cat_oa-bouncynews_issue_0e95858c5479 oa-bouncynews_0_0e95858c5479_落合陽一がテクノロジーで挑む音楽のバリアフリーとは? 0e95858c5479 0e95858c5479 落合陽一がテクノロジーで挑む音楽のバリアフリーとは? oa-bouncynews

落合陽一がテクノロジーで挑む音楽のバリアフリーとは?

2018年3月26日 11:30 bouncy / バウンシー

2月28日、茨城県つくば市にある筑波大学の一室で、落合陽一准教授が主催する公開実験が行われた。聴覚障害者の協力のもと、音を視覚と触覚で感じ取れるデバイスを開発するためだ。

そのプロジェクトの名は「耳で聴かない音楽会」。クラウドファンディングサービス「Readyfor」で開発資金を募り、4月22日(日)に、日本フィルハーモニー交響楽団との連携のもと、東京国際フォーラムで室内楽コンサートを開催するという。

「耳で聴かない音楽会」はオーケストラの演奏と連動した全身で振動を体感出来る仕組みを作ることで、健常者だけでなく聴覚障害者も「音楽を楽しめる」ことを目標としており、筑波大の一室で行われた実験では、開発中の2種類のデバイスを聴覚障害者が実際に体験することで、システムの調整や課題の発見が行われた。

音に合わせて振動するボールとジャケット
開発中の聴覚補助システムは、本コンサートのために新たに開発した、音の振動を身体で感じる球体形デバイス「SOUND HUG」のほか、ジャケット型ウェアラブルデバイス「ORCHESTRA JACKET」、頭に装着することで音に反応し光と振動を生みだす「Ontenna」(提供:富士通)。また、手話等での会話・言語補助も実施する予定だ。

「SOUND HUG」
抱きかかえることで音楽を視覚と振動で感じられる球体型デバイス

「ORCHESTRA JACKET」
落合陽一氏と博報堂、株式会社GOが開発した、着ることで音楽を全身で体感できるジャケット型のウェアラブルデバイス

今回のデバイスの開発者、落合陽一氏と主催の日本フィルハーモニー交響楽団の山岸氏から今回のプロジェクトの経緯を聞いた。

ーー今回なぜ「耳で聴かない音楽会」をやることに?

落合:もともと博報堂の方と、ONE OK ROCKとのコラボ企画で、お客さんが「よりライブ感のある大きな音」を聴けるように、全身で音を体感するスーツを作っていました。

そのスーツを難聴の方が着た時に「身体で音楽が聴けるからスゴく良い」という意見を貰ったことで、「耳の聴こえない人にも音楽を届けたい」と考えていた日本フィルとつながり、やることになりました。

山岸:最初から耳の聴こえない方だけのためのコンサートにするつもりはなくて、耳の聴こえる方も聴こえない方も一緒にライブの演奏を聴いて頂きたい、という思いで始まった音楽会です。

耳の聴こえない方とお話をしていてすごく感じたのは、耳の聴こえない方にとって、音楽は触れる機会がそもそも少なくて、興味・関心を持つ機会を得ることが難しいんだそうです。だけど、好きなものなんです。

ーー「耳で聴かない音楽会」を通して伝えたい事は?

山岸:耳の聴こえない方も聴こえる方も、音楽は積極的に楽しめるんだということを感じて頂ける機会にできたら嬉しいなと思います。

だから、他の楽団や多くの方にも関心を持っていただきたいし、日本フィルでやるんだから自分たちでもやろうかな、と思っていただき、機会が増えていって欲しいですね。

落合:補聴器は日常のコミュニケーションをとるために作られたデバイスだから、音楽を楽しむとかアドバンテージな事の為に作られていないモノだと思います。

テクノロジーの力でまだまだ解決する事はあると思っていて、マイナスをゼロにするのが補聴器だけど、マイナスをプラスに昇華できるデバイスに出来れば良いなと思っています。

・ ・ ・

現在、公演で使用する「ORCHESTRA JACKET」も「SOUND HUG」も、まだまだ完璧なものではなく、実験段階。開発資金確保のため、クラウドファンディングをReadyforにて実施中。

今回、日本フィルの室内楽コンサートには、「ORCHESTRA JACKET」を1〜2着用意。さらに「SOUND HUG(サウンド ハグ)」を50個導入し、聴覚障害のある方にはこれを持ってコンサートを「聴く」ことができるという。聴覚障害のない方も、一般席(SOUND HUGは無し)で演奏を楽しめる。

テクノロジーの力で健常者も身体障害者も隔てなく音楽を楽しめる、文字通りダイバーシティの時代がもうすぐそこまで来ている。このプロジェクトは、その未来を強く引き寄せる試みではなかろうか?

耳で聴かない音楽会 落合陽一×日本フィル プロジェクト

日程:4月22日(日)

開演:14:00

場所:東京国際フォーラム・ホールD7

外部リンク

cat_oa-bouncynews_issue_0e95858c5479 oa-bouncynews_0_82817fd652fc_カラダの疲れを撃ち抜く?マッサージガン「Cute X」 82817fd652fc 82817fd652fc カラダの疲れを撃ち抜く?マッサージガン「Cute X」 oa-bouncynews

カラダの疲れを撃ち抜く?マッサージガン「Cute X」

2020年12月2日 20:30 bouncy / バウンシー

カラダをケアするために肩や腰をマッサージする人は多いだろう。しかし、ふくらはぎや太もも、足裏など他にもケアを求めているカラダの部位は多い。そういった多くの部位に対応したのが今回紹介する「Cute X」。コンパクトながらパワフルな癒やしのツールだ「Cute X」はGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング中。14,284円から入手可能。

最適なマッサージ

「Cute X」はどこでも手軽に凝りをほぐしてくれる。アタッチメントはU字形、球形、円柱形、平形の4種類あり、疲れたカラダの部位に適したものを選択可能。振動も5段階から選べ、疲れ方に合わせて自分好みの強さでゆったりマッサージできる。さまざまな部位に当てて心身のリフレッシュに使えるはずだ。

振動は1分間で最大3000回と素早くパワフルに振動を打ち込み、しっかりとコリを解消してくれる。また、手ブレ補正のチップのおかげで長時間使用しても腕が疲れにくい仕様。サイズはコンパクトで持ち運びに適しており、運動する時に持ち運べばクールダウンにも役立ってくれるだろう。

・ ・ ・
どこでもカラダをケアできるスマートマッサージガン「Cute X」。日々の疲れを打ち抜いて、気持ちいい毎日を送っては?

CREDIT
Videographer :たなかとおる
SNS :にしまり
Cute X
Tech Love

外部リンク

cat_oa-bouncynews_issue_0e95858c5479 oa-bouncynews_0_158912a63115_デジタル&アナログ小物が1つにまとまる。使い勝手がいい多機能ノートブック「Multi Note」 158912a63115 158912a63115 デジタル&アナログ小物が1つにまとまる。使い勝手がいい多機能ノートブック「Multi Note」 oa-bouncynews

デジタル&アナログ小物が1つにまとまる。使い勝手がいい多機能ノートブック「Multi Note」

2020年12月2日 18:30 bouncy / バウンシー

日々の仕事には、モバイルバッテリーや紙のノートなどの小物が欠かせない。しかしカバンの中で散乱してしまったり、忘れ物してしまうことも多いのでは?

そういったデジタル&アナログ小物を1つにスッキリまとめてくれるのが、多機能ノートブック「Multi Note」。収納力に加え、デジタルとアナログのいいとこ取りした使い勝手の良さも魅力的だ。
小物をひとつにまとめるノートブック

「Multi Note」に収納できるデジタル小物はスマホ、SDカード2枚、USBメモリ1個。そのうえモバイルバッテリーが内蔵されており、いつでもスマホを充電できる。さらにペンと紙のノート、名刺、カード、領収書といったアナログな小物も収納できる。このように仕事に必要な小物が1つにまとまれば、忘れ物もなくなりそうだ。

内蔵モバイルバッテリーの容量は5000mAhで、スマホを1〜2回充電できる。スマホは有線でもワイヤレスでも充電可能。「Multi Note」の上にスマホを置いてワイヤレス充電のスイッチをONにすると、ケーブルを挿す手間なく手軽に充電できる。

さらにスマホスタンドも内蔵されており、タテ・ヨコどちらでもスマホが置ける。スマホをチェックしながら、紙のノートに素早くメモして考えをふくらませる、といった使い方も可能。デジタルとアナログ、両方のメリットをうまく利用できそうだ。

サイズはA5より少し大きい程度。厚さは最大4cmで、本などを挟んで持ち運ぶにもちょうどいい。現在Makuakeにてクラウドファンディング中。8,100円から手に入る。2020年12月末までにお届け予定。
収納力と使い勝手を両立した多機能ノートブックで、仕事も勉強も捗るかも?
Multi Note
テイクワンテクノロジー


CREDIT
Videographer/Writer :わたなべゆう
SNS/Curator :にしまり

外部リンク

cat_oa-bouncynews_issue_0e95858c5479 oa-bouncynews_0_0cc81c1b03e8_テレビの次のスタンダードはプロジェクター型!?超短焦点レーザーTV「Polaris 4K Laser TV」 0cc81c1b03e8 0cc81c1b03e8 テレビの次のスタンダードはプロジェクター型!?超短焦点レーザーTV「Polaris 4K Laser TV」 oa-bouncynews

テレビの次のスタンダードはプロジェクター型!?超短焦点レーザーTV「Polaris 4K Laser TV」

2020年12月2日 11:30 bouncy / バウンシー

液晶、有機EL、ミニLEDと、目まぐるしく進化していくテレビ。そんななか、これこそがテレビの次のスタンダードかもしれないと思わせる期待のプロダクトが登場した。それがこの超短焦点レーザーテレビ「Polaris 4K Ultra Short Throw Laser TV」(以下 Polaris 4K Laser TV)だ。
プロジェクター型としては最高レベルの画質
名前が示す通り、「Polaris 4K Laser TV」は壁にレーザーを照射して映像を投影するプロジェクター型のテレビ。しかし、従来のプロジェクターとはひと味もふた味も違う。まず、プロジェクターとしては最高レベルの画質

赤・緑・黒の3色を3つの個別レーザーが異なる量で混合する「Tri-Color RGB Laser Technology」によって、NTSCカバー率193%という鮮やかな色彩を実現している。

4Kネイティブ解像度出力、HDR10対応、コントラスト比2000:1で、鮮明で精細な映像が楽しめる。輝度も2500ANSIルーメンと非常に明るく、従来のプロジェクターのように部屋を暗くする必要はない。

Mstar 6A-838 CPU(1.7GHz) 、RAM3GB、ストレージ32GBとハイスペック、かつMEMC(動き予測・動き補正)と3Dノイズリダクション搭載で速い動きでもカクつかず滑らかだ。
100インチサイズをたった約25cmの距離で投影可能

次に、0.25対1という超短焦点の投影技術。壁からわずか約25cmの距離で100インチサイズの映像を投影でき、自宅でも省スペースでホームシアターが楽しめる。壁から約71cm離せば、最大投影サイズの200インチ!Hi-Fi品質スピーカー内蔵、ドルビーデジタルプラス搭載で音質も万全。起動中の動作音はわずか25db(木の葉が触れ合う音程度)と静音設計なのも嬉しい。
目の負担軽減を重視した設計

また、従来のテレビにはない利点として、レーザーテレビは目にやさしい。ブルーライトが目に直接当たるディスプレイと違い、壁に反射された光を見るためだ。さらに「Polaris 4K Laser TV」は内部センサーで人との距離を検知し、人が近づきすぎると明るさを自動で下げてくれる。子どもがつい画面に近寄りすぎても安心だ。

HDMIポート、USBポート、RCA入力、イーサネット入力を備え、Bluetooth対応オーディオ製品とのペアリングも可能。さらにMiracastを通じて、対応デバイスからワイヤレスミラーリングが利用でき、スマホゲームを大画面で没入感たっぷりに楽しむこともできる。「Polaris 4K Laser TV」は現在Indiegogoでクラウドファンディングを実施中で、達成率はすでに2000%以上に到達。この記事の執筆時点で、21%オフの2,299ドル(約238,800円)の支援から入手可能だ。支援者には2020年12月に配送予定となっている。
従来の大画面テレビより圧倒的にリーズナブルでもあるプロジェクター型テレビ。未来のテレビのスタンダードになるかも?
Polaris 4K Ultra Short Throw Laser TV
Substanbo Inc.


CREDIT
Videographer :フィリピン下鳥
SNS/Curator :にしまり

外部リンク

cat_oa-bouncynews_issue_0e95858c5479 oa-bouncynews_0_2046324b6cd9_最大4台までまとめて充電!最大出力100Wのコンパクト充電器「Mopoint 100W」 2046324b6cd9 2046324b6cd9 最大4台までまとめて充電!最大出力100Wのコンパクト充電器「Mopoint 100W」 oa-bouncynews

最大4台までまとめて充電!最大出力100Wのコンパクト充電器「Mopoint 100W」

2020年12月1日 20:30 bouncy / バウンシー

スマホやPCなどの電子機器には必要不可欠な充電器。充電器選びでは、コンパクトさや軽さ、急速充電の対応有無などがポイントになる。そんな購入の決め手となるポイントを網羅したのが、今回紹介する「Mopoint 100W」。最大4台の同時充電や最大100Wの急速充電が可能な上、コンパクトで使い勝手のいい条件がしっかり揃ったアイテムだ。「Mopoint 100W」はKickstarterにてクラウドファンディング中。59ドル(約6,000円)から入手可能。

パワフル&コンパクト

「Mopoint 100W」はコンパクトながらパワフルな性能を発揮。素材にはGaN(窒素ガリウム)を採用しており、最大100Wの急速充電が可能。ノートPCを2台同時に充電できるほどの高出力を実現する。3つのUSB Type-Cポートと1つのUSB Type-Aポートを搭載し、4台まで同時充電に対応。スマホだけでなく、PCやタブレットなどの端末も同時にまとめて充電できそうだ。

GaNの恩恵は本体サイズのコンパクト化にもある。これだけパワフルながら大きさは直径6センチ程度。ポケットにもラクラク収まるコンパクトなサイズ感だ。そのほか取り外し式のトラベルアダプターも付属。イギリス、オーストラリア、EU圏のコンセントに対応している。海外旅行にいく時も焦る心配もなく安心して楽しめるだろう。

・ ・ ・
便利で強力なコンパクト充電器「Mopoint 100W」。これ一台で充電環境をまとめて向上させては?

CREDIT
Videographer :たなかとおる
SNS :にしまり
Mopoint 100W
MoPoint

外部リンク

cat_oa-bouncynews_issue_0e95858c5479 oa-bouncynews_0_693802064d70_「日本一明るいオストメイト」の社長が障害者雇用を変える 693802064d70 693802064d70 「日本一明るいオストメイト」の社長が障害者雇用を変える oa-bouncynews

「日本一明るいオストメイト」の社長が障害者雇用を変える

2020年12月1日 18:30 bouncy / バウンシー

知的障害者らが働く職場作りに奮闘していたら、自分も病を患い身体障害者になった……。人工肛門を使うオストメイトの青野真幸さんは、そんな経験を持ちながら、とある企業の社長を務めている。「障害者になり、当事者は複雑なものだと感じた」「障害は向き合うしかない」。青野さんの気づきと思いを、職場にお邪魔して聞いた。
口に運びたくなるセッケン
みずみずしさを感じるイチゴ、見るだけで口が酸っぱくなるグレープフルーツ。色々なベリーが詰まり、心踊るフルーツキャンディバー……。「頂きます」と断って口に運びたくなるが、現実にはできない。これら果物は、実はセッケンだからだ。このセッケンを作っているのが、青野さんが社長の株式会社リンクライン。都心から電車で2時間ほどで到着する神奈川県小田原市にある。

特例子会社の取締役に
青野さんは、2010年のリンクライン設立時から関わっている。元は親会社コムテックのグループ経営戦略室長の要職にあった。当時のコムテックは、障害者の法定雇用率を達成できていなかった。直接雇う形も模索したが、最終的には障害者の働き方に配慮した特例子会社としてリンクラインを立ち上げた。現会長の神原薫さんと準備をしてきたことから、青野さんはリンクラインの取締役になった。

「奇跡のセッケン」に成長
当初は仕事がない、セッケンを作っても売れないなど苦労の連続だった。しかし、雇った障害者たちと地道な努力を続けたことが実を結んでいく。OEM(相手先ブランドによる生産)の受注を伸ばしつつ、2016年には自社ブランド「li’ili’i」(リィリィ)を立ち上げた。先に紹介したフルーツキャンディバーは、リィリィの人気商品だ。手作りで仕上げる品質の高さから「奇跡のセッケン」と評判になった。

病気で身体障害者に
リィリィを立ち上げ、リンクラインの可能性に自信を持ち始めた矢先、青野さんに異変が生じた。2017年6月下旬、尿が濁る、ガスが出るなどの異変が起きた。S状結腸と膀胱が癒着し、穴が開いた状態だった。2017年7月~2018年5月にかけ、4度の手術を受けた。入院生活では、妻の真由美さんが支えとなった。しかし、完治することはなく、人工肛門を使うオストメイトに。2018年12月、身体障害者手帳を取得した。

「日本一明るいオストメイト」
青野さんは従来から職場の仲間に頻繁に冗談を飛ばし、気さくに話しかけてきた。クリスマス会を開いた時には、サンタクロース姿で登場したこともある。それはオストメイトになってからも変わらない。リンクラインを共に引っ張ってきた神原さんは、「自他共に認める日本一明るいオストメイト」と表現する。その一方で、次のようにも語った。「でも、人には言えない本当の苦しみ、つらさが絶対にある。それを見せずに、障害者と共に生きていく姿勢を見せている、今の青野さんは格好いいなと思う」

「障害は向き合うしかない」
青野さん自身、障害者になり多くの気づきがあったと語る。リンクライン設立が2010年で、青野さんが身体障害者手帳を取得したのが2018年12月。この間、毎日のように障害者と接してきたが、当事者になって見えた風景は違った。「障害を持っている人の気持ちを分かっているつもりでも、当事者でないとやはり分からない。(障害者に)なってみて、もっと複雑なものだと感じた」「障害は向き合うしかなくて、障害に勝つとかはない」こうした気づきの先に、青野さんは自らやるべきことを見つけている。「年齢を重ねて老いる中、得意なことをどんどん生かせるようにするのが大事。(職場スタッフの)それをしっかりと見つけてあげるのが、僕の役割」

障害当事者として、障害者雇用の最前線に立つ。「日本一明るいオストメイト」が、障害者雇用の未来を変えるのかも?


CREDIT
Videographer/Writer :高野 真吾
SNS :にしまり

外部リンク

cat_oa-bouncynews_issue_0e95858c5479 oa-bouncynews_0_f4b9150249e6_自転車もウインカーで安全に!運転をスムーズにするバックパック「Securite」 f4b9150249e6 f4b9150249e6 自転車もウインカーで安全に!運転をスムーズにするバックパック「Securite」 oa-bouncynews

自転車もウインカーで安全に!運転をスムーズにするバックパック「Securite」

2020年12月1日 11:30 bouncy / バウンシー

車のドライバーからすると、街なかを走る自転車の動きはなかなか予測しづらい。自転車に乗る人が、あらかじめ自分の動きを後続車に知らせれば、事故を未然に防げるかもしれない。

そんな自転車の事故を防ぐために開発されたのが、背負うだけで手軽にウインカーが出せるバックパック「Securite」。複雑なセッティングは必要なく、誰でもすぐに事故防止の恩恵を受けられそうだ。
手元で安全にウインカーが出せる

「Securite」は背面に搭載されたLEDライトで「右折・左折・直進・一時停止」の合計4種類が表示できる。ウインカーといえば右左折だけのイメージがあるが、直進と一時停止のウインカーも出せれば、自分の動きをより詳細に伝えられる。追突事故を防止する効果がありそうだ。

ウインカー用のワイヤレスリモコンは、ハンドルに装着可能。しっかりハンドルを握りながら、手元で安全かつスムーズに操作できる。着脱も簡単なので、レンタサイクルでもウインカーを活用できそうだ。

バックパックとしても大容量で多機能。ノートパソコン用スペースと豊富な小物用ポケットを備え、荷物を整理してすっきり収納できる。防水なので電子機器が濡れることもない。さらにキャリーストラップとボールネットを搭載し、スケートボードやヘルメット、球技用のボールなど大きな荷物もバックパックに装着してラクに持ち運べる。

現在GREEN FUNDINGにてクラウドファンディング中。17,290円から手に入る。2021年2月下旬より配送予定。
ウインカーを出すバックパックで、自転車移動をもっとスムーズに?
Securite
株式会社トリプルエル


CREDIT
Videographer/Writer :わたなべゆう
SNS/Curator :にしまり

外部リンク

cat_oa-bouncynews_issue_0e95858c5479 oa-bouncynews_0_c87ef17133fb_最大130kmも走れる!スタミナ抜群の折りたたみ電動アシスト自転車「mini monster」 c87ef17133fb c87ef17133fb 最大130kmも走れる!スタミナ抜群の折りたたみ電動アシスト自転車「mini monster」 oa-bouncynews

最大130kmも走れる!スタミナ抜群の折りたたみ電動アシスト自転車「mini monster」

2020年11月30日 20:30 bouncy / バウンシー

折りたたみ電動アシスト自転車はとても便利だが、常に意識してバッテリーを充電しておく必要がある。バッテリー充電をうっかり忘れて、ただの重たい自転車を運転することになった人もいるのではないだろうか。

しかし電動アシスト自転車メーカーKJMOTORSが開発した「mini monster」は、折りたたみ機構を備えつつサムスン製の大容量バッテリーも搭載。持ち運びやすさと、電動アシストを利用しながらの長距離走行を両立した自転車だ。
小さいのにパワフルな電動アシスト自転車

「mini monster」は20インチモデルで最大130km、16インチモデルでも最大80kmも走れる。アシストレベルも5段階あり、坂などの状況に応じてアシスト力を簡単に変更できる。普段使いから長距離サイクリングまで、バッテリー切れの心配なく楽しめそうだ。充電頻度が少なくなり、運用がラクになるのも嬉しいところ。

万が一バッテリーが切れたとしても、7〜8段変速ギアのおかげで電動アシストがなくても軽々と漕げる。また前後には衝撃吸収サスペンションも搭載しており、路面からの衝撃をうまく緩和してくれるから乗り心地が良い。電動アシストに頼らない走行性能や、快適な乗り心地もしっかり追求されている。

安全面の配慮もバッチリ。前後のLEDライトはもちろん、左右にもLEDライトが搭載されているのは珍しい。夜間の視界確保だけにとどまらず、自分の存在を車のドライバーにしっかりアピールできる。事故防止に役立ちそうだ。

大容量バッテリーはサドルの支柱に内蔵されていて、一見すると電動アシスト自転車には見えないスマートさ。もちろん折りたためばコンパクト。車に載せれば、どこでもサイクリングが楽しめる。

現在GREEN FUNDINGにてクラウドファンディング中。20インチモデルは153,700円から、16インチモデルは135,000円から手に入る。ともに2021年3月末までに届く予定。
バッテリー切れの心配が少なくなれば、移動もサイクリングももっと楽しめそう!?
mini monster
合同会社IRIE


CREDIT
Videographer/Writer :わたなべゆう
SNS/Curator :にしまり

外部リンク

cat_oa-bouncynews_issue_0e95858c5479 oa-bouncynews_0_67459459cc62_安全を極限まで追求!光でライダーを守るジャケット「RAYLIER」 67459459cc62 67459459cc62 安全を極限まで追求!光でライダーを守るジャケット「RAYLIER」 oa-bouncynews

安全を極限まで追求!光でライダーを守るジャケット「RAYLIER」

2020年11月30日 18:30 bouncy / バウンシー

バイクの動きにシンクロして光を放つスマートなライダージャケットが登場した。フランスのスタートアップ企業RAYLIER社が開発したジャケット「RAYLIER」は、さすがフランス!と唸るデザイン性と安全性を兼ね備えた製品だ。バイクには縁が遠い筆者ですら欲しくなった。

ライダーの安全を極限まで追求したジャケット

2年前からライダーたちの安全を追求して、開発が続けられている「RAYLIER」のジャケットは現在世界中に何千着も発送されている。そして、そこから得られた数百を超えるフィードバックの集大成が今回のプロジェクトだ。
車の運転手からは目視されにくいライダーたちの存在を、ジャケットについたライトでアピールすることができる。ブレーキやウインカーなどバイクの動きに応じた光のシグナルを放つ。
バイクの動きに合わせて光るジャケット

ジャケットがブレーキが踏まれたことを感知すると、肩にあるライトがブレーキライトのようにが赤く光る。ライダーの肩の高さのライトは車の運転手の目線の高さと同じくらいで、しっかりとライダーの存在を示してくれる。

さらに、RAYLIERの機能には、このブレーキを検知する機能のひとつ上が存在する。追加オプションのコネクションモジュールを注文すると、なんと実際のバイクのウインカーやブレーキにシンクロした光を放つことができるのだ。セットアップはとても簡単で、ブリンカーの配線にコネクトモジュールを繋ぐだけ。
進化するジャケット

RAYLIERジャケットはWi-FiやBluetoothでアップデートをプログラムを受け取ることができる。ライダーたちの日頃のニーズを反映して、要望にあった機能を実現できるようなプログラムを作成することを検討しているようだ。
もしもの時の装備もとても充実

もしもの時のためのプロテクターも充実している。RAYLIERのジャケットの両肩と両肘には高い安全基準を満たした粘弾性のプロテクターが標準装備されている。さらに、希望者には追加オプションで、背中にプロテクターを追加することもできるようだ。万が一の事故の時にも、衝撃を吸収してくれる。
クールでかっこいいデザインは3種類

「RAYLIER」はサマー、オールシーズン、レザーの3種類のタイプのジャケットを開発。ライダーたちが快適なツーリングを楽しめるよう着心地にもしっかり配慮がされているようだ。さらに、長く愛用できるように、ジッパーやボタンなどの細部にも、高品質なものが使用されている。
RAYLIER」で安全なツーリングを楽しもう!

現在、RAYLIERは、Kickstarterでクラウドファンディングを実施中だ。リターンを希望するジャケットの種類によって支援額が違う。オールシーズン仕様ならば、249ドルから支援をすることができる。コネクションモジュールや背中の粘弾性のプロテクターのなどの追加オプションの希望も、このプレッジからの応募可能だ。
リターンは国外へ運送も対応していて、日本への発送には30ドルの送料が別途必要になる。支援者への発送は2021年の4月から開始される予定だ。安全を最大限に追求したRAYLIERジャケットに身を包み、アクセル全開で風を切って走ろう。安心して快適なツーリングを楽しめそう!
RAYLIER
RAYLIER


CREDIT
Videographer/Writer :Shinto
SNS/Curator :にしまり

外部リンク

cat_oa-bouncynews_issue_0e95858c5479 oa-bouncynews_0_cec072644a5b_たった3分、いつでも本格エスプレッソ!カフェクオリティが味わえるエスプレッソメーカー「NEW LEVERPRESSO」 cec072644a5b cec072644a5b たった3分、いつでも本格エスプレッソ!カフェクオリティが味わえるエスプレッソメーカー「NEW LEVERPRESSO」 oa-bouncynews

たった3分、いつでも本格エスプレッソ!カフェクオリティが味わえるエスプレッソメーカー「NEW LEVERPRESSO」

2020年11月30日 11:30 bouncy / バウンシー

ドリップコーヒーに比べると、淹れるのがやや難しいエスプレッソ。特に抽出時に高い圧力を維持するのが難しかった。「NEW LEVERPRESSO」は、そんな高い圧力の維持を、テコの原理で実現したエスプレッソメーカー。いつでもどこでも、たった3分でカフェクオリティのエスプレッソが淹れられる。持ち運べるサイズ感で、本格エスプレッソを手軽に味わい人にぴったりな製品だ。

どこでもカフェ並のエスプレッソが淹れられる!?

「NEW LEVERPRESSO」にコーヒー粉とお湯を入れれば準備完了。レバーを下ろすと、テコの原理で高い圧力(最大9bar)がかかり、エスプレッソが抽出される仕組み。従来のエスプレッソメーカーだと予熱などの準備に5分以上かかっていたが、「NEW LEVERPRESSO」は準備から抽出まで3分程度。素早くカフェ気分を堪能できそうだ。

一般的な家庭用エスプレッソメーカーで採用されている小型ボイラーポンプは、適切な圧力の維持が難しかった。しかし「NEW LEVERPRESSO」はレバーを採用することで、簡単に高い圧力を均一にかけられるようになり、高品質なエスプレッソを短時間で作れるようになった。そのうえで小型化にも成功しているところが特徴だ。またこのレバー構造のおかげで、圧力(レバーを下ろす速度)を調整できるようになり、自分好みの味に調整できる。エスプレッソにこだわりたい人は、味を模索してみるのも楽しいかもしれない。

一度で2杯分(ダブルショット)相当のエスプレッソを抽出できる。ダブルショットで飲みたい人にも、2人で飲みたいときにもぴったり。ミルクなどを加えて、カフェラテやカプチーノ、キャラメルマキアートなどにアレンジして味の変化を楽しむのも良さそうだ。

シンプルなデザインで、家の置いてもインテリアの邪魔をしない。持ち運べるサイズで電源不要だから、家でもアウトドアでもエスプレッソが手軽に楽しめる。現在Makuakeにてクラウドファンディング中。10,380円(税込)から手に入る。2021年1月末までにお届け予定。
手軽な本格エスプレッソで、おうち時間のクオリティもアップするかも?
NEW LEVERPRESSO
Hugh Inc.


CREDIT
Videographer/Writer :わたなべゆう
SNS/Curator :にしまり

外部リンク