捨てられるはずの野菜をシート状にした「野菜シート」が有能すぎる

03.19 17:20 バズフィード

めちゃくちゃ「未来的」な野菜を発見した。

野菜がシート状になってるだと…!?
これは長崎県平戸市にある株式会社アイルが開発した「VEGHEET」(ベジート)という商品。
野菜をペーストにして乾燥させ、シート状に加工したもの。原料は野菜と寒天のみで、野菜の色味をそのまま活かした食材だという。

そして、これは人参と大根のベジート。

たしかに見るからに人参と大根の色をしている。

しかも捨てられるはずだった野菜が生き返る。

ベジートは形やサイズの違いで出荷されない「規格外の野菜」でできているため、生産者にも環境にもやさしい商品なのだという。
では実際の味はどうでしょうか? 食べてみた感触も気になります。

まずはそのまま食べてみた。

袋から出すと薄くてパリパリ。まるでスナック菓子のようです。食べてみると野菜の甘味がすごい!
そのままでもおやつ代わりに全然いける。野菜でできたシートなのでヘルシーだし、これはいい。

水で戻すと完全に野菜だ……!

水にさっと浸すと、まるで生春巻きのライスペーパーのように弾力がでてきます。
小さく畳んで食べると人参そのもの。

歯ごたえはもちもちとして生春巻きの皮みたい。
人参の甘みがすごいし、これは美味しい。

野菜嫌いの子どももこれならイケるのでは。

ひたすら折りたたんで食べる。これは大根味。大根そのままの味と香りがするが、甘みは増しているように感じる。
野菜嫌いの子どももこれなら食べられるんじゃないかと思った。

美味しく食べるレシピはこんな感じ。

出典: Instagram

人参のベジートを使った「ベジロール」。カロリーは約40kcalとのこと。見るからにヘルシーですね。

野菜オンリーのベジート巻。

出典: Instagram

大根のベジートで小松菜を巻いたものだそうです。すごく美味しそう。

パーティーにもぴったり。

出典: Instagram

ベジートを使ったベジロールパーティー。普通のライスペーパーよりもカラフルなのでパーティーにもぴったりですね。

で、これどこで売ってるの?

株式会社アイルによれば、3月16日から19日までイトーヨーカ堂大井町店で野菜シート(5枚入)が販売中。ニンジンとダイコンの2種で各350円です。

また長崎県平戸市のネット販売サイト「よかろ物産」でも手に入ります。

外部リンク

そっとしておいてくれ... 人生で一度はやってしまうこと

09.26 21:01 バズフィード

冷蔵庫からバター出しておくの忘れたの。

シール剥がしなしで綺麗に取れるか挑戦してみたかった。

永遠に鳴り響くシートベルトを着用してくださいの音。

便器に座ってめっちゃ頑張るやつだ。

爆発したソーセージたち... えげつない。

あと30秒で鳴るのに、待ちきれなくてオーブンを開けた:

すごい勢いで蓋を取ろうとしたら。

携帯がズボンのポケットになくて一人でパニック状態になってたら、上着の内ポケにあった:

開かない……っっとぉ切れた。

ちょっと半生っぽい肉を飲み込むべきか出すべきか迷ってる時の私:

ちょっと足りないな... を繰り返したら:

食洗機の溝にフォークを落としたら、一生帰ってこないと思っていい。

この記事はドイツ語から翻訳されました。
この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:日比友紀子

外部リンク

「新潮45」休刊 社員に説明はなし メールだけで通知

09.26 20:06 バズフィード

LGBTに関する差別的表現に批判が殺到し、9月25日、休刊を発表した新潮社の月刊誌「新潮45」。社員に事前の説明はなく、休刊を知らせるメールが届いただけだった。ニュースで休刊を知った社員もいたという。

現役社員がBuzzFeed Newsの取材に語った。

休刊は突然一斉メールで知らされた

休刊はどのように社員に伝えられたのか。社員によれば、総務部から25日夕方、メールが一斉に届いたという。

「【緊急】新潮45の休刊について(総務部だより)」

この件名で、公式サイトに掲載されたものと同じ発表文が添付されていた。社員に事前に告知はなく、ニュースで休刊を知った社員もいた。

ある女性社員はこう話す。

「一部の社員は事前に知っていたかもしれませんが、大半の社員はこのメールで知ることになりました。社長の声明後、休刊の可能性は見えていたので、驚きはしませんでした」

朝日新聞によれば、新潮社では25日朝、50人ほどの社員有志が取締役会に要望書を提出し、謝罪の言葉を発表することや、再発防止策を求めたという。

休刊が発表されたのは、この日の夕方のことだった。

新潮45の休刊について、前出の女性社員は、その経緯に疑問を感じるという。

「ここまで騒動が大きくなれば、休刊でしか騒ぎが収められないと判断したのでしょう。一連の論考には賛同はしませんが、『十分な編集体制を整備しないまま』というなら、まず、それを立て直すことを考えなかったのでしょうか」

「次はどこの部署が潰されるのか」

別の男性社員は「『言論弾圧だ』という議論よりも、社長に生殺与奪を握られていることを改めて実感した一件だった」と語る。

新潮45は部数が低迷しながらも、発行を続けてきた。それが批判の広がりを受け、突然、メール一本で社員に休刊が知らされた。

「次はどこの部署が潰されるのかと、社内は戦々恐々としています」

複数の社員によれば、新潮45編集部は、若杉編集長を含めて6人体制。部員らの今後の人事などは、社内でも発表されていないという。

外部リンク

使ってない人は損してる!? 便利すぎるキッチン用品

09.26 20:01 バズフィード

東京でひとり暮らしをはじめて7年。一つだけ後悔していることがあります

結構自炊していたのに、あるものの存在を知らなかったんです...

それがこれ...! 魚焼きグリルで使えるトレイなんですけど

いや、これみんな普通に使ってるものなんでしょうか?

最近使い始めたらめちゃくちゃ便利で、今まで何やってたんだろうとショックを受けました...。

例えば、スーパーで買ってきた鮭の切り身をのせて

そのまま魚焼きグリルで焼いちゃいます

数分で、めちゃくちゃ美味しそうに焼けました

まあ、ここまでは普通に焼いても同じだと思うんですが

トレイを取り出すと、グリルがめちゃくちゃ綺麗!!!!

ぴっかぴかです!

トレイにも汚れはこびりつかず、さっと洗えます

フッ素コーティングがされているので、スポンジで軽く撫でれば汚れがするする落ちます。

料理が冷めないうちに、使ったトレイをすぐに洗うこともできます。

焼き魚の最大のストレスが解決しました

魚は大好きなんですが、焼いた後の手入れが面倒だったんですよね。

このトレイを使い始めてから、自炊のハードルが一気に下がった気がします。

今まで網とか毎回洗ってたのはなんだったんだろう...

ちなみにトースターにも使えるので、揚げ物の温めにも最適!

電子レンジだとどうしてもベチャッとなりがちなので。

くっ付きがちなおもちを焼くのにもおすすめです

あと、こんな丸いタイプもあって

目玉焼きをつくるのにぴったりです!

どちらのタイプもAmazonで1000円以下で買えるので、ぜひ試してみてください!

外部リンク

病院とか携帯屋の待ち時間に読んでると舐められない漫画25選

09.26 18:46 バズフィード

先日、携帯屋で店員さんにとても舐められた態度を取られた。

実際の理由はわからないが、私が待ち時間に熱心に読んでいたのは「NANA」だった。

いい年をしたすっぴんの30代(女)が数あるマンガの棚から選んだのが「NANA」

完全に勝手な想像だが、「いろんなオプションとかつけてもよくわからないだろう」とか「契約書とかちゃんと読まなさそう」という印象をショップの店員に与えてしまった可能性は大いにある。

というわけで、病院とか携帯屋の待ち時間に読んでると舐められない漫画をBuzzFeedの社員に聞いてみた。過去に舐められた覚えのある方は是非参考にしてほしい。

闇金ウシジマくん

絶対舐めちゃいけない感ある。

ナニワ金融道

騙せない感、ほんまつよいわ〜。

カバチタレ!

法律ものだし、絵のえぐみもすごいから大丈夫そう。

島耕作シリーズ

「私は簡単ではないぞ感」出せそう。

金田一少年の事件簿

ジッチャンの名にかけて謎解いちゃうから、下手な態度は取られないはず。舐められそうで舐められない作品。

カイジ

騙されないぞ!という強い気持ちを暗に伝えられそう。

インベスターZ

投資の漫画読んでいるんだもん、大丈夫。

静かなるドン

ドンは相当強い。

コジコジ

一周回って深い感出せる。舐められそうで舐められない。

軍鶏

表紙からインパクト強すぎる。舐められるはずがない。

土竜の唄

このリーゼント。舐められるわけない。

クローズ

ヤンキーたちのバイブルだもん。確実に一目置かれる。

クッキングパパ

料理マンガで圧倒するならこれ。絵力的に勝てる、絶対勝てる。

はだしのゲン

深すぎて、舐められ度ゼロ。

レベルE

幽遊白書じゃなく、ハンターハンターでもない。あえての「レベルE」。それだけで強さ伝わる。

ブラックジャック

「あの話が好き!」と店員と盛り上がっちゃうくらいまで逆に距離つまりそう

こち亀

無難オブ無難。なぜだか舐められる気はしない。両さんが為せる技。

グラップラー刃牙

刃牙読んでて舐められたこと、過去にあります?

独身OLのすべて

30代女子はわかりみが深すぎて、ずっと読んじゃうやつ。これ読んでいる人に下手なことはできないと逆に警戒度上がる。

ボボボーボ・ボーボボ

作品名だけで、ビビられるからたぶん大丈夫。

ゴルゴ13

もう、何か微妙な対応して狙われたら店員さんも困るはず。ゴルゴはよく置いてありがちだし、候補にいれておきたい。

三国志

大定番。「赤壁の戦い」とかちゃんと説明できる時点でたぶん舐められない。迷ったら読もう、三国志。

スピリッツ

スピリッツは多くの病院の待合室にある。雑誌しかなくて困ったらこれで大丈夫。

殺し屋1

タイトルに「殺し屋」入ってますからね。基本、舐めては来ないはず。

ファブル

全巻の表紙見ても全部「やべえな」って感じしかしない。なのに、ちょっと空気感ほんわかだから、楽しく読めて舐められない。完璧。

Kindleで読む

何を読んでいても、意識高い系に見られて舐められない可能性ムッチャ高い。

「NANA」の話に戻るんだけど、久々に読んだらやっぱ面白くて全巻読んじゃった。

そもそも、何を読んでいたって舐めた態度とる方が悪い!でもできる限り舐められたくないなーって人は参考にしてみてください。

外部リンク

男性がコスメの値段を全力で当ててみた

09.26 18:45 バズフィード

「ちゃんとした音楽ってどういうこと?」ネット世代の音楽家の問い

09.26 18:01 バズフィード

明らかにシュリンクしている業界を横目に、気づかない様に振る舞っている人の多いこと。自分たちにとって重要な問題について寄り添って考えてくれる人は多くない。こう綴るのは、アーティストtofubeatsだ。森高千里や藤井隆といったゲストボーカルをひっさげてデビューしてから4年、10月3日にはメジャー4枚目のアルバム『RUN』をリリースする。


現在、27歳。ネット世代の音楽家として注目を集めてきた彼は、マーケットに対してシビアな視点を持っている。

音楽ジャーナリストでもあり、『WIRED』の元編集長・若林恵との対談の場で語ったのは、音楽業界にとどまらない、コンテンツにおける「拡がり」の変動だった。

人は50分も音楽、聴かないでしょ

若林:今、良質なポップアルバムを聴くってどういう意味なんだろう?

僕の見立てだと「音楽は楽しい気持ちになれる」っていう機能はどんどん失われて、少しポリティカルなステートメントを表明するものになって来てるように見えるんですよ。

tofuくんの前作『FANTASY CLUB』はポスト・トゥルースを題材にしていて、世間に対する疑問が込められていたと思う。でも、今回はいいラブソングが入っていたりする。

時流的に、「ラブソングを聴くってなんだっけ?」って思ってしまって。

tofubeats:思い切って問題意識を投げるのは『FANTASY CLUB』を作ってみて、効果的じゃないって思ったんです。うまく伝わりきらないというか。


だから今回は歌詞にも気をつけて、スパッと軽やかに。ラブソングも入っているけれど、言いたいこと自体はあまり変わってません。

出典: YouTube

アルバム表題曲『RUN』
若林:『RUN(走る)』って言ってるけれど、爽快感がない。空虚感と言うか……僕、砂の上を走る夢をよく見るんです。校了の前とかに。そんな感じ

tofubeats:ベタな夢見るんですね(笑)。僕は、J-Pop聴いて育ってきたので、「本格的」っていうのがよくわからないんですよ。「ちゃんとした音楽ってどういうことや?」って思っていて。

若林:その感じはtofuくんの曲に出ているね。疑問を常に感じながら……例えばアルバムっていうフォーマット自体に対して。

今年はカニエ・ウェストが5週連続で7曲入りのアルバムをリリースしたのが話題になった。これは「人は50分も聴かないだろう」という考えや制作スピードを担保するために曲数を減らしたってことだと思う。つまり、アルバムというフォーマット自体がかなり揺らいでいるんです、今。

tofubeats:そうですね、揺らいでる。

作って終わりじゃない。YouTube、Instagram……プラットフォームによって「出し方」は変わる

若林:変動の中でtofuくんはいろんな理由があってアルバムを作っているんだろうけれど、そうでなければいけない必然性は、今あるのかな?


tofubeats:必然性は、そんなにないですね。

若林:例えば、『万引き家族』の細野晴臣さんが作ったサウンドトラックがすごくいい。全部1分程度で終わって14曲入っている。トータルで聴いても15分ぐらいで収まっていて、それがいい。

聴いていて気持ちよくなってきた時に終わってしまう。曲の予測ができたぐらいに次の曲が始まる。連鎖的なものそれ自体が音楽的だなと思ったんですよ。

出典: YouTube

tofubeats:自分が劇伴を担当した映画『寝ても覚めても』のサウンドトラックも全部で10分弱です。


『万引き家族』を見て、こんなすごい楽曲とカンヌ映画祭で並んでたのかと思って震えましたけれど(笑)。でも、これまでの自分とは全然違う音楽だったから、良かったと思ってます。

若林:そうだね、曲も3分ぐらいの尺で作るフォーマットがあるけれど、違うものが生まれてきたら面白いと思う。

tofubeats:新曲『RUN』は1分54秒ですが、本当は1分20秒にしたかったんです。そうしたら「試聴用に長さが足りないから、伸ばせない?」と言われて(笑)。

若林:ティエラ・ワックの『Whack World』は好例。彼女は当初、アルバムを作るときにアイディアがとっちらかってしまって、まとめられなかった。そこでコンセプトを「インスタのストーリーでやれる範囲」に限定したんです。ストーリーに投稿できる動画は1分。だから全曲を1分で仕上げた。それが上手く機能してるんですよね。

出典: YouTube

tofubeats:そう思います。実は、『RUN』で声が入っているのは、50秒くらいしかないんです。その尺で2コール……1番、2番って作れる。


ただ、YouTubeとかInstagramとかSNSによって最適なフォーマットが違う。iTunesの視聴は30秒、90秒の2パターンあって、そういうところで難しさはあります。

例えば『RUN』は短いからかInstagramに動画をあげられるし、YouTubeでの満足度が高い。でも逆にサブスクリプションではあまり聴かれない。

出典: Instagram

手間暇かかったコンテンツは良いものなのか? 短くちゃ、ダメなの?

若林:フォーマットの挑戦って日本ではあまり見ないね。

tofubeats:そうですね。確か、長さや曲数でアルバム1枚という定義が一応あるはず。

若林:それを捨てないと……シュリンクしていく気がするな。

tofubeats:逆に僕はシングルCDに40分ぐらいで8曲いれたりしていたぐらいで。実質アルバムなんですけれど、お得感みたいなものを謎に信奉している時期が長かったです。

若林:雑誌ってだいたい200ページぐらい作らなきゃ成立しなかったりするんですよ。でも、200ページもあると緩急とか起承転結を想定せざるを得ないので、「一応入れておくか」というページが必要になってくる。


捨て曲という概念があるかはわからないけれど、それに近い。一応そのページにも労力はかかるわけで、「これって意味あるんだっけ? 40ページしかなくても凝縮した取材一発モノで、雑誌は出せないのか?」とも考える。

WEBだとそういうことができると思ったものの、違かった。実際、インタビュー記事をライターさんが提出してくるまでって2週間くらいの時間がいるんです。全然いいんだけど、重い。取材の現場でみんなでバーっと作るとか、違う表現を作れないかなって思ったりしますね。


tofubeats:全部「剛速球で作った3曲」みたいな制作もやってみたい。でも、自分は「長く聴いてもらえる」のが一番の価値だから悩ましいところ。カニエの「5週連続でリリース」も、真似したいと思いました。でも一方で「5年後それを聴くか?」とも考える。

速度が出ればいいという話もわかるのですが、スピード感にチューンアップされすぎているような気がして。

自分の曲の中で気に入ってるものって多く再生されないことが多いんです。評価を見つつも、違って当たり前というか。自分が嬉しい曲と人が嬉しい曲は違うんだなぁと思っていて。


DJをやっていると体感するのが、今のお客さんって5〜7分の曲だと暇になっちゃうんですよ。でもあえてアルバムには7分ある曲を入れました。「アルバムだから入れられる曲」も好きだから。長い曲やインストの楽曲も、機会があるなら愛好してもらいたい。売れるとは思っていないけど。

こういうテーマはずっと変わっていないです。

インターネットがあるから、僕は神戸にいながら音楽をやって良いんだって思えているんですけれど、DJもやっているから東京にいた方が便利。でも「みんなが東京に行ったら地方の人はどうなっちゃうの?」とも思っていて。

「J-Popをツタヤで借りて育ってきた奴に音楽できるの?」とか「地元にはクラブが少ないけれどDJできるの?」とか。でも、「そうじゃなくていい」ってことをインターネットを見て感じていたので、「そうじゃない」って思われるのが悔しい。

これが音楽活動のテーマで。着実にやり続けていたら映画のタイアップもできるようになったし、コツコツと音楽を続けていけたらいい。音楽業界も、今より少しは存在感が出るようになるといいなと思います。

外部リンク

ニトリのどうぶつ加湿器がむっちゃ可愛い!

09.26 18:01 バズフィード

ニトリに行ったら、にゃんことハリネズミが水を飲んでました!

めっちゃかわいい!

トイプードルやインコもいます。インテリアの置物かな!?

実はこれ、不織布でできた「加湿器」なんです

電気を使わない自然気化タイプの加湿器で、デスクの上などに置くことができます。

水に付けたところから水分が染み込み、空気中に蒸発していきます

電気を使うタイプに比べ加湿に時間はかかりますが、置いておくだけで24時間加湿し続けてくれます。

音や加熱の必要もないため、場所を選ばず使えそうですね!

種類はこんなにたくさん!

やばい...どれもかわいい!! それぞれ2種類がセットで販売されています。

こちらの豆柴は、茶と黒の2色セット

短い手足が可愛いハリネズミ

洋服を着たトイプードルもいます!

そして、こちらは鮮やかなインコ

ちょっとすわりが悪そうですが、お腹から給水できます。

どれにしようか悩む〜

すべて2個セットで1290円。実店舗のほか、オンラインでも購入可能です。

外部リンク

TRFの名曲がまさかの盆踊りリミックス ところで盆踊りって夏のものでは?

09.26 18:01 バズフィード

TRF名曲の盆踊りリミックス『BOY MEETS GIRL 2020』が9月22日に発表された。

出典: YouTube

同曲ではTRFのリーダーDJ KOOとマレーシア出身の人気アーティストNameweeがタッグを組み、日本語、 英語、 中国語の多言語でラップを展開。そこに盆踊りをリミックスするという、いい意味で「奇天烈」な内容となっている。

DJ KOOは「東京オリンピックへ向けて、 日本が世界から注目を集める中、 日本の伝統文化である盆踊りを楽しんでいただくことを通じて、 日本の魅力を世界に発信して行きたい」とコメントしているが、曲自体に盆踊り感は正直あまりない。

盆踊りって夏のものでは?

しかも曲の発表は9月。盆踊りは夏のものというイメージがあるだけに、ちょっと季節外れな気もするが...。


「盆踊りが一番盛んなのはもちろん8月なんですが、その後も秋祭りも含めてゆるゆるとシーズンは続いていて、10月の秋祭りなどにも盆踊りは入っています」

こう話すのは、全国各地の盆踊りに参加する”盆踊りマイスター”のブレーメン大島さん。9月に盆踊りもけして季節外れという訳ではないらしい。

盆踊りといえば、この夏に各地の盆踊り会場では荻野目洋子の「ダンシングヒーロー」が流行していた。

大阪府立登美丘高等学校ダンス部のバブリーダンスで人気となった曲だが、実は盆踊り界で流行するのは、もっと前だという。


「『ダンシングヒーロー』は20年くらい前から盆踊りで使われているので、リバイバルブームとは別ものです。愛知県発祥と言われていて、東京の中央区でも5年くらい前から取り入れて、段々と広まり、今やスタンダートと言えます」

今年、名古屋の盆踊りを訪れたという大島さんだが、老若男女が入り混じり『ダンシングヒーロー』を踊る姿は圧巻だったという。

盆踊りのトレンドを決めるCD

大島さんによると『ダンシングヒーロー』の盆踊り人気を高めた理由には「盆踊り用CD」に起用されたこともあるという。

「盆踊りは毎年初め、ビクターからその年の目玉になりそうな推薦曲を2曲、CDで発売するんです。2017年に選ばれたうちの1曲が『ダンシングヒーロー』。登美丘高校のダンスが流行る前から、盆踊りの世界では注目されてたんです」

盆踊り好きにとっては民謡曲が人気だが、最近では『恋するフォーチュンクッキー』や『365日の紙飛行機』なども盆踊りの曲として採用されている。

もしかしたら、来年の盆踊りでは『BOY MEETS GIRL 2020』が定番曲になっていることもありそうだ。

外部リンク

インターネットにはない感動を見つける方法

09.26 17:57 バズフィード

正気の沙汰じゃない。

氷点下40度を下回る極寒の地。しかも、太陽が地平線の上に昇らない暗黒の極地を80日間一人で、GPSなどの文明の利器を頼らずに踏破する。

予想外のトラブルで装備を失い、食料も徐々に尽きていく。一歩ずつ死に近づくような旅の記録だ。

これまでチベットの人跡未踏の秘境や、多くの先人が犠牲になった極寒の北極圏を踏破してきた冒険家の著者が「人生最大の仕事」と位置付ける。その言葉に嘘はない。

なぜ、そこまでして著者は冒険に挑むのか。

極夜行の果てに著者が目にした太陽

なぜ、死に近づく冒険の旅に出るのか

デビュー作「空白の5マイル」では、こう吐露していた。極論をいえば、死ぬような思いをしなかった冒険は面白くないし、死ぬかもしれないと思わない冒険に意味はない。過剰なリスクを抱え込んだ瞬間を忘れられず、冒険者はたびたび厳しい自然に向かう。そのようなある種の業が、冒険者を支配していることを否定することはできない今回と同様に北極圏に挑んだ『アグルーカの行方』では、こう記している。北極の氷と荒野には人を魅せるものがある。一度魅せられると人はそこから中々逃れられない。それまでふらふらと漂流していた自己の生は、北極の荒野を旅することで、初めてバシッと鋲でも打たれたみたいに、この世における居場所を与えられる。それは他では得ることのできない稀な体験だ読者は追い込まれる著者の姿にスリルを感じ、引き込まれる。

読者は、著者とともに北極圏を歩む

だが、「極夜行」の魅力はそこに止まらない。もし、そこにしか魅力がないのだとしたら、冒険家は死に至るまで過酷な挑戦を続けざるをえないことになるのかもしれないが、そうではない。月の光と、それに照らされて闇夜に白くぼわーっと浮かびあがっている幻想的な光景の なかを歩きながら、私は完全に宇宙空間を探検しているような 感覚に陥った。音もなかっ た。風もなかった。光もわずかしかなかった。そこにあるのは私と氷と星と月。あとは犬。風景が美しく見えるのは、私が単なる観光客としてこの場にいるからではなく、生きようとする一人の人間としてそこにいるからだった。私のまわりで展開している闇や星や月は見た目の美しい観賞物としてではなく、私と本質的な関係をもつ物体や現象として、そこにあった。私は天体をよすがに旅をし、闇は私を支配する。こうした状況により、私はこれらの諸要素と相互に機能しあう環世界の中に完全に入り込んでいるわけだった。私はそのことを実感しながら歩いていた。読者は著者が見た壮絶なまでに美しい景色を、文章を通じて追体験する。その追体験は、たんにインターネットで検索して出てきた画像を見るものとは違う。

筆者がその景色を見るまでの過程を含めて追体験することで、間接的にではあるが、その風景が「本質的な関係を持つ物体や現象」として眼前に立ち上がってくる。

システムの外からの目線で、社会を見つめる

著者はときにユーモアを交え、読者を楽しませる。その一方で、冒険の旅が持つ「社会性」について、ストイックにその意味を突き詰める。

テクノロジーや社会制度が発展して未踏の地が消滅し、登山などかつては冒険だった行為もジャンル化し、スポーツ化する時代において、冒険とは「脱システム」的な行動であり、「システム」から逸脱することによって、事物の持つ本来的な意味を問う行為である、と。

極夜から生還した著者が最後に見る太陽の姿、「たしかにこのとき私は太陽を見たのだ」という言葉によって、読者は神話の時代から語られる太陽が持つ本来的な力を垣間見る。

冒険はそのとき、命知らずの人間の身勝手な行為ではなく、私たちが生きる社会=システムの意味を、その外側から考える批評的な行為としてそこにある。

この稀有な冒険家であり、語り手が同時代に生きていることは幸運だ。インターネットによる情報の奔流とは全く違う体験が、ここにある。

(Number Webに寄稿した書評を編集して転載)

外部リンク