cat_oa-fashionsnap_issue_56e58ad4611d oa-fashionsnap_0_56e58ad4611d_アニキこと片野英児が2018年に買ったモノ 56e58ad4611d 56e58ad4611d アニキこと片野英児が2018年に買ったモノ oa-fashionsnap

アニキこと片野英児が2018年に買ったモノ

2018年12月24日 21:00 FASHIONSNAP.COM

 今年のお買い物を振り返る「◯◯が2018年に買ったモノ」。3人目は、"アニキ"と呼ばれ、FORZA STYLEの人気企画「アニ散歩」で知られる片野英児さん。プライベートでも古着屋を回るほどヴィンテージ好きのアニキが、今年買って本当に良かったモノ10点とは?

Barbour オイルドジャケット


アニキ:これはバブアーのオイルドジャケットで、たぶん1982年から87年くらいのものです。元々は、魚の油を染み込ませて防水にしていたという労働着なので、デニムのヒゲみたいに色落ちさせる感覚で、雨に打たれたりしてオイルが抜けていく過程も楽しめる服ですね。

FASHIONSNAP.COM(以下、F):オイルが入っているので少しベトベトしていますね。

アニキ:軽くて柔らかくてサラサラしてるものが求められる今の時代に、ベトベトしている服ってあり得ないなと思ったんです。今のバブアーももちろん良いんですけど、時代に逆行している感じが格好良いなと。

F:オイルドジャケットは何枚持っているんですか?

アニキ:15年くらい前に一度買いました。当時はオイルがいっぱい入っているのが嫌で、良い感じに落ちないかなとシャワーをかけたんです。そしたら抜け過ぎて、すごい格好悪いことになってしまって。オイルを塗り直して久しぶりに着ようかなと思っていた時に、これと出会いました。


F:ベタつきは大丈夫ですか?

アニキ:冬の乾燥肌も潤うのでニベアだと思っています(笑)。オイルの香りも男っぽい感じがして良いんですよ。難点は、スマホの画面が少しベトベトになることですかね。

F:仕事的に電話は必需品かと思うので大変そうです。

アニキ:逆にスマホがあるから休めないこともあるじゃないですか。油で曇ってよく見えないのをいいことに、休み気分を満喫しているんです。

 

Vintage チノパン


アニキ:これは、浅草の「スリーラバーズ(THE THREE ROBBERS)」というお店で見つけた1950年代のフランス軍のチノパンです。軍モノといえばアメリカのものが数も多くてポピュラーなんですけど、ヨーロッパの軍モノを着てみるのもいいなと思って、デッドストックで状態も良かったので試着せずに買いました。

F:「アニ散歩」をYouTubeで見てます!色々試着して迷って結局買わないというイメージもあったんですが、試着しないで買うこともあるんですね。

アニキ:実はあるんです(笑)。「この人結局何も買わないな」みたいなコメントも多いんですけどね。

F:ヨーロッパの軍モノの良さは?

アニキ:ヨーロッパは洋服の歴史があるからか、タックの入れ方だったり、生地やボタンなどに違いを感じますね。ポケットのフラップも直線ではなく少しデザインが加えられていてグッときます。トレンチコートはイギリス軍の服だし、ヨーロッパのミリタリーから派生した服も面白い。現代の服はこういうのを元ネタに作っているのかなとか。もちろん戦争は良いことではないですが、機能服としては本当に優れていると思いますね。


 

THE THREE ROBBERS セットアップ


F:スリーラバーズはオリジナルアイテムも展開しているんですね。

アニキ:そうなんですよ。昔のニュアンスとかエスプリを感じさせるんですがただのコピーとかではなくて、独自で作っている面白いお店です。

F:これ素材は何ですか?

アニキ:TCと言われるポリエステルとコットンの混紡です。シワになりにくいので、クライアントへの挨拶やレセプションパーティーとかで、気分じゃないけど綺麗目な格好をしないといけない日に、気軽に鞄に入れておけるというのも気に入っています。

F:裏地は地図のプリントなんですね。

アニキ:イギリス軍が敵地に行くときに使っていたエスケープマップをイメージしていると。レーヨン製でカサカサと音がしないから敵に見つかりにくいというもので、それを裏地に使う遊び心も好きですね。


F:面白いですね。そういったディテールに惹かれて購入したんですか?

アニキ:はい。あとミリタリーっぽいオリーブグリーンの色も気に入っています。実はこれオーナーさんの拘りで1色のみの展開だそうで、この色を気に入って買うか買わないか。アニ散歩でも買うか買わないかをいつも悩むので親和性を感じました。

F:アニ散歩といえば、服を見たあとに飲むお酒も楽しみの一つです。

アニキ:浅草に行った時は基本的にホッピーを飲んでますね。高円寺とかだと古着屋を回って、商店街をブラブラして飲むみたいな。表参道や神宮前よりも、そういう街の方がリラックスできて疲れないんですよ。あと昼間に堂々と買い物ができて、お酒を飲めるのが最高です。


 

Brooks Brothers ボタンダウンシャツ


アニキ:これは「ブルックス ブラザーズのボタンダウンシャツ」この一言で魅力が伝わるアイテムだと思っています。やっぱりこういうベーシックは根底にあって。トレンドや時代の流れもありますが、自分の中でずっと着ていられるアイテムの一つがボタンダウンシャツなんです。

F:これは今年発売されたものですか?

アニキ:そうです。新しいものは胸ポケットがないんですよ。

F:シャツの胸ポケットは好き嫌いが分かれるポイントだと思いますが、どっち派ですか?

アニキ:最初はすごく嫌でした。でもシャツの起源を辿ると、元は付いていなかったらしく。顧客からの要望でポケット付きが作られるようになったとか。そんなウンチクを知ると、起源のポケット無しも良いんじゃないかな?と思えてきたんですよね。ポケットが無いけど表前立て、というバランス感も悪くないなと。


F:ブルックス ブラザーズのシャツはかなりお気に入りなんですね。

アニキ:ボタンダウンだけで7枚くらい持っています。昔はタイトに着るためにネックがきつめのものを選んでいたんですけど、今は大きめに着るのがトレンドだったりするので、これは少し大きめのサイズを選びました。第一ボタンまで閉めてノーネクタイで着るというのが新鮮で、第一ボタンが閉まるこのサイズを買い足した感じです。

F:結構持っているんですね。ちなみに初めて購入したのは?

アニキ:高校生の時。でも、結局は全然着こなせなくて。アイビールックとかトラッドに興味があって買ったんですけど、DCブランドブームが来た時にそっちに移っちゃったんですよね。


F:興味がまた戻ってきたんですね。

アニキ:30代半ばくらいかな。クローゼットを見返すと、トレンド的な意味で何年か経つと着れなくなってしまう服があって、それが嫌だったんです。擦り切れるまで着たいし、一つのものを長く着るのが自分のスタイルだっていうのを考え始めたんでしょうね。ボタンダウンシャツは、今となっては定食に無くてはならないご飯のような存在ですよ。デニムにもスラックスにも合う。ご飯は米や炊き方がよくないと美味しくないですけど、ブルックス ブラザーズは間違いなく上手いから。

F:よく考えて服選びをしている理由がわかりました。

アニキ:「この人結局何も買わないな」には理由があるんですよ。

 

Vintage グルカショーツ


アニキ:これはイギリス軍に関係するグルカ兵が履いていたグルカショーツです。丈が長くてキュロットみたいに裾が広がっていて、股上の深さとか野暮ったさが気に入りました。

F:ベルトの仕様が独特ですね。

アニキ:なんでこんな面倒くさい作りにしたんでしょうね。着脱している間に襲撃されたりしたら大変ですよ。当時はジャストウエストで絞って履いていたようなんですが、今の時代にそのまま履くのは少し違うので、腰履きができるようにベルトの幅をずらしています。その痕跡が残るのも味わいだなと思いますね。どれだけ良いヴィンテージのアイテムを着ても、サイズ感とか似合っていなかったら本末転倒なので、いかに自分のスタイルに取り入れられるかを意識しています。


F:これはどこで購入したんですか?

アニキ:知り合いとグルカのアイテムが気になるという話をしていたときに、偶然ですが祐天寺の「ReCollect」で見つけて。その日はやっぱり悩んで買わなかったんですけど、気になって眠れなくなっちゃったんですよ。それでプライベートで購入したアイテムです。

F:プライベートではもっと買っているんですか?

アニキ:今の仕事とプライベートでは5分5分ぐらいですかね。でもプライベートで買い物に行っても、動画や記事のことを意識してしまうんです。お酒を飲むにしてもサッポロビールさんの連載もやらせてもらっているので、服を見ててもお酒を飲んでても、色々と考えてしまって.......。



次のページは、バーバリーの一枚袖ステンカラーコートや、赤羽で飲むときに履く靴といえば?






 

ALPHA INDUSTRIES M65フィールドジャケット


アニキ:これは実際にアメリカ軍で使われていたミリタリージャケットをベースに作られたもので、1990年代ぐらいに一般的に販売されていたものです。ただ、今のアルファ インダストリーズは東南アジアで作っているんですが、これはアメリカ製なんですよ。

F:どのあたりが魅力ですか?

アニキ:デッドストックで買ったんですが、軍モノじゃないけどアメリカ製、というところですかね。あとこの色。


F:ミリタリーといえばオリーブグリーン系のイメージが強いですが、なぜベージュを?

アニキ:昔は「MA-1の本物はグリーンで裏地がオレンジだろ」みたいに思っていたけど、これはこれで魅力を感じ始めて。今50歳なんですけど、もう少し年を取ってジジイになった時に、こういうベージュ系のジャケットを野暮ったく着るのも格好良いかなと。枯れた中年感も味だなと思っているので。

F:なんとなく将来像が見えてきました。

アニキ:ガシガシ洗濯して、絶賛味出し中です。

 


BURBERRY ステンカラーコート


F:年季の入ったアイテムですね。年代のものですか?

アニキ:かなり古いとしかわからないです。コットン100%でシンプルですけど、この玉虫色が良いんですよね。ブルックス ブラザーズのシャツもそうですが、こういうスタンダードなものはオーラがあるというか、服の力を感じるんです。

F:中のバーバリーチェックは現行のものとは少し違うようです。

アニキ:今のチェックが使われる前だったのかも。昔のバーバリーのステンカラーコートは、品質表記がブランドタグの下にあるんです。だから古着屋でここを確認している人を見たら、同業者かな?って意識しちゃいますね。


F:どこが気に入っていますか?

アニキ:1枚袖というところかな。バーバリーのステンカラーコートって、袖が2枚の生地で作られているものが多いんですよ。でも昔のもので1枚で作られているのもあって、着た時の肩のラインとか落ち方が綺麗なんですよね。1枚袖のバーバリーは数が少ないんですけど、こういう企画や自分の連載とかで紹介するとまた減っていく......自分で自分の首を絞めているんですかね(笑)。

 

PARABOOT シャンボード


アニキ:パラブーツのシャンボードは昔ずっと履いていたんですけど、しばらくは気分じゃなかったので靴箱で眠っていたんですよ。でも震災後に、歩きやすいスニーカーとかラバーソールのマーケットが広がったじゃないですか。改めて靴箱を見返すと、フォルムの普遍性とか外羽根とかに惹かれて、また履きたいという気分になりました。

F:すでにシャンボードを持っていて買い足したんですね。

アニキ:これはデカタグと呼ばれるもので、タグが普通のものより大きいんです。あと、この濃い茶色のものは履いていくうちにシミができたり、エイジングしていく過程を楽しめるので好きなんですよね。


F:マメにケアをしていそうですね。

アニキ:いや基本的にあまりしないんです。傷がついても良いし、できるだけ自然な状態が良いので。たまに色があまり付いていないクリームを塗るくらいで、あとはもう自然のまま楽しむ感じです。

F:久しぶりにパラブーツのシャンボードを履いた感想は?

アニキ:やっぱり歩きやすい。もともと登山靴を作っていたので、ゴツくて重そうな見た目ですけど、履いてみるとすごく快適です。今年はアメリカの軍モノとかリーバイスのデニムなどを履いているときに、足元だけフランスブランドという感じでよく履きましたね。若い頃は、一時期フレンチブームというか、フランスかぶれ時代というのがありましたが。

F:それはいつ頃?

アニキ:80年代後半とか90年代頭くらいで、20代かな。「セントジェームス(SAINT JAMES)」とか全身フランスブランドを着て、フレンチがイケてるゼみたいな、ちょっと勘違いしがちな時代もあったんです。でもその当時に買ったものが年月を経てもやっぱり良いなと思えたり。こういうスタンダードなものって長い付き合いができるんですよね。


 


RED WING ミルワン ブルーチャー・オックスフォード


アニキ:アメリカ海軍のサービス シューズを元に作ったレッド ウィングのミルワンです。レッドウィングって、作業靴とかアウトドアシューズだったりタフなイメージですよね。これはセミドレスでドレスシューズのような雰囲気もありながら、シワの入り方とかステッチでちょっと無骨な一面もあるところがグッとくるんです。

F:よく馴染んだ感じがしますね。


アニキ:これは新品で買ったんですけど、結構履きました。赤羽でよく飲むんですけど、直訳するとレッドウィングじゃないですか。レッドウィングを履いて赤羽で飲むという動画を何回か上げています(笑)。

F:履き心地はどうですか?

アニキ:最初は少し硬いんですけど、すぐ馴染んで今は快適。これから長い付き合いになる友人みたいな。良い靴です。


F:レッドウィングは他にもお持ちなんですか?

アニキ:この他だとポストマンというフラットソールの靴を持っていますが、それもかなり付き合いのいい友人ですよ。

 

JS Sloane ポマード


アニキ:昔は長髪だったんですけど、3年ほど前に古き良き昭和の七三分けみたいな髪型に憧れて、短くしたんです。最初はハードジェルで固めていて、でも頭を触りにくいんですよね。よくあるポマードだと油でギトギトになっちゃうし匂いも独特で嫌だなと思っていた時に、これを見つけたんです。

F:これもポマードですよね?

アニキ:水性のポマードなんです。触ってもそんなにベトベトはしないし、水で洗えばすぐにサラサラする。昭和のお父さんみたいないい香りがするし、ガラスじゃなくてプラスチックの容器なので割れる心配もない。


F:かなりお気に入りですね。

アニキ:一回気に入ったらずっと同じものを使うタイプで。これは水性ですけど、油って大事ですよ。50歳になったし、逆に脂っこくいようと。

F:脂っこく。

アニキ:オイルドジャケットもそうですけどね。爽やかでクリーンなものを求める若い子たちに、油を差すことで「油断するな」と謳っていこうかなと思っているんです。字のごとく、油断って油が断たれると起こってしまうんじゃないかなと。

F:なるほど。

アニキ:例えば今の時期だと、忘年会でお酒を飲んで取り乱してしまうとか。それは油断しているからでしょ。だから油を足していかないと。オイルドジャケットを着て、髪の毛にポマードを塗って、油断せずキチッとしようという思いを込めて。


 

今年のお買い物を振り返って

F:今年のお買い物を振り返ると、どんな1年でしたか?

アニキ:あまり1年間でどういうものを買ったか振り返ることがなかったので、すごく新鮮でした。今年は本当に良いものが買えたな〜と思いましたね。

F:20代のころにフレンチにかぶれたように、今ブームはありますか?

アニキ:そういうのはなくなりました。フレンチもイタリアも経て、でもせっかく日本に住んでいるんだし、日本人の感覚でイタリアもイギリスもアメリカも、良いと思ったものをミックスしたら良いんじゃないかと思ってきたんです。でも小ブームはありますけどね。ヨーロッパのミリタリーのことを考えて眠れなくなるとか。


F:では、最後に2019年に買いたいものはありますか?

アニキ:う〜ん、特にないですね。古着とか服って出会えるかどうかなので、偶然的な出会いで買いたいんです。でも来年の目標はありますよ。

F:何でしょう?

アニキ:「#油断するな」を流行らせる!です。



■片野英児1968年東京生まれ。総合広告代理店勤務を経て、フリーランスとして独立。講談社デジタルメディア「FORZA STYLE」のアニ散歩コンテンツの企画出演及び執筆の他に、フリーランスとしてテレビ、イベント出演などメディアの枠を超えて活躍中。2015年より「FORZA STYLE」で定番服と昭和グルメをクロスさせたコラム「アニ散歩」を連載開始し、人気コンテンツとなる。さらに2016年からサッポロビールのウェブサイト「赤星探偵団」にて赤星の飲める名店を紹介する「赤星アニ散歩」を連載し、イベントに出演。コラム連載の他に「アニ散歩動画」ではYouTubeにて40万回以上の再生回数を達成する。





■2018年買ったモノ
・小木"Poggy"基史が買ったモノ
・ONE MEDIA代表取締役 明石ガクトが買ったモノ
・アニキこと片野英児が買ったモノ

■買ったモノ連載ページ



外部リンク

cat_oa-fashionsnap_issue_56e58ad4611d oa-fashionsnap_0_z83y58h1ql5v_繊維商社ヤギ、規格外品タオルを有効活用する「B子プロジェクト」を始動 z83y58h1ql5v z83y58h1ql5v 繊維商社ヤギ、規格外品タオルを有効活用する「B子プロジェクト」を始動 oa-fashionsnap

繊維商社ヤギ、規格外品タオルを有効活用する「B子プロジェクト」を始動

2021年12月1日 15:49 FASHIONSNAP.COM

 繊維商社ヤギ(YAGI)のエシカルサステナビリティに取り組むプロジェクト「ヤギシカル(YAGIthical)」が、グループ企業のツバメタオル、NPO法人DEAR MEと3社合同で規格外品タオルを有効活用する「B子プロジェクト」を始動した。

  • prev
  • next



 「B子プロジェクト」は、ヤギ、ワコールホールディングス、ファッションで持続可能な未来を目指すNPO法人DEAR MEの3社が参加し、未来の消費者世代であるZ世代と企業のシナジーを生かした社会課題解決を目指すプロジェクト「Timeless worth project」の一環として発足。製品としては優れているが、欠点により商品として販売できなくなってしまった規格外品タオルを活用したアップサイクル商品を販売することで、サステナブルな消費活動に興味を持つZ世代を増やしていくことを目指す。

 12月10日から2022年1月11日までの期間、新宿マルイ本館8階では「コンセプトショップス(concept shops)」のポップアップを開催。店頭では、有機精練というエコロジーな方法でタオルを製造し続けているツバメタオルの規格外品をアップサイクルしたタオルを中心に、吸水ショーツ(4290円)やフェルト人形(1320~1980円/いずれも税込)などを販売する。

■YAGIthical POP-UP STORE
期間:2021年12⽉10⽇(金)~2022年1⽉11⽇(月)
場所:新宿マルイ 本館 8階「concept shops」
営業時間:11:00~20:30 ※12月31日は11:00〜18:00 ※1月1日・2日は休館日となります。

外部リンク

cat_oa-fashionsnap_issue_56e58ad4611d oa-fashionsnap_0_0pvzrjybq72d_コート系スニーカーの売上が2倍に、2021年は履き心地に定評のあるブランドが人気 0pvzrjybq72d 0pvzrjybq72d コート系スニーカーの売上が2倍に、2021年は履き心地に定評のあるブランドが人気 oa-fashionsnap

コート系スニーカーの売上が2倍に、2021年は履き心地に定評のあるブランドが人気

2021年12月1日 15:13 FASHIONSNAP.COM

 2021年売れたスニーカーは一体何か。スニーカー小売の雄、「アトモス(atmos)」「ミタスニーカーズ(mita sneakers)」「アンディフィーテッド(UNDEFEATED)」の話を元にトレンドスニーカーを調査。今年は「ナイキ(NIKE)」の白色のモデルを中心に、履き心地に定評のあるブランドが人気を集めた。


 モデル別では、バスケットボールカルチャーから派生したコート系※が人気で、各ショップ平均して売上が前年比で約2倍に伸長。アイテム数や多彩なコラボレーション企画、復刻モデルなどが支持されたことからナイキのエア フォース 1(Air Force 1)やダンク(DUNK)が好調で、今年の傾向としてはスタイリングに取り入れやすい白色ベースのモデルに人気が集中した。ミタスニーカーズでは、新品のスニーカーにヴィンテージ風のカスタマイズを施す人もよく見られたという。

※コート系とは、テニスやバスケットボールなど、コートでプレーするスポーツのために製作されたシューズ。特徴としては、ソールがフラットでシンプルなデザインが多い。


 好調なブランドは三者三様で、ミタスニーカーズでは「ニューバランス(New Balance)」がアジア製のヘリテージモデルからニューモデルに至るまでバランス良く売上が伸びた。900番台を筆頭にMade in U.S.A.の人気に拍車が掛かるだけに留まらず、「東京デザインスタジオ ニューバランス(TOKYO DESIGN STUDIO New Balance)」が展開するモダンなデザインのアイテムも人気を後押ししたという。アトモスでは、「ホカ オネオネ(HOKA ONE ONE)」や「アグ(UGG®)」が堅調に推移。近年はスニーカーをコレクションする需要が高まっていたが、今年に入り実用性重視の考えが強くなり、履き心地が良くデザイン性にも優れた両ブランドの売上が前年比で2.3倍に伸びたという。ホカオネオネは「ボンダイ 7(BONDI 7)」、アグは「CA805」のシリーズが特に人気で、いずれも厚いソールのモデルが支持されている。アンディフィーデットではナイキと「ジョーダン ブランド(JORDAN BRAND)」が引き続き人気を集めている。

 スニーカー愛好家たちの服装はスニーカーと親和性の高いアイテムが目立ち、「シュプリーム(Supreme)」「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー™(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™)」「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」「サカイ(sacai)」「アンダーカバー(UNDERCOVER)」といったスニーカーとのコラボレーションが多いブランドをはじめ、ゴアテックス(GORE-TEX®)やコーデュラ(CORDURA®)などスニーカーにも使用されるファブリックを用いた服が好まれる傾向にあるという。また、オリジナルアパレルを展開しているアンディフィーデットではカーゴパンツやワークパンツのほか、2022年春のトレンドとしても浮上しているスウェットのセットアップにスニーカーを着用するスタイルが支持されている。

外部リンク

cat_oa-fashionsnap_issue_56e58ad4611d oa-fashionsnap_0_0s4vgoy1jk19_ヨウジヤマモト バイ リーフェが新作ジュエリーを受注販売 0s4vgoy1jk19 0s4vgoy1jk19 ヨウジヤマモト バイ リーフェが新作ジュエリーを受注販売 oa-fashionsnap

ヨウジヤマモト バイ リーフェが新作ジュエリーを受注販売

2021年12月1日 13:48 FASHIONSNAP.COM

 「ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)」のジュエリーライン「ヨウジヤマモト バイ リーフェ(Yohji Yamamoto by RIEFE)」が、ホリデーシーズンに向けた新作ジュエリーの受注を開始した。ヨウジヤマモト
ウィメンズ一部店舗と、12月1日にオープンした伊勢丹新宿店のポップアップショップで受け付けている。

  • prev
  • next


  • prev
  • next


 アイテムは、インフィニティ(無限)のシンボルをソリッドに仕上げ、アシンメトリーデザインを採用したリング2型(9万9000〜22万円)、
2つのネックレスを掛け合わせると1つのインフィニティモチーフになるネックレス2型(10万4500〜21万4500円)、スパイクモチーフにダイヤモンドをあしらったイヤカフ2型(11万〜18万1500円)の計6型を展開。リング、ネックレスはそれぞれシルバー×ブラックプレーテッドのタイプもしくはブラックダイヤモンドをあしらった立体感のあるパヴェタイプを用意し、イヤカフはブラックダイヤモンドもしくはホワイトダイヤモンドから好きなカラーを選択できる。

 このほか、今回からゴールド(K18)×ブラックプレーテッド加工を施したラインを展開。ペンダント(20万9000〜27万5000円)やリング(28万6000〜36万3000円/いずれも税込)をラインナップする。

■ヨウジヤマモト 伊勢丹新宿店 POP UP SHOP
期間:2021年12月1日(水)〜12月7日(火)
場所:伊勢丹新宿店 3階プロモーション

■問い合わせ
ヨウジヤマモト プレスルーム:03-5463-1500

外部リンク

cat_oa-fashionsnap_issue_56e58ad4611d oa-fashionsnap_0_ymaz1zehr4zs_「NARS」の人気パウダー、新年を祝う赤とゴールドの限定パッケージで登場 ymaz1zehr4zs ymaz1zehr4zs 「NARS」の人気パウダー、新年を祝う赤とゴールドの限定パッケージで登場 oa-fashionsnap

「NARS」の人気パウダー、新年を祝う赤とゴールドの限定パッケージで登場

2021年12月1日 13:32 FASHIONSNAP.COM

 「ナーズ(NARS)」が、赤とゴールドを採用した新年祝う「LUNAR NEW YEAR COLLECTION」を2022年1月1日に数量限定で発売する。


 毎年展開するニューイヤーコレクション。今年は赤色のメタリックベースにゴールドでロゴを施した限定パッケージで、アイシャドウとパウダーを提案する。アイシャドウ「クワッドアイシャドー」(税込6160円)は、同ブランドのアイコニックシェード「ブラッシュ 4020」からインスパイアされて誕生したシマーに輝くゴールドの「01803 TAJMAHAL」を採用。ソフトマットな仕上がりの人気パウダー「ライトリフレクティングセッティングパウダー プレスト N」(同6270円)はムラになりにくく、肌を均一に整えるアイテムだ。

■LUNAR NEW YEAR COLLECTION
発売日:2022年1月1日(土)
問い合わせ:0120‑356‑686(NARS JAPAN)

外部リンク

cat_oa-fashionsnap_issue_56e58ad4611d oa-fashionsnap_0_2w8cxe0bj5qi_ZOZOの執行役員に元ジバンシィ ジャパンCEOのクリスティン・エドマンが就任 2w8cxe0bj5qi 2w8cxe0bj5qi ZOZOの執行役員に元ジバンシィ ジャパンCEOのクリスティン・エドマンが就任 oa-fashionsnap

ZOZOの執行役員に元ジバンシィ ジャパンCEOのクリスティン・エドマンが就任

2021年12月1日 12:00 FASHIONSNAP.COM

 ZOZOが、12月1日付けで元「ジバンシィ ジャパン」プレジデント&CEOのクリスティン・エドマン(Christine Edman)が同社の執行役員に就任したことを発表した。

 クリスティン・エドマンは1975年12月23日生まれ。2005年に入社したH&Mでは、スウェーデンや香港で要職を経験し、2008年から約8年間にわたりH&Mジャパン社代表取締役社長を務めた。ジバンシィ ジャパンでは、プレジデント&CEOとして、事業の効率化や組織改革などを推進し、同社の成長に貢献。今後ZOZOでは、執行役員として「ZOZOVILLA」を含めたZOZOTOWN出店ブランド各社との関係強化や、新規出店ブランドの誘致などに取り組んでいくという。

外部リンク

cat_oa-fashionsnap_issue_56e58ad4611d oa-fashionsnap_0_sbsvrpyf546p_下北沢にセレクトショップ「THE MOTEL」がオープン 古着などの一点物を販売 sbsvrpyf546p sbsvrpyf546p 下北沢にセレクトショップ「THE MOTEL」がオープン 古着などの一点物を販売 oa-fashionsnap

下北沢にセレクトショップ「THE MOTEL」がオープン 古着などの一点物を販売

2021年12月1日 11:35 FASHIONSNAP.COM

 下北沢にセレクトショップ「THE MOTEL」がオープンした。下北沢駅から徒歩3分の場所に位置し、売場面積は約19平方メートル。店内では、ニューヨークで経験を積んだオーナーの岸正晃が「旅」をテーマにセレクトした古着や、ドメスティックブランドのアイテムを常時100点以上ラインナップする。


 岸は2014年に渡米し、2018年にパーソンズ美術大学を卒業。「アレキサンダーワン(alexanderwang)」などで経験を積み、帰国後はアパレル会社に勤める傍ら、「リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)」デザイナーの山縣良和が主催するファッションスクール「ここのがっこう(coconogacco)」でデザインを学んだ。アパレル会社で働くなかで、大量生産・大量消費型のビジネスモデルに疑問を持ち、「服の価値を正しく扱った表現」したいという想いから自身のセレクトショップを立ち上げたという。

 THE MOTELでは、シーズン毎に設定したテーマに沿って買い付けたアイテムを販売。1点ずつ丁寧に洗浄した古着や才能ある若手ブランドのみを取り扱うことで、ただ消費されるだけの商品ではなく「大切な一点物」として提案していくという。

 今シーズンは「メモリー オブ ニューヨーク(A memory of new york)」をテーマに、ニューヨークで買い付けた古着やニューヨークをイメージしたアイテムをラインナップ。古着は1970年代のウエスタンテーラードジャケット(2万7800円)や、リブ デザイン レザージャケット(5万3800円)、「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」のストライプシャツ(1万8800円)などを用意。セレクトアイテムは、アップサイクルウェアブランド「N.S.D(NEW STOCKS OF THE DEAD)」のルーズファティーグジャケット(2万9700円)や、メンズトラウザーズブランド「バラード(VALAADO)」の「T/R DOUBLE CROSS トラウザー」(3万9600円)、ジュエリーブランド「SHUN GONDO」の「スーベニアネックレス」(1万7490円/すべて税込)などを揃える。

■THE MOTEL
住所:東京都世田谷区代沢5-32-7 八千代ビル102
営業時間:平日 13:00〜20:00、土日・祝日 13:00〜20:00
定休日:不定休

外部リンク

cat_oa-fashionsnap_issue_56e58ad4611d oa-fashionsnap_0_3k8ioqvp6soi_浅見れいなと田中美保による新ブランドがデビュー、2人が本当に欲しいものを提案 3k8ioqvp6soi 3k8ioqvp6soi 浅見れいなと田中美保による新ブランドがデビュー、2人が本当に欲しいものを提案 oa-fashionsnap

浅見れいなと田中美保による新ブランドがデビュー、2人が本当に欲しいものを提案

2021年12月1日 11:27 FASHIONSNAP.COM

 浅見れいなと田中美保が、「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング(UNITED ARROWS green label relaxing)」プロデュースのもと、新ブランド「アールエム スタンダード(RM STANDARD)」を立ち上げた。現在アイテムの予約をユナイテッドアローズオンラインストアで受け付けている。

  • prev
  • next


 アールエム スタンダードは、「BASIC&PLAYFUL」をキーワードに、浅見と田中が本当に欲しいものを提案。ファーストコレクションは、2人のクローゼットのベーシックアイテムでもあるというフーディー(8360円)、カットソー(6490円)、リブパンツ(7590円)、トートバッグ(1万1000円/いずれも税込)のほか、親子で着られるアイテムなどを展開する。なお、通常販売はオンラインストアで12月7日から行う予定だという。

■RM STANDARD 1st COLLECTION
予約期間:2021年12月1日(水)10:00~12月16日(木)10:00

外部リンク

cat_oa-fashionsnap_issue_56e58ad4611d oa-fashionsnap_0_udjch1nxlfse_エトロがジノリとのコラボコレクション発売、ペイズリー柄のテーブルウェア発売 udjch1nxlfse udjch1nxlfse エトロがジノリとのコラボコレクション発売、ペイズリー柄のテーブルウェア発売 oa-fashionsnap

エトロがジノリとのコラボコレクション発売、ペイズリー柄のテーブルウェア発売

2021年12月1日 10:33 FASHIONSNAP.COM

 「エトロ(ETRO)」が、「ジノリ 1735(Ginori 1735)」とコラボレーションしたコレクション「ボーホー・バタフライ」を発売する。12月1日からエトロ公式サイト、エトロ銀座本店、ジノリ 1735 アンバサダー在籍店舗で取り扱う。

  • prev
  • next


  • prev
  • next


  • prev
  • next


 コラボでは、アイコニックなペイズリー柄や色鮮やかなバタフライ、草花の緻密なモチーフを施したアイテムを展開。エキゾチックなデザインをあしらったペアプレート8型(1万7050〜2万9700円)、ペアティーカップ&ソーサー1型(3万7400円)、スクエアトレイ1型 (2万7500円)、フタ付マグカップ1型(3万4650円)、ベース1型(9万8450円)、キャンドル2型(4万150円)、テーブルランナー1型(4万7300円)、ペアナプキン 1型(4万6200円)を揃える。

■問い合わせ
エトロ ジャパン:03-3406-2655

外部リンク

cat_oa-fashionsnap_issue_56e58ad4611d oa-fashionsnap_0_cr42aym5ro7n_人気バッグ「Bond」をジュエリーに VASICからプレミアムラインがデビュー cr42aym5ro7n cr42aym5ro7n 人気バッグ「Bond」をジュエリーに VASICからプレミアムラインがデビュー oa-fashionsnap

人気バッグ「Bond」をジュエリーに VASICからプレミアムラインがデビュー

2021年12月1日 10:00 FASHIONSNAP.COM

 「ヴァジック(VASIC)」からプレミアムライン「メゾンヴァジック(MAISON VASIC)」がデビューする。12月3日の販売開始時はバッグとジュエリーを展開。VASIC AOYAMA、VASIC SHINSAIBASHIの2店舗限定で取り扱う。

 バッグは、アイコンバッグをベースにした「MV Bond Mini」(6万8200円)、ハンドバッグ「Amanda」(7万7000円)、トートバッグ「Coffa」(8万1400円)の3型をラインナップ。イタリア産高級レザーのみを使用し、3〜4万円台のアイテムが多い従来のコレクションよりも高い価格帯で展開する。

 ジュエリーでは、Bondのノットやコードをモチーフにしたデザインのリングやイヤリング、ネックレス、ブラスレットを用意。刻印やK18オーダーといったパーソナライズに対応し、生産余剰を出さず責任ある物作りをしていくという。価格帯は2万4200〜5万5000円(すべて税込)。なお、バッグに付属しているチャームにも英字1文字を刻印できる。


 メゾンヴァジックではシーズン毎の発表はせず、少量生産で不定期に発表していく予定。デビュー時はバッグとジュエリーを展開するが、クリエイティブディレクターのKanoko Mizuoが思い描くヴィジョンに基づき、妥協なく開発した様々なアイテムを投入していくという。

外部リンク