THE BEATNIKS、豪華メンバー参加の東阪ビルボードライブ公演が開催

2018年5月11日 18:30 Billboard JAPAN NEWS

 高橋幸宏と鈴木慶一によるユニット、THE BEATNIKSの東阪ビルボードライブでの公演が8月に決定した。
 1981年の結成以来、断続的ながらも、お互いの音楽財産を駆使したハイクオリティな活動を続けてきている彼ら。先日5月9日には7年ぶりの新作アルバム『EXITENTIALIST A XIE XIE』をリリースしたばかり。8月のビルボードライブ公演では、新作のレコーディングにも参加した砂原良徳(Key)、矢口博康(Sax)に加え、白根賢一(Dr)、高桑圭(Bass, Gtr)、堀江博久(Key)、永井聖一(Gt)、山本哲也(Key, Computer)という錚々たるメンバーが脇を固める。
 ユニットの活動条件でもある“怒り”をテーマとした社会性の強い楽曲や、ライブでも好評なユーモアあふれる作品、繊細な音の構築によって形作られた楽曲など、その芳醇で洗練された音楽性を目の当たりにするプレミアム・ステージ。公演は8月14日にビルボードライブ東京、8月23日にビルボードライブ大阪にて開催。それぞれ1日2ステージの二部制での公演となる。
 なお、THE BEATNIKSは、8月18日に開催される【SUMMER SONIC 2018】の“Billboard JAPAN Stage”への出演も決定している。
◎公演概要
【THE BEATNIKS】
ビルボードライブ東京
2018年8月14日(火)
1st 開場17:30/開演18:30
2nd 開場20:30/開演21:30
※特別営業時間
ビルボードライブ大阪
2018年8月23日(木)
1st 開場17:30/開演18:30
2nd 開場20:30/開演21:30
〈メンバー〉
THE BEATNIKS(高橋幸宏+鈴木慶一)
砂原良徳(Key)
白根賢一(Dr)
高桑圭(Bass, Gtr)
堀江博久(Key)
永井聖一(Gtr)
矢口博康(Sax)
山本哲也(Key, Computer)
詳細:http://www.billboard-live.com/
【SUMMER SONIC 2018】
日程:2018年8月18日(土)・19日(日)
場所:ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ
Billboard JAPAN STAGEラインナップ
〈8月18日〉NED DOHENY & HAMISH STUART / THE BEATNIKS (高橋幸宏+鈴木慶一) / NICK HEYWARD
〈8月19日〉JESS GLYNNE / MAX / COSMO PYKE
Info:http://www.summersonic.com
◎リリース情報
Album『EXITENTIALIST A XIE XIE』
2018/5/9 RELEASE
COCB-54260 3,000円(tax out)
COJA-9334 3,800円(tax out)

外部リンク

スリー・ディグリーズ、4月に東阪ビルボードツアーを開催

2019年1月22日 19:45 Billboard JAPAN NEWS

 フィリー・ソウルの色あせない魅力を現代に伝えるコーラス・グループ、スリー・ディグリーズが4月にビルボードライブ東京・大阪で来日公演を行うことが決定した。

 70年代に日本でもヒットを記録した「天使のささやき(When Will I See You Again)」や「荒野のならず者(Dirty Ol' Man)」などを送りだし、MFSB(Mother Father Sister Brother)と共演した全米No.1ソング「ソウル・トレインのテーマ」を大ヒットさせた彼女たちは、フィリー・ソウルがポップスの頂点を極めた時代を誰よりも鮮やかに彩ってきた。

 黄金期からのメンバーであるバレリー・ホリデーを中心とした編成で、名曲たちを魅力的に披露するステージは必見だ。
 来日公演は、ビルボードライブ東京で4月20日・21日、ビルボードライブ大阪で4月22日に開催。それぞれ1日2ステージの2部制で行われる。チケット予約はClub BBL会員が2月5日、一般受付が2月12日からそれぞれスタートする。


◎公演情報
【スリー・ディグリーズ】
ビルボードライブ東京
2019年4月20日(土)、21日(日)
1stステージ 開場15:30 開演16:30
2ndステージ 開場18:30 開演19:30

ビルボードライブ大阪
2019年4月22日(月)
1stステージ 開場17:30 開演18:30
2ndステージ 開場20:30 開演21:30

URL:http://www.billboard-live.com/

外部リンク

シーナ・イーストン、ビルボードライブ東京での来日公演を3月に開催

2019年1月22日 18:45 Billboard JAPAN NEWS

 80年代のポップ・クイーンとして大成功を収めたシーナ・イーストンがビルボードライブ東京で3月に来日公演を行うことが決定した。

 BBCのドキュメンタリー番組のヒロインに選ばれた事をきっかけに、1980年にデビューした彼女は、「9 To 5(モーニング・トレイン)」で全米Billboard Hot100で1位をマーク。翌年には映画『007/ユア・アイズ・オンリー』のメイン・テーマを担当し、グラミー賞最優秀新人賞も受賞。以降、プリンス、ケニー・ロジャース、デイヴィッド・フォスター、L.A.&ベイビーフェイスなどトップ・アーティスト/プロデューサーとコラボレーションを行い、絶対的なポップ・クイーンとしてシーンに大きな影響を与え続けている。

 ポップ、カントリー、R&B、ダンスといった様々なカテゴリーでチャートイン経験を持つ彼女の、洗練されたヴォーカルと可憐な魅力を堪能できるステージは注目だ。


◎公演情報
【シーナ・イーストン】
ビルボードライブ東京
2019年3月26日(火)、27日(水)
1stステージ 開場17:30 開演18:30
2ndステージ 開場20:30 開演21:30

URL:http://www.billboard-live.com/

外部リンク

『キングダム ハーツ』オーケストラ・コンサート開催決定 4月に東京からキックオフ

2019年1月22日 18:22 Billboard JAPAN NEWS

 ディズニーの世界を舞台に物語が展開するスクウェア・エニックスのRPGゲーム『キングダム ハーツ』のオフィシャル・オーケストラ・コンサート【KINGDOM HEARTS Orchestra -World of Tres-】が開催される。
 同シリーズのオフィシャル・コンサートとしては、2016年から2018年にかけて開催された【KINGDOM HEARTS Concert -First Breath-】【KINGDOM HEARTS Orchestra -World Tour-】に続く3回目となるもので、2019年4月の東京国際フォーラム・ホールA公演を皮切りに、北米、欧州、アジア、南米とワールド・ツアーが展開、11月30日にはグランキューブ大阪での公演も予定されている。
 コンサートでは、大迫力の画面に投影されたゲーム映像とともに、フルオーケストラが『キングダム ハーツ』楽曲を演奏。これまでのシリーズ楽曲はもちろん、2019年1月25日発売予定のシリーズ最新作『キングダム ハーツIII』の楽曲も披露される予定だ。
 2019年1月29日より、スクウェア・エニックスのオフィシャル通販サイト『スクウェア・エニックス e-STORE』にて、 東京公演のチケット先行抽選受付が開始する。大阪公演のチケット販売に関しては後日詳細発表。

◎ツアー情報
【KINGDOM HEARTS Orchestra -World of Tres-】
2019年04月27日(土)東京国際フォーラム ホールA(日本)
2019年04月28日(日)東京国際フォーラム ホールA(日本)
2019年05月18日(土)Esplanade Concert Hall(シンガポール)
2019年06月01日(土)Auditorium Theatre of Roosevelt University(アメリカ)
2019年06月08日(土)Dolby Theatre(アメリカ)
2019年06月22日(土)Walt Disney Theater(アメリカ)
2019年06月28日(金)United Palace(アメリカ)
2019年06月29日(土)United Palace(アメリカ)
2019年07月13日(土)Sony Center(カナダ)
2019年08月24日(土)Kolner Philharmonie(ドイツ)
2019年09月14日(土)Fox Theatre(アメリカ)
2019年09月28日(土)Palais des Congres(フランス)
2019年10月05日(土)Teatro Arcimboldi(イタリア)
2019年10月19日(土)Sydney Town Hall Centennial Hall(オーストラリア)
2019年10月26日(土)Verizon Theatre at Grand Prairie(アメリカ)
2019年11月02日(土)Espacodas Americas(ブラジル)
2019年11月17日(日)Eventim Apollo(イギリス)
2019年11月23日(土)Auditorium Blackberry(メキシコ)
2019年11月30日(土)グランキューブ大阪(日本)
主催:La Fee Sauvage
主管:Disney Concerts / The Walt Disney Company (Japan) Ltd.
協力:SQUARE ENIX
日本公演運営協力:キョードー東京/キョードー大阪

外部リンク

『ハード・イット・イン・ア・パスト・ライフ』マギー・ロジャース(Album Review)

2019年1月22日 18:00 Billboard JAPAN NEWS

 米ブルックリンを拠点とするシンガー・ソングライター、マギー・ロジャース。日本での知名度はまだまだといったところだが、初来日となった【FUJI ROCK FESTIVAL '17】でのパフォーマンスが反響を呼び、注目度は高まりつつある。地味ではあるが、リスナーを魅了するだけの実力を持ち合わせていることは言うまでもなく、今後の活躍が期待されるアーティストのひとり、だといえよう。
 米メリーランド州出身、1994年生まれの24歳。名門・ニューヨーク大学の芸術学部に通っていた彼女は、特別授業に招かれたファレル・ウィリアムスに本作収録の「アラスカ」を披露したところ、大絶賛され、デビューのキッカケを掴んだ。といっても、ただの“ラッキーな”シンデレラ・ストーリーではない。作詞・作曲・プロデュースと、全ての楽曲を自身が手掛けているし、様々な楽器を演奏することもできる。ファレルの後押しがなくとも、ミュージシャンとしてのキャリアはスタートしていただろう。
 本作『ハード・イット・イン・ア・パスト・ライフ』は、満を持してリリースされた、彼女にとってのデビュー・アルバム。インディー・レーベルからリリースした2枚のアルバム、それから2017年2月に発表したEP盤『ナウ・ザット・ザ・ライト・イズ・フェイディング』があるが、スタジオ・アルバムとしては初のリリースとなる。
 収録曲は、全12曲。そのファレルも大絶賛のデビュー・シングル 「アラスカ」他、『ナウ・ザット・ザ・ライト・イズ・フェイディング』に収録されたナンバーも散りばめられている。サウンドは、その「アラスカ」のようなフォークとダンス・ポップが融合した、いわゆる“フォークトロニカ”が中心で、ファルセットやラップのようなパートも織り交ぜる彼女独特の歌唱、そして確たる世界観もしっかり表現されている。
 本作からリリースされた最新シングル「ライト・オン」は、ビルボードのアダルト・オルタナティブ・ソング・チャートで自身初のNo.1を獲得。また、ニュージーランドでも初めてのチャートインを果たした。この曲は、カルヴィン・ハリスやフローレンス・アンド・ザ・マシーン等の楽曲に参加したことで注目を高めている、英国のシンガーソングライター=キッド・ハープーンとの共作で、バックサウンドもさることながら、妥協点が見つからない旋律がとにかくすばらしい。ミュージック・ビデオでは、胸の高鳴りを表現した(ような)“マギー・ダンス”も披露している。
 ダンス・ミュージックの要素を含みつつも、どこかオーガニックな雰囲気を醸すのは、彼女の趣味がハイキングだったり、環境保護に関心を強くもっているからだろう。そういったニュアンスを強くもつのが、オープニングの「ギブ・ア・リトル」。カラフルで爽快なシンセ・ポップで、青い空の下“解放”されたようなマギーが佇むカバー・アートのイメージそのままのナンバーだ。ソングライターには、グレッグ・カースティン(シーア、ホールジー、アデル等)もクレジットされている。
 グレッグ・カースティンが手掛けた同調の「レトログレード」や、リッキー・リード(クリスティーナ・アギレラ、マルーン5等)がプロデュースした「バーニング」といったアップ・チューンから、語りかけるように言葉を並べるミッドテンポのメッセージ・ソング「オーバーナイト」~「ザ・ナイト」、涙腺を刺激するピアノの弾き語り「パスト・ライフ」、壮大な景色が目に浮かぶような「フォーリングウォーター」、そして2ndシングルとして発売され話題となった「オン+オフ」等、どれをとっても(聴き手の)満足度は高いはず。
 『ハード・イット・イン・ア・パスト・ライフ』は、マギーの感情をそのまま表現し、自然体を貫く彼女のスタイルが、そのまま歌になったようなアルバム。自分のやりたいこと、伝えたいことがこれだけしっかりカタチにできる作品は、滅多にない。

Text: 本家 一成

外部リンク

カン・ミンヒョク(CNBLUE)、“4GIFTS”ティザー映像第2弾公開

2019年1月22日 18:00 Billboard JAPAN NEWS

 カン・ミンヒョク(CNBLUE)が、3月13日にリリースする映像作品『4GIFTS ~ Best of Solo Fan Meeting & On The Cheek (1st solo mini album)』の第2弾ティザー映像を公開した(https://youtu.be/eOOLO2ZddXg)。

 また、同作品の収録内容を公開。2時間を超える過去のファンミーティングのベストダイジェストDVDに加え、ミンヒョク初のソロミニアルバムをパッケージした作品となる。

 ミニアルバムには、ミンヒョク作詞作曲の「Moontalk」「On The Cheek」「Love is」に加え、J-POPカバー2曲を含む5曲を収録。カバー曲「糸」「悲しみにさよなら」はファンミーティングで披露したものとは異なる、新たなアレンジで収録している。


◎リリース情報
映像作品『4GIFTS ~ Best of Solo Fan Meeting & On The Cheek (1st solo mini album)』
2019/3/13 RELEASE
<通常盤>
WPZL-90184/5 6,500円(tax out.)
<BOICE盤>
FNDV-10015/6 6,500円(tax out.)

外部リンク

MONSTA X、日本5thシングル『Shoot Out』3/27発売決定&新ビジュアルも解禁

2019年1月22日 18:00 Billboard JAPAN NEWS

 MONSTA Xが、3月27日に日本で5枚目となるシングル『Shoot Out』のリリースを発表した。
 同時に、新シングルのタイトルそのままに、見るものを射貫くような強い眼差しが印象的な新ビジュアルも解禁した。
 今作は昨年10月にリリースした韓国最新アルバム『Take. 1 Are You There? : MONSTA X Vol.2』のタイトル曲「Shoot Out」の日本語ver.で、地上派音楽番組での1位を含む4冠を達成した話題作。印象的なフックとメロディでドラマティックな興奮を与え、柔らかさと繊細さ、成熟した美しさを備えながらも、喪失と放浪の間で救いを求めて迷う姿を表現している楽曲。
 そしてカップリングの「FLASH BACK」は、日本オリジナル曲で叶わない恋と知りながらも苦しく抑えきれない感情を抒情的に描いており、ハードなビートに対極する切ない歌詞が心を揺さぶる楽曲だ。
 なおMONSTA Xは、ゴールデンウィークに日本で2度目となるファンコンサートの開催が決定している。

◎リリース情報
シングル『Shoot Out』
2019/3/27 RELEASE
<初回限定盤A>CD+DVD
UPCH-89400 2,100円(tax in)
<初回限定盤B>CD+アナログサイズジャケット+アナザージャケット
UPCH-89401 1,900円(tax in)
<通常盤初回プレス>CD+初回プレス分のみトレカ入り
UPCH-89402 1,300円(tax in)
◎公演情報
【MONSTA X, JAPAN FAN CONCERT 2019】
2019年4月27日(土)神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
2019年4月29日(月)京都・ロームシアター京都 メインホール
2019年4月30日(火)京都・ロームシアター京都 メインホール
2019年5月 2日(木)福岡・福岡市民会館
2019年5月 3日(金)岡山・岡山市民会館
2019年5月 5日(日)愛知・名古屋 日本特殊陶業市民会館フォレストホール

外部リンク

むぎ(猫)、メジャーデビューAL『君に会いに』3月リリース&全国ツアー決定

2019年1月22日 18:00 Billboard JAPAN NEWS

 むぎ(猫)のメジャーデビューアルバム『君に会いに』が3月20日にリリースされる。
 2014年から沖縄を中心に音楽活動を開始し、2017年に【FUJI ROCK FESTIVAL】、昨年は【RISINGSUN ROCK FESTIVAL】【WILD BUNCH FEST.】などの出演したむぎ(猫)。『君に会いに』は、「メジャーデビューとなる本作で、まだ見ぬ誰かに音楽を通して会いに行く」という思いが込められたアルバムで、『うたのじかん』で反響を呼んだ「るすばん天国」など全12曲が収録される。全曲の作詞作曲はむぎ(猫)が手掛け、宅録で制作した。
 
 アルバムはCDのみの通常盤とDVDが付属する初回盤の2形態を用意。DVDには昨年11月東京キネマ倶楽部で行なわれた初の東京でのソロライブ【ワンニャン(マン)ライブ「Wonder Nyander 2018 “東京編 -ヒトの手も借りたいっ☆-”】のライブ映像や、自作のショートムービーを収録。また購入者にはむぎ(猫)の手書きステッカーが各店舗でプレゼントされる。
 あわせて全国ツアー【むぎ(猫)TOUR~君に会いに~】の開催を発表。6月20日の名古屋TOKUZOを皮切りに、東京Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE、HIROSHIMA BACK BEAT、仙台darwin、札幌クリエイティブスタジオ、京都磔磔、大阪Music Club JANUS、沖縄桜坂劇場ホールAを巡る。詳細は後日発表予定だ。
 
◎リリース情報
『君に会いに』
2019/3/20 RELEASE
<初回盤>(CD+DVD)
VIZL-1547 3,500円(tax out)
<通常盤>(CD)
VICL-65132 2,500円(tax out)
[CD]
01木の下で -instrumental-
02.君に会いに
03.猫と学校
04.夢から醒めた夢
05.無視できない虫
06.ギフテッド
07.CとDと
08.るすばん天国
09.四輪駆動の飛び出し坊や
10.流れ星
11.ちいさなうた
12.小さな庭 -instrumental-
[DVD]
※初回盤のみ
【Wonder Nyander 2018 東京編 at 東京キネマ倶楽部 2018.11.01】
01.四輪駆動の飛び出し坊や
02.ギフテッド
03.るすばん天国
04.夢から醒めた夢
05.天国かもしれない
06.どんなふうに
 
◎ツアー情報
【むぎ(猫)TOUR~君に会いに~】
2019/6/20(木)名古屋TOKUZO
2019/6/23(日)東京Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
2019/7/6(土)広島HIROSHIMA BACK BEAT
2019/7/7(日)福岡ROOMS
2019/7/10(水)仙台darwin
2019/7/12(金)札幌クリエイティブスタジオ
2019/7/20(土)京都磔磔
2019/7/21(日)大阪Music Club JANUS
2019/7/28(日)沖縄桜坂劇場ホールA

外部リンク

あいみょん、新成人の悩みを“シックスセンス(第六感)”で解決する特番放送決定

2019年1月22日 18:00 Billboard JAPAN NEWS

 あいみょんの最新アルバム『瞬間的シックスセンス』のリリースを記念し、1月27日に本人出演の撮りおろし番組がスペースシャワーTVにて放送される。
 今回はスタジオに次世代を担う50人の新成人を迎え、彼らのリアルな悩みや質問をあいみょんがシックスセンス=第六感で解決する。お願いを叶えるコーナーから始まり、 ファンからの質問に答えたり、「男女の友情は成立するのか」 「結婚に必要な条件」 「親孝行はいつすればいいのか」など恋愛や人生に関する様々なテーマについてディスカッション。普段あまり同世代の人と話す機会がないというあいみょんが、若者たちのひとりひとりの生の声に耳を傾け、背中を押す貴重なトークを繰り広げた。
 また、MCを務めた芦沢ムネトが、一度聞いたら忘れられない印象的なタイトルの由来や制作の過程に迫り、待望の最新アルバムの魅力もたっぷりお届け。最後にはスタジオでアコースティックライブも披露される。
 さらに、2月には彼女が出演しているレギュラー番組『スペシャのヨルジュウ♪』の人気コーナー“あいみょんぶらり散歩”の総集編を放送。カレー・古本の聖地をとことん巡り、夏は浴衣と屋形船を渦喫。他にも大学や水族館を訪れたりと、いろんな街を気ままに散歩してきた様子を90分の総集編にしてオンエアする。
 そして、 2月17日19:00 からは4時間にわたりあいみょんを大特集。上記の2番組に加え【SWEET LOVE SHOWER 2018】でのライブを凝縮した30分の特番、60分のミュージックビデオ特集と合わせて合計4番組を連続放送する。

◎番組情報
スペースシャワーTV『V.I.P.―あいみょん― ~アダルト的シックスセンス~』
初回放送:2019年1月27日(日)22:00~23:00
リピート:2019年2月17日(日)19:00~20:00
      2019年2月22日(金)20:00~
スペースシャワーTV『あいみょんのぶらり散歩総集編』
初回放送:2019年2月17日(日)20:30~22:00
リピート:2019年2月22日(金)24:30~
      2019年3月予定
スペースシャワーTV『あいみょんMUSIC VIDEO SPECIAL』
リピート:2019年1月30日(水)21:00~22:00
      2019年2月17日(日)22:00~
      2019年2月19日(火)20:00~
スペースシャワーTV『あいみょんLIVE SPECIAL- SWEET LOVE SHOWER 2018-』
リピート:2019年2月17日(日)20:00~20:30
※2018年11月放送番組のアンコール放送

外部リンク

椎名林檎【(生)林檎博’18 -不惑の余裕-】ライブダイジェスト映像を公開

2019年1月22日 18:00 Billboard JAPAN NEWS

椎名林檎が全国4カ所、計8公演行ったアリーナツアー【椎名林檎(生)林檎博‘18 -不惑の余裕-】より、彼女の誕生日にあたる11月25日のさいたまスーパーアリーナ公演の模様がWOWOWにて、1月27日の夜8時より独占放送される。同放送を前に番組サイトではダイジェスト映像を解禁している。

 このたび公開された映像は、宮本浩次(エレファントカシマシ)と昨年末の紅白歌合戦で競演し話題となった「獣ゆく細道」を含む、2分を越えるライブダイジェストとなっている。

 なお、番組では、バンドに加え大勢の管弦打奏者やダンサーが参加し、数々の豪華ゲストとの共演も行われた“デビュー20周年/平成30年/齢40”という特別な年の特別なライブを、本編ノーカットで放送するという。


◎番組情報
椎名林檎(生)林檎博'18 -不惑の余裕-
2019年1月27日(日)よる8:00[WOWOWプライム]
収録日・収録場所:2018年11月25日/さいたまスーパーアリーナ

◎関連番組
椎名林檎ツアー「椎名林檎と彼奴等の居る真空地帯2018」
2019年1月24日(木)深夜0:00[WOWOWライブ]
収録日・収録場所:2018年5月17日/NHKホール

※(生)の正式表記は“生”の丸囲み文字。

外部リンク