cat_oa-businessinsider_issue_d78583987b89 oa-businessinsider_0_d78583987b89_中国の都市への警告か、放置されたシェア自転車の山々 d78583987b89 d78583987b89 中国の都市への警告か、放置されたシェア自転車の山々 oa-businessinsider

中国の都市への警告か、放置されたシェア自転車の山々

2018年4月19日 05:45 Getty Images

修理場に積み重ねられた、壊れたofoのシェア自転車。北京、2017年3月29日。
Getty Images

ここ数年、中国ではシェア自転車のスタートアップがいくつも生まれた。スタートアップは「自転車版ウーバー」と呼ばれ、ユーザーはGPSを搭載した自転車のロックをスマートフォンで解錠し、乗り終わったら好きな場所に乗り捨てることができる。

だがスタートアップの数は多すぎ、需要は不足した。英ガーディアンは、2017年11月に第3位の規模のBluegogoが破綻した直後に、中国の都市でシェア自転車が山積みに放置されている様子を伝えた。無数の自転車の山の中には、大手のモバイク、ofo、そして破綻したBleugogoの自転車もあった。

その様子はまるで自転車の墓場。シェア自転車に多額の投資をしようとする中国の都市への警告のようだ。

ここ数年、中国の都市ではシェア自転車が急拡大した。

都市近郊に集められた各社のシェア自転車。浙江省杭州市、2017年9月7日。
Reuters


料金は30分あたり数円、他の国々の同様のサービスに比べると非常に安価。例えば、ニューヨークでは30分あたり3ドル(約320円)。

空き地に集められた自転車のロープをほどく作業員。福建省廈門市、2017年12月13日。
Reuters


いつでも利用できるよう、各社は都市に何千台もの自転車を配置した。

シェア自転車の山の前をシェア自転車に乗って通り過ぎる男性。福建省廈門市、2017年12月13日。
Reuters


だが、主に需要不足により、複数のスタートアップが破綻した。

放置された各社のシェア自転車。上海、2017年11月21日。
Reuters

Bluegogoは破綻後に声明を発表、同社CEOは拡大を急ぎすぎたことを謝罪し、「傲慢だった」と認めた。


放置された自転車が山積みに。中国のシェア自転車ブームと破綻の犠牲者たち。

空き地に山積みにされたシェア自転車。湖北省武漢市、2018年4月7日。
Reuters


業界の失速は、中国のシェア自転車の未来に疑問を投げかけた。

ラッシュアワーにシェア自転車で通勤する人々。北京、2017年3月27日。
Getty Images


最近まで、自転車は中国の一般的な移動手段だった。

文化大革命の頃の広東省、建物の壁一面に壁新聞が貼られている。1966年頃。
Getty Images


1990年代中頃には、中国の自転車保有者は5億2300万人に達した。特に北京では人気が高く、保有率は100人あたり72台となった。

交通渋滞がひどい上海では、自転車は効率的な移動手段だった。1993年10月。
Getty Images

出典:CityLab


だが21世紀を迎えると車がステータスシンボルとなり、反自転車政策が始まった。広州市では自転車レーンが車用に変更され、大連市は「自転車ゼロ都市」を宣言した。

空き地に山積みにされたofoのシェア自転車。福建省廈門市、2017年12月13日。
Reuters


自転車は急激に減った。個人使用の車が増え、二酸化炭素の排出量も増えた。

放置された各社のシェア自転車。2017年11月21日。
Reuters


自転車人気を取り戻そうと、ここ数年で約30社のシェア自転車スタートアップが生まれた。成功の程度には差がある。

ラッシュアワーに新しいシェア自転車をトラックから降ろすofoの作業員。北京、2017年3月28日。
Getty Images


シェア自転車はどこでも乗り捨てできるため、ユーザーは時に住宅地、公園、店舗など便利な場所に乗り捨てる。ショッピングモールの前には乗り捨てられた自転車が約3メートルの山になっている。

ショッピングモールの前の自転車の山。
Getty Images


2017年3月、中国政府はシェア自転車200台に1人のメンテナンス要員を雇うよう義務づけた。つまり、業界全体で1万5000人を新たに雇わなければならない。収益の圧迫につながる。

各社のシェア自転車。上海、2017年11月21日。
Reuters


自転車の山は、急速に成長し、衰退した業界の思い出……。

修理のために路上に並べられた自転車を動かすofoの作業員。北京。2017年3月29日。
Getty Images


[原文:These photos of dockless bike graveyards should serve as omens for Chinese cities]

(翻訳:山口玲子、編集:増田隆幸)

外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_d78583987b89 oa-businessinsider_0_9bc02c36d678_全米最高額から62%オフ(それでも100億円)…ロサンゼルスの大豪邸を見てみよう 9bc02c36d678 9bc02c36d678 全米最高額から62%オフ(それでも100億円)…ロサンゼルスの大豪邸を見てみよう oa-businessinsider

全米最高額から62%オフ(それでも100億円)…ロサンゼルスの大豪邸を見てみよう

2020年9月18日 15:30 Berlyn Photography

3万8000平方フィート(約3530平方メートル)の屋敷内には、40席のホームシアターもある。
Berlyn Photography

・一時は2億5000万ドル(約284億円)で売りに出されていたロサンゼルスの大豪邸が、2019年10月、62%引きの9400万ドル(約100億円)でとうとう買い手がついた。
・ベルエアにあるこの豪邸は、2017年1月に最初に売りに出されたときには全米最高額の物件だった。
・「ビリオネア」のニックネームを持つこの超豪華な邸宅には、ヘリポート、5つのバー、ボウリング場、40席のホームシアター、25メートルのインフィニティプール、巨大なキャンディウォールがある。
かつて全米で最高額の物件だったロサンゼルスの大豪邸が、売り出しから3年後の2019年10月にとうとう買い手がついた。ただし、62%という大幅な割引価格でだ。

2017年に売り出された当初は2億5000万ドル(当時のレートで約284億円)の値がついていたこの豪邸は、今回9400万ドル(約100億円)で売却されたが、買い手の身元は明らかにされていない。ウォール・ストリート・ジャーナルのキャサリン・クラーク(Katherine Clarke)はそう伝えている。

「ビリオネア」のニックネームを持つこの豪邸は、3万8000平方フィート(約3530平方メートル)の居住スペースと、1万7000平方フィート(約1580平方メートル)の娯楽用の屋外デッキを備えている。マスタースイート2室とVIP客用スイート10室に、21のバスルームもある。

そのほかにも、実際には使えない屋上のヘリパッド、85フィート(約25メートル)のインフィニティプール、40席のホームシアター、マッサージスタジオとスパ、ボウリング場、キャンディがずらりと並ぶ巨大なキャンディウォールなどの超豪華な設備がある。

ロサンゼルスの高級住宅地ベルエアにあるこの豪邸は、不動産会社ヒルトン&ハイランド(Hilton & Hyland)とネスト・シーカーズ(Nest Seekers)が取り扱っていた。

それでは、豪邸の内部を見ていこう。


Berlyn Photography

「ビリオネア」というニックネームを持つこのベルエアの豪邸は、当初の提示価格から62%引きで売却された。


Sundry Photography/Shutterstock

この豪邸は、ベルエアの丘の中腹に立っている。不動産ディベロッパーのブルース・マコウスキー(Bruce Makowsky)はこの丘について、「世界でもっとも裕福な人たちが暮らす、贅沢なプライベートオアシス」と表現している。


Berlyn Photography

マスターデッキからロサンゼルスの眺望を楽しめる。


Berlyn Photography

マコウスキーはこの物件のウェブサイトで、「『ビリオネア』の狙いはシンプルだった。邸宅の敷地のすみずみまで、革新的で完全無欠なものにして、細心の注意を払って作りあげることだ」と書いている。「予算は、あってないようなものだった」


Berlyn Photography

Source: 924 Bel Air Rd.


Berlyn Photography

Source: 924 Bel Air Rd.


Berlyn Photography

Source: 924 Bel Air Rd.


Berlyn Photography

Source: Nest Seekers


Berlyn Photography

Source: Nest Seekers


Berlyn Photography

Source: Nest Seekers


Berlyn Photography

Source: 924 Bel Air Rd.



Berlyn Photography

上階にあるペントハウスの書斎では、ヘリポート(実際には使えない)と、純然たる装飾品であるヘリコプターを眺めることができる


Berlyn Photography

Source: Nest Seekers


Berlyn Photography

Source: Nest Seekers


Berlyn Photography

Source: Nest Seekers


Berlyn Photography

Source: Nest Seekers


Berlyn Photography

Source: 924 Bel Air Rd.


Berlyn Photography

Source: 924 Bel Air Rd.


Berlyn Photography

2019年8月、マリブにある豪邸が1億ドルで売却され、7月にはホルムビー・ヒルズの歴史ある邸宅が1億1900万ドルで売れた。さらに12月には、メディア王ルパート・マードック(Rupert Murdoch)の息子ラクラン・マードック(Lachlan Murdoch)が、広さ10エーカーの「チャートウェル・エステート(Chartwell Estate)」を1億5000万ドルで購入し、カリフォルニア州の不動産の史上最高額を更新した。

カリフォルニアの史上最高額は、2020年2月に再び破られた。このとき売れたのはビバリーヒルズの豪邸で、世界一の富豪ジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)が1億6500万ドルを支払ったと報じられている。報道によれば、ベゾスはこの邸宅を購入する前に、マードックが購入した先述の豪邸を検討していたという。


Courtesy of Hilton Hyland

Source: Business Insider

[原文:Look inside what was once America's most expensive home, a Los Angeles megamansion that sold for less than 40% of its asking price after 3 years]

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_d78583987b89 oa-businessinsider_0_b98a7938dff7_もはや「“ドコモ口座”だけの問題」ではない不正出金。いまやるべきことは? b98a7938dff7 b98a7938dff7 もはや「“ドコモ口座”だけの問題」ではない不正出金。いまやるべきことは? oa-businessinsider

もはや「“ドコモ口座”だけの問題」ではない不正出金。いまやるべきことは?

撮影:伊藤有

NTTドコモの“ウォレット”サービス「ドコモ口座」をめぐる不正出金に端を発した、決済サービス事業者と銀行との接続セキュリティの問題が注目を集めている。

同様の不正出金問題は今や、9月16日のゆうちょ銀行の謝罪会見で明らかになったPayPayやメルペイなどの少なくとも5事業者に広がり、関連する銀行にはメガバンクのみずほ銀行も含まれる。

今や「決済サービス事業者」のセキュリティの良し悪しではなく、接続する銀行側の認証も甘かったという「両者を連携する仕組みの課題」にまで広がってきた。

ここで改めて今回の事件の問題点を整理しておきたい。

そもそも、ドコモ口座で何が起こったのか

9月10日、不正出金の問題について謝罪をするNTTドコモの責任者。
撮影:小林優多郎

今回の事件では大枠で下記の2つの問題がある。

・スマートフォンを使った決済サービスなどで利用する「アカウント」における本人確認の問題
・当該のアカウントに残高をチャージするための銀行口座をひも付ける「Web口座振替」のセキュリティ問題
1つめは、ドコモの各種サービスを利用するための「dアカウント」について。利用範囲拡大のためにドコモ回線にひも付かない、いわゆる「キャリアフリー」として開放されていたことに起因している。

もともとドコモを含む大手携帯キャリアでは、回線契約時に身分証明書による本人確認が行われている。少なくとも回線を維持している限りは「本人確認済み」として扱われている。

ところが、従来まで回線にひも付いていたdアカウントが、キャリアフリー化され誰もが本人確認なしでアカウント開設できるようになったのが2019年の話だ。

しかも「d払い」の利便性向上のため、同社は2019年9月末に「ドコモ口座」の残高を「回線契約のないdアカウントのユーザー」にも開放していた。今回の最初の被害と思われるものが2019年10月から始まっていることから、これが結果的に、セキュリティ上の“穴”を広げる原因となったと思われる。

NTTドコモの決済サービス「d払い」アプリ。ウォレットに表示されている「d払い残高」がドコモ口座の残高。ここでチャージを選ぶと、連携した銀行口座などからチャージができる。
編集部

2つめに、ドコモ口座には銀行口座に接続することで残高チャージを行う機能がある。

このひも付けに利用された「Web口座振替」の仕組みそのものに脆弱性があったと考えられている。

Web口座振替を依頼する際に要求される本人確認のための情報は銀行によって異なる。

ワンタイムパスワードなど「毎回変化する専用の認証番号」を要求する銀行がある一方で、口座番号や暗証番号、生年月日など「基本的な情報のみを要求する銀行」もあり、今回のケースでは後者のような比較的認証が甘い銀行が狙われている。

特に、専用のインターネットバンキングの仕組みを持っていないような地銀であったり、少し前まで最低限の情報でWeb口座振替が利用可能だったゆうちょ銀行やイオン銀行が被害対象として挙げられていることから、「Web口座振替が持つ潜在的な問題が悪用された」と考えていい。

それを踏まえた今回の事件のポイントは次の2つだ。

・スマホ決済サービス利用の有無は関係なく、対策の甘い銀行の口座を持っているだけで被害に遭う可能性
・ドコモが矢面に立っているが、同種の問題は他の類似サービスも抱えている。銀行側が抜本的な対策をとらない限り問題は終息しない
今回の最大のポイントは、本人の意思に関係なく対策の甘い銀行口座を所持しているだけで被害に遭う可能性があるという1点だ。

銀行側が生年月日や住所など個人情報を最低限しか所持していないという事情も、発覚を難しくしている。

多くのケースでは怪しい出入金があってもメールアドレスや電話(SMS)で通知する仕組みもなく、本人が通帳記入などを行わない限り問題が発覚しにくいのだ。これが、事件の全容把握を遅らせる結果にもつながっている。

「ドコモ口座」以外にも同様の事例

9月16日、ゆうちょ銀行の緊急会見で深々と頭を下げるゆうちょ銀行の代表取締役副社長の田中進氏。
撮影:伊藤有

今回は対策の甘さからドコモが矢面に立っている形だが、その仕組み上、他の類似サービスも同様の問題を抱えている、と筆者は考えている。例えば、9月15日に行われた高市早苗総務大臣(当時)の記者会見では、ゆうちょ銀行の即時振り替えサービス(Web口座振替)を利用するサービス事業者は全部で12社あり、そのうちの6社で被害が確認され、2社(ドコモ、Kyash)で新規登録とチャージが停止されていると報告されている。

ゆうちょ銀行では同日夜に2要素認証を導入していない8事業者(PayPay、LINE Pay、PayPal、ウェルネット、楽天Edy、ビリングシステム、メルペイ、ゆめカード)について即時振替サービスを停止すると発表した。

一方、PayPayではSMSによる回線認証に加えてeKYC(インターネット経由の本人認証サービス)の導入を報告している。

緊急会見で判明した被害金額。会見時点の総額1811万円のうち、1546万円がドコモ口座にからんだ不正出金だった。しかし、被害はPayPayやメルペイなど他サービスにも及んでいる。
撮影:伊藤有

またメルペイなど、銀行口座への接続をもって本人確認が完了したとしていたサービス事業者も、eKYCによるアカウント上での本人確認を必須とするなど、今回“穴”とされた部分を両面から塞ぐ対策が進んでいる。

ただ実際のところ、顧客からの申告がベースになっているとはいえ、ドコモに被害報告が集中しているのと、接続口座数が約453万と他社と比較して圧倒的なPayPayを除けば、各社の被害件数は数件ないし0件にとどまっている。

ゆうちょ銀行が16日の緊急会見で報告した数字によると、ドコモで82件、PayPayで17件となっている。PayPayに次ぐ228万という接続口座数を持つLINE Payでさえ、報告されているのは2件であり、しかも内容は身内のトラブルとみられるもので、今回の件とは直接関係ない。つまり、事前予防的に対策を強化したという意味合いが強い。

同時に、ゆうちょ銀行ではWeb口座振替(同行のサービス名は「即時振替」)の新規登録時に2要素認証を新たに要求しているが、それまでこの仕組みを導入していなかった理由について

「(各サービス事業者に2要素認証の導入)お願いをしていたが、同意を得られなかった」(ゆうちょ銀行取締役兼代表執行役副社長の田中進氏)
とコメントしている。

だが口座新規登録時の本人認証は接続先銀行の役割であり、基本的にはすべて銀行側の裁量で決められるものと考える。ゆうちょ銀行側では「(2要素認証導入は)サービス事業者側の同意を得られることが前提」という姿勢で一貫しているが、一方でサービス事業者側は匿名を条件に「導入判断はゆうちょ銀行側にあるし、そもそもお願いという形で相談されたこともない」と複数の関係者が証言している。

事件の全容はまだ解明の途上にあるが、そもそも銀行とサービス事業者という2つの組織の間で意思疎通における齟齬が発生しているように思える。

問題の本質と、これからの展開

撮影:伊藤有

今回の事件で分かった問題の本質と教訓は次の2点だ。

・出金や送金を可能とする「資金移動事業者」で必要となる本人確認作業が、「Web口座振替」をもって完了とされていたこと
・「Web口座振替」は便利な仕組みだが、利用の簡便さを重視するために認証作業に問題を抱えていたこと
金融業の仕組みとして、銀行免許ほど運営に厳密な規定は適用されず、より簡単にATM経由での出金や送金といった金融サービスを提供可能な「資金移動業」という認可事業がある。先ほども名前が挙がったスマホ決済サービスの多くが取得している。

この事業にあたって、個々人に金融サービスを提供する上で事業者に求められるのが「本人確認」作業だ。通常、eKYCなどの仕組みを使ってアプリ上で本人確認が行われているが、このほかに銀行口座との接続をもって本人確認が完了したとされるケースがある。

つまり、銀行への「Web口座振替」をもって本人確認ができたという流れだ。ただ、今回の事件ではWeb口座振替で行われる本人確認の仕組みにおいて要求されるセキュリティが銀行によって大きく異なっており、一様ではない点が問題になった。

そのため、各社とも新規登録時の本人確認を必須とする方向で動いており、銀行口座の登録をもって本人確認が完了したとされる既存利用者についても、チャージ時にeKYCでの再認証を要求するなど、すべてのユーザーを対象にする方向で進んでいる。

Web口座振替の仕組み上の問題
次に「Web口座振替」だ。高いセキュリティ対策を要求されるインターネットバンキングを利用していないユーザーと比較して、多くの口座保持者を認証するための手段を銀行は持ち合わせていない。

仮にワンタイムパスワードなどの2要素認証を要求したり、あるいは追加の情報登録を要求すると、個人情報を出すのを嫌がったり、あるいは仕組みそのものを面倒とするユーザーはWeb口座振替という仕組みそのものを利用してくれないだろう。

しかも、Web口座振替では一度サービスとの接続を許可すれば、そのまま利用し続けることができる。今後認証のセキュリティレベルを向上させたとしても、仮にすでに悪意のある第三者が他者の口座を利用してWeb口座振替を済ませていれば、対策が行われる時点までは悪用が可能だ。

もともとWeb口座振替自体は、定期的な料金引き落としなどに利用することを想定していたものだった。今回のように決済サービスと組み合わせた「都度チャージ」の仕組みに必ずしもフィットしているかは難しいところで、サービスの形態に応じたセキュリティが必要なのかもしれない。つまり、銀行側の抜本的な対策が求められる、と筆者は考えている。

口の重い銀行側。業界としての指針が必要ではないか

LINEは、LINE Payアカウントの口座登録やチャージの一時停止を続々と進めている。名だたる地銀がリストアップされているのは非常に印象的だ。
出典:LINE公式ブログより

「ドコモ口座問題」としてスタートした事件だが、すでに問題は決済サービス事業者全体にまで広がっている。

そして、行き着く先は「銀行」の対応、仕組みのあり方だ。その端緒となったのが9月16日に行われたゆうちょ銀行の緊急会見だ。

銀行側の問題は、各行によってセキュリティレベルに差がありすぎることと、Web口座振替の仕組みなど「本人認証のための業界共通のガイドラインなどが存在しない」ことに起因する。

現在、各行とも最低限の被害報告や対応状況を淡々と報告するのみだが、今後は銀行としての問題の認識、そして業界としての指針を示す必要があるのではないか。

また、今回の問題では総務省と金融庁で管轄をまたいでいるなど、縦割り行政の中で、それぞれの所轄が分かりにくい面もあった。

このほど発足した菅新政権によって、こうした役所の壁を越えた横串の仕組みの登場が期待される。肝いりとされる「デジタル庁」の創設や縦割り行政打破を掲げた行政改革も待ったなしだ。

「銀行は銀行、サービス事業者はサービス事業者」とバラバラに動いていた流れを改善する必要があるのは明白だ。

インターネット時代の金融サービスの仕組みは従来の枠組みを越えて、日々進化している。時代に合わせた業界の改革やガイドライン策定がいま、求められている。

(文・鈴木淳也)


外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_d78583987b89 oa-businessinsider_0_e841b1322992_「#RIPJKRowling」がトレンド入り! 『ハリー・ポッター』作者に非難の声が噴出している理由 e841b1322992 e841b1322992 「#RIPJKRowling」がトレンド入り! 『ハリー・ポッター』作者に非難の声が噴出している理由 oa-businessinsider

「#RIPJKRowling」がトレンド入り! 『ハリー・ポッター』作者に非難の声が噴出している理由

2020年9月18日 10:30 Evan Agostini/Invision/AP

『ハリー・ポッター』シリーズなどで知られるJ・K・ローリング氏。
Evan Agostini/Invision/AP

・『ハリー・ポッター』シリーズなどで知られる作家J・K・ローリング氏が9月14日(現地時間)、ハッシュタグ「#RIPJKRowling(J・K・ローリングよ、安らかに眠れ)」でツイッターでトレンド入りした。
・ローリング氏は生きている。だが、同氏の最新作に女性を殺害するために女装をする男性の連続殺人犯が登場することが分かり、ファンの怒りを買った。
・人々は最新作のストーリーと、トランスジェンダーの人々に関するローリング氏のこれまでの発言を結びつけている。
『ハリー・ポッター』シリーズなどで知られる作家J・K・ローリング氏がツイッターで糾弾されている。最新作に女性を殺害するために女装をする男性の連続殺人犯が登場することが分かったからだ。

ローリング氏はトランスジェンダーの人々について、物議を醸すようなさまざまなコメントを出している。ジェンダー・インクルーシブな言葉をからかったり、若いトランスジェンダーの人々に対する彼らのジェンダーを肯定するようなケアを止めるよう呼びかけるなどしてきた。

テレグラフのジェイク・ケリッジ(Jake Kerridge)氏はローリング氏の最新作について、シスジェンダー(注:生まれたときに割り当てられた性別と性自認が一致していて、それに従って生きている人)の女性を殺害するために女装をする男性連続殺人犯が登場し、「(小説の)教訓は"女装した男性を絶対に信じてはいけない"ということのようだ」と書いている。

ネットフリックス(Netflix)のドキュメンタリー『トランスジェンダーとハリウッド: 過去、現在、そして』でも指摘されているように、「女装した男性殺人犯」という比喩はトランスジェンダーの女性たちが凶暴な殺人犯でサイコパスだとほのめかすものだ。それは『羊たちの沈黙』や『サイコ』といった映画でも使われてきた。

ツイッターでは、ユーザーたちがハッシュタグ「#RIPJKRowling」を使って、改めて不満の声を上げている。

ローリング氏を『ハリー・ポッター』の敵役と比べるユーザーも

人々が彼女の本を買うのを止めて、出版社が彼女を見放すのに、ローリングはあとどれだけ露骨に自分がトランスジェンダー嫌いだと言わなきゃいけないの?

要するにJ・K・ローリングはドローレス・アンブリッジになったってこと。ものすごく偏った自身の考え方に固執して、それがどんな損害を生もうと自分の正しさを確信するためにどんなことでもする。

#RIPJKRowling トランスジェンダー嫌いなら、ジョアン(注:ローリングのこと)はおとなしくしているべき。

彼女は死んだりしたわけじゃないけど、彼女のキャリアと評判に比べたらトム・リドルの方がよっぽど生きてる。
#RIPJKRowling

@jk_rowling、このストーリーの中ではあなたこそ悪党。
[原文:Why 'RIP JK Rowling' is trending, even though the author is still alive]

(翻訳、編集:山口佳美)

外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_d78583987b89 oa-businessinsider_0_63e2dc17f158_外箱から本気を感じる「Oculus Quest 2」…Facebookが日本を“特別扱い”する理由 63e2dc17f158 63e2dc17f158 外箱から本気を感じる「Oculus Quest 2」…Facebookが日本を“特別扱い”する理由 oa-businessinsider

外箱から本気を感じる「Oculus Quest 2」…Facebookが日本を“特別扱い”する理由

9月16日(現地時間)のオンラインイベント「Facebook Connect」で新型VR HDM「Oculus Quest 2」を発表したFacebook CEOのMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏。
出典:Facebook

「Facebookは、日本でVRを本気で普及させようと目論んでいる」

同社が9月16日(現地時間)に発表した新型VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Oculus Quest 2」のレビュー機材を見て、実機を取り出す前からそう感じた。その理由を実機を交えて紹介していきたい。

外箱でわかる“日本で本気で売る”という意志

旧モデルのOculus Questの箱。知っている人ならピンとくる外観だが、Oculusのロゴも小さく、あまりわかりやすい外観とは言えない。
撮影:小林優多郎

前機種である「Oculus Quest」をOculus直販サイトで購入していたが、初代Questが届いた時は正直、「随分アメリカっぽいものを買ってしまった」と思ったのが実際だった。

箱は黒ベースでQuestの製品写真が大きく載っている。背面にはQuestの3つの特徴「All-In-One VR(VRをこれ1つで)」「Precision Controllers(精密なコントローラー)」「Easy Setup In Any Room(どんな場所でも簡単セットアップ)」と書いてあるが、いずれも英語だ。日本語はリサイクル表示の「紙」「プラ」と書いてあるのみ。

VRやOculus自体はとてもおもしろく、将来性の高い分野だと思っていたものの、現時点では一部のアーリーアダプターやマニアが中心の文化であり、このような外観の仕様にもまったく疑問にも思わなかった。

Oculus Quest 2の箱。側面にOculusロゴが大きくあしらわれたり、同梱品一覧や容量がハッキリと書いてあるのは、いかにも“店頭ウケ”しやすそうだ。
撮影:小林優多郎

しかし、Quest 2は違う。内箱は茶色い段ボール風だが、それを覆うカバーは白くて、ゲーム機のような手の込んだデザイン。すべて日本語で仕様や説明が書いてあり、背面には特徴よりも前に日本でも親しまれたタイトルのVR作品のサムネイルがあしらわれている。

外観だけを見れば、これがVRヘッドマウントディスプレイ(VR HMD)で、「買えばどんなものが遊べるか」が一目でわかる。Oculusロゴもかなり大きく印字されているため、他社製品と間違えることもない。見ればみるほど「量販店で置かれそうな仕様のデザインだ」と思った。

それもそのはずで、Quest 2はFacebookとしては国内初の「店頭販売」を行う製品だ。ビックカメラ、ヤマダ電気、ヨドバシカメラ、GEOなどの量販店が対象で、発表された直後には各社の店頭やECでの予約が始まっている。

日本は唯一独自の「PR戦略が許された国」だった

Oculus Quest 2(上)とOculus(下)の箱の裏面。Quest 2は日本語化されているだけではなく、コンテンツも日本ウケしそうなものを選んでいる。
撮影:小林優多郎

Oculusのようなグローバル全体で売る製品を、外箱だけでもローカライズ(日本向け仕様)することは、実は非常に難しい。

コストを抑えるなら、日本語の書かれたシールを上から貼る……といったことも考えられるが、すると前述の筆者のような「海外のよくわからない製品」という印象から抜け出さず、お客は手に取ってくれないし、当然、「わかりづらい商品」は店舗側もなかなかプッシュしてくれない。

また、本気で売れる商品にしていくには、英語から日本語に単に翻訳するだけではなく、その土地ごとにあったPR戦略を立てて文面を整える必要がある。ハードウェア製品を日常的に扱っているメーカーでもないと、相当にホネの折れる作業になる。

Facebook Reality Labsでコンテンツエコシステム ディレクターを務めるChris Pruett(クリス・プルエット)氏は、Quest 2販売に際して強く「日本で成功したい」と話している。

同社は日本市場を「戦略的市場」と捉えている。その証拠に日本マーケティングリードの上田俊輔氏は「日本はアメリカ以外で唯一、独自のプロモーションが許されている」と明かしている。

日本のコンテンツとクリエイターを世界へ

今回、Oculus Quest対応タイトルと紹介された日本発のコンテンツ例。
出典:Facebook

なぜ、FacebookはOculus事業(VR分野)で日本に注力するのか。

日本は、Facebookの初の海外法人として設立されたことや、Instagramの開発チームが世界で唯一配置されているなど、同社は以前から戦略的市場とみなしてきた。

上田氏は企業的な理由だけではなく、「日本市場を攻略することが、世界でVRを普及させることにつながる」と話す。

それは一般顧客が求めるクオリティーの高さという意味もあるだろうが、最も重視しているのは「優秀なクリエイターやコンテンツが日本にはある」(上田氏)からだ。

VR ADV「東京クロノス」シリーズの2作目「ALTDEUS: Beyond Chronos」の発売日がQuest 2と同日であることもオンラインイベントのFacebook Connectで発表された。
出典:Facebook

日本でVR文化を広めるために、日本のコンテンツやクリエイターを巻き込めれば、その成果物は世界に広がる。日本でVRの覇権を取ることは、Oculusのコンテンツエコシステムの活性化に直結するわけだ。

実際に、Quest 2を発表したオンラインのグローバルイベント「Facebook Connect」では、ほかの有名VRコンテンツとは別に、「Kizuna AI – Touch the Beat!」「Rez Infinite」「スペースチャンネル5 VR あらかた ダンシングショー」「リトルウィッチアカデミアVR ほうき星に願いを」の4作品のOculus Quest対応が発表。

さらに、クラウドファンディングで累計2028万円以上もの支援を集めた日本生まれのVRアドベンチャー(ADV)ゲーム「ALTDEUS: Beyond Chronos」の発売日がQuest 2の発売日(10月13日)である旨も大々的に発表されるなど、「日本重視」の姿勢に疑う余地はない。

大幅な性能向上&軽量化でも価格は4万円以下

写真左からOculus Quest 2、Quest。Quest 2の方が一回り小さいことがわかる。
撮影:小林優多郎

Quest 2単体を見ても“VRの普及期”への期待を感じることができる。

互換性についても「Quest 2と1のストアは共通。基本的には同じゲームを遊べる」(Pruett氏)ということもあり、初代QuestとQuest 2の決定的な機能差は存在しない。

ただし、チップセットには初代の2倍のCPUとGPUの性能を持つクアルコム製「Snapdragon XR2」を採用。メモリーは4GBから6GBに増加、中のディスプレイもピクセル数が50%増え、72から90Hzに画面描画速度(リフレッシュレート)も向上……などと、多くの性能向上が見られる。

Oculus Quest 2は、コンパクトで軽くて高性能なのに“初代より安い”。
撮影:小林優多郎

性能が向上しているにもかかわらず、駆動時間はほぼ変わらず2〜3時間、本体重量は503gと軽量化。そして、価格は64GBストレージ版が3万7180円、256GB版が4万9280円という驚きの値付けがされている(いずれも税込)。

この価格は、別の意味で筆者にとっても「衝撃」だった。実はわずか4カ月前の2020年5月に、筆者が直販サイトで購入した128GB版Oculus Questは6万2800円だったからだ(製品発表は2018年9月で、買ったのが遅かった)。

ちなみに、同日に発表されたソニーの「PlayStation 5」の価格もBlu-rayドライブを持たないDigital Editionで3万9980円であることを考えると、「ゲーム機としての価格」もかなり意識していることがうかがえる。

Oculus Quest 2が日本にVR文化を根付かせる起爆剤となるのか、今後のFacebookの取り組みから目が離せない。

(実機レビュー編は後日掲載)

注:この記事では、Business Insider Japan編集部がお勧めの製品を紹介しています。リンクを経由してアマゾンで製品を購入すると、編集部とアマゾンとのアフィリエイト契約により、編集部が一定割合の利益を得ます。

(文、撮影・小林優多郎)

外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_d78583987b89 oa-businessinsider_0_3858e833d0a5_実機レビュー「Apple Watch Series 6」……“血中酸素の測定”を体験、「ソロループ」は傑作だ 3858e833d0a5 3858e833d0a5 実機レビュー「Apple Watch Series 6」……“血中酸素の測定”を体験、「ソロループ」は傑作だ oa-businessinsider

実機レビュー「Apple Watch Series 6」……“血中酸素の測定”を体験、「ソロループ」は傑作だ

Apple Watch Series 6。44mmでスペースグレイ・アルミニウムケースで、ベルトは新発売の繋ぎ目のないシリコンストラップ「ソロループ」だ。
撮影:西田宗千佳

9月18日から発売になるApple Watchの最新モデル「Apple Watch Series 6」のレビューをお届けする。

Series 6では「血中酸素ウェルネスアプリ」の搭載が話題だが、同時に発売されたバンド「ソロループ」も魅力的だ。

今回は、実機とソロループ・バンドの両方の貸出を受けたので、取り急ぎファーストインプレッションをお伝えしたい。

Series 5からの機能アップは小幅、だが着実な改善

ケース。よく見るとロゴがエンボス加工。
撮影:西田宗千佳

今回の試用機材は、大きさ44mmでスペースグレイ・アルミニウムケースのモデル。以前からある本体色なので、ちょっと外観だけでは「Series 6らしさ」が見えないのが残念だが、今回は(PRODUCT)REDとブルーアルミニウムなど、新しい色も増えている。店頭などに行く機会があれば、チェックしてみていただきたい。

箱の中に入っているのはいつもと同じ……と言いたいところだが、確かにオンラインイベントでの説明の通り、USBのACアダプターが入っていない。とは言うものの、PCに接続して充電してもいいわけだし、USBのアダプターはたしかにありふれていて、さほど影響はないだろう。地味な違いだが、実は「Series 6」の箱はロゴが白いエンボス加工で、「SE」の箱は普通の印刷、という違いがある。

ACアダプターが付属しないこと以外は変わったところはない。
撮影:西田宗千佳

手元には筆者私物の「Apple Watch Series 5」(40mm スペースグレイ・アルミニウムケース)があるので、これと比較しながらみていこう。

「Apple Watch Series 5」(40mm スペースグレイ・アルミニウムケース、左)と比較
撮影:西田宗千佳

ディスプレイの常時表示機能が向上し、表示が暗くなっているときでも「ちょっと見やすくなった」とアップルは説明している。

実際に屋外に出て確認したが、その差は、薄曇りの空ではあまり感じられなかった。「気持ち明るいかな……?」というくらいだ。むしろ、暗くなるまでの時間が少し遅くなったようにも感じる。どちらにしろ、ここはそこまで「劇的な変化」とはいえない感じだ。

消灯状態だとSeries 5の方がわずかに暗いが、Series 6が劇的に明るいとまではいえない。
撮影:西田宗千佳

では動作はどうか?

これも、劇的に違うとは言い難い。しかし、確かに速い。

そもそもSeries 5は過去のApple Watchに比べ、アプリ動作のパフォーマンスが上がっていて快適だったのだが、Series 6はもうちょっと「ヌルヌル」「キビキビ」している。これは魅力だ。

とはいえ、Series 5との差が劇的、というほどでないのも事実。「スマートウォッチとしての基本機能」的な部分の改善だけで、Series 5から買い換えるほどではない。

逆にいえば、「Series 5の進化を横目で見つつスルーした人」には、それがさらに正常進化した形なわけで、とても魅力的なアップデートである。

今回は時間がなく検証しきれなかったが、Series 5からさらに「充電が早くなっている」のもポイントだろう。

バッテリー動作時間についてはカタログ上の記載がなく同等と思われるし、体感的にも大きな違いは感じなかった。だが、充電時間は短くなったという。

完全放電から完全充電まで、Series 5では2時間半かかったが、それがSeries 6では1時間半になった。

短縮されているのは主に充電が80%くらいまでの時で、「持ち出すのに不安がある」くらい充電が減ってきていれば、計算上は30分くらいで相当量の充電が可能……ということになる。

これもまた、それだけでSeries 5の利用者が買い換えるものではないが、それより前のモデルのユーザーにとっては魅力だろう。

すなわち「ベースラインが上がった」というのが、Series 6の利点なのだ。

「健康把握」のための「血中酸素ウェルネスアプリ」

アプリを使って「血中酸素濃度」を計測できる。

もちろん「ベースライン」以外の部分も進化している。多くの方が気になっているのは、「血中酸素ウェルネスアプリ」の存在だろう。いわゆる「血中酸素濃度」を測る機能だ。

使い方は簡単。腕にApple Watchをつけ、アプリを起動して、ボタンを押して15秒待つだけ。この時に手などが動くと正しく計測できないので、机などの上に手を置いて計測すると測りやすい。自分の血中酸素濃度がわかり、iPhoneの「ヘルスケア」アプリに履歴が残る。

机の上などで平らに静かに15秒配置して「血中酸素濃度」を測る。
撮影:西田宗千佳

計測に成功するとパーセンテージで血中酸素濃度が表示される。動くと計測に失敗することもある。
撮影:西田宗千佳

本体の裏には新たに赤外線を使ったセンサーが搭載されており、計測が始まると赤く光る。(とはいえ、裏返すとすぐに消えるので、実際に見るのはかなり難しい)。心拍センサーは緑なので、Series 6は赤と緑の両方で光るタイミングがあるわけだ。センサーの位置もSeries 5とはちょっと違う。

ただし、この「血中酸素ウェルネスアプリ」は医療用というわけではない。あくまで自分で健康状態を把握するための「ウェルネス」系機能という扱いだ。医療用のパルスオキシメーターが不要になるわけではない。

でも、「未病」「集中力低下」「運動効率の把握」などの目的には十分使える。こうした部分に興味があるなら、Series 6を選ぶ理由になるだろう。

心電図測定「ECG」は日本にはまだ来ない

2018年発表のSeries 4で追加された心電図計測「ECG」機能。この機能の説明は日本語サイトからは割愛されている。
出典:アップル

なお、医療関係の話なのでここで述べておこう。

以前からApple Watchには「心電図(ECG)測定機能」が搭載されていて、アメリカなどでは利用できていたが、日本では厚生労働省の医療機器認定の問題で、いまだ使えていない。

先日、Apple WatchのECGを実現するソフトについて、医療機器承認の事実が確認された。厚生労働省が「プログラム(ソフト)」として認定する仕組みを整えたことによる。

だが、これが直接的に、「すぐ新製品からECGが使える」という話にはつながっていないようだ。現状アップルからこの件についてのコメントはなく、「これまで同様、当局と密接な連携をして、実現にむけて努力する」という段階だ。

だから、今は新機種でもECGは使えないし、旧モデルへのアップデートも実施されていない。

実は「PC利用者に最適」。ソロループは傑作だ

ソロループ(カラーはキプロスグリーン)。バンドが左右に分かれていないのが特徴。
撮影:西田宗千佳

ここでもうひとつの気になる存在である「ソロループ」も紹介しよう。

ソロループはSeries 6専用というわけではなく、サイズが40mm・44mm世代のApple Watchならば、バンドの太さと本体サイズが合致する場合、利用できる。

写真でお分かりのように、シリコンゴムによる「一枚板」になっている。これを時計部につけるので、結果的に「ループ」になる。留め金はない。

伸びる素材なのでぐっと引っ張って手首へ通す感じで使う。慣れれば別に難しくはない。むしろ留め具がない分シンプルだ。

伸びる素材で、ぐっとひっぱって手を通す。
撮影:西田宗千佳

なによりいいのは、ノートPCを使っている際だ。時計の留め具部分はパームレストにぶつかりやすく気になることもあったのだが、ソロループだと問題ない。もちろん、サイズが合っている限りは、ずれる感じも不快感もない。

留め具がないのがソロループ。ノートPCでパームレストに当たるのが気になっていた人には朗報だ。
撮影:西田宗千佳

アップルの「測定ツール」。以下からPDFファイルをダウンロードして、ハサミで切って計測する。ソロループ購入サイト内の「サイズガイドを使う」をクリックすることで入手できる。
出典:アップル

問題は、「自分にサイズを合わせないといけない」というところだろうか。サイズを知るには巻尺などで測るか、アップルが公開している「測定ツール」を使うのがいいだろう。

そうして「サイズが何番か」という数字を把握し、それに応じたものを購入することになる。もちろん、アップルストアでは計ってくれるそうだ。

たった1日つけているだけだが、これは本当に気に入った。正直おすすめだ。「本体を買い換えるまでの費用が出せない」という人も、検討する価値がある。

編集部より:初出時、編集部が追加した画像キャプションのなかでECG機能の搭載年に誤りがありました。現在は正しい表記になっております。2020年9月18日 13:45


(文・西田宗千佳)

外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_d78583987b89 oa-businessinsider_0_7c8b4eff1fa3_"エスニック"は時代遅れ? 食の好みが多様化する中、若い世代を中心に違和感が広がっている 7c8b4eff1fa3 7c8b4eff1fa3 "エスニック"は時代遅れ? 食の好みが多様化する中、若い世代を中心に違和感が広がっている oa-businessinsider

"エスニック"は時代遅れ? 食の好みが多様化する中、若い世代を中心に違和感が広がっている

2020年9月18日 04:45 Irene Jiang/Business Insider

"エスニック"調味料。
Irene Jiang/Business Insider

・人々の食の好みが変化する中で、"エスニック"はますます時代遅れになりつつあるカテゴリー名だ。
・ニューヨーク大学栄養・食品学部の学部長クリシュネンドゥ・レイ(Krishnendu Ray)氏は、"エスニック"は黒人のものでも白人のものでもないもの全てを含む"余り物カテゴリー"だとBusiness Insiderに語った。
・上の世代に比べて大学教育を受けている人の割合が2倍近く多い移民のミレニアル世代が購買力を増すにつれ、人々の食の好みはより多様かつ包括的になっている。
・ただ、食の好みが多様化しているとはいえ、必ずしもこうした食を生んだ文化を背景に持つ人々が経済的な恩恵を受けているわけではない。
サルサ、しょうゆ、マサラ…… この3つには何の共通点もない。それなのに、なぜこうした調味料は食料品店でしばしば"エスニック"コーナーにひとまとめにされているのだろうか?

「これは現代の人々の料理との向き合い方に合っていないように感じます」と消費者向けにアジア料理のミールキットを販売しているスタートアップ「Omsom」の共同創業者バネッサ・ファム(Vanessa Pham)氏はBusiness Insiderに語った。

ファム氏は「食料品店のレイアウトは、国の並びと同じようにあるべきです。麺はパスタの隣に、アジアの調味料は西側諸国の調味料の隣にあるべきなのです」と言う。

ニューヨーク大学栄養・食品学部の学部長で准教授のクリシュネンドゥ・レイ氏によると、アメリカの料理の"主流"は絶えず変わり続けていて、"主流"でないものもそれは同じだという。

"エスニック"という言葉は、黒人のものでも白人のものでもないものを分類する方法として、アメリカの文化の中に常に存在してきたと、レイ氏は指摘する。イタリア料理が"エスニック"料理と見なされていたこともある。それが変わったのは、人々がイタリア系アメリカ人を白人と考えるようになった頃だ。

「人々は"エスニック"が時代遅れの、一部の人々の気分を害させるような"余り物カテゴリー"だと認識し始めています。中には、物事を"エスニック"と分類するのは、"ニグロ"や"オリエンタル"といった言葉を使うのと同じように聞こえるという人もいます」とレイ氏は言う。

Omsomのもう1人の共同創業者キム・ファム(Kim Pham)氏は、"エスニック"売り場は「他人化(othering)」を助長すると、Business Insiderに語った。ちなみに、キム氏とバネッサ氏は姉妹だ。

「これら全てが1つのコーナーにまとまっていることで、こうした商品の使われ方をどう予想しているか、規則性が分かります」とキム・ファム氏は指摘する。

「わたしたちはそこに放り込まれたようなものです」とBusiness Insiderに語ったのは、香辛料を販売する「Diaspora Co.」の創業者サナ・ジャベリ・カドリ(Sana Javeri Kadri)氏だ。「わたしにとっては、全ての美味しいものが揃っている場所です。全ての味がそのコーナーにあります」とカドリ氏は言う。

アメリカでは、人々の食べ物の消費の仕方が変化する際に公民権運動が極めて重要な役割を果たしたと、レイ氏は指摘する。それまで上流階級が消費するものは「ほぼ一様」だったという。ところが公民権運動の後、収入や教育水準の高さと、文化的に「雑多」な、さまざまな文化のものを消費する人々との相関が高まった。

今日、アメリカの食はこれまでになく多様化している。これは、世界の食べ物に対する白人のミレニアル世代の若者の関心が高まったことと、アメリカで生活している移民または人種的マイノリティーの購買力が上がったためだ。移民のミレニアル世代は上の世代に比べて、収入が高く、大学教育を受けている人の割合が2倍近く多い。

ターメリック(ウコン)は近年、健康志向の高い人々の集まりや高級コーヒー店などを中心に人気が高まっている"エスニック"の香辛料の1つだと、カドリ氏は言う。同氏は、こうした"エスニック"の食材を誰がどう使おうと、食材の発案者がその功績を認められ、経済的な恩恵を受けている限り、構わないと考えている。だが、現実はそうではないという。

「業者や翻訳者はひげをたくわえた白人男性であることが多いのです」とカドリ氏は話した。

そして、"エスニック"売り場が「自身の文化を忠実に表現する」ための機会として業者に提供されるなら、"エスニック"食材を扱う企業はごくわずかな陳列スペースをめぐって争うことになると、メキシカン・アメリカン・フードを手掛けるSiete Family FoodsのCEOミゲル・ガルサ(Miguel Garza)氏はBusiness Insiderに語った。

「わたしには理解できません。サルサが今、アメリカでナンバー1の調味料なら、どうして1つの売り場に追いやられなければならないのでしょう?」

[原文:Millennials are killing the 'ethnic aisle' — and insiders and experts say that's a good thing]

(翻訳、編集:山口佳美)

外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_d78583987b89 oa-businessinsider_0_0350da2d34d5_ワクチンが全世界に行き渡るのは2024年以降…世界最大のワクチン製造会社CEOが警告 0350da2d34d5 0350da2d34d5 ワクチンが全世界に行き渡るのは2024年以降…世界最大のワクチン製造会社CEOが警告 oa-businessinsider

ワクチンが全世界に行き渡るのは2024年以降…世界最大のワクチン製造会社CEOが警告

2020年2月28日、マサチューセッツ州キャンブリッジにあるモデルナ社の研究施設で。
David L. Ryan/The Boston Globe/Getty Images

・世界最大のワクチン製造会社のCEOによると、新型コロナウイルスのワクチンが世界中に行きわたるのは最短でも2024年になるという。
・2024年までに世界中へワクチンを行き渡らせるには製薬会社の生産能力が足りない、とインド血清研究所(SIIPL)のアダール・プーナワラCEOはフィナンシャル・タイムズに語った。
・プーナワラCEOは、もし1人に2回ワクチンを摂取するなら、全世界で150億回分が必要になるが、「それに近い話すら、私はまだ聞いたことがない」と話している。
世界最大のワクチン製造企業のトップが、世界の人口分のワクチンを製造するには、最低でもあと4年はかかると警告した。

2024年までに世界中へワクチンを行き渡らせるには、製薬会社による生産能力の増強が十分でないとインド血清研究所(SIIPL)のアダール・プーナワラ(Adar Poonawalla)CEOはフィナンシャル・タイムズ(Financial Times)に語った。

「地球上のすべての人々にワクチンが行き渡るには、あと4、5年を要する」とプーナワラ氏はいう。麻疹と同じく、新型コロナウイルスに2回のワクチン摂取が必要だとすれば、全世界では150億回分が必要となる。「人々が楽観的でいたいことはわかるが、私は(その水準に)近づいているという話をまだ聞いたことがない」とプーナワラ氏は話した。

プーナワラ氏は10億回分のワクチン製造を目標に、インド血清研究所の生産能力を増強するため6億ドル(約634億円)の投資を募ったと話した。「我々は、向こう1、2年間の生産に必要となる原材料と機材を購入するための十分な資本を用意する目的で投資を募り、株式の希薄化を進めている」とプーナワラ氏は説明した。

インド血清研究所はコロナウイルスワクチンの開発のため、アストラゼネカ(AstraZeneca)やノヴァヴァックス(Novavax)など5つの国際的な大手製薬会社と共同で研究を行っており、ロシアの国立ガマレヤ疫学・微生物学研究所とも「スプートニク」と呼ばれるワクチンの製造のため、連携する可能性もある。

インド血清研究所は、インフルエンザやポリオといった感染症予防のためのワクチンを年間15億回分、発展途上国を中心とした170カ国向けに製造している。

プーナワラ氏の発言は、全世界で95万人の死者を出した新型コロナウイルス感染症に対しての効果的なワクチンを作るため、世界中の製薬会社が競争を行っている現状を念頭に置いてのものだ。

アストラゼネカは、世界から期待されていた同社のコロナウイルスワクチンの治験中に深刻な副作用が確認されたことで、認可に必要な治験を一時中断したが、それでも2020年末、もしくは2021年初めにもワクチンを供給できるようになる可能性があると述べている。

[原文: We won't have enough COVID-19 vaccine for everybody until 2024, warns world's largest vaccine producer]

(翻訳: 忍足亜輝、編集:Toshihiko Inoue)

外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_d78583987b89 oa-businessinsider_0_1bfbd5777f0f_ソニーのコンパクト端末の新型「Xperia 5 II」が今秋登場。性能は「フラグシップ機とほぼ同等」 1bfbd5777f0f 1bfbd5777f0f ソニーのコンパクト端末の新型「Xperia 5 II」が今秋登場。性能は「フラグシップ機とほぼ同等」 oa-businessinsider

ソニーのコンパクト端末の新型「Xperia 5 II」が今秋登場。性能は「フラグシップ機とほぼ同等」

ソニーモバイルは、5G対応スマートフォン「Xperia 5 II」を発表した。
撮影:小林優多郎

ソニーモバイルは9月17日、新型スマートフォン「Xperia 5 II」を発表した。2020年秋に日本を含む国と地域で販売予定。海外市場での価格は約950ドル(約10万円)。

Xperia 5 IIは名前の通り、2019年9月に発表された「Xperia 5」の後継機にあたる端末。2020年2月発表のフラグシップ機「Xperia 1 II」の特徴を活かしつつ、持ちやすいコンパクトな形状に仕上がっている。

120Hzの高速画面描画など「1 II」にはない特徴も

写真左からXperia 5 II、Xperia 5(ドコモ版)。
撮影:小林優多郎

Xperia 5 IIの最大の特徴は現在主流の端末の中では小柄ながら、ハイエンド級のスペックを備えている点にある。

前機種の「Xperia 5」と比べて幅や高さは変わらず、薄型化に成功している。ディスプレイも21対9という縦横比や、フルHD+解像度(1080×2520ドット)の有機ELを採用している点は同様だが、新たに最大120Hzのリフレッシュレート(画面描画速度)に対応。

画面描画速度が上がることで、滑らかな表示が可能になり、ウェブサイトやSNSの閲覧などの普段使いから、正確なタッチ操作が求められるゲームでの利用など幅広いシーンで快適になる。

Xperia 5 IIは、ハードウェアとしては120Hz、残像低減技術により疑似的に240Hz相当の視覚効果も得られる。
撮影:小林優多郎

ディスプレイの120Hz駆動は、Xperia 1 IIでも搭載していない特徴なだけに、Xperia 5 IIではeスポーツ分野でのプロモーションも想定されている。

なお、Xperia 1 IIで120Hz駆動ができない理由について、ソニーモバイル担当者は「ディスプレイの解像度が1 IIの方が高い」ことを挙げている。

ハードウェアボタンとしては、右側面に新しく「Googleアシスタントボタン」が配置されている。専用ボタンとなっており、ほかのアプリなどを割り当てることなどはできない。
撮影:小林優多郎

Xperia 5 IIの基本的なスペック(括弧内は「Xperia 1 II」のもの)
・チップセット:Snapdragon 865 5G(同様)
・メモリー:8GB(8GBもしくは12GB)※
・ストレージ:128GBもしくは256GB(同様)※
・ディスプレイ:6.1インチフルHD+解像度有機EL(6.5インチ4K解像度有機EL)
・画面描画速度:120Hz(60Hz)
・背面カメラ:12MP×3(12MP×3+3D iTOF)
・正面カメラ:8MP(同様)
・バッテリー:4000mAh(同様)
・端子:USB Type-C、イヤホンジャック(同様)
・ワイヤレス充電:非対応(対応)
※メモリーとストレージの構成は販売される国や地域、チャンネルによる。

3D iToFセンサーなしでも、機能面は遜色なし

背面カメラは上側から超降格、望遠、標準の構成。
撮影:小林優多郎

Xperiaの特徴であるカメラやオーディオ機能もXperia 1 IIを引き継いでいる。

カメラに関しては、背面に16mm(超広角)、24mm(標準)、70mm(望遠)の3つの画角のレンズを搭載。背面のいずれのレンズも、ドイツの老舗レンズメーカーであるカール・ツァイスのレンズを採用し、不要な反射光を低減するT*(ティースター)コーティングが施されている。

プリインストールアプリ「Photography Pro」による高度なカメラ機能は、1 IIと同等。
撮影:小林優多郎

撮影性能としても、AF(オートフォーカス)/AF(自動露出)追従の最大20コマ/秒の高速連写機能や、リアルタイム瞳AFなどに対応。

Xperia 1 IIとXperia 5 IIのハードウェア的な差分としては被写体との距離を測る3D iToFセンサーの有無が挙げられるが、機能面にはあまり影響せず、ソニーモバイル担当者によると「暗所でのフォーカス速度などに多少影響が出る」程度だという。

フロントステレオスピーカーの音質は1 IIを凌ぐ

写真左からXperia 5 II、Xperia 5(ドコモ版)。1 IIには画面の上下にスピーカーが配置されている。
撮影:小林優多郎

オーディオ面もサラウンドで音響体験が楽しめる「Dolby Atmos」や、ソニーミュージックと協力して開発した高音質化技術「DSEE Ultimate」に搭載。

本体のスピーカーもXperia 5では画面上部に1基+下側面に1基のステレオスピーカーだったが、5 IIでは1 IIと同様の画面上下に1基ずつ配置するフロントステレオスピーカーを採用している。

ハードウェアとしては1IIと5IIのスピーカーは変わらないが、ソフトウェア的な最適化により、音質はXperia 5 IIの方が向上している。短い時間で実際に視聴してみたが、1人で音楽や映画を楽しむのであれば、安い外付けスピーカーなどは不要に思えた。

高性能、コンパクトにこだわり

やや角張っている印象だったXperia 1 IIに対して、Xperia 5 IIは全体的に角が取れている印象。
撮影:小林優多郎

価格がスペック相当のハインド機並みになっているが故に、“万人にオススメの汎用機”とは言えないが、最先端・フラグシップの1 IIと比べて、持ちやすさやデザイン、カラーバリエーションの点でより幅広い層へアプローチできる端末に仕上がっている。

カラーバリエーションは左からピンク、ブルー、グレー、ブラックの4色展開。
撮影:小林優多郎

日本での発売は前述の通り「予定しているが、時期未定」との公式見解だが、例年であれば各キャリアの秋冬モデルとして登場すると予想される。

2020年秋冬はiPhoneを含め、ハイエンドからミドルレンジまで多彩な5G対応端末が出てくる見込み。そんな中で、Xperia 5 IIは携帯性も性能も妥協したくないというニーズのユーザーにピッタリとはまりそうだ。

(文、撮影・小林優多郎)

外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_d78583987b89 oa-businessinsider_0_2714aee20c60_謎の解明に一歩前進…ダークマターはサイズにかかわらず同じ振る舞いをする 2714aee20c60 2714aee20c60 謎の解明に一歩前進…ダークマターはサイズにかかわらず同じ振る舞いをする oa-businessinsider

謎の解明に一歩前進…ダークマターはサイズにかかわらず同じ振る舞いをする

2020年9月17日 15:30 J. Wang, S. Bose/CfA

コンピュータ・シミュレーションにより作成したダークマターの分布図。右上はダークマターハロー。左下の図で点のように見えるのは、地球サイズのダークマターハロー
J. Wang, S. Bose/CfA

・ダークマターは、宇宙にある物質の85%を占めると考えられている。しかし、光と相互作用を起こさないため、これまで観測されたことはなく、研究は困難だ。
・ハーバード・スミソニアン天体物理学センターの研究者などからなるチームは、シミュレーション・モデルを作成し、ダークマターハローは大きさにかかわらず、その構造には一貫性があることを明らかにした。
・小規模なダークマターハローは発見しにくいが、ガンマ線望遠鏡を使えば発見できる可能性があると考えられている。
ダークマター(暗黒物質)は、骨格のように宇宙を形作っている。

捉えることが困難なこの物質は、宇宙にあるすべての物質の85%を占めると考えられている。ダークマターの重力が惑星、恒星、銀河といった目に見える物体に与える影響については観測することができる。だが、ダークと言われるのには理由があり、光と相互作用を起こさないため、現代の観測技術では見ることができないのだ。

もしダークマターを見ることができれば、どのように見えるのか。ハーバード・スミソニアン天体物理学センターの研究者などからなるチームは、ダークマターを含む宇宙の物質の構成を模倣した複雑なシミュレーション・モデルを作成した。これは、ビッグバンから現在に至るまでの宇宙をダークマターでモデル化したシミュレーションだと研究者たちは述べている。

このシミュレーションでダークマターが宇宙でどのように分布しているのかが視覚的に表現された。「宇宙のクモの巣(cosmic web)」として知られる構造だ。下図には、ダークマターがハローと呼ばれる塊を形成し、それらが長いフィラメント(糸状のもの)でつながっている様子が示されている。このフィラメントに沿って、ガスがハローの中心に流れ込み、集まったガスによって星や銀河が形成されると考えられている。自動車が高速道路を通って都市に集まっていくようなことだ。

「宇宙のクモの巣」と呼ばれるダークマターの分布のコンピューター・シミュレーション。画像全体に散らばる黒い点は、ダークマターハローを表している。
J. Wang; S. Bose/CfA

ダークマターが何でできているのか、確実なことは誰にもわからない。当然、そのことはシミュレーション・モデルの作成に当たって障害になる。そこで研究チームは、ダークマターに関する最も一般的な理論に基づいてモデルを作成した。それは、陽子の100倍の質量を持ち、相互作用が弱い粒子(WIMPs:weakly interacting massive particles)で構成されているというものだ。

シミュレーションにより、「宇宙のクモの巣」をよりよく視覚化できたことに加え、ダークマターの普遍的な特性と考えられる現象の発見にもつながった。つまり、ダークマターが一貫して同じようなハローを形成しているということだ。すべてのハローはサイズにかかわらず、中心部の密度が最も高く、端にいくほど密度が低くなるという構造を持っている。

「これらのハローは、それぞれ異なる時代、異なるプロセスを経て形成されたが、いずれも予測可能で普遍的な振る舞いを示している」

Business Insiderにそう語ったのは、ネイチャーに掲載された論文の共著者であるソーナック・ボーズ(Sownak Bose)だ。

研究チームがシミュレーションしたハローには、地球と同じくらいの質量から太陽の1000兆倍の質量のものまである。またすべての銀河はハローに取り囲まれていて、銀河の目に見える物質の10倍から100倍の質量を持つという。

ボーズによると、それぞれのハローの質量には大きな幅があるにもかかわらず、驚くような一貫性があるという。「太陽の何億倍もの質量を持つ銀河団と、地球と同じ質量で太陽の100万分の1のサイズのハローの画像を比べたとしても、見分けることはできないだろう」とボーズはプレスリリースで述べている。

検出可能なガンマ線がハローから放出される可能性
この新しいシミュレーションは、検出可能な物質を取り囲んでいない小さなダークマターハローに光を当てた。大規模なハローは取り囲む銀河を観測することで、間接的に研究ができるが、小さなハローを探すには、WIMPが衝突する際の「ダークマター対消滅」によって放出されるエネルギーを検出する必要がある。

WIMPがハローの中心部近くでぶつかり合うと、ガンマ線バーストが発生する。研究者たちは、ガンマ線望遠鏡がこれを検出できるはずだと考えているが、まだ誰もダークマターの対消滅によるガンマ線バーストを検出したことはない。

「ダークマターの対消滅を観測することが、小規模なダークマターハローを見つける唯一の方法だ」とボーズ氏は述べた。

フェルミガンマ線宇宙望遠鏡での観測に基づき作成されたガンマ線スカイマップ。
NASA/DOE/Fermi LAT Collaboration

小規模なハローは、ビッグバンからまもない、宇宙の密度がより高かった頃に形成されたため、大規模なハローよりも、密度が少なくとも2、3倍大きい。つまり、小規模なハローの中心部では、より多くのWIMPの衝突が起きており、ガンマ線望遠鏡を用いてダークマターを発見するチャンスがあると考えられる。

今回のシミュレーションによる発見で、そもそもダークマターがなぜハローを形成したのか、そしてどのように相互作用しているのかといった疑問が沸き上がってくるだろう、とボーズは述べている。

「これまで不可能だった、ダークマターの性質についての根本的で深遠な問いを投げかけることができるようになる」

[原文:A new simulation reveals what dark matter might look like if we could see it: massive halos surrounding every galaxy in the universe]

(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue)

外部リンク