CPUに脆弱性発見、機密データ漏えいの恐れ 業界全体で対応

01.04 13:37 AFPBB News

【AFP】米インテル(Intel)などのCPUに脆弱(ぜいじゃく)性が見つかり、ハッカーにつけ込まれて機密情報が盗まれるのではないかという不安が広がっている。同業の米AMDや英ARM、検索最大手の米グーグルなど業界各社が協力して対応を急いでいる。

【図解】米大統領選へのロシア介入疑惑:IT大手の証言

 脆弱性に関する警告が飛び交う中、インテル(Intel)は3日に声明を出し、同社製品に特有の「バグ」や「欠陥」があるする報道は正しくないと反論。

 同社のブライアン・クルザニッチ(Brian Krzanich)最高経営責任者(CEO)は米経済専門局CNBCに対し、この脆弱性は米グーグル(Google)の調査チームが先に発見していたもので、業界が対策を取る間非公開にされていたと語った。

 インテルは、問題の迅速な解決に向けて同業のAMDやARM、ソフトウエア各社と協力し、業界を挙げて対応に当たっていると説明している。

 グーグルは、情報の大部分がメディアに流出したため、予定を数日前倒ししてこの脆弱性を公表。それによると、同社の調査チームがインテルやAMD、ARMのチップを搭載した機器や、それらを動作させる基本ソフト(OS)に「重大なセキュリティー上の欠陥」を発見した。欠陥を悪用されれば、パスワードや暗号化キーなどメモリーに保存されている機密情報が権限のない人物に読み取られる恐れがあると指摘している。

 グーグルは自社のブログで「新たな種類の攻撃から守るため、当社のシステムと影響を受ける製品をアップデートした。また、ユーザーやウェブを保護するためにハードウエア、ソフトウエアのメーカー各社と協力している」と明らかにしている。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

米音楽祭、ブロックチェーン技術でチケット転売阻止へ

06.22 13:49 AFPBB News

【AFP】米国で秋に開催される音楽祭で、ブロックチェーン技術が初めて活用される──チケット転売問題などに対処するための導入だ。

 ブロックチェーンが導入されるのは、10月20日に米サンフランシスコのシビックセンター・プラザ(Civic Center Plaza)で開催されるアワー・ミュージックフェスティバル「(OUR Music Festival、OMF)」だ。電子音楽アーティストのゼッド(Zedd)も出演する。

「ブロック」と呼ばれるデータの塊をオンラインの台帳に一定時間ごとに移して連結させるブロックチェーン技術は、医療記録や銀行取引、そしてビットコイン(Bitcoin)などの仮想通貨を支える技術として、その使用が拡大している。

 同音楽祭では、モバイルアプリを通じて分散台帳にある全チケットの購入状況を確認することができるため、これまで開催者らが手を焼いてきた転売市場の完全な撲滅にも期待が寄せられている。

 音楽祭の構想を打ち出した、DJ「3LAU」ことジャスティン・ブラウ(Justin Blau)氏は、「現在の発券方法には、転売、偽造、詐欺、異常な価格設定など、多くの問題があるのは明らかだ。しかたなく既存の仕組みを利用しているに過ぎない」と話した。ブラウ氏もOMFに出演する予定だ。

 ブラウ氏は、チケットの早期購入やイベントへの友人紹介などに対するインセンティブを導入する上でも、ブロックチェーン技術が大いに役立つと考えている。同氏は、航空会社のマイレージサービスを例に挙げながら、インセンティブとして入手可能な仮想通貨を使い、VIP席へのグレードアップや、飲食物の購入に充てられると説明した。

 ブラウ氏は現在、音楽祭主催者のプライム・ソーシャルグループ(Prime Social Group)およびブロックチェーン関連会社SingularDTVと協力体制にあり、今後2年以内に日本とスペインのバルセロナでのOMF開催を希望している。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

ジョコビッチ、調子上向きも「ウィンブルドンの優勝候補ではない」

06.22 13:24 AFPBB News

【AFP】男子テニス、元世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)はウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon)で通算3度の大会制覇を成し遂げていながらも、今年のオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ(All England Lawn Tennis and Croquet Club、AELTC)では自身を優勝候補の一人とは考えていないと主張している。

【写真】握手を交わすジョコビッチとディミトロフ

 現在フィーバーツリー選手権(Fever-Tree Championships 2018)に出場しているジョコビッチは、21日に行われたシングルス2回戦で大会第2シードのグリゴール・ディミトロフ(Grigor Dimitrov、ブルガリア)に6-4、6-1で快勝。準々決勝に駒を進め、ウィンブルドンに向けて調子を上げた。

 世界5位のディミトロフを1時間5分で退け、キャリア799勝目を記録したジョコビッチは、次戦の相手がアドリアン・マナリノ(Adrian Mannarino、フランス)に決定。約1年ぶりにトップ10の選手から白星を飾る好調ぶりで、クイーンズクラブ(Queen's Club)で行われる同大会に2010年以来8年ぶりに出場したのは正しい決断だったことを示した。

 それにもかかわらず、ジョコビッチは来月のウィンブルドンで自身が昨季覇者のロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)を王座から引きずり下ろせるとは考えておらず、「あまり早くから前のめりにならないでおこう。僕は絶対にウィンブルドンの優勝候補の一人ではない」という認識を示した。

「ロジャーが絶対的な優勝候補であることは間違いない。(ラファエル・)ナダル(Rafael Nadal、スペイン)も最近のウィンブルドンでは本領を発揮していないけれど、彼も過去には何度か優勝経験があるし、間違いなくタイトル獲得に近い選手の一人だ」

「アンディ(・マレー<Andy Murray、英国>)と僕は、調子が良ければ(優勝候補に)なれる。僕たちはランキングが後退しているけれど、アンディは今大会でニック・キリオス(Nick Kyrgios、オーストラリア)に善戦した。彼には母国ファンがついているから、ウィンブルドンで好調なプレーができれば良い方向に進んでいける」

 同日に行われたフィーバーツリー選手権の2回戦では、キリオスが32本のエースを放って第7シードのカイル・エドモンド(Kyle Edmund、英国)を7-6(7-3)、6-7(5-7)、6-3で破り、連覇を狙うフェリシアーノ・ロペス(Feliciano Lopez、スペイン)との準々決勝へ駒を進めている。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

ギリシャ財政危機の「終息」宣言、ユーロ圏財務相会合

06.22 13:15 AFPBB News

【AFP】ルクセンブルクで開かれたユーロ圏財務相会合は22日未明、ギリシャに対する債務軽減策と追加融資について合意し、ギリシャ財政危機の終息を宣言した。

 欧州委員会(European Commission)のピエール・モスコビシ(Pierre Moscovici)委員(経済金融問題担当)は長時間にわたる会合の後、「今夜をもってギリシャ危機は終結する」と述べた。「われわれはようやく、長く困難なこの道のゴールにたどり着いた。歴史的瞬間だ」

 ギリシャへの金融支援プログラムは8月20日に期限を迎える。ギリシャが制御不能になった歳出で世界を揺るがし、3度にわたる金融支援を受け、ユーロを崩壊寸前に追い込んでから約10年。今回の合意はユーロ圏における重要な転換点となる。

 容易に合意に至るとみられていたが、土壇場になってギリシャ救済の宿敵で最大の債権国でもあるドイツが抵抗し、会議は6時間に及んだ。

 ユーロ圏の財務相らは、ギリシャの債務の大半の返済猶予期間を10年延長することで合意した。ギリシャの公的債務残高は国内総生産(GDP)の180%にも達している。

 また、ギリシャの金融支援プログラムからの「卒業」を支援するため、新たに150億ユーロ(約1兆9000億円)を融資することでも合意した。これによりギリシャは240億ユーロ(約3兆円)という巨額な資本バッファーを得ることになるという。

 ギリシャのエフクリディス・チャカロトス(Euclid Tsakalotos)財務相は会合後「満足している」と述べ、次のように続けた。「これを価値あるものにするため、ギリシャ国民に具体的な成果を見せなければならない。国民に自身の懐具合の変化を実感させなければならない」

【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

親から引き離され保護施設で暮らす移民の子どもたち、米国

06.22 13:06 AFPBB News

【AFP】米保健福祉省(HHS)が20日に撮影し、AFPが21日に入手した、親から引き離され難民再定住事務所(ORR)の各地の保護施設に収容されている移民の子どもたちの写真。

【関連写真】親から引き離されて保護施設で暮らす移民の子どもたち

 保護施設は男女両方のティーンエージャーと幼い子ども向けで、その大多数は国境を越えようとしていたときに移民当局に捕まったか、不法入国してから当局に拘束され、収容された。法律上、子どもたちの親権はORRが持ち、ORRは保護者を伴わない子どもの世話をする義務がある。ドナルド・トランプ(Donlad Trump)米大統領は20日、移民の親子を引き離す措置を停止する大統領令に署名したが、既に親から引き離されている子ども2300人以上を親と再会させる計画は今のところ示されていない。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

カンテには「肺が15個ある」、ポグバが無尽蔵のチームメート称賛

06.22 13:02 AFPBB News

【AFP】サッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)に出場しているフランス代表のポール・ポグバ(Paul Pogba)は21日、同日にチームが16強入りを確定させた試合後、チームメートのヌゴロ・カンテ(N'Golo Kante)について「彼には肺が15個ある」と称賛した。

【写真特集】ロシアW杯グループC、フランス対ペルー

 ロシア・エカテリンブルク(Yekaterinburg)で行われたペルー戦で1-0で勝利を収め、1試合を残して決勝トーナメント進出を決めたフランスは、試合の後半は守備一辺倒になったものの、イングランド・プレミアリーグのチェルシー(Chelsea)でボールゲッターとして活躍するカンテが、重労働を強いられる4バックの前で自在に仕事をこなした。

 自身はマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)のスター選手で、フランス代表としてプレーする際には常に良いムードを保っているようにはみえないポグバだが、この日は「チーム全員の調子が良かったし、よくまとまっていた。だけど、NG(カンテ)が試合をやりやすくしてくれていた。彼はどこにでも走り込める。肺が15個あるんだ」と冗談を交えながらコメントした。

「サッカーは、あのような選手がいてくれると助かる。素晴らしいチームパフォーマンスだった」と報道陣に話した25歳のポグバは、「僕たちはここまで2戦2勝。強豪チームの中には、そこまでの結果を出せていないところもある」と付け加えた。フランスは26日に行われるグループ最終戦でデンマークと対戦する。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

北朝鮮の非核化「既に始まっている」 トランプ大統領

06.22 12:53 AFPBB News

【AFP】(更新)ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は21日の閣議で、北朝鮮の非核化は「既に始まっている」と述べた。これに先立ち、トランプ氏と金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong Un)朝鮮労働党委員長との歴史的な首脳会談の成果を疑問視する声が出ていた。

【写真】正恩氏と「特別な絆」築いたトランプ大統領、歴史的首脳会談

「彼ら(北朝鮮)は既に大規模な試験場の一つを爆破した。実際には、大規模試験施設のうち4か所だ。大事なことは、完全な非核化は既に始まっているということだ」とトランプ氏は述べた。

 また、朝鮮戦争(Korean War、1950~1953)で戦死した米兵の遺骨についても「既に返還済みか、返還手続きのさなかにある」と語った。

 北朝鮮は5月末、北東部の豊渓里(Punggye-ri)核実験場を「完全に廃棄した」と発表。立ち合いに招待された外国の記者団が、同日行われた複数回の爆破作業で坑道や作業員宿舎、その他の施設が破壊されたと伝えていた。

 ただ、この爆破で豊渓里核実験場が使用不可能な状態になったかどうかという点について、専門家の見解は割れている。これまでの6回の核実験で既に実験施設の有用性は失われていたとの見方や、必要になればただちに再建できるとの指摘もある。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

「ATM強盗犯」はネズミ、200万円近い紙幣かじられボロボロに

06.22 12:32 AFPBB News

【AFP】インド北東部アッサム(Assam)州で、現金自動預払機(ATM)にネズミが侵入し、総額200万円近い紙幣がかじられて台無しになる騒動があった。地元警察当局が21日、AFPに明らかにした。

【関連写真】ネズミにかじられズタズタになった紙幣

 警察によると、ATMが故障していて現金が引き出せないとの苦情を利用客から受けた銀行職員の調査によって、ネズミの「犯行」が発覚した。先週、機械を開けて中を調べたところ、ATMの内部から細かくかじられた紙幣と、ネズミ1匹の死骸が見つかったという。

 警察は犯罪や陰謀の可能性についても捜査を行ったが、ネズミ以外の「犯人」の存在を示唆する証拠は見つからなかった。配線を通す小さな穴から複数のネズミがATMに侵入したもようだという。

 地元メディアによると、ネズミにかじられた紙幣は総額120万ルピー(約194万円)相当。公開されたATM内部の画像からは、引きちぎられ細かく刻まれた大量の500ルピー紙幣と2000ルピー紙幣が確認できる。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

動画:韓国の高齢ホッキョクグマ、英移住へ 北極再現した快適環境で余生を

06.22 12:23 AFPBB News

【AFP】韓国で飼育されている唯一の高齢ホッキョクグマが、同国の息詰まるような蒸し暑い夏を避けてより快適な環境で余生を送るため、英国へ移送されることになった。飼育員らが20日、明らかにした。

【関連写真】プールで涼みながら魚を食べる「トンキ」

 南部馬山(Masan)市の動物園で生まれ、1980年代に放映された日本のアニメの登場人物にちなんで命名されたという、23歳の雄のホッキョクグマ「トンキ(Tongki)」は、首都ソウル郊外にあるテーマパーク「エバーランド(Everland)」の330平方メートルのコンクリートの囲いの中で暮らしている。

 同園で共に飼育されていた別のホッキョクグマが3年前に死んで以来、トンキは同国唯一のホッキョクグマとなった。

 21日の気温は30度まで上がり、プールで涼みながら飼育員が投げ入れた魚を食べていたトンキは11月、英イングランド地方北部にあるヨークシャー野生動物公園(Yorkshire Wildlife Park)への引っ越しが決まった。

 同園には、北極の夏季の環境を再現した4万平方メートルのホッキョクグマ保護区があり、複数の湖もあるという。

 トンキの飼育員はAFPに対し、「トンキがより良い環境で、さらに幸せに晩年を過ごしてくれたら」と涙をこらえながら話した。

 エバーランドはトンキの「後任」を迎え入れる予定はないとしており、また韓国内の他の動物園でも、ホッキョクグマの輸入計画はないという。

 ホッキョクグマは国際自然保護連合(IUCN)が定める野生動植物の絶滅危機の度合いを示すレッドリスト(Red List)で「危急種(Vulnerable)」に指定されている。

 映像は21日撮影。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

キューバでまた「謎の病」 米外交官の発症者25人に

06.22 12:16 AFPBB News

【AFP】米政府は21日、キューバで新たに外交官1人が「謎の病」の症状を呈したと発表した。キューバで謎の病になった米外交官はこれで25人となった。

 国務省のヘザー・ナウアート(Heather Nauert)報道官は「この症状が(キューバの首都)ハバナで医学的に確認されたのは2017年8月以降では初めて。影響を受けた米国人は25人となった」と述べた。

 ナウアート報道官によると、米政府は公式な医学的確認が取られる前の5月29日にこの件についてキューバ政府に伝え、キューバ国内の外交官を守るのはキューバの責任だと念を押したという。

 別の米外交官1人もハバナから退避したとされるが、その人物の検査結果は公表されていない。

 中国でも少なくとも1人の米外交官が同様の症状を呈した。中国とキューバの米大使館員の一部は具合が悪くなる前に正体不明の音を耳にしたと報告し、当初の報告書は秘密の音響兵器が使われた可能性を示唆していた。

 しかし米国の情報機関と医療専門家らが1年以上調査しているにもかかわらず原因の特定には至っていない。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク