CPUに脆弱性発見、機密データ漏えいの恐れ 業界全体で対応

01.04 13:37 AFPBB News

【AFP】米インテル(Intel)などのCPUに脆弱(ぜいじゃく)性が見つかり、ハッカーにつけ込まれて機密情報が盗まれるのではないかという不安が広がっている。同業の米AMDや英ARM、検索最大手の米グーグルなど業界各社が協力して対応を急いでいる。

【図解】米大統領選へのロシア介入疑惑:IT大手の証言

 脆弱性に関する警告が飛び交う中、インテル(Intel)は3日に声明を出し、同社製品に特有の「バグ」や「欠陥」があるする報道は正しくないと反論。

 同社のブライアン・クルザニッチ(Brian Krzanich)最高経営責任者(CEO)は米経済専門局CNBCに対し、この脆弱性は米グーグル(Google)の調査チームが先に発見していたもので、業界が対策を取る間非公開にされていたと語った。

 インテルは、問題の迅速な解決に向けて同業のAMDやARM、ソフトウエア各社と協力し、業界を挙げて対応に当たっていると説明している。

 グーグルは、情報の大部分がメディアに流出したため、予定を数日前倒ししてこの脆弱性を公表。それによると、同社の調査チームがインテルやAMD、ARMのチップを搭載した機器や、それらを動作させる基本ソフト(OS)に「重大なセキュリティー上の欠陥」を発見した。欠陥を悪用されれば、パスワードや暗号化キーなどメモリーに保存されている機密情報が権限のない人物に読み取られる恐れがあると指摘している。

 グーグルは自社のブログで「新たな種類の攻撃から守るため、当社のシステムと影響を受ける製品をアップデートした。また、ユーザーやウェブを保護するためにハードウエア、ソフトウエアのメーカー各社と協力している」と明らかにしている。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

復帰のコスタがいきなりゴール、アトレティコが4発快勝 国王杯

01.04 13:18 AFPBB News

【AFP】サッカースペイン国王杯(Copa del Rey 2017-18)は3日、5回戦第1戦が行われ、アトレティコ・マドリード(Atletico de Madrid)はジエゴ・コスタ(Diego da Silva Costa)が得点するなど4-0でリェイダ・エスポルティウ(Lleida Esportiu)に勝利した。

アトレティコの補強禁止処分がついに解禁へ、コスタとビトロが加入

 昨年9月にイングランド・プレミアリーグのチェルシー(Chelsea)から加入したものの、今月の移籍市場再開までプレーが不可能となっていたコスタは、後半19分に途中出場を果たすとその5分後にチームの3点目となるゴールを決めた。

 コスタはこの場面で自らボールをサイドに展開し、最後はファンフラン(Juan Francisco Torres Belen "Juanfran")の低いクロスに合わせてネットを揺らした。得点の際に体を伸ばして負傷した様子のコスタだったが、そのまま試合終了までプレーを続行した。

 アトレティコは前半33分にディエゴ・ゴディン(Diego Godin)のヘディングシュートで先制すると、その4分後にフェルナンド・トーレス(Fernando Torres)が追加点。さらに試合終了間際にはコスタとともに途中出場したアントワーヌ・グリーズマン(Antoine Griezmann)が4点目を挙げ、9日に行われる第2戦に向けて揺るぎないリードを手にした。

 アトレティコのディエゴ・シメオネ(Diego Simeone)監督は「コスタの復帰でわれわれは熱気に包まれた。彼はスピード、強さ、フィジカルをチームにもたらした。期待していたとおりだ」とコメントしている。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

1万1500年前の女児、新集団に所属 遺伝子で判明

01.04 13:16 AFPBB News

【AFP】米アラスカ州中部で見つかった1万1500年以上に死亡したとみられる女の乳児の骨を調べたところ、この女児がこれまでに知られていなかった集団に属していたことが分かった。研究論文が3日、発表された。論文によると、女児のゲノム研究は米大陸への人類の定住に関する理解に新たな光を当てるものだという。

【関連写真】アップワード・サン・リバーでの発掘作業

 研究チームは女児の骨から採取した遺伝子を調べ、この女児が所属していた集団が約2万年前にシベリアから到達した可能性が高いと結論付けた。

 米アラスカ大学(University of Alaska)の研究者ベン・ポッター(Ben Potter)氏は、AFPの取材に「今回の研究が示しているのは、すべてのアメリカ先住人の祖先が最終氷河期の同一の集団にさかのぼることができるという、遺伝子に基づく初の直接証拠だ」と語った。

 ポッター氏のチームは、2013年にアラスカ中部のアップワード・サン・リバー(Upward Sun River)の考古学遺跡で発掘された幼児の遺骨のDNAを分析。女児の骨の遺伝子情報から、所属する集団の祖先集団がアメリカ先住民の祖先集団と共通していることを特定することができた。

 この共通の集団について研究チームは、今日のロシアの辺りに約3万6000年前に出現し、もともとは、子孫に漢民族を含む東アジアの集団から分離したものとしている。

 共通の祖先の集団は数千年の間アジア周辺に留まっていたとされ、東アジアエリアの別の集団との交配についても遺伝的証拠で示されている。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

動画:シリア反体制派地区で空爆や砲撃、民間人23人死亡

01.04 13:06 AFPBB News

【AFP】シリアの首都ダマスカス近郊にある反体制派支配地区の東グータ(Eastern Ghouta)で3日、ロシアや政府軍の攻撃により民間人少なくとも23人が死亡した。うち18人はロシアによる空爆で、そのほかは政府軍の砲撃で死亡した。在英のNGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」が発表した。映像は、同地区の町ドゥマ(Douma)の病院に搬送された人々。(c)AFP
【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

米国の合法大麻市場、3年で4.5兆円規模に 40万人雇用創出と試算

01.04 12:55 AFPBB News

【AFP】米国内の合法大麻(マリフアナ)の市場規模は2021年までに400億ドル(約4兆5000億円)に上り、40万人以上の雇用を創出するとの見通しが2日、発表された。米国では1日から全米最大の人口を誇るカリフォルニア州で嗜好(しこう)用大麻の栽培・販売・消費が解禁されている。

【写真】大麻入りクリスマスカレンダーに注文殺到、カナダ

 大麻ビジネス投資・調査大手のアークビュー・グループ(Arcview Group)によると、試算された市場規模のうち、大麻使用者の直接消費額は208億ドル(約2兆3000億円)。このほか栽培者や関連事業者の間接収益、スーパーマーケットなど業界外との取引額を含む。

 アークビューとパートナーのBDSアナリティクス(BDS Analytics)では、大麻業界は収益ベースで2017年の160億ドル(約1兆8000億円)から150%の伸びを見せ、向こう3年以内に40億ドル(約4500億円)の税収をもたらすと予測している。

 カリフォルニア州では、嗜好用大麻の解禁により大麻業界全体の約3分の1に相当する10万人近い雇用が生まれ、間接的な影響も考慮に入れれば14万6000人の雇用創出につながるとみられる。

 一方、カリフォルニア州では大麻と関連製品の販売にかかる税金を州、郡、市町村レベルで全て上乗せすると税率が最大35%となることから、懲罰的課税だとの批判が消費者や事業者から出ている。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

恒例の「ハルビン国際氷雪祭」、開幕間近 中国

01.04 12:25 AFPBB News

【AFP】中国北東部・黒竜江(Heilongjiang)省ハルビン(Harbin)で5日、毎年恒例の「ハルビン国際氷雪祭(Harbin Ice and Snow Sculpture Festival)」が開幕する。同氷雪祭は毎年大勢の来場者でにぎわう。(c)AFP

「ハルビン国際氷雪祭」の会場 「ハルビン氷雪大世界」
【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

東証で新年恒例の大発会、麻生財務相も出席

01.04 12:15 AFPBB News

【AFP】東京証券取引所(Tokyo Stock Exchange)で4日、新年恒例の「大発会」が行われ、今年最初の取引が始まった。米経済への期待感でここ最近堅調な米株式市場の推移を受け、東京株式市場の相場も大幅に上昇した。式典には麻生太郎(Taro Aso)副総理兼財務相も出席した。(c)AFP
【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

片目失明選手に相手サポが模造の目玉投げつける、スコットランド2部

01.04 12:12 AFPBB News

【AFP】スコティッシュ・チャンピオンシップ(2部)のファルカーク(Falkirk FC)のサポーターが、2日に行われた試合で片目を失明している相手チームのディーン・シールズ(Dean Shiels)に対して模造の目玉を投げつけ、クラブに重い制裁が科される可能性が出てきた。

【写真特集】AFPがとらえたスポーツ迷珍場面2017

 ダンファームリン・アスレティック(Dunfermline Athletic)に所属するシールズは、8歳の時に家庭内の事故で片目の視力を失っていたが、この日ファルカークのサポーターは、0-2で敗れた試合中に元北アイルランド代表のMFシールズをあおり立てた。

 ファルカークはサポーターの不祥事により、リーグを管轄するスコティッシュ・プロフェッショナル・フットボールリーグ(SPFL)の規則に抵触した可能性もある。SPFLは試合のリポートを精査した上で、処分を下すか否かを検討する。

 ファルカーク側は試合後に素早く対処に出て、この行為について謝罪している。

 ファルカークFCは「少数の個人による、嫌悪すべき振る舞いについて率直に謝罪します。体に障害のある方に対するののしりはただただ受け入れがたいものであり、スポーツで競い合っている中でこういったことが発生したという事実も弁解としては通用しません。こういったことは止めねばなりません。本日の試合から身元を特定された人物には処分を見込んでおり、今後はこういった恥ずべき行為が繰り返されることは許しません」と声明を発表している。

 ファルカークがシールズに対する扱いでトラブルを起こしたのは、今季はこれが初めてではない。

 昨年10月に行われたカップ戦では退場処分となったシールズが、ファウルを受けたファルカークのジョー・マッキー(Joe McKee)とケビン・オハラ(Kevin O'Hara)になじられた。その後、スコットランド・サッカー協会(SFA)はオハラに8試合、マッキーに4試合の出場停止処分を科している。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

絶好調シフリンの勢い止まらず、今季7勝目 W杯女子回転

01.04 12:08 AFPBB News

【AFP】2017-18アルペンスキーW杯は3日、クロアチアのザグレブで女子回転第6戦が行われ、好調のミカエラ・シフリン(Mikaela Shiffrin、米国)が今季7勝目(通算38勝目)を飾った。

【写真】表彰式で王冠をかぶるシフリン

 2014年ソチ冬季五輪金メダリストで現在22歳のシフリンは、合計タイム1分53秒07でウェンディー・ホルドナー(Wendy Holdener、スイス)を2位、フリダ・ハンスドター(Frida Hansdotter、スウェーデン)を3位に抑え、得意の回転で28勝目を挙げた。

「攻めのスキーができて非常に満足している」とレースを振り返った総合首位のシフリンは、この日の勝利で計1081ポイントに伸ばし、2位に立つビクトリア・レベンスブルク(Viktoria Rebensburg、ドイツ)に571ポイント差をつけている。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

中高年のネットショッピングの傾向、「より若く、おしゃれに」

01.04 12:03 AFPBB News

【1月4日 CNS】中国国際電子商務センター(CIECC)国内取引情報センターと、中国Eコマース大手「京東(JD.com)」戦略研究院が共同でまとめた『中高年インターネットショッピング消費発展報告』が、中国商務部の公式サイトで発表された。報告によると、消費規模は急速に拡大し、高級志向になっているほか、国産商品の消費も増えてきているという。

 コミュニケーションツールとしての携帯電話の消費が急増しており、中国の家庭が徐々に核家族化していることが背景にあると報告書は指摘している。

 中高年の心身の健康への関心の高まりを反映して、健康関連商品やパソコン周辺機器などの消費も増えてきている。化粧品や衣類などの消費も増えており、中高年の好みがより若く、おしゃれになってきているという。

 また、地域的な広がりも見せている。都市部の中高年だけでなく、内陸部の中高年の消費も増えてきており、今後は都市部を追い抜く勢いで全国に浸透していくだろうとしている。

 今後の課題としては、商品開発が消費者の好みに追いついていなことや、アフターサービスの欠如などを挙げ、政府の関連部門が監督・管理を強化し、消費環境を改善することで、消費促進につなげるよう提案している。また、流通関連企業が、さらに一歩進んだサービスを提供するため、流通チャネルの開拓を提案している。

【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク