cat_oa-flash_issue_061bf77b7340 oa-flash_0_6ecb4367f7b8_長嶋一茂がファン0人説披露「ファンレター来たことない」 6ecb4367f7b8

長嶋一茂がファン0人説披露「ファンレター来たことない」

2019年12月9日 20:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]


 

 12月6日放送の『ザワつく! 金曜日』(テレビ朝日系)で、長嶋一茂が「自身のファンに会ったことがない」と告白した。

 

 プロ野球選手の現役時代について、「ファンレターがすごかった?」と聞かれた一茂は「そうでもなかった」と残念そうな表情に。

 

 

 そして、「俺のファンって多分いないんじゃない。53年間生きてきたけど、俺のファンだって人に会ったことない」とコメント。

 

 さらに「たとえば誰がいる、俺のファンって? 抽象的でいいから、どういう人がファンになるのよ?」とまで言い出し、実際に「ファンレターが来たことがない」とがっかり。

 

 石原良純から「野球ファンっていないの?」と話を振られると、「試合にそんなに出てないから、俺の熱狂的なファンはもちろんいない」と最後まで無念そうだった。

 

 一茂の魅力について、有吉弘行とマツコ・デラックスが2018年8月1日に放送された『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で語っている。

 

 有吉は「全然変わってないじゃん、昔から。本当バカだしさ、知ったかぶりするしさ。『なんだこの人』って思うけど、世間が変わったんだね」と分析。

 

 これにマツコは「ある程度の年齢にいくと、同じことしてる人を、急に世間が許すようになってくるんだよね」と話し、「野球やってうまくいかなかったところもかわいかったんだよね」と反応。

 

 有吉が続けて「役者だけダメ、野球だけダメ」と笑うと、マツコは「だからカワイイのよ」と褒めていた。

 

 ファンレターを書きたくなるような「人気」と、広く人々に知れ渡っている「知名度」には差があるもの。

 

 自ら「ファン0人説」を唱えた一茂だが、さまざまな経験を経て、深みを増した彼の「隠れファン」は一定数いるはずだ。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_061bf77b7340 oa-flash_0_13286701261b_純烈・小田井「例の件で番組の撮り直しが…」と再撮の苦労語る 13286701261b

純烈・小田井「例の件で番組の撮り直しが…」と再撮の苦労語る

2019年12月9日 20:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]


 

 音楽ユニットの純烈が、12月9日に『MONDO TV 新番組 ザ・純烈ショー!2』の会見を開いた。

 

 MONDO TVで隔週水曜日に放送中の同番組は、今回でシリーズ2に突入。メンバーが各々、パチンコや釣りなど趣味を楽しむ様子を紹介する。

 

 小田井涼平は「最初のシーズンは、純烈はどういうことができるのか、探り探りしながらやっていた感じがあった。シリーズ2では自分たちの個性を出せているかなと思う」と違いを実感。

 

 

 シーズン1の終盤では、スキャンダル報道で友井雄亮(ゆうすけ)氏が脱退し、数本撮り直しするはめになったと振り返った。

 

「1の終わりで、何人かずつでロケをやっていたところ、“例の一件” が発生。まるまる撮り直しすることもあって……。マネージャーからも『今回は1人1人(の撮影)です』と言われたとき、例の件の反省もあって1人1人撮るようにしたのかなと思った」

 

 実際、撮り直しでは苦労もかけたという。

 

「ロケ先も同じところに行くので、リアクションが大変。僕らはできるんですけど、アテンドしてくれるスタッフとか現地の店の人が、役者ではないのに新鮮なリアクションを取らないといけない。

 

 でも、『こないだ来てくれたねぇ』の体で話しかけてくれるので、いちいち止めて『すみません、これ初めての体でお願いします』と頼んだ」

 

 リーダーの酒井一圭も、小田井の「1人ずつ撮るようにした説」を「理由はお察し」と補足した上で、1月の謝罪会見に感謝の言葉を口にした。

 

「あのときの会見、マスコミの皆さん優しくなかったですか? 意地悪でえぐい質問されてもおかしくないのに、と答えながら思って。そういうのがなくて感激してました」

外部リンク

cat_oa-flash_issue_061bf77b7340 oa-flash_0_65fa8a604124_夏目漱石も苦労…糖尿病なのに「お菓子がやめられない!」 65fa8a604124

夏目漱石も苦労…糖尿病なのに「お菓子がやめられない!」

2019年12月9日 16:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]


 

 夏目漱石は正岡子規と同年生まれで、学生時代に出会い、子規から俳句を学んでいます。漱石という号も子規が提示したものです。そういうわけで漱石は俳句を作りました。短歌も少々。

 

 そして明治の教養人らしく漢詩も作れば、英文学者らしく新体詩も作っています。ただし小説ほどはうまくありませんでした。それでも人柄はよく出ていて、それなりに面白いものがあります。

 

 

・元日や歌を詠むべき顔ならず 胃弱の腹に三椀の餅

 

・じと鳴りて羊の肉の煙る門 ダンテに似たる屑買が来る

 

 これは明治38年1月5日付、井上微笑宛書簡に記された短歌(狂歌?)です。

 

 漱石は子規と同じくらいの大食いで、特に甘いものが好きでした。胃病になった原因を、若い時からの大食いのせいだと考えていたくらいです。

 

 実際、修善寺の大患の直接の引き金となったのは、宿で一人になって妻の監視が無くなり、羽目を外して食べすぎたせいでした。

 

 糖尿病も発症したため、晩年には食餌療法を受けて食べ物を制限されましたが、好きな菓子類をやめられず、鏡子夫人はお菓子を隠すのに苦労したといいます。
 

 夏目家は子どもが多かったので、家に菓子類を全く置かないというわけにはいかず、漱石は家で原稿を書いているので、隠しても隠しても必ず見つけ出して勝手に食べてしまうという、なかなか困った性格でした。

 

 南京豆が大好きで、砂糖のついた南京豆を一袋買ってきて、机の脇に置いて一人でぼりぼり食べたりもしていました。

 

 漱石が亡くなる直接のきっかけとなったのも食べすぎでした。精養軒で催された辰野隆の結婚披露宴に招かれた際、妻と席が離れていたのをいいことに料理を堪能してしまったのです。

 

 その日は何事もなかったのですが翌日に腹が痛くなり、昼間は絶食しました。それでも夜になると「何か食べたい」と言い出し、鏡子夫人がトーストを3枚用意すると「お前はずるい、こんなに薄くちゃいやだ」と駄々をこねて、もっと食べたがりました。

 

「いけません」「なあに、死にやしない」とやり取りしながらトーストを食べましたが、間もなく吐いてしまい、そのまま病床に就いたのでした。

 

 その後の衰弱はひどく、妻は医師と相談して、薬やアイスクリームや果物の汁などを、匙で口に運びました。カンフルも打たれ、中村是公や高浜虚子らが枕頭に詰めます。妻もいよいよ最期と覚悟してか、見舞い客との面談を許したのです。

 

 戦前は男社会でしたが、それだけに学生時代からの無二の親友といった存在がいる場合、その絆は実の兄弟よりも強いくらい(自分の意志で選んだ義兄弟のようなものですから)で、片方が亡くなると生き残った方が親友の遺族のことをあれこれ世話するのはよくあることでした。

 

 漱石の死後、中村是公は資産の運用や子どもの教育にも口を挟みます。善かれと思ってですが、鏡子夫人はある程度は是公を頼って彼に相談し、また時には反対を押し切って、大胆な株の運用などをして儲けたりしました。

 



 

 以上、長山靖生氏の新刊『恥ずかしながら、詩歌が好きです 近現代詩を味わい、学ぶ』(光文社新書)をもとに再構成しました。近現代詩歌を時代順に引きながら、喜びや悲しみを、詩人たちの実人生と共に味わいます。

 

●『恥ずかしながら、詩歌が好きです』詳細はこちら
https://honsuki.jp/stand/24799.html

外部リンク

cat_oa-flash_issue_061bf77b7340 oa-flash_0_3925ff93cc80_私的流行語はサウナー「忍野さら」身も心も整います! 3925ff93cc80

私的流行語はサウナー「忍野さら」身も心も整います!

2019年12月9日 16:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]


 

 出演作が軒並み売れ行き絶好調のため、「完売クイーン」と呼ばれる忍野さら。このたび、禁断のショットを詰め込んだ写真集が発売された。

 

「この作品には、妄想のように『幻想的なシーン』と、私と一緒に暮らしているような『リアルなシーン』が収められています。夢と現実を行き来するような感覚と、そのコントラストに、タイトルでもある “浪漫” を感じてもらえたら嬉しいです」

 

 

 2019年も残り1カ月。2019年の “忍野的流行語” はなんだったのだろうか。

 

「『サウナー』かな。最近、サウナに週2回ほど通っています。サウナ→水風呂→ボーッとする、のルーティンを、サウナ番組で教えていただいてから、すっかりハマりました。サウナに入ると頭が冴えて、体だけでなく心も整いますよ!」

 

 心身ともに整っている忍野に、2020年の野望を聞いてみた。

 

「お芝居の仕事で、もっと場数を踏んで上手になりたいです。音楽が大好きなので、『ミュージックビデオに出演できたらな』と思っています」

おしのさら
24歳 1995年6月3日生まれ 東京都出身 T164・B92W58H86 2016年、大学生のときにグラビアデビューし、発売されるイメージDVDや、掲載されるグラビア誌のあまりの売れ行きに、ついたニックネームが「完売クイーン」。最近ではドラマ、映画などにも出演し、活動の幅を広げている。そのほか最新情報は、公式ツイッター(@oshino_sara)にて

 

写真・橋本雅司

 

※写真集『浪漫』がワニブックスより発売中
※発売記念握手会が、12月8日(日)13時から東京・福家書店新宿サブナード店で開催

外部リンク

cat_oa-flash_issue_061bf77b7340 oa-flash_0_a0484186ac4b_フワちゃん、月収はユーチューバー20万円、テレビは10万円 a0484186ac4b

フワちゃん、月収はユーチューバー20万円、テレビは10万円

2019年12月9日 16:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]


 

 ユーチューバー芸人・フワちゃんが、12月6日放送の『有吉ジャポン』(TBS系)で、現在の収入を明かした。

 

 ユーチューバーとして、さまざまなチャレンジ企画動画を発表してきただけでなく、芸人として数多くの番組に出演しているフワちゃん。

 

 

 事務所に所属せず、フリーで活動しているが、月収は「ユーチューバーとして20万円。テレビの仕事では10万円ぐらい」と合計30万円程度だという。

 

 だが、「テレビの仕事は(制作側の)言い値でやっている。1本2万円ぐらい。悪い大人に騙されてるくさいんだけど……」と嘆いた。

 

 有吉弘行が「(収入が)何千万円ってやついっぱいいるじゃん」とほかのユーチューバーについて触れると……。

 

 フワちゃんは「YouTubeはアップすればするほど稼げるシステム。週4本ぐらい動画をアップすれば稼げるけど、(テレビの仕事が)忙しくて月に2~3本しかアップできない」と本音を語った。

 

 そこでフワちゃんは「どうすればいいんですかね?」と悩みを有吉に相談。事務所に入るなら吉本興業を勧められ、「私も『反社』の一員になっちゃおうかな」とボケていた。

 

 フワちゃんは10月28日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)では素顔を告白。

 

 実は帰国子女で、英語はペラペラ。米国に居住したことで、性格がオープンになり、「歯医者の受付とか、おもちゃ屋さんのバイトとかいろいろやったけど、お客さんにタメ口きいちゃうから全部クビになった」と苦笑した。

 

 自身のポリシーについても「1回でも仕事をしたスタッフの名前は必ず覚える。名前って自分の一番のオリジナリティー。私も薄着で出てきて、大御所の方にタメ口聞いてもそれを個性って認めてくれる。私だってみんなのオリジナル部分は受け入れる」と話していた。

 

 ポップな芸風だが、意外と律儀な面もあるのが、彼女の魅力だ。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_061bf77b7340 oa-flash_0_b43112bb7df9_河北麻友子「武勇伝ネタ知らない」にオリラジ藤森が困惑 b43112bb7df9

河北麻友子「武勇伝ネタ知らない」にオリラジ藤森が困惑

2019年12月9日 11:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]


 

 河北麻友子が、12月6日放送の『河北麻友子のマユコレ!』(ニッポン放送)に出演。オリエンタルラジオの代表的なネタ「武勇伝」を知らないと語り、ゲストの藤森慎吾を困惑させた。

 

 現在放送中の連続ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)で共演している2人だが、共演するまで特に接点がなく、お互いのことをよく知らないという。

 

 

 藤森は「オレもう15年やってるのよ、芸人。デビューが2005年だから」と語ると、河北は「ニューヨークに16歳までいたので、あなたの華々しい時代?は知らないんです。そんなのがあったんですか?」と返した。
 

 すると藤森は「ウソだろ、おい。あの黄金の……あの『武勇伝、武勇伝』知らないの?」と困惑。河北は即座に「知らない(笑)。知らないけど、なんかダサそうだね」と笑った。

 

 そこから、藤森が養成所のNSC時代から期待され、すぐに冠番組を持ったまさに「武勇伝」を説明。河北はようやく「えっ!? すごいじゃん」とオリラジのブレイクぶりを理解していた。

 

 河北がほかに知らなかったこととして、 篠原信一の「世紀の誤審」がある。2人は2017年3月27日の「たびレジ」登録促進イベントに出席。

 

 篠原は2000年のシドニーオリンピックでの「世紀の誤審」と掛けて「世紀の護身」とアピール。河北は「本当にすみません」と知らなかったことを明かしていた。

 

 アメリカ国籍を持つ河北は、2003年、日本で女優を目指すため単身で訪日。知らないこともあるが、ニューヨーク出身ならではの知識や経験は日本でも役立つはずだ。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_061bf77b7340 oa-flash_0_a730d840f068_【食堂のおばちゃんの人生相談】57歳・会社員のお悩み a730d840f068

【食堂のおばちゃんの人生相談】57歳・会社員のお悩み

2019年12月9日 11:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

「食堂のおばちゃん」として働きながら執筆活動をし、小説『月下上海』で松本清張賞を受賞した作家・山口恵以子。テレビでも活躍する山口先生が、世の迷える男性たちのお悩みに答える!

 

【お悩み/待つわさん(57)会社員】
 先日、妻に「あなたが定年退職したら、私は実家の近くで喫茶店をやりたいから、別居しましょう」と言われました。「定年後は、妻とのんびり過ごしたい」と思っていたのに、寝耳に水。定年まであと3年。このまま、熟年離婚への道まっしぐらなのでしょうか。

 

 

【山口先生のお答え】
 まあ、それはそれは。さぞかしショックを受けられたでしょうね。あなたのお気持ちはよくわかります。

 

 長年一生懸命働いてきて、苦労が報われるまであと3年。やれやれ、やっと肩の荷を下ろせると思ったら、いきなり……。これまで奥さんを裏切ったことはないし、大切にしてきたつもりなのに、いったい何故こんなことに? 多分「奥さんの気が知れない」と思う男性読者は大勢います。

 

 ただ、私は奥さんの気持ちも想像がつきます。あなたが会社で働いている期間、奥さんはずっとご主人をサポートしてきたわけです。

 

 言い方を換えると、自分の都合よりご主人の都合を優先する生活を続けてきたと、奥さんは思っているのです。そんな生活が30年近く続いて、いい加減飽き飽きしてしまったんですね。

 

 だから、せめてご主人が定年になったら自分の都合を優先して生活したい。新しいステージに踏み出したい。それが実家の近くで喫茶店を経営するという選択に繋がったのでしょう。

 

 その場合、ご主人の世話をしながら新しい仕事をするのは、精神的・肉体的な負担が大きすぎる。だから別居を望んだのです、きっと。

 

 実は年末に「婦人公論」の依頼で『ライフ・シフト』(東洋経済新報社)という本を読みました。それによれば、今10歳の子供の半数以上が100歳以上生きるのだそうです。衝撃でした。

 

 もう教育・仕事・引退の三つのステージでは、人生を使い切れない。ステージを増やして、80歳過ぎまで現役生活を送る人が増加する、と。その予想が当たるか外れるか、多分私は結論が出る前に死んじゃいますけど、それにしてもすごい世の中になったもんです。 

 

 もし、あなたと奥さんが100歳近くまで生きると想定すれば(しかもその想定はかなり現実味がある)、奥さんの喫茶店経営は良いアイデアだと思います。特別な趣味でもない限り、長すぎる老後を有意義に、生き甲斐を感じながら過ごすのは難しいです。定年の3年前に奥さんの計画がわかって良かったですね。

 

 今からでも遅くはありません。真剣に炊事洗濯の能力を身につけてください。掃除や洗い物は奥さんに教えてもらうのも良いですし、料理なら男性歓迎の料理教室がいくつもありますから、そこへ通って腕を磨くのも良いでしょう。

 

 少し腕が上がったら、休みの日は奥さんの代わりに掃除・洗濯をしたり、料理を作ったりして、役に立つ人材であることをアピールしてください。3年かけて、ゆっくりと、着実に。

 

 そして、定年後は奥さんの喫茶店に “従業員” として雇ってもらうのです。勿論、ボランティアでただ働きですよ。掃除、皿洗い、簡単な調理、経理事務など、何でも喜んでやりましょう。

 

 やがて奥さんは、役に立つあなたを見直します。頼りにするようになるかも知れません。新しいステージに踏み出した奥さんの一番の味方があなたです。二人は夫婦の絆に加えて、喫茶店経営を通して新しい絆を結べるのです。

 

 喫茶店が成功したら万々歳ですよ。ぶっちゃけ、退職金と年金だけで長い老後の生活を支えるのは難しいですから。奥さんは別居は望みましたが、まだ離婚とは言っていません。定年を前に夫婦の関係も見直して、新しい絆を結んでください。

やまぐちえいこ
1958年、東京都生まれ。早稲田大学文学部卒。就職した宝飾会社が倒産し、派遣の仕事をしながら松竹シナリオ研究所基礎科修了。丸の内新聞事業協同組合(東京都千代田区)の社員食堂に12年間勤務し、2014年に退職。2013年6月に『月下上海』が松本清張賞を受賞。『食堂メッシタ』『食堂のおばちゃん』シリーズ、そして最新刊『夜の塩』(徳間書店)が発売中

外部リンク

cat_oa-flash_issue_061bf77b7340 oa-flash_0_18237f5f0542_笹崎里菜はラグビー特需…女子アナ「リアル脱出ゲーム」逆境編 18237f5f0542

笹崎里菜はラグビー特需…女子アナ「リアル脱出ゲーム」逆境編

2019年12月9日 06:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

ラグビーW杯で株をあげた、日テレ・笹崎アナ

 

 会社員人生は、フルマラソンだ。五輪代表選考会(MGC)のように、序盤で飛ばして失速したり、伏兵が最後に出し抜いたり……。女子アナ界もしかりで、“令和の人気レース” は、まだ始まったばかりだ。

 

 それでは、不遇な状況を打破すべく奮闘する、彼女たちの「リアル脱出ゲーム」を実況しよう。今回は、逆境を乗り越えたサバイバーたちをご紹介する。

 

 

 9月、Jリーグ公式戦のハーフタイムで、チアダンスを踊っていたのは田中萌アナ(28・テレビ朝日)。スキャンダルで、一度は地上波から消えたが……。

 

「2016年、同僚の男性アナとの不倫報道で、情報番組『グッド!モーニング』を降板。地上波復帰は困難と思われましたが、2018年よりAbemaTVの『AbemaMorning』の報道キャスターを務め、上層部からの評価が高い。来春からの地上波復帰が内定しているそうです」(制作会社役員)

 

 一方、13年ぶりに同局の番組に復帰したのは、現在の夫・内村光良との不倫(当時)報道で、テレ朝とは長く距離をおいた徳永有美アナ(44・元テレビ朝日)。

 

「徳永さんは、年齢を重ねて家庭を持った落ち着きなどが評価され、過去を不問にして、『報道ステーション』テコ入れのために起用されました。しかし期待ほどには数字が伸びていません」(同前)

 

 テコ入れといえば、『報ステ』を経て、2019年4月のテレ朝退社後、わずか2カ月でTBSの『NEWS23』に転身が話題になった小川彩佳アナ(34、元テレビ朝日)。掟破りの移籍でバッシングを浴び、逆境からのスタートだったが、現在も苦労は絶えないようだ。

 

「テレ朝に比べ、TBSはキャスターへのフォローが少なく、小川さんは上層部に掛け合い、サポート役をつけてもらった。しかし、そのスタッフも、最近担当を外れた。小川さんは孤軍奮闘しています。

 

 9月にも佐々木卓社長が会見で、視聴率などに不満を述べた。矢面に立つ小川さんをもり立てようと、現場は一丸になっていますが……」(番組関係者) 

 

 その “一体感” が番組に表われるのはこれからか。 

 

 局は変わって日本テレビ。5月時点でレギュラー番組が1本だった、笹崎里菜アナ(27)の評価が急上昇。入社時のトラブルなどで、窓際状態だったが……。

 

「6月にアナウンス部長が伊東修さんになり、『ヒルナンデス!』や『情報ライブ ミヤネ屋』のような、重要な番組を担当しています。ラグビーW杯では、女性として唯一、実況チーム入り。日本代表の『勝利の女神』と言われました。

 

 また、東京五輪に向けて、日テレ公式のYouTubeチャンネル『サーフ☆ガール』でサーフィン姿を披露しています。この企画は、彼女の発案だったといい、局内では『五輪のサーフィン中継は彼女になりそうだ』と言われている」(関係者)

 

 以下では、そのほかの逆境サバイバーをご紹介。逆境からの脱出劇は、いつだってドラマチックな展開であふれている。

 

【女子アナ「リアル脱出ゲーム」逆境サバイバー】
●田村真子アナ(23・TBS)
「父は元厚生労働大臣の田村憲久氏。当初は、『注意されると、不服そうな態度をとることもある』との評価でした。最近、上司にそのことを指摘され、態度が改まりました。来期は担当番組が増えるといわれています」(TBS局員)

 

●大島由香里アナ(35・元フジテレビ)
 元フィギュア選手・小塚崇彦氏との結婚生活が不調。
「かつては大物政治家の単独取材に成功するなど、取材相手に気に入られるタイプだった。離婚して本格復帰すれば、大手事務所にも所属しており、新規番組には困らない」(制作会社社員)

(週刊FLASH 2019年12月17日号)

外部リンク