cat_oa-fashionsnap_issue_a3cab8d0a85a oa-fashionsnap_0_a3cab8d0a85a_コシノジュンコら気鋭クリエイターが福島県とタッグ、コラボ商品第2弾を発表 a3cab8d0a85a

コシノジュンコら気鋭クリエイターが福島県とタッグ、コラボ商品第2弾を発表

2018年3月21日 20:19 Fashionsnap.com

 福島県のモノづくり企業とコシノジュンコらクリエイターがコラボレーションした新作「FUKUSHIMA PRIDE 2018 collection」が3月21日、ギンザ シックス6階の「銀座 蔦屋書店」で発表された。

 福島県は2017年より、伝統工芸品・地場産品が抱える「消費者のライフスタイルや価値観の変化による需要減少」「人材・後継者不足」といった課題解決を目的にクリエイターとのコラボ商品を開発するプロジェクトに取り組んでいる。2年目となる今回は県内14事業者が参加。コシノジュンコが商品デザインを手掛けた「FUKUSHIMA PRIDE by JUNKO KOSHINO」では10の事業者とコラボレーションし、コシノジュンコが基幹コンセプトに掲げる「対極の美」に基づいた白と黒のコントラストが特徴的な商品が披露された。漆塗りのバッグや会津木綿を使用したトートバッグ、上川崎和紙を用いたランチョンマット、照明器具、食器、クッションカバーなど、ホテルや旅館の空間を彩る商品を提案している。コシノジュンコは「復興はすぐに解決できる問題ではないですが、支援されてなんとか生活するよりも仕事ができることの方が生きがいへと繋がると思います。仕事をすること、仕事をする機会を作ることが解決への一歩だと考えています」とプロジェクトへの思いを語った。

 このほか、会津桐や白河だるま、張り子、木工品といった4つの事業者と、平社直樹や川本尚樹、ヘンキ・レオン、水野憲司らクリエイターがコラボーレションした商品を展開。JAPAN DESIGN WEEK総合プロデューサーなどを務める川又俊明がプロデュースを担当した。

 新作を見た福島県知事 内堀雅雄は「全く新しいものを見る思いと根底にある伝統技術への懐かしさが混じり合って、とても不思議な感覚です。日本の方だけではなく、海外の方にも喜ばれると思います」と感想を述べた。プロジェクト担当者は前回の商品発売時には漆塗りのイヤリングや会津木綿を使用した商品が特に好評だったと話しており、今後は新作の一般販売に向けて百貨店などへ営業活動を行っていくという。銀座 蔦屋書店では25日までの期間、2017年に発表された商品を販売するほか新作を一部先行発売。24日からはパリで新作を披露する。

 

外部リンク

cat_oa-fashionsnap_issue_a3cab8d0a85a oa-fashionsnap_0_679c8448d54e_ナナミカとリーボックがコラボ、映画「エイリアン2」に登場した名作シューズをアップデート 679c8448d54e

ナナミカとリーボックがコラボ、映画「エイリアン2」に登場した名作シューズをアップデート

2019年11月21日 00:00 FASHIONSNAP.COM

 「ナナミカ(nanamica)」が「リーボック(Reebok)」とコラボレーションし、スニーカーとアパレルのカプセルコレクションを製作した。1980年代の名作「エイリアンスタンパー」をベースにしたスニーカーや、1990年代の要素を取り入れたアパレル3型を発売する。

【あわせて読みたい】「ナナミカ」がフラッグシップストアを代官山に出店、オリジナルブランドにフォーカス
 エイリアンスタンパーは1996年公開の映画「エイリアン2」で主人公を演じたシガニー・ウィーバー(Sigourny Weaver)が劇中で着用し、甲部分を覆うベルトストラップが特徴のモデル。コラボでは、アッパーに柔らかなシボレザーを採用し、トゥやヒールにスエードを組み合わせてビンテージスニーカーの「ジャーマントレーナー(GERMAN TRAINER)」をイメージしたモデルにアップデートしており、ボディーのカラーはブラックとホワイトを用意する。ベルトストラップやヒールのブランドロゴは地の色と同系色でさりげなくあしらわれており、ナナミカのブランドカラーであるネイビーはインソールやタンに配色されている。価格は各1万2,000円。

 アパレルでは、リーボックのベクターロゴをフロッキープリントであしらい、ナナミカのボックスロゴを相良刺繍で施したTシャツ(2色、各4,960円)のほか、1990年代に登場したトラックスーツ(9,490円)とトラックパンツ(8,990円/すべて税別)をリモデルしたアイテムを発売する。トラックスーツはコーデュロイを使い、長めの着丈からショート丈のビッグシルエットに変更。パンツはくるぶし丈に仕上げて立体的なカッティングを施した。ナナミカの直営店と公式オンラインストアでは11月30日から先行販売し、一部のリーボックストアやリーボッククラシックストアなどで12月6日に一般発売する。

【こちらもチェック】リーボックのフィットネス商品がデルタロゴからベクターロゴに変更


外部リンク

cat_oa-fashionsnap_issue_a3cab8d0a85a oa-fashionsnap_0_3c49cc065fbe_「スニーカーズエンスタッフ」が日本上陸、世界7店舗目となるストアを代官山にオープン 3c49cc065fbe

「スニーカーズエンスタッフ」が日本上陸、世界7店舗目となるストアを代官山にオープン

2019年11月20日 22:58 FASHIONSNAP.COM

 ストックホルム発のスニーカーストア「スニーカーズエンスタッフ(Sneakersnstuff)」(以下、SNS)が、アジア初となる店舗「SNS TOKYO」をログロード代官山に12月14日オープンする。


 SNSはエリック・ファーゲリンド(Erik Fagerlind)とピーター・ヤンソン(Peter Jansson)により1999年に創業されたスニーカーショップで、ストックホルムをはじめ、ロンドン、ベルリン、パリ、ロサンゼルス、ニューヨークと世界の主要都市に店舗を構えている。ショップではスニーカーをはじめ、アパレルや小物なども取り扱っている。

 「SNS TOKYO」は今年1月に閉店した「フレッドシーガル(FRED SEGAL)」の跡地に出店し、3棟にわたり展開。それぞれ個性を持つ他店舗同様に、都市ごとの風土や文化とスウェーデンおよびスカンジナビアのヘリテージを融合したショップデザインを踏襲しつつ、インテリアには日本の伝統的な部分やモダンな要素を取り入れるという。店舗デザインはストックホルムを拠点とするデザインスタジオBofink Design StudioのリードデザイナーJenny Askenforsと共同で行い、カフェの併設も予定している。

 オープンを記念し、「ナイキ(NIKE)」や「アディダス(adidas)」の主要スポーツメーカーなどSNSが扱うキーブランドのほか、「SNS TOKYO」でしか買えないレアモデルや、店舗限定商品などを多数ラインナップする。また、ショップオープンに合わせて、12月上旬には日本語版の公式サイトを開設する予定。



外部リンク

cat_oa-fashionsnap_issue_a3cab8d0a85a oa-fashionsnap_0_611a44c2d26a_東京オリンピック日本代表の公式服装はAOKIに決定 611a44c2d26a

東京オリンピック日本代表の公式服装はAOKIに決定

2019年11月20日 22:23 FASHIONSNAP.COM

 AOKIが11月20日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会で日本代表選手団が着用する公式服装の製作を手掛けると発表した。

【こちらもチェック】東京オリンピック聖火リレーランナーのユニフォーム公開、N.ハリ尾花大輔がデザインを監修
 公式服装とは、結団式をはじめとする公式行事の出席時と開会式時に着用する2種類の服装を指す。「ニッポンを纏う」「東京2020大会の価値の発信」「歴史と伝統の継承」「国民との一体感」などをコンセプトに製作するという。デザインの発表は2020年1月を予定。AOKIは公式服装のほか、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の「ビジネス&フォーマルウェア」カテゴリーにおけるオフィシャルサポーターを務める。

 なお、AOKIは過去にも2018年2月に平昌で行われた第23回オリンピック冬季競技大会において、日本選手団が着用する公式服装を担当した。

【あわせて読みたい】アオキが東京五輪のオフィシャルサポーターに ウェアを提供

外部リンク

cat_oa-fashionsnap_issue_a3cab8d0a85a oa-fashionsnap_0_d245bc8b08ec_「リモワ」のカスタマイズサービスがオンラインで完結、ラゲージタグやハンドルに新色追加 d245bc8b08ec

「リモワ」のカスタマイズサービスがオンラインで完結、ラゲージタグやハンドルに新色追加

2019年11月20日 20:55 FASHIONSNAP.COM

 「リモワ(RIMOWA)」が、スーツケースのパーソナライゼーションサービスを「リモワ ユニーク(RIMOWA Unique)」として刷新し、展開店舗と対象カラーを拡大した。オンラインストアや銀座7丁目のフラッグシップストア、表参道、丸の内、心斎橋などの店舗で提供している。

【あわせて読みたい】「ディオール」メンズ限定店が渋谷パルコに出店、リモワとのコラボアイテムを日本国内先行で発売
 リモワではこれまで一部の店舗でフルグレインレザーのハンドル、マルチホイール、ネームの刻印を含むレザーラゲージタグのパーソナライゼーションサービスを提供してきたが、リモワ ユニークでは取り扱い店舗をオンラインを含む計8店舗に拡大。店頭ではリモワ クラシック(RIMOWA Classic)全シリーズを対象とし、オンラインではリモワ クラシック キャビンのみを対象にカスタマイズをシミュレーションしながら購入できる。各パーツは既存カラーのブラックから、パプリカやオーシャン、ハニー、アジュール、ラグーン、ブラッシュ、クレメンテインに変更が可能。レザーハンドル(2本)が3万4,000円、マルチホイール(4輪)が1万8,000円、レザーラゲージタグが8,000円(いずれも税別)で提供している。



外部リンク

cat_oa-fashionsnap_issue_a3cab8d0a85a oa-fashionsnap_0_b3ca4da9093c_JR原宿駅がカフェ併設の新駅舎に、西洋建築風の現駅舎は東京五輪後に解体 b3ca4da9093c

JR原宿駅がカフェ併設の新駅舎に、西洋建築風の現駅舎は東京五輪後に解体

2019年11月20日 20:25 FASHIONSNAP.COM

 東日本旅客鉄道(JR東日本)が、2020年3月21日にJR原宿駅で新駅舎の供用を開始する。これに伴い2020年東京オリンピック・パラリンピック開催終了後に旧駅舎を解体。新たに開業する商業施設の一部として建て替える予定だという。

【あわせて読みたい】広島駅ビル「アッセ」が建て替えで2020年3月末に閉館、2025年春に新装オープン
 新駅舎はコンビニセンスストアやカフェを併設した2階建ての建物で構成され、表参道方向と明治神宮方面に出入り口を新たに設置。コンコースを約3倍、トイレを約2倍に拡張するほか、改札を2通路増設する予定で、最大24人乗りのエレベーターを各出入り口に設置することで利便性の向上を図る。また、山手線外回り(新宿・池袋方面)のホームを新設し、各ホームの混雑を緩和する。

 現駅舎は1924年に竣工し、都内に現存する最古の木造駅舎として運用していたが、老朽化や耐火性能が低いことから解体が決定。建て替え時は耐火基準に適した材料を用いて現在の西洋建築風のデザインを可能な限り再現した建物の再建を検討しているという。

【原宿駅前に】初の旗艦店「@cosme TOKYO」はトム フォード ビューティなど新規ブランドが充実、動画配信スペースの開設も


外部リンク

cat_oa-fashionsnap_issue_a3cab8d0a85a oa-fashionsnap_0_f3dee57c6b1f_「ローラ アシュレイ」来年8月頃から国内再出店、ワールドグループが展開 f3dee57c6b1f

「ローラ アシュレイ」来年8月頃から国内再出店、ワールドグループが展開

2019年11月20日 20:10 FASHIONSNAP.COM

 国内の全店舗が閉店した英国ライフスタイルブランド「ローラ アシュレイ(LAURA ASHLEY)」が、2020年8月頃から出店を再開する。ワールドグループのワールドライフスタイルクリエーションがマスターライセンシーの伊藤忠商事とサブライセンス契約を交わし、事業を手掛ける。

【あわせて読みたい】イオンが「ローラ アシュレイ」事業終了を発表
 ローラ アシュレイは、ローラ・アシュレイ(Laura Ashley)&バーナード・アシュレイ(Bernard Ashley)夫妻が1953年に立ち上げたライフスタイルブランドで、ローラのデザインによるオリジナルテキスタイルのプリント事業から始まり、キッチン雑貨やファッションアイテム、 ホームファニシング分野へと事業を拡大。現在は世界20ヶ国以上で展開している。

 日本市場では1985年に1号店がオープン。1986年以降は、同年2月に設立された英国ローラ アシュレイ社とイオンとの合弁会社ローラ アシュレイジャパンが事業を手掛け、百貨店や路面店、ショッピングモールなどに112店舗、香港と台湾に16店舗を出店してきたが、ローラ アシュレイ社とのライセンス契約満了に伴い、全店舗が閉店した。その後、2018年8月に伊藤忠商事がマスターライセンス権を取得し、既存のライセンスビジネスを引き継いでいる。

>>イオンと契約満了「ローラ アシュレイ」の販売権とライセンス権を伊藤忠が取得
 今後の具体的な出店計画としては、2020年8月頃から都心部と都心近郊の百貨店を候補地とし、初年度(2021年3月期)に7店舗の出店するほか、同時期に日本公式ECサイトを開設する計画。商品構成はウィメンズアパレルやファッション雑貨、ホームファニシングで、本国企画商品から自社開発商品、ワールドライフスタイルクリエーションと連携した商品まで幅広いラインナップを揃える。5年後(2025年3月期)までに30店舗に拡大する予定で、売上規模は30億円を目指すという。

 ワールドライフスタイルクリエーションは、ワールドグループのライフスタイル事業の中核を担う中間持株会社で、「イッツデモ(IT'S DEMO)」などを運営するファッションクロスや、バッグブランド「ヒロコ ハヤシ(HIROKO HAYASHI)」を手掛けるヒロコハヤシなど4社を統括している。ワールドグループは現在、非アパレル事業を強化しており、ローラ アシュレイ事業もその一環と位置付けている。



外部リンク

cat_oa-fashionsnap_issue_a3cab8d0a85a oa-fashionsnap_0_9d5b228f21e0_ヤンチェ_オンテンバール×エドウイン、香取慎吾のアートをあしらったデニム3型を発売 9d5b228f21e0

ヤンチェ_オンテンバール×エドウイン、香取慎吾のアートをあしらったデニム3型を発売

2019年11月20日 19:00 FASHIONSNAP.COM

 香取慎吾とスタイリストの祐真朋樹がディレクションを手掛けるショップ「ヤンチェ_オンテンバール(JANTJE_ONTEMBAAR)」が、「エドウイン(EDWIN)」とコラボレーションしたアイテムを11月21日に発売する。帝国ホテルプラザ東京のショップでのみ取り扱う。

>>香取慎吾が語る、祐真朋樹と作る服屋「ヤンチェ_オンテンバール」とは?
 コラボコレクションはデニム生地の3型からなり、ユニセックスのパンツ2本とウィメンズのスカートをラインナップする。レザーパッチやポケットの裏地、織りネームのデザインには香取がヤンチェ_オンテンバールの2019年秋冬コレクションのために制作したアート作品「REIWA」と「RETRO」のグラフィックが落とし込まれている。

 「J_O x EDWIN ストレートパンツ」(2万円)にはエドウインのアイコニックな14.6OZのレインボーセルビッチデニムを採用。ストレートシルエットで、ブルーとブラックの2色を揃える。「J_O x EDWIN ワイドパンツ」(2万2,000円)はエドウインのアーカイブからインスパイアされた極太のワイドパンツで、ワンウォッシュとユーズドウォッシュの2色をラインナップ。ウィメンズの「J_O x EDWIN デニムスカート」(2万円/すべて税込)はストレッチ生地を使用し、すっきりしたシルエットのロング丈に仕上げた。

【過去のコラボアイテム】香取慎吾と祐真朋樹が「メゾン キツネ」と5年ぶりにタッグ、「ヤンチェ_オンテンバール」でコラボTシャツ発売


外部リンク

cat_oa-fashionsnap_issue_a3cab8d0a85a oa-fashionsnap_0_9f2ada82fbc1_「コーチ」ブランドの新しい顔にジェニファー・ロペスを起用 9f2ada82fbc1

「コーチ」ブランドの新しい顔にジェニファー・ロペスを起用

2019年11月20日 18:46 FASHIONSNAP.COM

 「コーチ(COACH)」が、女優で歌手のジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)をブランドのグローバルな新しい顔として起用した。

 コーチは、ブランドが掲げるオプティミズム(前向きな姿勢)、インクルージョン(包括性)、オーセンティシティ(本物志向)といったヴィジョンを体現する存在としてロペスを抜擢。

 クリエティブ・ディレクターのスチュアート・ヴィヴァース(Stuart Vevers)はロペスについて「彼女は凛としていて、自分の信じる道を進み、自身のスタイルを貫き行動してきた個性溢れる人。彼女こそがコーチというブランドのあり方、新しいキャンペーンを体現しています。私は、2002年にリリースした『All I Have』のミュージックビデオでジェニファーがコーチのシグネチャーバッグを持っているシーンをとても気に入っています」とコメント。

 コーチとロペスのパートナーシップは2020年スプリングシーズンからスタートし、グローバル広告キャンペーンに登場するという。協業の発表に際し、ジェニファー・ロペスは「ワクワクしています。コーチはタイムレスなブランドで、昔からずっとファンでした。次回のキャンペーンは、"アップタウンとダウンタウンのミックス"というまさに私のパーソナルスタイルを物語るものになると思います」と語っている。

【あわせて読みたい】「コーチ」初のメンズコレクションの顔にマイケル・B・ジョーダン起用

外部リンク

cat_oa-fashionsnap_issue_a3cab8d0a85a oa-fashionsnap_0_edb75678f201_アトモスが谷川俊太郎とコラボ、詩をプリントしたTシャツを販売 edb75678f201

アトモスが谷川俊太郎とコラボ、詩をプリントしたTシャツを販売

2019年11月20日 16:33 FASHIONSNAP.COM

 「アトモス(atmos)」が、詩人の谷川俊太郎とコラボレーションしたTシャツを販売する「谷川俊太郎 POP UP STORE」をアトモス 千駄ヶ谷店に出店する。期間は11月22日から30日まで。

 ポップアップストアでは、フロントに「Tシャツの詩」を意味する「THE POETRY OF T-SHIRT」のテキストを、バックに谷川の詩をプリントした9種類のデザインのほか、フロントに「Tシャツの詩」、バックに「THE POETRY OF T-SHIRT」をプリントした1種を加えた全10種のTシャツを発売。カラーはホワイト1色のみで、サイズはM、L、XLをラインナップする。価格は各税別6,000円。店内ではTシャツをすべて壁にディスプレイし、若者に向けて詩の面白さを視覚的に発信するという。

【こちらもチェック】アディダス×河村康輔×JUN INAGAWAのTシャツ進呈も、アトモスが原宿でポップアップ開催


外部リンク