THE BEATNIKS、豪華メンバー参加の東阪ビルボードライブ公演が開催

05.11 18:30 Billboard JAPAN NEWS

 高橋幸宏と鈴木慶一によるユニット、THE BEATNIKSの東阪ビルボードライブでの公演が8月に決定した。
 1981年の結成以来、断続的ながらも、お互いの音楽財産を駆使したハイクオリティな活動を続けてきている彼ら。先日5月9日には7年ぶりの新作アルバム『EXITENTIALIST A XIE XIE』をリリースしたばかり。8月のビルボードライブ公演では、新作のレコーディングにも参加した砂原良徳(Key)、矢口博康(Sax)に加え、白根賢一(Dr)、高桑圭(Bass, Gtr)、堀江博久(Key)、永井聖一(Gt)、山本哲也(Key, Computer)という錚々たるメンバーが脇を固める。
 ユニットの活動条件でもある“怒り”をテーマとした社会性の強い楽曲や、ライブでも好評なユーモアあふれる作品、繊細な音の構築によって形作られた楽曲など、その芳醇で洗練された音楽性を目の当たりにするプレミアム・ステージ。公演は8月14日にビルボードライブ東京、8月23日にビルボードライブ大阪にて開催。それぞれ1日2ステージの二部制での公演となる。
 なお、THE BEATNIKSは、8月18日に開催される【SUMMER SONIC 2018】の“Billboard JAPAN Stage”への出演も決定している。
◎公演概要
【THE BEATNIKS】
ビルボードライブ東京
2018年8月14日(火)
1st 開場17:30/開演18:30
2nd 開場20:30/開演21:30
※特別営業時間
ビルボードライブ大阪
2018年8月23日(木)
1st 開場17:30/開演18:30
2nd 開場20:30/開演21:30
〈メンバー〉
THE BEATNIKS(高橋幸宏+鈴木慶一)
砂原良徳(Key)
白根賢一(Dr)
高桑圭(Bass, Gtr)
堀江博久(Key)
永井聖一(Gtr)
矢口博康(Sax)
山本哲也(Key, Computer)
詳細:http://www.billboard-live.com/
【SUMMER SONIC 2018】
日程:2018年8月18日(土)・19日(日)
場所:ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ
Billboard JAPAN STAGEラインナップ
〈8月18日〉NED DOHENY & HAMISH STUART / THE BEATNIKS (高橋幸宏+鈴木慶一) / NICK HEYWARD
〈8月19日〉JESS GLYNNE / MAX / COSMO PYKE
Info:http://www.summersonic.com
◎リリース情報
Album『EXITENTIALIST A XIE XIE』
2018/5/9 RELEASE
COCB-54260 3,000円(tax out)
COJA-9334 3,800円(tax out)

外部リンク

石原夏織1stアルバム『Sunny Spot』から「Orange Note」視聴ver.公開

09.25 18:00 Billboard JAPAN NEWS

 石原夏織の1stアルバム『Sunny Spot』から「Orange Note」視聴ver.が公開された(https://youtu.be/soo7hcviffY)。
 恋する女の子の心模様をオレンジに喩え歌っている、甘酸っぱい曲となっている。今後も続々とアルバム楽曲を解禁予定とのこと。
◎リリース情報
アルバム『Sunny Spot』
2018/11/14 RELEASE
<CD+BD盤>
PCCG-01720 3,800円(tax out)
<CD+DVD盤>
PCCG-01721 3,600円(tax out)
<通常盤>
PCCG-01722 2,800円(tax out)
◎収録内容
<CD収録内容>
01. Sunny You *アニメ【怪獣娘(黒)~ウルトラ怪獣擬人化計画~】EDテーマ
作詞:中村彼方 作曲:エンドウ.  編曲:大久保 薫
02. CREATION×CREATION
作詞:畑 亜貴 作曲:高尾奏之介 編曲:eba
03. タイトル未定
作詞:中山真斗 作曲・編曲:佐藤純一(fhána)
04. Orange Note
作詞:磯谷佳江 作曲:Re:nG 編曲:kz(livetune)
05. empathy
作詞:松井五郎 作曲:松田彬人 編曲:高瀬一矢 (I’ve Sound)
06. 雨模様リグレット
作詞:只野菜摘 作曲:Motokiyo 編曲:山口朗彦
07. Ray Rule
作詞:RUCCA 作曲:Coffee Creamers 編曲:岩橋星実(Elements Garden)
08. Untitled Puzzle
作詞:RUCCA 作曲:金崎真士 編曲:岩橋星実(Elements Garden)
09. Singularity Point
作詞:こだまさおり 作曲:俊龍 編曲:岩橋星実(Elements Garden)
10. Blooming Flower
作詞:中村彼方 作曲:俊龍 編曲:山口朗彦
11. □Melody
作詞:こだまさおり 作曲・編曲:早川博隆/宇田川 翔
□=ナチュラルの特殊記号
<BD・DVD収録内容>
・Singularity Point(MUSIC VIDEO)
・Blooming Flower (MUSIC VIDEO)
・Ray Rule (MUSIC VIDEO)
・Singularity Point(Dance ver.)
・Blooming Flower (Lip ver.)
・Ray Rule (Dance ver.)
・Singularity Point(MAKING)

外部リンク

HYDE主宰【HALLOWEEN PARTY 2018】に山中拓也(THE ORAL CIGARETTES)/TERU(GLAY)/DAIGOが出演決定

09.25 18:00 Billboard JAPAN NEWS

 10月26日~28日の3日間、幕張メッセにて開催されるハロウィン・ライヴ・イベント【HALLOWEEN PARTY 2018】の第4弾出演者が発表された。
 今回発表されたのは、スペシャルゲストとして10月26日にHALLOWEEN PARTY初出演となる山中拓也(THE ORAL CIGARETTES)、10月27日に2013年以来5年ぶりの出演となるTERU(GLAY)、そして27日のHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAにDAIGOの出演が決定した。
 山中拓也とTERUは、それぞれHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAとしても出演する。
 なお、明日9月26日よりYahoo!先着先行もスタートする。

◎リリース情報
【HALLOWEEN PARTY 2018 supported by XFLAG】
2018年10月26日(金)・27日(土)・28日(日)
千葉・幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール
[出演アーティスト]
■10月26日(金)
HYDE / BREAKERZ / MY FIRST STORY / ももいろクローバーZ / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
SPECIAL GUEST:山中拓也(THE ORAL CIGARETTES)
<HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA>
 HYDE / BREAKERZ / MY FIRST STORY / Shinya(DIR EN GREY, SERAPH) / 逹瑯(MUCC) / 柩(GREMLINS, NIGHTMARE)
山中拓也(THE ORAL CIGARETTES)/YUKI(Rayflower, DUSTAR-3) / ROLLY / 分島花音 and more…
■10月27日(土)
氣志團 / DAIGO / 超特急 / HYDE / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
SPECIAL GUEST:TERU(GLAY)
<HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA>
 氣志團 / DAIGO / 超特急 / HYDE / Shinya(DIR EN GREY, SERAPH) / 逹瑯(MUCC) / TERU(GLAY)
柩(GREMLINS, NIGHTMARE) / YUKI(Rayflower, DUSTAR-3) / ROLLY / 分島花音 and more…
■10月28日(日)
ゲスの極み乙女。 / HYDE / BREAKERZ / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA and more…
SPECIAL GUEST:YOSHIKI
<HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA>
 HYDE / BREAKERZ / 青木隆治 / Shinya(DIR EN GREY, SERAPH) / 逹瑯(MUCC) /
 柩(GREMLINS, NIGHTMARE) / YUKI(Rayflower, DUSTAR-3) / ROLLY / 分島花音 and more…

外部リンク

『イリデセンス』ブロックハンプトン(Album Review)

09.25 18:00 Billboard JAPAN NEWS

 自身(ら)を“新世代アメリカン・ボーイバンド”と謳うブロックハンプトン。はじめは違和感を覚えたが、リーダー/プロデューサーのケビン・アブストラクトがコメントした「ジャスティン・ビーバーやワンダイレクションともひとまとめにされたいし、(ラッパーの)リル・ウージー・ヴァートと一緒に名前が上がって欲しい」という、グループのコンセプトみたいなものを聞いて、何となくその理由が分かった気がした。
 ジャンルにとらわれない音楽スタイル。それでいて、(当然だが)売れ線の安っぽいポップ・バンドとはまったく違う。正直、彼らのことはあまり知らなかったが、アルバムを聴いていくうちに、その魅力にとりつかれてしまった。アメリカの音楽メディア、ピッチフォークが 、“ウエスト・コーストのウータン・クラン” と絶賛するのも納得。ちょっとニュアンスは違うような気もするが……(?)。
 グループは、ケヴィンがカニエ・ウェストのファンサイト“KanyeToThe”でメンバーを募集し、掲示板で知り合ったとのこと。ミュージシャンのみならず、フォトグラファーやグラフィック・デザイナー、DJなど、個性豊かな10人以上のメンバーで構成されている。彼ら独自の世界観、そして質の高い作品が生み出されたのは、それぞれが楽しんで、開放的に仕事をしたからだろう。メンバーだけで、広告やドキュメンタリー番組まで作っちゃうっていうから凄い。これからは、そういう時代になっていくのかな。
 本作『イリデセンス』 は、昨年12月に発表した3rdアルバム『サチュレーションIII』から1年経たずしてリリースされた、レーベル<RCA Records>移籍後初のアルバム。その『サチュレーションIII』は、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard200”で最高15位をマークし、R&B/ヒップホップ・チャートでは6位にランクインするスマッシュヒットを記録。音楽情報サイト、ステレオガムでは“2017年ベスト・アルバム”の11位に選ばれ、評論家~リスナーも大絶賛の傑作だった。本作も、間違いなく高い評価を得るだろう。
 レコーディングは、英ロンドンの<アビー・ロード・スタジオ>で行われ、ビートルズのアルバム『サージェント・ペパーズ』(1967年)にインスピレーションを受けたと、ケヴィンは話している。「どのあたりが?」と言われると難しいところではあるが、バンドのイメージを払拭した実験作、サイケデリックなサウンド、などが当てはまるのではないか、と……。
 冒頭の「ニュー・オリンズ」では、ウィル・スミスの息子で俳優/ミュージシャンのジェイデン・スミスが、ボーカルを担当している。90年代っぽい懐かしいサウンドに、思わずニヤリとする人もいるだろう。間髪入れず、次曲の「サグ・ライフ」へ。この曲は、英ロンドンのゴスペル・コーラス・グループ=ロンドン・コミュニティ・ゴスペル・クワイアがフィーチャーされたメロウ・チューンで、(個人的には)本作の目玉ともいえる傑作。2分弱で終わってしまうのが、本当にもったいないくらい、いい曲。
 ちょっとサイケな「ベルリン」、レゲエっぽいリズムの「サムシング・アバウト・ヒム」と、3曲ユルいタイトルが続き、一転してハードコアな「ホウェアー・ザ・キャッシュ・アット」で打ちのめす。この“裏切られた感”も、何だか心地良い。ゴスペルのコーラスからブレイクビーツに移行する「ウエイト」、トラップ風の「ディストリクト」、カニエっぽい「テープ」、全編サーモグラフィのミュージック・ビデオが話題となった先行トラック「ジュヴェ」、ビョンセの4thアルバム『4』(2011年)に収録された「ダンス・フォー・ユー」をサンプリングした「ハニー」。ひと息つく間もなく、分刻みで音が目まぐるしく変化していく。
 ラスト3曲の流れが、特にいい。夏の終わりを感じさせるチルアウト・ソング「サン・マルコス」、ジャジーなピアノのイントロではじまるイースト・コースト・ヒップホップ「トーニャ」、そしてアルバムのラストを飾るプロジェクトの集大成的な「ファブリック」。好き嫌いは別として、捨て曲が一切ないアルバムといっていいほど、記憶に留めておきたい作品。
 ケヴィンといえば、ラッパーとしては異例の「カミングアウト」も話題となったが、彼の作る音楽って、あまりそういう要素というか、嗜好を感じられない。きっと、「ゲイっぽい」とかそういう表現がなくなるようになる、まさに先駆者なんじゃないかな。でも、彼の母親は「ゲイが嫌い」だっていうから、なんだか複雑……。

Text: 本家 一成

外部リンク

yonige、部屋を暗くしないと再生されない試聴サイト公開

09.25 18:00 Billboard JAPAN NEWS

 大阪寝屋川発のロックバンドyonigeが、スマホ向け特設サイト『YONIGE no NIGEBA』を公開した。
 このスマホ向け特設サイトは、部屋を暗くしないとリリック・ビデオが再生されないという仕掛けのあるもの。ボーカル&ギター牛丸ありさの紡ぐ歌詞が10代20代の女性を中心に支持されていることから、yonigeの歌詞の世界観をよりじっくり堪能するためにと企画。10月3日にリリースされるミニ・アルバム『HOUSE』のタイトルから着想を受け、“HOUSE”の中の暗い部屋で画面と音に没頭して聴くようなイメージで、歌詞に込められたメッセージを深く味わってほしい、という意図で制作された。
 このサイトでは、夏フェス会場限定シングルとして話題の「リボルバー」のリリック・ビデオが毎日試聴できるほか、もう1曲は日替わりで試聴可能。公開初日の9月25日は、ミニ・アルバム『HOUSE』に収録されるミディアム・ナンバー「ベランダ」が初解禁となり、その後は「アボカド」「さよならアイデンティティー」など、過去の代表曲を曜日ごとに聴くことができる。


◎特設サイト情報
スマホ向け特設サイト『YONIGE no NIGEBA』
URL:http://yonigenonigeba.com
※スマートフォン向けサイトになります。PCではリリックビデオの試聴はできません。
※iPhoneをお使いの方はSafari、Androidの方はChromeでご覧ください。
※期間限定サイトになります。
◎リリース情報
ミニ・アルバム『HOUSE』 
2018/10/3 RELEASE
<CD>WPCL-12932 / 2,000円(tax out)

外部リンク

BUMP OF CHICKEN、CMソング「望遠のマーチ」&アニメ主題歌「シリウス」MVを2本同時公開

09.25 17:25 Billboard JAPAN NEWS

 BUMP OF CHICKENが、7月23日に日に配信リリースとなった「望遠のマーチ」と、2018年9月24日に配信リリースとなった新曲「シリウス」のミュージックビデオを2本同時公開した。
 「望遠のマーチ」は、スマートフォン向けゲーム『妖怪ウォッチ ワールド』のCMソングとして提供したナンバーで、iTunes週間ソング・ランキング(集計期間2018年7月23日~29日)で初登場1位を獲得した話題曲。MV(https://youtu.be/Fk4sgvvHyeI)は、全編水彩画風の手描き「ロトスコープアニメーション」(モデルの動きを撮影した映像をトレースしてアニメーションに仕立てる技法)で作られた。メンバーの演奏シーンに加え、カイトを揚げる、模型飛行機を飛ばす、自転車を走らせる4人の姿も盛り込み、懐かしくもみずみずしさを感じさせる作品となった。
 また「シリウス」は、今週最終回を迎えるTVアニメ『重神機パンドーラ』のオープニング主題歌として、今年4月より2クールにわたりオンエアされてきたナンバーで、疾走感あるエッジィなギターサウンドでアニメの盛り上がりを支えている。MV(https://youtu.be/_CKbNJkcwe0)は、メンバーが登場する実写作品で、LED照明で作られたバンドエンブレム形状のドローンレース場を舞台に、マイクロドローン4機が演奏中のメンバーに迫る迫力ある映像に。宇宙や高層ビルなどSFを思わせるCGが投影されたステージ上に立つ4人の姿も凛々しい、シャープな印象に仕上げられた。

外部リンク

宇多田ヒカル、12年ぶり国内ツアーのキービジュアル・ロゴ公開

09.25 17:20 Billboard JAPAN NEWS

 宇多田ヒカルが、12年ぶりに開催する国内ツアー【Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018】のキービジュアル・ロゴが公開された。
 キービジュアル・ロゴは、ツアー・タイトルに合わせたデザインに。チケットの一般発売(抽選)の受付もスタートし、こちらは9月30日まで応募受付中。


◎ツアー情報
【宇多田ヒカル CONCERT TOUR 2018】
11月06日(火)横浜アリーナ
11月07日(水)横浜アリーナ
11月14日(水)マリンメッセ福岡
11月15日(木)マリンメッセ福岡
11月22日(木)日本ガイシホール
11月23日(金)日本ガイシホール
11月28日(水)大阪城ホール
11月29日(木)大阪城ホール
12月04日(火)さいたまスーパーアリーナ
12月05日(水)さいたまスーパーアリーナ
12月08日(土)幕張メッセ展示ホール9-11
12月09日(日)幕張メッセ展示ホール9-11
一般発売(抽選)の受付サイト:https://bit.ly/2pAJ5Ye

外部リンク

レディー・ガガ、初主演映画から「イズ・ザット・オールライト?」のティーザー音源を公開

09.25 17:10 Billboard JAPAN NEWS

 レディー・ガガとブラッドリー・クーパーが主役を務める映画『アリー/スター誕生』から「イズ・ザット・オールライト?」のティーザー音源が公開された。
 ガガのTwitterに投稿された約1分の曲のティーザーは、ブラッドリー・クーパー演じる世界的ロックスターのジャクソンと、彼に見い出されたレディー・ガガ演じるヒロイン、アリーが出演する映画のシーンと著名メディア媒体による批評が織り交ぜられたものになっている。
 サウンドトラックには、他にも「シャロウ」、「メイビー・イッツ・タイム」や「アイル・ネヴァー・ラヴ・アゲイン」などが収録されており、映画の全米公開日となる2018年10月5日にリリースされる。
 8月31日にイタリアの【ヴェネツィア国際映画祭】でお披露目された映画『アリー/スター誕生』は、今週月曜日に米LAでアメリカ初上映を終えたばかりだ。

◎レディー・ガガによる投稿
https://twitter.com/ladygaga/status/1044381724690411521

外部リンク

超特急、3年ぶり【イナズマロックフェス】出演、“らしさ”全開のパフォーマンスを披露

09.25 17:00 Billboard JAPAN NEWS

 超特急が、9月22日から24日まで、3日間にわたって開催された【イナズマロックフェス2018】に3年ぶりに出演し、全力パフォーマンスで会場を盛り上げた。
 オープニング映像が終わり、T.M.Revolution「HOT LIMIT」のイントロが流れ、同曲の衣装をモチーフにしたメンバーカラーの衣装で超特急が登場。メインステージである“雷神STAGE”が大歓声に包まれた。
 「バッタマン」「SAY NO」とライブ鉄板曲からパワフルにライブをスタートすると、その後「Believe×Believe」、「We Can Do It!」「浮つきWAVES」と続け、カッコよさとコミカルさが入り混じった“らしさ”全開のパフォーマンスを披露。「浮つきWAVES」では、会場全体が一体となってタオルを回し、終始イベントを盛り上げた。

◎セットリスト
M0. HOT LIMIT
M1.バッタマン
M2.SAY NO
M3. Believe×Believe
M4. We Can Do It!
M5. 浮つきWAVES
M6: Burn!
◎リリース情報
アルバム『GOLDEN EPOCH』
2018/11/14 RELEASE
<初回限定盤>
ZXRC-2035 4,104円(tax in.)
<通常盤>
ZXRC-2036 3,024円(tax in.)
<FC-A シーサー☆ボーイズ盤>
ZXRC-2037 5,184円(tax in.)
<FC-B 座・武士道盤>
ZXRC-2038 5,184円(tax in.)
<WIZY限定盤>
ZXRC-2039 5,184円(tax in.)
◎ツアー情報
【BULLET TRAIN Arena Tour 2018 GOLDEN EPOCH】
2018年12月7日(金) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
2018年12月26日(水) 大阪・大阪城ホール
2018年12月27日(木) 大阪城ホール

外部リンク

TOTALFAT、アルバムリリース対バンツアー【PUNISHER’S NIGHT 2019】開催決定

09.25 16:50 Billboard JAPAN NEWS

 TOTALFATが、2019年にアルバムリリース対バンツアー【"Evolve + Infect" TOUR 2019】と、毎年新春に2バンドのゲストを迎え行う自主企画【PUNISHER’S NIGHT 2019】を開催する事を発表した。
 10月3日に9枚目のフルアルバム『Conscious+Practice』を発売し、年内に全国ワンマンツアーの開催が決定しているTOTALFAT。10月3日発売のアルバムに、【"Evolve + Infect" TOUR 2019】と【PUNISHER’S NIGHT 2019】のチケット最速先行応募受付シリアルコードが封入される事も決定した。
 既に発表になっている年内に行うアルバムリリースワンマンツアー【Conscious+Practice Tour 2018】は、18年かけてようやくTOTALFATのメロコアが完成した、とメンバーが豪語する、TOTALFAT史上最速最強のパンクアルバムを引っさげての全国ツアー。こちらは現在、チケット最終先行抽選受付中だ。

◎ツアー情報
【Conscious+Practice Tour 2018】
2018年11月10日(土)高松DIME
2018年11月11日(日)福岡DRUM Be-1
2018年11月16日(金)仙台CLUB JUNK BOX
2018年11月18日(日)札幌BESSIE HALL
2018年11月23日(金祝)金沢vanvan V4
2018年11月24日(土)新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
2018年11月30日(金)大阪BIGCAT
2018年12月01日(土)名古屋THE BOTTOM LINE
2018年12月07日(金)広島CAVE-BE
2018年12月08日(土)岡山PEPPERLAND
2018年12月15日(土)渋谷TSUTAYA O-EAST
【PUNISHER’S NIGHT 2019】
2019年1月23日(水)渋谷CLUB QUATTRO
2019年1月26日(土)名古屋CLUB QUATTRO
2019年1月27日(日)梅田CLUB QUATTRO
Conscious+Practice リリース対バンツアー
【"Evolve + Infect" TOUR 2019】
2019年2月03日(日)水戸LIGHT HOUSE
2019年2月01日(金)千葉LOOK
2019年2月06日(水)横浜F.A.D
2019年2月09日(土)宇都宮HEAVEN’S ROCK VJ-2
2019年2月10日(日)熊谷HEAVEN’S ROCK VJ-1
2019年2月16日(土)四日市CLUB ROOTS
2019年2月17日(日)豊橋club KNOT
2019年2月21日(木)石巻BLUE RESISTANCE
2019年2月23日(土)盛岡the five morioka
2019年2月24日(日)秋田Club SWINDLE
2019年2月28日(木)神戸KINGSX
2019年3月02日(土)京都MUSE
2019年3月03日(日)奈良NEVER LAND
2019年3月09日(土)出雲APOLLO
2019年3月10日(日)山口LIVE rise SHUNAN
2019年3月16日(土)甲府KAZOO HALL
2019年3月17日(日)静岡UMBER
2019年3月24日(日)松本ALECX
2019年3月23日(土)福井CHOP
2019年3月30日(土)長崎DRUM Be-7
2019年3月31日(日)熊本B.9 V2

外部リンク