cat_oa-billboardnews_issue_2d1f9232d77e oa-billboardnews_0_2d1f9232d77e_THE BEATNIKS、豪華メンバー参加の東阪ビルボードライブ公演が開催 2d1f9232d77e 2d1f9232d77e THE BEATNIKS、豪華メンバー参加の東阪ビルボードライブ公演が開催 oa-billboardnews

THE BEATNIKS、豪華メンバー参加の東阪ビルボードライブ公演が開催

2018年5月11日 18:30 Billboard JAPAN NEWS

 高橋幸宏と鈴木慶一によるユニット、THE BEATNIKSの東阪ビルボードライブでの公演が8月に決定した。
 1981年の結成以来、断続的ながらも、お互いの音楽財産を駆使したハイクオリティな活動を続けてきている彼ら。先日5月9日には7年ぶりの新作アルバム『EXITENTIALIST A XIE XIE』をリリースしたばかり。8月のビルボードライブ公演では、新作のレコーディングにも参加した砂原良徳(Key)、矢口博康(Sax)に加え、白根賢一(Dr)、高桑圭(Bass, Gtr)、堀江博久(Key)、永井聖一(Gt)、山本哲也(Key, Computer)という錚々たるメンバーが脇を固める。
 ユニットの活動条件でもある“怒り”をテーマとした社会性の強い楽曲や、ライブでも好評なユーモアあふれる作品、繊細な音の構築によって形作られた楽曲など、その芳醇で洗練された音楽性を目の当たりにするプレミアム・ステージ。公演は8月14日にビルボードライブ東京、8月23日にビルボードライブ大阪にて開催。それぞれ1日2ステージの二部制での公演となる。
 なお、THE BEATNIKSは、8月18日に開催される【SUMMER SONIC 2018】の“Billboard JAPAN Stage”への出演も決定している。
◎公演概要
【THE BEATNIKS】
ビルボードライブ東京
2018年8月14日(火)
1st 開場17:30/開演18:30
2nd 開場20:30/開演21:30
※特別営業時間
ビルボードライブ大阪
2018年8月23日(木)
1st 開場17:30/開演18:30
2nd 開場20:30/開演21:30
〈メンバー〉
THE BEATNIKS(高橋幸宏+鈴木慶一)
砂原良徳(Key)
白根賢一(Dr)
高桑圭(Bass, Gtr)
堀江博久(Key)
永井聖一(Gtr)
矢口博康(Sax)
山本哲也(Key, Computer)
詳細:http://www.billboard-live.com/
【SUMMER SONIC 2018】
日程:2018年8月18日(土)・19日(日)
場所:ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ
Billboard JAPAN STAGEラインナップ
〈8月18日〉NED DOHENY & HAMISH STUART / THE BEATNIKS (高橋幸宏+鈴木慶一) / NICK HEYWARD
〈8月19日〉JESS GLYNNE / MAX / COSMO PYKE
Info:http://www.summersonic.com
◎リリース情報
Album『EXITENTIALIST A XIE XIE』
2018/5/9 RELEASE
COCB-54260 3,000円(tax out)
COJA-9334 3,800円(tax out)

外部リンク

cat_oa-billboardnews_issue_2d1f9232d77e oa-billboardnews_0_3065c0d577e8_Official髭男dism/ King Gnu/LiSAら上半期トップ、米津アルバムが8月発売、山P世界デビュー:今週の邦楽まとめニュース 3065c0d577e8 3065c0d577e8 Official髭男dism/ King Gnu/LiSAら上半期トップ、米津アルバムが8月発売、山P世界デビュー:今週の邦楽まとめニュース oa-billboardnews

Official髭男dism/ King Gnu/LiSAら上半期トップ、米津アルバムが8月発売、山P世界デビュー:今週の邦楽まとめニュース

2020年6月6日 11:00 Billboard JAPAN NEWS

 2019年11月25日~2020年5月24日を集計期間とした、2020年上半期チャートが発表された。CDセールスやダウンロード、ストリーミング、動画再生など8指標からなる総合ソング・チャートでは、Official髭男dismの「Pretender」が1位を獲得。昨年末の音楽特番のパフォーマンスでファン層が拡大したOfficial髭男dismは、ドラマ『恋はつづくよどこまでも』の主題歌で今年1月に配信された「I LOVE…」が2位に入っている。
 また、総合アルバム・チャートでは、King Gnuの3rdアルバム『CEREMONY』が首位に。本作は上半期トップとなる402,011枚を売り上げてCDセールス1位、ダウンロード1位、CD読み取り回数のルックアップで2位を記録して、堂々の1位に輝いた。総合ソング・チャートからアニメ関連曲にフォーカスした総合アニメソング・チャートでは、『鬼滅の刃』ブームが後押しとなって、LiSAの「紅蓮華」がトップに。そして総合ソングと総合アルバムのポイントを合算したアーティスト・ランキングでは、Official髭男dismが1位に輝いている。
Billboard Japan 2020年上半期チャート発表 Official髭男dismが【TOP Artists】と【HOT 100】、King Gnuが【HOT Albums】首位に
 2020年6月8日付(集計期間:5月25日~5月31日)の最新総合ソング・チャートでは、YOASOBIの「夜に駆ける」が総合首位を獲得。総合2位に瑛人の「香水」、総合3位にLiSAの「紅蓮華」がチャートインしている。
【ビルボード】YOASOBI「夜に駆ける」が総合2連覇 レディー・ガガ「レイン・オン・ミー」総合8位にジャンプアップ
【ビルボード】ワルキューレ『未来はオンナのためにある』が22,206枚を売り上げて自身初のSGセールス首位獲得
 また、最新総合アルバム・チャートでは、初週で22,371枚を売り上げた『バンドリ! ガールズバンドパーティ! カバーコレクションVol.4』が1位、ゲームソフト『ファイナルファンタジーVII リメイク』のサウンドトラック『FINAL FANTASY VII REMAKE Original Soundtrack』が2位、レディー・ガガの約3年半ぶりのアルバム『クロマティカ』が3位に初エントリーした。
【ビルボード】バンドリ!カバーアルバム第4弾が総合アルバム首位 3位にはレディー・ガガ
【ビルボード】バンドリ!カバーアルバム第4弾が22,371枚を売り上げてALセールス首位獲得 レディー・ガガの新作が3位に
 米津玄師のニュー・アルバム『STRAY SHEEP』が8月5日に発売されることが分かった。約2年半ぶりの新作には「Lemon」や「馬と鹿」、「パプリカ」など既発曲6曲に加え、新曲が9曲収録される。計4形態で発売される本作のジャケットには米津が描き下ろしたアートワークが使われ、初回限定盤にはキーホルダーや映像作品など、それぞれ違う特典が付く。
米津玄師、約2年半ぶりの新アルバム『STRAY SHEEP』発売決定&ジャケットは自身による描きおろし
 RADWIMPSの新曲「ココロノナカ」が各ストリーミングサービスで配信中だ。5月にSNSで公開された動画が話題を呼んだ本曲について、野田洋次郎は「目標に向かっていた一個一個の心が、大きな絶望を味わった心が、また大きな目標に向かえる未来になりますように。少しでも希望になったら嬉しいです。」とコメントしている。
RADWIMPS、新曲「ココロノナカ」ストリーミングサービスにて配信開始
 また、山下智久はニュー・シングル『Nights Cold』を7月15日にリリースすることを発表。6月12日からHuluで世界配信されるドラマ『THE HEAD』にメインキャストとして出演する山下だが、表題曲「Nights Cold」はそのドラマのエンディング曲に起用されており、リリース日と同日に自身初の海外配信もされる。山下は「ドラマの世界観を大切にしながら、今回はそれを恋愛に例えてミステリーを紐解いていく様なイメージで作詞させていただきました。一人でも多く、世界中の人に聞いてもらえると嬉しいです。」と語った。
山下智久、新曲「Nights Cold」自身初の世界楽曲タイアップ決定
 最後に、東方神起が5月24日に行った世界初のオンライン適用型コンサート【Beyond LIVE】の模様をお届け。AR技術と3Dグラフィック技術を活用したこのライブに細身の黒パンツと白のジャケット姿で登場した東方神起は「呪文 - MIROTIC」で幕を開けた。本公演は全世界に向けて発信されたが、日本のファンのために、日本語曲が3曲披露され、「行くぜ!」、「みんな一緒に!」と日本語の煽りも盛り込まれた。抽選で選ばれたファン200名とのゲームコーナーを挟み、最後はCGで作り出された炎が2人を包み込むパフォーマンスで幕を閉じた。ユンホは「実際、たくさんの国に行くことはできないので、今回、全世界にファンがいることを実感しました。ここにいるみなさんがいたからできたことだと思います。本当にみなさんありがとうございました!」、チャンミンは「大変な時期だと思いますが、今日の【Beyond LIVE】がこの時期を乗り越えられる力になったら嬉しいです」とメッセージを送った。
<ライブレポート>東方神起、世界同時配信ライブで圧巻のステージを披露 「今日のライブがこの時期を乗り越えられる力になったら」


その他今週の注目ニュース
King & Prince、「Mazy Night」MVのメイキング・ダイジェストを公開
ORANGE RANGE、結成15周年の武道館公演をYouTubeプレミア公開
DISH//、あいみょん提供曲「猫」の「THE HOME TAKE」YouTubeプレミア公開
RAISE A SUILEN、メンバー生実況ありのライブ映像配信が決定
チャン・グンソク、2年の兵役を終え活動再開

cat_oa-billboardnews_issue_2d1f9232d77e oa-billboardnews_0_333598c0ba68_“Blackout Tuesday”次のフェーズへ、【フジロック】開催延期、アリアナが史上初の快挙達成:今週の洋楽まとめニュース 333598c0ba68 333598c0ba68 “Blackout Tuesday”次のフェーズへ、【フジロック】開催延期、アリアナが史上初の快挙達成:今週の洋楽まとめニュース oa-billboardnews

“Blackout Tuesday”次のフェーズへ、【フジロック】開催延期、アリアナが史上初の快挙達成:今週の洋楽まとめニュース

2020年6月6日 11:00 Billboard JAPAN NEWS

 今週の洋楽まとめニュースは、“Blackout Tuesday”に関する話題から。2020年6月2日の火曜日に実施された、米音楽業界によるストライキ“Blackout Tuesday” (ブラックアウト・チューズデー)の成果を、発起人であるアトランティック・レコードのJamila Thomas(ジャミラ・トーマス)とPlatoonのBrianna Agyemang(ブリアンナ・アギェマン)が2020年6月3日に総括し発表した。アギェマンは声明で、「昨日は、私たちが業界で起こしたいと考えている変化の力強いスタートでした。集められた考えやアイデアを、運動のフェーズ2に組み入れます。次のステップは、ニーズを明確にし、私たちが見たいと願っている変化になってもらえるよう人々を動員することです。長続きする、インパクトの強い変化を起こせるよう、コミュニティー全体を活用することが目標です」と綴っている。
“Blackout Tuesday”の発起人が成果を発表、イニシアチブは次のフェーズへ
 米ミネソタ州でジョージ・フロイドが白人警察官に殺害された事件を受けて、多くの有名人が非難の声を上げているが、18歳のビリー・アイリッシュも5月30日に長文をインスタグラムに投稿した。ネットでは黒人に対する人種差別問題について発言する際に以前より使われてきた“#BlackLivesMatter” (黒人の命は重要)というタグに対抗すべく、“#AllLivesMatter” (全ての命が重要)というタグが白人ユーザーたちの間で多用されていることへの怒りをビリーはぶちまけている。彼女の投稿は、「この1週間、これについてどう上品に発言すればいいのか考えていた。自分のプラットフォームは巨大だから、(いつもなら)なるべく敬意を持つようにして、何をどうやって言うかを時間をかけて考えてるんだけど……でもさ、もうクソうんざりだから言いたいことを言うね」と始まり、「もし“全ての命が重要”なら、何で黒人は黒人であるだけで殺されてるんだよ?何で移民たちは迫害される?何で白人は他の人種の人々が得られない機会を与えられている?」などと綴っている。
ビリー・アイリッシュ、ジョージ・フロイドの死を巡るネットの反応に激怒
 2020年8月21日から23日にかけて新潟県・苗場スキー場にて予定されていた【FUJI ROCK FESTIVAL '20】が、「フジロックに携わる全ての皆さまの安全と健康を考慮し、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から」中止となり、2021年8月20日から22日の3日間へ延期されることが公式サイトで発表された。購入済みのチケットに関しては、払い戻し、または来年のフジロックでも有効となり、保有したまま来年利用することも可能だ。払い戻しの詳細等については、近日中に発表される。来年の開催については「新たなラインナップを織り交ぜ、よりパワフルで、新鮮なエネルギーに溢れたフェスティバルを呼び戻したいと考えています。そして、幸せに満ち溢れたフジロックを是非また皆さんと一緒に創り上げていきたいと思っています」と公式サイトに綴られている。
【FUJI ROCK FESTIVAL '20】開催延期が発表
 さて、今週の米ビルボード・ソング・チャートでは、レディー・ガガの「レイン・オン・ミー with アリアナ・グランデ」が1位に初登場した。5月22日にリリースされた「レイン・オン・ミー」は、初週だけで72,000ダウンロードを記録し、デジタル・ソング・セールス・チャートでも同1位に初登場。週間3,140万回を記録して、ストリーミング・ソング・チャートでは2位にデビューした。セールス・チャートでの首位獲得は、ガガにとって8曲目、アリアナは2週前に10万ダウンロードを突破して1位にデビューした「スタック・ウィズ・ユー」に続く7曲目のランクイン。なお、デジタル・セールスにはCD、LP、カセットテープのパッケージ・セールスも含まれている。これで、2000年代、2010年代、2020年代の3年代で1位を獲得したレディー・ガガ。一方、アリアナ・グランデはこれで4曲目の首位を獲得したわけだが、その4曲全てが初登場1位という、史上初の快挙にして初登場1位最多記録を更新。3曲で並んでいた、マライア・キャリー、ドレイク、ジャスティン・ビーバーを抜く歴代トップに立った。
【米ビルボード・ソング・チャート】レディー・ガガ&アリアナ初登場1位、アリアナは史上初の快挙達成
 そしてアルバム・チャートでは、米ジョージア州アトランタ出身のラッパー、ガンナの新作『ワンナ』が1位に初登場した。『ワンナ』の初動ユニットは111,000で、そのうちアルバム・ストリーミングによるユニット(SEA)が106,000と、そのほとんどをストリーミングが占めた。アルバムの週間視聴回数は1億4,360万回で、今週最大の視聴回数を記録している。楽曲単体によるユニット数(TEA)は1,000で、アルバムのセールスはわずか4,000だった。前作『ドリップ・オア・ドラウン2』の初動ユニットは90,000で、週間ユニット数も自己最高記録を更新。今後、グッズの販売やパッケージがリリースされれば、セールスの上昇も期待できる。そして、今週4位に初登場したのは、英マンチェスター出身のロック・バンド=The 1975の新作『仮定形に関する注釈』。初動ユニットは54,000で、そのうち39,000がアルバム・セールスと、上記の作品とは対照に、実売がその多くを占めている。なお、本国UKアルバム・チャートでは、デビュー作『THE 1975』(2013年)から4枚すべてのアルバムが1位を獲得している。
【米ビルボード・アルバム・チャート】ガンナ自身初のNo.1、The 1975はTOP5デビュー


今週のその他の注目ニュース
ワーナー・ミュージック・グループ、株式取引を開始
米レコーディング・アカデミー、再開予定のスタジオ向けに安全ガイドラインを発表
レディー・ガガ、ジョージ・フロイドの死を受けて長文メッセージを投稿
アリアナ・グランデ、平和的な抗議集会も報道してほしいと訴える
米ビルボードからの手紙:何故ショーを中断しなければならないのか #TheShowMustBePaused #BlackOutTuesday

cat_oa-billboardnews_issue_2d1f9232d77e oa-billboardnews_0_d44f9e89abef_『6月6日はなんの日?』ニューオーリンズ音楽界の伝説、ドクター・ジョンの命日 d44f9e89abef d44f9e89abef 『6月6日はなんの日?』ニューオーリンズ音楽界の伝説、ドクター・ジョンの命日 oa-billboardnews

『6月6日はなんの日?』ニューオーリンズ音楽界の伝説、ドクター・ジョンの命日

2020年6月6日 07:00 Billboard JAPAN NEWS

 6月6日は約半世紀にわたり米ニューオーリンズの音楽シーンをリードしてきた伝説的アーティスト、ドクター・ジョンの命日。
 ドクター・ジョンことマルコム・ジョン・レベナックは1940年11月21日、アメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。1967年に『グリ・グリ』でデビューしたドクター・ジョンは、その後1972年に発表した『ガンボ』で「アイコ・アイコ」などニューオーリンズを代表する楽曲の数々を鮮やかに蘇らせ、ブードゥー教の司祭のようなルックスとしゃがれ声をトレードマークに音楽シーンにおいて独自の世界観を構築した。ニューオーリンズの音楽シーンの中心人物である一方、ロック・ミュージシャンとの親交も深く、グレイトフル・デッド、ザ・バンド、ザ・ローリング・ストーンズらとも共演。2011年には【ロックの殿堂】入りを果たしている。
 2012年にはザ・ブラック・キーズのダン・オーバックをプロデューサーに迎えたアルバム『ロックト・ダウン』では、【グラミー賞】の<最優秀ブルースアルバム賞>も獲得。2014年にはルイ・アームストロングのトリビュート・アルバム『スピリット・オブ・サッチモ』をリリースするなど、世代やジャンルを超えて多くのアーティストにリスペクトされる存在でありながらマイペースに活動を続けてきた。
 ドクター・ジョンは2019年6月6日、ニューオーリンズの自宅にて心臓発作を起こし、77歳で帰らぬ人となっている。

外部リンク

cat_oa-billboardnews_issue_2d1f9232d77e oa-billboardnews_0_8628c2421427_mahina、ウラジオストクの大自然で撮影した美しく壮大なミュージックビデオを公開 8628c2421427 8628c2421427 mahina、ウラジオストクの大自然で撮影した美しく壮大なミュージックビデオを公開 oa-billboardnews

mahina、ウラジオストクの大自然で撮影した美しく壮大なミュージックビデオを公開

2020年6月6日 00:00 Billboard JAPAN NEWS

 mahina(マヒナ)が日本テレビ系列『バズリズム02』6月度オープニングテーマとなる「everyday」のミュージックビデオを公開した。
https://youtu.be/bsKi2C3se_Q

 ウラジオストクで撮影されたという同MV。見わたす限り凍りついた海上で強風に吹かれ、深い森を独り彷徨うmahinaの姿は、今まさに世界が直面している漠然とした不安と重なるものがある。しかしながら、楽曲が進むと徐々に重なっていく荘厳なコーラスも相まって、驚くほど強い表情を見せていく。そんなmahinaの姿を包み込む、壮大な自然を映した映像美も楽しめる仕上がりとなっている。

 デジタルシングル「everyday」は7月1日、各音楽配信サイト及びサブスクリプションにて配信開始。


◎リリース情報
デジタルシングル「everyday」
2020/7/1 RELEASE

外部リンク

cat_oa-billboardnews_issue_2d1f9232d77e oa-billboardnews_0_42b784e92102_フラワーカンパニーズ×スピッツのスペシャル・セッション映像が公開 42b784e92102 42b784e92102 フラワーカンパニーズ×スピッツのスペシャル・セッション映像が公開 oa-billboardnews

フラワーカンパニーズ×スピッツのスペシャル・セッション映像が公開

2020年6月5日 21:00 Billboard JAPAN NEWS

 フラワーカンパニーズが、スピッツとのスペシャル・セッションの映像を公開した。
 結成30周年を記念して、2019年10月4日に名古屋センチュリーホールで開催された【フラワーカンパニーズ presents DRAGON DELUXE DELUXE ~30周年スペシャル~】。ゲストにスピッツを迎えたこのイベントで、フラカン×スピッツのメンバー総出による贅沢なセッションを披露した。
 カメラ2台のみで撮影・編集した映像、ビデオマイクでの録りっぱなしの音で構成された門外不出のこのドキュメント映像。新型コロナウイルス感染拡大防止によるライブ・ツアーの延期・中止という両バンドの状況を受け、公開することが実現した。公開は6月12日21時まで。


◎映像
フラワーカンパニーズ × スピッツ Special Live Session at「フラワーカンパニーズ presents DRAGON DELUXE DELUXE ~30周年スペシャル~」
2020年6月5日(金)21:00~2020年6月12日(金)21:00
https://youtu.be/aDoU0s0eQMU

外部リンク

cat_oa-billboardnews_issue_2d1f9232d77e oa-billboardnews_0_96739b784de2_鈴華ゆう子(和楽器バンド)、弾き語りライブ配信決定 96739b784de2 96739b784de2 鈴華ゆう子(和楽器バンド)、弾き語りライブ配信決定 oa-billboardnews

鈴華ゆう子(和楽器バンド)、弾き語りライブ配信決定

2020年6月5日 20:00 Billboard JAPAN NEWS

 和楽器バンドのボーカル・鈴華ゆう子が、自身の誕生日である6月7日に弾き語りライブを配信することが決定した。

 自粛期間中に定期的に行っていた『自宅からゆるっと生配信』の集大成的内容で、今回は“スタジオからパキっと生配信”をテーマに、グランドピアノでの弾き語りライブを中心に行う。

 ライブパートでは、ソロ楽曲の「戦火の灯火」「永世のクレイドル」「うたいびと」などの他に、Twitterで募集をしたカバー曲も1曲ピアノ弾き語りでパフォーマンス。

 カバー曲のリクエストは、“#鈴華ゆう子birthday”を付けてツイートすることで行うことができる。


◎番組情報
『鈴華ゆう子 YouTube LIVE –スタジオから弾き語りライブ–』
放送局:YouTube Live
放送日時:2020年6月7日(日) 20:00~

外部リンク

cat_oa-billboardnews_issue_2d1f9232d77e oa-billboardnews_0_2dd60abc08d3_Suchmos、ドキュメンタリーフィルムのハイライト映像を公開 2dd60abc08d3 2dd60abc08d3 Suchmos、ドキュメンタリーフィルムのハイライト映像を公開 oa-billboardnews

Suchmos、ドキュメンタリーフィルムのハイライト映像を公開

2020年6月5日 20:00 Billboard JAPAN NEWS

 Suchmosが、2020年6月10日にリリースするライブ映像作品『Suchmos THE LIVE YOKOHAMA STADIUM 2019.09.08』より、ドキュメンタリーフィルムのハイライト映像を公開した。
 本作には、昨年開催された地元・横浜スタジアムの模様を収録。DELUXE EDITIONにのみ収録されているドキュメンタリーフィルムは、盟友である映像作家・山田健人が監督を手掛けており、Suchmosの結成から横浜スタジアム公演までの7年間を振り返っている。
 メンバーに加え、チーフマネージャーや制作、初期の頃よりライブに携わってきたスタッフやクリエイターへのインタビューで構成。結成当時の様子や、環境が変わっていく中でのそれぞれの思い、苦悩や成長など、夢に掲げていた横浜スタジアム公演に至るまでのリアルなストーリーが、懐かしい写真と映像と共に語られている。


◎映像
ドキュメンタリーティザー
https://youtu.be/P8QxlNzCDcI
◎リリース情報
LIVE Blu-ray&DVD『Suchmos THE LIVE YOKOHAMA STADIUM 2019.09.08 』
2020/6/10 RELEASE
<デラックスエディション(Blu-ray)>
KSXL-300~302/10,000 円(tax out)
・LPサイズ仕様ジャケット
・ドキュメンタリーフィルム「Suchmos THE DOCUMENT 2013-2019 “A.N.D.”」(監督:山田健人)
・ライブフォトブック(撮影・監修:岡田貴之)
<デラックスエディション(DVD)>
KSBL-6354~357/9,500円 (tax out)
・LPサイズ仕様ジャケット
・ドキュメンタリーフィルム「Suchmos THE DOCUMENT 2013-2019 “A.N.D.”」(監督:山田健人)
・ライブフォトブック(撮影・監修:岡田貴之)
<通常盤(Blu-ray)>
KSXL-303/5,500円 (tax out)
<通常盤(DVD)>
KSBL-6358~6359/5,000円(tax out)
※通常盤はどちらも本編映像のみ収録

外部リンク

cat_oa-billboardnews_issue_2d1f9232d77e oa-billboardnews_0_73a3fe5b2e82_flumpool、楽曲「NEW DAY DREAMER」MVをYouTubeプレミア公開&アルバム語る生配信も 73a3fe5b2e82 73a3fe5b2e82 flumpool、楽曲「NEW DAY DREAMER」MVをYouTubeプレミア公開&アルバム語る生配信も oa-billboardnews

flumpool、楽曲「NEW DAY DREAMER」MVをYouTubeプレミア公開&アルバム語る生配信も

2020年6月5日 20:00 Billboard JAPAN NEWS

 flumpoolが、楽曲「NEW DAY DREAMER」のミュージックビデオを、2020年6月7日にYouTubeプレミア公開する。
 楽曲「NEW DAY DREAMER」は、5月20日にリリースとなった4年ぶりのオリジナル・アルバム『Real』のリードトラック。この楽曲は、山村隆太が初めてタッグを組んだ多保孝一との共作となっている。
 MVは演奏シーンを中心に、flumpoolにとっても上京した際にはじめた降り立った場所である新宿の今の時代を切り取った実景と、登場する女性のストーリーが混ざり合った展開となっている。疾走感のあるナンバーで、不安には背中を押し、期待には精一杯の応援となるような、この時代へ新しい希望になれるようにと願いが込められた。
 また、プレミア公開前の6月7日20時からは、生配信番組が放送される。ステイホーム期間を経て、久しぶりに4人揃っての生番組でアルバム『Real』についてじっくり語る予定。


◎映像
flumpool「NEW DAY DREAMER」MUSIC VIDEO
2020年6月7日(日)21時30分よりプレミア公開
https://youtu.be/EvvQOnlKB7U
◎配信情報
flumpool LINE LIVE
2020年6月7日(日)20時より生配信
https://bit.ly/2Y6SfMI
◎リリース情報
アルバム『Real』
2020/5/20 RELEASE
<初回限定盤>
AZZS-106 5,000円(tax out)
<通常盤>
AZCS-1091 3,000円(tax out)

外部リンク

cat_oa-billboardnews_issue_2d1f9232d77e oa-billboardnews_0_cf8fb6671915_『6月5日はなんの日?』グラミー受賞のサックス奏者、ケニー・Gの誕生日 cf8fb6671915 cf8fb6671915 『6月5日はなんの日?』グラミー受賞のサックス奏者、ケニー・Gの誕生日 oa-billboardnews

『6月5日はなんの日?』グラミー受賞のサックス奏者、ケニー・Gの誕生日

2020年6月5日 19:10 Billboard JAPAN NEWS

 6月5日はスムース・ジャズ/フュージョン界で活躍するサックス奏者、ケニー・Gの64歳の誕生日。
 ケニー・Gは1956年6月5日、アメリカ・ワシントン州シアトル生まれ。1982年のデビュー以来、ジャズの領域を超えた幅広い音楽性で世界的人気を博しているケニー・Gだが、彼にとって最大のヒット・シングルとなったのが1986年に発表した『デュオトーンズ』収録曲の「ソングバード」だ。同曲はインストゥルメンタルながら全米ビルボード4位となる異例の大ヒットを記録。また、アルバムとしては1992年発表の『ブレスレス』が全米ビルボード2位、全世界で1,000万枚以上を売り上げる大ヒットを記録し、収録曲「フォーエヴァー・イン・ラヴ」で【グラミー賞】も受賞している。
 その後もクラシック、インド音楽、ボサノヴァなど様々なジャンルに挑み、また世代を超えたアーティストとのコラボレーションなどを通じ、シーンに存在感を示し続けているケニー・G。昨年も約5年振りの来日公演を皮切りに、世界各国でツアーを敢行し、また、カニエ・ウェストによるゴスペル・アルバム『ジーザス・イズ・キング』の参加も話題に。現時点では2020年9月からツアーを再開させる予定となっている。

外部リンク