cat_oa-buzzfeed_issue_e42f69695cd8 oa-buzzfeed_0_e42f69695cd8_愛媛県南部3市がボランティア受け入れ開始 現地で必要とされているものは e42f69695cd8

愛媛県南部3市がボランティア受け入れ開始 現地で必要とされているものは

2018年7月10日 20:16 バズフィード

氾濫や土砂崩れなどで激しい被害を受ける一方でメディアでの注目が薄い愛媛県南部の3市が、災害ボランティアの受け入れを始めた。

車椅子などを洗う大洲市の高校生ボランティアら
4600世帯が床上浸水し、4人が亡くなった大洲市では、市社会福祉協議会が10日から災害ボランティアセンター(携帯:080−5076−9426/電話:0893−23−0313)を開設し、ボランティア希望者の受け入れを始めた。初日は47件の登録があった。

10日に受付を始めた大洲市災害ボランティアセンター
被災者から求められる作業内容とボランティア希望者をセンターがマッチングし、派遣する仕組みだ。初日は2組が被災者宅などでの作業に出て、残りは福祉協議会の事務所周辺での準備作業などを行った。

担当者は「いつか起きる災害に備えてマニュアル類を整備し、7月15日にセンターの立ち上げ訓練を行おうと思っていた矢先に水害が起きた。ぶっつけ本番になってしまった」と語る。

大洲高校3年生の松井陽さん(18)はこの日、授業が午前中で終わったこともあり、午後から友人4人とボランティアに加わった。自宅は無事だが「地元のために何かしたいと思った」という。

野村町地区の中心部が冠水して大きな被害を受けた西予市は11日朝から、市社会福祉協議会(0894-72-2306)でボランティアの受付を始める。

泥だらけの家財道具が散乱し、住民らが片付けを続ける西予市野村町地区
市民からは、冠水した家屋の片付けや家具の運び出し、清掃などの要望が寄せられているという。この地区は、高齢者の比率が5割を越えており、若い力が必要だ。

希望者は野村町地区にある社協で登録する。作業の派遣先は社協から徒歩圏内が中心になるという。

なお、西予市役所がある同市宇和町地区と野村町地区を最短で結ぶ県道29号は10日現在、通行止めで、大洲市方面から国道441号に迂回する必要があるため、注意が必要だ。

宇和島市は市民限定で募集

地滑りなどで大きな被害を受け11人が死亡した宇和島市の社会福祉協議会(0895-23-3711)も、10日からボランティアの受付を始めた。

ただし、現段階では宇和島市民に応募を限定。特に、被害の激しい同市吉田地区の地理に詳しい人を歓迎している。道路が寸断されているためだ。

ボランティアセンターを立ち上げ、打ち合わせする宇和島市の担当者ら
市社協の担当者は「まだ、どれだけのニーズがあるか全体像を把握できていない。すでに宇和島出身で県外在住の方などからお問い合わせを頂いているが、『募集を拡大した時点で連絡します』とお伝えしている」という。

ボランティアに必要な装備

ボランティアを希望する人に、3市の担当者が「自力で準備してほしい」と口をそろえることがある。手袋や作業に適した服装を自分で持ってくること
現地は断水が続くため、水と食事は自分で準備
遠方からの場合、必要なら宿泊先も自分で手配
水害で広がった泥が乾き、粉塵となって舞い散っているため、マスクやゴーグルなどが必要
長袖の服や帽子、タオルなど、暑さ対策

大洲市災害ボランティアセンターには、水害ボランティアに必要な装備品のイラストが張られている。全国社会福祉協議会などが作成したものだ。全社協は、このイラストを含むボランティアのマニュアルを公開している。

愛媛県では梅雨明けが宣言された。暑さで被災地では泥が乾き、粉塵となっている。マスクなどの対策が必要だ。
援助ニーズを調査するため愛媛県に入ったNPO「ジャパン・プラットフォーム」の山崎久徳さんは「瓦礫の片付けから再建、復興に向け、ボランティアの必要性はこれから中長期的に続く。ボランティアを希望する人は、まず各市や市社協のホームページなどの情報をよく確認し、地元のニーズにあわせてほしい」と話す。

物資は大洲市のみ受け入れ

愛媛南部3市のうち、援助物資を受け入れている自治体は大洲市だけだ。宇和島、西予両市は「物流そのものは途絶えていないため、自力で賄えている」という。両市の担当者は「物資を送るよりも、復興支援に向けてふるさと納税制度を活用いただけるとありがたい」という。

大洲市は床上浸水の被災者数が1万人を超えていることもあり、市総合体育館に直接、持ち込むことを条件に、水や衣類、タオル、ボディシートなどの救援物資を受け入れている。

最も必要なのは水

現地で最も必要とされているのは、水だ。

宇和島市吉田地区、三間地区、西予市野村町地区などで浄水場などが被害を受けたため断水が続いており、復旧のめどは立っていない。

宇和島市立吉田病院は70人余の入院患者を抱える。断水で、65トンの貯水槽が残り7トンにまで減った。病院が一日に使うのは30トンだが、水洗トイレの使用を中止し、災害用ポータブルトイレに切り替えて節水を続けてきた。

宮城県大崎市から宇和島市立吉田病院に運び込まれた飲料水
7月9日にメディアを通じて独自に水の提供を呼びかけたところ、各地で反響を呼び、担当者が手一杯になるほどの連絡が入った。

10日午前にBuzzFeed Newsが病院を訪れると、災害派遣の航空自衛隊春日基地(福岡県)の隊員らが病院への給水を始めた。

病院の村上幸男事務局長が、佐藤慎一3等空佐に「助かります」と深々と頭を下げると、佐藤さんは「仕事ですから。これからも供給を続られるよう努力します」とさりげない様子で言った。

同時に、宇和島市の姉妹都市・宮城県大崎市から、500ミリリットル入り飲料水2万2200本が大型トラックで到着。大崎市の担当者らが18時間かけて運んできたという。村上事務局長は「これで一息付ける」とほっとした様子だった。

現地では各自治体の連携や自衛隊などの活動が広がって、水や支援物資の配布の仕組みなどが、徐々にできあがりつつある。

被災者宅の片付けなど、行政が手が届きにくい部分を埋めるボランティアの力が適切に発揮されれば、復興に向けた動きは早まるはずだ。

外部リンク

cat_oa-buzzfeed_issue_e42f69695cd8 oa-buzzfeed_0_7f67c4b49d1b_iPhone 11、驚異のカメラが想像以上にヤバかった…プロも驚く3眼の真髄 7f67c4b49d1b

iPhone 11、驚異のカメラが想像以上にヤバかった…プロも驚く3眼の真髄

2019年9月17日 20:30 バズフィード

iPhone 11 Proのリーク画像が出回った時、多くの人が驚いたのは記憶に新しい。3つのカメラの意味がわからなかったからです。

Processed with VSCO with hb1 preset

iPhone 11シリーズで新しく追加されているのは「超広角カメラ」。

iPhone 11のカメラ:広角、超広角

iPhone 11 Proのカメラ:広角、超広角、望遠

新しいカメラによって、iPhone 11シリーズでは

・超広角で街撮りが楽しい
・料理がオシャレにとれる
・セルフィースティックが不要に
・ナイトモードで暗所でも最強に

これがざっくりとした強みなります。

左から望遠、広角、超広角。これが3つのカメラの違いです。

超広角(ウルトラワイド)は、13mm相当のレンズを使用。一般的なカメラのレンズでも20mm以下のものはとても高価。また、ここまでの超広角で撮影すると魚眼レンズのように丸く歪んでしまいがち。要は高い資金と技術が必要になります。

それをiPhoneの場合はソフトウェアなどで補正。一眼カメラよりも物理的に小さなセンサーしか搭載できないながらも、技術がなくても超広角なダイナミックな写真が撮影できる。これがiPhone 11シリーズの強みです。

超広角カメラは全く新しい写真体験をもたらします。例えば風景。街撮りが楽しくなります。

同じ場所から撮影しても広角(左)と超広角(右)では全く違う写真になります。

ちょっと工夫したら、こんな撮影ができます。

モノクロ加工で遊んでみました。

左が広角、右が超広角。窓から撮影する景色もなんだか迫力が出ます。

室内の写真もこれだけ違います。

ポートレートモードも近距離で撮影できるようになりました。

Appleが特にこだわっているのが光の取り入れ方。

私たちがシャッターボタンを押す瞬間に何枚もの写真を撮影し、合成したものを1枚に仕上げます。

同じ場所で同じものを撮影しています。左がiPhone XS、右がiPhone 11 Pro。

左のiPhone XSだともはやポートレートモードになっておりません……ね……。

ポートレートモードに3眼iPhoneの真髄が出ます。iPhone 11 Proには望遠レンズが搭載されており、これが美しいボケを作るのです(iPhone 11は機械学習でボケを作ります)。

被写体と背景の切り分けがはっきりできるので、人間以外にも料理やペットなども美しいポートレートが楽しめます。

これまでポートレートモードを撮影するには、距離を保たねばならず苦労した人も多いはず。iPhone 11シリーズからは広いポートレートが撮影できるようになります。

写真の画像処理が好評のGoogleのPixel 3との比較はこちら。左Pixel 3、右がiPhone 11 Pro。

背景と被写体の境目が柔らか。

食事のポートレートモード比較。

Pixelのボケも綺麗ですが、iPhoneでは玉ボケが出来ています。

また、iPhone 11からはセルフィーも画角を選べるようになりました。

画面した中央に現れる「↔」のボタンを押すと画角が広くなります。

大人数でセルフィーを撮影する時に「手の長さが足りない問題」も解決。

もうセルフィースティックはいらないのです。

さらに驚くべきなのは、カメラの切り替えの滑らかさ。これ、3つのカメラを切り替えているんです。

0.5xが超広角、1xが広角、2xが望遠です。長押しするとスライダーのようにカメラを切り替えられます。

それぞれ別の位置にカメラが付いているにも関わらず、切り替えた時に座標がずれないのです。これは、Appleがハードウェアとソフトウェアを開発する企業だからなし得た賜物。

実際、Appleはこう述べています。
写真、ポートレート、ビデオ、タイムラプス、スローモーションのどのモードで撮っていても、それぞれのカメラにいつでもワンタップでアクセスできるようにしたいと考えました。そして、一つのカメラからもう一つのカメラへの切り替えは、美しいほどスムーズにしようと心を決めていました

センサー、カメラソフトウェア、チップの連携によって、3つのレンズは人間の目のように自然に焦点を切り替えられるのです。

縦に3つカメラを配置していたら、高さに誤差が生まれていたかもしれません。フラッシュの位置、カメラの連携時における誤差の少なさ。これらを考慮してレンズの位置が設定されているのです。

Appleが意識しているのは人間の目。ゆがみを極力なくしつつ、光を綺麗に取り入れる。またボケの切り替えもすべてを自然に行えるようにしています。

もうひとつ目玉機能があります。それはナイトモード。暗い場所でも美しい写真が撮影できるようになりました。

ナイトモードは、暗い場所に行くと自動的に起動します。画面左上に三日月のマークが出たらその合図。

これは露出時間を長めにとり、複数の写真を合成して鮮やかな1枚を作り出しています。

これまで切り取れなかった夜の風景も彩度、ディティールを崩さずに撮影できるようになりました。

iPhoneはなぜか傾きが補正されています。実はiOS 13では写真アプリでこのような補正もできるようになりました。

これは写真だけでなくビデオにも適応されます。

また、ナイトモードが使えるのは広角と望遠の2つ。超広角ではナイトモードは撮影できません。

三脚などで端末を固定すると、露出時間を長く設定することも可能。星空の撮影もできるそうです。

ナイトモードの時の露出時間はだいたい1−3秒ほど。ただ、カメラを固定すると露出時間をもっと長くとれるようになります。

新しいiPhoneのカメラに、フォトグラファーのRK(@rkrkrk)さんも感嘆しています。

RKさんはひと足早くiPhone 11を手にし、上の写真を撮影しています。プロのフォトグラファーはどんな風にiPhone 11を見るのでしょうか? 話を聞いてみました。

――iPhone 11の感想をお聞かせください。

感動です。本当にもうコンデジは要らないのではと思うくらい素晴らしいです。素晴らしいというのは操作性、分かりやすさ、鮮明度などです。

近年ではコンデジでも画素数が多くズーム機能も広角から望遠まで幅広い高性能コンデジが多数リリースしていますが、特にカメラ自体には興味がない(楽しく使用できればいい)、または難しい、ガジェットをたくさん持ち歩きたくないという方にはこの新しいiPhoneで十分事足りるかなと思います。

これは今回のiPhoneに限らずiPhoneが初めてリリースされた時から思っていることです。

特にこの被写体の時はこれ!シチュエーションはこれ!と決めつけないでどんな被写体であるときもどのように写るのかを3つのレンズで是非楽しんでほしいと思います。

『楽しむ』と言う行為が拘りに変わり自分の色が出てくると思っています。自由な発想で自由に楽しんでほしいです。正解はありません。そして、その自由が存分に発揮できるのもこのiPhone11だと思います。

また、一眼レフを使用する方にも、どのレンズで撮ろうか悩んでる時にiPhoneを被写体を確認すれば、レンズ交換や、現場での撮影がとてもスムーズになるのではないかと思います。

――iPhone 11の強みはなんだと思いますか?

強みはやはりナイトモード。ここまで綺麗に撮れるスマートフォンはほかにないです。ちょっと本気でびっくりしました。

スローシャッターが切れるということは流し撮りなんかも出来るということです。ぜひ撮影の際に活用してみてほしいですね。

今までのスマートフォンの夜はダメという概念を打ち破ってくれるでしょう。

スマートフォンのカメラはこれまで私たちのコミュニケーションを格段に変えてきました。Appleは超広角を搭載することで、また新しい表現の自由をもたらしているのかもしれません。

ハードとソフトの組み合わせで、より自然に新しい表現ができるようになるのです。ここからカメラに興味を持つ人もいるでしょう、独自の表現に目覚める人もいるでしょう。それを可能にするのがiPhone 11シリーズなのです。

さて、最後に「iPhone 11 ProとiPhone11。とちらを選べばいいのか」という疑問に触れておきます。

サイズはiPhone 11 Pro<iPhone 11<iPhone 11 Pro Max。

価格はiPhone 11<iPhone 11 Pro<iPhone 11 Pro Max。

iPhone 11は10万円を切る価格で超広角の撮影、ナイトモードも楽しめる端末です。カラーは6色。ニーズの追求を極めたスマートフォンです。

一方iPhone 11 Proはニーズの追求をさらにプロ仕様にしたもの。望遠レンズは手ブレ補正も効いており、動画を撮影するにも適しています。また、先述の通りポートレートモードに望遠レンズを使うため、人以外の被写体を撮影したい人はiPhone 11 Proがいいでしょう。ようやく公式で「ペットも綺麗に撮れます」と発表もあったので……。

夜景を多く撮影するなど表現にこだわる人に向けて作られました。新しいビジュアル表現も生まれるかもしれません。

実は、今年のiPhoneは為替の影響もあってか他の国と比べると日本は少しだけ手頃だったりします。

新しい表現を自然に体験できるスマートフォン。新しさって、使いにくさとセットな気もしますが、驚くほど自然に身体に馴染んできます。

外部リンク

cat_oa-buzzfeed_issue_e42f69695cd8 oa-buzzfeed_0_eaa28fcbe6d4_『アベンジャーズ』涙の名シーンの裏側をトム・ホランドが明かす eaa28fcbe6d4

『アベンジャーズ』涙の名シーンの裏側をトム・ホランドが明かす

2019年9月17日 17:30 バズフィード

トム・ホランドが好き。天使だと思います。

出典: Instagram

トム・ホランド演じるピーターも好き。やっぱり天使です。

父と息子のようなトニー・スタークとの関係性も好き。

アベンジャーズにおけるトムの名シーンといえば、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のこれ。

サノスのスナップによって人類の半分が消えてしまうその瞬間、「I don't wanna go...(行きたくない)」と繰り返してトニーにすがるピーター。

米GQのインタビューで、トム・ホランドがこのシーンの裏話を披露しています。

出典: Instagram

リハでお互い即興で合わせたものの、最初は納得のいく仕上がりではなかったとのこと。しかし、さすが役者同士。ふとお互いにスパークする瞬間があり、再挑戦してできあがったのがあのシーン。

トムの「I don't wanna go...」の繰り返しは、実は泣くための彼独特のテクニック。

トムは泣く演技のとき、頭の中で同じフレーズを繰り返して感情を高めるやり方を使っているそう。

頭の中ではなく、フレーズが口にでたのが『インフィニティ・ウォー』。

大きく声に出してみたらどうかというトムのひらめきは当たり。結果、映画を見た多くの人が涙する名シーンとなりました。
この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:soko / 編集:BuzzFeed Japan

外部リンク

cat_oa-buzzfeed_issue_e42f69695cd8 oa-buzzfeed_0_4636977d3a7a_殺害された16人の遺影をイアリングに。ある俳優が衣装に込めた思い 4636977d3a7a

殺害された16人の遺影をイアリングに。ある俳優が衣装に込めた思い

2019年9月16日 19:38 バズフィード

トランスジェンダーの女性を演じたドラマ「Pose」で注目を集め、TIME誌の「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれた俳優インディア・ムーア。

自身もトランスジェンダーのムーアさんは9月6日、NYファッションウィークの開幕を飾る「Fashion Media Awards」の授賞式に、ある特別なイアリングをつけて現れた。

16人の遺影とともに

銅製の小さな額縁が連なるイアリングに収められていたのは、2019年にアメリカ国内で殺害された16人のトランスジェンダー女性たちの遺影だ。


アメリカではトランスジェンダーを狙った暴力事件が相次いでおり、2018年には少なくとも26人が死亡したとされる。

その多くは、黒人のトランスジェンダー女性だった。

ムーアさんはこの日、ファッション誌が選ぶ「年間最優秀表紙賞」を受賞した。その受賞スピーチで、イアリングを身につけた理由をこう語った。

「私がありのままの自分を見せて、自分の存在を伝えていることを皆さんに祝福していただける今日、彼女たちをこの場に一緒に連れてこようと決めました」

「私と同じように、彼女たちは生きる自由を危険に晒してでも、自分たちの存在を世界に伝えようとしていました」

「ところが彼女たちは祝福されずに、ただ罰せられたのです」

17人目の写真も

ムーアさんはイアリングと一緒に、もう1枚の写真を額縁に入れて持参した。そこに写っていたのは、授賞式の数日前に殺害された17歳のトランスジェンダー女性だ。

「イアリングを準備してくれたスタイリストは、イアリングの完成から授賞式までの間に、また誰かが命を落としてしまったらどうしようと心配していました」

「そして、9月2日、17歳の女の子がワシントンD.C.で射殺されました。彼女は17人目です。銃で殺害された黒人のトランスジェンダー女性の中で、最も若くして亡くなりました」

「イアリングに彼女の写真を入れることはできなかったけれど、皆さんに彼女のことを知ってほしいと思い、写真を持ってきました」

ムーアさんはトランスジェンダーを取り巻く環境について訴えると、「私たちも、この社会に居場所があると実感できなければなりません。皆さんが日々、そう実感できているように」と語った。

イアリングを手がけたデザイナーは「あのジュエリーは祭壇だった。インディアのスピーチは祈りであり、未来に向けたアクションを起こすよう呼びかけるものだった」とInstagramに綴った。

外部リンク

cat_oa-buzzfeed_issue_e42f69695cd8 oa-buzzfeed_0_1bfbea7fbd75_「自分の代わりはいくらでもいる」が前提。社会人こそ真似したいジャニーズのアイドルたちの仕事術 1bfbea7fbd75

「自分の代わりはいくらでもいる」が前提。社会人こそ真似したいジャニーズのアイドルたちの仕事術

2019年9月16日 17:42 バズフィード

顔がいい人生。きっと生まれたときから華やかに違いない。ジャニーズのメンバーたちは生まれながらに、恵まれているものだと思っていた。

そんなイメージを打ち砕くのが、霜田明寛さんが上梓した『ジャニーズは努力が9割』(新潮新書)だ。霜田さんは、テレビ朝日の「8時だJ」やNHKの「ザ少年倶楽部」を舐めるように見て10代を過ごし、オーディションを受けた。

それから15年、合否の連絡はまだ「ない」。

会社員として働く傍ら、ジャニーズのイベントに通いながら、返事を待っていると笑う。霜田さんは「大人になった今だからこそ、さらにジャニーズの魅力がよりわかるようになった」と言う。オーディションに受からなかった人でさえ虜にし続けるジャニーズの魅力とは一体なんなのか?

「過去の発言を集めていくと、ジャニーズに所属する方の多くが、自分は『特別』だと思っていない。『普通の星』に生まれた人たちだったことがわかった。普通な自分と向き合って、死ぬ気で努力しているんです」


例えばどんな人だろうか?

1. 劣等感は当たり前。そこを糧にする

まず、KAT-TUNのセンターとして輝く亀梨和也があげられる。亀梨は過去にこんな発言をしている。

「僕は何の才能もないから目の前のことを精一杯やるしかなかった」

中学生の頃に入所した亀梨の同年代にはすでに輝くスターがたくさんいた。自分がステージの端で踊る時、最前列のセンターでスポットライトを浴びる山下智久。仕事現場まで一緒に歩いていると、自分がやっと数人に声をかけられる時、後にKAT-TUNを組む赤西は、数十人に囲まれていた。

10代の頃から「少なくとも、顔で商売できるタイプじゃないと思う」「立ってるだけで成立するスターみたいな人じゃない」と自身を分析していた。

「亀梨さんって、僕から見たらすごく華やかな美形のスター。でも、大事なのは亀梨さんが自分を華やかではないと自覚し『立っているだけで成立するスター』になろうと、糧にしているところ。視座が尋常じゃなく高い」

「一方、キラキラしているように見える山下さんもすごく努力家。最近、海外のアーティストに流暢な英語で取材をしている姿が話題になっていますが、ずっと……20年くらい前のジャニーズ名鑑で当時高校生の山下さんは『英語を話せるようになる』と目標を掲げてるんですよね。それをちゃんと実現させていて感嘆してしまいました」

2. やりたいことと求められることのバランス

会社から求められることと、自分がやりたいことでバランスを探すメンバーもいる。その最たる例が、堂本剛だという。ソロアーティストとしてサマーソニックの舞台にまで立つ彼には、そこに至るまでにこんな逸話があるという。

「堂本剛さんは、自身で作詞作曲を手掛け、ソロデビューを果たした異例の存在です。しかも歌詞はアイドルとは思えないほど、内面世界を描いていた。当初、事務所からは『ラブソングを書くべき』と怒られたこともあったそうです」

「ENDLICHERI☆ENDLICHERIというソロプロジェクトの立ち上げでは、自ら企画書を書いて、事務所にプレゼンしたそうです。あの堂本さんが資料を自ら配って、上層部から質疑応答を受ける」

「堂本さんはアイドルとしてKinKi Kidsも大事にしている。『デビューからのシングル連続1位獲得作品数』でギネス記録を打ち立てる実績を出した上で、やりたいこともやる。『これからのアイドルは偶像ではなく、現実も見せていくべきだ』とも話しています」

「方向性が違いますが、嵐の櫻井翔さんもバランス感のある方です。櫻井さんはラップパートを自身で作っていて、本当はヒップホップにもすごく造詣が深い。でも、本格派を極めすぎると嵐にハマらない。ジャニーズの範囲で表現できるヒップホップに落とし込んでいるんですよね」

3. 同じグループ内でも、ブレイクする時期はバラバラ。それまでに準備をしておく

数多いるジャニーズのメンバーの中で、ブレイクの時期は人それぞれ。10代の時に一躍脚光を浴びる人もいれば、30代で注目を集める人もいる。霜田さんが注目するのは「陽の当たらないときも準備をしているタイプ」だという。

「山田涼介さんはHey! Say! JUMPでずっとセンターをはっているように見えますが、実はそうではない。中島裕翔さんが中央にいました。山田さんはある舞台の代役からチャンスを掴んでいったんです。急遽、アサインされていたメンバーが倒れてしまい『できる?』と聞かれたときに『できる』と答えた。それって、山田さんが主役の分の台詞も全部出来るように準備していたからだと思うんです。だから、チャンスが降ってきた時に主役になれる」

「ジャニーズの定義を『チャンスに全力で答えるのは当然。なんでも出来て当たり前なのがジャニーズ』と語っているんです。『できない』と言った時点で、代わりを務める人がたくさんいる環境だから」

山田さんと同じHey! Say! JUMPでは、伊野尾慧さんも方向性は違えど、準備をしていた組だ。当初は「仕事がなかった」と漏らすような存在だった。そんな中、明治大学理工学部建築学科に入学し、研究、論文、仕事を同時進行させた。

「仕事で活躍できていないと思う状況があるなら、別のところでちゃんと努力する。ジャニーズなのに自発的に大学に行く。結果的にそれが彼を唯一無二のアイドルにしていた。学業にも邁進するタイプでは、Snow Manの阿部亮平さんは上智大学の修士まで出て、気象予報士としても活躍されていて……NEWSの加藤シゲアキさんは作家ですし……加藤さんを見て、僕は文章を書き続けるなら、加藤さんの見ていない世界を見ないといけないと考え、会社員になることを決めました」

「少し違いますが、関ジャニ∞の丸山隆平さんもドラマ主演を務めるようになったのが30歳目前で、30代に入ってからブレイクしたと言っていいでしょう。関ジャニのメンバーだと、渋谷すばるさんや錦戸亮さんは、ジュニアだった10代の頃から目立っていた。でも、そうやってキラキラしたメンバーに対して嫉妬するわけでもなく、甘えてだらけるわけでもなく、ひっそり鍛錬していたんですよね。同じグループでもブレイクする時期が違う」

4. 30代になったら考えたい、後輩との関わり方

新しく社長になった滝沢秀明についてはどう思うのか? 仕事ざかりの30代だ。

「滝沢さんは、本当に後輩思いの方なんだと思います。例えば、最近ではSixTONESとSnow Manという2組を同時にCDデビューさせた。2組同時はジャニーズ史上初めての試みですし、彼らはYouTubeでも人気のあるグループだったのでCDデビューという形もなくなるのでは、とも言われていたんです」

「それでもCDデビューを選ぶ。リスクもありますけど、それだけ本気なんだと思いました。エンタメ王道を引き継ぐという強い意志を感じるといいますか……。両グループともメンバーは20代半ば。嵐はデビュー時10代だったわけですから、すごく歳を重ねてからのチャンス。彼らをデビューさせることで、もっと若いJr. の子たちも、勇気づけられたと思うんですよね。自分たちも頑張ろうって」

「例えば、30代になると会社を経営する側への不満とか溜まってくるじゃないですか。愚痴を言いたくなったり。でも、その中で、滝沢さんは常に経営側とタレントの間に入るという形で、後輩たちのケアを考えているように見えます」

「滝沢さんって、もともと映像編集が趣味でドラマに出演したときも自分でカメラを回してメイキング映像を作っていたりしたんですよ。2010年頃には『滝CHANnel』っていうWEB動画サービスも展開していて……登場するのは、デビュー前のKis-My-Ft2、A.B.C-ZやSexy Zoneとか。後輩に華を持たせる。30代なら自分を磨きたくなっちゃうのが普通なのに」

5. ジャニーズは常に「前例」を壊してきた。超ベンチャー思考

「ジャニーズって聞いたら、芸能界で言ったら大企業ですよね。そこに入れただけでもすごいのに、みなさん全然慢心せずに『壊してやろう』って戦ってるんですよね。ベンチャー企業みたい」

本書で紹介される16人は、まさに「アイドルという枠組みをいつも壊そうとしてきた」メンバーでもある。

無骨な男性像を良しとする芸能界に、中性的な王子様のようなアイドルを誕生させたのがはじまりだった。栄華を築く中で、SMAPはバラエティ番組に出演し「おもしろさ」という新しい魅力を作った。堂本剛はひとりのアーティストとして内面世界を描き、傷つきもがく姿を見せた。一方、アイドルなのに不良のかっこよさを凝縮させたKAT-TUNは、王子様像をある意味壊した。芸能界の真ん中にいながら、大学に通いニュースキャスターや小説家としてデビューするメンバーもいる。

今、ジャニーズが新しく作っている像はなんだろうか? そのひとつが年齢だという。

少年隊や近藤真彦ら先人はいたものの、SMAP以降、40歳を迎えても最前線でアイドルとして活躍できることが示されてきた。未完成な若者たちが成長していくのを見守ることに醍醐味があるアイドルに「成熟」という新しい楽しみ方を提示しつつある。

「ジャニーズのみなさんによってアイドルの寿命が伸びてると思うんです。30歳からの『顔』って自己責任というか、内面だと思っていて。10代の顔は先天的なものが大きいかもしれない。そこから20代を仕事で駆け抜けて磨かれた内面が30代を境目に出てくる」

「ジャニーズの皆さんがかっこいいのは、内面を含めた積み重ねの日々が外見として表れているんですよね。皆さんの努力を見ていると、僕も頑張りたいって思えるんです。才能とは、天から授かるものではなく、死ぬ気で身につけるものだって」

外部リンク

cat_oa-buzzfeed_issue_e42f69695cd8 oa-buzzfeed_0_f85755641e43_犬と猫比べた。これでもあなたは犬派だといえるか…! f85755641e43

犬と猫比べた。これでもあなたは犬派だといえるか…!

2019年9月16日 17:01 バズフィード

散歩のとき横で歩くのが犬

ところかまわず寝るのが猫

爽やかに水にダイブするのが犬

水に濡れてびっくりするのが猫

仕事してるとき寄ってくるのが犬

仕事をさせなくするのが猫

広々とゆったり寝るのが犬

狭いところに向かうのが猫

お腹を撫でて満足そうな犬

お腹を撫でると戦闘開始なのが猫

光をくわえようとするのが犬

激しく追いかけるのが猫

愛情表現が激しいのが犬

ツンデレなのが猫

この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:藤原哲哉

外部リンク

cat_oa-buzzfeed_issue_e42f69695cd8 oa-buzzfeed_0_1a2fe477638a_SNSでの子どもの顔出しはあり?なし? ある芸能人の決断 1a2fe477638a

SNSでの子どもの顔出しはあり?なし? ある芸能人の決断

2019年9月16日 11:01 バズフィード

シチュエーション・コメディ「ボーイ・ミーツ・ワールド」に出演していたダニエル・フィッシェル。

出典: Instagram

6月24日、夫のジェンセン・カープとの間に「アドラー」という名のかわいらしい男の子が誕生しました!

ダニエルは7月、出産が「悪夢」のようだったこと、そしてアドラーちゃんが集中治療室で過ごしたことについて、Instagramへの複数の投稿で率直に感情豊かに明かしてくれました。

出典: Instagram

現在は母子ともに自宅で元気に過ごしているとのことなので、一安心です。

ここ数週間、ダニエルはアドラーちゃんの近況や写真を投稿していますが──アドラーちゃんの顔をSNSには出さないようにしているようです。

出典: Instagram

投稿されているのは、赤ちゃんの愛らしいつま先の写真。

もしくは、絵文字をうまい具合に配置した写真。

出典: Instagram

こちらは、「ガール・ミーツ・ワールド」の共演者、サブリナ・カーペンターと。

そしてこちらは、ロボット顔のアドラーちゃんとベン・サベージを演じたあのコリー・マシューズと。

出典: Instagram

なぜ夫婦はアドラーちゃんの顔をSNSで見せないという選択をしたのか、という質問をコメント欄で山ほど受け、ダニエルは自分たちの考えを投稿で説明するこにしました。

出典: Instagram

「私たち自身は、公衆の面前に自分をさらし、普通だったらプライベートなはずのひとときを公開するという選択を意識的にした2人です。でもアドラーは、自分でそのような選択をすることができません」

出典: Instagram

「息子が自分でできるようになるまで、私たちは知らない人が息子についてコメントできるような場所から息子を守ることにしました」

「本当のところは、息子の写真を投稿しないって選択は、嫌なものです。私は、自分の赤ちゃんを毎日みんなに見てもらいたい」

出典: Instagram

ダニエルは、自分たちが赤ちゃんの顔を見せないと決めた2つの大きな理由について説明しました。

「1.息子の安全。世の中にはおかしな人がたくさんいます。これ以上の説明はいらないと思う」

出典: Instagram

「2.息子の写真や事実をインターネットに公開することについて、息子は自分で何も言えません。将来的には、水泳嫌いや初恋について私たちが投稿してしまったなんていう屈辱を感じることなく、息子には自力で自分の足跡をインターネットで共有できるようになってほしい」

とは言え、これは自分たちの個人的な選択だということをダニエルはとても明確にしています。

出典: Instagram

「クリッシー・テイゲンみたいに子どもの投稿をしているの、私はすごく大好きだし、彼女がそういう決断をしたことを尊重もする。自分も同じことをできる/したいという気になる」

「でもクリスティン・ベルとダックス・シェパードのカップルを見ると、2人の決意を尊重するし理解もできる」

出典: Instagram

ダニエルとジェンセンは結局、アドラーちゃんの写真を投稿するときは、顔を絵文字で隠すことにしました。

出典: Instagram

「これを不快に思う人がいたら謝ります。私たちは最善だと思うことをしていますが、難しいです。親でいること、そして子どものために何かを決めることって本当に大変。犬はもっと気楽なのにね」

ダニエルのインスタ投稿の全文訳はこちら。

ワン。前回の投稿で私が息子の顔を見せなかったことについて、疑問を抱いた人がたくさんいました。

ジェンセン(@jensenkarp)と私は現在、アドラーの顔をSNSで見せないことにしています。

私たち自身は、公衆の面前に自分をさらし、普通だったらプライベートなはずのひとときを公開するという選択を意識的にした2人です。でもアドラーは、自分でその選択をすることができません。息子が自分でできるようになるまで、私たちは知らない人が息子についてコメントできるような場所から息子を守ることにしました。

でもそれは、私たちにとって簡単な決断ではありませんでした。私たちは2人ともSNSが大好きだし、生活の中での特別な瞬間を共有するのが大好きです。男性用のバスローブを着て、物もらいで眼帯をしている自分の写真を投稿するのも、まったく気にならない。でもそれは、私自身が決めたこと。

本当のところは、息子の写真を投稿しないという選択は、嫌なものです。私は自分の赤ちゃんを毎日みんなに見てもらいたい。息子はよりもずっとかわいいんだもの。でも私には心配していることがいくつかあるのです。

1. 息子の安全。世の中にはおかしな人がたくさんいます。これ以上の説明はいらないと思う。

2. 息子の写真や事実をインターネットに公開することについて、息子は自分で何も言えません。将来的には、水泳嫌いや初恋について私たちが投稿してしまったなんていう屈辱を感じることなく、息子には自力で自分の足跡をインターネットで共有できるようになってほしい。

とは言え、クリッシー・テイゲンみたいな子どもの投稿を見るのが私は大好きだし、彼女がそういう決断をしたことを尊重もする。自分も同じことをできる/したいという気になる。でもクリスティン・ベルとダックス・シェパードのカップルを見ると、2人の決意を尊重するし理解もできる 。

それから、息子の顔を一切投稿しないということは、息子の写真に対するパパラッチへの報奨金が高くなってしまうということ。というのも、息子の最初の画像を撮りたがる人がでてくるだろうから(もしかしたら、誰かに息子の写真を1度だけ撮らせて、それ以降は非公開にした方がいいのかな。わからない)。

結局のところ、@jensenkarpと私は、安心して投稿ができるように決めなければならなくて、(少なくとも)今のところ、息子の顔は見せないことにしました。

でも同時に、顔の上に絵文字が乗った写真を見るとムカつく人がいるから、という理由で親友が私の息子を初めて抱っこしたときのステキな写真を投稿しない、ということもしません。

これを不快に思う人がいたら謝ります。私たちは最善だと思うことをしていますが、難しいです。親でいること、そして子どものために何かを決めることって、本当に大変。犬はもっと気楽なのにね。❤️
Via instagram.com
この記事は英語から翻訳・編集しました。
翻訳:松丸さとみ / 編集:BuzzFeed Japan

外部リンク

cat_oa-buzzfeed_issue_e42f69695cd8 oa-buzzfeed_0_94645af34f2b_Facebookがフィリピンでフェイクニュース対策、かえって偽情報が見分けにくくなる 94645af34f2b

Facebookがフィリピンでフェイクニュース対策、かえって偽情報が見分けにくくなる

2019年9月16日 09:01 バズフィード

2019年5月に行われるフィリピン中間選挙の1カ月前、政治関係のFacebookページ「PulitikaNgInaMo」に、リゾート地ボラカイ島で問題となっている無法な振る舞いの多くは中国からの旅行者によるもの、といった内容の記事が掲載された。


記事では、そうした中国人旅行者を「犬食い」と呼び、中国人に対する蔑称(べっしょう)「ching chong」を使い、中国人を馬鹿にするミームの投稿をページ登録者に求めた。そのうえ、中国人の子どもが道端で排便していると思しき写真を掲載し、親中国的なロドリゴ・ドゥテルテ大統領の姿勢と大統領自身に「共闘して」対抗しよう、と登録者に呼びかけている。

ドゥテルテ大統領が誕生した2016年の選挙から3年経過したが、偽情報や報酬目的の荒らし行為が広まり、その影響でFacebook活用が当選に効力を発揮する状況へと発展した。かつてドゥテルテ大統領や、ネットで偽情報の発信源となった大統領派を批判していた野党候補も、同じような戦略を取るようになった。

先ごろ公表されたある研究レポートでは、結果的にフィリピンの政治を取り巻く環境が、荒らし、偽アカウント、フェイクニュースメディア、情報操作で一層堕落した、と指摘されている。


Facebookは、第三者によるファクトチェックへ資金を投入し、利用規約違反のページとアカウントを排除する作業に取り組んできた。たとえば、ドゥテルテ大統領の顧問で、ソーシャルメディア戦略を取り仕切る人物の関与したネットワークを閉鎖するなどしている。それなのに、事態は悪化してしまった。2016年の大統領選挙は、偽情報やハラスメント、ネット操作に象徴される。Facebookは、同じ事態の勃発を阻もうとしていたのだ。

Facebookの努力にもかかわらず状況は改善せず、この種の策略がネット選挙戦でさらに広まり、以前糾弾していた陣営まで採用するようになった。上記研究レポートの共同執筆者で、マサチューセッツ大学アマースト校准教授のジョナサン・コーパス・オング氏は、こう指摘したうえで、フィリピンのネット環境が悪化している状況は2020年に中間選挙を迎える米国への警鐘だ、とBuzzFeed Newsに話した。

「フィリピンは、ほかの国でも発生する可能性のある、偽情報戦に関する新機軸の予兆となりえる、と強調しておきたい」(オング氏)

ドゥテルテ陣営は2016年初め、Facebookを選挙戦の武器として利用することに成功した。この前例は、同様のオンライン戦略を生みだし、英国のEU離脱(ブレクジット)選択とドナルド・トランプ大統領の誕生へとつながった。

Facebookのグローバル選挙対策公共政策ディレクターを務めるケイティ・ハーバス氏は、2018年に開催された講演会の場で、「あれ(ドゥテルテの勝利)が発端だった。なぜなら、その1カ月後にブレクジットが決まり、トランプ氏が大統領候補に選ばれてその後選挙に勝ったから」と述べた。


ハーバス氏はフィリピンを、選挙戦の武器としてネットを使う病にかかった「患者第1号」と呼んだ。

その点で、この問題は全世界に波及すると懸念される。オング氏が2人の同僚と行った研究によると、暗躍する勢力に比べ、Facebookなどのプラットフォームが発揮する対抗力はお寒い状況らしい。そして、政治運動における荒らし行為や情報操作のプロ化が進んでいる状況について、詳しく解説した。

『現地自治体のデータによると、ボラカイ島での法律違反は、中国からの旅行者が最多』
オング氏はこの研究を、オーストラリア国立大学のロス・タプセル氏とキャンベラ大学のニコール・クラート氏とともに行った。ソーシャルメディアを調査したほか、中間選挙の期間中に荒らし行為や偽情報の拡散に加担したり、報酬を受け取ってネットで候補者を応援したりした、約20人の政治コンサルタントとネット作業員に対する聞き取りを行った。

研究レポートには、「ソーシャルメディアと偽情報は、活動の主役へと成長し、フィリピンの政治運動に定着した」とある。それと同時に、「偽情報を作る陣営は、狡猾(こうかつ)になり、捉えどころがなくなった」そうだ。

オング氏らは、ネット選挙活動の透明性を高めようとする新しい規則と、Facebookによるファクトチェック支援および利用規約違反の排除に向けた努力が、押し寄せるネット上の偽情報に対抗できなかったことを示している。公式、非公式にかかわらず、ドゥテルテ派と野党支持派のそれぞれを支援するネット選挙活動は、新しい規則に対応した。ただし、対応しただけの話で、ファクトチェックする人々やFacebookから目をつけられないように、対抗策を取り入れた。しかも、オング氏によると、こうしたネット選挙戦を展開したPR会社は、ほとんど、もしくは完全に説明責任を果たしていない。


その結果、2019年の中間選挙では、荒らし、フェイクニュース、誤解を招くミーム、各有権者の行動を予測するマイクロターゲティング、裏選挙活動などと呼ばれるそのほかの行為が、2016年当時よりも広まった。ソーシャルメディア上で繰り広げられる選挙運動に対する予算も増えたという。

「この戦略は、ドゥテルテ派と野党派の両陣営が手を染めた。偽情報活動の広まりを以前批判していた政治家まで使うようになったのは、こうした新たなネット選挙の手法に反発し続けるのではなく、取り入れるしかないと感じたのだろう」(オング氏らの研究レポート)

ドゥテルテ派でソーシャルメディア選挙戦を実行したある人物は、オング氏らの聞き取り調査に「フィリピンでは、Facebookがとても重要な機能を果たすようになった」と答えた。

Facebookのサイバーセキュリティ政策部門でトップを務めるナサニエル・グレイシャー氏は、さまざまな手法で悪者を見つけ出して根絶し、オープンな議論を操作する企てを止めるよう努力しているFacebookの姿勢を、BuzzFeed Newsにメールで回答した。

「対抗策の一例は、偽アカウントやスパム、そのほかの悪用をとても効率よく検知できるようになった自動ツールです。さらに、極めて高度化した情報操作を見分ける作業に特化した専門の調査チームも働いています。フィリピンでは、2019年に入ってからこの種の活動を2つ中断させることに成功しました」(グレイシャー氏の回答)

「マイクロメディア操作」

2019年の新たなデジタル戦略における主要テーマの1つは、オング氏らが「マイクロメディア操作」と呼ぶ活動だ。これは、「投票してくれる可能性があるものの慎重な態度をとっている層に政治的な主張」を届け、FacebookやTwitter、Instagramで活動している表向きは無党派のインフルエンサーにメッセージを広げてもらえるよう勧誘する、といった行為で構成される。

たとえば、メキシコの昼メロに登場した人物から名前を拝借した、ファン360万人以上を抱えるポップカルチャーがテーマのSenyoraというFacebookページがある。Senyoraは選挙期間中、元老院(上院)議員のナンシー・ビナイ氏を応援し、自己啓発本を同氏と共同で出版した。

マイクロメディア操作では、ファンやフォロワーが少なく、はるかに規模の小さなアカウントも、特定候補者に関する支援メッセージの投稿、ハッシュタグのトレンド化推進、反対陣営への攻撃を実行する手段として、ターゲットにされた。2016年当時は、「フェイクニュース女王」として知られるポップスターでモデルのモカ・ウソン氏など、大量のフォロワーを抱え、明確な政治的影響力を持つインフルエンサーが標的だった。2019年は対象がより小規模になった。


マイクロメディア操作は、Facebookのなかで規約適用がかなり緩い非公開Facebookページも狙った。なかでも、主に地域の話題を扱うFacebookページに対して、政治的な情報を送る働きかけが強かった。

オング氏らによると、ここで紹介するなどした2019年の選挙戦で使われた手口は、「人々の注目を操作し、会話を誘導することが目的の、少人数のコミュニティや個人的なグループを対象にした隠密行動」だった。

野党であるフィリピン自由党がドゥテルテ派の戦略を批判せず、同様の手法を採用するよう方向転換したことも、2016年からの大きな変化だ。ところが、方針変更は選挙結果に結びつかず、自由党の上院議員候補は1人も当選しなかった。ドゥテルテ大統領寄りの候補者が、全12議席を獲得したのだ。

フィリピンでFacebookのファクトチェック作業に協力しているパートナーの1つに、Rapplerというニュースサイトがある。Rapplerの最高経営責任者(CEO)で編集主幹でもあるマリア・レッサ氏は、フィリピンのオンライン政治環境が「愛国的な荒らし行為で協調するドゥテルテ派とマルコス派に牛耳られたままになっている。彼らに対する批判を目立たせないよう抑え込むため、ネットでのヘイト活動を政府が後押しする」とした。

レッサ氏自身とRapplerは、ネット上で嫌がらせと荒らし行為に絶えずさらされている。レッサ氏には、政治的な扇動行為だとして非難の声が多く、複数の容疑がかけられた状態だ。


レッサ氏から届いたメールには、「(ドゥテルテ陣営と)同様の戦略をとる野党の政治家も存在するが、アレックス・ジョーンズ風の(といっても、レベルは低い)独自メディア群を作る、資金が豊富で組織化され、活動が活発な親政府系ネットワークと比べると、大きく後れを取っている」とあった(訳注:アレックス・ジョーンズ氏はラジオ番組の司会などを務める人物だが、右派の陰謀論者として知られている)。

オング氏は、一般的な手口を次のように説明した。汚れ役を引き受けるPR会社との契約を候補者の身近な人物に任せ、いざという時に言い逃れできるようにするのだ。こうした活動が、その候補者の公式ネット選挙活動を裏から支える。

「(候補者が)自分の代わりに誰かがソーシャルメディア戦略を実行してくれていると、認識していない場合はある。実行者が、特定の政治家を勝たせたい企業家ということもある。こうした企業家は、政治家に代わって行動する業者と契約することになる」(オング氏)

共同研究者のタプセル氏は、正式な選挙運動とこの種の表に出ない活動とのあいだには、大きな違いがある、とした。それによると、候補者のネット活動コンサルタントが「候補者用の公式ソーシャルメディアページを運営し、そこから政策に合致し、きちんと管理された、候補者が責任を持てる『肯定的なメッセージ』を発信する。一方の裏選挙活動では、他者をおとしめる、非公式な行為が行われる」という。

フィリピンでは2016年の選挙戦で、情報操作サービスに対する国内需要が高まった。そこから得られた経験を受け、2019年の中間選挙の際に、荒らし行為のプロ化が一段と進んだ。フィリピンは世界中からIT業務のアウトソーシングを受け付けており、ITなどの技術に詳しく、英語を話す若い労働者が次々と誕生している。そうした若い働き手は、コンテンツ管理やデジタルマーケティング、欧米企業のコールセンターといった業務にも従事しており、選挙戦が加熱する時期になるとプロの荒らし屋として仕事を請け負うようにもなる。

偽情報を研究している人のなかには、こうしたプロ活動を心配する声がある。プロ荒らし屋が、米国やそのほかの英語を使う国々の選挙活動に影響を及ぼす目的で、雇われる可能性が考えられるのだ。

ネットワーク分析企業のGraphikaで最高革新責任者(CIO)を務めるカミーユ・フランソワ氏は、フィリピンの政治的な荒らし業界に関するワシントンポスト紙の記事のなかで、「2020年の米国も似たような偽情報に見舞われるでしょう」と述べた。

FacebookとYouTubeで監視の目を逃れる

2019年の投票日に向けてFacebookは、利用規約に違反しているアカウントとページを削除するため、大量のリソースをつぎ込んだ。「組織的な信頼性に欠けた活動」にかかわったページとアカウントを一掃したと発表した。そのなかには、2016年当時ドゥテルテ氏のソーシャルメディア戦略を指揮していたニック・ガブナダ氏の関与したものもあった。こうしたFacebookの動きは、ネット戦略を率いる人物たちに、商売道具であるネットワークが取り上げられ、存在が白日の下にさらされかねない、と思わせた。さらにFacebookは、ネットリテラシーを高める取り組みもフィリピンで始めた。


オング氏は、Facebookが取り組んだアカウント一掃や、フィリピンの選挙委員会および選挙監視団体に対する協力活動を高く評価した。ほかの主要ソーシャルメディア企業は、こうした対策を実施していないのだ。ただし、Facebookが停止したアカウントなどをすべては公表していない点について、透明性の適用が不公平だと受け取られてしまうと問題視している。

「ある上院議員の偽アカウントは公表され、ほかのアカウントは大々的に報道されることもなく、静かに停止させられた」(オング氏)

この件についてFacebookは、組織的な信頼性に欠けた活動と関係する停止措置を発表し、それ以外の規約違反と関係するアカウントやページ、グループの削除は公表しない、と回答してきた。

フィリピンでFacebookに協力しているファクトチェックサイトVera Filesの運営者、エレン・トーデシラス氏によると、2016年と比べて希望が持てる変化は、2019年はドゥテルテ寄りの著名インフルエンサーが大げさな嘘をほとんど発信しなくなったことだという。もっとも、この変化は、ずっと始末の悪い別の問題を引き起こすかもしれない。嘘の目的は変わっていないが、真偽をはるかに確認しにくい内容へ移ったのだ。

「嘘の度合いが薄まり、受け手が信じ込みやすくなったので、効果が高くなった可能性がある。そして、ファクトチェックも難しくなった。完全な『嘘』だと切り捨てられない」(トーデシラス氏)

トーデシラス氏はそのような偽情報の例として、今はもうFacebookから削除済みの、「貧困と空腹の日々は終わった」という歌詞の曲を使ったビデオを挙げた。


オング氏によると、大げさな嘘から小さな嘘への変化はより多くの一般ユーザーに訴求することが目的で、Facebookによる低評価を回避するための計算された戦略だそうだ。ファクトチェック担当者から嘘だと判断されたコンテンツは、Facebook内で表示されにくくなってしまう。そのため、2016年にある女性政治家を狙った悪名高いフェイクビデオのような、真っ赤な嘘を発信するのではなく、嘘と真実の境界線からはみ出さずにギリギリを攻めるネット戦略が採用された。


さらにオング氏は、非公開Facebookグループのユーザーを狙ったり、そのほかの「マイクロメディア操作」を実行したりすることへの注力には、精査対象になることを避ける狙いもある、とした。地球は平らだと信じる地球平面説に関するグループ「Filipino Flat Earth」の場合、グループ管理者が「親ドゥテルテ、親マルコス、反ワクチン、反野党の投稿」をシェアしていた。国外で暮らすフィリピン人向けのグループも、よく政治的メッセージの標的にされていた。

こうした戦略は、必ずしも成功しない。体の写真ばかり投稿して肉体美を誇示している「目立ちたがりな自分大好き」インスタグラマーが、突如なんの脈絡もなく、報酬を受け取っていると明かしもせず、ある上院議員候補の画像を何枚も投稿したことがある。オング氏はこの行為を、「信頼できないと感じる」ため「下手で無駄」と批評。問題の投稿はその後削除された。BuzzFeed Newsはこのインスタグラマーにコメントを求めたが、反応は得られていない。

ネット上の足跡を消す目的で投稿を削除する行為も、オング氏らがニュースアカウント偽装と呼ぶ手口である。真っ当なニュースメディアのアカウントと混乱させるために行われるのだ。あるYouTubeチャンネルは、フィリピンの主要ニューステレビ番組のロゴをビデオに表示しており、その番組のビデオだと騙そうとしていた。さらに、文字を改変してYouTubeの監視システムによる検出から逃れ、選挙が終わったら党派制の強い大量のコンテンツを削除した。

「このチャンネルは、卑猥(ひわい)な表現の一部文字をあえて数字に変えたりしていた。選挙が終了したとたん、極端に党派的な大量のビデオをすべて削除し、偽情報を広めていた膨大なビデオをライフスタイル関係ビデオと入れ替えた」(オング氏らの研究レポート)

オング氏は、こうした手口の進化が続くとみる。その一方、一番の懸念は、ネット偽情報作戦が政治活動のなかで急速に姿をくらましていることだという。

「今やこんな状況が当たり前だ。我々はしかるべき人物に責任を負わせられなかった」(オング氏)




この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:佐藤信彦 / 編集:BuzzFeed Japan

外部リンク

cat_oa-buzzfeed_issue_e42f69695cd8 oa-buzzfeed_0_731d8c95122e_ネコの可愛いとこって肉球だけじゃないから聞いて? 731d8c95122e

ネコの可愛いとこって肉球だけじゃないから聞いて?

2019年9月15日 17:00 バズフィード

ネコの肉球が好きな人〜、手をあげて〜

みんな肉球のこと好きだよね。もちろん、僕も。でも、ネコの可愛い部分って肉球だけじゃないんだ…

この歯、これだよ…!!

ネコの歯の可愛さを伝えたいんだ

ネコの口の中にある小さな針みたいのが歯。ちゃんと見てみると面白いの

まだ何を話しているかよくわからないって?ここをクリックして。グーグル検索で「ネコの歯」って調べた結果が出てくるから。

「叫んでる」

こんなにネコの歯ってちっさいんだ

そして、とても鋭い

で、とってもかわいい

この魅力って気付きにくいと思うんだ

だってこんなことばっか思い出すでしょ

イタイッ!

でも犬歯だけを見てみて。すっごくかわいいじゃん!

え?犬歯と犬歯の間の歯はって?みてよ!この小さくてかわいい歯たちを!

もちろん肉球もかわいいよ…

だけどさ、こんな寝顔みたことある?

いい歯でしょ〜〜〜

H/T: /r/teefies
この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:藤原哲哉

外部リンク

cat_oa-buzzfeed_issue_e42f69695cd8 oa-buzzfeed_0_54d493c3fde5_「雲が追いかけてくる」人気インスタグラマーの写真加工に批判殺到 54d493c3fde5

「雲が追いかけてくる」人気インスタグラマーの写真加工に批判殺到

2019年9月15日 11:01 バズフィード

Instagramで28万人以上のフォロワーを抱えるブエノスアイレス在住の旅行ブロガー、トゥピ・サラビアさんは、Instagramアカウントのスクリーンショットが拡散された結果、画像編集アプリで写真の背景に雲を合成する加工を施していたと認める羽目に陥った。

サラビアさんはBuzzFeed Newsに対し、雲がうまく写っていないときに、写真編集アプリで色を強調したり雲を合成したりした、と説明した。

アカウントのスクリーンショットがInstagramとは別の場所でバズった結果、サラビアさんは強い疑いの目にさらされ、ネット上でジョークのネタにされたのだ。


サラビアさんは、涙を流すほど大笑いする顔の絵文字を添えたメールで、「これほどの騒ぎになるなんて信じられません」と答えた。「空が黒ずんだり露出オーバーだったりしたときに、『Quickshot』というアプリで写真を調整しました」(サラビアさん)

『この旅行系“インフルエンサー“の写真は、雲の形がどれも同じで気味が悪い』
Quickshotは、写真を手軽に編集できる無料アプリだ。写真に雲を合成する「Sky Control」という機能を搭載している。

サラビアさんによると、Quickshotでは別の形の雲も選べるけれど、「単にその雲が好きだったから」同じものを使うことが多いそうだ。

さらに、サラビアさんは、以前から堂々と写真を加工しており、隠していない、とした。Quickshotの使い方をフォロワーに教えたこともあるという。


「フォロワーは加工の件を知っています。だって、隠したことなどありませんから。Quickshotを使っていることも、書いています」(サラビアさん)

「それどころか、雲が私を追いかけて世界中を回っている、という冗談を最初に書いたのが、まさに私です」(サラビアさん)


ネット民もこの騒ぎを面白がっている。

『彼女は、消費者と天気の両方に影響力のあるインフルエンサーだ』
ところが、サラビアさんのやり方と、この新しい現実に対し、本気で不快感を抱く人々も存在する。

「どうしてソーシャルメディアは最終的にこうなるんだ? 写真が全部加工されているのか? ほかのユーザーも同じことをしていると指摘できる。写真家として、私はこんな状況が我慢できない」(ある人物のツイート)


別のTwitterユーザーは、「これがインフルエンサーの誠実さなのか」と皮肉った。

『この件ですっかり落ち込んだ。今の彼女を喜んで受け入れる人が、あんなに多いなんて。ネットで公開された写真は捏造されているのに』
サラビアさんは、否定的な反応に本気で困惑してるようだ。

「大した話でないと思っていますし、嘘をついてもいません。悪いことは何もしていません。騙すつもりもありませんでした」(サラビアさん)

この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:佐藤信彦 / 編集:BuzzFeed Japan

外部リンク