cat_oa-businessinsider_issue_23931e2ec21d oa-businessinsider_0_23931e2ec21d_iPhone XR実機レビュー「iPhone 7/8 Plus」ユーザーがチェックすべき5つのポイント —— 注目はサイズとカメラ 23931e2ec21d

iPhone XR実機レビュー「iPhone 7/8 Plus」ユーザーがチェックすべき5つのポイント —— 注目はサイズとカメラ

iPhone XRの(PRODUCT)RED。日本の漆塗りのような落ち着いた赤だ。カラフルさが売りのXRのなかでも、和を感じさせる意外な良さがある。

10月26日(金)AM8:00から発売開始の「iPhone XR」。

先行するiPhone XSシリーズより手軽な価格と、その割に性能はほとんど変わらないこと、普及機種とはいえ完全な新デザインであることから、2018年のiPhoneの「本命」というITプレス関係者も多い。



XSとXS Maxの「中間サイズ」という6.1インチは「絶妙」なのか「中途半端」なのか。

同クラスの従来機種のiPhone 8 Plus、そしてちょうど2年縛りの買い替え時期にきているiPhone 7 Plusと比べて、サイズ感やXSシリーズとの体験の違いを比べてみよう。

1. Plusシリーズよりポケットにスッキリ収まる、「7.5ミリ」の違い

iPhone XRのPlusに比べた小ささがわかるカット。

XS Maxは、ほぼPlusシリーズと同じサイズ、ということは先行する記事でお伝えしたとおり。

それより少し画面サイズが小さいXRは、Plusシリーズと比較すると一回り小さい。サイズにして、幅2.3ミリの小型化だ。



数字で見ると微妙な差に感じるが、人の手の感覚は鋭いもので、「少し幅がコンパクト」なことは実際にも体感できる(と同時に、厚みが増えていることもわかる)。縦方向の高さの違いはもっと顕著で、写真で見てもかなりコンパクトだ。サイズにしてiPhone 8 Plusに比べて-7.5ミリ。結構な違いだ。

7.5ミリの違いは並べるとこうなる。下の写真で比べると、これでも表示領域は増えているところに注目。画面比率が変わって、フルディスプレイになったことのメリットがよくわかる。

iPhone XRの方が小さくても、表示領域は広がっていることがわかる。

この 高さ方向の違いは実用面では結構大きな差だと感じる。というのは、パンツの前ポケットに入れた時の収まりの良さが全然違うのだ。画面が大きくても「ポケットがパンパン」にはならない、というのがサイズ感の上でXRの美点だと思う。

2. 重さは7 Plusより重く、8 Plusより軽い



細かい話をすると、重さも変わっている。Plusシリーズは7と8の外観がかなり近しいので、重さも近いと思っている人もいるが、実は7 Plus→8 Plusの進化のなかで、重量は14g増えて、202gになっている(XS Maxも208g)。

XRでは、本体サイズが小さくなったこともあって194g。ギリギリ、100g台に収まっている。2年前の7 Plusは188gだったから、7 Plusよりは微妙に重く、8 Plusよりは微妙に軽く、変わったということになる。

ただし、この違いは、相当敏感な人じゃないと、サイズの違いほどには体感はできないだろう。

3. XS(有機EL)とXR(液晶)、ディスプレイ方式の差は価格差ほどにはない



9月のアップル新製品発表当時から、XRは現地取材した記者やライターの間で評判が良い機種だった。既にさまざまな記事が出ているとおり、

・処理性能を決めるプロセッサ(A12 Bionic)と、フロントカメラはXSシリーズと完全に同じ
・背面のカメラ性能は、レンズまで含めてXSシリーズの広角側と完全に同じ(望遠レンズはない)
・画面は液晶(XSシリーズのように有機ELではない)
というのが、XRの特徴。

早い話がカメラとディスプレイ以外に、体験が大きく変わりそうな部分がほぼないのだから、「お買い得」というわけだ。

気になるディスプレイは、実のところ解像度で言うと、XS Maxとは大違いだ。8 Plusに比べると一段下がっている。画面を押しこんで操作する3D Touchもなくなった(代わりに、「長押し」で似た操作感を再現するように変わった)。

iPhone XS Maxと比べると、解像度は大差がある。8 Plusと比べても、iPhone XRの解像度は控えめ。

とはいうものの、普及機だからXSシリーズに比べて品質もそれなり……とはしないところが、XRの上手いところだ。

丸1日実機を使っていても、8 Plusシリーズとの解像度の違いを明確に感じることはなかったし、多くの人にとっては、XSシリーズと比べても、価格差を考えれば十分満足できるものだ。

これは、8 Plus比較で、コントラスト比が向上(1300:1→1400:1)と世代なりの進化をしていることも関係しているかもしれない。

4. XRとXSの「体験」の最大の違いは、やっぱりカメラだ

iPhone XRと8 Plusのレンズ付近の造形の違い。レンズが飛び出たデザインだけは、iPhoneシリーズのなかでも直してもらいたい部分。レンズ面の傷がどうしても心配になる。

「2018年のiPhoneはXRが本命」という評価には賛成だが、あえて指摘すると「カメラの違い」は、使い方によっては結構大きい違いだと思う。

これは、画質の良し悪しではなく(シングルレンズでも、カメラ性能はXS Maxの広角側と完全に同じだ)「人間以外の被写体に背景ボケ写真が使えない」ことが、体験の違いに大きく影響している。

ここ数年、AndroidでもiPhone(Plus /X)でも、背景ボケ写真(ポートレートモード)は当たり前になった。自分が撮った写真を振り返っても、食事、街中で見かけた気になる1カット、出張先の風景といったように、距離1-2mくらいで撮る写真は、ポートレートモードを多用していた。



そのノリで、街中を歩きながらXRでスナップ撮影していると、「ここで背景ボケが使えると、もっと印象的になるのにな」と思うシーンが思った以上にある。

iPhone XRで、あとからピント調節ができる人気のカメラアプリ「Focus」を試したところ。デュアルレンズ機種専用アプリなので、このように撮影自体ができない。残念。

ということで、カフェのランチ写真をポートレートモードで撮ると……当然iPhone XRではこういう表示が出る。

確かに、XRのカメラ機能として、「人物の被写体にはポートレートが使える」のだけれど、これはシチュエーションを選ぶ。AIが人物を画像認識してからボカす、という仕組み上、相手がある程度静止していないと「人」と認識されないからだ。

5. この性能の高さはARを楽しむためにある
性能面ではXSシリーズがメモリー4GBになったのに対して、XRは3GBという違いはあるものの、冷静に考えればiPhone 8 PlusもiPhone Xも3GBだ。iOSのメモリー管理の仕組みもあって、日常的に「差」を感じることは少ない。

「普及機種でも処理性能に差がない」というのは、たとえば一部のサイトで使われ始めたAR対応ショッピングなどでも、XSシリーズと同じ体験ができるということだ。

これらAR対応は、アップルが普及を進めるiOSの「ARKit2」と、新しい3Dデータフォーマット「USDZ」によるものだ。

ARKit2がこの先どこまで普及するかはわからないが、アップルが「2018年のiPhoneで中身(プロセッサ)とインカメラ(TrueDepthカメラ)をシリーズ問わず共通化した」のは、こうした次世代コンテンツに対するプラットフォーム化の先行投資でもある。

ARコンテンツで遊んでみると、「これが次世代のカタログになる」というのは、納得感がある。A12 Bionicの処理性能のおかげで、ブラウザーベースのARでも相当リアルなのだ。

ECサイト「Shopify」が提供するAR機能のデモ。自転車店「Pure Cycles」のARカタログで表示したAR自転車(手前)と、本物の自転車(奥)。ARKitによって光源の再現がリアルなこと、原寸表示のサイズ感が正確なこともあって、自転車が2台置いてあるように見える。

ある意味で、「デザイン」まで含めてiPhone XSシリーズよりも変化が大きく、誰にでも新しさを最も感じられる機種、それがiPhone XR。

やっぱりこの機種は、2018年を通して店頭の注目を集める端末になることは間違いないだろう。


「iPhone XR」実機レビュー、これで人気が出ないわけがない ── デザイン、性能、気になるカメラを試す
2018年の新型iPhoneは「iPhone XSシリーズ」「iPhone XRシリーズ」の2本立て。発売時期も9月21日と10月26日に分かれた...
https://www.businessinsider.jp/post-177998
(文、写真・伊藤有)

外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_23931e2ec21d oa-businessinsider_0_2a2fe0331bba_中国ファーウェイ、2019年の日本調達額が過去最高の1兆円超え。会長「日本企業に感謝」 2a2fe0331bba

中国ファーウェイ、2019年の日本調達額が過去最高の1兆円超え。会長「日本企業に感謝」

ファーウェイのスマートフォンには、日本企業の部品が多く使われ、幹部が「半分日本製」と発言したこともある。
REUTERS/Michael Dalder

中国通信機器大手ファーウェイ(華為技術)の梁華会長は21日、都内でBusiness Insider Japanなど日本メディアと会見し、2019年の日本企業からの調達額が過去最高の1兆1000億円に上るとの見通しを明かした。2018年の調達額は7210億円、今年は9月末時点で昨年を上回る7800億円に達したという。

梁会長は「ファーウェイと日本のサプライヤーは、さまざまな分野で相互補完的に発展してきた関係。日本のサプライヤーとパートナーに、感謝申し上げたい」と話した。

ファーウェイの梁会長は日本メディアとの会見で、「日本のサプライヤーに感謝したい」と述べた。
Reuters

梁会長によると、調達額の拡大はファーウェイの業績成長が主な要因。米中貿易摩擦で逆風が強まる中、同社のスマートフォンの今年の出荷台数は昨年の2億台を大きく上回り、2億4000~5000万台に達する見込み。スマホではカメラに使われるイメージセンサーなど多くの部品を日本企業から調達しており、梁会長は「スマホ事業が成長すると、日本からの調達も増える。ファーウェイのスマホの売りは高性能カメラだが、それも日本の技術に支えられている」と紹介した。

ファーウェイは今年5月、アメリカの輸出規制リストに掲載され、技術の国産化を進めている。それでも「日本の技術的な強みは、長期的に維持される」(梁会長)と見ており、2020年の調達額も拡大が確実だと述べた。

トランプ米大統領が日本などの同盟国にファーウェイ排除を呼びかけたことを受け、日本政府は2018年12月、同社を念頭に情報通信機器の政府調達で安全保障にリスクのある製品を採用しないことを取り決めた。NTTドコモやauなどの主要携帯事業者も、5Gのインフラ設備にファーウェイを採用しない方針を決めている。

梁会長は、「サイバーセキュリティーは非常に重要で、導入前に安全性の検証が必要だとは我々も考えている」としながら、「検証の基準は技術にフォーカスし、また(ファーウェイだけでなく)全ての参入者に対して同じルールを適用し、検証を行っていただきたい」と要望した。

(文・浦上早苗)

外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_23931e2ec21d oa-businessinsider_0_a7e0e6495f74_スタートアップ業界は男子校?「3Pする?」にトラウマ、なぜ女性は声をあげられないか a7e0e6495f74

スタートアップ業界は男子校?「3Pする?」にトラウマ、なぜ女性は声をあげられないか

日本の女性リーダー比率は先進国でも圧倒的に低い。
撮影:今村拓馬

職場でのヒールやパンプスの強制をなくす「#KuToo」運動や職場の「メガネ禁止」規定の告発などによって、職場における女性差別が次々に明るみになっている。その一方で、経営層における女性比率の少なさも問題視する声が多い。特にスタートアップ界では女性の起業家、経営者の少なさが目立つ。

「信じられないほど男子校ノリ」

10月に実施された「B Dash Camp 2019」では、96人の登壇者・審査員のうち女性は1名だった。
出典:B Dash Camp

スタートアップ業界における女性起業家の少なさは、ある種の「弊害」も生んでいる。一言でいえば「男子校ノリ」が許容されてしまっていることだ。

独立系ベンチャーキャピタルのB Dash Venturesが10月29日から31日にかけて開催したスタートアップの祭典「B Dash Camp」では、女性登壇者・審査員の数は96人中1人(公式ウェブサイトに公開されている情報より。ナイトセッションは含まない)だった。

Twitter検索をすると、(前回5月開催の時のものだが)こういう声が上がっている。


「今回のBDASH外から眺めてると、いろいろスタートアップ的にはマイナスブランディングなダメな男子校カルチャーの側面めちゃくちゃ見てとれて難しいなぁって思って見てた。会の業界への貢献度が大きいだけに、どう見えるのか?何がTLに流れてくるのか、すごく大切だなぁ。っと。。。」

「ここ数日VC主催の起業家イベントの模様がフィードに流れてきて信じられないほど男子校ノリな、下品な一部経営者どうしの絡みを見て、女性としてのいずらさや海外目線ではアウトな域すぎることを感じざるを得ない。。そろそろそうゆうの誰か止める時代になってほしいわ」
過去に参加したことのある20代の女性起業家(Aさん)はこう語る。

「イベント登壇者で女性はほとんどいませんでしたし、参加者も男性が大半なので、居心地は良くなかったですね。夜の飲み会も、参加せずにひとりでホテルの部屋にいました」
B Dash Campを主催するB Dash Venturesの担当者に話を聞いた。そこで分かったのは、主催者としてもダイバーシティーに課題意識がある、ということだ。

ここ1年、ベンチャーキャピタルとしての投資先の半数から1/3ほどは、女性役員のいる企業だという。実は直近のB Dash Campにも4〜5人の女性起業家などに依頼はしていたが登壇がかなわなかった、という経緯を明かした。

こうしたいわゆる「男子校ノリ」について批判が出ていることは認識しており「排除しなければならない問題」とも言う。

性別や人種の構成に常に気を使うべき理由
%sこうした男性一色の風景は、B Dash Campに限ったことではなく、日本のスタートアップ業界に散見される。週刊東洋経済が取り上げた「すごいベンチャー100 2019年版」では、女性起業家が代表を務めるベンチャーは100社中3社。

Forbes JAPANが11月に選出した「起業家ランキング2019 BEST10」もトップ20には女性が1人、日本財団が2019年に実施した「ソーシャルイノベーションアワード」のファイナリスト9組も、ずらっと並ぶのは男性の起業家のみだ。

「そもそも母数に女性の起業家が少ない」という指摘は当然、あるだろう。

これに対し、ニューヨーク在住のジャーナリスト、津山恵子さんは「こうしたイベントやカンファレンスの登壇者や参加者については男性偏重にならないよう、アメリカでは意識的に性別や人種などの構成に気を使っている」と指摘する。

「アメリカのイベントに出ると、いつも女性の比率の高さに驚かされる。逆に日本人対象のイベントでは、パネリストとして『紅一点』と紹介されることもあった。アメリカのイベントで性別や人種のダイバーシティに気を配るのは、白人男性ばかりでは説得力も、ビジネスや政策を促進するための訴求力もないから。結果、イベントとしての意味さえないからです」

女性リーダー比率が最低レベルの日本

上場企業における女性役員比率。微増を続けているが、先進国基準には程遠い。
出典:内閣府

さらに言えば、女性リーダー比率の低さは、スタートアップに限った問題ではない。日本のビジネス界そのものが、多様性に乏しい。

国際労働機関(ILO)が2016年に実施した調査では、企業における役員の女性割合は、主要7カ国(G7)ではフランスが37%とトップ。平均では約23%に対し、日本は3.4%に止まっている。2018年の同調査では、女性管理職の割合に広げても日本は12%とG7で最下位だった。

欧米諸国では昨今、スタートアップ業界においてジェンダーの多様性を確保する動きが盛んだ。その理由の一つに、人工知能(AI)を実装する際に起こるジェンダーバイアス問題(AIの学習トレーニングに使用するデータが、個人の偏見によって汚染されてしまう問題)がある。

2018年、アマゾンが開発していた人工知能を活用した採用システムに女性を差別するという機械学習上の欠陥が判明し、開発を取りやめたことが報じられた。過去10年間の履歴書のパターンを学習させたところ、技術職の志願者のほとんどが男性だったため、女性とわかる候補者の評価を下げる傾向が出たという。

産業におけるAI活用がこれまで以上に議論される中、ビジネスの場におけるマイノリティの登用・確保は、単なるお題目では済まされない、重大な倫理的意味を持ちはじめている。

こうした流れを受けて、イギリスからは「30%Club」(役員に占める女性割合を30%に向上するという世界的なキャンペーン)など自発的な動きも生まれている。

投資家から「3Pする?」にトラウマ

ある女性起業家は、セクハラが原因で投資家との飲み会に行けなくなってしまった、と話す。

そうした状況を鑑みると、日本の現状は世界の議論から一歩も二歩も遅れていると言わざるを得ない。

“男子校ノリ”と言えば言葉は軽いが、こうした土壌から、より深刻なケースが生まれているのも事実だ。

別の20代女性起業家・Bさんは、より直接的な差別発言を受けた経験がある。

国内の有名ベンチャーキャピタルに投資の相談に行った時、担当者から「表向きには言っていないけれど、うちは女性には投資をしていません」と言われたという。

「その担当者の話を聞くと、過去に女性に投資した後に妊娠・出産などで仕事を休まなければならなくなったケースが何度かあったそうです。でも、体調不良やメンタル疾患など、起業家が結果としてビジネスを継続できなくなる状況は他にもあるはずなのに、なぜ妊娠・出産だけが“問題”とされるのか。納得いきません」(Bさん)
さらにもう一人の女性起業家、Cさんは、あるスタートアップのアクセラレーションプログラムに参加した際に受けた、飲み会での不快な体験を話してくれた。

「女性の胸の話とか、どのAV女優が好きか、といった下ネタが話題の中心で、居心地が悪かったですね。(投資家から)私に対しても『俺とコイツとどっちがやりたい?』『3Pする?』という話をされて、その場では何も言えずに笑って流してしまいました。言ったところで場が白けてしまうだけだなと思ったし……。すごく悔しかったです」(Cさん)
その体験がトラウマとなり、Cさんはそれ以降、起業家の集まりに行かなくなってしまったという。

人権問題なのに、結果出さないといけないの?

人工知能の産業活用が叫ばれる今こそ、多様性について考え直す必要がある。

一方でBさん・Cさんとも、こうした性差別的な体験を実名で告発することには抵抗があると話す。その背景には、スタートアップを取り巻く業界構造や、そのコミュニティの狭さがある。Cさんはこう語る。

「今は告発をしてもビジネスのメリットにならないので、声を上げられません。自分が結果を出したら、ちゃんと名前を出して女性差別問題について発言したい。人権問題なのに結果を出さないと何も言えないのか、というモヤモヤはありますが……」
これまで人間しかできないと思われていた分類や抽出を、AIで効率化するサービスは、今後数十年で、私たちの生活に欠かせないものとなることが確実視されている。

最先端のテクノロジーを使って世界を変革するスタートアップ業界にこそ、その倫理性が問われている。

「男子校ノリ」という軽い言葉で覆い隠されてきた性差別やセクハラ問題を、今こそもう一度見つめ直し、女性リーダーたちの「見えない叫び」に耳を傾ける必要があるのではないだろうか。

(文・西山里緒、写真・今村拓馬)

外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_23931e2ec21d oa-businessinsider_0_b083772ff137_練習遅刻は270万、ミーティングは1分7万…チェルシーFC、好調の理由は罰金制度? b083772ff137

練習遅刻は270万、ミーティングは1分7万…チェルシーFC、好調の理由は罰金制度?

2019年11月21日 15:30 Getty/Glyn Kirk

練習に向かう、チェルシーのオリビエ・ジルーとタミー・アブラハム(右)。
Getty/Glyn Kirk

・流出したチームの罰金リストによると、イングランド・プレミアリーグのチェルシーFCの選手は、練習に遅刻すると毎回2万ポンド(約270万円)の罰金が科される。
・チームミーティングに遅刻した場合は1分ごとに500ポンド(約7万円)、ミーティング中に携帯電話が鳴った場合は1000ポンド(約14万円)、コーチへ連絡せずホームへ戻らなかった場合は5000ポンド(約70万円)が科される。
・この厳しい罰金制度はフランク・ランバード監督が行っていると、ガーディアンは報じた。
・しかしイギリス流の厳しい管理は機能しており、チェルシーは現在リーグ3位で、ヨーロッパチャンピオンズリーグでも好調だ。
チェルシーFCの選手は練習に遅刻するたびに2万ポンド(約270万円)の罰金が科されると、流出したチームの罰金リストには書かれていた。

チームミーティングに遅刻した場合は1分ごとに500ポンド(約7万円)、ミーティング中に携帯電話が鳴った場合は1000ポンド(約14万円)、コーチへ連絡せずに遠征に同行しなかった場合は5000ポンド(約70万円)が科される。

このほか、適切なタイミングでの病気の報告を怠った場合は1万ポンド(約140万円)、病院の診察へ遅刻した場合は2500ポンド(約35万円)となる。

チェルシーFCのフランク・ランパード監督。
Reuters/John Sibley

罰金は2週間以内に支払わないと2倍の金額になり、全額がチャリティーやチーム活動費にあてられる。ガーディアンによると、罰金リストは実在し、フランク・ランバード監督の署名が入っている。Business Insiderはチェルシーにコメントを求めたが、すぐに回答はなかった。

これが全ての罰金リストだ。


チームのレジェンドでもあるランバード監督の厳しい管理体制は機能しているようで、チェルシーFCは2019-20シーズンを好調にスタートした。ランバードのチームは、これまでイングランド・プレミアリーグ12試合中8試合で勝利し、現在3位につけている。ヨーロッパチャンピオンズリーグでは、リール(フランス)とアヤックス(オランダ)に劇的な勝利をおさめ、決勝トーナメント進出の可能性を残している。

イングランド代表も選出されているタミー・エイブラハム、メイソン・マウント、フィカヨ・トモリは、イギリス流の管理体制下で成長した若手選手だ。またウィリアンやクルト・ズマなどのベテラン選手も好調を保っている。

チェルシーはこの後、11月23日にリーグ戦でマンチェスターシティと、28日にはヨーロッパチャンピオンズリーグでスペインのバレンシアCFと対戦する。

[原文:Chelsea FC players have to pay $25,000 every time they're late for training, according to a leaked list of the club's fines]

(翻訳:Makiko Sato、編集:Toshihiko Inoue)

外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_23931e2ec21d oa-businessinsider_0_bd7fde8019d6_新型スカイラインはTeslaキラーか。「プロパイロット2.0“手放し運転”」総距離230キロ試乗 bd7fde8019d6

新型スカイラインはTeslaキラーか。「プロパイロット2.0“手放し運転”」総距離230キロ試乗

新型スカイライン。最新のプロパイロット2.0では「手放し運転」まで可能だという。
撮影:伊藤有

東京モーターショーでも注目されたクルマ業界変革の最新キーワード「CASE」。Connected、Autonomous、Share、Electricの頭文字をとったワードだ。このなかでAutonomous、つまり自動運転は、各社本丸の次世代技術の1つとしてしのぎを削っている。

国内各社は将来の自動運転につながる技術を「高度運転支援」(Advanced Driver Assistance Systemsの頭文字をとってADAS=エーダスと呼ぶ)装備としてとらえ、これまで技術を積み上げて来た。

日産が9月に発売した新型スカイラインは、その最新技術を盛り込んだ1台。最新のプロパイロット2.0では「手放し運転(ハンズオフ)」まで可能だと、メーカー自らうたう。端的に言って日産の自信作ということだ。

いま企業としての日産は激動のさなかにあるが、クルマの実力とは別の話。「国産メーカーの最新の実力」の一角を、東京〜箱根の往復230kmの試乗で体験した。

「ほとんどハンドルを握らずに高速を走り続ける」

高速道路の料金所。こういうところでは(当たり前ですが)ハンドルを握る必要はある。

試乗の朝、東京・世田谷から環八を北上し、用賀インターから東名高速に乗って箱根方面を目指した。ルートは基本的に以前レポートしたテスラModel3と同じルートだ。

試乗車はグレードでいえば「スカイラインGT Type SP [HYBRID]」というモデル。新型スカイラインはラインナップが少々ユニークで、400馬力のスポーツモデル「400R」には、最新の「プロパイロット2.0」の設定がない。

プロパイロット2.0とは、従来のプロパイロット(便宜的に1.0と呼ぶ)をベースに、通常のナビよりさらに細かな情報を持つ「HDマップ(3D高精度地図データ)」や車両の周囲の環境を複数のカメラなどで認識する360度センシングなどの仕組みを搭載することで、安全装備として大幅に高度化したものだ。

プロパイロット2.0の利用可能道路の紹介ページ。利用できる高速道路などのエリアをマップで見ることができる(タップすると当該ページに遷移します)。
出典:日産

以前、日産の開発者との勉強会で聞いたところでは、プロパイロット2.0を実現するには、エンジン、ハイテク装備、安全のためそれらの一定の二重化といった要素を組み合わせた「精密なマッチング」が必要。ベース車両の(電子制御的な)安全性が十分に高度であることがポイントだという。

日産いわく、本来プロパイロット2.0の搭載は、今回のようにマイナーチェンジで実装するには相当難度の高い技術だそう。だから、ラインナップ戦略的な理由で400Rから2.0装備を外したわけでは、決してないそうだ。

プロパイロット2.0を実現するために搭載されるセンサーはこれだけある。360度の全方向をカメラやレーダーを使って環境認識するセンサー技術のカタマリ。
出典:日産

さっそく、用賀インターから東名高速に上がってアクセルを踏み込む。

400Rほどではないとはいえ、このモデルもエンジンは3.5リッターのV6。V6エンジン独特のラ行っぽい心地いい排気音を響かせながら、306馬力/トルク35.7キロの出力で鋭く加速する。十二分にパワフルで、シートに体を押し付けられる感覚を一瞬味わったら、すぐに制限速度だ。

今回はプロパイロット2.0体験が主目的なので、早速機能をオンにしてみた。ハンドルの右親指あたりにあるスイッチを押し下げ、プロパイロットをオンにする。

まず緑の表示がメーターパネルに現れる。これがスカイラインの「1.0」(実際は少し違うのだが後述)の状態だ。

別の試乗の機会に同乗者が撮影したもの。中央のディスプレイ左上のハンドル表示が「緑」で両手でハンドルを握るマークになっていることがわかる。

東名高速に入って少しすると、表示が青に変わった。青に変わると手放し運転がサポートされる「プロパイロット2.0モード」だ。

表示が青く代わり、ハンドルマークから「手」が消えた。この状態ではハンドルを持っていなくてもよい、という表示。ただし室内カメラがドライバーの視線を見張っているので、前方の注視は続けることが条件。

やってみると分かるのだけど、「ハンズオフ(手放し)していいですよ」はすぐ試せるが、「何なら膝の上に手をおいても」と言われると、最初はかなり勇気がいる。「クルマはハンドルを握るものだ」とずっと体に刷り込まれているからだ。

手放しで走行中。わかりやすいように手のひらを上に向けているが、実際は膝の上に置く、ような乗り方になりそう。いずれにしろ、万が一に備えていつでもハンドルを握れる状態にしておくのは大前提。
撮影:伊藤有

日産によると、ざっくりいって2.0が動作する前提は、

・「HDマップ」が用意されるエリアであること
・GPSが受信できること
・日産が設定した2.0の無効エリアではないこと
などが条件になっているという。

無効エリアにあたるのは、

・首都高速の一部などを含む、交通が複雑なエリア
・長いトンネル(GPSが長時間受信できない)
・中央分離帯がガードレールなどで対向車線と分けられていること(ポール不可)
などが含まれる。

プロパイロット2.0の解説ページより。動作条件についても書かれている。
出典:日産

高速道路は片側1車線の道路でも構わないが、中央分離帯がポールになっているようなところでは、安全性を重視して2.0は使えないように(無効に)している。この無効エリアは、「Nissan Connect」によるクルマとサーバーとの通信で制御されている。だから、今後、以前使えなかった道で使えるようになったり、その逆が起こることもありえる。

さて、肝心のプロパイロット2.0だが、東名高速での印象は期待以上によかった。試乗日が晴天で視界がよく、道路がやや混雑(走行車線の流れが90km強)というADASの威力を発揮しやすい状況だったこともあるかもしれないが、文字通り「手放し」。HDマップやGPSを駆使して、自分のいる車線のセンターで矢のようにビシッと安定して走り続ける。面白いのは、2.0動作中のハンドルには、細かな修正舵はほとんどないことだ。

種明かしをすると、物理的にハンドルとタイヤが接続されていないステアリング・バイ・ワイアを採用していることが、非常に安定したハンドル動作に関係している。日産の担当者いわく、実は物理的なタイヤは、車線のセンター維持のために相当細かく動き続けているらしい。その不要な動き(ノイズ)は、ハンドルには伝えないという制御だそうだ。

さらにハイテクなのは、前走車が遅ければ「車線変更するかどうか」という問い合わせまでしてくる。「承認」すると、自動的にウィンカー点滅→走行車線にレーンチェンジして、設定速度で追い越す、といった動作もする。

そんなわけで、厚木インターに到着するまで、実際にほぼ一度もハンドルは握らなかった(※)。とにかく楽ちん。すごい時代だ。

※自動車線変更時のみ、ハンドルを握る必要があるので、その際だけ手を添えた

前走者が設定速度より遅いなどの場合、車線変更の提案をしてくる。承認すると、ハンドルに手を添えるよう表示が変わり、(スカイラインが)後方確認を行った上で自動的に車線変更する。

テスラ(Model3)のオートパイロットは、まだ手放しでは使えない。

だから、スカイラインのプロパイロット2.0体験は、さらに「誰かが勝手に運転してくれてる感覚」にかなり近い。加減速の自然さ、車線内のふらつきといった要素も、高速道路で乗っている限り気になる点はない。実に快適だった。

この体験を人に話すと、「何もすることがなかったら、眠くなって運転が危ないのでは」という人もいた。もちろんそういった不注意対策もされていて、車内のカメラがドライバーの目線を見張っている。正面をしっかり注視していないと、警告が出て2.0が自動的に外れるようになっている。

小田原厚木道路では「ほぼ2.0にならない」
今回は東名高速は厚木まで。厚木からは小田原厚木道路〜箱根新道で大観山を目指すルートだ。

ここで「おっ」となったのは、小田原厚木道路での制御。小田原厚木道路に入ると、試乗車のプロパイロットは2.0に入れられなくなった(正確には、料金所を超えてすぐは、短距離だけ2.0が入った)。

前出のプロパイロット2.0の利用可能道路には、小田原厚木道路は含まれていない。だから「効かないのは仕様」ということになる。日産によると、「小田原厚木道路の一部はハンズオフを制限しています。これは道幅、道路環境などを総合的に勘案したもの」だそう。意図的に止めているわけだ。

道中、何度か2.0に切り替わらないか試していたが、結局1.0のみの状態は、大観山に到着するまでずっと続いた。

大観山に到着。スカイラインGT Type SP [HYBRID]の後ろ姿。複雑なボディーラインであることがわかる。
 



前方の日産ロゴ周辺にはセンサー。3眼フロントカメラはバックミラーの裏側あたりの位置にある。

小田原厚木道路では2.0が効かない(制限している)という制御について感じるのは、「テスラとは対照的だ」ということだ。日産(プロパイロット2.0)はかなり安全側にふった制御で、「安全そうな場所でしか2.0が入らないようにしている」わけだ。

一方テスラ(オートパイロット)は、「動作できそうなシチュエーションなら、(ドライバーの指示が前提だが)積極的にオートパイロットを効かせようとする」。

だから極端な話、狭くて対面通行の箱根新道のような道路でも、テスラはなんとかオートパイロットで走ろうとする(過去記事参照。ギリギリまでオートパイロットを維持して、もうだめだ、となったら人間にハンドル操作を戻す)。

箱根新道はさすがにクルマ任せで走るのは怖いが、小田原厚木道路程度の走りやすい有料道路だと「ハンズオフで走りたいな」と思ったのは事実だ。このあたりの技術の発展をどうとらえるか、どちらの方が「より人に優しい」のかは、難しい問題だと感じる。

※日産いわく、ハンズオフ(青)・ハンズオン(緑)とも「2.0」システムとセンサーで動いているため、そもそも従来の1.0とは安定性が違う、とのこと。体感としてスカイラインの1.0モードと2.0モードは、車線維持のふらつきなどで違いが感じられるケースがあったが、確かなところがもっと乗り込まないとわからない部分だ

テスラに興味がある“テクノロジー好き”人は試す価値アリ

大観山から芦ノ湖スカイラインを通って箱根を抜け(山道でもスカイラインはパワフルで実によく走った)、御殿場から東名高速で帰路。

試乗車を返却するまでの全行程230kmを走ってみて感じたのは、2.0で動作する限りは、プロパイロットはテスラModel3のオートパイロットとほとんど差を感じない安心感があるということ。

センサーだけをみても、全方位を見る360度カメラ(アラウンドビューモニター)やフロント3眼のカメラ、前後複数のレーダー、ソナーといったように、Model3と比べてもどっちが多いのかわからないほどのセンサー装備になっている。

日産の開発の現場を知る担当者いわく、車両に搭載するコンピューターも、これらセンサーの情報量を高速に処理するために、一般的なものから数段処理性能を上げたものになっているそうだ。

後方を見るAVMカメラ。テスラは運転席と後席を隔てるBピラーにカメラがあるが、スカイラインはここに搭載。

プロパイロット2.0の成り立ちを聞いていると、「安心安全」に強いこだわりを持つ国産メーカーのアプローチも、技術的積み上げの結果、テスラのようなイノベーション重視企業がこだわる「体験」に近づいて来たんだなと妙に感慨深い。

ただし、価格もModel3とほぼ同等レベルの616万円(Model3の航続距離560キロの「ロングレンジ」は665万円)なのですが……。

なお、今回は渋滞がなかったので試す機会がなかったが、プロパイロット2.0では、渋滞時の「停車」は30秒まで追従走行(自動的な再発進が可能)する。年末年始の帰省などの大渋滞の移動には、心強い相棒になるはずだ。

「自動運転目前」というような高度なADAS機能はメルセデスやテスラをはじめとする輸入車が先行しているイメージがある。そんななかにあって新型スカイラインは、「いやいや国産もかなりいいところまで来てるぞ」ということが感じられる1台だ。

(文、写真・伊藤有)

外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_23931e2ec21d oa-businessinsider_0_281448c050d6_実食レポート:マクドナルドの植物由来バーガーを食べてみた 281448c050d6

実食レポート:マクドナルドの植物由来バーガーを食べてみた

2019年11月21日 10:30 Taniya Spolia

Taniya Spolia

・マクドナルド(McDonald's)が、新たにビヨンド・ミート(Beyond Meat)の植物由来のパティを使ったハンバーガー、「P.L.T.」をテストしている。
・このハンバーガーは、カナダのオンタリオ州南部にある28店舗のみで試験販売されている。
・筆者はこのハンバーガーを試してみたが、期待していたほどではなかった。
バーガーキング(Burger King)にはインポッシブル・ワッパー(Impossible Whopper)、ダンキン(Dunkin’)にはビヨンド・ソーセージ(Beyond Sausage)を使った、朝食向けサンドイッチがある。タコベル(Taco Bell)、ホワイト・キャッスル(White Castle)、キュードバ(Qdoba)なども、オリジナルのビーガン向けメニューを提供している。

このファストフード業界を席巻している植物由来の流れに、マクドナルドも加わった。

カナダのマクドナルドの一部の店舗が現在、従来の牛肉の代わりに、ビヨンド・ミートの植物由来のパティを使用する「P.L.T」バーガー (プラント、レタス、トマトの略)をテスト中だ。このサンドイッチは、9月末に登場し、オンタリオ州南部の28店舗で販売されている。

筆者は偶然にもオンタリオ州ロンドンに住んでいて、P.L.T.を販売している多くの店舗がある。マクドナルドの常連であり、大のハンバーガー好きである私は、このハンバーガーを食べてみることにした。

同社はこのハンバーガーを大々的に宣伝しているが、筆者にとっては期待はずれだった。マクドナルドのP.L.T.バーガーがどんなものだったのか、紹介しよう。

マクドナルドは最近、カナダのオンタリオ州にある28店舗でP.L.T.バーガーを新発売した。筆者が訪れた、ロンドン市にある店舗もその1つ

GEOFF ROBINS/AFP via Getty Images


どこもかしこも、P.L.T.のポスターだらけだった

Taniya Spolia


宣伝に触発され、期待は高まる。このハンバーガーには、ビヨンド・ミートの豆ベースのパティが使われている。他にはチーズ、トマト、レタス、タマネギ、ピクルス、マヨネーズ・ベースのソース、ケチャップ、マスタード、そしてクォーターパウンダーのバンズ

Taniya Spolia


6.49カナダドル(約530円)という価格は、メニューにある他のほとんどのハンバーガーとそう変わらない。

Taniya Spolia


このハンバーガー、植物由来ではあるのだが、注意しなくてはならないのが「ビーガン向けではない」ということだ。チーズやマヨネーズ・ベースのソースが使われているというだけでなく、牛肉と同じグリルで調理されている

Taniya Spolia


マクドナルドの定番といえば、ハンバーガーとフライドポテトだが、筆者はカナダ料理の「プーティン」を注文した

Peterskim/Flickr Creative Commons


まず気になったのは、ソースが多すぎるということ。ひと口も食べないうちに、トレーを汚してしまった。箱から取り出そうとしただけで、手にケチャップ、マスタード、マヨネーズが滴り落ちた

Taniya Spolia


実を言うと、具材が多すぎて、パティの味がほとんど分からなかった

Taniya Spolia


試しにソースを取り除いて食べてみると、ビーガン・パティのイメージ通りの味がした。ひと口食べると、パティそのものの味を味わうことができた。食べた感じタンパク質だが、牛肉とはまったく違う

Taniya Spolia


パティ自体が焦げたような味がして、牛肉と比べるとかなり味が薄かった。植物由来の他のハンバーガー同様、野菜のトッピングがボリューミーに感じさせるが、このパティはタンパク質の味が際立っていたような気がした

Taniya Spolia


結局のところ、P.L.T.はごく普通の植物由来のハンバーガー。メニューに載せるのはすばらしいことだ。植物由来のメニューがないからマクドナルドは食べないという顧客の興味を引きつける可能性もある。だが、マクドナルドがこの分野で後れを取っていることを考えると、期待していたほどの特別感はなかった

REUTERS/Moe Doiron


[原文:I tried McDonald's new Beyond Meat plant-based ‘PLT’ burger, and it was a big disappointment]

(翻訳:Ito Yasuko、編集:Toshihiko Inoue)

外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_23931e2ec21d oa-businessinsider_0_40d68f84fe91_過疎化に強い地域に共通する、ある特徴とは?Sansanがトップ10発表 40d68f84fe91

過疎化に強い地域に共通する、ある特徴とは?Sansanがトップ10発表

今回の調査で1位になった岡山県西粟倉村。
提供:ETIC.

地方の自治体にとって、人口減少による過疎化は深刻な問題だ。地方創生では、たった一度だけ訪れるような観光客ではなく、何度も訪れる、地域内にルーツがあるなど地域と深いつながりを持った人=「関係人口」を増やすことが課題とされている。

名刺アプリを提供するSansanでは、名刺交換のデータを使って、どの自治体で関係人口が多いかを初めて計算した。トップ10に入ったのはどんな街なのか?

関係人口が地方創生のカギ

出典:総務省「『関係人口』ポータルサイト」

総務省によると、関係人口とは、移住した人を含む「定住人口」と、観光でその土地を訪れた「交流人口」の中間の層で、地域と多様に関わる人としている。具体的には、過去にその土地に勤務した人や、その地域にルーツがある人、ルーツがなくてもその土地と行き来している人などを指す。

同省の担当者によると、地域の担い手になる可能性がある層だが、明確には定義がないため、定量的な把握はしていないのが現状という。

名刺の住所を合計して計算
Sansanは、名刺交換のデータから「ビジネスにおける関係人口」を計算する試みを始めた。

名刺の特性として、ただその地域を訪問する場合ではなく、ビジネスの目的で交換されることが多いため、ビジネスにおける関係人口の把握に役立つという。

今回の調査では、2018年に登録された名刺データを活用。自分の住む地域とは違う地域の人と名刺交換した場合に、名刺に記載された市区町村名を集計した。地域間で比較するため、名刺の交換数をその地域の従業者数で割って算出したという。

調査は同社のデータ統括部門が実施。データでは個人を匿名化し、Eightの利用規約で承諾を得ている範囲で使用した。調査の監修はETIC.が行った。

1位は「起業家の村」

出典:DSOC Data Science Report

出典:DSOC Data Science Report

調査の結果、ビジネスにおける関係人口が最も多かったのは、岡山県の西粟倉村。林業を主産業としながら、多くのベンチャー企業が誕生している村だという。「起業家の村」として知られており、全国各地から視察に訪れるという。

第2位は、徳島県の上勝町。里山で収穫した植物を料理に使用するビジネスで注目されているという。第3位の東村(沖縄県)は、修学旅行客をターゲットにしたエコツーリズムを推進している。

調査を行った、Sansanの前嶋直樹研究員は次のように分析した。

「ローカルビジネスが成功している地域が上位に入った。もともと工業団地だったり、観光地だったりする自治体もあるが、企業誘致や起業など、地域の自主的な取り組みが関係人口を生み出していることを、数値で示せたのは成果だった」
活性化策の検証につながる

調査をした前嶋さんは「2015年のデータを見ると上位の自治体はあまり変化していなかった。継続的に関係人口を保っていることが分かった」と話す。
撮影:横山耕太郎

今回の関係人口の算出には課題もある。Sansanによると、Eightサービスを利用していない人が交換した名刺のデータを反映できないため、サービスの利用状況によってデータに偏りが生まれるという。

「情報の感度が高い地域ではEightのサービスの利用率が高い。名刺が取り込まれやすい地域と、そうでない地域がある」(前嶋さん)
ただ、これまで数値化されてこなかった関係人口が、ビジネスの側面から数値化されたことは大きな成果と言える。

「関係人口が多い自治体の特徴を継続的に分析することで、地域のどんな取り組みが役立つかの検証につながる。名刺のデータを公共のためのテクノロジーに生かしていきたい」(前嶋さん)
(文・横山耕太郎)

外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_23931e2ec21d oa-businessinsider_0_9d76c92dff3d_自閉症など発達障害人材に米マイクロソフトなどIT企業が熱い視線。日本では“埋もれた人材”の発掘なるか 9d76c92dff3d

自閉症など発達障害人材に米マイクロソフトなどIT企業が熱い視線。日本では“埋もれた人材”の発掘なるか

欧米で、発達障害者を高スキルのAI人材やITエンジニアとして活用しているというニュースを目にすることが出てきた。
Shutterstock/Joyseulay

欧米メディアで、自閉症などの発達障害者を高スキルのAI人材やITエンジニアとして活用する企業が増えてきているというニュースを目にすることが出てきた。そうしたニュースでは、「neurodiversity(ニューロダイバーシティ)」という語が出てくる。

・「AIめぐる人材争奪戦、自閉症者に熱い視線」(ウォール・ストリート・ジャーナル)
・「自閉症を『IT戦力』に、米就労支援の最前線」(ロイター)
・「ニューロダイバーシティ;『脳の多様性』が競争力を生む」(ハーバード・ビジネス・レビュー)
シリコンバレーで注目される人材

ニューロダイバーシティは「神経の」「多様性」を意味する新語。ニューロダイバーシティにおいて発達障害は、周囲による少しの支援、協力、理解があれば、能力が開花される、と考えられる。
Shutterstock/Yurchanka Siarhei

ニューロダイバーシティとは、「神経の」を意味するneuroと「多様性」を意味するdiversityを合わせた新語。発達障害のカテゴリーである自閉症、ADHD、統合運動障害、失語症、計算障害、読字障害などをマイナスではなく「違い」の1つとして見る。あくまでも脳神経の状況が違うので、治療する必要はなく、周囲による少しの支援、協力、理解があれば、能力が開花される、と考える。

アメリカでは1990年にADA法(障害を持つアメリカ人法)により障害の社会モデル(障害は個人ではなく社会にあるという思想)が確立され、障害児者の教育環境が向上したにも関わらず、自閉症者の多くが失業状態だったり、不完全雇用(著しく能力以下の仕事についている)だったりしている。

一方で近年、シリコンバレーのエンジニアに自閉傾向を持つ人材がいることが注目されるようになっていた。有名なのは、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏やアップル創業者のスティーブ・ジョブズ氏だ。

が、これからは成功を当事者のマンパワー次第にするのではなく、組織的な取り組みで当事者を取り込むことで成功を支援しようという流れになってきたのである。

マイクロソフトなど大手企業が続々採用

自身も自閉症的な傾向があると言われてきたビル・ゲイツ氏。
Getty/Jeff J Mitchell

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、自閉症の労働者は極めて高い集中力と分析的思考能力、並外れたIT能力を備えていることが多い、と採用企業の複数の幹部が証言している。彼らはAI開発に伴う反復作業(コンピュータービジョン用の写真・動画のラベリングなど)に長時間取り組んだり、論理的推論やパターン認識の高い能力を生かしてAIモデルの体系的な開発やテストに取り組んだりしているという。

またロイターによると、2024年までに110万件のコンピューター関連の求人が出ると見込まれているが、アメリカの大学卒業者数がニーズに追いつかない、とデルで退役軍人や障害者の採用を担当するルー・キャンディエロ氏は指摘する。

「有能な人材を集めるためには、考え方を改める必要がある」

自閉傾向と言われてきたビル・ゲイツ氏が創業したマイクロソフトはニューロダイバーシティの先陣を切り、2018年6月までに56人を雇用したという(フォーブス)。IBM、HPE(ヒューレット・パッカード・エンタープライズ)、デル・テクノロジーズ、SAPも採用している。

IT業界にとどまらず、国際会計事務所EY(アーンスト・アンド・ヤング)も2019年8月までに約80人雇用したほか、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)やフォード・モーターのようなメーカー、JPモルガン、クレディ・スイス、ゴールドマン・サックスのような金融機関も続いている。2019年8月までの実施企業は40~50社と推定されている。

30%も高い生産性
こうした企業ではニューロダイバーシティ人材を活用するうえで、既存の選考や人事システムでは無理があることにも気付き、外部の自閉症に詳しい専門家の意見を取り入れ、独自のインターンシップ・プログラムを作っている。

例えば一般的な面接で採用を決める代わりに、数週間のインターンシップで能力を評価する。そもそも面接のルールは「自分の話ばかりしない」「(特にアメリカでは顕著だが)相手の目を見て話す」、これらは多くの発達障害者の苦手とするところ。しかし、実際プログラミング実習などをしてもらうと、彼らが働けることがわかる。企業によっては、採用者には大卒者だけでなく高卒者も含まれている。

そして採用後も、外部ジョブコーチによる定着支援や、働きやすい環境整備に力を入れている。

こうした支援をすることによって、ニューロダイバーシティ人材は生産性、品質の向上などで、企業に多様なメリットを生み始めていることも証明されている。ハーバード・ビジネス・レビューの論文によると、HPEはこの取り組みにより、ニューロダイバーシティ人材がいるチームを構成したところ、そのチームの生産性が他のチームより30%も高い結果が出た。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、EYの14人のチーム(うち8人が自閉症スペクトラム)は2018年、同社のコンサルティング契約を自動で組成するアルゴリズムを開発。月間2000件の契約を組成し、同社は年間労働時間を約50万時間節約したという。

日本では埋もれた人材

ニューロダイバーシティはやがて日本にも上陸するだろう。AIやデータサイエンスの人材不足などの問題を打開するかもしれない。
撮影:今村拓馬

ニューロダイバーシティで実績を上げたグローバル企業は、それを世界各国の支社にも拡大している。やがては日本にも上陸するだろう。

日本でも発達障害者の多くが、周囲の間違った思い込みや理解不足により、働く能力があるにもかかわらずそうでないと判断され、埋もれた人材となっている。この中には、高学歴でプログラミングや論理的思考力や語学力に優れた人材もいるだろう。

日本はAIやデータサイエンスの人材不足がアメリカ以上に深刻で、政府も企業も危機感を持っている。

障害者の法定雇用率を達成している企業は45.9%にとどまり、特に情報・通信業になるとその割合は25.4%にまで下がる(厚労省による平成30年の障害者雇用状況の集計結果)。2020年度末には法定雇用率の2.2%から2.3%へ引き上げが決まっている。発達障害者の雇用は待ったなしの状況だ。

障害者枠は一般枠と比べて給与水準が低く、仕事内容がいつまでも補助的なものが目立つ。こうした就労は意欲の高い障害者にとってはモチベーション維持が難しい。外注化や事務職の自動化(AI、RPA)により、障害者への業務切り出しは限界にきている。ニューロダイバーシティはそうした現状を打開していく可能性がある。

日本の場合、企業と障害者就労定着支援事業との連携があれば、より高度人材の活用は進むだろう。まだ少ないが、高スキル人材育成を目指す就労移行支援事業所も現れている。

11月1日には東京・秋葉原にAI特化型就労移行支援事業所Neuro Dive(ニューロダイブ)が開設。他にもAI特化就労支援事業を作るクラウドファンディングがある。

企業も支援機関がついていれば、発達障害者を安心して採用でき、支援機関の意見を聞いてコツをつかめば戦力化もできると理解するようになってきた。

ニューロダイバーシティは障害者の職域開拓や雇用率達成、イノベーションの切り札となるだろうか。


外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_23931e2ec21d oa-businessinsider_0_3575662cb8c6_リストラを進めるドイツ銀行では、すでにロボットが人間に取って代わりつつある 3575662cb8c6

リストラを進めるドイツ銀行では、すでにロボットが人間に取って代わりつつある

2019年11月21日 04:45 Reuters

ドイツ銀行のゼービングCEO。
Reuters

・ドイツ銀行は、削減を予定している1万8000人の行員の一部の代わりにロボットを活用している。
・Financial Newsによると、ドイツ銀行のコーポレート&インベストメント・バンキング部門の責任者は、人工知能(AI)の使用は特定の分野で「生産性を大幅に向上させた」と語った。
・これまでに「人間の労働時間、68万時間」が節約できたという。
・ドイツ銀行は7月、大規模なリストラを発表。人員を削減し、株式売買業務から撤退、投資銀行部門の一部資産を分離するとした。
・2018年に4000人以上を、2019年7月以降に約1000人をすでに削減しているという。
Financial Newsによると、ドイツ銀行は削減を予定している1万8000人の行員の一部の代わりにロボットを活用している。

ドイツ銀行のコーポレート&インベストメント・バンキング部門の責任者マーク・マシューズ(Mark Matthews)氏は、機械学習のアルゴリズムが「生産性を大幅に向上させ、キャパシティーを再配分している」とFinancial Newsに語った。

Financial Newsによると、ドイツ銀行は「オペレーション4.0」と呼ばれる新たな戦略を通じて「バックオフィスの大部分の自動化」を進めている。

ドイツ銀行は厳しい1年を過ごしている。7月には今後3年で1万8000人の行員を削減、株式売買業務から撤退し、投資銀行部門の一部資産を分離すると発表した。10月の決算報告では、収入が15%減る中、3億1500万ユーロ(約380億円)を「退職金や変革関連の費用」として計上した。

マシューズ氏はFinancial Newsに対し、機械学習のツールが「人間の労働時間、68万時間」の節約に貢献し、「これまでにコーポレート・バンキング部門の500万件の取り引きの処理や、投資銀行部門の340万件のチェックの実施にボットを使用した」と話している。

ドイツ銀行は今夏、株式売買業務から撤退し、投資銀行部門の一部資産を分離する一方で、株式調査部門の大部分は維持する考えを示した。

ドイツ銀行の広報担当者はFinancial Newsの報道内容を認め、2018年に4700人を、2019年7月の発表以降に約1000人を削減したと付け加えた。

[原文:Deutsche Bank says robots are already replacing workers as it ramps up a plan to axe 18,000 jobs]

(翻訳、編集:山口佳美)

外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_23931e2ec21d oa-businessinsider_0_2a1854a5c50d_人気プログラミング言語トップ10【2019版】 2a1854a5c50d

人気プログラミング言語トップ10【2019版】

2019年11月21日 04:30 GitHub

GitHubのナット・フリードマンCEO。
GitHub

・GitHubは、開発者らがソースコードを共有できるプラットフォーム。そこで人気の高いプログラミング言語やオープンソースプロジェクトについてまとめた年次レポート「オクトバース(Octoverse)」が発表された。
・マイクロソフトは、同社のクラウドプラットフォームにより多くの開発者を惹きつけるために、GitHubを2018年に75億ドル(約8200億円)で買収した。
・GitHubによる、人気プログラミング言語トップ10を見てみよう。
GitHubは4000万人もの開発者が、個人用、仕事用などさまざまなプロジェクトを共有し、達成に向けてコラボレートし、コードをシェアするハブとなった。

2018年、マイクロソフトはGitHubを75億ドル(約8200億円)で買収した。アマゾンなどの競合がひしめく中、より多くの開発者を同社のクラウドプラットフォームに惹きつけるという戦略上、GitHubは欠かせない存在となっていたからだ。

開発者が集う大規模コミュニティであるGitHubでは、開発者の間で人気のプログラミング言語について調査し、その結果を「オクトバース(The State of the Octoverse)」と題したレポートにまとめ、毎年発表している。その最新版を見ればソフトウエア開発の最前線の動向を知ることができる。

2019年版のレポートによる、開発者に人気のプログラミング言語トップ10を見てみよう。

第10位 Ruby

Brian To/FilmMagic/Getty Images

Rubyはシンプルに使えることを重視したオープンソースのプログラミング言語。開発者のまつもとゆきひろ(通称Matz)は、好きな言語のいちばんいい部分を集めてRubyを作り上げたという。

1995年のリリース以来、Rubyに関する複数のカンファレンスや交流会も開催されていて、人気が高まっている。


第9位 C

Flickr

デニス・リッチー(Dennis Ritchie)が1972年に開発したCは、最も古いプログラミング言語の1つであり、現在でも高い人気を誇る。コンピューター・システムやハードウェアのプログラミングに対応する汎用言語として開発された。現在人気のJava、PHP、 JavaScriptといった多くの言語は、Cをルーツとしている。


第8位 Shell

Michael J. Henehan

Shellは特にIT分野の開発者に人気が高く、OSを直接操作するコマンドを書くことができる。またプログラムをリモートでインストールあるいはアンインストールしたり、ファイルのバックアップやコピーなどの一般的な操作の自動化にも利用できる。


第7位 TypeScript

Reuters

TypeScriptは、マイクロソフトが開発、管理するオープンソースのプログラミング言語。非常に人気の高い言語であるだけでなく、成長も極めて速い。

シンタックス(データの形式や構造)とセマンティクス(データの意味)がJavaScriptとよく似ているが、TypeScriptの方がより強力な機能を有し、大規模アプリケーションの開発に適している。

また、TypeScriptは、マイクロソフトが無料で提供するソースエディタのVisual Studio Code(VSCode)でサポートされている。VSCodeは、GitHub最大のオープンソースプロジェクトだ。


第6位 C++

YouTube/saurabhschool

C++はC言語から派生した言語で、その歴史は1979年まで遡る。ビャーネ・ストロヴストルップ(Bjarne Stroustrup)が博士論文の執筆中に、C言語に新たな機能を加えるために開発した。

現在でも多くのOS、ブラウザ、ゲームにとって中核的な言語であり、広く利用されている。


第5位 C#

Wikimedia Commons

C#は「シーシャープ」と読む。マイクロソフトのアンダース・ヘルスバーグ(Anders Hejlsberg)が率いるチームによって開発された。Javaに似た言語で、モバイルアプリ、ゲーム、企業向けソフトウェアの開発に利用されている。


第4位 PHP

ShutterStock / timofey123

PHPとは「PHP: Hypertext Preprocessor」の再帰的頭字語となっている。オープンソースのプログラミング言語で、ウェブ開発やインタラクティブなウェブサイトの作成に用いられる。データベースの扱いも得意で、フェイスブックやヤフーでも使われている。だが開発者は長い間、最悪のプログラミング言語だと揶揄している。


第3位 Java

Sam Howzit/Flickr

Javaは1995年にサン・マイクロシステムズによって開発された。その後、同社はオラクルに買収された。

オープンソース言語のJavaは、ツイッターやネットフリックス(Netflix)といった大企業によく利用されている。モバイルやウェブのアプリケーション、ゲーム、データベース主導型ソフトウェアなどの開発に用いられている。JavaはC++やC#と似ているため、これらの言語間の切り替えは容易だ。


第2位 Python

Shutterstock

Pythonはプログラミング言語として非常に人気が高いだけでなく、成長も極めて速い。このランキングの2018年版では3位だったが、2019年は2位へとランクアップした。

Pythonはオープンソース言語であり、人工知能アプリケーションの開発やデータサイエンスの分野でよく利用されている。学びやすい言語としても知られており、Python関連の大きなコミュニティが形成され、カンファレンスや交流会も開催されている。


第1位 JavaScript

Dmitry Baranovskiy via Flickr

ウェブサイトの構築に利用される主要な言語の1つであるJavaScriptが、引き続き世界で最も人気の高いプログラミング言語となった。インタラクティブなウェブサイトが構築でき、ゲーム制作にも利用できる。軽く、柔軟で、強力なところが、開発者に好まれている。Javaに名前が似ているが、関連性はほぼない。


[原文:The 10 most popular programming languages, according to the Microsoft-owned GitHub]

(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue)

外部リンク